cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_iamwhhrfssz7_15才の柴犬かぼすちゃんのいたずら vs 飼い主の対策 iamwhhrfssz7 iamwhhrfssz7 15才の柴犬かぼすちゃんのいたずら vs 飼い主の対策 oa-dognews 0

15才の柴犬かぼすちゃんのいたずら vs 飼い主の対策

2021年7月12日 21:20 いぬのきもちNEWS

かぼちゃんのいたずらが増えてきました

みんなが寝ている深夜と、お留守番の日中に、一日2回かぼちゃんは室内のトイレで用を足しています。でも加齢のせいか、最近かぼちゃんはヤンチャ(?)になってきて、トイレシーツをかじるようになってしまいました。食べてしまうと危険です。困ったなぁ。


そこで対策!

そこで考えました。床に敷いてあるマットを切って、トイレにしちゃばいいんじゃない!?滑り止めもついているから、ちょうどいいかも!

これは大成功でした。洗うのも簡単だし、すぐに乾くし!ペットシーツをガブガブして、吸水ポリマーがお腹の中に入ってしまう心配を考えれば、ちゃんと用を足してくれたマットを洗うことの手間なんて喜びに感じますよ。

新たないたずら!

さて、最近のヤンチャはこんな感じです。リビングに敷いてあるマットをガブガブしちゃってます(-_-;) 繊維が抜けちゃう物は、もうNGですね。トイレに使っているのと同じタイプのマットに変えなきゃいけません。

こんな可愛い顔をして、次から次へとやってくれます。

でもそれも嬉しいよ

今までずっと、「大人しくてお利口さんのかぼちゃん」だったので、

最近の変化を、楽しいと感じることができています。

一つ一つの問題を、危険がないように対策を考えることもまた楽しいです。

今日も元気だ、いたずら楽し!

今日も「なにかいたずらできないかなぁ」とウロウロしていましたよ。

私に見られていたことに気づくと、ちょっと焦ったような顔をして

私が他の方を向くまで、じっと見ています。私があっちを向いたら、何のいたずらをする気なのかな?

かぼすママ*プロフィール

元保護犬・保護猫の4姉弟と、毎日一緒に昼寝をする生活に憧れながら、フルタイムで働く保育士です。柴犬かぼすと猫のつつじ・ぎんなん・オニギリの可愛くて、面白くて、ほんわかした心温まる日常を、ブログとインスタグラムで発信しています。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_1e4qmjxxsgcu_宮古島の保健所に収容されていた姉妹犬 1e4qmjxxsgcu 1e4qmjxxsgcu 宮古島の保健所に収容されていた姉妹犬 oa-dognews 0

宮古島の保健所に収容されていた姉妹犬

2021年7月12日 13:29 いぬのきもちNEWS

「2頭の里親になることは、私たちにとってとても自然な選択だったように思います」

引用元:@umemare_umare
こう話すのは、元保護犬姉妹・梅ちゃん(♀・現在推定生後7カ月)と稀(まれ)ちゃん(♀・現在推定生後7カ月)の飼い主さん。宮古島出身の2頭は、素敵なご縁があって、北海道で暮らしている飼い主さんご家族の家に迎え入れられました。

いぬのきもちWEB MAGAZINEでは、梅ちゃんと稀ちゃんとの出会いや今の暮らしについて、飼い主さんにお話を伺いました。

梅ちゃんと稀ちゃんは、保健所に収容されていた過去が

引用元:@umemare_umare
宮古島で生まれた野犬の姉妹・梅ちゃんと稀ちゃん。同じ場所で発見され、保健所に収容されていたそうです。2頭のことを知った保護主さんが引き出すことを決意し、たくさんのボランティアの方たちの協力を経て、北海道の保護主さんのところまでやってきたそうです。

引用元:@umemare_umare
その当時、飼い主さんご家族は13年間一緒に暮らしていた愛犬・小豆ちゃんを亡くして悲しみに暮れていたそうですが、保護主さんのInstagramを通じて2頭の存在を知ったといいます。

飼い主さん:
「無邪気にはしゃぐ2頭の姿に元気づけられていました。もともと家族で『もし次に新しく犬を迎えることがあれば保護犬を引き取ろう』という話をしていたので、梅と稀の里親になることは私たちにとってとても自然な選択だったように思います」

2頭を迎え入れたいと思ったご家族は、トライアル期間を経て、2頭と正式に家族になることができたのでした。

性格は違うけれど、お互いを補い合える姉妹犬

引用元:@umemare_umare
褒められることよりも、「とにかくご褒美のおやつが欲しい!」というほど食いしん坊な性格の梅ちゃん。ゴハンの時間が近づくと、「時間だよ!」と必ず催促してくるのだとか。

また、甘えん坊で、ちょっぴり不器用なところが梅ちゃんの可愛いところだといいます。

飼い主さん:
「梅は、稀がオモチャでひとり遊びをしているのを見て真似をしてみるのですが、上手にできずに拗ねていることも多々あります。それに、ふだんからぼーっとしていることも多いですね(笑)」

引用元:@umemare_umare
一方の稀ちゃんは賢くて勝ち気で、みんなの関心を独り占めしたいアイドルタイプなのだとか。

飼い主さん:
「梅がお座りをして褒められていると、稀は『私のほうが上手だよ!』と言わんばかりに梅の一歩前に出て、アピールしてきます(笑)

また、稀は保護当時から左後ろ足を負傷しており、回復が難しいとのことで切断しているのですが、ハンデを感じさせないくらいパワフルなコに成長しています」

引用元:@umemare_umare
家に迎えた当初は稀ちゃんのほうが臆病で、いつも梅ちゃんの後ろを追っていたそうですが、今では立場が逆転! 稀ちゃんから逃れるため、梅ちゃんが椅子の下に隠れていることもしばしばあるのだそうです(笑)

引用元:@umemare_umare
そんな2頭と過ごす毎日はとてもにぎやかだと、飼い主さんは話します。

飼い主さん:
「家に来た初日は、2頭とも様子を伺って遠慮がちで、おりこうさんに振舞っていましたが、それも1日で終了。今ではどうやってゲートを開けてキッチンに侵入するか、おやつを手に入れるかを2頭で考えて、毎日挑戦しています(笑)  2頭なので喜びもイタズラも2倍です! 」

引用元:@umemare_umare
飼い主さん:
「私には妹がいるのですが、よく梅・稀の姿が自分たちに重なります。私たちと同じように真逆の性格の2頭ですが、だからこそお互いを補い合えるのかなと。とてもいい姉妹だなと感じています」

2頭は、あっという間に大切な家族の一員に

引用元:@umemare_umare
梅ちゃん・稀ちゃんと家族になって約2カ月が経過します。「まだ2カ月しか経っていないの!?」と思うほど、2頭ととても濃い時間を過ごせていると飼い主さんはいいます。

飼い主さん:
「梅・稀が避妊手術の入院で不在だった1日は、太陽を失ったような気持ちでした。あっという間に私たちにとってかけがえのない大切な家族の一員になり、心を奪われています。

最近では梅・稀もそれに気づき、愛嬌を見せれば何でも許されるということを覚えつつありますね(笑)」

「外の世界は怖くない」と知ってもらえるように、向き合っていきたい

引用元:@umemare_umare
家の中では、おなかを見せて安心しきっている様子だという梅ちゃんと稀ちゃん。でも、お散歩に行くと人や車、落ちている棒などを見て、怖がるのだそうです。異様に怯える2頭を見ると、「何か過去に嫌な思い出があるのかな」と、心が締め付けられるといいます。

飼い主さんは「外の世界は怖くないよ」ということを2頭に知ってもらえるように、これからも向き合っていきたいと思いを話します。

引用元:@umemare_umare
飼い主さん:
「まだ生後約7カ月ですが、いろいろと大変な思いもしてきたと思うので、これからも目一杯愛情を注いでいきたいです。2頭が少しずついろいろなことに慣れてくれると嬉しいです。そして、ひとつでも多くの幸せを感じ、毎日幸せを感じて生きていってほしいです」

飼い主さんご家族とともに、梅ちゃんと稀ちゃんはこれからもさまざまな経験をしていくことでしょう。今後の成長も、あたたかく見守っていきたいですね。

写真提供・取材協力/@umemare_umareさん
取材・文/雨宮カイ

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_0lmguphtry7i_少し暴れてもいいんだよ…?老犬の落ち着きぶりに思うこと 0lmguphtry7i 0lmguphtry7i 少し暴れてもいいんだよ…?老犬の落ち着きぶりに思うこと oa-dognews 0

少し暴れてもいいんだよ…?老犬の落ち着きぶりに思うこと

2021年7月11日 21:29 いぬのきもちNEWS

寂しさも感じること。

ときに体調を崩すこともあり、少しずつ体力が落ちてきているなと感じます。お風呂のあとの怒りのダンスが懐かしいです。

あばれると つかれちゃうからなー
もっともっと のんびりしよっと

よしこ 15才のパグ・めーと暮らしています。趣味は犬の漫画を描くこと。著書に「パグまんが めー語」(河出書房新社)、「めー先生ですよ」(幻冬舎)など。めーは食いしんぼうでよく寝る犬です。よその人が大好き。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_c7g8pgg0i4e6_犬を叱らないほうがイイコになる!?「犬ってホントは」 c7g8pgg0i4e6 c7g8pgg0i4e6 犬を叱らないほうがイイコになる!?「犬ってホントは」 oa-dognews 0

犬を叱らないほうがイイコになる!?「犬ってホントは」

2021年7月11日 21:08 いぬのきもちNEWS

「いぬのきもちWEB MAGAZINE」が送る連載、家庭犬しつけインストラクター西川文二氏の「犬ってホントは」です。
このコラムでも、「犬の困った行動を直すのに、叱るのはNG」と以前よりお伝えしていますが、それが脳の実験からも証明されている、というお話。飼い主さんが叱らない対応に変えれば、犬の行動が必ずよくなるということがわかりますよ(編集部)。


「脳の世紀シンポジウム」
私が毎年楽しみにしている、シンポジウムです。
犬のトレーニングにどう関係するのか? 直接関係はなさそうに思うかも……ですが、データの元となる実験にはネズミなどを使っていたりするので、動物全般に共通する話が結構登場する。

現時点で犬の脳の研究はほとんどされていないわけですが、動物全般の話は犬にも当てはまるわけで、毎年犬のトレーニングにも関係する何かが、このシンポジウムで得られる。
学習の心理学や行動分析学の理論や法則なども、そこで改めて確認できたりもします。

学習の心理学や行動分析学の正しさを追確認できる脳科学

「脳の世紀シンポジウム」の昨年のテーマは、「依存症と脳」でした。

ある講演では、学習の心理学や行動分析学で使われる言葉が、頻繁に登場してきました。
薬物依存は気持ちがよくなるのでその気持ちよさを味わいたくてやめられなくなる、そう考えるのが一般的だった。これは学習の心理学や行動分析学では、「正の強化」にあたる。
でも脳の中で起きていることは違うと。

薬物依存に陥るのは、不安がなくなったり、それを解して孤独感がなくなったりする(薬物を介しての人間関係ができる)。これは「負の強化」によるもの。
社会はそれに対して、これまでは罰則、すなわち「正の罰」を用いて、減らそうとしてきた。
しかし、それでは解決に向かわない。
なぜなら、問題の原因は不安や孤独感にあるからで、その不安や孤独感を取り除かない限り、解決には至らないから。

「負の強化」に基づく行動には、「正の罰」は用いない

「結果的にいいことが起きる行動の頻度は高まる(習慣化されていく)」、これが正の強化です。
そして負の強化とは「結果的に嫌なことがなくなる行動の頻度は高まる(習慣化されていく)」、正の罰とは「結果的に嫌なことが起きる行動の頻度は減っていく(その行動をやめていく)」です。

「負の強化」に基づき習慣化された行動に対して、「正の罰」を用いても解決には至らない。

これ、常に私が口にしている通りの話。
例えば、爪切りをしようとすると噛みついて抵抗する犬は、噛みつく結果嫌なことをなくしている(負の強化)。
この場合、叱ること、すなわち罰を与えること(正の罰)は、事態をいい方向に向かわせるどころか、悪化させることになる。
改善のためには、爪切りに慣らすこと。
なぜなら、爪切りが嫌でなくなれば、それをなくすための行動を行う必要がなくなるから。
まさにその考え方の正しさを、その講演は再確認させてくれたわけです。


環境が変わると行動は変わる

ネズミがこうだから人間もこうだとはもちろん言えないが……という前提での話ではありましたが、次のような実験例も紹介されました。
狭いところに閉じ込められた孤独なネズミと環境が豊かな仲間もいるネズミとでは、薬物への依存性が違う。狭いところに閉じ込められ薬物への依存性が高くなったネズミも、豊かな環境へと入れてあげると依存度は減じてくる。
環境が変われば、行動は変わる。

犬もまさにその通り。
犬に一番影響を与える環境は飼い主です。
いくら叱っても直らないと口にする飼い主は、まずは叱らないでどうすべきかを学び、対応を変えることです。
飼い主の対応が変わることは、犬にとって一番影響力のある環境が変わることを意味します。
悪い環境からいい環境へと、環境が変われば犬の行動は変わる。
まぁ、かように「脳の世紀シンポジウム」で得られることは多い。そういうことなのです。
さて、今年のテーマは何なのでしょうか? 今から楽しみです。


文/西川文二
写真/Can! Do! Pet Dog School提供
https://cando4115.com/index.html

西川文二氏 プロフィール

公益社団法人日本動物病院協会(JAHA)認定家庭犬しつけインストラクター。東京・世田谷区のしつけスクール「Can! Do! Pet Dog School」代表。科学的理論に基づく愛犬のしつけ方を提案。犬の生態行動や心理的なアプローチについても造詣が深い。著書に『子犬の育て方・しつけ』(新星出版社)、『いぬのプーにおそわったこと~パートナードッグと運命の糸で結ばれた10年間 』(サイゾー)、最新の監修書に『はじめよう!トイプーぐらし』(西東社)など。パートナー・ドッグはダップくん(16才)、鉄三郎くん(11才)ともにオス/ミックス。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_576e3aaa1059_犬にも血液型があるんです!性格は変わる?判定方法は? 576e3aaa1059 576e3aaa1059 犬にも血液型があるんです!性格は変わる?判定方法は? oa-dognews 0

犬にも血液型があるんです!性格は変わる?判定方法は?

2021年7月11日 21:05 いぬのきもちNEWS

みなさんは愛犬の血液型を知っていますか? 飼い主さんの中には、「犬にも血液型があるの?」と思う方もいるかもしれませんね。
そこで今回は、犬の血液型の分類法や判定法などについてご紹介します。犬の性格は血液型で変わるのでしょうか――。

犬の血液型は「DEA式」によって分けられる

人の血液型は「ABO式」という分類方法がとられ、A・B・O・AB型の4種類に分けられますが、犬の場合は「DEA(Dog Erythrocyte Antigen)式」という方法で分類されます。

DEAとは直訳すると「犬赤血球抗原」のこと。表記方法は異なりますが、血液中の赤血球表面にある抗原の種類によって血液型が決まる点は人と変わりません。

犬の血液型は13種類以上ある?

いまだ解明されていないこともありますが、DEAは下記のような数値で分類され、さらに、それぞれ陽性(+)・陰性(-)に細分化されるようです。

DEAの種類

  • DEA1.1
  • DEA1.2
  • DEA3
  • DEA4
  • DEA5
  • DEA6
  • DEA7
  • DEA8


このようにDEAは8種類ですが、実際の犬の血液型は13種類以上あるといわれています。

犬の血液型を知る重要性や判定方法


何もないときに、愛犬の血液型を調べる飼い主さんは多くはないでしょう。しかし、輸血が必要となったときは、輸血後に体内で拒絶反応を引き起こす「抗原抗体反応」を防ぐためにも、事前に血液型を調べる必要が出てきます。

犬の血液型の判定法

一般的な犬の血液型判定では、DEA1.1に対して陽性(+)か、陰性(-)かを調べる方法がとられます。
「もっと詳しく調べないの?」と思う方もいるかもしれませんが、輸血の際に重要なのは、DEA1.1に対して陽性(+)か陰性(-)かという点なので、それがわかれば十分といえるでしょう。

「交差適合試験」も大切

輸血が必要となった場合は、血液型判定と並行して「交差適合試験」という検査も行います。
これは、輸血される側と輸血する側の血液が適合するかをより詳しく調べるもので、血液型判定同様、輸血後の「抗原抗体反応」を防ぐためには欠かせない検査です。

血液型で犬の性格は変わらない

人では血液型による「占い」のようなものがありますね。犬は血液型で性格に違いが出ることは考えにくいといわれています。犬の性格は、生活環境やしつけ、犬種に加えて、本来持っている性質などに左右されることが多いようです。

ただし、犬の血液型については、まだ解明されていないことがたくさんあります。研究が進むにつれて、血液型と性格に関する新たな発見があるかもしれませんね。

犬の血液型について知っておくことは大切

犬の血液型は人よりも種類が多く、分類方法も異なることから非常に複雑です。
しかし、万が一に備えて、犬の血液型について理解を深めておくことはとても大切ですので、この機会にぜひ覚えておいてくださいね!

参考/「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『知っておきたい【犬の血液型】|性格への影響や輸血の条件とは?』(監修:いぬのきもち相談室獣医師)
文/ハセベサチコ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_22z5qzx1t08o_トイ・プードル、柴…人気犬種には意外な歴史があった! 22z5qzx1t08o 22z5qzx1t08o トイ・プードル、柴…人気犬種には意外な歴史があった! oa-dognews 0

トイ・プードル、柴…人気犬種には意外な歴史があった!

2021年7月11日 21:03 いぬのきもちNEWS

狩猟犬や牧羊犬として活躍してきた犬種や、愛玩犬として人にかわいがられてきた犬種など、犬のルーツは実にさまざま。愛犬のことをもっと知るためにも、犬種ごとの歴史を探ってみましょう! 今回は人気の5犬種をピックアップし、意外な歴史をご紹介します。

フランス貴族にも愛されたトイ・プードル

フワフワの巻き毛が愛らしいトイ・プードル。その祖先であるプードルは、古くからヨーロッパ各地にいた、水辺の猟を得意とした犬種でした。

16世紀ごろになるとフランスの貴婦人を中心に愛されるようになり、小型化が進んでミニチュア・プードルが誕生。それよりさらに小さいトイ・プードルが誕生したのは、18世紀ごろとされています。

温厚で愛情表現豊かな子も多いようですよ。

絶滅の危機を乗り越えた! たくましい猟犬ルーツの柴

日本犬の代表格ともいえる柴。日本犬はもともと、山岳地帯で小動物や鳥の猟犬として活躍していました。

しかし、19世紀に欧米の猟犬が輸入されて交雑が進んだ結果、柴は絶滅の危機を迎えてしまいます。その後の保存活動でなんとか頭数を回復し、国の天然記念物に指定されました。

猟犬や番犬として活躍してきたため、性格は勇敢で警戒心が強い傾向があります。

チワワの祖先はメキシコの「チワワ州」で発見された?

小さな体とウルウルとした瞳がかわいいチワワ。その祖先は、9世紀ごろにメキシコのトルテカ族が飼っていた小型犬「テチチ」という説が有力です。

19世紀にはメキシコのチワワ州で発見された基礎犬がアメリカへ渡り、さらに小型化されて現在の姿になったようです。

日本では戦後間もないころに、おしゃれな女性を紹介した週刊誌に載ってブームになりました。

イギリス女王に愛されたポメラニアン、元はソリ犬だった?

ポメラニアンの祖先は、北方でソリを引いていたサモエドなどのスピッツ族といわれています。ドイツとポーランドにまたがるポメラニア地方で小型化され、世界中に広まりました。

19世紀、イギリス女王に愛好され始めたのをきっかけに、一躍流行の犬種に。女王が自ら繁殖や改良をおこない、現在の姿になっていったようです。

ミニチュア・ダックスフンドはアナグマ猟で活躍していた!

ドイツ生まれのダックスフンドは、アナグマ猟で活躍していた犬種。穴の中での狩猟に適した短足の犬が繁殖されるうち、19世紀にミニチュア・ダックスフンドが生まれました。穴に入って狩猟していたため、細長い頭と先に向かって細くなる鼻が特徴的です。

猟犬として働いていたことから運動能力が高く、人や物音に興奮して吠えやすい性質もあります。
「チワワ州」で発見された祖先をもつチワワや、もともとソリを引く犬だったポメラニアンなど、少し意外に感じられる歴史もありましたね。ルーツを調べて犬種ごとの気質や特徴を知ることで、愛犬のことをさらに理解できるでしょう!

参考/「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『トイ・プードルの特徴と性格・飼い方・しつけ・心配な病気まで|犬図鑑』(監修:ヤマザキ動物看護大学講師 認定動物看護師 ペットグルーミングスペシャリスト 福山貴昭先生)
   「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『柴の特徴と性格・飼い方・しつけ・心配な病気まで|犬図鑑』(監修:ヤマザキ動物看護大学講師 認定動物看護師 ペットグルーミングスペシャリスト 福山貴昭先生)
   「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『チワワの特徴と性格・飼い方・しつけ・心配な病気まで|犬図鑑』(監修:ヤマザキ動物看護大学講師 認定動物看護師 ペットグルーミングスペシャリスト 福山貴昭先生)
   「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『ポメラニアンの特徴と性格・飼い方・しつけ・心配な病気まで|犬図鑑』(監修:ヤマザキ動物看護大学講師 認定動物看護師 ペットグルーミングスペシャリスト 福山貴昭先生)
   「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『ミニチュア・ダックスフンドの特徴と性格・飼い方・しつけ・心配な病気まで|犬図鑑』(監修:ヤマザキ動物看護大学講師 認定動物看護師 ペットグルーミングスペシャリスト 福山貴昭先生)
文/松本マユ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_aj20myubfa3e_犬が過ごしやすい温度・湿度は? aj20myubfa3e aj20myubfa3e 犬が過ごしやすい温度・湿度は? oa-dognews 0

犬が過ごしやすい温度・湿度は?

2021年7月11日 20:59 いぬのきもちNEWS

雨や曇天が多く、ジメジメとした気候が続く季節になりました。全身を被毛でおおわれた犬は、体が蒸れてにおったり、皮膚病を引き起こしたりすることがあるので注意が必要です。今回は、愛犬と上手に梅雨の時期を乗り切るために知っておきたい、生活環境を整えるコツをご紹介します。

(1)部屋の温度・湿度を整える

愛犬が過ごす部屋は、エアコンを使って温度と湿度を管理しましょう。その際、室温は23~26℃、湿度は50~60%を目安にしてください。

肌寒い日なら除湿機能で温度設定するのもいい方法です。設定温度や湿度はあくまで目安なので、愛犬の体調に合わせて調節しましょう。

空気の入れ替えも忘れずに

この時季は室内の空気がよどむと、湿気やニオイがこもりやすくなります。晴れ間には窓を開けて換気を行い、湿気やニオイを排気することを心がけましょう。また、24時間換気システムがオンになっているか、給気口が開いているかをチェックするのもポイントです。

(2)飲み水は1日2回以上取り替える

梅雨は飲み水が傷みやすいため、1日2回以上は取り替えてあげましょう。とくにミネラルウォーターなど、水道水以外の水を与えている場合は、傷みやすいことがあるので、こまめに交換するようにしてください。

ちなみに、食後や散歩後に犬が水を飲むと、食べカスやヨダレなどでボウル内の水が汚れやすいので、このタイミングでも水を替えるのがおすすめです。

水飲みボウルを洗うのも大切

水飲み用のボウルは1日1回は洗い、しっかりと雑菌を落とすことも大切です。吊り下げ式の給水ボトルは、パーツを取りはずして洗い、清潔を保ちましょう。

(3)フードは高温多湿・直射日光を避けて保存する

フードは空気に触れると酸化しやすく、さらに梅雨どきは保存方法が悪いとカビが発生することがあります。そのため、開封後は極力空気に触れないよう、1週間分のフードをファスナーつきの食品保存袋に取り分け、保管するようにしてください。

また、フードを多湿になりやすいシンクの下や、温度変化の大きい電子レンジや炊飯器などの家電の近くに置くのはNG。物が多く詰めこまれた戸棚も湿気がこもりがちなので、避けたほうが無難でしょう。

なお、ウエットフードは開封したら必ず冷蔵保管し、その日のうちに食べきるようにしてください。

フードを与えるときも注意が必要

フードが傷みやすい時季なので、食べ残しを放置するのはやめましょう。与えてから10分経っても食べずにフードが残っていたら、ボウルを下げてフードは廃棄してください。また、ボウルは毎食後必ず洗って、清潔を保つことも重要です。

(4)トイレは1日1回拭き掃除をしてニオイ対策を


犬のトイレは汚れが残っているとにおいやすいので、ペット用の掃除シート(除菌タイプ)を使い、1日1回は拭き掃除をしましょう。足を上げて排泄する犬なら、トイレトレーのまわりも拭くようにしてください。

なお、週に1回トイレトレーを丸洗いすると、よりにおいにくくなるでしょう。

犬用グッズのお手入れも忘れずに

マットやおもちゃなどについたヨダレや汚れは、拭くか洗うかして落とし、天日干ししてください。できればこの時季は、丸洗いできる犬用グッズを使うのがベストですが、洗えないものの場合でも、週に1回は天日干しして日光消毒するようにしましょう。

生活環境を工夫すれば、愛犬も飼い主さんも快適に梅雨を過ごせるはず。愛犬の健康のためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

参考/「いぬのきもち」2019年6月号『ジメジメ、ニオイ、カビに負けず、雨の日も快適な暮らしをしよう♪ 愛犬のための梅雨じたく』(監修:獣医師 英国APDT認定ペットドッグトレーナー 藤本聖香先生、一級建築士 トリマー 二村陽子先生)
文/ハセベサチコ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_crzurswjk618_愛犬の「ツンデレ」なしぐさ5選 本当は‟大好き”のサインだった crzurswjk618 crzurswjk618 愛犬の「ツンデレ」なしぐさ5選 本当は‟大好き”のサインだった oa-dognews 0

愛犬の「ツンデレ」なしぐさ5選 本当は‟大好き”のサインだった

2021年7月11日 20:57 いぬのきもちNEWS

愛犬が、飼い主さんに‟大好きだとアピール”するしぐさは、しっぽを振ったり、表情がゆるんだりと、分かりやすいものが一般的。その一方で、そっけなく見えてしまうしぐさのなかにも、実は‟ラブサイン”が隠れているんです。今回は、愛犬の「ツンデレ」なしぐさをご紹介します!

①飼い主さんにお尻をくっつけて、そっぽを向く

飼い主さんに、お尻をくっつけて知らん顔……ツンデレに見えるしぐさですが、実は信頼しているからこそできる行動です。犬は、信頼している相手以外には、無防備に背中を見せたがらないため、飼い主さんを「安心して背中を向けられる存在」だと認識しているのでしょう。

また、飼い主さんに「お尻をくっつける」のは、体の一部にふれることで、ぬくもりを感じリラックスできるから。愛犬が、スキンシップが好きなタイプなら、そっと背中をなでであげると◎

②座っている飼い主さんの足元でフセる

飼い主さんに「なでて!」とねだるわけでもなく、足元にフセるのは、大好きな飼い主さんの存在をそばで感じたいから。そっけなく見えるかもしれませんが、飼い主さんへの信頼があるからこそ、かまってアピールをしなくても、安心してそばにいられると感じているようです。

足元でのフセは、外出先などでも役立つ行動なので、ときどきやさしく声をかけ、ほめてあげるとよいでしょう。

③声をかけたとき、耳だけ向ける/しっぽを一振りする

愛犬に声をかけたとき、大きなリアクションを取らず、「声がした方に耳だけ」向けたり、その場で「しっぽをひと振り」したり……なんてことはありませんか? ツンデレに見えますが、実はこれも、飼い主さんを信頼しているからこそ見せるサイン。控えめな反応でも、「聞こえているよ」というサインを見せるのは、気の置けない間柄だからこそできる‟あうんの呼吸”といえるでしょう。

④遊びの最中にうなる

愛犬と遊んでいるときに、愛犬が「ウーッ」と、うなることがありませんか? 犬は怒るときにもうなるため、ネガティブな印象を受けがちですが、遊びの最中にうなるときには「楽しんでいるよ」というサイン。あまりの楽しさに、だんだん興奮してきて、うなり声が思わずもれてしまっているのです。

興奮しすぎると、犬自身でコントロールできなくなることもあるので、うなり始めたら、いったんクールダウンさせると◎

⑤飼い主さんが帰ってきても、自分の居場所から動かない


飼い主さんが帰宅したときに、しっぽをふってお出迎えするのではなく、「自分の居場所から動かない」といった犬もいます。ツンデレに見えますが、これは「飼い主さんが、帰宅後すぐは忙しい」ということをわかっており、しばらくたってから楽しい時間を過ごせると理解して、待っているから。ハイテンションになるのは今ではないと判断し、落ち着いて出迎えているのです。

つい、わかりやすい愛情表現を求めてしまいがちですが、安心しきった自然体の姿である「ツンデレ」サインを見せられるのは、飼い主さんとの‟信頼関係”が成り立っているからこそ。
「ウチの子はそっけないから……」なんて思わずに、「ツンデレ」に見える愛犬のラブサインに気付いて、応えてあげるとよいでしょう。

参考/「いぬのきもち」2017年4月号『もっと仲よくなれる“お返事のしかた”つき 愛犬の大好きサイン&ツンデレサイン』(監修:東京農業大学農学部バイオセラピー学科教授 獣医師 獣医学博士 増田宏司先生)
文/いけてぃん
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_17nam7w3sr5b_「わかりやすい」と感じる柴犬の行動の数々にキュン 17nam7w3sr5b 17nam7w3sr5b 「わかりやすい」と感じる柴犬の行動の数々にキュン oa-dognews 0

「わかりやすい」と感じる柴犬の行動の数々にキュン

2021年7月11日 20:51 いぬのきもちNEWS

愛犬と暮らしていると、しっぽや耳、表情など、いろいろなところで気持ちがわかるような気がしますよね。

Instagramユーザー@ematan.shibaさんの愛犬・エマちゃん(4才)はある日、お家で仕事中のパパさんの見守り隊に! そのときの見守り方がなんとも可愛かったんです。

パパさんの「テレワーク見守り隊」


椅子に座りながら、パパさんを見守るエマちゃん。椅子に食い込む背中が、なんとも貫禄たっぷり! 「ちゃんと仕事してる?」とでもいうかのように見守るエマちゃんの姿に、「これはちゃんと仕事しなくちゃ!」という気持ちになりそうですね。

ここで、エマちゃんの耳をよ〜く見てみると…

ヒコーキ耳に♡


ヒコーキ耳になってる! うしろにいるママさんの気配を察知しようとしてるのかな? ぴゅーんとどこかへ飛んでいけそうな、不思議な耳の形に…♡


そして、首をぐるっと回してママさんを発見! くるくると見回して、なんだかリラックスしているみたい♪

このエマちゃんの姿を見たInstagramユーザーたちからは、「後ろの気配を耳でキャッチしつつ、パパさんに仕事終わってビームを出してるのかな?」「食い込んでるお肉が愛おしい〜」「私も横に見守り隊が欲しい」などとコメントが寄せられていました。

ちなみに、ヒコーキ耳とは…


ちなみに、ヒコーキ耳をする犬ってどんな気持ちなのか知っていますか? 耳が後ろに倒れていて穏やかな表情をしていたり、しっぽを振るなどのしぐさが見られた場合は、「リラックスしている」「好意を示している」と考えられます。

エマちゃんのように、愛犬がヒコーキ耳を見せてくれたら飼い主さんはたまらなく嬉しいですよね♪


テレワーク期間中、パソコン前をジャックしちゃうことも! エマちゃんの可愛いところを飼い主さんに聞いてみた


ヒコーキ耳でテレワーク中のパパさんを見守るという、なんとも愛らしい姿を見せてくれたエマちゃん。

飼い主であるママさんにお話を聞いてみたところ、エマちゃんは度々あのような姿を見せるようで、「あーまたやってる。甘えてるってことは機嫌いいんだな」と思いながら動画を撮影していたそうです。


ママさん:
「『エマがいて寂しくないでしょ? 少しくらいなでてくれてもいいよ、おやつもたまにくれればいいし…』みたいな感じで見守っていたのかもしれませんね」


ちなみに、エマちゃんはテレワーク期間中はパソコンの前をジャックしたり、おもちゃを次々と持ってくるという可愛い行動も見せていたようで…ママさんは、そんなエマちゃんの姿が「邪魔可愛かった」とも話していました。

エマちゃんってどんなコ?


おとなしい性格で、柴犬らしくない面があるというエマちゃん。ママさんはエマちゃんの魅力について、このように話します。


ママさん:
「毛並みがキレイでしっぽが立派で、目がクリクリなところが好きです。 家族が大好き、お散歩が大好き、おもちゃが大好きで、昔遊んでたおもちゃたちともまだ遊んでいます。

どこを触られても怒らないし、食べ物のことになると一番にもらいに行ったり。自分のことを人間だと思っていそうなところや、純粋なところ…エマの可愛いところや魅力はたくさんあります」

散歩前の可愛いエピソードも


また、エマちゃんはとてもわかりやすいコでもあるのだそう。たとえば、エマちゃんはお散歩に早く行きたくて準備バッチリなのに、飼い主さんたちの準備が遅いと…こんなふうに、廊下の奥からじーーーっと飼い主さんたちのことを見つめちゃうんです。

「そんなにふてくされちゃうの?」というほど、エマちゃんはかなりご機嫌斜めなようです(笑)


お散歩前は大抵この顔になるというエマちゃん。この日は、パパさんの支度が終わるのを待っていたそうですが、「いつまで待たせるの?」と言わんばかりのエマちゃんの表情が可愛いですよね♪

エマちゃんはどれだけ長い時間待っていたのかと思いきや、ママさんによると「2分も待たせていない」とのこと(笑) お散歩に行きたいエマちゃんにとっては、2分がとても長い時間だったのかもしれませんね。

このエマちゃんの姿を見たパパさんは、「このまま置いていかれたことないじゃん、絶対行くじゃん!」と笑いながらツッコんでいるのでした(笑)

ちなみにこのあと、エマちゃんは楽しみながらお散歩をしたそうです!


エマちゃんの日常♪

愛らしいしぐさや行動で、飼い主さんご夫婦や見ている人たちを魅了しているエマちゃん。

写真提供・取材協力/@ematan.shibaさん
取材・文・構成/雨宮カイ

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_s1udtg2x5kt0_こんな場所で寝るの?犬の“変な寝場所”には意味があった s1udtg2x5kt0 s1udtg2x5kt0 こんな場所で寝るの?犬の“変な寝場所”には意味があった oa-dognews 0

こんな場所で寝るの?犬の“変な寝場所”には意味があった

2021年7月11日 20:48 いぬのきもちNEWS

「何でこんなところで!?」と思うような場所で愛犬が寝ていること、よくありますよね。人の感覚だと落ち着けなさそうな場所や眠りにくそうな場所でも、犬にとっては心地よく感じる理由があるのです。そこで今回は、意外な場所で犬が眠る理由をご紹介します。

犬が寝る場所には意味がある

犬は「安心して眠れる場所」「安全で静かな場所」「家族の動きにいち早く反応できる場所」の3つを基準にして寝る場所を選んでいます。人から見れば寝にくそうな狭い場所や部屋の隅でも、犬にとっては大好きな家族の存在を感じられて安心できる場所。また、野生時代の名残りで犬は眠りが浅く、寝ているときも家族の気配を感じています。

寝場所その1:玄関

ポメラニアンのコタロウくん。玄関で寝る理由を飼い主さんは気になっているそうですが、夏の暑い時季ならば、石の冷たさが気持ちよいと感じてこの場所を選んでいるのでしょう。また、この写真ではコタロウくんは目を開けてこちらをうかがっているので、“散歩に行けるかも”という期待感も含まれていそうです。

寝場所その2:人がよく通る場所

居間のど真ん中のフローリングで寝ているのは、トイ・プードルのロイくん。部屋の真ん中や階段の途中、トイレの前など、必ず家族の誰かが通る場所で犬が寝るのはきっと、飼い主さんの気配を感じられたり、通るときに声をかけられたりするのがうれしいと感じているからかもしれません。

トイレ前の廊下で

こちらはゴールデン・レトリーバーのモモちゃん。いないと思うと、たいていトイレの前の廊下で寝ているのだそう!

階段の途中で

階段の途中で寝ているのは、柴のむさしくん。同居犬とひとつのベッドで寝ることもあれば、ひとりで階段でくつろぐこともあるのだとか。

寝場所その3:ソファの背もたれ

器用にソファの背もたれで寝ているのは、ミックスのぽー助くん。ソファを乗り降りして遊んでいるうちに疲れてしまったのか、背もたれに乗っかって寝ていることが……と飼い主さん。ソファの背もたれに四肢を伸ばしてぶらりと体を預けると、背骨がフィットして犬にとっては意外と心地よいのだとか。さらに、飼い主さんのニオイもついているので、安心して眠れるのでしょう。

こちらもソファの背もたれで

こちらはトイ・プードルのモカくん。ソファはほかにもあるのに、必ず飼い主さんがいるソファのクッションや背もたれで寝るのだそう!
飼い主さんが「寝にくそう?」と思う場所でも、犬にとっては飼い主さんを感じながら安心して眠れる場所なのです。愛犬が変な場所で寝ていても、あたたかく見守ってあげてくださいね。

参考/「いぬのきもち」2020年3月号『愛犬の心理を読み解こう!“寝る場所”でわかる犬のキモチ』(監修:哺乳類学者 日本動物科学研究所所長 今泉忠明先生)
文/terasato
※一部写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と一部写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

外部リンク