cat_1_issue_oa-flash oa-flash_0_1d307b5168fd_テレ朝「斎藤ちはるアナ」の晴れ姿にアメフト選手の父が熱視線 1d307b5168fd 1d307b5168fd テレ朝「斎藤ちはるアナ」の晴れ姿にアメフト選手の父が熱視線 oa-flash 0

テレ朝「斎藤ちはるアナ」の晴れ姿にアメフト選手の父が熱視線

2020年1月9日 20:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

テレビ朝日期待の若手アナといえば、斎藤ちはるアナ(22)。

元乃木坂46の一期生で、明治大学を卒業し、昨年テレ朝に入社すると、4月1日の入社式前から『羽鳥慎一モーニングショー』に抜擢された。

新人とは思えない落ち着いた進行ぶりに評価が高い。「週刊ポスト」新年号ではグラビアページを飾るなど、注目度ナンバーワンの女子アナだ。

その斎藤アナが、昨年12月15日、東京・亀有警察署の一日警察署長を務めた。

制服に身を包み、「楽しいときはあるかも知れませんが、飲酒運転だけにはご注意ください」とあいさつ。その後は人力車でパレードし、道行く人に手を振って交通安全を呼びかけた。

沿道の人たちは、美しい斎藤アナを写真に収めようと、いっせいにスマホをかざす。と、そのなかでも、飛び切りの笑顔でスマホを向けるひとりの男性が。

よく見ると、アメリカンフットボールXリーグ、「バーバリアン」の斎藤伸明選手。そう、斎藤アナの父親だ。

「斎藤選手は、49歳にして現役。ポジションは司令塔であるクオーターバックで、リーグのパス記録を塗り替え続ける大選手。現在は指導者も兼任しています。

斎藤アナもアメフトが大好きで、乃木坂46時代には、社会人選手権の決勝で試合前のコイントスを務めたこともあります」

自慢の娘の晴れ舞台。ふだんは厳しいアスリートの父親も、この日は満足げな表情だった。

外部リンク

cat_1_issue_oa-flash oa-flash_0_2a218f507eee_賀来賢人、親になって決めた「三枚目転向」まさかのブレイク 2a218f507eee 2a218f507eee 賀来賢人、親になって決めた「三枚目転向」まさかのブレイク oa-flash 0

賀来賢人、親になって決めた「三枚目転向」まさかのブレイク

2020年1月9日 11:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

2019年、まさかのブレイクを果たしたのが、賀来賢人(30)。2018年秋に、6年ぶりの主演ドラマ『今日から俺は』(日本テレビ系)で見せた、コミカルな金髪ヤンキー役が大ハマり。年が明けた2019年はCMにも引っ張りだこで、「榮倉奈々の旦那」「賀来千香子の甥っ子」から脱却した。

そんな彼が銀座に現われたのは、2019年12月中旬。『今日から~』効果で、主演をゲットした、日テレ系ドラマ『ニッポンノワール 刑事Yの反乱』の打ち上げパーティだ。


同打ち上げには、初回に謎の死を遂げたヒロイン役を演じた広末涼子(39)も参加。パーティ終了後、スタッフたちと楽しげに談笑していた。

三枚目でブレイクした賀来が、今回演じたのは二枚目役。芸能ジャーナリスト・竹下光氏はこう分析する。

「以前は、ドラマで二枚目ばかりだった。一方、舞台では三枚目の役も多く、演劇関係者からは『テレビでも三枚目をやればおもしろいのに』と言われていて、それが花開いた1年。

持ち味の度胸は舞台で得たもの。性格もよく、堤真一、小栗旬といった先輩からかわいがられています」

親としての自覚も後押しに。

「コミカルな役に積極的に挑戦するようになったのも、2017年に子供が生まれてからです」(芸能プロ関係者)

2020年は映画版『今日から~』が公開。二枚も三枚も上手の役者へ、待ったなし。

(週刊FLASH 2020年1月7・14日号)

外部リンク

cat_1_issue_oa-flash oa-flash_0_285ce54d7643_ジャニーズ事務所のお年玉事情…国分太一は「テレビで言うなよ」 285ce54d7643 285ce54d7643 ジャニーズ事務所のお年玉事情…国分太一は「テレビで言うなよ」 oa-flash 0

ジャニーズ事務所のお年玉事情…国分太一は「テレビで言うなよ」

2020年1月9日 09:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

ジャニーズ事務所のタレントたちが、各番組などでお年玉事情を語った。

TOKIOの松岡昌宏は、1月5日放送の『TOKIO WALKER』(FM NACK5)で、いまだに少年隊の東山紀之からお年玉をもらっていることを明かした。

これまでで一番驚いたお年玉の話として、近藤真彦とロサンゼルスに行った際の話を披露。松岡のほかに5~6人いたが、「マッチさんが札束をドンって出して『分けろ』って。こんなやり方もあるんだ」と驚いたという。

関ジャニ∞の横山裕は、1月6日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)で、今年もTOKIOの国分太一からお年玉をもらったが、「テレビで言うなよ、言うなよ」とダチョウ倶楽部の「絶対に押すなよ」のネタのように言われたと明かした。

横山は後輩に対して、「僕は基本(正月)三が日の間に会ったら渡すようにしている。去年はけっこう渡した」と振り返り、「今年は会わないように家にこもってた」と話して笑いを誘った。

また、1月6日放送の『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)では、よゐこの濱口優がA.B.C-Z・塚田僚一のお年玉事情についてコメント。

濱口は「塚ちゃんが後輩にお年玉をあげてる。めっちゃあげんねん。もう家賃も払われへんようになっても、それでもあげんねんって」と明かす。さらに「(塚田の)母親がもう泣きながら『あなたお金ないんだから、やめなさい』って」と母から止められるほどだったという。

ドランクドラゴン・鈴木拓も、塚田について、日頃から気前がよく、メンバーや後輩にお土産などを買うが、「塚ちゃんの家に行ったら、本当にスッカラカンで何もない」と証言していた。

今年デビューのグループもお年玉をもらった。

今月22日にX JAPANのYOSHIKI作詞作曲の『Imitation Rain』でCDデビューするSixTONESの田中樹は、1月4日、コンサート前の会見で「Hey! Say! JUMPさん、関ジャニ∞さん、櫻井翔くん、(国分)太一くん、本当にたくさんの先輩からいただきました!」と感謝。

京本大我は「ポチ袋の後ろに直筆で『櫻井翔 デビューおめでとう!』って一人ひとりの名前付きでいただいた」と激励のメッセージももらったことを明かしている。

SixTONESとSnow Manの同日デビューで盛り上がるジャニーズ。お年玉は、ジャニーズイズムを学ぶ大切な機会になっているのだ。

外部リンク

cat_1_issue_oa-flash oa-flash_0_ec26c16b7fe4_個人情報流出「ブロードリンク」に山川恵里佳が美女を手配 ec26c16b7fe4 ec26c16b7fe4 個人情報流出「ブロードリンク」に山川恵里佳が美女を手配 oa-flash 0

個人情報流出「ブロードリンク」に山川恵里佳が美女を手配

2020年1月9日 08:36 Smart FLASH[光文社週刊誌]


「『芸能人の山川恵里佳さん、知ってる? 彼女がブロードリンクって会社の受付嬢を探してるんだけど、やってみない?』と、知り合いの劇団関係者から声をかけられたんです」

本誌にそう語るのは、現役グラビアアイドルとして活動するA子さん(25)。

ブロードリンクといえば2019年12月、大量の個人情報が記録された神奈川県庁のハードディスクドライブが、同社の元社員・高橋雄一容疑者(51)によって、ネットオークションで転売され、「世界最悪」といわれる個人情報流出事件を起こしたいわくつきの企業だ。A子さんが続ける。

「グラビアの仕事をしているので、時間の融通がきくバイトを探していたんです。『どうして有名ママドルの山川さんが、バイトの斡旋をしているんだろう?』と不思議でしたが、本物の山川さんから、勤務形態などが書かれたLINEがすぐに送られてきました。

都合のいい勤務日を選べて、時給1250円というので、バイトさせてもらうことにしたんです」

後日、A子さんは山川恵里佳(37)に連れられて、榊彰一社長(48)の面接を受け、晴れて受付嬢として採用された。仕事は、山川が受付嬢たちに希望日を聞いてシフトを組み、それがLINEのグループトークで送られてくるシステムだった。

「山川さんは、半端なくLINEの返信が早いんです。初めて会ったときも、両手を使って、ものすごい速さで文字を打っていました(笑)。働きはじめて驚いたのは、同僚の受付嬢10人がみんな美人だったことです。

モデルやアイドルの卵など、芸能関係の仕事をしている人がほとんどでした。社長が好みのコを採用したんでしょうね(笑)」(A子さん)

受付嬢に美人を揃えたのには、別の狙いもあったようだ。

「夏に『研修』という名目で、1泊2日の合宿を軽井沢にある社長の別荘でやったんです。5人の受付嬢が参加させられたのですが、社長や役員らとバーベキューをしながら、飲み会をするだけのもの。はっきり言って合コンですよ。

しかも、酔ったおじさんたちがキスをせがんできたり、『愛人にならないか』と口説いてきたり、最悪でした」(研修に参加した、現役アイドルのB子さん)

“軽井沢合コン” の予定も山川が調整したという。芸能人の山川が、なぜこんな仕事を――。彼女の所属事務所に聞いた。

「榊社長と山川は、数年前からの知人です。その縁もあり、『受付嬢を探してほしい』と依頼を受けました。容姿端麗な人を希望されたので、芸能界を目指す人をご紹介させていただきました」

榊社長は、これまで本誌が報じてきたように、兵庫県芦屋市に別宅を持つなど、私生活も派手好きで有名だった。

「大阪支社に来るときは、黄色のフェラーリを会社の前に横づけするような、これ見よがしな “成金趣味” でしたね」(ブロードリンクの現役社員)

ブロードリンクの経営は当時、順調そのもの。あり余る財力で、“アイドルの卵” たちに触手を伸ばしていたのか……。だが2019年12月、「朝日新聞」のスクープで事件が発覚。同社の命運は暗転する。

「榊社長の記者会見後に、山川さんから『社内は以前よりは落ち着いてきている。事件のクレーム対応などは別の担当者がやるので、安心して頑張ってほしい』というメッセージが来ました。

ただ2週間後に、『人件費が削減されることになったため、シフトを減らさざるを得なくなりました』と送られてきたんですよ」(A子さん)

それ以来、アルバイトを休んでいるA子さんが、最後にこう漏らす。

「私の個人情報が外部に流出してないか心配です」

思いもよらない形で、事件の影響が芸能界にも波及するのか。いよいよキナ臭くなってきた。

(週刊FLASH 2020年1月21日号)

外部リンク

cat_1_issue_oa-flash oa-flash_0_6b118b2091b8_ゴーン被告、会見に参加させた日本メディアはたった3社の理不尽 6b118b2091b8 6b118b2091b8 ゴーン被告、会見に参加させた日本メディアはたった3社の理不尽 oa-flash 0

ゴーン被告、会見に参加させた日本メディアはたった3社の理不尽

2020年1月9日 08:08 Smart FLASH[光文社週刊誌]

写真:AP/アフロ

1月8日、日産自動車の元会長だったカルロス・ゴーン被告が、逃亡先のレバノンで記者会見をおこなった。首都ベイルートで開かれた会見には、12カ国から約60社の報道機関が参加。しかし、日本メディアで参加を許されたのは、テレビ東京・朝日新聞・小学館の3社という、異様な事態となった。

ゴーン被告が自身の不当な扱いについて1時間ほど演説し、「日産から支出された資金は正当」などと主張。日本の司法制度についても、厳しい批判を展開した。その後、質疑応答の時間が設けられ、「まずはレバノンの方から」と、地元メディアを次々と指名。質疑応答開始から15分後、ゴーン被告から「それでは、日本の方を。テレビ東京はどこですか?」と促されたことで、ようやく日本のメディアがマイクを手にすることができた。

テレ東の記者が「英語で話しますか」と尋ねると、ゴーン被告が「英語でお願いします。英語で話してくれないと、答えられませんよ」と返し、会場に笑いが広がる。

「あなたは日本で尊敬されている存在だったが、日本の法律を破ったからここにいるのではないか」と質問すると、「検察は、情報漏洩はできないという法律があります。でも皆、漏洩している。私だけが法律を尊重しなければならなくて、他の人たちは法律を尊重しなくていいということであれば、これは不正な、仕組まれたシステムだ。私がいったい何をしたというのでしょうか」と主張する。

続けて、週刊ポストの記者が指名された。ポストの記者は「日本のメディアの数があまりにも少ないことに驚きました。日本のメディアを締め出したいという意思がおありなんでしょうか」と質問。これに対し、ゴーン被告は「日本のメディアを除外しているつもりはありません」と前置きし、持論を展開する。

「私はこの場所に、客観性を持った記者の方たちに来ていただきたいと考えた。いわゆるプロパガンダをもって、偏った視点を持った記者の方たちが、正しい分析ができるとは思えません。

だからといって、そういった人たちとの接点をまったく持たないように逃避しているわけではありません。あなたたちの前で私は強い追及を受けるかもしれない。厳しい質問を受けるかもしれない。残念ながら、この部屋は限られたスペースです。そうした意味で日本のメディアが少ないという印象を受けられたのかもしれません」

会場に入るのが認められたメディアは、ゴーン被告が自ら選んだという。ネット上には《朝日・テレ東WBS・週刊ポストってどういうチョイス?》《毒にも薬にもならんと判断されたのか単なるチェックミスなのか…》などとさまざまな声が飛び交っていた。

外部リンク

cat_1_issue_oa-flash oa-flash_0_1b4ba5f54818_介護施設を作る予定の長嶋一茂、「餃子の王将」スタッフを勧誘 1b4ba5f54818 1b4ba5f54818 介護施設を作る予定の長嶋一茂、「餃子の王将」スタッフを勧誘 oa-flash 0

介護施設を作る予定の長嶋一茂、「餃子の王将」スタッフを勧誘

2020年1月8日 16:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

長嶋一茂が、1月5日放送の『坂上&指原のつぶれない店』(TBS系)で、ある構想を明かした。

見事に注文をさばいて店を回す「餃子の王将」を特集した映像を見た一茂は、スタッフの動きに感心し、「将来、個人的に介護施設を作ろうと思っている。だからぜひウチの介護施設で(働いてほしい)」と、スタジオに登場した「餃子の王将」スタッフを勧誘。だが、梅沢富美男から「それは無理だよ」とツッコまれていた。

一茂は介護について、2018年7月11日放送の『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(フジテレビ系)でコメント。

番組では、右半身不随となった夫の介護をしている森公美子が、介護士から言われた「家族は家族を介護できない。プロに任せればいい」という言葉に救われたというエピソードが紹介された。

その話に一茂は「家族が介護すると両方潰れちゃう。介護で自分に付きっきりになったら、介護される方も負い目ができてしまう。まったく突き放すとかゼロはよくないけど、50%も必要ない。たまに顔を合わせるくらいでちょうどいい」と持論を語っていた。

父である長嶋茂雄氏の介護も経験した一茂。介護施設の構想は実現するのだろうか。

外部リンク

cat_1_issue_oa-flash oa-flash_0_aa4ed71d8d40_鈴木愛理、街のおじさんに高校生と間違えられた「25歳です笑」 aa4ed71d8d40 aa4ed71d8d40 鈴木愛理、街のおじさんに高校生と間違えられた「25歳です笑」 oa-flash 0

鈴木愛理、街のおじさんに高校生と間違えられた「25歳です笑」

2020年1月8日 11:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

2017年にアイドルグループ「°C-ute」が解散して以降、ソロアーティストやモデルとして八面六臂の活躍をしている鈴木愛理が、本誌に初登場した。

「最近は、グラビアのようなヒューマンにスポットを当てる撮影をしていなかったので、懐かしい感じがしました。久しぶりだったのですが、テーマが『横浜デート』だったので、考えすぎず、素直に撮影に臨めたと思います」

もしも彼女自身がデートをするなら、やってみたいことを聞くと、笑顔でこう答えた。

「小学2年生からこの世界にいるので、『人目を気にせずに手を繋いでデートするのは、どんな感覚なんだろう』と、体験してみたい気持ちはありますね」

街での撮影では、さすがトップモデル。すれ違う人たちから自然と「かわいい」「きれい」という声が上がっていた。

「おじさんに『高校生?』と聞かれたんですけど、『25歳です』と答えたら、『めちゃくちゃ若く見えるね』と言われて嬉しかったです(笑)。若さの秘訣? 笑顔ですかね。ふだんから “笑顔筋” が衰えないように、楽しい気持ちで生活するようにしています」

ソロアーティストとして、12月にセカンドアルバム『i』をリリースする鈴木。

「昨年からライブで披露してきた曲が、初音源化されます。今回のグラビアも、収録曲の『パラレルデート』がテーマでしたね。来年は、この場所(横浜アリーナ)で単独ライブもしますし、楽しみな1年になりそうです!」

すずきあいり
25歳 1994年4月12日生まれ 千葉県出身 2002年、8歳のときに約3万名の応募から「ハロー!プロジェクト・キッズ」に選ばれる。2005年に「°C-ute」を結成。海外公演も精力的におこない、国内外問わず人気を博す。2015年からは、女性ファッション誌『Ray』の専属モデルとして活動を開始。2017年6月、さいたまスーパーアリーナでの°C-ute解散公演をもって、ハロー!プロジェクトを卒業した。以降は、ソロアーティストとして活躍。12月18日には、セカンドアルバム『i』をリリース。2020年4月21日には、横浜アリーナにて単独ライブを開催する。そのほか最新情報は、公式ツイッター(@airimania)、公式インスタグラム(@airisuzuki_official_uf)にて

写真・植松千波
スタイリスト・浅野実希
ヘアメイク・高橋綾(吉野事務所)
衣装協力・KOH’S LICK CURRO/ADELLY/RANDA/CATS TOKYO

外部リンク

cat_1_issue_oa-flash oa-flash_0_4cd223036a45_FUJIWARAと山下真司が「高卒でも『東大王』に勝つ」宣言 4cd223036a45 4cd223036a45 FUJIWARAと山下真司が「高卒でも『東大王』に勝つ」宣言 oa-flash 0

FUJIWARAと山下真司が「高卒でも『東大王』に勝つ」宣言

2020年1月8日 06:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

写真:左から原西、藤本、山下

「IQ165」に、「高校2年生でスタンフォード大学から表彰」、「小学生のころに図書館の本は読み尽くした」という者まで――。そんな “伝説” 級の現役東大生である「東大王」たちに「芸能人チーム」が挑むクイズ番組が『東大王』(TBS系)だ。

“漢字マスター” として活躍中の山下真司(68)と、お笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史(49)・ 原西孝幸(48)が、「高卒でも東大生に勝てる!」と意気込みを語った!



山下真司(以下、山下)「俺は最初に番組に出たとき、まるっきり漢字が読めなくて。2回めか3回めに呼ばれたときに、さすがに落ち込んだのよ。『チームの足を引っ張っているな』と(2人を見ながら)」

原西孝幸(以下、原西)「いやいやいや(笑)」

藤本敏史(以下、藤本)「言ってないですよ!」

山下「それで、(宮川)一朗太に『どうすればいい?』と聞いたら、漢検1級の本での勉強をすすめられて。でも、書店とかに置いてある本の数が少ないんですね。

そうしたら、通っているジムのおじいちゃんに『いつも観てますよ、苦労してますね』って、『読めたらすごい2000語』みたいな本をもらったんです。富永(美樹)さんにも1冊もらって、いまは6冊くらい」

藤本「わあ、すごいなぁ」

山下「それを毎朝、このためだけにやって。時間があるときは1、2時間やりますね」

藤本「僕は勉強というか、テレビとか雑誌、ネット、漫画とかが大好きなんで、それを見てる感じです。そこから誰も知らない知識が、いつの間にか入ってるんですよ」

山下「フジモンしか知らない問題とか、ヒットするよね」

藤本「カセットテープを入れて使う、“ポータブルカラオケ” みたいなもんが昔、流行ったんですけど、あれが『マメカラ』というのを覚えてて。東大生は知らなかったですね。僕が得意なところは、確実にとるように心がけてます」

山下「なんかずっと、フジモンの自慢話聞かされてるね」

藤本「待ってください! 自慢してないですよ!」

原西「僕は、TBSのニュース映像がクイズで使われることがあるんで、家にいるときはTBSつけておいたりとか。2人とは違って、『ひらめき』的なのが得意ですね」

山下「(原西の)IQ135ってすごいよな」

藤本「絶対噓ですよ。そんなわけない(一同笑い)」

原西「僕が言ってるだけじゃなくて、試験受けたんです」

藤本「でも僕と『ランク』(クイズ正解数で上がる番組内の等級)が一緒。おかしいでしょ」

原西「全部が、ひらめき問題じゃないから」

藤本「そうでもないです。ひらめいてないんですよ(一同笑い)。簡単な問題答えて、『よっしゃー!』みたいな」

山下「『これ、みんなわかるのに……』っていうのね」

藤本「やっぱり山下さんも、そう思ってました?」

原西「答えてるからいいやんけ。言いっこなしでしょ!」

山下「まあ、聞いててタイプがわかったと思うけど、2人と違って、俺は努力して記憶するしかないんですよ。漢字を覚えると『俺も少し頭よくなったかな』って、劣等感は拭える気がするね」

MCの山里亮太・ヒロミは “東大王びいき”(写真提供・TBS)

――読者にもできる勉強法みたいなものはありますか?

原西「“知らないでも生活できるもの” って、わりと多いじゃないですか。それを実際に調べてみるとかいいんじゃないかな。

去年ならラグビーW杯で、いろんな用語とか出てきたけど、みんなトロフィの名前知らないんじゃない? 『ウェブ・エリス・カップ』って。人の名前なんですよ。そういうのをすぐに調べる」

山下「物知りって、人に好かれるよね。俺も誰かとご飯行くときに、バーッと漢字の問題とか出してみるんだけど、それでけっこう答える人とかいて。『すごい』って言うと喜んでくれる。会話も弾んでくるよ」

原西「僕らなんかは、吉本の後輩としゃべると、若いコらの知識がほんまに入りますね」

山下「新鮮だよな」

原西「山下さんからも、『昔はよくモテた』と武勇伝をよく聞きます(笑)」

――東大生や「学歴」についてどう思いますか?

山下「『東大』ってだけでスペシャルだし、彼らはトータルですごい。それでいて、努力してる。本来なら、とても敵わないんだけど、“芸能人チーム” が勝ったりするんですよ」

藤本「こんな高卒でもね」

山下「この番組の醍醐味です」

原西「最近は、東大王ですらわからない問題も出てくるし」

山下「まあ、学歴をコンプレックスに感じたら、世の中に出ていけないよね。『東大生なんか屁でもない』って気持ちですよ。だって、芝居させたら俺のほうがうまいんだから」

藤本「そらそうでしょ!(笑)」

山下「でも、いちばん最初はスタジオに入るときに自信がなくて、絞首台に乗っけられるような気持ちで……。よく出たなぁ。今があるんだから、やっぱり挑戦することは大切だね」

やましたしんじ
1951年12月16日生まれ 山口県出身 下関市立下関商業高校を卒業後、中央大学文学部に入学するが中退。1984年、ドラマ『スクール☆ウォーズ』で主演

《FUJIWARA》
ふじもととしふみ
1970年12月18日生まれ 大阪府出身 大阪府立東寝屋川高校卒業。1989年4月にコンビ結成。『プレバト!!』(TBS系)では俳句で「名人」に

はらにしたかゆき
1971年3月5日生まれ 大阪府出身 大阪府立東寝屋川高校を卒業後、奈良大学文学部地理学科に入学するが中退。IQはメンサ(高IQ団体)に入れる135

(週刊FLASH 2020年1月21日)

外部リンク

cat_1_issue_oa-flash oa-flash_0_5bdb62600723_親孝行で里帰り「ヒカキン」年収10億円を支える祖父の応援 5bdb62600723 5bdb62600723 親孝行で里帰り「ヒカキン」年収10億円を支える祖父の応援 oa-flash 0

親孝行で里帰り「ヒカキン」年収10億円を支える祖父の応援

2020年1月8日 06:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

元日の午前10時45分。新潟県内の新幹線停車駅に、ひとりで降り立った人物がいた。いまや「日本一のYouTuber」として有名なヒカキン(30)だ。

トレードマークの黒ぶちメガネを外し、キャップとマスク姿で、持ち物は「ルイ・ヴィトン」のリュックに、「Supreme」のキャリーケースというブランド品で揃えていた。赤いキャリーは目立つものの、乗客に彼がヒカキンだと気づく人は誰もいなかった。

彼のチャンネルの総登録者数は、1500万人以上。通算100億回を超える動画再生回数による広告料と、芸能活動のギャラを合わせると、年収は10億円を超えるといわれる。そんな男が付き人もなく、ひとり電車を乗り継いで帰省したのだ。

迎えに来た母親の車に乗り込むも、どこかお疲れの様子。前日の大晦日は、渋谷でカウントダウンイベントに参加し、そのまま徹夜での帰郷だった。

年末年始、テレビでヒカキンを見なかった日はない。元日に『笑点』(日本テレビ系)の3時間特番に登場すると、お茶の間で人気の『モニタリング』(TBS系)、『逃走中』(フジテレビ系)の正月特番に続々出演。

また、2019年11月にはドラマ『ドクターX』(テレビ朝日系)に特別ゲストとして出演したほか、2019年12月末の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)では、同じくYouTuberをしている兄・セイキン(32)と、歌も披露した。破竹の勢いでテレビにも進出している。

そんなヒカキンが、正月に必ず帰省するのには、理由がある。

「あの子はすごく優しくてね、お母さん思い。母親に『東京にマンションを用意してあるから、上京しておいで』と言っているほどです。

ちゃんと帰省して、お祖父さんにも会いたいのでしょう。お祖父さんは腰を悪くされているようで、お母さんが介護をされていますが、光くん(本名)がデビューしたてのころ、お祖父さんは自宅前に光くんの名前が書かれたノボリを立てて、応援していたんです」(実家の近隣住民)

母親や祖父は、「ママキン」「ジジキン」として、ヒカキンのYouTubeに何度も登場している。家族と正月を迎えることは、ヒカキンにとって大切なことなのだろう。

地元では、“おらが町の有名人” として、YouTubeを知らない高齢層にも、ヒカキンの名前は浸透している。

「ヒカキンは高校までは、スキージャンプの選手。全国レベルで有名でしたよ。当時はどちらかといえば、ふつうの子でしたけど」(地元の飲食店主)


毎年元日に公開するYouTube動画は、セイキンと地元の雪ではしゃぐという内容。2020年は、地元の運動公園で雪の坂をそりで滑り、そのまま冷たい川にダイブするというものだった。ひとしきり体を張った撮影を終えると、また東京へと戻ったようだ。

裏のある芸能人は多い。“エラそう感” ゼロの素顔こそが、「日本一」になれた原動力なのだろう。

(週刊FLASH 2020年1月21日号)

外部リンク

cat_1_issue_oa-flash oa-flash_0_4402b3029217_藤原竜也、20年憧れる鈴木杏樹に対面するも、反応は「どうも」 4402b3029217 4402b3029217 藤原竜也、20年憧れる鈴木杏樹に対面するも、反応は「どうも」 oa-flash 0

藤原竜也、20年憧れる鈴木杏樹に対面するも、反応は「どうも」

2020年1月8日 06:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

1月5日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)で、藤原竜也が知られざる芸能人との関係を語った。

藤原は大ファンの芸能人として鈴木杏樹の名前をあげる。20数年前から好きで、「会ってはいけない人」とまで告白。「鈴木杏樹さん、内田有紀さん、榎本加奈子さんは僕の3トップ。神!」と話す。実は、鈴木とは共演したことがあり、「2度ぐらい(ファンだと)言ったことがあります」と思いを伝えたが、反応は「どうも」だけだったと振り返っていた。

また、藤原は親友・小栗旬について「いま彼はアメリカのロス(ロサンゼルス)にいる。1日15回ぐらいテレビ電話がかかってくる」と苦笑。藤原が普通に電話に出ても、「テレビ電話にして」と言われ、「面倒くさい」と笑っていた。

さらに藤原は、尊敬する中村勘九郎と一緒に日向坂46のライブに行ったことも告白。その際、「(勘九郎から)『僕のマネをして』と言われ、ウォウ、ウォウって2時間やっていた」と必死にサイリウムを振り続けたことを明かした。

1月10日公開の映画『カイジ ファイナルゲーム』に主演の藤原。気さくな素顔を見せて、さらにファンが増えそうだ。

外部リンク