cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_ri2an3rj39o3_標高1,420mから犬と眺める大パノラマ【穴澤賢の犬のはなし】 ri2an3rj39o3 ri2an3rj39o3 標高1,420mから犬と眺める大パノラマ【穴澤賢の犬のはなし】 oa-dognews 0

標高1,420mから犬と眺める大パノラマ【穴澤賢の犬のはなし】

2021年9月17日 10:16 いぬのきもちNEWS

先代犬の「富士丸」と犬との暮らしと別れを経験したライターの穴澤賢が、
数年を経て現在は「大吉」と「福助」(どちらもミックス)との暮らしで
感じた何気ないことを語ります。

これまで書いてきたように、山の家に行く度に何かしら作業をしている。毎年の恒例行事の草刈りから、せっせとウッドチップをドッグランに運んだり、雨の当たる壁やテラスや階段のオイルステインを塗り直したり、次から次にやることが出てくる。だからゆっくり休んでいる暇などない。

音を嫌がる大吉

それはそれで構わないし、普段はパソコン仕事であまり動かないからいい運動になる。ただ、そうした作業をするときの問題がひとつある。大吉が嫌がるのだ。音に敏感な大吉は、草刈り機の音がすると落ち着きがなくなる。電動サンダーの音もだめなので、山の家のリノベーション期間は大変だった。

動物病院やシャンプーなど、彼らの健康に関わることならいくら嫌がっても「知らん」という態度で接するが、そうでないことならできるだけ避けてやりたい。草刈り機のエンジン音や電動サンダーの何が嫌いなのかは知らないが、嫌なものは嫌なのだろう。誰にだってそういうことはある。

では作業するときはどうしているのかというと、出来る限り短時間で終わらせるか、ご近所のカール家が来ているときはそこに非難してもらうか、長くかかりそうなときは嫁とどこかに出かけてもらうようにしている。そうすれば、心置きなく草刈りをしたり、電動サンダーが使える(別に好きでやっているわけではないのだが)。

山の家に近い、絶景スポット

ところで、八ヶ岳にある「創造の森」というところをご存じだろうか。ここは山の家から車で20分ほどの富士見町にあるのだが、鹿の湯から自動運転の「天空カート」(犬OK)というものに乗り、20分かけて登っていく。

終着点には展望台があり、180度の大パノラマが広がっている。標高1420メートルなので晴れた日は南アルプスや富士山が見渡せるという。サイトには動画もあるが、実際にそこに立って見ると遥かに気持ちいいだろう。

標高が高いから涼しく(秋は寒いくらいだから薄着に注意)、暑がりの犬もきっと快適だと思う。落ち着いたら犬と一緒に出かけてみてはいかがだろうか。

ちなみに私は、まだ行ったことがない。カール家と嫁と大福が「創造の森」で景色を楽しんでいる間、家に残ってずっと草刈りをしていたから。作業が全部終わったら行ってみたいと思っている。サイトには11月下旬までと書いてあった。それまでに終わりそうにない。

プロフィール
穴澤 賢(あなざわ まさる)
1971年大阪生まれ。2005年、愛犬との日常をつづったブログ「富士丸な日々」が話題となり、その後エッセイやコラムを執筆するようになる。著書に『ひとりと一匹』(小学館文庫)、自ら選曲したコンピレーションアルバムとエッセイをまとめたCDブック『Another Side Of Music』(ワーナーミュージック・ジャパン)、愛犬の死から一年後の心境を語った『またね、富士丸。』(世界文化社)、本連載をまとめた『また、犬と暮らして』(世界文化社)などがある。2015年、長年犬と暮らした経験から「DeLoreans」というブランドを立ち上げる。

ブログ「Another Days」

大吉(2011年8月17日生まれ・オス)
茨城県で放し飼いの白い犬(父)とある家庭の茶色い犬(母)の間に生まれる。飼い主募集サイトを経て穴澤家へ。敬語を話す小学生のように妙に大人びた性格。雷と花火と暴走族が苦手。せっかく海の近くに引っ越したのに、海も砂浜もそんなに好きではないもよう。

福助(2014年1月11日生まれ・オス)
千葉県の施設から保護団体を経て穴澤家へ。捕獲されたときのトラウマから当初は人間を怖がり逃げまどっていたが、約2カ月ほどでただの破壊王へ。ついでにデブになる。運動神経はかなりいいので、家では「動けるデブ」と呼ばれている。

引用元:「犬の笑顔が見たいから」(世界文化社)楽天ブックス

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_1lj3xv9ai5r7_正解がわからない(前編)とある少年とてんぽの出会い|連載「シーズー犬のてんぽ」第105回 1lj3xv9ai5r7 1lj3xv9ai5r7 正解がわからない(前編)とある少年とてんぽの出会い|連載「シーズー犬のてんぽ」第105回 oa-dognews 0

正解がわからない(前編)とある少年とてんぽの出会い|連載「シーズー犬のてんぽ」第105回

2021年9月17日 10:08 いぬのきもちNEWS

こどもはかわいいな
子どもはむじゃきやしええな!

かわいいこどもたちと犬がふれあうのってステキなことやと思うで
でも、犬のあつかいに慣れてないこもいるやろうし

ステキなふれあいができるかどうかは
飼い主や大人の力量と責任が大きいで

さてさて
おでとこの子どもの触れ合いはどうなっていくのやら

後半へつづくーーー

てんぽ

プロフィール

幸池重季(だんな)
「いぬのきもち」ほか、児童書や教育誌イラストを中心としたイラスト制作をはじめ、パッケージイラスト、ゲームイラスト、キャラクターデザインなど様々な媒体やジャンルで活動。
日本プロ野球「オリックス・バファローズ」の公式マスコットのデザインを手がける(バファローブル・バファローベル)京都在住。
「あうんのてんぽ」本編では、だんなとして登場する。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_v8undrwql6cj_飼い主が指でハートマークを作ると…「キュンです♡」とキメ顔をする犬の可愛さがスゴい v8undrwql6cj v8undrwql6cj 飼い主が指でハートマークを作ると…「キュンです♡」とキメ顔をする犬の可愛さがスゴい oa-dognews 0

飼い主が指でハートマークを作ると…「キュンです♡」とキメ顔をする犬の可愛さがスゴい

2021年9月17日 10:05 いぬのきもちNEWS

可愛すぎる愛犬の行動に、思わず胸キュンしてしまうことも!

引用元:@pino_chocowan
Instagramユーザー@pino_chocowanさんの愛犬・ぴのくん(♂・0才)の「流行りに乗る姿」が、可愛くて最高だったんです♡

指でハートマークを作ると…

引用元:@pino_chocowan
飼い主さんが親指と人差し指で小さな「ハートマーク」を作ると…

引用元:@pino_chocowan
ぴのくんはしっぽをフリフリしながら近づいてきて、飼い主さんが作ったハートマークにピトッ!

「キュンです♡」

引用元:@pino_chocowan
そして、「キュンです♡」と言うかのように、カメラ目線でバッチリとキメ顔をするのでした。可愛すぎて胸キュンせずにはいられないです!

動画をリピートして見たくなってしまいますね♪



引用元:@pino_chocowan

参照/Instagram(@pino_chocowan)
文/雨宮カイ

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_gbny5zhehfom_「ちょ…違うって~!」猫と遊ぶつもりが、されるがままになっちゃう犬が可愛すぎる! gbny5zhehfom gbny5zhehfom 「ちょ…違うって~!」猫と遊ぶつもりが、されるがままになっちゃう犬が可愛すぎる! oa-dognews 0

「ちょ…違うって~!」猫と遊ぶつもりが、されるがままになっちゃう犬が可愛すぎる!

2021年9月17日 09:56 いぬのきもちNEWS

猫ちゃんにされるがままに…

引用元:@urogoida
Instagramユーザー@urogoidaさんの愛犬・べんじーくん。猫のマロンちゃんと遊びたくてラブコールを送りますが…なんとも可愛すぎる展開になってしまいました。

か、噛まないで〜!

引用元:@urogoida
レスリングのように遊びたかったべんじーくんですが、マロンちゃんはカプッと噛みつき攻撃に(笑)

引用元:@urogoida
「思ってたやつと違う!」と言わんばかりにびっくりするべんじーくんの表情が可愛すぎます。

マロンちゃんの「ツンデレ」にキュン

引用元:@urogoida
その後もマロンちゃんに何度もカミカミされてしまい、完全にされるがままのべんじーくんですが…

引用元:@urogoida
ぺろっとなめてもらうと…「あれ、噛むんじゃないの?」と、ちょっとほっこりしたような表情も。

とても仲良しな2匹の姿に、投稿には「めちゃ可愛い」「癒されました」とキュンキュンするInstagramユーザーさんの声が寄せられています。


参照/Instagram(@urogoida)
文/二宮ねこむ

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_3g0a5ejlgke5_ペロペロが止まらない! お兄ちゃんの足に夢中になってしまったハスキー  3g0a5ejlgke5 3g0a5ejlgke5 ペロペロが止まらない! お兄ちゃんの足に夢中になってしまったハスキー  oa-dognews 0

ペロペロが止まらない! お兄ちゃんの足に夢中になってしまったハスキー 

2021年9月17日 09:47 いぬのきもちNEWS

シベリアン・ハスキーの文太くん、お兄ちゃんの足をペロペロ。
すると、お兄ちゃん……足を引っ込めてしまいました。
文太くんは、お兄ちゃんを見上げてちょっと不満そうなこの表情(笑)

そのあとは「こっちにしな?」とお姉ちゃんからガムをもらって、
しっぽをブンブン振って嬉しそうな文太くんでした♪

参照/YouTube(足を舐めさせてくれない兄に目で文句を言うシベリアンハスキー)

文/しばたまみ

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_tf2bv5hlymut_生後約2カ月で迎えた野犬の子犬。 tf2bv5hlymut tf2bv5hlymut 生後約2カ月で迎えた野犬の子犬。 oa-dognews 0

生後約2カ月で迎えた野犬の子犬。

2021年9月17日 09:42 いぬのきもちNEWS

保護犬にはさまざまな生い立ちのコがいて、一生の家族になってくれる新しい飼い主を待っているコがたくさんいます。

引用元:@halo_halo_girl
今回紹介するのは、野犬の子として生まれたハロちゃん(♀・推定生後9カ月)。いぬのきもちWEB MAGAZINEでは、ハロちゃんが今の飼い主さんと出会い、幸せに暮らすまでを追いました。

譲渡会でハロちゃんと出会い、運命を感じた

引用元:@halo_halo_girl
熊本県で野犬として生まれ、5頭のきょうだい犬とともに捕獲されたハロちゃん。当時、推定生後2カ月のハロちゃんたちは施設に収容されており、収容期間を過ぎると殺処分されてしまう可能性もあったのだとか。

そんなハロちゃんたちを愛知県のある保護団体が施設から引き出すことになり、飛行機に乗って愛知県までやってきたのだそうです。

その後、保護団体が開催している譲渡会に参加したハロちゃんですが、そこで飼い主さんと出会うことに。

引用元:@halo_halo_girl
飼い主さん:
「推定生後2カ月のハロと入り口で目が合い、家族に迎えることを即決しました。ビビビ!な出会いでした。

太陽のまわりに虹のような光の輪がかかっている『ハロ現象』のように、優しく美しい光を放つようにと、このコに『ハロ(halo)』と名付けました」

引用元:@halo_halo_girl
こうしてハロちゃんを家族に迎え、飼い主さんご家族は新たな生活をスタートさせたのでした。

とっても素直だけれど、ビビリな面も

引用元:@halo_halo_girl
一緒に暮らすなかでわかったハロちゃんの性格は、天真爛漫でとっても素直だということ。迎えた当初は、キャンキャン鳴くことも覚悟していたそうですが、ハロちゃんはすぐに飼い主さんの家での暮らしに慣れてくれたといいます。

引用元:@halo_halo_girl
飼い主さん:
「我が家に来て数週間で、私たちが寝る時間にハロの耳元で『おやすみ♡』と言うと、ハロは自分からケージの中に入ってコテンッと寝てくれるようになりました。小さいときから本当に聞き分けの良いコです」

引用元:@halo_halo_girl
人や犬のことは大好きで自分から寄っていくというハロちゃんですが、あらゆる音に敏感に反応して怖がるなど、臆病な面もあるのだそう。

自動車や自転車など、音が出るものを前にすると怖くて体が震えてしまうそうで、お散歩はまだうまくできないと飼い主さんはいいます。

引用元:@halo_halo_girl
飼い主さん:
「元野犬には珍しいことではないと聞きますが、お散歩が苦手なワンコは初めてだったので、少し戸惑いました。今は自宅の庭で思いっきり遊んだりして、ハロのペースで徐々に外に慣れていっています」

ハロちゃんは、家族を優しく照らしてくれる存在に

引用元:@halo_halo_girl
ハロちゃんと家族になり、日々成長を見守っている飼い主さんご家族。ハロちゃんは足がどんどん長くなり、今ではドアゲートを飛び越えてしまうほどなのだとか!

そんなハロちゃんの成長について、飼い主さんは「家族を優しく照らしてくれる、とても魅力的な女のコに成長している」と話していました。

引用元:@halo_halo_girl
最後に、ハロちゃんと過ごす「これから」について、飼い主さんはこのように思いを話してくれました。

飼い主さん:
「お母さんやきょうだい犬とは離れてしまったし、人の言い方では“保護”となりますが、これが野犬として暮らしていたハロにとって本当に幸せなことだったのかは、正直わかりません。

ですが、保護されたその先が殺処分になる可能性があるのだったら、1匹でもその尊い命を救いたい。次に迎えるコはそういったカタチで…と、ずっと前から決めていました」

引用元:@halo_halo_girl
飼い主さん:
「そして、縁あって出会えたハロには、愛情いっぱいの中で私たちと一緒に毎日楽しく過ごしてほしいと願っています。家族みんな、ハロが可愛くて愛おしくてたまりません」

引用元:@halo_halo_girl
大切な家族ができたハロちゃん。これからもみんなで、楽しい日々を過ごしていってほしいですね。

写真提供・取材協力/@halo_halo_girlさん
取材・文/雨宮カイ

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_feng25j6m096_「ボーロ食べるか?」しょんぼり気味のパグが魔法の言葉で一瞬で元気に♡ feng25j6m096 feng25j6m096 「ボーロ食べるか?」しょんぼり気味のパグが魔法の言葉で一瞬で元気に♡ oa-dognews 0

「ボーロ食べるか?」しょんぼり気味のパグが魔法の言葉で一瞬で元気に♡

2021年9月17日 09:37 いぬのきもちNEWS

パグのぷぅちゃん、ちょっとしょんぼり気味……。
パパさんが顔のマッサージをしても、いつもの元気がありません。

心配したパパさんが魔法の言葉♪
「ボーロ食べるか?」と、ぷぅちゃんに伝えます。
するとぷぅちゃん、一瞬で元気に(笑)

いつもの元気なぷぅちゃんに戻って、ホッとしました♡
ちなみに今は元気過ぎて困るぐらい元気になったのだとか。
たくさん食べて、飲んで、暑い夏を乗り切ってね!

参照/YouTube(夏バテ気味でイマイチ元気がない愛犬を元気づける!! パグ犬ぷぅPug)

文/しばたまみ

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_zuaz56704suy_大好きな飼い主さんのひざ枕の誘惑に負けて……自宅警備を忘れる柴犬♡ zuaz56704suy zuaz56704suy 大好きな飼い主さんのひざ枕の誘惑に負けて……自宅警備を忘れる柴犬♡ oa-dognews 0

大好きな飼い主さんのひざ枕の誘惑に負けて……自宅警備を忘れる柴犬♡

2021年9月16日 09:57 いぬのきもちNEWS

飼い主さんの横に座って、足をカキカキしている柴犬の大河くん。
スッキリしたあとは、飼い主さんにべったり寄り添いまったりとしています。

しかし、外の音も気になる様子……。
警戒しつつキョロキョロしながら飼い主さんの安全を守ろうとする、しっかりものな一面ももつ大河くん!
それでもやっぱり、飼い主さんのひざ枕の誘惑には勝てずにいるのでした♡

参照/YouTube(こんな警備部長はいかが?我が家のセコム柴は、やはり超優秀でした...。)

文/木村ジョンソン千鶴

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_nhkijuu6t4fg_「家政婦は見た!」風に見つめる白柴→じわりじわり接近!? nhkijuu6t4fg nhkijuu6t4fg 「家政婦は見た!」風に見つめる白柴→じわりじわり接近!? oa-dognews 0

「家政婦は見た!」風に見つめる白柴→じわりじわり接近!?

2021年9月16日 09:51 いぬのきもちNEWS

愛犬がじーーーっと見つめてくることがあると思いますが、その姿が「家政婦は見た!」風になっていることも?

Instagramユーザー@shiroshibakinakoさんの愛犬・きなこちゃん(♀・9才/白柴)も…

「家政婦は見た!」風のきなこちゃん

引用元:@shiroshibakinako
こんなふうに、キッチンにいる飼い主さんのことをじーーーっと見つめてきちゃうんです! 陰からチラッと顔を出し、「家政婦は見た!」ならぬ「きなこは見た!」になっていますね(笑)

めちゃめちゃ見てくる

引用元:@shiroshibakinako
飼い主さんによると、ごはんのカリカリを全部食べたら「食後のデザート」という名のおやつがもらえるので、きなこちゃんはこのようにやってくることがあるのだそうです。

飼い主さんに接近!

引用元:@shiroshibakinako
「おやつをください」というかのように、じわりじわりと距離を詰めてくるきなこちゃん。可愛すぎる圧で、これはおやつをあげたくなってしまいます!

引用元:@shiroshibakinako
このきなこちゃんの姿を見たInstagramユーザーからも、「食後のデザートは大事よね」「これは、スルー出来ない可愛い行動」「後ろ姿も可愛い~ですよね」「何をしても可愛いが、お尻が1番キュート」と、たくさんの反響のコメントが寄せられたのでした。

ときどき見られる光景

引用元:@shiroshibakinako
飼い主さんにお話を伺うと、きなこちゃんはごはんをキレイに完食したときに、「全部食べたよ!」とときどき言いに来るそうで、そのときに見られる光景なのだとか。

飼い主さんは「可愛いな」と思いながら、いつも見守っていると話していました♪

きなこちゃんってどんなコ?

引用元:@shiroshibakinako
優しくてひとなつっこい性格だというきなこちゃん。きなこちゃんにくっつくと気持ちいいので、家族みんなきなこちゃんにくっつきたがるのだとか♪

飼い主さん:
「横にくっついても、きなこはそのまま一緒に寝てくれます。ただ単に動くのが面倒くさいだけかもしれませんが、そういうところに優しさを感じますね」

きなこちゃんの「チョイチョイッ」が見たくて…♡

引用元:@shiroshibakinako
また、きなこちゃんはナデナデが好きなのだそう。ナデナデしているときに途中で手を止めると、きなこちゃんは前足で飼い主さんの手をチョイチョイッとして、「もうちょっとナデてくださいよ〜」と、おねだりをすることがあるのだとか!

引用元:@shiroshibakinako
飼い主さんは、きなこちゃんのこの「チョイッ」が見たくて、ナデナデ中にわざとナデるのをやめてしまうこともあるようです♪(笑)


飼い主さんが思う「犬と暮らす魅力」は?

引用元:@shiroshibakinako
そんなきなこちゃんと暮らす中で、「犬と暮らす魅力」をこのように感じるといいます。

飼い主さん:
「とにかく可愛くて、癒されます。ちょっとしたことでも可愛くて、笑ったり、きなこの話で盛り上がったり、日々楽しく過ごせてます」

きなこちゃんの姿!

引用元:@shiroshibakinako
飼い主さんご家族にとって、アイドル的な存在だというきなこちゃん。

写真提供・取材協力/@shiroshibakinakoさん
取材・文・構成/雨宮カイ

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_60mi6croqs31_ベランダが気になるハスキー♪ 興味はあるけど…最初の一歩が踏み出せない! 60mi6croqs31 60mi6croqs31 ベランダが気になるハスキー♪ 興味はあるけど…最初の一歩が踏み出せない! oa-dognews 0

ベランダが気になるハスキー♪ 興味はあるけど…最初の一歩が踏み出せない!

2021年9月16日 09:47 いぬのきもちNEWS

新しいお家のベランダが気になる文太くんです。

お姉ちゃんがベランダに出てくるよう促しますが、最初の一歩が踏み出せません。
そこで、文太くんの大好きなおやつをベランダであげる作戦を決行!

やっぱり少し怖いのか、おやつは室内で食べました。
それでも窓から顔を出して鼻を上げて、お外の風を一生懸命クンクンする文太くんでした♡

参照/YouTube(ベランダに興味はあるものの、最初の一歩が踏み出せないシベリアンハスキー)

文/しばたまみ

外部リンク