cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_cfrybu7ypva9_柴犬かぼすちゃんがナデナデされる度に、やきもちを焼く猫 cfrybu7ypva9 cfrybu7ypva9 柴犬かぼすちゃんがナデナデされる度に、やきもちを焼く猫 oa-dognews 0

柴犬かぼすちゃんがナデナデされる度に、やきもちを焼く猫

2021年7月21日 09:22 いぬのきもちNEWS

「ただいまー!」の瞬間です

4匹にお留守番を頼んで出かけて帰って来たら、それぞれがお気に入りの場所でくつろいでいました。

「ただいま」のご挨拶は、一番年長のかぼちゃんからです。「お留守番隊長、お仕事お疲れさまでした!」

かぼちゃんを撫でると熱い視線を感じます

かぼちゃんが、かぼ父さんからナデナデされているのを、ギラギラした目で見ている子がいますよ。

それは、キャットタワーのてっぺんにいる銀ちゃんです。

急いで降りてきて、2人の間に割り込んできました。

超やきもち焼きのニャンコです

ボクも!ボクも!ボクもナデナデして!と、言っております。

これは、恒例行事なんですよ。いつもいつでも、かぼちゃんがナデナデされていたら、絶対に割り込んで入ってくるんです。

でもかぼちゃんは、そんな銀ちゃんのことを何とも思っていないみたいですけどね。

ふたりは仲良し

やきもち焼きの弟と、心優しいお姉ちゃん。

2人の相性は、バッチリですから!

みんなの性格はそれぞれ

つつじちゃんとオニちゃんは、自分のタイミングで甘えてきますが、銀ちゃんみたいなやきもちは焼きません!4匹の性格はそれぞれで、犬猫関係もそれぞれです。おかげで毎日、笑顔でいられます。

かぼすママ*プロフィール

元保護犬・保護猫の4姉弟と、毎日一緒に昼寝をする生活に憧れながら、フルタイムで働く保育士です。柴犬かぼすと猫のつつじ・ぎんなん・オニギリの可愛くて、面白くて、ほんわかした心温まる日常を、ブログとインスタグラムで発信しています。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_8h95atpzdtnl_子犬からシニア犬まで犬の年齢に合わせた動物病院の通い方 8h95atpzdtnl 8h95atpzdtnl 子犬からシニア犬まで犬の年齢に合わせた動物病院の通い方 oa-dognews 0

子犬からシニア犬まで犬の年齢に合わせた動物病院の通い方

2021年7月21日 09:19 いぬのきもちNEWS

犬の平均寿命は14.85才。日数に換算すると、およそ5420日だといわれます。人の5~6倍で過ぎていく犬の一生。その貴重な日々を健康で豊かな時間にできるように、犬の成長や年齢に合わせた病院とのかかわり方を知っておきましょう。

子犬期前期:ワクチン接種をしよう

生後2~4ヵ月の子犬は好奇心いっぱいで、見た目も心もまだ赤ちゃん。生後4ヵ月を過ぎると警戒心が出てくるため、トイレトレーニングや社会化しつけなどは、この時期に行うのがよいでしょう。

また、この時期には病気の予防のために、ワクチンを3回接種するのが一般的です。
基本的には、2回目のワクチンが済んでから抱っこでの散歩を始め、3回目のワクチンを終えて2週間後に本格的な散歩デビューとなりますので、獣医師と相談してワクチンスケジュールを決めましょう。

子犬期後半:避妊・去勢手術を検討しよう

生後5~8ヵ月の子犬期後半は、心も体もぐんぐん成長する時期。成犬に比べれば柔軟にしつけを受け入れることもできるため、「オスワリ」「マテ」「フセ」など、興奮やケガの防止に役立つ基本的なしつけは、この時期に覚えさせるようにしましょう。

また、避妊・去勢手術も性成熟する前のこの時期に行うと、生殖器や性ホルモンに関する病気のリスクの軽減に効果的とされています。繁殖させるつもりがない場合は検討してみましょう。

成犬期:犬種特有の病気に注意しよう

生後9ヵ月~3才のやんちゃな成犬期前半を過ぎ、4~6才の成犬期後半になると、しつけも一段落して犬に落ち着きが出てきます。手がかからない分、コミュニケーションが不足しがちになるため、お出かけをするなど、愛犬と楽しく過ごす機会をつくるとよいでしょう。

また、成犬期後半になると、特定の犬種がかかりやすい病気の兆候が見られることもあります。特に純血種はそのリスクが高いので、あらかじめ獣医師に相談し、「病気のサイン」を知っておくことが大切です。

シニア犬期:毎年必ず定期検診を受けよう

7才になるとシニア犬期のスタートです。見た目は元気でも、老いが確実に進む時期なので、健康診断の回数や項目を増やすようにしましょう。少なくとも年に1度は動物病院で健康診断を受けてください。

また、11才を過ぎてシニア犬期後半に入ると、高齢だからと手を貸しすぎてしまう飼い主さんもいます。しかし、犬の「自分でやろう」とする気持ちを尊重してあげることが健康長寿につながりますから、犬ができることは自分でやらせるようにしましょう。

このように、愛犬の成長や年齢による体の変化によって、動物病院との関わり方も変わっていきます。愛犬の命を預かる自覚と責任をもち、愛犬が生涯健やかに過ごせるように、獣医師とも相談しながら大切に育ててあげましょう。

参考/「いぬのきもち」特別編集『犬との暮らし大辞典』(監修:しつけスクール「Can!Do!Pet Dog School」代表 西川文二 先生)
文/いけてぃん
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_5878afi3iy7w_コーギーなどの足が短い犬種を飼う際の注意点とは? 5878afi3iy7w 5878afi3iy7w コーギーなどの足が短い犬種を飼う際の注意点とは? oa-dognews 0

コーギーなどの足が短い犬種を飼う際の注意点とは?

2021年7月21日 09:17 いぬのきもちNEWS

コーギーやダックスフンドなどの犬種は、足が短いのが特徴ですが、飼う際には配慮してあげたいこともあるのだとか。今回、いぬのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

足が短い犬を飼うときに配慮したいこと

——コーギーやダックスフンドなどの足が短い犬を飼うときに、飼い主さんが配慮したいことはなんでしょうか?

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「足が短い犬は、段差をのぼる際に体がしなり腰を痛めてしまうので、段差が続く階段や大きな段差があるソファは使用しないようにしましょう。

ただ、家の中でもずっと平坦な場所で生活できるわけではありませんよね。足が短いコでも、大きく飛び跳ねる必要もなくまたいで超えられる小さな段差程度であれば、運動にもなりますので大丈夫でしょう」

——足腰を痛めてしまった場合、飼い主さんはどのような対策をしてあげるとよいですか?

獣医師:
「もし足腰に不調が出てしまい、小さな段差も難しい状況になれば、本格的にバリアフリーにしていく必要があるでしょう。

ただ、小さな頃から階段やソファの昇降のある生活に慣れていると、いざやめなければならない状況になったときに、犬は困惑します。『今までやってよかったものを突然禁止された』『他の家族がやっていても自分だけが禁止されている』といった状況は、ストレスになってしまいます。

そのため…

・初めから段差のある場所にアクセスできないようにする
・置かなくてよいのであればソファを置かない
・置く場合はフラットなソファにする

などと将来をみすえた準備をすると、犬が混乱してしまうのを防げると思います」

足が短い犬種のコが注意すべき病気

——足が短い犬種は、特にどのような病気に気をつけたほうがよいでしょうか?

獣医師:
「足が短く胴が長い犬種は、骨格的に弱い性質を残しています。足腰だけでなく他の関節が弱いこともありますし、弾力が必要な皮膚が弱い場合も割とあります。何か異変があれば、動物病院を受診してください。

もし定期的に気になる症状が出たり、いつも同じ時期に不調が出るようでしたら、そこを強化できるようにかかりつけ医と相談しましょう」

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/柴田おまめ

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_a2g3fs3h1yl4_愛犬を食中毒から守る方法とは? a2g3fs3h1yl4 a2g3fs3h1yl4 愛犬を食中毒から守る方法とは? oa-dognews 0

愛犬を食中毒から守る方法とは?

2021年7月20日 19:00 いぬのきもちNEWS

高温多湿の時期は、犬が食中毒を起こしやすくなるため、十分注意が必要です。そこで今回は、犬の食中毒の原因や主な症状について解説。犬の食中毒を予防するポイントもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

どうして「食中毒」になりやすいの?

もともと食べ物に微量に付着していて通常は悪さをしない菌、高温多湿によって増殖することで毒素を発生させ、食中毒を引き起こす原因に。

犬の場合は、カビが生えたドライフードを気づかないまま与えたり、数日たって菌が繁殖した生肉などを与えたりすることで、食中毒を起こしやすくなります。

犬の食中毒の主な症状

犬が食中毒を起こすと、嘔吐を繰り返す・水のような下痢便が出る・血便が出るといった症状がみられます。愛犬にこのような症状が見られた場合は、必ず動物病院を受診してください。

犬の食中毒を予防する方法とは?

愛犬を食中毒で苦しませないためには、以下のような対策を取り入れてみましょう。

食器はこまめに洗い、食べ残したフードは片付ける

高温多湿の環境が菌の増殖を促すため、犬用の食器はこまめに洗い、食べ残したフードは早めに片付けましょう。また、飲み水は常に汚れをろ過できて、新鮮な水が飲めるタイプの水飲みボウルを使用するのも一案です。

ドライフードは短期間で使い終わる「小さめサイズ」を買う

ドライフードの管理を怠ると、酸化してカビが生える原因になりますので、買いだめや大袋での購入は控えましょう。手作り食を作り置きする場合は、1食分ずつ密閉容器などに小分けにして入れ、冷凍庫で保存してください。いずれの場合も短期間で使いきることが大切です。

しつけ用ポーチはこまめに洗濯をする

しつけの練習のときに使うフードを入れるポーチは、2つ以上用意してこまめに洗濯してください。洗濯するときは、酸素系漂白剤を溶かした水につけ置きすると、タンパク汚れや雑菌の除去効果がアップします。なお、ポーチの中には1日で使いきれる量のフードを入れ、毎日必ず取り換えましょう。

こまめなケアで元気に乗り切ろう

食中毒のほかにも、皮膚トラブルを起こしたり、持病が悪化したりするなど、不調を起こしやすくなる犬もいます。飼い主さんのこまめなケアで、元気に乗り切りましょう。

参考/「いぬのきもち」2018年6月号『ジメジメした季節に起こりやすい体調変化に気をつけて 梅雨の不調から愛犬を守ろう!』(監修:東京動物医療センター副院長 南直秀先生)
文/ハセベサチコ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_iew34v2u769b_フードを噛まずに食べてる?犬のフシギな生態 iew34v2u769b iew34v2u769b フードを噛まずに食べてる?犬のフシギな生態 oa-dognews 0

フードを噛まずに食べてる?犬のフシギな生態

2021年7月20日 18:55 いぬのきもちNEWS

ゴハンが大好きな犬は多いですよね。フードを出すと、丸飲みしているかのようにバクバクと食べる姿は日常茶飯事かもしれません。

今回は、ゴハンにまつわる犬のフシギな生態をご紹介します。意外と知られていない驚きの習性もあるので、ぜひチェックしてみてください。

犬はフードを噛まずに食べる習性がある

フードを勢いよくがっつく愛犬に、「もしかして丸飲みしている?」と思ったことはありませんか? 実は、犬はごはんを噛まずに丸飲みする習性があるのです。

かつて野生動物だったころの犬は、狩りで手に入れた食べものをほかの犬に奪われないよう、急いで食べる必要がありました。その習慣は現在も残っており、フードを与えると急いで飲み込む犬が多いようです。

ちなみに、もともと肉食動物だった犬の歯は、噛んですりつぶすことより、引き裂くのが得意という習性も。よく噛んですりつぶしてから飲みこむという歯の仕組みは、人ほど大切ではないようです。

※大きな食べ物やかたいものを丸飲みすると、事故につながるおそれがありますので、誤飲・誤食には気をつけてください。

「出された分のフードはすべて食べよう」という本能がある

犬には「食べられるときに食べておこう」という本能が残っているため、出された分のフードはすべて食べきる習性があります。狩りをして獲物を捕まえていた時代は、いつでも食事ができるわけではなかったので、生き抜くうえでの生存本能のひとつだったのでしょう。

さらに、犬は人に比べて満腹を感じにくいようです。満腹中枢はありますが、人に比べて感覚が鈍く、脳が満腹を感じるまでに時間がかかると考えられています。

ただし、飼い主さんと暮らしコンスタントに食べものが手に入る現代は、急いで食べる必要がないため、出されたフードをすべて平らげず、気が向いたときに食べる犬もいます。

穴を掘ってフードやおやつを埋めることがある

愛犬におやつをあげたら、庭などに穴を掘って埋めているシーンを目撃したことはありませんか? これも野性時代の名残で、大事なものを隠すという習性にもとづいています。

犬は野生で暮らしていたころ、食べきれなかった獲物を穴に埋めることで隠し、必要になったらまた掘り出して食べていました。現在でも野生時代の本能が働いて、ごはんやおやつを埋めて隠そうとする行動が見られるのです。

ちなみに、ボールなどのおもちゃを穴に埋めるのも同様。好きなものをあとでゆっくり楽しみたい、近くに置いておきたいという気持ちの表れといえるでしょう。

家庭犬として暮らしている現代の犬でも、野性時代の名残がみられる習性をもっています。犬のちょっとフシギな行動も、その習性や理由を理解すると、愛犬との暮らしがもっと楽しくなりますね。

参考/「いぬのきもち」2018年3月号『犬は夜行性? 遠吠えで仲間を呼ぶ? 気になる習性の真偽に迫ります! 犬の習性 コレってホント? それともウソ?』(監修:獣医師 獣医学博士 東京農業大学農学部バイオセラピー学科(伴侶動物学研究室)教授 増田宏司先生)
文/松本マユ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_8uwroyux8kl1_「犬が引っ張る散歩」はなんでダメ?散歩の素朴なギモン! 8uwroyux8kl1 8uwroyux8kl1 「犬が引っ張る散歩」はなんでダメ?散歩の素朴なギモン! oa-dognews 0

「犬が引っ張る散歩」はなんでダメ?散歩の素朴なギモン!

2021年7月20日 18:52 いぬのきもちNEWS

愛犬にとって散歩は、ただ運動することによる健康維持の意味だけではありません。外の空気に触れて、風やニオイを感じることは、犬にとってはいい刺激になり、楽しみにもなります。

今回はそんな大切な意味を持つ散歩について、日ごろから飼い主さんが抱きがちギモンについてお答えします。これを知ればもっともっと散歩が有意義な時間になること間違いナシです!

ギモン1)ちょうどいい散歩量を判断する目安ってある?

A.家に帰って、眠ってしまうくらいを目安にしてみて!

愛犬が散歩から帰った後にくたっと寝てしまうくらい疲れていると、十分に散歩をしているといえます。犬によって適切な散歩量は違うので、さまざまな時間や距離を試してみて、愛犬に適した散歩量を探ってみましょう。
年をとるにつれて体力が落ちて疲れやすくなることがあるので、愛犬の年齢も考慮して調整するといいですね。

ギモン2)食後はどれくらいから散歩させてOK?

A.食後1~2時間は休ませてから散歩して!

犬が空腹でも満腹でもない状態で散歩に行くのがベスト!
食べてすぐの散歩は、胃腸などが刺激されて嘔吐してしまうこともあるので、食後1~2時間は休憩をさせてから行きましょう。

ギモン3)散歩中、ずっとニオイかぎをしていますがこんな散歩で大丈夫?

A.場所を限定してニオイかぎさせて!

外のさまざまなニオイをかぐことは、犬にとって散歩の楽しみのひとつです。しかし、拾い食いをしてしまうリスクもありますし、せっかく飼い主さんと歩いているので、目を合わせながら歩くようにする方が関係性もよくなります。

人の迷惑にならない場所でだけニオイかぎをさせるなど、場所を限定するようにしましょう。

ギモン4)犬に引っ張られながらの散歩ってなんでダメ? 直し方は?

A.ケガなどの事故につながることも。横並びで歩く練習を!

愛犬に引きずられるように散歩してしまうと、拾い食いをさせてしまったり、飼い主さんや愛犬が思わぬケガをしてしまうことも。
横について歩かせるようにトレーニングすると、安全に、そして愛犬とコミュニケーションをとりながら散歩できるので、より充実した時間になります。

リードを引っ張ってしまう場合、引っ張ったらその場で止まり、おやつを握った手で誘導して数歩下がりましょう。愛犬がニオイにつられて下がったら、おやつを握った手を飼い主さんの肩のあたりにもっていき、目を合わせながら歩きましょう!

いかがでしたか? 今回ご紹介した散歩の方法を実践していない方は、ぜひ取り入れてみてくださいね。散歩がもっと楽しくなるはずですよ!


参考/いぬのきもち2018年6月号「散歩のお悩み、なんでも答えます!」(監修:家庭犬しつけインストラクター・「SKYWAN! DOG SCHOOL」代表 井原亮先生)
撮影/佐藤正之、尾﨑たまき
文/melanie

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_0dyfel3n16vp_だんだん目が閉じちゃう!?散歩中に眠くなってしまう犬♪ 0dyfel3n16vp 0dyfel3n16vp だんだん目が閉じちゃう!?散歩中に眠くなってしまう犬♪ oa-dognews 0

だんだん目が閉じちゃう!?散歩中に眠くなってしまう犬♪

2021年7月20日 18:46 いぬのきもちNEWS

お散歩中疲れてしまったのか、休憩中のくり蔵くん。

だんだん目が閉じてしまうんです……。
「お~い起きて~」

見ているだけでほっこりしてしまう動画です♪

参照/YouTube(お目めが閉じちゃう!?散歩中についつい眠くなっちゃう犬【いぬねこライター動画部】)
撮影協力/くり蔵くんの飼い主さん

文/いぬのきもちWeb編集室

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_2fa90b5f6e54_湿度が高い夏、愛犬の「汚れ・ニオイ」を徹底的にケア! 2fa90b5f6e54 2fa90b5f6e54 湿度が高い夏、愛犬の「汚れ・ニオイ」を徹底的にケア! oa-dognews 0

湿度が高い夏、愛犬の「汚れ・ニオイ」を徹底的にケア!

2021年7月20日 18:43 いぬのきもちNEWS

ジメジメとした季節は、愛犬の皮膚の蒸れや毛の汚れが気になりますよね。放っておくと皮膚病やニオイの原因になることもあるので、きちんとケアして愛犬が快適に過ごせるよう工夫しましょう! 今回は、夏の犬の汚れ・ニオイ対策について解説します。

皮膚の蒸れ・毛の汚れ対策に効果的なケアとは?

全身を毛で覆われている犬は、湿度が高い夏になると皮膚が蒸れやすく、毛も汚れやすくなるといえます。
そこで、通気性をアップさせてお手入れしやすくするために、トリミングサロンや動物病院で、汚れがちな部分や蒸れやすい箇所の毛を、カットしてもらうといいでしょう。

カットしておきたい部位は?

1. 耳
垂れ耳の犬の場合はとくに蒸れやすいので、耳の穴やその周辺、耳をめくったあたりもカットして。

2. わき
前足のつけ根は通気性が悪く、皮膚病にもなりやすいため、カットしておくと◎

3. 陰部まわり、そけい部
おしっこで汚れやすい部分なので、そけい部とあわせてお手入れを。

4. 肛門まわり
ムシムシする季節は、ときにウンチなどの汚れが被毛つくとニオイやすくなります。蒸れると皮膚がただれる恐れもあるので要注意。

5. 胸・おなか
雨天の散歩で汚れやすい箇所なので、カットしておくと◎

6. 足先と足裏
雨の日や雨上がりの散歩のときに一番汚れる箇所です。水分が残ると蒸れてしまうので、しっかりお手入れしましょう。

汚れやニオイがついてしまったときのケア方法は?

雨の日の散歩のあとは

雨の日や湿度が高い日の散歩のあとは、ブラッシングをしてあげましょう。毛の汚れや抜け毛が改善され、ニオイ対策にもなります。

散歩で足先が濡れたら

雨の中や雨上がりの散歩のあとは、ウエットシートを使ってまず汚れを落とし、さらにタオルやペーパータオルで水分を拭き取ってあげるとよいでしょう。

全身が濡れてしまった場合

全身が濡れたまま放置するとニオイの原因となるため、タオルで押さえ拭きをしたあと、ドライヤーの冷風を当てて湿気を取り除きましょう。

足やおなかが泥だらけになってしまったら

泥汚れがついてしまった場合は、拭いただけではなかなか取れないことも。そんなときは、シャワーで部分洗いするのがおすすめです。洗った後はドライヤーでしっかりと乾かしましょう。

病気を予防するためにも、きちんとしたケアが大切!

湿度が高く蒸し暑い季節は、皮膚の蒸れや汚れによって、「外耳炎」や「急性湿性皮膚炎」「皮膚糸状菌症」「趾間膿皮症」などの皮膚の病気になってしまうこともあります。
きちんとしたお手入れで対策し、予防してあげることが大切です。


参考/「いぬのきもち」2019年6月号『ジメジメ、ニオイ、カビに負けず、雨の日も快適な暮らしをしよう♪愛犬のための梅雨じたく』(監修:獣医師 英国APDT認定ペットドッグトレーナー 藤本聖花先生、一級建築士 トリマー トリミングサロン「HONDEHOK」運営 二村陽子先生)
文/AzusaS
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_ffmn4iw3l8wk_犬の「アナフィラキシー」の危険性とは?獣医師が解説 ffmn4iw3l8wk ffmn4iw3l8wk 犬の「アナフィラキシー」の危険性とは?獣医師が解説 oa-dognews 0

犬の「アナフィラキシー」の危険性とは?獣医師が解説

2021年7月20日 18:40 いぬのきもちNEWS

「アナフィラキシー」という言葉を耳にする機会が増えているかと思いますが、犬のアナフィラキシーがどういうものかを知っていますか?

犬のアナフィラキシーは何が原因なのか、どのような症状が見られ、どのような危険性があるのか、いぬのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

犬のアナフィラキシーとは?

アナフィラキシーとは、アレルゲンの体内への摂取に伴って免疫系が過剰に刺激され、それに伴うさまざまな症状がみられる免疫反応の一種です。食べる、吸い込む、触れる、刺されることなどによって、アレルゲンが体内に入ります。

アレルギー症状の中でも、アレルゲンの摂取直後から数十分以内という短時間のうちに全身性に、そして急速にアレルギー反応に伴う諸症状が発症する状態を指します。

アナフィラキシーは、発症そのものがごく稀ではあるものの、通常のアレルギー反応とは発症後の症状の悪化の速度が全く異なり、とても早く進行するのが特徴です。

また、症状が急速に重症化することも少なくないため、発症後は速やかに、適切に対応しないと命にかかわる場合もあるため、注意が必要です。

犬のアナフィラキシーの症状とは?

アナフィラキシーに伴う主な症状としては…

  • 顔の腫れ
  • 気道の腫れ
  • 膨疹(蕁麻疹)
  • 血圧の低下


などが挙げられます。嘔吐や下痢などの消化器の症状が見られることも稀にありますが、実際には急速な皮膚や粘膜の症状、血圧の変化がまず起こりやすい傾向があります。

顔の腫れについて

顔の腫れの症状は、顔の皮膚全体が腫れて厚みが急速に増し、輪郭や顔貌(顔の姿)が全く変わってしまうほど大きな変化をする症状です。

まぶたの強い腫れで目をきちんと開けない様子になったり、鼻先(マズル)や上唇が腫れあがって別の犬に見えるくらいに、顔の形が変わるような変化をすることもあります。

症状の進行は、顔全体がごく短時間で急速に腫れる場合もあるものの、まずまぶたや唇など、粘膜の境目に近い部位から部分的に症状が出始め、時間の経過とともに徐々に顔全体に症状が広がる経過をたどることもあります。

特に症状の出始めのタイミングでは、まずまぶたの症状が目立って見えることもあるため「まぶたの縁の不自然な盛り上がり」「目の開きにくさ」として、変化に気づく場合もあります。

気道の腫れについて

気道の腫れは、外見からだとなかなか直接気づきにくい症状ですが、気道内の粘膜の腫れに伴って空気の通る部分が狭くなるため、呼吸のしにくさの症状が強まる傾向があります。

パンティングなどの呼吸の粗さやゼイゼイするような喉鳴り、咳やえづく様子が見られることもあり、さらに悪化すると呼吸困難に至るため、注意が必要です。

膨疹(蕁麻疹)について

膨疹(蕁麻疹)は、通常の湿疹とは異なりきれいな円形ではなく、ゆがんだ水玉模様のような赤い斑点状の盛り上がりが、皮膚の広範囲に広がるようにあらわれる傾向があります。特に、お腹などの皮膚の薄い部位に目立って見られることもあります。

被毛に隠れて見つけにくい場合もありますが、通常は痒みや違和感を伴う場合が多く、体をしきりに引っ掻く素振りから気づく場合もあるでしょう。

血圧の低下について

血圧の低下の症状が起こった際には、急激にぐったりし、舌や口の中の粘膜の色が白っぽく変化し、薄い紫色になるなどの症状が見られます。

アナフィラキシーの諸症状の中でも、特に血圧の低下が見られた場合は、その後急激にショック症状に至る場合がほとんどですので、より迅速な対応や手当が必要になります。

犬のアナフィラキシーショックとは?

また、アナフィラキシーの症状が見られた際には、その後続けて、もしくは同時に「アナフィラキシーショック」という症状が起こる場合があります。

これは、先述のアナフィラキシーの諸症状に続けて、急速なショック症状が起こる状態です。具体的には…

  • ぐったりして動けない(虚脱)
  • 舌が白くなる(循環不全)
  • 脈が触れなくなる(血圧低下)
  • 呼吸が正常にできなくなる(呼吸不全)


といった症状があらわれます。

ショック症状を起こした際にも、もちろんすぐに適切な手当てをする必要がありますが、適切な手当てをしたとしても命にかかわる場合もあります。

そのため、アナフィラキシーを疑う症状が見られたら、まずは速やかに適切な手当てを受け、さらなる症状の悪化を防ぐ対応がとても重要になります。

アナフィラキシー発症の要因は?

アナフィラキシー発症の要因としては、理論上は通常のアレルギーと同様に、アレルギー症状を起こすきっかけになる物質「アレルゲン」を体内に取り込むことが、発症のきっかけになります。

そういった点からは、口にする食べ物、吸い込む可能性のある環境中の微細な粒子、投薬やワクチン接種、毒のある昆虫による刺傷、毒のあるヘビによる咬傷など、生活環境の中のさまざまなものが発症の要因になる可能性があると言えるでしょう。
ただし実際の症例としては…

  • 「ワクチン接種」や「虫の刺傷」、「日常的に人が使用するスプレー状の製品や煙などの微細な粒子の吸引」などのきっかけで発症するケース
  • 「散歩中に草むらに潜り込んでしまい、戻ってきたら顔がぱんぱんに腫れていた」というケース
  • はっきりした原因は不明なものの、「気がついたら膨疹や顔腫れなどの症状が出ていた」というケース


といったこともあるため、アナフィラキシーの原因となるアレルゲンについて正確に特定できない場合も、少なくないものと思います。

犬にアナフィラキシーの症状が見られたときの対応は?

愛犬にアナフィラキシーを疑うような症状が見られたら、比較的元気な様子であっても、速やかに動物病院を受診し、適切な手当てを受けましょう。

特に、血圧の低下やアナフィラキシーショックの場合など、愛犬が急にぐったりする症状がすでにある場合は、その後急速に状態が悪化し、死に至る危険性もある状態と考えます。このような際には、とりわけ迅速に動物病院を受診しましょう。

様子を見てしまうと、後で症状が悪化する場合も

血圧低下やアナフィラキシーショックなど、ぐったりする様子を伴う場合以外の症状の際には、「気づいたらすでに症状が出ていた」など、発症の正確なタイミングがわからないケースも実際にはあるかと思います。

また、膨疹や顔の腫れなど、アナフィラキシーを疑う諸症状はあるものの、見た目にはぐったりする様子もなく、元気に見える場合もあるかもしれません。

そのような状況であっても、そのまま様子を見るのは愛犬の体に負担をかけ、後に症状が悪化する危険も伴います。症状のさらなる悪化やショック症状の回避のため、気になる症状がある際には、やはり速やかにアナフィラキシーに対する適切な治療を受けることが求められます。すぐに動物病院を受診しましょう。

アナフィラキシーを起こしやすい犬に特徴はある?

アナフィラキシーを起こしやすい傾向がある犬については明確な定義などはなく、また元々アレルギー体質がない犬でも、突然発症する場合もあります。

ただし、特定のアレルゲンに対してアナフィラキシーを起こしたことがある場合は、以後もそのアレルゲンに対して、アナフィラキシーを起こしやすいリスクが考えられます。そういった点からは、過去にアナフィラキシーを起こしたことのある犬は、より慎重な対応が求められます。

アレルギー体質の犬は注意して見てあげよう

また、アナフィラキシーは「食事性アレルギー」などほかのアレルギー性疾患とは細かな発生のメカニズム異なるものの、やはり愛犬自身の免疫機能が関わるアレルギー反応の一種でもあります。

そのため、愛犬に元々アレルギー疾患などの体質がある際にも、念のため体調の変化をよく見てあげるほうが安心かと思います。

特に新しく接触するものや口にするもの、初めての薬を使用する際などには、その後の体調の変化がないか、飼い主さんが気にかけてあげる習慣を持つとよいでしょう。

「突然、アナフィラキシーを発症する可能性がある」と覚えておこう

本来アナフィラキシーは、発症の可能性が高い疾患ではないため、アナフィラキシーの症状を経験することなく生涯過ごせる犬も、実際には少なくないことだと思います。

しかし、「突然、アナフィラキシーを発症することがある」ということを飼い主さんは心に留めていただき、実際に気になる症状がないかどうか、個々の犬ごとに日頃から気をつけてあげるようにしましょう。

犬のアナフィラキシーは予防できるの?

特定のアレルゲンに対してアナフィラキシーを起こした経緯がある場合は、そのアレルゲンを避ける対応で、以後のアナフィラキシーの予防をします。

正確なアレルゲンまではわからないものの、特定の状況でアナフィラキシーの症状が起こった経緯がある際にも、その状況そのものを避けて症状がでないように配慮する対応が求められます。

また、避けるのがどうしても難しい場合や、アレルゲンが不明な状況で症状を繰り返してしまう場合などは、万一の際の症状を抑える対応や治療について、あらかじめかかりつけの病院で確認や相談をし、できる準備をしておく場合もあるかと思います。

アナフィラキシーを起こしたことがない犬への予防は?

今まで一度もアナフィラキシーを起こしたことがない愛犬に対しては、過剰に心配しすぎる必要はないものの、万が一アナフィラキシーが起こった際には、より速やかに適切な治療を受ける対応がとても重要になります。

そういった点からは、飼い主さんがアナフィラキシーの諸症状についてまずはきちんと知り、心配な症状が見られた際により速やかに対応できるよう、生活の中で無理なくできる範囲の工夫や準備をしておくことがおすすめです。

ワクチン接種の際は接種日程を考慮しよう

たとえば、定期的なワクチン接種の際には、午後と次の日も動物病院に受診が可能なようなスケジュールをあらかじめ整えておきましょう。

実際の接種は午前中に受けるなどの配慮をすることで、万が一、接種後のアナフィラキシーやその他の不調が起こった際にも、相談や受診がしやすくなります。

犬に刺激を与えてしまうスプレーや煙の使用を控えよう

日常生活の中でできることとしては、スプレー状の製品や煙の出るものなど、愛犬にとって刺激になってしまう可能性のあるものは、心配があるようなら使用そのものを控えるなどの配慮をしましょう。

散歩中に起こりうるアナフィラキシーを避ける対策は?

また、お散歩中に起こりうるアナフィラキシーのリスクを下げる対応としては、草むらなどの場所を避けたり、ハチなどに刺されないように気をつけるといった対応になります。

しかし、あまり行動を制限しすぎると愛犬のストレスになってしまう可能性もあるため、その点に対する飼い主さんの思いやりも大切かと思います。

アナフィラキシーを避ける対応は、飼い主さんと愛犬とがお互いにつらくなく受け入れやすい範囲で実施し、それと合わせてお散歩後には愛犬の様子に変わりがないか、その都度確認してあげるとよいでしょう。

もしものときのために、夜間救急やかかりつけ以外の病院も調べておこう

万が一の際に対応をしやすくする準備としては、夜間やかかりつけの動物病院の休診日などに受診できる病院について、あらかじめ調べておくことをおすすめします。アナフィラキシーだけでなく、さまざまな不調の際にも早めの対応ができるので安心です。


(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_7ddeda3704fe_飼い主のあくびがうつることも?犬のあくびの意外な理由 7ddeda3704fe 7ddeda3704fe 飼い主のあくびがうつることも?犬のあくびの意外な理由 oa-dognews 0

飼い主のあくびがうつることも?犬のあくびの意外な理由

2021年7月20日 18:28 いぬのきもちNEWS

犬は人と同じように眠いときにあくびをしますが、それ以外にも、さまざまな理由からあくびをすることがあるのをご存知でしょうか? 今回は、犬があくびをする“意外な理由”をご紹介します。さっそく見ていきましょう!

飼い主さんのあくびにつられてしまう

最近の研究によって、飼い主さんがあくびをすると、犬もつられてあくびをすることがわかっているそうです!
また、半年以上一緒に生活をしている飼い主さんのあくびと、知らない人のあくびを比べてみると、飼い主さんのあくびの方が5倍も犬にうつりやすいのだとか。

この現象は、犬が飼い主さんの気持ちに共感することで起こるものだと考えられています。

カーミングシグナルとしてあくびをすることも

犬は「カーミングシグナル」として、あくびをすることもあります。ちなみに、このカーミングシグナルとは、自分や相手を落ち着かせるために犬が見せる行動のことです。

もともと群れで暮らしていた犬は、争いごとが苦手な動物。そこで、争いごとやケンカを避けるために、あくびをして自分の気持ちを落ち着かせ、相手に対しても争う意思がないことをアピールするのです。

カーミングシグナルとしてあくびをしやすい場面

  • 飼い主さんに叱られているとき
  • 飼い主さんが何かにイライラしているとき
  • しつけの練習をしているとき
  • 慣れない場所にいるとき
  • 初対面の人に抱っこされているとき など


以上のような場面で犬があくびをするときは、カーミングシグナルかもしれません。しつけの練習の最中によくあくびをするなら、それ以上続けるのはNG。
また、愛犬の前では、なるべく穏やかでいるよう心がけましょう。

どんな理由で愛犬があくびをしているのか見極めよう

眠いときや、飼い主さんのあくびがうつってしまった場合は特に問題はありませんが、カーミングシグナルとして犬があくびをするときは注意が必要です。

たとえば、外出先で愛犬が頻繁にあくびをするときは、緊張しているおそれがあります。この場合、愛犬が落ち着ける場所に連れて行って、緊張をほぐしてあげましょう。また、優しく微笑みながら「あくびが出ちゃったね!」と声をかけて、安心させてあげることも大切です。

愛犬がどんな理由であくびをするのか、状況などからしっかりと見極め、うまく対処してあげましょう。

参考/「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『獣医師監修|犬のあくびの理由や意味とは? 正しい対処法つきで解説!』(監修:いぬのきもち相談室獣医師)
文/ハセベサチコ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

外部リンク