cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_d1huu0y2thi9_嬉しい!柴犬の突然な“デレ”に感動「こぐま犬てんすけ」 d1huu0y2thi9 d1huu0y2thi9 嬉しい!柴犬の突然な“デレ”に感動「こぐま犬てんすけ」 oa-dognews 0

嬉しい!柴犬の突然な“デレ”に感動「こぐま犬てんすけ」

2021年12月7日 16:08 いぬのきもちNEWS

撫でてと来てもらって…

こんにちは、スズメ天狗。です。

公園で良く会う、同じ家に暮らす2頭の柴犬がいます。
てんすけよりちょっと年上のお姉さんわんこ2頭です。

一頭はしっぽブンブンと愛想よく来てくれる、ほがらかわんこ。
もう一頭は、ちょっぴり気難しいわんこ。
てんすけがうっかりそばで走り回りでもしたら激しく怒られます。

てんすけが子犬の頃から会っているので、私ももちろん何度も会っています。
ですが、気難しい方の子は一度も傍へ来てくれたことがありませんでした。

ところが、つい最近、朝の散歩で会った時に
私の顔を見ると、しっぽをフリフリ、耳をちょっと寝かせて

「撫でて…」

って来てくれたのです!!
もう一頭のほがらかな子も一緒に来てくれて、2頭の柴犬に甘えられる私。

えええええ何年も経っているのに初めて~!
とあまりの嬉しさに動揺しました。
飼い主さんも「おや、お前どうした?笑」と楽しそう。

シニアになってきて、人恋しくなってくれたのか…。
それとも何年も会っているうちに信頼してくれるようになったのかわかりませんが、でもとっても嬉しかったです。
今まで素っ気なかったわんこが甘えてきてくれる瞬間は格別ですね。

次会った時も甘えてくれるかな…?
そこがわからないのが犬の楽しいところなんですよね笑

撫でてー

他の子に甘えられて嬉しそうだね…。

いや、てんすけが一番ですよ!もちろん!

登場人物紹介

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_n05l92s00qc3_キッチンには入らない約束だけど…悲しそうな顔で佇む犬の「優しさ」に思わずキュンとなる! n05l92s00qc3 n05l92s00qc3 キッチンには入らない約束だけど…悲しそうな顔で佇む犬の「優しさ」に思わずキュンとなる! oa-dognews 0

キッチンには入らない約束だけど…悲しそうな顔で佇む犬の「優しさ」に思わずキュンとなる!

2021年12月7日 16:03 いぬのきもちNEWS

悲しそうな表情、その理由は…

Twitterユーザー@mofusennaさんの愛犬・セナくん。なぜか悲しそうな表情でカメラを見つめていますが、その理由が……なんとも健気で可愛いのでした。

大好きなぬいぐるみが…

じつは、セナくんの大好きなぬいぐるみが破けてしまい、飼い主さんがキッチンで縫っていたのです。いつもぬいぐるみと一緒にいたセナくんは、心配してキッチンまでやってきたようです。

心配そうに飼い主さんを見つめるセナくん。今まではキッチンには入らない約束を小さい頃から守っていましたが、このときばかりはそれどころじゃなかったようです…。


仲良しすぎる姿にキュン

小さい頃からずっと一緒だったぬいぐるみ。まるで自分の子どものように、大事にしていますね!

復活したぬいぐるみに感激

そして、飼い主さんの“手術”のおかげで復活したぬいぐるみと、ついに対面。「よかった〜!」と言わんばかりのセナくんの安心した表情に、見ているこちらも思わずウルッとしちゃいますね。

参照/Twitter(@mofusenna)
文/二宮ねこむ

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_uaww1plxowzd_『キャラメル箱』の中で眠る豆柴→幸せな光景に「可愛い」 uaww1plxowzd uaww1plxowzd 『キャラメル箱』の中で眠る豆柴→幸せな光景に「可愛い」 oa-dognews 0

『キャラメル箱』の中で眠る豆柴→幸せな光景に「可愛い」

2021年12月7日 15:51 いぬのきもちNEWS

愛犬の可愛い寝姿を見ているだけで、幸せな気持ちになることも。

Twitterユーザーの@nunu_ppさんが投稿した、愛犬・ちくわくんの寝姿が大きな反響を呼んでいました。

「幸せつまってます」

「幸せつまってます」と投稿されたこちらの写真。キャラメルの箱をモチーフにしたペットハウスの中で、ちくわくんが気持ちよさそうに熟睡しているんです。なんという可愛さなんでしょう…!

ペットハウスの中で眠るちくわくんの姿は、可愛さと幸せがたくさんつまっていて、見ていて癒されますね。

Twitterユーザーの反応は?

この投稿を見たTwitterユーザーからは、「詰まりすぎ〜かわいい」「1ダースお願いしまーす」「溢れ出る幸せ」「コレは可愛い 甘々でとろけそうな中身です」「きゅんです」などと反響のコメントがたくさん寄せられています♪


参照/Twitter(@nunu_pp)
文/雨宮カイ

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_m54xtiz3cco6_「空のごはん皿」をくわえて散歩する柴犬の執念深い行動 m54xtiz3cco6 m54xtiz3cco6 「空のごはん皿」をくわえて散歩する柴犬の執念深い行動 oa-dognews 0

「空のごはん皿」をくわえて散歩する柴犬の執念深い行動

2021年12月7日 15:45 いぬのきもちNEWS

犬にも何が何でも守りたいものがあるのかも…?

こちらは、Twitterユーザー@negiwancoさんの愛犬・柴犬のねぎちゃん。夜のお散歩を楽しんでいるねぎちゃんですが、口元をよ〜く見てみると…なんと、「ごはん皿」をくわえていたのです。

絶対に離さない

ごはん皿を誰にも取られたくなかったのか、外にまで持ってきてしまったねぎちゃん。空っぽのごはん皿とはいえ、くわえて歩くのは大変そうに見えますが、ねぎちゃんは優雅にトコトコ…。

道でこの姿のねぎちゃんとすれ違ったら、思わず二度見してしまいそうです(笑)

ちなみに、飼い主さんのコメントによると、このときすでにお散歩を始めて30分が経過していたそう。ねぎちゃんの強い気持ちが伝わってきますね!


ねぎちゃんってどんなコ? 飼い主さんに話を聞いた

飼い主さんにお話を伺うと、ねぎちゃんはなぜか空っぽのごはん皿が大好きなのだそう。ごはん皿を一度くわえるとなかなか離さないので、そのままお散歩に出発することがたまにあるそうです。

あの日も、ねぎちゃんはケージの上に置いてあったごはん皿をわざわざ取ってきたのだそう。

飼い主さん:
「お散歩の時間になっても離さないので、仕方ないなぁと思いそのまま出かけました。散歩中、30分程ずっとくわえたまま歩いていて、ねぎの執念を感じましたね。

でもあの動画のあと、疲れてしまったのかねぎは途中でお皿をカラーンと落としてしまって…『落ちちゃった…』みたいなキョトン顔をしていました(笑)」

「柴犬ならでは」な行動に笑ってしまうことも

整った顔立ちや、くるっと巻いたしっぽがとっても可愛いねぎちゃん。ビビリな性格で、慎重な一面もあるのだとか。そんなねぎちゃんの「柴犬ならでは」な行動に笑ってしまうことがあるそうです。

飼い主さん:
「ボール遊びをしているときに、急にやる気がなくなることがあるんです。頭にポコっとボールが当たり、ポカーンとしているときなんかは、思わずクスッと笑ってしまいますね(笑)」

ねぎちゃんとの暮らしは「癒し」がたくさん

ねぎちゃんを家族に迎え、楽しい日々を過ごしていると話す飼い主さん。ねぎちゃんと暮らすなかで「犬と暮らす魅力」をこのように感じているといいます。

飼い主さん:
「散歩で一緒に歩くときなど、ねぎは子どもみたいにいろんなものに興味を示します。そんなねぎの姿を見ているだけで、とても楽しい気持ちになります。

見たり触ったり、ねぎがそばにいるだけで毎日とても癒されています」


写真提供・取材協力/@negiwancoさん
取材・文/雨宮カイ

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_965f50c80f9d_愛犬のこと、本当にわかってる? 愛犬への関心度を確認 965f50c80f9d 965f50c80f9d 愛犬のこと、本当にわかってる? 愛犬への関心度を確認 oa-dognews 0

愛犬のこと、本当にわかってる? 愛犬への関心度を確認

2021年12月7日 15:30 いぬのきもちNEWS

愛犬との信頼関係を築くためには、愛犬との十分なコミュニケーションが必要不可欠です。同時に、飼い主さんが愛犬を「知ろう」とすることが大切。飼い主さんから愛犬への関心度はどのくらいなのか、改めてチェックしてみましょう。

チェック1. 日ごろから愛犬と積極的に関わっている?

まず始めに、愛犬と積極的に関わってきていたか振り返ってみましょう。日ごろから愛犬と遊んだり、散歩したり、しつけの練習をしたりしていますか?

  • 毎日している……〇
  • 毎日はできないが、できる限りするようにしている……△
  • していない/わからない……×


たっぷりと時間をとることが難しいなら、お手入れやスキンシップなどを短時間行うのでもOK。毎日コミュニケーションを図ることが大切です。

チェック2. 愛犬の様子に気がつける?

続いてチェックするポイントは、愛犬の表情やしぐさをどのくらい読み取れるかということ。愛犬の喜怒哀楽が読み取れるか、様子がいつもと違ったらすぐに気がつくことができるか確認してみましょう。

  • 喜怒哀楽を読み取れる、絶対異変に気がつける……〇
  • 何を考えているか分からないときも多々ある、少し自身はないが異変には多分きづける……△
  • 読み取れない、気がつけない/わからない……×


ふだんから愛犬のことを気にかけていれば、愛犬の気持ちを読み取ることや、愛犬の異変に気がつくことができます。愛犬の病気を発見するきっかけにもなるため、抑えておきたいポイントです。

チェック3. 愛犬の好みはわかる?

最後は愛犬の好みを把握しているか確認してみましょう。愛犬の好きなことトップ10を、1分以内に答えることはできますか?

  • 答えられる……〇
  • トップ5くらいまでなら答えられる……△
  • 答えられない/わからない……×


愛犬のことを思っている飼い主さんは、愛犬の好きなことや好きなものもよく知っています。たとえば毎日スキンシップしていれば、愛犬の好きななでられポイントやなで方などを熟知しているはず。

上記のチェックで〇が多い飼い主さんは、愛犬に関心をもち積極的に関係を築けています。〇が少ないなら、逆に愛犬との関係を深めていくチャンス。進んで愛犬とコミュニケーションをとることで、絆を深めていってくださいね。

参考/「いぬのきもち」2020年1月号『今の関係性を把握して、もっとラブラブに♡ 診断!あなたと愛犬の相思相愛度』
文/kagio
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_5tnqmj3cyjuz_犬が猫やほかの小動物と暮らすことの注意点を獣医師が解説 5tnqmj3cyjuz 5tnqmj3cyjuz 犬が猫やほかの小動物と暮らすことの注意点を獣医師が解説 oa-dognews 0

犬が猫やほかの小動物と暮らすことの注意点を獣医師が解説

2021年12月7日 15:26 いぬのきもちNEWS

犬とほかの動物が仲良くしている光景を見ると癒されますよね。実際に犬とほかの動物を一緒に飼っている人もいますが、飼育面においてどのような注意が必要なのでしょうか?

この記事では、犬が猫やほかの小動物と暮らすことは安全なのかについて、いぬのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

犬とほかの動物が一緒に暮らすことは、危なくない?

ーーSNSなどでも、「犬×猫」「犬×ハムスター」「犬×うさぎ」などの飼い主さんの投稿を見かけることがあります。実際、犬がほかの動物と暮らすことの安全面についていかがでしょうか?

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「基本的には、犬の性格によってかなり違ってくるでしょう。たとえば…

  • 犬自体が穏やかで優しい性格であること
  • 飼い主さんの愛情をしっかり受けている犬であること
  • 社会性が身につき環境の変化に慣れていること

などがあれば、ほかの動物を受け入れる寛容さを兼ね備えているかもしれません」

ーー犬の性格や社会性などによる部分が大きいのですね。

獣医師
「そういう犬であっても、基本的にはゆっくりと会わせることですね。最初はほかの動物と一緒にせずに対面だけから初めて、少しずつ慣れさせることが大切です。

このときの慣らしの時間は、飼い主さんがいつもそばで観察している必要があります。また、犬は『自分より小さくて動くもの=獲物』と捉える習性があるということを覚えておきましょう」


小動物と一緒に暮らすことで、犬にとって「良いこと」「悪いこと」がある?

ーー小動物と一緒に暮らすことで、犬にとってどのような「良いこと」「悪いこと」があるでしょうか?

獣医師:
「犬にとっては、新しい動物を知ることで社会性、順応性が高まるでしょう。環境の変化も受け入れ易くなるかもしれません。

一方の悪い面では、たとえ仲が良くても喧嘩することもあるのが、飼い主さんの不安要素でもあるでしょう。そのとき、犬の力の加減がわからず、思わぬ事故が起きてしまう危険もあります。相手が小さければ小さいほど、命にかかわることも多いと考えられます」

犬のいる家庭に小動物を迎えるときに気をつけたいこと

ーー犬を飼っている家庭に小さい動物を迎えるとき、どんなことに配慮すればよいでしょうか?

獣医師:
「犬が先にいてあとからほかの動物がくる場合は、家族の注目が新しいコばかりにいかないように気をつけましょう。犬は自分に対する飼い主さんの興味が薄れたと感じると、わざと困らせるような行動をしたり、新しいコを受け入れることを拒むような行動をするかもしれません。

飼い主さんは、新しい小動物が来たらより先住犬に愛情を注いであげてください。それによって、『新入りが来たことでいいことが起こっている』と思わせれば、うまくいく確率が上がります」

ーーもともと小動物がいる家に、あとから犬を迎える場合はどうでしょうか?

獣医師:
もともとほかの動物がいてあとから犬を飼うほうが、犬としても受け入れやすいようです。少しずつ会わせるなどして、時間をかけて慣らしていきましょう」

ーー小動物といっても、どんな動物であれば相性がいいなど、傾向はあるのでしょうか?

獣医師:
「小動物の種類は具体的にどの動物がいいかというのは限定できませんが、犬×猫、犬×鳥、犬×ウサギは、組み合わせ的には多いと思います」

ーーどんな動物でも、安全に仲良く一緒に暮らしてくれるといいですよね。

獣医師:
「私が実際に診ている飼い主さんだと、犬と猫を一緒に飼っている方が多いですね。飼い主さんによれば、犬と猫が一緒に寝ているところがたまらなく可愛いとのことです。

困っていることは、お互いのフードを共有してしまうことだそうです。犬と猫は必要な栄養成分が異なるため、フードを共有することはできません。フードの形状や色、においも似ているため、わからなくなってしまうようです。

また、ほかのコの食べているものが、自分のより美味しそうに見えているのかもしれませんね」

ーーなるほど…ゴハンの面は、飼い主さんがよく管理してあげることが必要ですね。

犬のいる家庭で新しくほかの動物を迎える際は、愛犬の性格などをよく考慮してから検討してみてください。

また、犬は自分より小さくて動いているものを獲物だと認識する習性があることを理解して、飼い主さんがそばでよく見てあげるようにしてくださいね!


(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※一部の写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_agcp7b0mnqv7_しっぽ振る=イヤですサイン!?勘違いしやすい犬の意思表示 agcp7b0mnqv7 agcp7b0mnqv7 しっぽ振る=イヤですサイン!?勘違いしやすい犬の意思表示 oa-dognews 0

しっぽ振る=イヤですサイン!?勘違いしやすい犬の意思表示

2021年12月7日 15:22 いぬのきもちNEWS

犬はしぐさで意思表示をします。同じしぐさでも、そのときの状況によって異なる意味を持つ場合も。そこで今回は、ほかの意思表示と勘違いしやすそうな「イヤです」を表す犬のしぐさをご紹介。ふだんよく見るしぐさも、もしかしたら“イヤですサイン”かも!?
獣医師の菊池亜都子先生にお話しを伺いました。

「イヤです」の意思表示――“イヤですサイン”とは

“イヤですサイン”は、犬がストレスを感じたときに自分や相手を落ち着かせようと行うしぐさ(カーミングシグナル)のことです。
“イヤですサイン”を知ることで、愛犬への不要なストレスを回避したり、絆を深めたりするのに役立ちますので、ぜひ押さえておきましょう。

しっぽを振る

犬が嬉しいときなどにしっぽを振ることはよく知られていますが、状況によっては、“イヤですサイン”としてしっぽを振る場合もあります。

“イヤですサイン”として、しっぽを振る場合

飼い主さんが怒っているときなどに、犬が上目づかいをしながらしっぽを振るしぐさをすることがあります。これは、飼い主さんに対して「落ち着いて~」と伝えているサイン。自分を無邪気に見せることで、相手の緊張をゆるませようとしているのです。

おなかを見せる

犬が甘えているときなどによく見られる、おなかを見せるしぐさも、状況によっては“イヤですサイン”になる場合があります。

“イヤですサイン”としておなかを見せる場合

「ちょっと怖いかも……」と思っている相手に対して、犬が行うしぐさです。急所であるおなかをあえて相手に見せることで「攻撃しないでね」と下手(したて)に出て、自分と相手の緊張状態をやわらげようとしています。

あくびをする

犬のあくびは眠いなどの生理現象だけでなく、状況によっては“イヤですサイン”としての意味をもちます。

“イヤですサイン”としてあくびをする場合

人が深呼吸をするように、自分が冷静になるために犬はあくびをすることがあります。動物病院の診察台や、お手入れの最中など、犬が不得意なことをしているときに見られることが多いようです。
また、こわばった表情筋をゆるめ、リラックスさせる意味合いもあるといわれています。

体をかく

犬が体をかくのは、かゆいからだけでなく、状況によっては“イヤですサイン”としての意味をもちます。

“イヤですサイン”として体をかく場合

長時間のトレーニング中や、飼い主さんの指示を犬が理解できずに困惑しているときなどに「もうやめたいな」「まいったな」という気持ちで体をかくことがあります。また、体をかくほかに、前足などをなめたり、かじったりすることで表現する犬もいます。

“イヤですサイン”は状況によって違う意味をもつことがあります。一つのサインだけにとらわれず、愛犬の表情や体全体をよく観察して、そのときの状況とあわせて総合的にチェックするのが愛犬のサインを読みとるポイントとなります。

参考/「いぬのきもち」2019年9月号『愛犬の気持ちを知るヒントになる!愛犬の意外な“イヤですサイン”に気づこう!』(監修:東京大学附属動物医療センター行動診療科および往診専門「ペット問題行動クリニックBLISS」獣医師 菊池亜都子先生)
文/terasato
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_d9cnd6kfpx5u_柴犬タロさんには戸惑いしかない?娘のうきうき遠足ごっこ d9cnd6kfpx5u d9cnd6kfpx5u 柴犬タロさんには戸惑いしかない?娘のうきうき遠足ごっこ oa-dognews 0

柴犬タロさんには戸惑いしかない?娘のうきうき遠足ごっこ

2021年12月7日 14:59 いぬのきもちNEWS

みなさんこんにちはさるわたりです。
我が家は夫と私、柴犬のタロさん、娘と暮らしています。

遠足はタロさんにとって未知

先日、保育園の遠足で必要なリュックやお弁当箱、レジャーシートなどを娘に買いました。
嬉しかったのか、娘は家でも常にレジャーシートを敷いて、おもちゃで遊んだり、水筒を置いてお茶を飲んだりして「遠足ごっこ」を楽しんでいました。
それを見てタロさんは「何?これ?」と不思議そうにしています。

遠足ごっこに少し警戒するタロさん

シートのツルツルとした素材が苦手なのか、シートには近づきますが、座ろうとはしませんでした。すると娘が「お弁当もほしい!」と言ったので、お弁当箱にちょっとしたおかずを入れて娘に渡してあげました。シートの上で嬉しそうにお弁当を食べる娘。

お弁当も食べ出した娘

タロさんは何を食べているのか気になったのか、娘に近づきます。
しかしシートの上が嫌なのか、あまり近づけません。

思い切ってシートの上に乗りますが、やはり質感が気になるのか、足下を気にしています。

お弁当も足下も気になる

ちなみに、お弁当の中はタロさんが興味を示さない食べ物(主に野菜)にしていたので、ちょっと残念そうでした。

お野菜か・・・

遠足を知らないタロさんは、この状況に「なんでこんな事しているの?」と不思議そうにしていました。

これって楽しいの?という顔

今度はタロさんも連れて外に遠足しに行こうと思います。

きっと楽しいよ!タロさん!

私たち家族をよろしくね!

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_wjldsfdelx47_言われてキョトン 生後3カ月半の子犬のチャームポイント wjldsfdelx47 wjldsfdelx47 言われてキョトン 生後3カ月半の子犬のチャームポイント oa-dognews 0

言われてキョトン 生後3カ月半の子犬のチャームポイント

2021年12月7日 14:43 いぬのきもちNEWS

愛犬の成長を見守るなかで、思わずクスッと笑ってしまうような出来事もあると思います。

今回紹介するのは、Twitterユーザー@clair0722huskyさんの愛犬・クレアちゃん(シベリアン・ハスキー/取材当時、生後約4カ月)。成長過程で、クレアちゃんの「ある部分」に変化が見られたそうですが、その様子に笑ってしまうんです!

「眉毛」が出現…!?

こちらが、2021年11月9日に投稿されていたクレアちゃんの変化がよくわかる一枚。少し前から、クレアちゃんのおでこに「M字」の眉毛のような模様が出現したようなのです。キュルンとしたまんまるお目めに、くっきりとした眉毛のような模様が可愛いですね!

投稿によると、ちょうどこのとき、クレアちゃんは近所の子どもたちに声をかけられていたのだそう。眉毛のような模様を見た子どもたちに「マクドやマクド!」と言われ、クレアちゃんはキョトンとしていたそうです。

生後3カ月のクレアちゃん

飼い主さんにお話を伺うと、生後3カ月になった頃からクレアちゃんのおでこに黒い模様が出始めたのだそう。日に日に黒い部分が広がっていったようで、生後3カ月半の頃には先程のようにくっきりとした模様になっていたそうです。

近所の子どもたちから「マクド」というナイスなツッコミがありましたが、飼い主さんはクレアちゃんの眉毛を見たときに、こう思ったそうです。

飼い主さん:
「私は最初、『両津勘吉』だと思いました(笑) もしかしたら今の子たちは、たぶん両さんをあまり知らないのかも…?」

クレアちゃんってどんなコ?

内弁慶で甘えん坊な性格だというクレアちゃん。すぐにクゥーンクゥーンと鳴いて甘えてくるところがとても可愛いのだそう。

飼い主さんがクレアちゃんと一緒に暮らし始めて、約2カ月が経過します。飼い主さんは、日々クレアちゃんの成長を感じていると話します。

飼い主さん:
「一番成長を感じるのは、体重の変化です。家に来たときと比べ倍以上になっているので、抱っこするのがキツくなりました。

また、最近散歩をするようになって他のワンコと接する機会が増えました。犬見知りをしないということがわかり、クレアは誰にでもフレンドリーに接してくれるのでとても助かっています」

クレアちゃんは大切な我が子

クレアちゃんの成長を日々見守りながら、毎日楽しく暮らしている飼い主さん。飼い主さんにとって、クレアちゃんは大切な「我が子」のような存在だそうです。

飼い主さん:
「子はかすがいと言いますが、クレアがいるといないのでは、夫婦の会話や協力が倍以上違います。クレアのおかげで、私たち夫婦はとにかく癒されています!」

クレアちゃんと過ごす素敵な日常の様子。今後のクレアちゃんの成長や、眉毛の模様の変化にも注目です!

写真提供・取材協力/@clair0722huskyさん
取材・文/雨宮カイ

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_hg4bn5o9prdr_死に至ることも…犬によく見られる「危険なイタズラ」 hg4bn5o9prdr hg4bn5o9prdr 死に至ることも…犬によく見られる「危険なイタズラ」 oa-dognews 0

死に至ることも…犬によく見られる「危険なイタズラ」

2021年12月7日 14:29 いぬのきもちNEWS

ペットシーツを噛みちぎったり、クッションの綿を出してしまったりなど、犬はいろんなイタズラをすることも。噛みちぎったものを食べてしまうこともありますが、命にかかわるケースもあります。

この記事では、犬の危険なイタズラについて、いぬのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

最悪、死に至ることも…犬の危険なイタズラとは?

ーーペットシーツやクッションの綿など、犬がイタズラして食べてしまった場合、どのような影響が出ますか?

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「よく見られる症状は嘔吐です。吐いてすべて出てきてしまえばラッキーですが、綿やペットシーツはすべて吐き出されたのかどうか、なかなかわからないです。

そして、一番問題になるのは腸閉塞でしょう。ペットシーツは後々、お腹の中で水分を含んで膨むので、油断はできません。最悪、腸閉塞は死に至ります

ーー死に至るケースもあるとは怖いです。そのときはとくに愛犬の様子に問題はなさそうに見えても、あとから急変する…という可能性もあるのでしょうか?

獣医師:
「あります。食べてしまったものによっては、つっかかりながら腸の中を移動します。1週間かけて便に排出されることもあります。いつ出るのか、はたして出るのかどうかは、運によるところになるでしょう。運悪く詰まってしまったら、一大事です」

獣医師が目撃した犬の危険なイタズラの実例

ーー犬がイタズラによって命の危険に…というのを、実際に目撃したことがありますか?

獣医師:
「ペットシーツを食べてしまった犬のお腹がパンパンになっていたのを診たことがあります。

また、日頃から何かを舐める癖のある犬は要注意です。食べていなくても腸閉塞を起こすことがあるのです。私が診た犬だと、髪の毛や衣類の繊維を舐めてしまったコが腸閉塞を起こしていました。

飼い主さんの話では『このコはイタズラしない。何も食べていない』とおっしゃっていましたが、実際舐めてしまっていたようです」

ーー舐めているだけだと、飼い主さんもそれほど不安に思わないかもしれませんが、そんな危険な状況になることもあるのですね。
獣医師:
「ほかにも、生涯にわたって何度も開腹手術をしたコもいます。高齢になってもイタズラで食べてはいけないものを食べる行為が続き、最後は術後に良い回復が見られず亡くなりました。また、手術直後、抜糸がすんでいないときに、すでにまた食べていたコもいました」

ーーイタズラはクセになってしまうとなかなか直らないので、最初のしつけが肝心だといえそうですね。犬のイタズラによる事故について、飼い主さんが覚えておいたほうがいいことはなんでしょうか?

獣医師:
犬は何をするかわかりません。『うちのコはイタズラしないだろう』と油断しないほうがいいでしょう。

また、イタズラによる誤飲誤食などのトラブルが起こったときにも、犬は話せないので状況を伝えてはくれません。ちょっとした異変に気づくためにも、ふだんから飼い主さんがよく愛犬の行動を見てあげることが大切でしょう」

犬の誤飲誤食は、ときに命にかかわることがあります。イタズラをしないように飼い主さんが対策するなどして、愛犬を危険な目にあわせないようにしたいですね。

もし何かイタズラして食べてしまった可能性がある場合には、動物病院を受診しましょう。


(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
取材・文/sorami

外部リンク