cat_18_issue_oa-ehimenp-online oa-ehimenp-online_0_fa1d3db3c533_脱原発訴え、再稼働に疑問符 東京電力元社員の蓮池透さん松山で講演 fa1d3db3c533 0

脱原発訴え、再稼働に疑問符 東京電力元社員の蓮池透さん松山で講演

2019年6月8日 22:00 愛媛新聞

 東京電力元社員で福島第1原発の保守管理などを担当していた蓮池透さん(64)=新潟県柏崎市=の講演会が8日、愛媛県松山市の県美術館講堂であった。蓮池さんは「諸外国は自然エネルギーに向かっており、世界的に原発依存のすう勢ではない」と脱原発を訴えた。
 伊方から原発をなくす会が主催し、約100人が集まった。蓮池さんは北朝鮮による拉致被害者家族会の元事務局長。
 国内の原発について、高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場がない▽新規制基準は再稼働前提の対症療法的なもので妥当性がない▽完全な避難計画の策定は不可能―と三つの理由を主張して「再稼働はありえない」と強調した。

外部リンク

cat_18_issue_oa-ehimenp-online oa-ehimenp-online_0_40c5decbec69_少年少女発明クラブ発足 1期生20人 新居浜 40c5decbec69 0

少年少女発明クラブ発足 1期生20人 新居浜

2019年6月8日 17:53 愛媛新聞

 目指せ未来の発明家―。愛媛県新居浜市少年少女発明クラブ(阿部義澄会長)の発足式が8日、同市高木町の市総合福祉センターであった。1期生となるクラブ員20人は、月2回の活動を通して工作や実験に親しみ、ものづくりや科学への興味や関心を広げる。
 クラブは今治市、砥部町、松山市に次ぎ、県内4カ所目。県発明協会(松山市)の支援を受けて活動しており、発足は28年ぶりとなる。教員OBが主に指導員を務める他クラブとは異なり、新居浜は新居浜工業高等専門学校(新居浜高専)の現役教員が教える。子どもたちは来年3月まで、ハンダ付けのほかさまざまな応用技術を習得。創意工夫してものをつくる楽しさを学ぶ。
 発足式には、市内の84人の応募の中から選ばれた小学5、6年のクラブ員17人と学校・経済関係者らが出席。県発明協会の会長で田窪工業所特別顧問の田窪浩三さんは「ここは言われたものを作る工作クラブのようなものではありません。便利で楽しいものを創作してください」と激励した。新居浜高専電気情報工学科の皆本佳計さんら指導員5人の紹介もあった。

外部リンク

cat_18_issue_oa-ehimenp-online oa-ehimenp-online_0_3088d794d2af_県庁で投票用紙などの発送準備 夏の参院選 3088d794d2af 0

県庁で投票用紙などの発送準備 夏の参院選

2019年6月8日 17:50 愛媛新聞

 夏の参院選に向け、愛媛県選挙管理委員会は8日、県庁で投票用紙などの発送準備をした。10日に県内20市町選管と県の3地方局に送付する。
 投票用紙は選挙区と比例代表の計253万1600枚で、内訳は普通251万2000枚、点字1万5400枚、船員4200枚。3月28日現在の選挙人名簿登録者(有権者)数は116万6823人だった。
 作業を前に県選管の三木裕太郎書記長が「一つ一つの作業を着実にこなし、緊張感を持って取り組んでほしい」とあいさつ。職員26人が印刷所から届いた投票用紙を会議室に運び込み、仕分けした。

外部リンク

cat_18_issue_oa-ehimenp-online oa-ehimenp-online_0_92a2606431e3_県高校総体ネット写真特集 紙面未掲載分9日から公開 92a2606431e3 0

県高校総体ネット写真特集 紙面未掲載分9日から公開

2019年6月8日 10:13 愛媛新聞

 愛媛新聞社は8日、インターネットに「2019愛媛県高校総体写真特集」を開設した。5月31日の開会式のほか、3日までに行われた31競技のうち第1弾としてソフトボール、卓球、ボートなど10競技の選手の戦いぶりを紙面未掲載写真計約1600枚で伝えている=写真は一例。他競技も順次公開し、15、16日にある水泳も追加予定。
 同社ホームページ「愛媛新聞ONLINE」の「2019愛媛県高校総体写真特集(https://www.picturei.jp/ehime_2019soutai/)」からアクセスでき、本人や家族に限りプリントを有料で提供する。問い合わせは平日午前9時~午後5時、メディア開発部=電話089(935)2254。

外部リンク

cat_18_issue_oa-ehimenp-online oa-ehimenp-online_0_e09189f3f5e8_岡本、山形へ移籍 愛媛OV情報 e09189f3f5e8 0

岡本、山形へ移籍 愛媛OV情報

2019年6月8日 09:59 愛媛新聞

 愛媛オレンジバイキングスは、ポイントガードの岡本将大(26)がB2山形へ移籍すると発表した。
 岡本は2015年に前身の大分・愛媛ヒートデビルズ(bjリーグ)に入団。昨季は59試合に出場し135得点を挙げた。

外部リンク

cat_18_issue_oa-ehimenp-online oa-ehimenp-online_0_dd6631a7398f_嵐地区、魅力PRへ一丸 郵便局記念イベント 9日・宇和島 dd6631a7398f 0

嵐地区、魅力PRへ一丸 郵便局記念イベント 9日・宇和島

2019年6月8日 09:53 愛媛新聞

 日本郵便四国支社は9日、嵐郵便局(宇和島市津島町嵐)の開局101周年を記念する「感謝祭」を、下灘公民館(同)の協力を得て両所などで開く。同局でオリジナルグッズを販売するほか、同公民館では地域の特産品ブースやイベントを開催し、地域の魅力を一丸となってPRする。
 イベントは、利用者への感謝を伝えるとともに、地域の活性化につなげようと初めて企画した。
 同局では、A4クリアファイルなどの新たなグッズを販売。写真共有アプリ「インスタグラム」風のフレームや看板を設置した写真撮影スポットもお目見えする。商品販売や撮影看板設置は、9日以降も継続して行う。
 イベント会場となる公民館では、焼きヒオウギガイやじゃこ天など地域の味を販売。地元の子どもたちの太鼓演奏や、園児と小学生が描いた郵便局にちなんだ絵の展示もある。公民館を出発し、「嵐」の名がつく地域内の7カ所を巡るスタンプラリー(午前10時半受け付け開始)も実施する。
 同局の岩城健太郎局長は「郵便局は長い間多くの人々に支えられてきており、感謝の気持ちを伝えられれば。地域の人たちと一緒に、嵐を含む下灘地域を多くの人に知ってもらう機会にしたい」と来場を呼び掛けている。

外部リンク

cat_18_issue_oa-ehimenp-online oa-ehimenp-online_0_438ae9567cc7_宇和島・矢ケ浜―戸島海底管破損 3島304世帯 きょうから順次断水 438ae9567cc7 0

宇和島・矢ケ浜―戸島海底管破損 3島304世帯 きょうから順次断水

2019年6月8日 09:43 愛媛新聞

 宇和島市は7日、三浦半島の矢ケ浜(同市蔣淵)と戸島との間に敷設している水道水の海底送水管が破損し、戸島、嘉島、日振島の3島で8日正午ごろから順次断水する見込みだと発表した。現時点で復旧のめどは立っていない。
 市水道局によると、海底送水管は1980年度に整備し、長さ約3400メートル、最深部で水深約70メートル。2017年12月ごろ軽度の破損があったが、18年11月末までに修繕していた。
 7日午前0時ごろに津の浦調整池(同)の流出量が大幅に増加しているのを確認し、送水管が破損したと判断した。現在、送水を止め、各島の配水池計6カ所にたまった水道水から配水しているが、早ければ8日正午ごろに池の水が尽きる可能性があるとしている。断水対象は3島の計304世帯650人。
 同局は破損箇所を確認するため8日以降、潜水調査を予定。特定後に修繕作業に取りかかるが、破損状況によって断水が長期化する恐れがあり、対策として同日からペットボトル飲用水の配布などを行う。
 同局は経年劣化が原因とみていて「市民の皆さまにご迷惑をかけてしまい申し訳ない。早急に修復作業をしていく」としている。

外部リンク

cat_18_issue_oa-ehimenp-online oa-ehimenp-online_0_2b1ddcc728ac_魚ばなれテーマに詠む 「魚嫌い川柳」表彰式 賞状と県産天然タイ贈呈 2b1ddcc728ac 0

魚ばなれテーマに詠む 「魚嫌い川柳」表彰式 賞状と県産天然タイ贈呈

2019年6月8日 08:00 愛媛新聞

 「魚ばなれ」をテーマにした第5回「魚嫌い川柳」の表彰式がこのほど、愛媛県松山市三津ふ頭の市公設水産地方卸売市場であった。素直な気持ちを詠み、ジュニアの部で上位3作品に選ばれた市内の小中学生3人が、賞状と約1.5キロの県産天然タイを受け取った。

 川柳は市水産市場運営協議会が毎年募集。今回は全国から7699点の応募があり、一般とジュニアの各部門で最優秀1点、優秀2点、佳作10点を選んだ。作品は協議会がクリアファイルに印刷するなどして、啓発活動に活用するという。
 ジュニアの部最優秀賞に輝いた「うらがえしまだあるのかよ焼き魚」の作者、東中学校1年坂東煌介さん(12)は「焼き魚が苦手なだけで、実は刺し身や煮魚は好きだし、釣りもする。いつも思うことを川柳にしただけで賞に選ばれるとは」とはにかんだ。
 優秀賞の「カワハギをカワをはがずににこむママ」を詠んだ味生小学校5年高岡日向君(10)は「魚料理は家でよく出るし、好き」。石井東小5年門田いおりさん(10)は「母は言うさばけなくないさばかない」と詠み、「もらったタイは、おばあちゃんにさばいてもらおうかな」と話していた。

外部リンク

cat_18_issue_oa-ehimenp-online oa-ehimenp-online_0_2b6a77c85bd8_稲の精霊と3番勝負、一人角力 今治・大山祇神社 五穀豊穣を願う伝統の御田植祭 2b6a77c85bd8 0

稲の精霊と3番勝負、一人角力 今治・大山祇神社 五穀豊穣を願う伝統の御田植祭

2019年6月8日 08:00 愛媛新聞

 愛媛県今治市大三島町宮浦の大山祇神社で五穀豊穣を願う伝統の御田植祭が7日あり、稲の作柄を占う県無形民俗文化財の一人角力(ずもう)や、早乙女姿の女児が斎田に苗を植える神事などを行った。

外部リンク

cat_18_issue_oa-ehimenp-online oa-ehimenp-online_0_f27a75eebdd4_G20労働相会合で高校生が政策など提言へ 9月・松山 f27a75eebdd4 0

G20労働相会合で高校生が政策など提言へ 9月・松山

2019年6月7日 21:49 愛媛新聞

 9月1、2両日に愛媛県松山市で開かれる「20カ国・地域(G20)愛媛・松山労働雇用大臣会合」で、地元の松山東高校(同市持田町2丁目)の生徒が各国代表者らを前に政策などを英語で提言することが決まり、生徒は準備を始めた。

外部リンク