cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_d7fa0123d766_愛犬の健康寿命をのばす運動習慣とは d7fa0123d766 d7fa0123d766 愛犬の健康寿命をのばす運動習慣とは oa-dognews 0

愛犬の健康寿命をのばす運動習慣とは

2020年2月13日 14:41 いぬのきもちNEWS

愛犬に健康で長生きしてほしい! これは、すべての飼い主さんの願いですよね。元気なシニア犬をめざすには、毎日の積み重ねが大切です。そこで今回は、犬の健康寿命をのばすための『運動習慣』についてご紹介します。

筋力アップで老化予防!

犬の筋力をアップさせることは、老化予防につながります。日常生活のなかに以下の運動法を取り入れ、愛犬の筋力アップを図りましょう。

坂道の散歩で体幹を鍛えよう

坂道の上り下りは、体幹を支える腹筋や後ろ足に適度な負荷がかかるので、体幹の強化に効果的。成犬のうちから、坂道も散歩する習慣をつけましょう。ただし、シニア犬の場合は足腰の負担になることがあるので、勾配のゆるい坂を歩くようにしてください。

オスワリで後ろ足の筋力強化

犬が立った状態からオスワリの姿勢になる動作は、スクワットのような筋トレ効果があります。散歩中の信号待ちでは必ずオスワリさせる習慣をつければ、日常生活の中に足腰を鍛えるトレーニングを無理なく取り入れることができます。

「障害物またぎ」で足の老化予防

シニア犬になると筋力が衰え、足が上がらなくなってきます。これを予防するには、ふだんから足を上げる練習をすることが大切。自宅で簡単にできる方法として、フードやおやつで誘導しながら、丸めたバスタオルなどの障害物をまたぐトレーニングがおすすめです。

散歩で心と体を活性化!

犬の代表的な運動といえば散歩。いつもの散歩も少し工夫するだけで、健康長寿につながるさまざまな効果が期待できます。

いつもと違う散歩コースがよい刺激に

散歩は運動だけでなく、さまざまな刺激に出会える貴重な時間。日差しや風を感じたり、飼い主さん以外の人やほかの犬に出会ったりすることで脳が活性化され、老化予防になります。また、いつもと違う散歩コースを取り入れれば、新たな刺激になりますよ。

シニア犬にはニオイかぎも効果的

シニア犬にとって、ニオイかぎは嗅覚を刺激し脳を活性化させるので、認知症の予防効果が期待できます。シニア犬との散歩では、積極的にニオイかぎをさせてあげましょう。

※ニオイかぎをさせる場合は、マーキングや誤食に注意してください。

冬は散歩の前にウォームアップを

寒い冬がやってきましたが、冬は暖かい部屋から急に寒い外へ出ると体がこわばり、関節を傷めたり転んでケガをする危険があります。

寒い時期は散歩に出る前に、ストレッチや温タオルで体を温めるウォームアップを行い、筋肉をほぐすことが大切です。

健康な体づくりは日々の積み重ねから。適度な運動を毎日の習慣にして、健康長寿をめざしましょう!

参考/「いぬのきもち」2015年12月号『健康寿命をのばす新習慣30今すぐ取り入れたい愛犬の心と体のケア』(監修:キュティア老犬クリニック院長 佐々木彩子先生)
文/terasato
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_c2f12989040b_目が見えないシニア犬が飼い主に気がついて c2f12989040b c2f12989040b 目が見えないシニア犬が飼い主に気がついて oa-dognews 0

目が見えないシニア犬が飼い主に気がついて

2020年2月13日 14:19 いぬのきもちNEWS

こんにちは。二匹の猫、二匹の犬と暮らし、二児の母でもあるtamtamです。
我が家は15歳のおばあちゃん犬を新しい家族として迎えました。
シロさん、御年17歳。新年を迎えたばかりのときもこんな言葉をかけられました。

あけ・・・おめ!?

この人は数か月前に愛犬を亡くされたばかり。
決して軽い気持ちで発したわけではないことを私は重々理解しています。

私といえば、一分一秒、シロさんへのセクハラを怠ることなく過ごしています。
ですが、眼も見えなくなり、すっかりボケてしまったシロさん。
シロさんから私を見つけてくれることはなくなってしまいました。
先日、私が机に向かっているとき、ふと、足元に何かの違和感を感じました。
目線をさげ、足元をゆっくり見おろすとそこには・・・

スリッパ枕。

私の足元を枕にして、シロさんが眠っているではありませんか。
少し前までは当たり前だったこの光景。
目の見えなくなったシロさんが私の足元に起用にアゴをのせることは、もうないと思っていました。

涙腺崩壊

嬉しいのか、悲しいのか、よくわかりませんが、涙が止まらなくて。
ああ、このまま時が少し止まってくれたら、と願っていた矢先。

走り去る猫に起こされる老犬

笑っちゃうよね。さっきのノスタルジーを返せよぉぉ。
もう。我が家の子たちはみんな、可愛い子ばかりです。
みんな、ありがーと。

ポジティブお母さん。

なにがノスタルジーよ。その日から、私が寝てるときに
勝手に手とか足とか割り込ませてくるくせに。
まあ、アゴのせに丁度いいんだけどねー。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_5ed21e33ab64_犬と暮らすとハグが増える!「シーズー犬のてんぽ」 5ed21e33ab64 5ed21e33ab64 犬と暮らすとハグが増える!「シーズー犬のてんぽ」 oa-dognews 0

犬と暮らすとハグが増える!「シーズー犬のてんぽ」

2020年2月13日 14:15 いぬのきもちNEWS

もよおしたらウロウロする…

これは野生の時の習性がのこっとるんや
してる間は無防備になるからな!

おでは敵に背中を見せない…

ほら! だんな
しっかりついてこいよ!

電柱と遊んどる場合やないぞ!


てんぽ


プロフィール

幸池重季(だんな)
「いぬのきもち」ほか、児童書や教育誌イラストを中心としたイラスト制作をはじめ、パッケージイラスト、ゲームイラスト、キャラクターデザインなど様々な媒体やジャンルで活動。
日本プロ野球「オリックス・バファローズ」の公式マスコットのデザインを手がける(バファローブル・バファローベル)京都在住。
「あうんのてんぽ」本編では、だんなとして登場する。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_c97383fc665e_犬が老いるとしなくなる行動・見ための意外な変化とは c97383fc665e c97383fc665e 犬が老いるとしなくなる行動・見ための意外な変化とは oa-dognews 0

犬が老いるとしなくなる行動・見ための意外な変化とは

2020年2月13日 12:58 いぬのきもちNEWS

シニア犬と暮らしたことのある方は、犬が「この段差が越えられないよ」「今日のお散歩はちょっと疲れちゃった」と感じているような”愛犬の老化”を実感した経験はありませんか?意外な変化に早く気がつくことは、シニア犬の暮らしやすい生活や病気の発見に繋がります。

老犬の意外な変化①外見的な変化

シニア犬は、若い犬に比べて外見的な変化が目につきやすいです。老化で毛色を作る細胞の働きが弱まることで白髪が目立つ、核硬化症や白内障で目が白くなる、角質の新陳代謝が悪くなって鼻がカサカサに乾く、歯が黄ばむといった変化がみられます。

体に皮脂腺腫や乳頭腫といった良性のイボができることもありますが、乳腺近くのできものは、未避妊のメス犬の場合、乳腺腫瘍の可能性があるので注意が必要です。

意外な変化としては「お尻が小さくなる」ことが挙げられます。運動量や筋肉量が低下することで、足やお尻回りが痩せてほっそりとした印象になり、歩いた後に足がプルプルしているかもしれません。

運動量が少なくなったのに、今までと同じ食事内容を与えていると基礎代謝の低下によって太りやすくなり、犬の関節に負担がかかるので気をつけましょう。

老犬の意外な変化②体の機能の低下

老犬は運動量や筋肉量が落ちることで関節や体の痛みを感じるようになったり、運動機能が低下して体の反応も悪くなっていきます。

段差につまづく、階段が上がれなくなる、室内でも散歩でも歩きたがらずに寝てばかりいるといった様子がみられるかもしれません。

呼んでも反応がない、壁にぶつかるなどの変化は、聴力や視力の衰えによって周りの状況がわからず、日常の行動に変化が出ていることもあるので、びっくりさせない工夫や危険なものを移動させるなど生活環境の改善を行いましょう。

歩かない、動かないという変化は、椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、僧帽弁閉鎖不全症や白内障などの病気の可能性があります。

皮膚常在菌への抵抗力が弱まることで体臭が強くなるのも老化のサインです。

老犬を観察することが大事

老いていく愛犬の姿に少し寂しい気持ちになってしまうかもしれませんが、日々の観察と定期的な健康診断を行い、体の状態を把握して、共に過ごせる時間をより充実させてあげましょう。

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki

※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿いただいたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_dd2f941bcec4_冬の寒さ対策で愛犬が熱中症に!?特にリスクの高い犬種は dd2f941bcec4 dd2f941bcec4 冬の寒さ対策で愛犬が熱中症に!?特にリスクの高い犬種は oa-dognews 0

冬の寒さ対策で愛犬が熱中症に!?特にリスクの高い犬種は

2020年2月13日 12:54 いぬのきもちNEWS

冬になると「愛犬が寒くないように……」と、部屋を暖めたり防寒着を着せたりする飼い主さんも多いのではないでしょうか。もちろん犬にも寒さ対策は必要ですが、“あたためすぎ”には注意しなくてはなりません。
今回は、“あたためすぎ”が招く犬の不調について解説します。

人の適温と犬の適温は違う

飼い主さんが「ちょうどよい」と感じる温度でも、犬にとっては暑いと感じている場合があります。乾燥が気になるからと加湿器を使用する時期は、さらに注意が必要。エアコン等で暖められた室内の湿度が60%を超えると、冬でも熱中症の危険があります。

犬は26℃以上で暑さを感じるため、室温20~23℃、湿度40~50%を目安に室温と湿度を管理しましょう。飼い主さんが寒いと感じる場合は上着を羽織るなどして、犬の適温に人の方が合わせる工夫をしてあげてくださいね。
また、留守番中などは、犬が暑いと感じたら涼しい場所に移動できるよう環境を見直すことも大切です。

以下のような犬は熱中症リスクが高いので、特に注意しましょう。

  • 短鼻種
  • 北方原産の犬
  • 大型犬
  • シニア犬
  • 子犬
  • 長毛種
  • 太りぎみの犬


低温やけどに注意

ポカポカして暖かなホットカーペットやヒーターを好む犬もいるでしょう。しかし、これらの暖房器具の使用にも注意が必要です。
犬は被毛が多いので、熱さが皮膚に伝わりにくいといわれています。そのため、暖房器具のそばで寝てしまい低温やけどになりやすいのです。
暖房器具を使用するときはタイマー機能を活用したり、飼い主さんが様子を見ながら移動させたりして、気をつけるようにしましょう。

脱水症状になることも!?

水分の摂取量が少ないために起こる脱水症状は、熱中症のリスクを高めます。犬が喉の渇きを感じたらすぐに新鮮な水が飲めるよう、たっぷりの水を用意しておきましょう。
留守番中はもちろん、飼い主さんが在宅のときも起こり得る脱水症状には十分注意してください。

冬も元気に過ごしましょう!

犬にとって良かれと思っておこなった寒さ対策が、かえって愛犬の不調を招いてしまったら……飼い主として落ち込んでしまいますよね。そうならないために、犬にとって最適の寒さ対策をしてください。

これから訪れる冬本番を、元気に乗り越えましょう!

参考/「いぬのきもち」2018年1月号『寒い季節を元気に乗り越えるために!冬の冷え・乾燥・あたためすぎから愛犬を守ろう!』(監修:東京動物医療センター副院長 南直秀先生、一級建築士 トリマー トリミングサロンHONDEHOK運営 二村陽子先生)
文/しばたまみ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_0e4fa31a099a_実は飼い主への愛情という犬のしぐさは?上手なお返事法も 0e4fa31a099a 0e4fa31a099a 実は飼い主への愛情という犬のしぐさは?上手なお返事法も oa-dognews 0

実は飼い主への愛情という犬のしぐさは?上手なお返事法も

2020年2月13日 12:52 いぬのきもちNEWS

全身を使って飼い主さんへの愛情を表現してくれる犬たちですが、ときどきそっけない態度をとることもありますよね。しかしそれ、実はちょっとツンデレなだけかもしれません。
ここでは、ツンデレな行動に隠された犬の気持ちをご紹介! もっと仲良くなれるお返事の仕方も教えちゃいますよ♡

飼い主の足元で伏せているときは……?

飼い主さんの足元で愛犬が静かに伏せているときは、飼い主さんを信頼し安心している証拠です。大好きな飼い主さんの存在を近くに感じながら、リラックスしているのでしょう。

そんなときは名前を呼んだり、優しく声をかけてあげたりすると、愛犬との信頼関係がさらに深まります。なお、足元での「フセ」は、散歩や外出先でも役立つ行動なので「イイコだね~」とほめてあげるのもよいでしょう。

飼い主さんが帰宅しても反応がないときは……?

飼い主さんが帰宅すると大喜びで玄関まで迎えにいく犬がいる一方で、飼い主さんの帰宅にまったく反応しない犬もいます。

愛犬が飼い主さんの帰宅に無反応なのは、「この先にもっと楽しい時間が待っている」や「テンションを上げるのは今じゃない」などと理解しているから。決してうれしくないわけではないのです!

愛犬ともっと仲良くなるためには、帰宅後の用事が済んだら、大人しく待っていられた愛犬への感謝を込めて、散歩に行ったり遊んであげたりしましょう。

抱っこをすると身じろぐときは……?

抱っこの際に愛犬が身じろぎ、落ち着かない様子のときは「抱っこが嫌なのかな?」と思いがちです。

しかしこれは、「体勢を立て直してもっと抱っこされたい」という犬の気持ちの表れの場合も。飼い主さんの抱っこが大好きな犬によく見られる行動です。

そんなときは、愛犬の甘えたい気持ちに応え、優しく声を掛けながら抱っこしてあげましょう。愛犬は抱っこに安心し、もっと飼い主さんのことが好きになるはずです。

犬の行動は奥が深い……♡

愛犬のそっけない態度に対し、切ない気持ちを抱える飼い主さんもいるかもしれませんが、実はちょっとツンデレなだけで、飼い主さんに対する愛情を表しているケースもあるようです。

愛犬とのよりよい関係を築くためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

参考/「いぬのきもち」2017年4月号『もっと仲よくなれる“お返事のしかた”つき 愛犬の大好きサイン&ツンデレサイン』(監修:東京農業大学農学部バイオセラピー学科教授 獣医学博士 獣医師 増田宏司先生)
文/しばたまみ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_c2582b47a878_犬がお尻を高く上げる「プレイバウ」どんな意味があるの? c2582b47a878 c2582b47a878 犬がお尻を高く上げる「プレイバウ」どんな意味があるの? oa-dognews 0

犬がお尻を高く上げる「プレイバウ」どんな意味があるの?

2020年2月13日 12:49 いぬのきもちNEWS

「プレイバウ」とは、犬が遊んでいる最中によく見られるしぐさで、頭を低く下げて前足を前に伸ばし、お尻を高く上げるポーズのこと。このなんともいえないシルエットが可愛いと、飼い主さんの間では人気のポーズとなっているようですが、どのような意味が込められているのでしょうか――?

「プレイバウ」にはどんな意味があるの?

上の画像を見てください。これが「プレイバウ」と呼ばれるポーズです。

このポーズは、犬が興奮しながら「もっと遊ぼうよ!」と遊びに誘っているサインなのだとか。愛犬が楽しそうにしている姿は、見ているだけでうれしい気分になりますね。

しかし、犬が興奮しすぎるとケガや事故などを引き起こす心配もあるので、愛犬の興奮がマックスになる前に遊びをやめて、クールダウンさせましょう。

遊びたくてたまらない!「プレイバウ」する犬たち

ではここからは、『いぬのきもちアプリ』に投稿された、プレイバウをする可愛い犬の画像をご紹介します!

これで遊ぼうよ~!

まずご紹介するのは、トイ・プードルのそらちゃん。「これで遊ぼうよ~!」と、お人形を持ってきたのだそうです♪

引っ張りっこしない?

パピヨンのクッキーちゃんは、ロープトイをもちながらプレイバウ。「一緒に引っ張りっこ遊びしようよ~!」なんていっているのでしょうか……♡

お兄ちゃん、遊ぼっっ!!

「お兄ちゃん、一緒に遊ぼうよ!」とプレイバウしているのは、柴の琥太郎ちゃんです。
プレイバウは飼い主さんに対してだけではなく、犬同士でもよく見られるしぐさですよね! 琥太郎ちゃん、この後お兄ちゃんに遊んでもらえたのかな?

起きて一緒に遊ぼうよー!

こちらの柴の小太郎ちゃんは、寝ている飼い主さんを遊びに誘っているところのようです。「早く起きて一緒に遊ぼうよ!」なんて声が聞こえてきそう♡

ウサギの人形で遊ぼう♪

最後は、トイ・プードルの茶々丸ドナルドちゃんをご紹介。ウサギのお人形をもって、遊びのお誘いをしているときの1枚のようです。
それにしても、キレイなプレイバウですね♡

飼い主さん主導で遊んであげて♡

ここでは、プレイバウに込められた意味と、可愛い画像をご紹介してきました。

犬と一緒に遊ぶことはとてもよいことなので、愛犬に誘われたら「オスワリ」や「マテ」の声かけをしてから、できる範囲で誘いに応じてあげるようにしましょう。

愛犬が興奮しすぎないよう注意することも、お忘れなく!

参考/「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『犬の鳴き声の意味~鳴き声の種類、病気のサイン』
文/ハセベサチコ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と一部写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_179ab7d16658_犬がよく眠れる寝床は?睡眠中の事故を防ぐポイントも 179ab7d16658 179ab7d16658 犬がよく眠れる寝床は?睡眠中の事故を防ぐポイントも oa-dognews 0

犬がよく眠れる寝床は?睡眠中の事故を防ぐポイントも

2020年2月13日 12:48 いぬのきもちNEWS

犬の寝床はどこにすれば良い?相談室の獣医師が寝床選びのポイントや危険性について解説します。犬がぐっすり寝られる環境を整えてあげましょう!

犬の寝床は落ち着ける環境がベスト

犬の寝床は、犬が自由に出入りできて家族の気配がある場所にクレートや犬用ベッドを設置して、そこで犬が落ち着いて眠れる静かな環境が理想です。深夜でも明るい部屋や大音量のテレビの近くなどは避けるようにしましょう。

犬の寝床選びの注意点

寝床は適切な温度に調整して犬が体調不良にならないように注意しましょう。季節に合わせて夏はひんやりグッズや冷房機器、冬はあったかグッズや暖房器具などを活用するのがおすすめです。

寝床で事故が起こるケースも

犬の寝床は、お留守番時に過ごすスペースであることも多いので、誤飲・誤食による窒息や暖房器具などの電化製品による事故に気をつけましょう。

1.誤飲誤食による窒息
犬が寝床で過ごす時間やお留守番中は、誤飲・誤食の危険があるので注意してください。小さなおもちゃや寝床の綿などをいたずらして飲み込んでしまうと、喉や気管に詰まって呼吸困難になり窒息する可能性もあります。

2.一酸化炭素中毒
室内や犬の寝床でガスや石油のストーブを使用している場合は、人だけでなく犬も一酸化炭素中毒になる危険があります。1時間に1〜2回は室内の換気を行い、人も犬も中毒を起こさないように十分注意してください。

3.電化製品による事故
独立行政法人製品評価技術基盤機構では、ペットによる電化製品の事故について注意喚起をしています。
電源コードを噛む・ひっかくことでショートする、暖房器具の消し忘れ、電気ストーブを倒すなどの事故が報告されているため、犬の寝床で電化製品を使用する際には、電源コードの安全カバーやタイマーを使用するなどの注意が必要です。

4.ペットの低温やけど
寝床にホットカーペットやヒーターを設置する際は、犬の体が直接触れないように布を敷くなどペットの低温やけどに気をつけましょう。

犬が安心して眠れるスペースを作って、睡眠環境を整えてあげてくださいね!

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿いただいたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_d67a16ffee83_パパの帰りを待つ柴犬タロさんが待ちすぎて… d67a16ffee83 d67a16ffee83 パパの帰りを待つ柴犬タロさんが待ちすぎて… oa-dognews 0

パパの帰りを待つ柴犬タロさんが待ちすぎて…

2020年2月13日 12:43 いぬのきもちNEWS

みなさんこんにちはさるわたりです。
我が家は夫と私、柴犬のタロさん、娘と暮らしています。

柴犬は主人に対し、従順かつ誠実といわれますが、タロさんは家族の中でもパパが大好きです。いつもパパが仕事から帰ってくるのを待っています。

しかし、今日はパパの帰りが遅い日…


いつもの時間になってもパパが帰ってこないのでソワソワするタロさん。
娘には「今日、パパは遅い」と伝えてあるので、娘はソファーでのんびり動画鑑賞。

タロさんもとりあえず娘の隣に座りますが…

ソファーに座ったタロさんですが…

パパの帰りが気になって、娘に尻尾をいじられていても無反応です。
(いつもは尻尾を触られたら反応します)

心ここにあらずといった表情…

そしてどんどん時間が過ぎ…ふとタロさんを見ると、待ち疲れたのかソファーでぐたっとしています。

待ち疲れた…

そんな姿を見ていると「今日、パパの帰りは遅いんだよ」とタロさんに伝えることができたら!犬と会話ができたらいいのになぁ…とつくづく思ってしまいます。

この後、帰ってきたパパにたっぷり甘えるタロさん。
とても幸せそうでした。

ピッタリくっついて甘えてます


私たち家族をよろしくね!

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_62ea36529cfa_毛布をかけてあげたものの…老犬が震える理由 62ea36529cfa 62ea36529cfa 毛布をかけてあげたものの…老犬が震える理由 oa-dognews 0

毛布をかけてあげたものの…老犬が震える理由

2020年2月13日 12:26 いぬのきもちNEWS

こんにちは。2匹の猫、2匹の犬と暮らし、二児の母でもあるtamtamです。
我が家は15歳のお婆ちゃん犬、シロさんを新しい家族として迎え一緒に暮らしています。
寒い季節が続きますね。
シロさん、部屋の中で一番暖かい場所を常にキープして暮らしています。
そんなある日の出来事。

埋まる老犬

シロさん、毛布に包まっているといよりも、埋まっていたのを発見。
なんでや。なにがあったんや。と、ついエセ関西弁になってしまう私。
毛布を触ると、まだ、暖かい。
・・・犯人は、きっとまだ近くにいる。そしてあたりを見渡すと

犯人いた

明らかにばつが悪そうにしているけーくんと、のんちゃん。

なんでこんなことしたの。
シロさん足腰強くないんだから、立に上がりにくくなるでしょ。

もうね、おかーさん、激おこなわけですよ。

すると、けーくんと、のんちゃん。

だって・・・

・・・え?どゆこと?
ふと、シロさんに目をやると

あんよが

可愛いあんよが

それはそれはガタガタ震えていたのです

ああ、それはねぇ・・・その震えはねぇ・・・

逃れようのないやつ

ちなみに夏も震えてたyo
※犬は歳をとると何もしてなくてもたまに足が震えます

あったか迷惑?

おかーさん、けーくん達にやめなさいとか言っといて
・・・めっちゃ写真撮るやん?
・・・めっちゃ楽しそうやん?
人間って大人も子供も不思議ないきものやねぇ

tamtam プロフィール

犬や猫の保護や介護についての楽しさや幸せをインスタグラムで発信し話題に。それぞれのかわいさをほっこり描いたイラストにファンも多い。

外部リンク