cat_2_issue_oa-ellejapan oa-ellejapan_0_9cb4eaffb59b_婚外交渉もOK。「オープンマリッジ」は多様な愛のカタチのひとつになる? 9cb4eaffb59b 9cb4eaffb59b 婚外交渉もOK。「オープンマリッジ」は多様な愛のカタチのひとつになる? oa-ellejapan 0

婚外交渉もOK。「オープンマリッジ」は多様な愛のカタチのひとつになる?

2019年7月3日 16:53 ELLE Japan

最近よく聞く、両者の合意のもとに婚外交渉を認める開かれた結婚「オープン・マリッジ」。端的に言えば、公的に浮気を認め合う夫婦……。不倫によるバッシングが厳しい日本において、驚きの夫婦観かもしれないけど欧米では割と浸透した考えかた。では実際「第三者」が介入することで、結婚生活は豊かになるのか? 世界で広まりつつるある新しい夫婦の関係性を社会学者で作家の鈴木涼美さんと考察。

不倫はほかの言葉に置き換えたら?

日本には、売春防止法という列記とした法律があります。女性が個人の自由で売春をしたところで特に罰則規定はないけれども、売春という行為は建前上、法的に認められていない。だから沢山の売春、もしくはそれに準ずる行為を指す、言い換えの言葉が生まれました。援交、ワリキリ、サポ、裏っぴき、パパ活、ソープ……。
近年の男女関係を見たときに、そういう、言葉の言い換えって意外と大事なのかもしれない、と思うことがあります。たとえば既婚者による浮気を指す不倫。当然、不貞行為は法的に認められていない。夫や妻の浮気が原因で離婚する場合に、圧倒的に不倫当事者は不利になるし、継続的な不貞行為があれば、民事訴訟を起こして慰謝料を取ることもできるものです。

ただ、現代の男女関係は、結婚・夫婦関係と、その外部にある不貞行為というような枠組みで語り切れるのか、と問われると、疑問に思うこともしばしばあります。
例えば既婚男性が、妻の大まかな合意の上で、妻以外の女性と関係を持ち、子を設ける。戦前の日本ではごく当たり前だったことですが、今現在それは建前上はタブー。でも正直、妻も「愛人」側もその事実に合意していて、両者ともしっかりした生活と身分の保証がなされている場合に、それを否定する言葉を私たちは持ちません。その関係を倫理が不在の状態、不倫関係と呼んでいると、なんだかしっくりきません。

認められていない男女の関係を私たちはどう捉えるべき

男女関係に限らず、今信じている価値観が絶対的なものだと考えるのはとても危険なことです。時代によって善悪というのは変わるし、今当然とされていることが後には考えられない反社会的行為と見なされる日が来ないと言い切る根拠などありません。結婚や純愛と、不倫やアバンチュールというものが現在のような扱われ方をするのも、特定の時代の特定の価値観を信じるが故に起こることだと知っていることは、とても価値のある知識と言えます。

では実際に、愛人や不倫や売春など、この世で認められていない男女のあり方をどう捉えるべきなのでしょうか。不倫はいけないという世の中の圧倒的な正義はある。ただ、不倫や不貞行為のレッテルを押される側にはそちらなりの、正義や倫理が存在する。それを完全に否定する自信がある者はいない。その過渡期のジレンマを棚上げするために、言葉の言い換えというのは結構便利なこともあるのです。


一夫多妻のとある医者Hさんのお話

一つ例示してみることにします。私の友人の医者の男性のことです。彼には10年近くの付き合いとなる、仲の良い妻がいます。彼女は彼にとって、一緒に診療所を運営している同志であり、1人の子供を育てている運命共同体でもあり、今現在は恋い焦がれる気持ちがなくてもかつて熱烈に愛した相手でもあります。産科のクリニックを営む彼にとって、助産師であり、クリニックの共同経営者とも言える妻は、掛け替えのない存在で、当然恋愛感情というもの自体は薄れた今でも、別れる気など全くありません。助産師としての仕事や子育てに奔走する妻は、子供は1人が限界、と当初から宣言していて、宣言通りに1人の子供を設けた後は、子作りをする気はさらさらないようです。

さて彼には、実際の戸籍上の家族の他に、3人の恋人がいます。1人とはすでに2歳になる子供がいます。もう1人は妊娠中、後の1人は仕事が忙しく、当面子供を作る気はないけれど、彼の趣味である海外旅行を共にする、こちらも大切な恋人です。父親からクリニックを引き継いでいる彼には十分な収入があり、各恋人と自分の戸籍上の妻、そしてもうすぐ3人になるそれぞれの子供たちの生活費は全面的に負担しています。妻とは病院で共に働いていて、平日の夜は妊娠中の恋人を気遣って彼女の家に帰り、土日は子供のいる恋人のところで過ごすことが多く、旅行中はもうひとりの恋人と過ごします。


彼のことを仲の良い友人は「現代の大奥」だとか「大正華族」、「一夫多妻の石油王」なんて呼んでいますが、それらはすべて、彼のような人が認められた社会が時代や国・宗教によっては存在することがわかるニックネームになっています。彼の方はというと、自分のことを「少子化対策担当大臣」とふざけて呼んだりもします。

彼は自分の経済力や体力を考慮して、たくさん子供を作るべきだという哲学があります。一方で、専門職を誇りを持ってやっている妻の仕事や意思を心から尊重したい。その解決策として、妻以外の、時間に余裕があり経済力に余裕がない女性との間に、彼が経済的な負担をおう形で子供をつくる、という現在の関係を模索しました。私には、「倫理が不在」というには似つかわしくない状況のように思えます。


仕事を続けながら子育てをした女性Yさんの場合

もう1つだけ例を出します。私よりだいぶ歳上の女性で、「既婚者の宴」という飲み会を定期的に開催している人がいます。彼女は23歳で出産したため、子供はすでに大学生。下の息子ももうすぐ18歳です。ほとんど手のかからなくなった子供とはせいぜい年に一回温泉に家族で行くくらいなので、仕事の後の夕方から夜は彼女の自由な時間。ただ、自分はもう子供をつくる気がないため、万が一恋に落ちた相手が子供を作りたいと考えたときに、その夢を一緒においかけることができない。
そこで「既婚者の宴」を開催することを思いつきました。参加者の条件は結婚していて、子供がいて、それでもまだ遊びたい!と考えていること。女性の多くが45歳前後、男性は40歳前後が多いようです。4〜6人で遠出をしたり何かアクティビティをすることもあるけれど、多くは合コン的な側面が強く、いつもの女子メンバーに加えてニューフェイスの男性メンバーが参加し、場合によってはその日のうちにホテルに行くこともあります。メンバーの中には、合コンで本気の恋を見つけて、しばらく会に参加してこないこともあるけれど、そのうち戻ってくることが多いのだそうです。

彼女には彼女の論理があります。仕事を続けながら子育てをしていた彼女は、子供が中学にあがるまではかなり時間的に制約のある生活をしていて、気づけば1ヶ月も大好きなお酒を飲んでいない、外で食事していない、と気づくこともあったそうです。メディア関係で高収入の彼女の同僚は、独身であれば毎日のように飲み歩いているし、同僚の妻で専業主婦の人たちは昼に自由な時間を作っている。彼女には自由な時間はほとんどなかったそうです。

そんなとき、似たような職種の旦那はというと、平均しても帰る時間は深夜日付が変わってからで、土日もいないときはかなりありました。収入も似通っている彼女としては女性の負担の重さに改めて気づきはしたけれど、彼女の賢いのはここからです。彼女は、もし彼に「不公平だ」とか「もっと負担して」といったところで、思うようには実践されず、彼も自分も不満がたまる、と考えました。彼の働く業界を、実感を伴ってよく知っている彼女は、彼には彼の言い分があることも、飲み歩いたり女遊びをしたりすることで彼が得ている仕事上の利点もよく知っていたからです。

「彼は30代、私は40代に好き放題する」と彼女は宣言し、30代で彼がどんなに毎日遅くまで飲み歩いても、浮気の影がちらほらしても、一切文句を言わないことを決めました。そして晴れて子供が両方とも高校生になった歳から、徐々に助走をつけて、今では独身の友人たちがびっくりするほど、夜遊びと恋に囲まれて生活しています。


新しい関係には新しい言葉を作っていくべき

ここに登場しているのは両方とも子育てと恋を両立した人のはなしですが、それ以外にも、「子供をつくらないから籍が必要ない」と事実婚状態の人もいれば、同性同士で暮らすひともいれば、妻ひとり子ひとり愛人ひとりを愛し続けている人もいます。ポリアノミーでもオープンマリッジでもニューマリッジでもパートナーでもいいのですが、新しい関係には新しい言葉を作っていくのはなかなか賢いのかもしれません。少なくとも、「倫理不在」と「夫婦」、というだけでは括れない多様なかたちの人間関係が、この世にはあり、安易な言葉の中に押し込めることは、自分の無知を露呈することになるからです。

外部リンク

cat_2_issue_oa-ellejapan oa-ellejapan_0_2d429c422631_3着目はどんなドレス? モナコ公国のシャルロット・カシラギ、2回目の挙式! 2d429c422631 2d429c422631 3着目はどんなドレス? モナコ公国のシャルロット・カシラギ、2回目の挙式! oa-ellejapan 0

3着目はどんなドレス? モナコ公国のシャルロット・カシラギ、2回目の挙式!

2019年7月3日 16:48 ELLE Japan

5月に法的に結婚したモナコ公国のシャルロット・カシラギと映画プロデューサーのディミトリ・ラッサム。神前式とレセプションを開催したことが明らかに!

courtesy of Giambattista Valli Official Via Instagram
6月29日(土)にフランスのサン=レミ=ド=プロヴァンスで結婚式を挙げたグレース公妃の孫娘のシャルロット・カシラギと映画プロデューサーのディミトリ・ラッサム。すでに法的には結婚している2人だけれど、今回はキリスト教に則った式とレセプションを開催した。シャルロットが選んだのは「ジャンバティスタ ヴァリ」のオートクチュールのドレス。
「ジャンバティスタ ヴァリ」のアカウントは2人のショットをアップして祝福。「2人の夢の一部を担えたことを幸せに思います」とコメントしている。またヘアメイクアーティストのジョン・ノレットも式での2人の様子を投稿している。

courtesy of John Nollet Via Instagram
5月に行われた法的な結婚式では「サンローラン」のミニドレスと「シャネル」のストラップレスドレスを選んでいたシャルロット。

courtesy of Françoise Dumas Via Instagram
すでに息子も生まれ幸せな家庭を築いているシャルロットとディミトリ。これからも美しい2ショットを披露してくれそう。末長くお幸せに! おめでとう!

外部リンク

cat_2_issue_oa-ellejapan oa-ellejapan_0_3474a1db7fde_環境保護を訴えたハリー王子とメーガン妃、イギリス国民から「偽善的」 3474a1db7fde 3474a1db7fde 環境保護を訴えたハリー王子とメーガン妃、イギリス国民から「偽善的」 oa-ellejapan 0

環境保護を訴えたハリー王子とメーガン妃、イギリス国民から「偽善的」

2019年7月3日 16:37 ELLEgirl


毎月、1つのテーマを決めそのために活動しているチャリティ組織や人道活動家をインスタグラムで紹介しているハリー王子とメーガン妃。5月のメンタルヘルス、6月のLGBTQの権利向上に続いて7月は環境保護をテーマに選んでいる。
王子と妃は「私たちの地球を守るための残り時間はわずかです。気候変動、自然資源の減少、大切な野生動物の危機、プラスチックやマイクロプラスチックの影響、化石燃料からの排気で、私たちにとっても将来の世代にとっても我が家であるこの美しい場所を私たちは危険にさらしています。この地球を守りましょう。私たちの役目を果たしましょう」とコメント、保護に取り組む組織やアクティビストをフォローし「彼らのアカウントを訪ねてみて」と紹介している。
 

でもこの投稿が物議を醸している。実は先週、英国王室がこの1年間に飛行機移動で排出した二酸化炭素量が3,344トンと非常に大きかったことが発表されたばかり。昨年の1,687トンに比べるとほぼ2倍! 


ちなみにこれはハリー王子とメーガン妃が原因というわけではなく、チャールズ皇太子とカミラ夫人がエリザベス女王の代理としてカリブ諸国やアフリカ、ヨーロッパを訪問したことが最大の理由だと報じられている。でもこの1年にハリー王子とメーガン妃がオセアニア諸国やモロッコを訪問、さらにメーガン妃がベビーシャワーを開催するためにニューヨークへプライベートジェットで出かけていたのも一因だと指摘する声も。


インスタグラムには「公務ではないときにプライベートジェットに乗りつつ、こういう投稿をするのは偽善的」「お手本を示して」というコメントも書き込まれている。一方で「ロイヤルファミリーにはセキュリティやスケジュールの問題があるのだからそれは許されるべき」と擁護する人も。


新居のフロッグモアコテージの改修工事に240万ポンド(約3.3億円)かけていたこと、第1子のアーチー・ハリソンの洗礼式に報道陣を入れないことが報じられたばかりのハリー王子とメーガン妃。改修工事も洗礼式も公費、つまり税金で行われていることから批判の声が上がっていたのに、今回の投稿でさらにそれが過熱してしまったもよう。これからどうイメージ回復していくのか、注目したい。

Photo: Getty Images Text: Yoko Nagasaka

外部リンク

cat_2_issue_oa-ellejapan oa-ellejapan_0_8861c31a6c75_レディー・ガガとアデル、アカデミー賞新会員に招待される 8861c31a6c75 8861c31a6c75 レディー・ガガとアデル、アカデミー賞新会員に招待される oa-ellejapan 0

レディー・ガガとアデル、アカデミー賞新会員に招待される

2019年7月3日 16:30 ELLE Japan

アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミー。新会員としてレディー・ガガやアデルを招待したことが明らかになった。

映画芸術科学アカデミーが発表した新会員は842人。本人がアカデミーの招待に応じて初めて会員となり、アカデミー賞を選ぶ投票権を持つことになる。

会員は俳優、監督、プロデューサー、映画に関わるミュージシャンなどそれぞれの部門から選ばれる。今年、ミュージシャン部門では『アリー/ スター誕生』で主題歌賞を受賞したレディー・ガガや2013年に『スカイフォール』で同じく主題歌賞を受賞したアデルが入っている。また『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』の主題歌を歌ったアニー・レノックスの名前も。俳優部門では「ザ・クラウン」のクレア・フォイや「グッドワイフ」のカリンダ役で知られるアーチー・パンジャビ、「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」のエリザベス・モスたちが入っている。

映画『クレイジー・リッチ!』のジェンマ・チャン、『スパイダーマン』シリーズのトム・ホランド、『ブラックパンサー』のレティーシャ・ライトらなど映画で活躍する俳優ももちろん入っているけれど、テレビドラマで人気や評価を獲得した俳優が目立つのも今年の特徴。また今年は新会員の半数が女性だという。

白人の年配男性が力を持ち、多様性に欠けると批判されるアカデミー。ガガやアデルたちの力で体質が変わっていくのか、まずは来年の授賞式を楽しみにしたい。

text: Yoko Nagasaka

外部リンク

cat_2_issue_oa-ellejapan oa-ellejapan_0_0c93bd107975_キャットラインだけど強すぎない! マーゴット・ロビーの絶妙アイメイク術 0c93bd107975 0c93bd107975 キャットラインだけど強すぎない! マーゴット・ロビーの絶妙アイメイク術 oa-ellejapan 0

キャットラインだけど強すぎない! マーゴット・ロビーの絶妙アイメイク術

2019年7月3日 14:22 ELLE Japan

エフォートレスなルックにマネしたい小ワザが満載。
「シャネル」の2019年秋冬 オートクチュール コレクションでフロントローを飾ったマーゴット・ロビー。カラーレスながら小ワザの効いたメイクは、参考にしたいポイントが盛りだくさん。まずアイメイクは目じりを跳ね上げたキャットラインから二重の線につなげたダブルラインでグラフィカルに。淡いカラーのアイシャドウでトーンアップすれば透明感たっぷりの目元に仕上がる! 

リップ&チークは、シックなベージュで統一。チークは低い位置で広めにボカすと、ピュアな表情を演出できる。大ぶりのアクセでまとめただけのシンプルなヘアスタイルで、エフォートレスなルックが完成!

外部リンク

cat_2_issue_oa-ellejapan oa-ellejapan_0_1b45d4c3ba81_ロンドン発・真夏のモードネイルまとめ 1b45d4c3ba81 1b45d4c3ba81 ロンドン発・真夏のモードネイルまとめ oa-ellejapan 0

ロンドン発・真夏のモードネイルまとめ

2019年7月3日 14:21 ELLE Japan

いよいよ夏本番! 手元をパワフルに彩るサマーネイルをUK版「エル」よりピックアップ。

ジェリーネイル

水あめのようなカラーネイルは涼しげで、これからの季節に最適。ポップなバイブスを高めるためにもいろいろなカラーコンビネーションを楽しんで。

ラビリンスライン

ミルキートーンのホワイトに、迷路のような自由なラインをプラス。オフィスでもなじむミニマルなデザインといえそう。

ネオンサンド

まばゆいビーチを彷彿とさせるサンド風ネイル。根元の密度を濃くすることで躍動感を演出している。

Translation & Text : Nathalie Lima KONISHI

外部リンク

cat_2_issue_oa-ellejapan oa-ellejapan_0_9fb9edb855a0_ミニだけど必要なものが全部入る、#小さすぎないバッグ 9fb9edb855a0 9fb9edb855a0 ミニだけど必要なものが全部入る、#小さすぎないバッグ oa-ellejapan 0

ミニだけど必要なものが全部入る、#小さすぎないバッグ

2019年7月3日 14:07 ELLE Japan

エル・エディターが気になるものをリアルな目線でお伝えする、デイリー連載OKINI。数あるバッグのなかで、今シーズン最も出番が多かった、エディターTAKAKOのお気に入りバッグとその理由。

“エディターズバッグ”という言葉があるように、ファッションエディターにとってバッグはある意味、名刺のようなもの。 どんなバッグを持っているかで、トレンドへの関心度や好きなテイストが一目でわかる、ある意味こわ~いアイテムでもあります。なので、バッグを買うときは、他のアイテムを買う時よりも悩みます。悩みまくります。そうやって悩みまくってなかなかアップデートできなかったりすると、「あ、去年流行ったよね、そのバッグ」と、危うく“ひと昔前の人”に成り下がってしまうのも、ファッションエディターたる宿命なのです。

前置きが長くなりましたが、今年悩みまくって購入し、晴れて一群バッグとして君臨しているのがこの「レジーナ・ピョウ」の“リタ(RITA)バッグ”。

ロンドンを拠点に活躍する韓国人デザイナーが手掛ける「レジーナ・ピョウ」は、ファッショニスタ注目のアップカミングブランドですが、なかでもバッグが秀逸。彼女の特徴でもある構築的なフォルムはもちろん、サイズ感や素材感が今の気分にマッチしていて、どんなコーディネートも今っぽく仕上がるんです。

パリコレでも連日このバッグで取材に勤しんでいましたが、必要な荷物がすっぽり入るうえ、「このバッグ、どこの?」と褒められるシーンも多々。仕事柄、いろんなブランドの方にお会いする機会が多いので、ブランドロゴがど~んと入っているバッグよりも、一見どこのブランドかわからないバッグのほうが、断然使いやすいんです。その点でも、このバッグは優秀!

一見、「荷物入る?」と心配になりそうなサイズ感ですが、このバッグの最も優秀な点は見た目以上の収納力。コーディネートがバランスよく仕上がるミニバッグが好きですが、荷物が入らなくて使い勝手が悪いミニバッグは結局箪笥の肥やしになりがち。その点、この#小さすぎないバッグ は、優秀極まりないのです。

「プラダ」の二つ折り財布、「デルボー」の定期入れ、「ヴァレクストラ」の社員証、「グッチ」の名刺入れといったスモールレザーグッズに加え、「スマイソン」の手帳、iPhone、リップ3本、アホ毛を抑えるヘアマスカラ、ヘアゴム、ミント。マチが15㎝×15㎝の正方形で、開口部もパカっと全開するので、見た目以上にざくざくモノが入ります。

☑パッと目を引くユニークなフォルム
☑コーデイネートの邪魔をしないミニマムサイズ
☑ブランドロゴが目立たない
☑見た目以上の収納力

これが私が行き着いたエディターズバッグの条件。しばらくは、このバッグと一緒におしゃれ(と仕事)を楽しむ予定です。

外部リンク

cat_2_issue_oa-ellejapan oa-ellejapan_0_f65340b4afd2_パリより直送!2019秋冬オートクチュールコレクション、ストリートスナップ f65340b4afd2 f65340b4afd2 パリより直送!2019秋冬オートクチュールコレクション、ストリートスナップ oa-ellejapan 0

パリより直送!2019秋冬オートクチュールコレクション、ストリートスナップ

2019年7月3日 12:51 ELLE Japan

現地時間2019年6月30日(日)~7月4日(木)にて開催されている、2019秋冬オートクチュールコレクション。気持ちのいい天気が続いている初夏のパリには、世界中から招待された精鋭ファッショニスタが揃い踏み! 人気モデルからコレクションスナップではお馴染みのファッショニスタまで、今まさに真似したくなる最旬サマースタイルをデイリー更新でお届け。

レナ・ペルミノーヴァ(Lena Perminova)

カロリーン・ダウアー(Caroline Daur)

ペルニーレ・タイスベック(Pernille Teisbaek)

外部リンク

cat_2_issue_oa-ellejapan oa-ellejapan_0_341e7838f43d_シルバーが気分! 夏肌に映える主役シルバージュエリーまとめ 341e7838f43d 341e7838f43d シルバーが気分! 夏肌に映える主役シルバージュエリーまとめ oa-ellejapan 0

シルバーが気分! 夏肌に映える主役シルバージュエリーまとめ

2019年7月3日 12:43 ELLE Japan

大人の女性に似合うのは、センスアップを約束してくれるクールなシルバージュエリー。自分らしさを引き出し、ぐっとスタイルを格上げしてくれるーーそんなシルバージュエリーを厳選!

「サマー」

ニューヨーク発のジュエリーブランド「サマー」。有機的なフォルムが魅力のコレクションから、ビッグメタルをあしらったリングや、2本の指に通すリングをセレクト。
左から時計まわりに リング ¥23,000  リング¥21,000 リング¥13,000/すべてサマー(トゥモローランド tel. 0120-983-511)

「モダン ウィーウィング」

シンプルでアートフル、ミニマムエレガントがコンセプトの「モダン ウィーウィング」。個性的なシルエットの輪をいくつも重ねたロングピアスで、アーティスティックな横顔を演出。
ピアス¥30,000/モダン ウィーウィング(エスパーケース tel. 03-5464-9945)

「ララガンデザイン」

高品質のシルバーを用いたコレクションが人気の「ララガンデザイン」。ペンダントを外すとブローチにも変身するネックレスは、波のようなシルエットが美しい。
ブローチネックレス¥80,000/ララガンデザイン

photo: KEITA/FLAME styling: KANAKO SUGIURA

外部リンク

cat_2_issue_oa-ellejapan oa-ellejapan_0_7eda8a807790_2019年夏のインテリアトレンドカラーまとめ 7eda8a807790 7eda8a807790 2019年夏のインテリアトレンドカラーまとめ oa-ellejapan 0

2019年夏のインテリアトレンドカラーまとめ

2019年7月3日 12:36 ELLE Japan

もうすぐ夏本番! 家の中にも楽しい変化を取り入れて。今年の夏は、引き続き2019年のトレンドとして注目されてきた、ハッピーでリラックス感のあるカラーがポイントに。キッチンから寝室、リビングまで、あらゆる場所で、夏をもっと盛り上げてくれるはず!

パステル

パステルトレンドはまだまだ続く。クリームシクル(パステルオレンジ)、ライトパープル、ライトピーチなど、部屋の中に積み重ねるのもいいけれど、ネイビーのような対照的な暗い色合いを、枕の上やアートワークの中などさまざまな場所に加えてみよう。

ラベンダー

このカラートレンドは最近復活したから、すぐに消えることはなさそう。最適な色合いを見つけるには、少しグレーがかっていて、シックなものを探すこと。

ネイビー

ネイビーは小さなリビングや寝室にぴったりで、包み込んでくれるような雰囲気に。何といってもどんな色合いとも相性抜群ということが大きなポイント!

original text : SARAH SHELTON photo : Getty Images, COUNTRY LIVING, GOOD HOUSEKEEPING

外部リンク