cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_nmyg7lapfz4t_連載漫画【暮瀬姉弟と吉田くん】第百八十七「吉田くんと防寒」 nmyg7lapfz4t nmyg7lapfz4t 連載漫画【暮瀬姉弟と吉田くん】第百八十七「吉田くんと防寒」 oa-dognews 0

連載漫画【暮瀬姉弟と吉田くん】第百八十七「吉田くんと防寒」

2021年10月25日 10:29 いぬのきもちNEWS

十月も半ば過ぎて突然寒くなる日。

お気に入りのもふもふ毛布の復活に、吉田くんもご機嫌です。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_5lntqxi4u6n3_尻尾をセクシーにふりふり!柴犬あるある、遊びへの誘い上手なとこ|連載「ここ掘れここ柴」vol.123 5lntqxi4u6n3 5lntqxi4u6n3 尻尾をセクシーにふりふり!柴犬あるある、遊びへの誘い上手なとこ|連載「ここ掘れここ柴」vol.123 oa-dognews 0

尻尾をセクシーにふりふり!柴犬あるある、遊びへの誘い上手なとこ|連載「ここ掘れここ柴」vol.123

2021年10月25日 10:25 いぬのきもちNEWS

今週の「柴犬のここが好き」

遊びへの誘い方がセクシーなとこ。
お尻"フリッフリ"しちゃうよ 。

柴犬さんは一人遊びがお得意ですが、遊びへのお誘いも上手ですよね。

ご主人。
遊びましょうよ〜。
そんなこと後回しにして〜。

目の端にチラチラ映る姿。
(あ。お尻フリフリしてる。尻尾もフワッフワ揺れてる…くううっつ。たまらん。)
誘われていることはわかっているけれど、これはしておきたい。
ご主人が葛藤していることも知らずに、相変わらずフリフリ。
あんまり無視していると「ワウッ!!」など大きな声を出してから一人遊びを始めることも。

いつでも、どんな時でもお相手できればいいんですけどね。

今週のおまけ

こよみさんは「モフして」の要求は結構頻繁にしてきますが、「あそぼ!」のお誘いはあまりしてくれません。

私がこよみさんをけしかけて、
テンションが上がってきたこよみさんの動きに合わせて動いているだけと言うか…
こよみさんが走り回っているところにちょっかいを出して怒られることも多く…
遊んでいるとは言えないのかもしれませんね。笑

こよみさんの遊びは独特です。
こよみさんにとって「遊ぶ」とはどういうことなのかわかりません。
おもちゃを使って遊ぶことは滅多にないのに、ダンボールや紙箱をちぎるのが好きです。笑

熱心に取り組んでいるのは『マトッレスほりほり』です。
腰の入れ方、表情、、なんというか熟練の技を感じるほりほりを見せてくれます。

ほりほりしたいがために「早くマットレスを敷いて」の催促をしたり、自分でマットレスの端っこを噛んで引っ張ったりすることもあります。

好きなものは犬それぞれ。
誘い方も犬それぞれ。
個性が出て面白いものです。

作者紹介:ここ柴

京都府在住。柴犬の魅力をイラストで表現してSNSで発信、共感を呼び、「ここ柴部」のハッシュタグとともに話題に。そのイラストは、ドラマ・映画「柴公園」のエンドロールにも登場。柴犬たちのクスッと笑える生態を描いた書籍「柴犬のここが好き」を出版。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_nyvm35mtmx9o_外にいる猫ちゃんが気になる柴犬ズ→間近で見れて優しい笑顔に♪ nyvm35mtmx9o nyvm35mtmx9o 外にいる猫ちゃんが気になる柴犬ズ→間近で見れて優しい笑顔に♪ oa-dognews 0

外にいる猫ちゃんが気になる柴犬ズ→間近で見れて優しい笑顔に♪

2021年10月25日 10:01 いぬのきもちNEWS

今朝も猫ちゃんが、やってきて賑やかな朝を迎える柴犬のハチくんといちごちゃん。
これから散歩へ行くので、猫ちゃんに近付いてみます♪

家の中から見ているときは吠えていたけれども、近くに行くと……優しい笑顔で見つめるハチくん。

「君、名前は?」「何してるの?」と話しかけているのかな?
仲良くなれるといいね♡

参照/YouTube(大好きな猫を間近で見れて、幸せな表情を浮かべる柴犬。)

文/堀内み

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_bkuk3dwzroq7_「おいし~」お目めキラキラ♡スプーンまでペロリ♪ bkuk3dwzroq7 bkuk3dwzroq7 「おいし~」お目めキラキラ♡スプーンまでペロリ♪ oa-dognews 0

「おいし~」お目めキラキラ♡スプーンまでペロリ♪

2021年10月25日 09:45 いぬのきもちNEWS

ハスキーのキャリーちゃんとコーギーのムギちゃんが飼い主さんからおやつをもらっています。
おやつに目がキラキラです!

キャリーちゃんがおやつをパク♪
次はムギちゃんがおやつをパク♪

仲良く、交互におやつをもらいます。
スプーンもきれいにぺろり♡

とってもほほえましい動画です。

参照/YouTube(お目めキラキラ♡ただひたすらおやつを交互にもらうハスキー&コーギー【いぬねこライター動画部】)

撮影協力/キャリーちゃん&ムギちゃんの飼い主さん(@carrymugi)

文/いぬのきもちWeb編集室

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_7n3hy05xxut6_「可愛くて笑っちゃう」おやつ遊びをする柴犬が一生懸命になりすぎた結果→可愛すぎるハプニング発生! 7n3hy05xxut6 7n3hy05xxut6 「可愛くて笑っちゃう」おやつ遊びをする柴犬が一生懸命になりすぎた結果→可愛すぎるハプニング発生! oa-dognews 0

「可愛くて笑っちゃう」おやつ遊びをする柴犬が一生懸命になりすぎた結果→可愛すぎるハプニング発生!

2021年10月25日 09:41 いぬのきもちNEWS

勢いが余ってしまって…

引用元:@ringorogram
Instagramユーザー@ringorogramさんの愛犬・りんご郎くんは、飼い主さんと楽しく遊び中。どちらのコップにおやつが入っているのか選んでいると、一生懸命になりすぎて…

おやつはこっちだ!

引用元:@ringorogram
手を伸ばそうとしたら…

引用元:@ringorogram
バランスを崩してその場にこてんと倒れてしまいました(笑) おやつだけに集中しすぎて、思わずこけちゃったんですね!

それでも起き上がったりんご郎くんは…

おやつへの執念がスゴい…

引用元:@ringorogram
諦めずに紙コップに近づき、そのまま見事正解を当ててご褒美をもらうりんご郎くんなのでした♪ なんというおやつへの執念…。

くいしんぼうでちょっぴりおっちょこちょいな可愛い姿に、Instagramユーザーさんからは「コロんって可愛すぎです」「必死に追いかけてゴロンしちゃうのがツボです」「すっごい可愛い 笑っちゃいました」とのコメントが寄せられています!


参照/Instagram(@ringorogram)
文/二宮ねこむ

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_b5tri5fxabhd_久しぶりの遭遇に緊張? リラックス中のハスキーに忍び寄る「黒い影」 b5tri5fxabhd b5tri5fxabhd 久しぶりの遭遇に緊張? リラックス中のハスキーに忍び寄る「黒い影」 oa-dognews 0

久しぶりの遭遇に緊張? リラックス中のハスキーに忍び寄る「黒い影」

2021年10月25日 09:39 いぬのきもちNEWS

シベリアン・ハスキーの文太くんが、リラックスして横になっています♡
すると、そこへ……
黒くて丸いアイツがやってきました!

そうです。お掃除ロボットです。
久しぶりのお掃除ロボットの登場に、ちょっと「?」な文太くん。
以前は問題なく使えていたそうなので、またすぐ慣れるかな!?

参照/YouTube(ルンバに轢かれて敗北したシベリアンハスキー)

文/しばたまみ

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_ck6ketxqzkct_雨が降れば抱っこされ、恩師に会えば抱っこされるパグ犬 ck6ketxqzkct ck6ketxqzkct 雨が降れば抱っこされ、恩師に会えば抱っこされるパグ犬 oa-dognews 0

雨が降れば抱っこされ、恩師に会えば抱っこされるパグ犬

2021年10月25日 09:34 いぬのきもちNEWS

めーとの助け合い。

雨が降れば犬をかばって走り、恩師に会えば犬に前に出てもらう。助け合い、大事ですね。
とりあえず散歩時も油断せずきちんとした格好をしなければ…(と長年思っています)

めーはいつも きちんとしているので だいじょうぶです

よしこ 15才のパグ・めーと暮らしています。趣味は犬の漫画を描くこと。著書に「パグまんが めー語」(河出書房新社)、「めー先生ですよ」(幻冬舎)など。めーは食いしんぼうでよく寝る犬です。よその人が大好き。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_znjpaoenqh7v_「幸せ」ってこういうこと… 温かい日差しの中、至福の時間を満喫する柴犬 znjpaoenqh7v znjpaoenqh7v 「幸せ」ってこういうこと… 温かい日差しの中、至福の時間を満喫する柴犬 oa-dognews 0

「幸せ」ってこういうこと… 温かい日差しの中、至福の時間を満喫する柴犬

2021年10月22日 10:27 いぬのきもちNEWS

幸せそうにお昼寝している柴犬のハナちゃんを発見♪
ポカポカと気持ちよさそうに温かい日差しを浴びながら、至福の時を満喫しています。

しばらくしてエネルギーを充電できたハナちゃんは元気いっぱいモード♡
おもちゃで楽しく遊び続ける、かわいいハナちゃんなのでした!

参照/YouTube(うちの柴犬が幸せを謳歌している瞬間)

文/木村ジョンソン千鶴

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_qkf7yf9yp6un_思いがけず大吉のピンチを救う?【穴澤賢の犬のはなし】 qkf7yf9yp6un qkf7yf9yp6un 思いがけず大吉のピンチを救う?【穴澤賢の犬のはなし】 oa-dognews 0

思いがけず大吉のピンチを救う?【穴澤賢の犬のはなし】

2021年10月22日 10:19 いぬのきもちNEWS

先代犬の「富士丸」と犬との暮らしと別れを経験したライターの穴澤賢が、数年を経て現在は「大吉」と「福助」(どちらもミックス)との暮らしで感じた何気ないことを語ります。

このところ、大吉と福助は日中3階の寝室にいることが多い。だから今も仕事部屋で1人これを書いている。それは別にいいしさびしいとも思わない。これまで私が行った生態調査によると、彼らは夏場は1階の仕事部屋にいる。しかし涼しくなってくると3階の寝室に消える。つまり温度に依存しており、より快適な方にいるだけなのだろう。

2頭との適度な距離感

私が出かけるときに見送りはしないし、出迎えもない。2階のリビングでゴロゴロしていたり、気が向いたときにひょっこり仕事部屋に来たり、振り返るといつの間にかいなくなっていることがある。わが家はそういう距離感なのだ。

そんなだから、ちょっと出かけるくらいならわざわざ彼らに声をかけることもない。これまでの傾向を分析すると、留守番も5時間を越えるくらいまでは無反応だからだ(5時間を越えると帰宅時に「どこ行ってたんだよもう」と階段の上から不満そうな顔で見下される)。

そんな関係だが、ちゃんと彼らのことは考えている。ちょっと出かけるにしても、夕方の散歩の時間までには必ず帰宅するようにしている。夕食の買い物だって、散歩前か散歩後にしている。昔からずっと在宅なので、そのあたりは融通が利くのだ。

突如やって来た大吉のピンチ

この間、14時半頃に仕事が一段落した。まだやることはあったがそれは散歩の後にして、早めに買い物に行っておくことにした。車でスーパーに行っても散歩の時間までには余裕で帰って来られる。出かけるとき、もちろん見送りはなかった。

買い物を終えて家の裏に車を止めていると、珍しく窓から大吉の姿が見えた。こちらを見て顔を輝かせている。普段そんなことはない。もしかして喜んでいるのか? と一瞬思ったが、たかだか1時間くらいでそんなはずはない。散歩の時間にもまだ早い。

玄関を開けると、大吉はすでに待ち構えており(これも普段はない)、ハァハァいいながら落ち着きなく体をクネクネゆらしている。なるほど、そういうことか。と思った矢先、スタッと玄関に降り立ち「行こう!」という顔をした。促されるまま慌ててリードを付けて外に出ると、すぐに家の前の草むらでウンチをした、少しゆるめの。

きっとこういうことだろう。私が出かけてほどなく、3階の寝室で大吉はギュルルルともよおした。私がいるかと思って仕事部屋に降りてきたが誰もいない。そうこうしているうちに便意はつのる。どんどん危機が迫ってくる。どうしようどうしよう。さぞ焦ったことだろう。

そこに私の運転する車が戻ってきた。よかった! 助かった! だから目を輝かせていたんだろう。便意が迫ってきたときに必死でトイレを探すときのあの緊迫感は分かる。「頑張れ、耐えろ!あと少しだ!」と自分に語りかける闘いも。そして間一髪で間に合ったときの脱力と安堵感も。

だからこそ無事にウンチをし終わってスッキリした大吉に心の底から「よかったな」と思った。が、そもそもうちにはそんなときのためのトイレスペースがあるのに、なぜそこでしないのか。しかしそれが大吉のルールなんだろう。困ったもんだ。

プロフィール
穴澤 賢(あなざわ まさる)
1971年大阪生まれ。2005年、愛犬との日常をつづったブログ「富士丸な日々」が話題となり、その後エッセイやコラムを執筆するようになる。著書に『ひとりと一匹』(小学館文庫)、自ら選曲したコンピレーションアルバムとエッセイをまとめたCDブック『Another Side Of Music』(ワーナーミュージック・ジャパン)、愛犬の死から一年後の心境を語った『またね、富士丸。』(世界文化社)、本連載をまとめた『また、犬と暮らして』(世界文化社)などがある。2015年、長年犬と暮らした経験から「DeLoreans」というブランドを立ち上げる。

大吉(2011年8月17日生まれ・オス)
茨城県で放し飼いの白い犬(父)とある家庭の茶色い犬(母)の間に生まれる。飼い主募集サイトを経て穴澤家へ。敬語を話す小学生のように妙に大人びた性格。雷と花火と暴走族が苦手。せっかく海の近くに引っ越したのに、海も砂浜もそんなに好きではないもよう。

福助(2014年1月11日生まれ・オス)
千葉県の施設から保護団体を経て穴澤家へ。捕獲されたときのトラウマから当初は人間を怖がり逃げまどっていたが、約2カ月ほどでただの破壊王へ。ついでにデブになる。運動神経はかなりいいので、家では「動けるデブ」と呼ばれている。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_3pv2qcch072o_繁殖犬を引退したコーギー。家族になって1年が経過 3pv2qcch072o 3pv2qcch072o 繁殖犬を引退したコーギー。家族になって1年が経過 oa-dognews 0

繁殖犬を引退したコーギー。家族になって1年が経過

2021年10月22日 10:02 いぬのきもちNEWS

素敵な笑顔で、無邪気に走る姿が可愛らしいコーギーのパンさん(♀・3才)。

引用元:@cogi_pan
保護犬だったパンさんは、2020年8月23日に飼い主さんご家族の家に迎え入れられました。迎えた当初のパンさんは無表情で、感情を表に出さないコだったといいます。

いぬのきもちWEB MAGAZINEでは、パンさんとの出会いのエピソードや今の暮らしについて、飼い主さんに2回に分けて(2021年3月/2021年9月に取材)お話を伺いました。

パンさんは1才で繁殖引退犬に

引用元:@cogi_pan
10才になった娘さんが「犬を飼いたい」と言い出したことを機に、2020年の春頃からブリーダーなどの情報を集め始めた飼い主さんご家族。

その後、「保護犬を迎え入れるのも一つの方法だね」という話になり、保護犬の情報収集にシフトしていったのだそう。

そして夏になり、とある保護犬カフェに新しくパンさんがやってきたことを知った飼い主さんは、すぐに面談を受けることにしたのでした。

引用元:@cogi_pan
ブリーダーのもとにいたパンさんは、初めての出産で子育てを拒否したため「向いていない」と判断され、繁殖引退犬として保護されたコだったのだそう。

飼い主さんはパンさんと出会ったときのことを、このように振り返ります。


飼い主さん:
「面談を取り付けた翌日、パンさんに会いに保護犬カフェ開店と同時に入店し、面談してもらいました。

パンさんの写真を見たときから、ビビビっと感じるものがあって。初対面し、『このコはうちのコだ』と思いました。そしてご縁があり、2日後には我が家の一員になっていました」


ここから、パンさんの第2の犬生が始まったのでした。

大人しいパンさんに徐々に変化が

引用元:@cogi_pan
家にやって来てすぐのパンさんは、無表情で感情を表に出さず、とても大人しいコだったのだそう。何事にも無関心で、ごはんも少ししか食べずに心配したこともあったのだとか。

そんなパンさんは、飼い主さんご家族と一緒に暮らしていく中で、徐々に素の自分を出せるようになったといいます。

引用元:@cogi_pan
飼い主さん:
「家に来てしばらくは、パンさんは様子見をしていたみたいです。我が家に来て数日後、ナデナデを止めると遠慮がちに『もっと!』と催促してきたパンさんの姿が、今でも印象に残っています。

今はとにかく甘えん坊で、ナデナデが大好きなコになりました。内弁慶で家族には強気、そして頑固です。

パンさんは娘と私とで行くお散歩が大好きなのですが、娘が行けないときは顔つきもテンションも歩き方も変えて、体全体で不満を表しますね」

引用元:@cogi_pan
以前は少食気味だったパンさんだけれど、今は「ごはーん!」とルンルンでお皿の前で待機して、ペロっと完食するのだそうです。

遊び方がわからなかったおもちゃも、今では楽しみ方を知ったパンさん。引っ張り合ったりパフパフ鳴らしたりと、家の中でハイテンションになって遊び回っているのだとか♪

引用元:@cogi_pan
飼い主さんご家族の愛情を感じながら、家庭犬としてさまざまな経験をしているパンさんは、次第にいろんな表情を見せてくれるようになったのだそう。

「くるくる変わる表情」が魅力だというパンさんは、とにかく変顔が多いそうで、「可愛い顔とのギャップが見ていて飽きません」と飼い主さんは話していました。

娘さんとは良きライバルのような関係性に

引用元:@cogi_pan
飼い主さんの娘さんは、パンさんのお世話を積極的に行っているのだそう。そんな娘さんとパンさんは良きライバルのような関係性で、毎日「飼い主さんの膝の上」をめぐる争奪戦を繰り広げているのだとか!

飼い主さんはそんなやりとりを見ていると、姉妹喧嘩を見ているようで楽しいと感じるそうです。


飼い主さん:
「私と娘がギューってハグをすると、パンさんはヤキモチを焼いて足元でガウガウと文句を言って…その後、一緒にハグに参加するのが日課になっています。

パンさんは娘に対抗意識はあるけれど、私が娘を叱っている様子を見ると、間に入って守ろうとしていることなんかもありますね」

楽しそうなパンさんの姿を見て幸せを感じる日々

引用元:@cogi_pan
パンさんが飼い主さんの家にやって来て、約半年(2021年3月の取材当時)が経過します。パンさんが家族になってから、毎日とても賑やかになったのだそう。


飼い主さん:
「1才で繁殖犬を引退して我が家に来てくれたことは、とてもラッキーなことだったんだなと思います。

最初、何をしても無の状態だったのが、こちらに興味を示してくれたことが嬉しくて嬉しくて。そこからもいろいろとありましたが、毎日私たちに笑いを提供してくれて、パン自身も楽しそうにニコニコしているのを見ると、『うちに来てくれてよかったな』と思います」

引用元:@cogi_pan
飼い主さん:
「パンさんは男の人がトラウマのようで、そのためかいまだにパパには警戒が解けきらず、ちょっと遠慮がちに甘えています。

パパに遠慮なしに甘えられるようになったときが、このコのトラウマが完全に克服されたことになるのかなと思っているので、その日を楽しみに待ちたいと思います」

【パンさんのその後に迫る】前回の取材後、どのような日常を送っているのかを聞いた

引用元:@cogi_pan
2021年8月23日で、パンさんが飼い主さんの家にきて1年が経過しました。現在のパンさんについて飼い主さんにお話を伺うと、パンさんに嬉しい変化がたくさん見られるようになったといいます。

前回の取材後、パンさんに嬉しい変化が!

引用元:@cogi_pan
——前回の取材以降、パンさんに何か変化はありましたか?

飼い主さん:
「以前よりも、自己表現が豊かになりました。『ごはん』『のどかわいた』『この扉開けて!』『ナデて』など、目と態度で上手に伝えてくれます

また、私たちの言葉もある程度理解しているようで、何か話していると相槌を打つようにモニャモニャと言って人の会話に参加してきます。

『そろそろごはんかなー?』と言うとごはんの場所に向かったりと、賢い姿も見せてくれていますね」

引用元:@cogi_pan
——とても嬉しい変化ですね! 最近の娘さんとの関係性はどうですか?

飼い主さん:
「反抗期に突入した娘のイライラ言動に対して、パンさんが何か言い聞かせるようにワフワフ言っているのをよく見かけます。

その後、パンさんは娘にそっと寄り添っているので、最近はパンさんのほうがお姉ちゃんのように見えますね」
——ふたりは本当に素敵な関係を築いているようですね。

パンさんのいろんな姿が見られて幸せを感じる日々

引用元:@cogi_pan
——改めてになりますが、パンさんと過ごす日々をどのように感じていますか?

飼い主さん:
「娘が2人いるようでとても楽しいです。成犬を迎え入れたのは今回が初めてだったので、うまく馴染んでくれるか不安もありましたが、『初めての体験』をいろいろしてどんどん馴染んでいくパンさんの姿を目の当たりにできて、嬉しい限りです。

もう無表情で無関心だった頃のパンさんはどこにもいません

引用元:@cogi_pan
飼い主さん:
「楽しいこと、やりたいこと、してほしいことなどに対して、表情豊かに主張してくれたり、希望が叶わないと鼻だけ隠して拗ねてたり…(笑) そんな様子も見られるようになって幸せだと思います。

パンさんはうちに来るまではいろいろと嫌な思いもしたかもしれないので、このまま健康に気楽に過ごしてくれたらいいなと思っています」

引用元:@cogi_pan
飼い主さんご家族といろんな経験をしながら、幸せな日々を過ごしているパンさん。

写真提供・取材協力/@cogi_panさん
取材・文/雨宮カイ

外部リンク