cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_iu9zxt50mwnx_シロさんのヨボヨボっぷりに姉が”浦島太郎状態”!? iu9zxt50mwnx iu9zxt50mwnx シロさんのヨボヨボっぷりに姉が”浦島太郎状態”!? oa-dognews 0

シロさんのヨボヨボっぷりに姉が”浦島太郎状態”!?

2020年10月23日 10:51 いぬのきもちNEWS

こんにちは。2匹の犬と2匹の猫と暮らし、二児の母でもあるtamtamです。
我が家は15才のおばあちゃん犬を新しい家族として迎え一緒に生活しています。
それから、2年という月日が経ち、おばあちゃんだったシロさんは年季の入ったヨボヨボスーパーおばあちゃん犬へとなりました。
先日、私の姉が我が家へ遊びに来たときのお話。
我が家への訪問は実に一年ぶりのお姉ちゃん。
つまり、シロさんに会うのも一年ぶり。

お姉ちゃん、ヨボヨボになったシロさんに会う

一年前までは玄関に走ってお出迎え、その後はベッタリと張り付いて
お客様をもてなしてくれた元気なおばあちゃんでした。
ここ一年で、目も見えなくなり、足腰も弱り、ヨボヨボを極めたシロさん。
そんな変貌を遂げたシロさんとの久々のご対面。

想像以上の老化スピードに驚く姉

姉の中のシロさんはまだ元気で走り回っていたイメージで。
変わり果てたヨボヨボシロさんと会って、その姿にとても驚いた姉。

老化は悪いことばかりじゃないんだよ!!と説明したい

お姉ちゃぁぁぁん!
話を聞いてぇぇぇん!!

って、そんな説明必要なかったね

百聞は一見にしかず。
姉も瞬時にシニアの魅力に取り憑かれたご様子。

見るもの全てを魅了する、わたし

ボケていると見せかけて、落とす。
これ、基本ね。

tamtam プロフィール

犬や猫の保護や介護についての楽しさや幸せをインスタグラムで発信し話題に。それぞれのかわいさをほっこり描いたイラストにファンも多い。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_o12q9e2aum6w_犬は「フセからオスワリ」が苦手!? o12q9e2aum6w o12q9e2aum6w 犬は「フセからオスワリ」が苦手!? oa-dognews 0

犬は「フセからオスワリ」が苦手!?

2020年10月23日 10:48 いぬのきもちNEWS

「いぬのきもちWEB MAGAZINE」が送る連載、家庭犬しつけインストラクター西川文二氏の「犬ってホントは」です。
前回の記事で、「オスワリからフセ」と「フセからオスワリ」の2パターンをご紹介しました。オスワリからフセはできる犬が多いですが、フセからオスワリができる犬が少ない理由に迫るのが今回のお話。フセからオスワリのやり方も解説しています(編集部)


「オスワリ」と指示すると、犬はお尻を床につけるようになり、「フセ」を指示すると、オスワリの状態から両肘を地面につけるフセの状態になります。
「ウチのコ、オスワリもフセもできるようになったわ」と飼い主は喜ぶかもしれませんが、この段階では犬は「オスワリ」イコール「お尻を床につける姿勢」、「フセ」イコール「お尻を上げずに両肘を地面につける姿勢」と、理解したわけではありません。
もしそう理解したのであれば、前回のコラムでお話しした、「オスワリからのフセ」ができる犬は、「フセからのオスワリ」も容易にできるはず。
でも、できない犬も少なくないわけです。

犬は姿勢の移行のパターンをまず理解する

彼らは、合図(ハンドシグナルも含め)とその合図が意味する姿勢を理解した訳ではなく、例えばオスワリなら、4つ足で立っている状態からお尻を床につける状態への移行(そう行動を起こすといいことが起きること)のパターン、それを理解するにすぎないのです。
フセも同様です。
フセは多く場合、オスワリの状態から両肘を地面につける状態に移行すること。これを教えます。
そう教えられた犬は、フセはオスワリの状態からお尻を上げずに両肘を地面につける状態への移行のパターンを理解しているにすぎず、「フセ」イコールフセの姿勢、という結びつきをしているわけではない、ということです。
さて、フセからオスワリの移行ができなかった人たちに質問します。
あなたは、フセの状態からオスワリの状態への移行パターンを、過去に教えていますか?


ほとんどはフセからオスワリの状態への移行パターンを教えていない

フセの状態からオスワリの状態への移行パターンも、犬に教えてあげることです。
フードを握り込んだ手で、フセの状態からオスワリの状態へと戻す。
フセの状態からオスワリの状態への移行がスムーズにできるようになったら、そこで「オスワリ」の合図をつけていきます(前回お話しした三項随伴性です)。
するとやがて、犬はフセの状態のときに「オスワリ」と指示すると、オスワリができるようになっていきます。
フセの状態からオスワリの状態へ……、でもこれやってみようとすると、意外と難しかったりします。
まぁトライしてみてください。

さまざまなパターンを教えることで犬は姿勢を意味する合図を理解する(のかもしれない)

フセの状態から4つ足で立つパターンも教えることです。
そして、オスワリの状態から4つ足で立つパターン、4つ足からのフセへの移行のパターン、さらにはそれぞれの状態のマテも教える。
4つ足で立っている状態だろうとオスワリの状態だろうとお尻を下げた状態で両肘を地面につける移行パターンの合図は「フセ」、4つ足で立っている状態だろうとフセの状態だろうとお尻を床につける状態への移行パターンの合図は「オスワリ」、オスワリの状態だろうとフセの状態だろうと4つ足で立つ状態への移行パターンの合図は「タテ」。さらには状態に関わらずその状態をキープするのが「マテ」……。
この段階に入っていくことでやがて犬は、え? ひょっとすると「オスワリ」って、お尻を床につける姿勢のことだったの、「フセ」って……、「タテ」って……、「マテ」って、……と気づくのかもしれません。
いずれにしてもさまざまなパターンを犬に教え、先行刺激として合図を教えていくことです。
それで犬との意思疎通は十分とれるようになりますから。

文/西川文二
写真/Can ! Do ! Pet Dog School提供

西川文二氏 プロフィール

公益社団法人日本動物病院協会(JAHA)認定家庭犬しつけインストラクター。東京・世田谷区のしつけスクール「Can ! Do ! Pet Dog School」代表。科学的理論に基づく愛犬のしつけ方を提案。犬の生態行動や心理的なアプローチについても造詣が深い。著書に『イヌのホンネ』(小学館新書)、『いぬのプーにおそわったこと~パートナードッグと運命の糸で結ばれた10年間 』(サイゾー)、最新の監修書に『はじめよう!柴犬ぐらし』(西東社)など。パートナー・ドッグはダップくん(15才)、鉄三郎くん(11才)ともにオス/ミックス。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_pwejxb7og5mc_犬の飼い主が体験した愛犬との奇跡を感じた瞬間 pwejxb7og5mc pwejxb7og5mc 犬の飼い主が体験した愛犬との奇跡を感じた瞬間 oa-dognews 0

犬の飼い主が体験した愛犬との奇跡を感じた瞬間

2020年10月23日 10:47 いぬのきもちNEWS

愛犬と暮らしていると、日々いろんなことがあるでしょう。そのなかで、まさかの出来事や、奇跡とも思えるような体験をした人もいるのではないでしょうか?


愛犬との暮らしで、”これは奇跡”と感じたことがある?

引用元:いぬのきもちWEB MAGAZINE 愛犬と飼い主さんの思い出に関するアンケートvol.01 208件の回答
今回いぬのきもちWEB MAGAZINEでは、愛犬と暮らしているなかで「奇跡だ」と思えた瞬間があるかどうか、208名の飼い主さんに聞いてみることに。その結果、半数の人たちが奇跡的な出来事を体験したようです。

ここからは、飼い主さんたちから寄せられたエピソードの数々をご紹介します。


まさかの出来事にほっこり

引用元:いぬのきもち投稿写真ギャラリー
まずは、愛犬と暮らす日々のなかで「こんなことってある?」とほっこりする瞬間があったという飼い主さんのエピソードから。


・「愛犬がクローバー畑で四つ葉を見つけたこと。この子は幸せを運んできてくれたんだな、と思いました」


・「新車のナンバーを選んでもいないのに、犬のお誕生日になっていた」


・「悪天候の日でも、お散歩に行く時間だけ奇跡的に雨がやんだことが何度もありました。運動と気分転換をさせられてよかったです」


・「お散歩で知り合った同犬種飼いの方が、お迎えした2代目の子があまりにも家の子と似てたので、お迎え先のブリーダーさんを尋ねたら同じだった事」


・「私が出産の時、助産師さんから幸せな事を思い出すと痛みが和らぎますと教わり、飼っていた犬の大事を思い出したら本当に痛みがやわらいだ」



そんなことってある!? ヒヤッと体験も

引用元:getty
なかには、思わずドキッ! ヒヤッ! としてしまう出来事を体験した飼い主さんもいるようです。


・「散歩中に見知らぬ人に出会い『この子早く病院に連れて行った方がいい』と言われ病院に連れて行ったら、内臓の病気だった。その人に出会わなければ、長生きできなかったかも? 奇跡に感謝です」



愛犬に助けられた!

引用元:いぬのきもち投稿写真ギャラリー
愛犬がいてくれたことで「助けられた」「救われた」と感じ、それを奇跡のように思った飼い主さんたちも多いようでした。


・「自分が意識をなくして倒れた時に、まだ家に来て数カ月の愛犬がなめて起こしてくれた」


・「廊下で行き倒れて、声もだせなかった時、吠えてもダメだったから、普段のぼらない階段を登って家族を呼んできてくれた。なめて起こしてきた」


・「愛犬は私と一緒に寝てくれる時は、いつも私が体調が悪く学校や会社を休んでいる時だけでした。私が働き、極度のストレスで頭が割れる程の痛みが24時間、約1ヵ月半続きました。痛みで悶絶していると顔や手やなめてくれるんですが、なめてくれると痛みが和らぐんです。愛犬から元気の力をもらっていたと思っています。愛犬のおかげで仕事復帰が早く出来たと思っています」


・「足の不自由な私にきちんと合わせてくれたり、散歩中に私がこけてもビックリして逃げないで待っててくれたり、すごく優しい子と出会えたことそのものが奇跡だと思います!」


・「いろんな事が重なり適応障害になってしまい、不安定に。いつもやんちゃで大変な幼犬でしたが、私がパニックに陥っている時は、大丈夫と言っている様に私のそばに居て見守ってくれていました。通院も薬も要らなくなり、回復しました。長いトンネルから抜け出せた奇跡。一人暮らしの私にとって、まろんには感謝しかないです。ちなみにやんちゃまろんは健在です。笑」



闘病中に奇跡の出来事

引用元:getty
愛犬が病気になり闘病中のときに、奇跡だと思えた出来事を経験した飼い主さんも。


・「シニアで2度の手術に耐えて3本足になったが、段差を上れた時や走れるまで回復し、それから約2年も元気に生きていてくれたのは奇跡だと思います」


・「腎盂炎をこじらせ、ほとんど動けなくなりここ2日が山と言われ、娘たちも号泣し、家族みんなで代わる代わる抱いて過ごしていたら急に元気になり、それから2カ月走り回るくらいまで元気に過ごしてくれた。習い事などが忙しくて留守がちで寂しい思いをさせていたことを後悔していた私たちに、楽しい時間を作ってくれたのかなと思った」


・「四肢麻痺になって、再度歩けるようになった」


・「癌が見つかって、長くても半年と言われたが、それ以上頑張れた。覚悟の時間がもらえた。じわじわ進行して、最後に急に弱ったようだった」


・「これまで何度か覚悟の時があったけど、何事もなかった様に今も病気と戦っている彼女をお世話していて、すごい生命力にびっくりしています」


・「亡くなる数日前、それまで自力で立つことも出来なかったのに、息子夫婦が休日でいる時に立ち上がり、数歩歩きました」



亡くなったあとに愛犬の存在を感じた

引用元:getty
また、愛犬が亡くなったあとに、思わず奇跡だと思いたくなる出来事を体験したという飼い主さんたちもいました。


・「保護したわんこでした。こんなに可愛いのかと必死で可愛がりました。亡くしたあと、余りの寂しさで苦しかったですが、夢の中に出てきてくれました。最初で最後でした」


・「看取った日が、自分の誕生日を含めてその日から連休に入る日だったので、一緒に寝たりきれいにしたり、お葬式したり、犬友達も呼んでゆっくりできた。

今の二代目を保護犬サイトで見て気になっていて、『あの子、飼い主さん決まるといいね』と先住犬の写真見て話しかけた翌日、会社から帰宅したら、部屋の中に懐かしい先住犬の匂いがしていてベッドにくぼみがあったこと。立候補の後押しをてくれたと思ってます」



出会えたこと自体が奇跡

引用元:いぬのきもち投稿写真ギャラリー
回答のなかで多かったのが、「愛犬と出会えたこと自体が奇跡だ!」というエピソード。みなさん、愛犬のことを大切に思っているのが伝わってきます。


・「出会えた事、まさにこれに尽きる。里親募集の新聞広告を見ていなければ、勇気を出して連絡しなければ、出会えていなかった」


・「あんなに私を理解してくれて、私も愛おしく想える子に出会えた事が奇跡です。今も気持ちは全く変わりません。出会いは、その前の子が亡くなって毎月お参りして7年目でした。その子と出会って19年で虹の橋に向かいましたが、出会った日とお別れした日が同じ日でした」


・「譲渡会にて、初めて連れ出して病気持ちだった子を娘が気に入り、老犬ではあるけど我が家で一緒に暮らせることが出来るようになってる。側にいるだけで心が安らぎを与えてくれる存在になってくれた」


・「あの子と出逢えた事、一緒に過ごせた12年間全てが奇跡です。運命や、当たり前などでは無いと思います」


・「愛犬が虹の橋を渡って、もうすぐ1年になろうとしていた時、たまたま見ていたインスタに、投稿されたばかりの飼い主様募集の子犬が写っていました。しかも先住犬そっくりで、その日は私の誕生日でもあったため、天国のあの子からのプレゼントだと確信してすぐに連絡を取りました。

その子犬は今、家族になって私を癒してくれています。毎日泣いていた私を心配して天国の先住犬がプレゼントしてくれたんだと信じています。あの日、あの時、あの瞬間に出会えた事は奇跡だと思っています」



引用元:いぬのきもち投稿写真ギャラリー
飼い主さんにはそれぞれ愛犬との素敵な体験があることと思います。その思い出をこれからも大切にして過ごしてくださいね!


『いぬのきもちWEB MAGAZINE 愛犬と飼い主さんの思い出に関するアンケートvol.01』
※コメントは個人の感想です。
※一部の写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
文/sorami

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_ijpdh1n7w5oj_カメラに近すぎる犬!大好きなお姉ちゃんの腕をなでなで♡ ijpdh1n7w5oj ijpdh1n7w5oj カメラに近すぎる犬!大好きなお姉ちゃんの腕をなでなで♡ oa-dognews 0

カメラに近すぎる犬!大好きなお姉ちゃんの腕をなでなで♡

2020年10月23日 10:46 いぬのきもちNEWS

お姉ちゃんにかまってほしくて近付いてきた、シベリアン・ハスキーの文太くん。
お姉ちゃんに下から持ち上げられる、「闘い」という名のじゃれ合いが好きな文太くんは、お姉ちゃんにおもいっきり近付きます。
すぐ戦闘態勢か? と思いきや、なでて欲しかったり手を舐めたかったりしたみたい。

こんなに近くで、しかも下からのアングルでシベリアン・ハスキーを見る機会はなかなかない!?
ハスキーファン必見の動画です♪

参照/YouTube(闘いの合間に撫で撫でホールドやおならっぷをかましたりするシベリアンハスキー)

文/kate

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_pmf23dwl2bjg_犬の「気づきにくい病気」に気づくための4つのヒント pmf23dwl2bjg pmf23dwl2bjg 犬の「気づきにくい病気」に気づくための4つのヒント oa-dognews 0

犬の「気づきにくい病気」に気づくための4つのヒント

2020年10月23日 10:44 いぬのきもちNEWS

愛犬に忍び寄る病魔に、どう気づく?

犬は人のように言葉を話せないので、具合が悪かったり、体に違和感があっても言葉で訴えることができません。愛犬の健康を守るためには、飼い主さんがいち早く異変に気づく必要があります。
しかし、野生で活動していたころの本能の名残により、自分が弱っていると敵に気づかれないように、犬自身がガマンして症状を隠してしまったり、肝臓や膵臓など、そもそも痛みや症状があらわれにくい臓器もあります。
さらには、たとえ愛犬に異変が起こっても「年を取って落ち着きが出てきたからかも」「このコはもともとウンチがやわらかいから」「食欲はあるから大丈夫だろう」など、飼い主さんが病気の症状を老化やクセと勘違いしてしまうこともあるのです。

手遅れにならないためにも、気づきにくい病気に気づくためのヒントをご紹介しますので、思い当たるものがないかチェックしましょう。

うちのコはちょっと頭が大きい?

「うちのコはちょっと頭が大きいかも…」と思ったとき、疑われるもののひとつが水頭症(すいとうしょう)です。
子犬期に見つかることが多い、ほぼ先天性の病気です。脳内(脳室)に脳脊髄液という液体が過剰にたまり、脳が圧迫されるので、けいれん発作や視覚障害などの症状が出ます。先天性の病気のため症状が出るまで気づきにくいですが、きょうだい犬より頭が大きかったり、成長が遅かったりする場合もあります。

<ここをチェック!>
・おでこが大きく出っぱっている
・ものによくぶつかる
・両目がそれぞれ外側を向いている
・回るしぐさをする
・なでられるのを嫌がる

……など

ちょっと頻尿ぎみかも…

愛犬の頻尿が気になるときに、原因のひとつとして考えられるのが「膀胱ポリープ」です。
膀胱はオシッコをためておき、排出するための器官ですが、この内部にできもの(ポリープ)が発生すると、オシッコするときに詰まったり、粘膜が炎症を起こすことも。重症化すると命にかかわる場合もあります。とくに尿道付近のポリープは見つけにくく、「愛犬のオシッコはいつもこうだから」と見誤ると、気づくのが遅れがちになってしまいます。

<ここをチェック!>
・頻繁にトイレに行く
・オシッコを出しづらそうにする
・オシッコに血が混じる
・トイレが長い

……など

おとなしい性格になってきた…

「愛犬が以前よりおとなしくなった」などの性格の変化を感じたら、もしかすると病気が原因かもしれません。とくに成犬期の犬で飼い主さんも気づきにくいのが、ホルモンの病気のひとつである甲状腺機能低下症です。甲状腺とは、ホルモンを分泌して全身の新陳代謝を促進する場所ですが、なんらかの原因でこのホルモンの分泌量が低下してしまうのがこの病気。発症すると元気がなくなったり、抜け毛など被毛に異常が見られたりすることがあるのですが、これを「年をとったせい」と間違えてとらえてしまうことが多いようです。

<ここをチェック!>
・元気がない
・以前よりおとなしくなった
・寒がりになる
・散歩を嫌がる
・顔つきが寂しそうになる

……など

よく下痢をする

下痢やオシッコの症状から疑われる病気のひとつが「子宮蓄膿症」です。
これは、大腸菌などの細菌がさまざまな経路から侵入し、子宮の中で増殖して炎症を起こす、メス特有の病気です。若い犬でも見られますが、とくにシニア犬期で避妊手術を受けていない犬で多く見られ、発症すると子宮にたまった膿(うみ)が外陰部からもれることがあります。これを下痢と勘違いしてしまい、発見が遅れるケースが多いようです。

<ここをチェック!>
・水をたくさん飲む
・元気や食欲がない
・生理が長い
・オシッコ量が多い
・下痢をする
・よく吐く

……など

小さな異変を見逃さないで

いかがでしたか? 毎日愛犬に接していても、細かな異変を見落としてしまっていたり、勘違いしてしまうこともあります。飼い主さんが「異変」と思うか、「気のせい」と思うかで愛犬の運命は大きく変わりますので、少しでも不安なことがあれば、かかりつけ医に遠慮なく相談してくださいね。

参考/『いぬのきもち』2019年2月号「飼い主さんが気づきにくい犬の病気」(監修:東京動物医療センター副院長 南 直秀先生)
症例写真提供/東京動物医療センター
イラスト/ササキサキコ
文/影山エマ
※この記事では、少しでも多くの犬に当てはまるよう、監修の先生の経験や見解をもとに、とくに気をつけたい病気や症例をまとめています。犬によっては当てはまらないケースもありますので、迷ったときは必ず動物病院で受診しましょう。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_92u9fx06yne9_ごはんが待ちきれない犬!ばぁばを今か今かと待ちわびる♡ 92u9fx06yne9 92u9fx06yne9 ごはんが待ちきれない犬!ばぁばを今か今かと待ちわびる♡ oa-dognews 0

ごはんが待ちきれない犬!ばぁばを今か今かと待ちわびる♡

2020年10月23日 10:44 いぬのきもちNEWS

とある時間に、もうすぐ楽しみがあると気づいたチワワのみるくちゃん。

それはもちろん、ごはん!
階段の下まで、いそいそとパパさんのお母さん(ばぁば)を呼びに行きます。
しかし、ごはんの時間にはまだちょっと早いようで……?
お母さんはなかなか降りてきてくれません。

今か今かとソワソワするみるくちゃん。
階段の下で待ち伏せする姿がかわいすぎます♡

参照/YouTube(犬がご飯になると階段の下で今か今かと待つ姿がとっても可愛い【チワワ】【dog】【chihuahua】)

文/kagio

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_dqa3e9yo9fjf_1年中もふもふ犬に見えるけど、実はそうでもない dqa3e9yo9fjf dqa3e9yo9fjf 1年中もふもふ犬に見えるけど、実はそうでもない oa-dognews 0

1年中もふもふ犬に見えるけど、実はそうでもない

2020年10月23日 10:38 いぬのきもちNEWS

見た目はもふもふだけど

引用元:いぬのきもちWEB MAGAZINE
こんにちは、スズメ天狗。です。

 

てんすけはトイプードルが入っているせいか、毛がそんなに抜けません。

とはいえ、全く抜けないわけではなく、ブラッシングするとある程度まとまって長い毛が抜けるという毛質です。

 

和犬や短毛種の子みたいに、プルプルっと体を振った時にパッと散るタイプの抜け毛ではなく、綿毛みたいな毛が撫でたりブラッシングするとふわふわと抜けるのです。

 

そのため、一気にごそっと抜けるタイプの子たちのように明らかにほっそりして来ないので、一年中もふもふしてる見た目になっております。

 

でも実は、少しずつ少しずつふわふわした毛が抜けて行っていて、全体の容量が減っていって、中身はスカスカになっているのです。

そうやって気温に対応した体になっていくんだなぁと、密度の減った毛を撫でていて感心します。

 

それでも暑がりなので暑さ対策は必須ですが、犬の体はよく出来ていますね。

ブラッシングすると抜ける量はこれぐらい


見た目はもふもふ


登場人物紹介

引用元:いぬのきもちWEB MAGAZINE

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_6cmucx47uw81_忘れられない。愛犬との別れを経験した飼い主の体験談 6cmucx47uw81 6cmucx47uw81 忘れられない。愛犬との別れを経験した飼い主の体験談 oa-dognews 0

忘れられない。愛犬との別れを経験した飼い主の体験談

2020年10月23日 10:37 いぬのきもちNEWS

愛犬を迎えたばかりの頃は、楽しいことばかりを考えがちかもしれません。

しかし、愛犬との別れは誰しもに訪れます。いつかくる別れは、飼い主さんにとって耐え難いものがあるでしょう。


愛犬との別れの日が迫るなかで、心に残っていることは…

引用元:いぬのきもちWEB MAGAZINE 愛犬と飼い主さんの思い出に関するアンケートvol.01 208件の回答
今回いぬのきもちWEB MAGAZINEでは、飼い主さん208名に「今でも心に残っている愛犬との別れのエピソードがあるか」を聞いてみました。その結果、約7割の人が忘れられないエピソードがあるようです。

ここからは、飼い主さんたちから寄せられたエピソードをいくつかご紹介します。つらい体験談もありますが、同時に飼い主さんたちの愛犬に対する思いも伝わってきます。


飼い主がくるのを待っていてくれた

引用元:getty
愛犬の姿を見て、そろそろ別れが近づいてきたかもしれないと予感することもあるでしょう。最期の瞬間、愛犬もつらい状況のなか、飼い主さんがくるのを待って看取らせてくれたと感じた人がいるようです。


・「夜勤が終わり帰って来るまで頑張ってくれていた。帰ってきたのがわかったのか小さい声で鳴き旅立った」


・「皮下にできる血管肉腫で病気発覚から4ヶ月で亡くなってしまいました。私を悲しませないように元気なふりをしているように思えました。最期の日は主人と息子が帰宅するまで待って、立てる力もなくなっていたのにも関わらず立ち上がり、その数分後、呼吸が速くなり亡くなった。まるで2人に最期の挨拶をしたかのように思えました」


・「夜勤明けの私の仕事が終わって帰るのを待っていた。体調の変化に気づき病院へ行くも、まだ大丈夫と言われ帰宅。その後も老犬でもあり気になって添い寝。夜勤明けの私を少しでも寝かせようとしてくれた愛犬。その後、再び異変があり病院へ向かう途中で息を引き取った。最後の時を私といてくれたことに感謝」


・「私が朝起きるのを待っていたかのように最後の時を迎えました。脳に異常が出て、ボケてしまっていたのでもう何もわかってないと思っていたので、起きるのを待っててくれたのかと思うと凄く寂しい気持ちになりました」


・「柴犬のじゃけちゃん。息子のことが大好きで、寮から帰ってくるのを心待ちにしていました。11歳を過ぎた頃、ご飯を食べなくなってきて寝てる時間が増えてきて。病院に連れて行った結果は慢性腎不全でした。

もう長くないと悟った頃、『金曜日にお兄ちゃんが帰ってくるから、それまで頑張ろうね』と。立ち上がるのがやっと、そんな状態でも口に運べばご飯もお水も受け付けてくれて、最後まで気丈に頑張ってくれたじゃけちゃん。

少し早めに息子が帰ってきてくれて、たくさん抱っこして夜は添い寝してくれて…。約束どおり、金曜日の夜まで頑張って…大好きなお兄ちゃんのそばで、旅立って行きました。その日は令和元年11月1日でした。僕のこと忘れないでね…そんな気持ちだったのかな…」



いまだに後悔の気持ちも

引用元:getty
最期の瞬間に立ち会えた飼い主さんもいれば、間に合わなかったという飼い主さんも。また、もっと愛犬のためにできることがあったのではないだろうかと、後悔する飼い主さんたちもいました。


・「自分で寝起きや歩く事もできなくなっていたので介護の日々でした。亡くなる前日は全然寝てくれなくて、鳴くでもなくじっと目をあけていました。介護は大変でしたが終わった瞬間、もうその大変さは忘れてしまい、後悔だけがこみあげてきました」


・「仕事で地方に行っていて、もう危ないと母から連絡があり急いで帰ったけど間に合わず看取る事が出来なかった。最後に生きている時に抱きしめてあげたかった。亡くなってから20年近く経つけど今でも思い出すと涙が出てきます」


・「なんの前触れもなく、いきなりお別れの日がきたので、もっと何か出来たはず、もっともっとと後悔ばかりしました。病院までの数分の道のりを、一緒に見た最後の風景も電車の音も、今でも忘れません。外に出るのが好きな子だったので、目はほとんど見えていないし苦しいはずなのに、外の匂いや音に反応して尻尾を振っていました。思い出しただけでも胸が締め付けられます」


・「もう病院にいっても、出来ることは無いと分かってはいましたし、余命を延ばす事が余計にあの子を苦しめる事になるんじゃないか……。葛藤の中、病院に行く事にしました。

開院まで時間があったため、いつも通り一緒にお昼寝をしていましたが、一時間ぐらいたったときに、私の腕の中で静かに眠っている事に気が付いたのです。血の気の引くのが分かるくらいでした。半分パニックになって、その後の事はよく覚えてないのです……。

ただ、あの瞬間だけは忘れられません。なんで寝ちゃったんだろう、一緒にいて何故看取ってあげられなかったのか。最後を一人にさせてしまった後悔と無念さだけはずっと残ってます」


・「体調を崩したため朝一番に病院に連れて行き、そのまま入院する事になりました。夕方面会に行った時、少し元気になっていたので安心して病院を後にし、神社で御守りを買って病院へ届けようとしていた途中で病院から連絡が入り、急いで駆けつけましたが、間に合わず、最期を看取る事が出来ないまま虹の橋を渡ってしまいました。

たった1日で、こんなに早くお別れが来るとは思っていなかったため、暫くは気持ちの整理がつかず毎日泣いて過ごしていました。最期を嫌いな病院で、しかも一人で逝かせてしまった事を今でも後悔し続けています」



つらいのに頑張ろうとする姿を見せてくれた

引用元:getty
つらいはずなのに、飼い主さんの前で頑張ろうとする姿を見せた愛犬のことが、今でも忘れられないという飼い主さんの声もたくさん寄せられました。


・「苦しい最中、急に立ち上がり尻尾をフリフリ…甘えにきました。私もその子の目、鼻、口、耳…全部記憶に残す様に触りました。その日に亡くなりました。何か感じていたのかな。その事は何年たっても、コレからも、決して忘れないでしょう」


・「亡くなる2日前、急に食欲が出て、焼き芋を美味しそうに食べた。焼き芋の季節になると思い出します」


・「ほとんどえさを食べてなかったのに亡くなる直前に口までもっていったら一生懸命食べてくれた」


・「寝たきりなのに全身全霊を振り絞り、側に来て、目で訴え、甘えて来た。即病院に行って今夜が峠と伝えられ、あの姿が鮮明に覚えているので、心が痛む」


・「声も出なくなっていたのに最後の力を振り絞って、ワンと小さく鳴いた時。抱っこ好きだったので優しく抱っこをしました。色んな涙が出ました」


・「ゴールデンレトリーバーと一緒に暮らしていた時の事。癌で余命わずかだったが、どうしても家の庭の好きな茂みに行きたくて、無理やり入り込んだ。しかし、もう動けるような状況でなかった為、そこから動く事ができなくなった。どうしようもないので、近所の人に手伝ってもらって大人3人で抱えて連れ出しました。それが最後に歩いて行った所でした」


・「実家から連絡をもらって、姉一家も全員で集まったら、寝たきりで水も自力で飲めないぐらい弱っていたのに、自力で立ち上がって数歩だけ歩いたこと。一旦、家に戻って、1時間もしないうちに親から、今亡くなったって連絡をもらいました。姉と私だけで再度、実家に行って、思い出話を両親としたこと」


・「ずっと意識あるか分からない状態で過ごしていたのに、亡くなる前日はずっと伏せやお座りの姿勢で私の事をずっと見て過ごしてました。最後に元気な姿を頑張って見せてくれてました」


・「気のせいかもですが亡くなる瞬間、寝転んだ状態で、力の入らなかった足を必死に動かして、近寄ろうとしてる様に見えた」



「もう頑張らなくてもいいよ」と声をかけると…

引用元:getty
たくさん頑張ってきた愛犬の姿を見て、「もう頑張らなくていいよ。ありがとう」と声をかけた飼い主さん。その言葉を聞いた愛犬が見せた姿が、忘れられないという声も。


・「亡くなる前の夜から意識がもうろうとしていたのに、亡くなる瞬間、今までありがとう!もうゆっくり休んでいいよ。といったら、その時だけしっぽをフリフリして、すーっと旅立ちました。言葉に答えてくれてとっても安心したと同時に、うれしかったのをおぼえています」


・「病気で2カ月近く通院して点滴治療。辛かったはずなのに、母を亡くしたばかりの私のため頑張ってくれた。最後の日、もう頑張らなくてもいいよありがとうと声をかけたら、ほっとしたように息を引きとった」


・「8カ月間のガン闘病最後の日、初めて痛みに泣く愛犬を抱き、『もういいよ、痛いの我慢しなくていいよ、頑張ったねー。母ちゃんは大丈夫だから心配しなくていいよ、もう頑張るの休もうね。もう休もうね。先行って待っててね。待ち合わせはお空の入り口の横ね』などと話しかけていたら、最後に腕の中で私を見上げてくれ、目が合いました。そして、頭ががくっとなって腕の中で旅立ちました。2人で一緒に闘ってきた同士なので、その瞬間もやり遂げたような、不思議な達成感でした」



今でも忘れられない愛犬との思い出

引用元:getty
亡くなって時間が経った今でも、愛犬の闘病中の出来事や、何気ないときに見せてくれた笑顔などが、飼い主さんの記憶として残っているようです。



・「足腰が弱ってきて、前足は大丈夫だったので、車椅子を作って貰いました。乗せてあげたら勢いよく走って嬉しそうでした。数カ月しか使えなかったけど、今も大切にしています」


・「亡くなる前夜、網戸越しに夜空をずっと見ていた愛犬の後ろ姿が30年経った今でも忘れられない。今でも思い出すと涙が出ます」


・「旅立つ前に吠えた。先代のワンコ。全部です」


・「いつもあまり膝の上に乗らない子でしたが、亡くなる前には、自分から膝に乗ってきてじっと顔を見つめる事が何度かありました。不安なのかなぁと思い『いい子だね』『可愛いよ』『大好きだよ』と言って撫でてあげながらお別れの日が近づいているんだなと思いました。もっともっとたくさん抱っこしてあげたかったです」


・「想定外にお別れのときが突然やってきたので、玄関先から見たいつもの可愛い表情や姿が忘れられないです」


・「病気がわかる少し前から玄関への出迎えはなくなっていたのですが、あるとき帰宅し玄関の鍵を開けると、目の前で愛犬が私を静かに見上げていました。思わずスマホを出して写真を撮ったのですが、それがまるでパピーの頃の様に無垢な瞳で、嬉しい出来事なのに切ないような…最後のカメラ目線の写真になりました」


・「先住犬が天に召した瞬間、後輩犬が掛かり付けの病院に猛ダッシュして、助けを求めに行った」


・「14歳まで頑張ろうね、14歳まで一緒にいようね、と当時は大型犬で14歳まで生きていた子が周りにいなくてそんな話を愛犬に言っていました。だんだんと歳を取るにつれて体力がなくなり、しんどそうな時もあったのですが、なんとか元気に14歳の誕生日を迎えました。

その3日後、前日までゆっくりお散歩に行っていたのですが朝急に倒れ、5日後息を引き取りました。しんどかったのにありがとう、私との約束を守ってくれたんだなって思いました。14歳の誕生日に撮った写真は宝物です」


・「真夜中に、何ともいえない鳴き声で呼んで、ずっと、私の腕の中にいました。身体をなでてやることしか出来ないけれど、それでも少しは楽なのか、ゆっくり呼吸して、そしてわたしの腕の中で息を引き取りました。少しずつ、老いていく姿を見ながら、それでも愛おしくて可愛くて、あの子はずっと私の心の中で生きています」


・「初代の息仔(ノエル)が急性腎不全で入院していたのですが、仕事の都合で一度もお見舞いに来られなかった主人が、11日目に初めて病院へ来てくれました。30分前後の時間を一緒に過ごし獣医師からも今日はいつもより容態が良い…と言われ少し安心して帰宅。

けれど…日付けが変わって入院から12日目の早朝、容態急変と病院から連絡が入ったため急いで向かいました。私達が病院に着きノエルと面会した直後、尻尾をパタパタと数回振って息を引き取りました。

その様子が『2週間ぶりに父ちゃんに会えて嬉しかったよ…僕、頑張ったからもう逝く』と言っている様に見えました。大人しく優しかった息仔らしい最期でした。虹の橋を渡って丁度1年が経ちましたが、あの時の事を思い出すと今でも涙が零れます」




引用元:getty
今回アンケートに答えてくださった飼い主のみなさん、ありがとうございました。愛犬がみなさんに愛されていた様子が、エピソードから伝わってきました。

今の愛犬の元気な姿を見ると、別れを想像できない飼い主さんも多いと思います。また、どのような別れを迎えるかはわかりません。

だからこそ、今目の前にいる愛犬にたくさんの愛情を注いで、毎日の生活を大切にしていきたいですね。


『いぬのきもちWEB MAGAZINE 愛犬と飼い主さんの思い出に関するアンケートvol.01』
文/sorami

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_ve5pkayqom4p_「スタンバイ」でキャッチボールを待ちのぞむ柴犬 ve5pkayqom4p ve5pkayqom4p 「スタンバイ」でキャッチボールを待ちのぞむ柴犬 oa-dognews 0

「スタンバイ」でキャッチボールを待ちのぞむ柴犬

2020年10月23日 10:34 いぬのきもちNEWS

柴犬のこてつくんは、「スタンバイ」ができます(*´ω`*)

「待て」などと似ているでしょうか?
「スタンバイ」というと、座って遊びまでの待機をします♡

なかなかスタンバイしたがらない様子ですが、それでもキャッチボールはやりたい!
その両極端な気持ちが垣間見えますね♪

参照/YouTube(得意技「スタンバイ」も披露しつつキャッチボール♡柴犬こてつ君)

文/堀内み

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_14imhrhz0pzq_犬が「急に痩せた」といえる目安とは?受診ポイントを解説 14imhrhz0pzq 14imhrhz0pzq 犬が「急に痩せた」といえる目安とは?受診ポイントを解説 oa-dognews 0

犬が「急に痩せた」といえる目安とは?受診ポイントを解説

2020年10月23日 10:29 いぬのきもちNEWS

ふだん愛犬のことを近くで見ている飼い主さんは、「なんだか最近痩せてきたかも」と、愛犬の体の変化に気づくこともあるでしょう。

体重制限をしていないのに急に痩せてくるのは、病気が隠れていることもあるそうです。今回、いぬのきもち獣医師相談室の先生が解説します。


犬が急に痩せてきたときに考えられること

引用元:getty
ーー犬が急に痩せる原因として、考えられることはなんでしょうか?


いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「犬が急に痩せる原因としては、下記のようなことが考えられます。

**

  • 食欲がなくなり、入ってくるカロリーが少なくなるために痩せる
  • 食欲があっても、何らかの原因で消費するカロリーが上回ってしまうために痩せる

|bold**

考えられる病気としては、**ガン、内分泌疾患、ホルモンに関連した病気、免疫系の病気、消化器系の病気|bold**などさまざまです。これらの病気は、痩せる以外の症状として**元気がなくなったり、いつもとは違う様子になる|bold**ことが多いですが、なかなか気づかないこともあります」        

「急激に痩せる」とは? 

引用元:getty
ーーどのような症状や状態が見られると、「急激に痩せた」といえるのでしょうか? 


獣医師:
「大体の目安としては、食事制限などしていないのに1カ月で3~5%以上の体重減少や、触ったときに背骨やあばら骨といった部分が以前より触れるというのは、受診するタイミングです」


愛犬が痩せてきた…飼い主さんができることは?

引用元:getty
ーー愛犬が痩せてきたかもしれないと感じたとき、飼い主さんはどのような対応をするのがよいでしょうか?


獣医師:
「痩せてきたと思ったら、すぐに動物病院を受診してください。また、日頃からできることとして、痩せてくるというのを発見するためにも、最低でも1週間に1回は体重をはかりましょう」


(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
取材・文/柴田おまめ

外部リンク