cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_zbya74hahi8x_【暮瀬姉弟と吉田くん】第百九十一「吉田くんと寒い朝」 zbya74hahi8x zbya74hahi8x 【暮瀬姉弟と吉田くん】第百九十一「吉田くんと寒い朝」 oa-dognews 0

【暮瀬姉弟と吉田くん】第百九十一「吉田くんと寒い朝」

2021年11月30日 17:19 いぬのきもちNEWS

気温が下がると、準備するにも時間がかかるんですよね。

吉田くんの視線が、一番冷たいよ…!

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_9g9cnus8vbyl_かくれんぼで見つかった瞬間の表情が可愛い秋田犬 9g9cnus8vbyl 9g9cnus8vbyl かくれんぼで見つかった瞬間の表情が可愛い秋田犬 oa-dognews 0

かくれんぼで見つかった瞬間の表情が可愛い秋田犬

2021年11月30日 16:47 いぬのきもちNEWS

子犬の成長はあっという間で、あとで写真を見返すとその成長スピードに驚くことも。

今回紹介するのは、Instagramユーザー@fukutohaku_wauchiさんの愛犬・秋田犬の福くん(取材当時、生後約7カ月)。家に迎えたばかりの写真と、それから約3カ月後の写真を比較してみると、福くんの成長ぶりがスゴかったんです!

家に迎えたばかりの頃の福くん。かくれんぼで「見つかっちゃった?」みたいな表情が可愛い

こちらは、福くんを家に迎えて5日目の様子。飼い主さんと一緒にかくれんぼをして遊んでいたときの一枚だそう。机の下にいた福くんを見つけたときに、福くんは「見つかっちゃった?」というような可愛らしい表情を見せてくれたそうです。

こんな表情で見つめられたら…思わずギュッと抱きしめてしまいそうですね!

約3カ月後のたくましく成長した姿がこちら!

先程のかくれんぼの写真から約3カ月が経過し、生後約半年にもなると、福くんはこんなにも大きく成長していました。まだ子犬ではありますが、大型犬の成長の早さに驚きます!

横から見ると、ガッシリとした、たくましい体つきなのがよくわかりますね。表情も以前よりも大人っぽくなり、貫禄が増しているように感じます。

福くんと飼い主さんご家族の出会いのエピソード

現在もすくすくと成長中の福くん。飼い主さんに福くんとの出会いについてお話を伺うと、福くんを見た瞬間に心を奪われたのだそうです。

飼い主さん:
「福に初めて会ったのは、パパとじいじでした。たまたま仕事の関係で立ち寄ったホームセンターに新しくペットショップができていて、覗いてみるとそこに福がいたそうです。

生後2カ月なのにほかのワンちゃんたちよりもすでに体が大きかった福は、ガラス越しのパパとじいじに一生懸命おもちゃで遊ぶ姿を見せてアピールしていたようです。そんな福の姿に、2人とも完全にロックオン状態だったみたいですね」

自宅に帰ってからも、2人はどうしても福くんのことが頭から離れなかったのだとか。その後、飼い主さんも誘い、3人で再び福くんのもとを訪れたのだそうです。

飼い主さん:
「福はとても人なつっこいコでした。顔のキレイなもみじ模様とクリクリの大きな目が特徴で、このときから自分の可愛い見せ方をわかっているかのようでした」

福くんに魅了された飼い主さんご家族は、どうするか家族でよく話し合い、迎え入れることに決めたそう。

福くんを抱いて帰宅しているときに、「なんだか我が家に幸福をもたらしてくれそうだ」と感じた飼い主さんは、「福」と名づけることしたそうです。

福くんの成長を感じる日々

福くんを家族に迎えて、もうすぐ約5カ月が経過します。現在、生後約7カ月の福くんの体重は20kgを超えており、立派に成長しているそう。

お散歩やお出かけすることを覚えたり、できなかった「オスワリ」や「マテ」ができるようになったりと、ご家族は日々福くんの成長を感じているといいます。

飼い主さん:
「最近は、自分の意思もはっきりしてきたような気がします。福は何よりも飼い主と車に乗ってお出かけをすることが大好きで。私たちが出かける準備をしていると察し、『一緒に連れてって!』とアピールがすごいですね(笑)」

成長したこともたくさんあるけれど、「何にでも一生懸命な姿」は迎えたときから変わっていないという福くん。そんな福くんのことが愛おしくてたまらないと、飼い主さんは話していました。

福くんは家族に幸せをもたらしてくれる存在

福くんが何かするたびに、家族の間でよく笑い声が飛び交っていると話す飼い主さん。犬との暮らしは大変なこともあるけれど、それ以上に福くんからたくさんの幸せをもらっている気がするといいます。

飼い主さん:
「なんとなく元気が出ない日や何か失敗した日、疲れて帰ってきた日…そんなときに福は、黙ってそばにいてくれて、寄り添ってくれます。

特別何かしてくれる訳ではないし、話せるわけではないけれど、存在そのものが心の癒しになるんです。『福がいるから頑張ろう』と自然とそんな気持ちにさせてくれる——福は私たちの大きな活力ですね

福くんがこれからどんなコに成長していくのか、楽しみですね! 

写真提供・取材協力/@fukutohaku_wauchiさん
取材・文/雨宮カイ

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_u42sopzy5t7u_愛犬からの「大好きサイン」5つ 可愛いしぐさにほっこり u42sopzy5t7u u42sopzy5t7u 愛犬からの「大好きサイン」5つ 可愛いしぐさにほっこり oa-dognews 0

愛犬からの「大好きサイン」5つ 可愛いしぐさにほっこり

2021年11月30日 16:42 いぬのきもちNEWS

愛犬の大好きサインとは、愛犬がうれしいときや楽しいときに飼い主さんに対して「大好き」という気持ちを伝える行動やしぐさです。愛犬の大好きサインに気づいたら、こちらの大好きという気持ちも伝えられるようにしましょう。

視線が合ったときに見つめ返してくれる

犬は相手と視線を合わせるのが苦手な動物ですが、大好きな飼い主さんと視線が合うというのはうれしいことになります。また、期待が高まると思わず見つめ返してくれることも。飼い主さんが見つめすぎると緊張してしまうので、2~3秒ほどアイコンタクトをしてあげましょう。

飼い主さんと偶然視線が合うともっと嬉しくなるので、顔は愛犬の方に向けたまま別の場所を見て、愛犬がこちらを見ているなと感じたときに、偶然を装って視線を合わせてみてくださいね。

ひざの上に乗ってくれる

大好きな飼い主さんのぬくもりが感じられるひざの上は、注目を浴びることができ、甘えることもできる、絶好の居場所になります。愛犬が甘えん坊の場合は、飼い主さんが腰を下ろすタイミングを待ち構えているかもしれません。

愛犬の大好きサインはうれしいですが、ひざの上にずっといさせるのが難しいときは、「下りて」と指示をして、飼い主さんのペースでスキンシップをとるようにしましょう。

そばでくっついてくれる

犬が群れで生活をしていたころは、仲間同士で身を寄せ合って過ごしていました。その名残から、信頼している相手とくっつくというのは、犬にとって安心に繋がります。大好きな飼い主さんに身をゆだねている時間は幸せな時間なのです。
また、野生の犬の場合は、ほら穴などで母犬にくっついて寝ていたため、母犬に守られている感覚で、飼い主さんにくっつくと安心して眠ってしまうこともあります。

しかし、愛犬が飼い主さんとずっといっしょにいないと不安な状態になってしまうのはあまりよくありません。そうなる前に、「マッテ」の指示でその場を離れ、犬だけでも安心して待てるようにしましょう。

寝るときに無防備な姿になる

急所であるお腹を見せ、すぐに立ち上がることができない体勢で寝ているというのは、いっさい警戒をしていない寝姿。大好きな飼い主さんが守ってくれるという安心感からこの姿でぐっすりと眠っているのです。

飼い主さんのそばで食べる

食べるのに時間がかかるものを飼い主さんのそばで食べ始めるというのは、その場所が安心だと感じているサイン。食べているものを取られる心配がないと、飼い主さんのことを信用しているのです。

愛犬がみせるしぐさのなかに、ふだんしているものはありましたか? 愛犬の大好きサインに気づいたら、見逃さずにしっかりとキャッチして信頼関係を高めていきましょう。


参考/「いぬのきもち」2017年4月号『もっと仲良くなれる“お返事のしかた”つき 愛犬の大好きサイン&ツンデレサイン』(監修:東京農業大学農学部バイオセラピー学科教授 獣医師 獣医学博士 増田宏司先生)
文/hare
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので、予めご了承ください。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_py5p26qqbiv8_ゴミ捨てだけなのに「よくぞご無事で」飼い主を出迎える犬 py5p26qqbiv8 py5p26qqbiv8 ゴミ捨てだけなのに「よくぞご無事で」飼い主を出迎える犬 oa-dognews 0

ゴミ捨てだけなのに「よくぞご無事で」飼い主を出迎える犬

2021年11月30日 16:33 いぬのきもちNEWS

帰宅したら愛犬が出迎えてくれる——この瞬間は、飼い主さんにとって喜びや癒しの時間でもありますよね!

たった数分、ゴミ捨てに行っただけなのに…

Twitterユーザーの@msl_pome_pomeさんも、帰宅するなり愛犬・ミサイルちゃんに出迎えてもらったことがあったそう。

このとき、たった数分ゴミ捨てに行っただけだったそうですが、ミサイルちゃんは「よくぞご無事で」と言わんばかりに飼い主さんのことを褒めてくれたのだとか!(笑)

飼い主さんが帰宅して、とっても嬉しそうなミサイルちゃん。たった数分会えなかっただけでこれだけ喜んでくれるなんて、飼い主さんとしては嬉しすぎますよね!

飼い主さんは投稿で、「偉業を成し遂げた気分だった」と心境を綴っているのでした。
犬を飼っている人なら、飼い主さんの気持ちに共感できる人も多いのではないでしょうか?


飼い主さんのことが大好きなミサイルちゃん。ミサイルちゃんと過ごす楽しい日常の様子♪


参照/Twitter(@msl_pome_pome)
文/雨宮カイ

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_pbyqshxswm36_愛犬のお世話をめぐる「家族のもめ事」体験談 pbyqshxswm36 pbyqshxswm36 愛犬のお世話をめぐる「家族のもめ事」体験談 oa-dognews 0

愛犬のお世話をめぐる「家族のもめ事」体験談

2021年11月30日 16:31 いぬのきもちNEWS

愛犬のお世話のことで家族で意見が割れてしまい、もめることがありますか?

犬のお世話をめぐり「家族でもめた経験がある」人は約4割

今回いぬのきもちWEB MAGAZINEでは、飼い主さん155名に「犬のお世話をめぐって、家族でもめた経験があるかどうか」アンケート調査を行いました。すると、約4割の人が該当する結果に!

犬のお世話でもめた原因は何?

では、飼い主さんたちはどのようなことでもめてしまったのでしょうか? 寄せられた体験談を紹介します。

お世話のルール決めなどに苦労 愛犬を甘やかす家族も…

  • 「母の甘やかす事について」
  • 「お散歩当番は誰かということ。前の日に明日の当番を確認するようにした」
  • 「エサの与えかた、おやつのタイミングなど。エサを食べないのに、姑は米やおやつを与えてしまう。エサを食べないならとりあえず様子を見たいのに、犬がどんどんわがままになっている気がする」
  • 「誤飲に対して無頓着すぎる。誤飲は怖いことを説明して、危険なものは届かない所においた」
  • 「お散歩から帰宅後の足洗いの仕方や、体の拭き方について揉めました。何回も足洗いの仕方や拭き方をレクチャーして、なぜ必要なのかを伝えつづけました。今では完璧ではないけど、怪我をしてないか?体に異変がないか?のチェックもしてもらえてます」
  • 「サークルで飼い始めたのですが、私や娘が留守の間に主人が勝手に家の中で遊ばせていた。股関節の脱臼もあるので、マットの敷いてある場所に限定で遊ばせることに納得させるのに苦労しました」
  • 「甘やかすので、体重が増えた。あげないようにお願いするが聞いてもらえない」
  • 「食事の内容で揉めて、病院の担当医も交えて話し合い、今は折衷案です」
  • 「家族が全員仕事をしていたため、初代の愛犬から誰が担当するのか揉めました。今は3代目のワンコがいますが、最初に話し合いで決めてからはずっと守っています。【主人担当⇒散歩、遊び】【妻担当⇒トイレットシート交換、水やり、おやつ】【子供担当⇒餌代と体調管理、お風呂、トリミング、病気や怪我の治療代】」

愛犬のお世話をする人が家族の中で偏っている

  • 「世話をしてくれない。諦めて自分でしている。かわいいから世話も出来るので」
  • 「飼い始めはみんなお世話に積極的なのに、しばらくすると面倒なお世話は一人に偏ってきた。お世話の内容を書き出して表にし、正の字を書いて可視化し、誰かに偏らないようにした」
  • 「犬を飼いたいと次男が言ったので、家族に迎えたのですが、朝晩の散歩は父親である私がやっています。愛犬を迎える前から覚悟していましたが、可愛いので自分が散歩しています」

愛犬の治療のことでもめることも

  • 「血液検査で異常が出て、セカンドオピニオンに行くかどうかで家族と言い合いになった。何回か説得して少し時間をおいてから、知人の通う病院にセカンドオピニオンを聞きに行った」

話し合ってもなかなか改善されないことも

  • 「トイレの掃除とお手入れをしない。やたらとおやつをあげるので揉めることがある。言っても改善されないままです」
  • 「散歩や休日の朝の犬のお世話など。お互いが出来ることと出来ないこと、出来る時と出来ない時などを話し合った。が、時間が経つとうやむやになってしまい、また揉める。の繰り返しです」
  • 「犬に対してのコマンドの統一。座れなのか、お座りなのかその他イロイロ。いまだに解決できずワンコに迷惑をかけています」

夫婦で意見が合わないのは「あるある」かも…?

  • 「夫が一切散歩に行かないので、私が体調不良の時くらい行ってほしいと口論になった」
  • 「しつけをするのにルールを決めたのに、旦那が全く決めた通りにやらないから」
  • 「私が夜勤がある仕事で、夜勤の日は昼まで寝てたいから旦那に朝ごはんをお願いしたら無理だと言われた。それからは、自分が家にいる時はなるべく旦那に頼らないようにしている」
  • 「夫が犬の散歩に行くと10分程で帰って来る。それは散歩と言わないと言うと『もう、しない』と言われ、それからは私が散歩をしています」
  • 「家に迎え入れた際にドッグトレーナーさんにお願いしてトレーニングするか、しないか。お試しでお願いしたら1回で少し変化があった為、その後お願いしました。私がトレーニングしたい。主人が反対でした。わが家のワンコはトレーニングがスムーズだったため褒められる事が多く、トレーニング3カ月でそろそろ卒業です。凄い変化、成長しました」

【獣医師解説】愛犬のお世話に関する家族でのもめ事 対策はある?

アンケート調査の結果、愛犬のお世話の仕方でもめたり、お世話をする人が偏ってもめたりなど、さまざまなケースがあるとわかりました。

話し合いをあきらめてしまうといったこともあるようですが、家族で犬を飼っているのだから、お互いが気持ちよく、楽しくお世話できたらいいですよね。

ここからは、愛犬のお世話で家族間で問題が起きたときの対処法などについて、いぬのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

よくある家族のもめ事は?

——犬のお世話をめぐる家族のもめ事で、先生がよく見かけるのはどういったものですか?

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
ごはんやオヤツの考え方の不一致が多いです。実際に太っている犬が増えていますので、ダイエットのために食事やオヤツの制限や変更を動物病院で伝えることがあります。

愛犬が病気で食事の変更が必要となるときも、もめるケースが多いです。そのときに考えが異なる家族間で問題が起きているようです」

犬のお世話で家族がもめないようにするために大切なことは?

——犬のお世話での家族のもめ事に対して、どのような心がけが必要でしょうか?

獣医師:
話し合うことと同時に、聞きあうことが必要です。誰でも行動には理由があって、その背景にはその人の大事に思っていることが隠れています。

誰かに指摘されてばかりだと頑なになってしまったり、本音も話せなくなってしまうので、相手の話を聞くことも必要だと思います。

相手に話すときには、困っていること、自分や犬への影響、自分がどれほど困っていてつらいかなどの気持ちを話すと、相手は理解しやすいと思います。

最終的な答えは、どちらかの意見になることもあるかもしれませんし、中庸であることもあると思います」

オヤツのことでもめている場合の解決案

——たとえば、「愛犬のオヤツのことで家族がもめる」という場合、どういった話し合いをするとよいでしょうか?

獣医師:
「愛犬にオヤツを与えるのをやめたいときに、オヤツをやめたい人は、『愛犬の健康を守りたいから助けてほしいし、協力してほしい』『愛犬が元気でなくなることがとてもつらい』といったことが心の中にあるかもしれません。

一方で、オヤツを与えるのをやめられない人は、『好きなものを食べさせたい』『オヤツが唯一のコミュニケーションで楽しみであり、自分の幸せでもある』ということを思っているのかもしれません」

——どちらの飼い主さんの思いも、理解できますよね。

獣医師:
「そうですね。相手が何を思って考えているかは察することはできないので、気持ちを整理して伝えること、相手のことも聞くことで、新しい視点が生まれると思います。

また、会話をすることで犬に求めすぎている気持ちが薄れて、自分の気持ちや行動に執着することも減ってくると思います」

——実際にオヤツを与えすぎていてやめたい場合には、どのような解決策がありますか?

獣医師:
「オヤツをやめるときには、急にやめられなくても次のような方法がとれると思います。

・与える量をひとつ減らす
・与える大きさを小さくする
・健康的なものに変える
・オヤツ以外の好きな食べ物を探す
・食べ物以外の好きなことを探す
・たまには与えていいと家族でルールを決める

動物病院でも案を聞いてみると視野が拡がるかもしれませんので、困ったときは相談してみましょう」

いぬのきもちWEB MAGAZINE『犬のお世話をめぐる家族での揉めごとに関するアンケートvol.01』
(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_9w4fq863ndlk_なぜ噛む?どうしてそそうするの?犬の本音を探ってみた! 9w4fq863ndlk 9w4fq863ndlk なぜ噛む?どうしてそそうするの?犬の本音を探ってみた! oa-dognews 0

なぜ噛む?どうしてそそうするの?犬の本音を探ってみた!

2021年11月30日 16:27 いぬのきもちNEWS

犬の本音を知ることが、問題解決につながります

それまでしなかったのに、ある日突然、飼い主さんのことを噛んだり、急にそそうするようになったり……。
長年愛犬と暮らしていると、そんなお悩みが出てくるかもしれません。
もしかするとそれは、愛犬が少しずつシニア期に入ってきたからなのかも。
でも、たとえ加齢が原因で困りごとが起きているとしても、そのときの愛犬の気持ちを正しく理解してあげれば、解決できたり、予防できたりすることも。
そこで今回は、ある日突然噛んだり、そそうするようになった愛犬の本音をご紹介します。

ある頃から、言うことを聞かずに噛むようになった愛犬の本音とは?

たとえば、それまで「散歩だからオイデ!」と声をかければ足元まで来ていたのに、何度呼んでも無視して来なくなった……。
呼んでも来ないから、こちらから近づくと噛むようになった……。
そんな場合、じつは愛犬はこんな風に思っている可能性があります。

散歩に行くよ!と呼んでも来ないから、こちらから近づいてリードをつけようとした途端、ガブッ!!
このとき愛犬は、
『え?何?びっくり!いきなり後ろから触らないで!
思わず噛んじゃったじゃない!』
と思っています。

犬は、老化の影響で耳などの感覚機能が衰えたり、体の動きが鈍くなったりすると、一見こちらの指示を無視しているように見えることがあります。
また、そんなときに背後から急に近づかれると、驚いて反射的に飼い主さんを噛むことも。
これらは加齢による生理的なことが原因なので、飼い主さんのことをわざと無視をしたり、嫌いだから噛んだりしているわけではないのです。

声をかけるときは、正面からはっきりとした口調で!

愛犬の背後から指示をしたり、急に手を出したりすると、指示が通りにくいだけでなく、無意味に驚かせてしまうことがあります。
愛犬の正面に回って声をかければ、指示が通りやすくなって、噛まれる心配もなくなります。
何より愛犬も、飼い主さんの顔が見えるので安心して反応してくれるはずですよ。

ただし、体調が悪くて言うことに反応できなかったり、体が痛むなどの理由で触られたくなくて噛むことも考えられるので、心配なときは動物病院を受診しましょう。

ある頃から、そそうするようになった愛犬の本音とは?

それまでトイレでオシッコができていた愛犬が、あるときから急にそそうするようになった……。
そんなとき愛犬は、こう思っている可能性が!

ラグなどの敷物があると、愛犬はふと
『ここでオシッコができるかも?』
と思ってしまうことがあります。
そしてそこでオシッコをしてしまい、確信します。
『やっぱりここでオシッコできる!しかも、オシッコがはね返らないから快適!』
と……。

犬も年を重ねると頻尿になりがちです。
そんなときに、トイレ以外の、たとえばはね返りの少ないラグなどがあると、ついそこでそそうしてしまうことがあるのです。

今までトイレでできていた愛犬にそそうされると、「かまってあげなかった“当てつけ”」「散歩に行かないから“嫌がらせ”」という飼い主さんもいますが、それは間違い。
愛犬は決して、嫌がらせや当てつけでそそうしているわけではありません。
生理的にそこで排泄しただけのことなのです。

ついそこでオシッコしたくなる環境を見直そう!

ラグやじゅうたんは、そそうされやすいスポット。
繰り返しそこにするのなら、思い切って片づけてしまいましょう。
また、よくそそうする場所が決まっているのなら、そこにトイレトレーを新たに置いてあげてもいいでしょう。


いかがでしたか?
愛犬と長くいっしょに暮していると、「何でそんなことをするの?」と困ってしまう場面が出てくると思います。
でも愛犬は、決して飼い主さんを困らせようとして、それらをしているわけではありません。
そのときの愛犬の本音を読み取って、お互いが困らないように工夫できるといいですね。


参考/「いぬのきもち」2020年5月号『愛犬の気持ちをホンヤクします!』(監修:Can ! Do ! Pet Dog School代表 西川文二先生)
文/h.taco

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_h0eroi4xy364_犬が安心して過ごせる留守番環境のつくり方とポイント h0eroi4xy364 h0eroi4xy364 犬が安心して過ごせる留守番環境のつくり方とポイント oa-dognews 0

犬が安心して過ごせる留守番環境のつくり方とポイント

2021年11月30日 15:55 いぬのきもちNEWS

留守番環境が整っていないと、犬は留守番中に不安になり、イタズラしたり吠え続けたりするなど、困った行動を起こすことがあるので注意が必要です。
今回は、犬を不安にさせない「留守番環境のつくり方」について解説します。

短時間の留守番の場合は「クレート」で過ごさせる

犬は狭い場所のほうが安心できるため、短時間の留守番はクレートの中で過ごさせるのがおすすめです。「少しの間だから」と部屋の中でフリーにすると、犬は部屋全体を縄張りだと思い、イタズラや粗相(そそう)などのトラブルを起こすことがあるので注意しましょう。

なお、クレートでの留守番時間の目安は、犬が排泄せずに過ごせる時間です。個体差はありますが、成犬なら最大7時間、6カ月未満の犬では月齢+1時間を目安にしてください。

※クレートに慣れていない犬の場合は、クレートで過ごす練習から始めましょう。

8時間以上の留守番の場合は「サークル」で過ごさせる

8時間以上の留守番の場合、犬は必ず1回は排泄をするので、排泄しても快適な環境づくりが必要です。そこで、8時間以上の留守番では、クレートではなくサークルの中で過ごさせましょう

サークルの中には、安心できるクレート、トイレ、新鮮な飲み水を用意してあげてください。また、単独で遊べるよう、お気に入りのおもちゃなどを与えるのもポイント。犬が破壊できないゴム製のおもちゃやガムなどがおすすめです。

「いつもと同じ」環境で留守番させるのも大切

犬は「いつもと違う」ことに敏感な動物。できるだけ「いつもと同じ」環境で留守番させられるよう、以下のような工夫をすることも大切です。

いつもと同じ場所で留守番させる

留守番のときだけ静かな部屋にクレートを移動させるのはNG。ふだんクレートを置いている場所で、留守番させるようにしてください。
なお、窓の近くにクレートを置くと、外を気にして吠えたり日差しで暑くなったりするので、ふだんから窓から離れた快適な場所に設置するようにしましょう。

部屋の明るさをいつもと同じにする

ふだん日中も照明をつけている場合、外出時に照明を消してしまうと、犬は不安になってしまうおそれが。外出するときは、いつもと同じ明るさにしてあげましょう。

いつも通りにテレビやラジオをつけておく

犬は聴覚刺激にも敏感です。なるべく音の環境も「いつもと同じ」を心がけましょう。
テレビやラジオをつけていることが多い家では、留守番中もそのままにしておくのがおすすめ。ほかの音をカモフラージュできるので、警戒吠えの予防にもなります。

外出前のちょっとした工夫が「安心できる留守番」につながることも

そのほか、外出する前に以下のような心がけをすることで、犬は留守番中に安心して過ごすことができるでしょう。

留守番前に運動してエネルギーを発散させる

理想の留守番は、犬がリラックスして静かに寝ている状態です。そこで、留守番前にたっぷりと散歩をするなどしてエネルギーを発散させ、犬が疲れてぐっすり眠れるようにしましょう。

散歩時間の目安は30分~1時間程度。いつもより長くとるのがポイントです。散歩中に排泄を済ませておけば、留守番中の粗相も減らすことができます。散歩に行くのが難しい場合は、エネルギーを消費しやすい「引っ張りっこ遊び」を取り入れるのもいい方法です。

留守番の気配をつくらずに出かける

犬は飼い主さんの何気ない行動から留守番を察知し、ソワソワしてしまいます。できるだけ不安にさせずスムーズに留守番へと誘導するためには、犬から見えない所で外出の準備をする、準備をしているときから犬をクレートに入れて飼い主さんが見えないようにするなど、外出する気配をつくらないようにしましょう。

犬にとって留守番は、大好きな飼い主さんと離れて不安な状況に置かれることですから、できるだけ安心して過ごせるような環境を整えることが大切です。ぜひ参考にしてみてくださいね。


参考/「いぬのきもち」2020年12月号『12回で基本をすべてマスターできる! はじめてしつけコンプリートドリル vol.10 留守番のさせ方』(監修:しつけスクール「Can!Do!Pet Dog School」代表 西川文二先生)
文/Yoko N
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_ukv7ju4rp4vz_犬が「犬見知り」になるのには理由がある? 獣医師が解説 ukv7ju4rp4vz ukv7ju4rp4vz 犬が「犬見知り」になるのには理由がある? 獣医師が解説 oa-dognews 0

犬が「犬見知り」になるのには理由がある? 獣医師が解説

2021年11月30日 15:53 いぬのきもちNEWS

お散歩などで愛犬が他の犬と対面する機会があったときに、犬が苦手なコは「犬見知り」をすることがあります。

犬見知りをするのには、どのような原因があるのでしょうか? 今回、いぬのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

犬が「犬見知り」になってしまう原因は?

——犬が「犬見知り」になってしまうのには、どのような原因がありますか?

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「たとえば…

・他の犬と関わることが好きではない
・神経質である
・犬よりも人が好き

など、もともとの性格が関係しているコもいると思います。

しかし、やはり大きな原因としては、積極的にお散歩に行っていないケースが多いです。子犬の混合ワクチン接種終了後の社会化の大切な時期にしても、成犬になってからもです」

——運動という目的だけでなく、散歩は犬にとって重要なものなのですね。

獣医師:
「他の犬と出会う経験がなければ犬らしい行動ができず、あいさつの仕方なども学べません。犬同士のコミュニケーションをとる方法がわからないわけですから、犬見知りになることは必然ともいえるでしょう。

たくさんの犬と出会い経験を積むことができれば、犬の友達ができるチャンスは広がるのではないでしょうか」

犬が苦手なコに、犬友達を作るべき?

——愛犬に犬の友達ができることで成長にもつながると思いますが、どうしても他の犬が苦手だというコもいると思います。どのように考えたらよいでしょうか?

獣医師:
「愛犬に犬の友達がいたら充実した生活になる可能性はあると思いますが、飼い主さんや家族と幸せな生活をしていれば、必ずしも犬の友達が必要とまではいえないでしょう。

友達はあえて作るものではなく、自然になるものだと思います。飼い主さんも犬同士も、相性がよければお散歩などで自然と友達になることでしょう。

友達ができて社会性を身につけることは大切ですが、犬見知りなコは無理せず、飼い主さん以外の人の友達を作ってみてもよいかもしれません」

愛犬に犬友達を作るときに配慮したいこと

——犬見知りなどの様子がなく、他の犬との交流が問題なさそうな犬の場合、飼い主さんはどのような配慮をしながら他の犬とのコミュニケーションをさせてあげたらよいですか?

獣医師:
「いきなりたくさんの犬と友達になろうとせず、まずは1対1の関係から何度も会って仲良くなればよいでしょう。犬同士の相性ももちろん大切ですが、まずは飼い主さん同士の信頼関係を築くことも大切です」

——こちら側が他の犬と仲良くさせたいと思っても、相手の飼い主さんの意向も考えなければなりませんね。

獣医師:
「飼い主さんが覚えておきたいことは、『必ず自分とは違うタイプの飼い主さんがいる』『いろいろな犬がいて、それぞれにいろいろな理由がある』ということです。

相手の飼い主さんに犬同士の交流を断られてしまったときに、『挨拶したいけれど避けられた』と感じる方もいると思います。

しかし、実際にはその相手の飼い主さんが交流を望まない真逆の性格であったり、相手の犬が犬同士の交流が苦手であった可能性もあるでしょう」

——愛犬をそのコと交流させてもよいか、相手の飼い主さんに確認することも忘れないようにしたいですね。

獣医師:
「そうですね。愛犬がふだん穏やかでいいコであっても、相手の犬からイヤなことをされたときには怒ってしまうかもしれません。吠えたり、歯を見せることもあると思います。

犬は自分の身を守るためには攻撃する生き物であることを忘れず、何かあったら飼い主さんがコントロールしなければいけないことを肝に銘じましょう。愛犬任せにしてはいけません。

犬同士を交流させる際は、同じ犬種や同じ体格のコ同士のほうがよいかもしれません。飼い主さんの意識も似ていることが多く、トラブルへの発展が避けられることもあるようです」

愛犬が他の犬と仲良くなれそうかどうかは、そのコの性格や相手の犬との相性などもかかわってきます。

他の犬と接する機会がある場合には、飼い主さんがしっかりと愛犬をサポートし、難しそうな場合は無理やりコミュニケーションをとらせるのは控えるようにしましょう。


(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_20xq8y4xizfb_犬飼いあるあるの怖いパターン?虫の行方が気になる 20xq8y4xizfb 20xq8y4xizfb 犬飼いあるあるの怖いパターン?虫の行方が気になる oa-dognews 0

犬飼いあるあるの怖いパターン?虫の行方が気になる

2021年11月30日 15:44 いぬのきもちNEWS

気になる行方…。

いぬねこあるあるの、怖いやつです。

めーのおかあさんは すぐに あわてます

プロフィール
よしこ 15才のパグ・めーと暮らしています。趣味は犬の漫画を描くこと。著書に「パグまんが めー語」(河出書房新社)、「めー先生ですよ」(幻冬舎)など。めーは食いしんぼうでよく寝る犬です。よその人が大好き。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_56g24itm7oac_タオルを手に入れた豆柴子犬→隠し場所を必死に探す! 56g24itm7oac 56g24itm7oac タオルを手に入れた豆柴子犬→隠し場所を必死に探す! oa-dognews 0

タオルを手に入れた豆柴子犬→隠し場所を必死に探す!

2021年11月30日 15:36 いぬのきもちNEWS

靴下などの洗濯物が好きなワンコっていますよね!

Instagramユーザー@ten_0723さんの愛犬・豆柴のてんちゃん(取材当時、生後約3カ月)も、そのようです。

この日、洗濯カゴから「タオル」をゲットしたてんちゃんは、タオルを隠したくてクンクンと鳴きながら隠し場所を探している様子。

部屋の中をウロウロ…

部屋の中をウロウロするてんちゃん。おもちゃ箱をホリホリして中に隠そうとしますが…

「ここだとすぐに見つかってしまう」と思ったのか、また違う場所を探し始めました。

お宝を隠そうとするかのように、隠し場所を必死になって探すてんちゃん。一生懸命隠し場所を考えている姿が愛らしくて、見ていてキュンとしてしまいますね!

てんちゃんについて、飼い主さんに話を聞いた!

飼い主さんにお話を伺うと、てんちゃんはいつも洗濯物を漁っては、靴下や下着、タオルなどをくわえて持っていってしまうのだそう。先程の動画も、タオルをくわえてウロウロしているてんちゃんの姿が可愛くて、動画を撮ったのだといいます。

飼い主さん:
『どうしようどうしよう』という、てんの心の声が聞こえてきそうで笑ってしまいました。あのあとは結局、タオルを隠すのではなく、寝床でタオルをカミカミして堪能していました!(笑)」

てんちゃんってどんなコ?

人や犬が大好きだというてんちゃん。誰にでもしっぽを振って、いつも愛想を振りまいているのだとか。

てんちゃんと家族になって約2カ月が経過するそうですが、飼い主さんは日々てんちゃんの成長を感じているといいます。

飼い主さん:
「お家に来た頃と比べると、てんちゃんの体は倍くらい大きくなりました。私たちの言葉をよく理解していて、オテ、マテ、オスワリ、タッチなどもできるようになりましたね」

犬と暮らすのが初めてだという飼い主さんご家族。てんちゃんと暮らすなかで、「犬のお世話は大変なこともあるけれど、それ以上に癒しや笑顔をたくさんもらっている」と感じているそうです。

これからも家族みんなで、楽しい日々を過ごしていってほしいですね♪ 

写真提供・取材協力/@ten_0723さん
取材・文/雨宮カイ

外部リンク