cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_9sdky9vm79ww_ホームの入居者の死期を察知、寄り添い続ける元保護犬の姿 9sdky9vm79ww 9sdky9vm79ww ホームの入居者の死期を察知、寄り添い続ける元保護犬の姿 oa-dognews 0

ホームの入居者の死期を察知、寄り添い続ける元保護犬の姿

2021年3月22日 14:06 いぬのきもちNEWS

社会福祉法人が運営する特別養護老人ホーム「さくらの里山科」。
ペット同伴で入居でき、保護犬も迎えているこの施設の取り組みについて紹介します。

「人生の最後まで犬とともに暮らしたい」高齢者の願い

「私が目指しているのは、高齢者が『あきらめない福祉』なんです。
年老いて、認知症になったからといって、犬との生活や、自分が好きだったことをあきらめてほしくない」
と、お話を伺ったさくらの里山科の施設長、若山さんは語ります。

ホームには、高齢になって犬と暮らすことができなくなったから、最後にホームで犬との暮らしを楽しみたい、と単身で入居される方も多いとか。
その思いにも応えるため、若山さんは保護団体から犬を迎えることにしました。

ホームに迎え入れた保護犬の第一号、文福くん

「当初から愛護活動を意識していたわけではなく、自然な流れで保護犬を迎えることになったんです。
ホームに動物愛護活動をしている介護スタッフがいて、そのスタッフから保護団体を紹介してもらいました」

そして、保護犬第一号として迎えたのが、ミックス犬の文福(ぶんぷく)くんでした。
現在の年齢は推定10~11才。
のちに「奇跡の看取り犬」として、多数のメディアにも取り上げられることになる犬です。

ホームの看板犬、文福くんの看取り行動とは?

ホームでは、100名の入居者さんのうち、年間で約30名の方がご逝去されるそうです。
医師から余命があと少しと診断された入居者さんには、介護スタッフによる「看取り介護」が始まります。

文福くんがホームに来て1年くらいが経ったころ、余命わずかと診断された入居者さんの部屋の前に、じっと文福くんが座っていたそうです。
悲しそうな表情で、文福くんは半日くらい部屋の前に座ったあと、その入居者さんの部屋に入り、ベッドのわきに座りました。

そして、亡くなられる1~2日前になると、文福くんはベッドに上がり、入居者さんのそばにぴったりと寄り添ったというのです。

「初めに介護スタッフのリーダーが文福のその行動に気づき、『まさか……』と思い、半年後、別の入居者さんの看取り介護を行うとき、注意深く文福の行動を見たそうです。
すると文福は再びまったく同じ行動をとったのです。
あるお医者様は、犬は臭気で人が亡くなる時期を察知するのではないかと言っていましたが、本当に不思議です」

死の恐怖を身をもって体験した、文福くんの行動

文福くんは、保健所から救出されたとき、殺処分をするガス室に行く直前の最終部屋にいたそうです。
その部屋では、隣の部屋で殺処分される犬たちの悲痛な鳴き声も聞こえていたと。

若山さんは、「文福は、死の恐怖を身をもって体験しただけに、人の死にも敏感になり、献身的な看取り行動をしてくれているようにも思えるんです」と語ります。

今では、文福くん以外の保護犬も暮らしているホーム。
数々の保護犬をホームに紹介してくれた保護団体のために、ホーム内のドッグランで譲渡会を開催することもあるそうです。

※掲載されている写真は、施設スタッフが撮影したものです。
掲載するにあたり、施設側およびご家族の許可をいただいています。

※各情報は2020年10月9日現在の情報です。

出典/「いぬのきもち」2020年12月号『犬のために何ができるのだろうか』
写真提供/さくらの里山科
取材・文/袴 もな

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_4s7m22zte94q_甘えん坊の愛犬を困ったチャンにさせないための2つの掟 4s7m22zte94q 4s7m22zte94q 甘えん坊の愛犬を困ったチャンにさせないための2つの掟 oa-dognews 0

甘えん坊の愛犬を困ったチャンにさせないための2つの掟

2021年3月22日 13:58 いぬのきもちNEWS

かわいい顔やしぐさで甘えられると、つい応じてしまい……

愛犬の性格は「甘えん坊」―――。

そう答える飼い主さんは多いのではないでしょうか?

甘えん坊な犬は、飼い主さんのことが大好きで、いつでも飼い主さんのことを気にかけています。
そして、どうやって甘えれば飼い主さんが相手をしてくれるか、飼い主さんが自分の要求をのんでくれるか、よくわかっています。
飼い主さんも甘えられればうれしいもので、ついつい「かわいい!」「しかたないなぁ♡」と要求をそのままのんでいたりすることでしょう。

でも、ちょっと待って!

毎回、愛犬の要求につきあっていると、愛犬は「何でも自分の思うどおりになる」と勘違い。
徐々に要求がエスカレートしていき、自分の思いを伝えるために激しく吠えたり、ときに噛んだりするようになることもあるんです。

かわいい“甘えん坊さん”が転じて、吠えたり噛んだりする“困ったちゃん”になってしまったら悲しいですよね。

そこで今回は、甘えん坊な愛犬を、ワガママで制御の効かない犬にしないための“2つの掟”をご紹介します。

掟その1「愛犬からの要求はあえて無視!」

甘えん坊な犬の多くは、「抱っこして」「遊んで」「おやつちょうだい!」という自分の要求を伝えるために、飼い主さんに鳴いたり、吠えて飛びついたり、鼻や前足でツンツンしたりしてアピールしてきます。
相手をしてあげたい気持ちはわかりますが、ここですぐに応えてしまうと、もうそれは愛犬のペース。
あとは要求グセがエスカレートしていく一方です。

そこで大切なのが、愛犬からの要求をいったん「無視」をすること。
おねだりに応じないよう、鉄の心で愛犬に対応するのです。

具体的には、愛犬から要求してきたら、「見ない」、「触れない」、「声をかけない」を徹底して。
その場での無視が難しければ、愛犬とは別の部屋に移動して無視を続けましょう。

静かになってからかまうことで、イイコに!

愛犬が要求することをあきらめて落ち着いたら、今度は飼い主さんの出番。
抱っこしてあげたり、遊んであげたりするなど、愛犬の欲求を思いっきり満たしてあげましょう。

愛犬に要求されるたび、辛抱強く「無視→静かになったらかまう」ことを繰り返すことで、愛犬は「静かに待てば、かまってもらえる」「落ち着けば遊んでもらえる」「吠えずにいれば戻ってきてくれる」「オスワリして待てばおやつがもらえる」と覚え、イイコに育つのです。

掟その2「愛犬だけで過ごす“ひとり時間”を設ける!」

甘えん坊な犬は、いつでも「飼い主さんといっしょにいたい!」と思い、飼い主さんの後をついて回ります。
なかには、飼い主さんといっしょにいたいあまり、トイレやお風呂にまでついてきてしまう犬も。
飼い主さんは、自分を気にかけてくれるそんな愛犬の行動に、「甘えん坊だから仕方ないか」とつい容認しがち。

しかし、四六時中いっしょにいる状況が当たり前になってしまうと、“甘えん坊”が“困ったちゃん”に変貌してしまう恐れがあります。
飼い主さんの姿が一瞬でも見えないだけで狂ったように吠えたり、家具や壁など物を破壊する行動に出てしまったりすることがあるのです。

そこで実践してもらいたいのが、毎日、あえて愛犬だけで待たせる時間を作ること。

飼い主さんが不在となる日だけでなく、飼い主さんが終日在宅している日でも、
1日に数時間は飼い主さんがいるのとは別の空間で、愛犬だけで待たせる時間を作るのです。
こうすれば、飼い主さんに依存しすぎることを防げて、問題行動の予防につながります。

ひとりで待てれば、心の自立につながります!

いつでも飼い主さんの後ろをくっついて回る甘えん坊な犬は、飼い主さんを困らせるだけでなく、愛犬自身も飼い主さんの姿がちょっと見えないだけで不安を抱くような、いわば精神的に少し不安定な状態。
それゆえ、日々ストレスがたまりがちです。

しかし、前述の方法で離れる時間をつくるようにすれば、自然と心が自立して、多少のことで不安やストレスを感じにくくなります。

災害時や動物病院に入院するときなど、致し方なく飼い主さんと離れなければいけない場面でも、ガマンできる犬に育ちます。

いかがでしたか?
愛犬が甘えるしぐさは、見ていてとってもかわいいものですが、要求グセや依存心がエスカレートしないよう注意が必要です。
愛犬をイイコに育てるには、いつも「かわいい♡かわいい♡」だけでなく、少し引いて接するなど、メリハリをつけた対応が大切、と覚えておくといいかもしれませんね。


参考/「いぬのきもち」2016年12月号『性格別TOP5別 イイコになる育て方』(監修:日本動物病院協会認定家庭犬しつけインストラクター 戸田美由紀先生)
写真/佐藤正之
文/h.taco

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_utr3fzkxjv4f_人の健康食材、犬に与えて平気?与えるときに注意すること utr3fzkxjv4f utr3fzkxjv4f 人の健康食材、犬に与えて平気?与えるときに注意すること oa-dognews 0

人の健康食材、犬に与えて平気?与えるときに注意すること

2021年3月22日 13:54 いぬのきもちNEWS

ヘルシーで栄養価が高いと話題のシードなどの人の健康食材。人にとってはいいとされているものも、犬に与えすぎると下痢などの体調不良の原因になることも。

今回は、「絶対に与えてはいけない」わけではないですが、犬に与える場合は取り扱いに注意が必要な健康食材をまとめてご紹介します。

※この記事では、栄養価が高いと人気の健康食材をピックアップして紹介しています。

シード・穀類

人の健康食材として注目されているのが、キヌアをはじめとしたシード(種)・穀類です。水を含ませるとふくらむ特性があるので、おなかの中で急にふくらみ始めると危険! 犬に与える場合はあらかじめ水を吸収させてから与えましょう。

下記で紹介している食材を与えるなら、あくまでも目安ですが、ドライフードを主食にしている体重5kgの健康な成犬で、水を含ませた状態で5g程度にとどめましょう。5kg未満の超小型犬は、さらに少なめに与えてください。

キヌア

低カロリーで高たんぱく、ビタミン・ミネラルも多く含みます。人ではダイエットを目的としたカサ増し用に使うことが多いですが、犬へのダイエット効果が期待できるかはわかっていません。フードのカサ増しに使うなら、少量のキャベツなどが無難。
※与えるなら水を含ませた状態で5g程度

チアシード

a-リノレン酸やアミノ酸、オメガ3脂肪酸を含みます。ただし、食物繊維も多く含むため、犬に与えすぎるとおなかを壊す可能性があります。与える場合は、十分に水を吸収させ、つぶした状態で与えましょう。
※与えるなら水を含ませた状態で5g程度

バジルシード

不溶性食物繊維やa-リノレン酸、必須脂肪酸が含まれ、人では便秘解消効果やダイエット効果に高い期待が寄せられていますが、犬に同じ効果が期待できるかはまだわかっていません。与えるなら水を吸収させた状態で様子を見て。
※与えるなら水を含ませた状態で5g程度

ヘンプシード

栄養豊富な麻の実。植物性たんぱく質やアミノ酸バランスがよく、人ではダイエット効果に期待が寄せられていますが、犬に同じ効果が期待できるかはわかっていません。与えるなら、水を含ませてつぶしてください。
※与えるなら水を含ませた状態で5g程度

乳製品

人にとって健康効果が期待できると話題の乳製品を集めました。乳糖が含まれるものを犬に与えすぎると、下痢を起こす可能性があるので注意して与えましょう。

下記で紹介している乳製品を与えるなら、あくまでも目安ですが、ドライフードを主食している体重5kgの健康な成犬で、1日大さじ1杯程度にとどめましょう。

スキムミルク

牛乳中の脂肪分を除いたあと、乾燥させて粉にしたもの。いわゆる脱脂粉乳。牛乳より脂質が少なく、ヘルシーだといわれています。牛乳よりは少ないものの、乳糖が含まれているので、なかには下痢をする犬も。
※与えるなら、倍以上の量の水で薄めて大さじ1程度

ヤギミルク

脂肪として蓄積されにくい中鎖脂肪酸(ちゅうさしぼうさん)が牛乳より多く含まれ、消化・吸収にすぐれています。また、牛乳よりも含まれる乳糖の量が少ないのも特徴です。通常の牛乳より太りにくいとはいえ、与えすぎると肥満の原因になるので注意しましょう。
※与えるなら大さじ1程度

アーモンドミルク

アーモンドで作られるミルクで、牛乳と異なり乳糖やコレステロールが含まれていないのが特徴です。ビタミンEやミネラルなどを多く含むので、アレルギーがなければ与えてもよいでしょう。ただし食物繊維も含むので、与えすぎると下痢をする犬も。
※与えるなら大さじ1程度

そのほかの健康食材

そのほかにも、健康効果が期待できると話題になっている食品を紹介します。初めてのものならあえて犬に与える必要はありませんが、参考程度に知っておきましょう。

タイガーナッツ

人では小麦粉代わりに使われていて、注目されている健康食材。ビタミンEやオレイン酸を多く含みますが、食物繊維多いので、下痢をする可能性も。
※与えるなら、すりつぶして1/2粒分程度で様子を見ましょう。

マヤナッツ

低脂肪かつ、必須アミノ酸のトリプトファンが豊富なので、人ではストレスや睡眠障害に効果が期待できるといわれています。
※与えるならすりつぶして1/2粒分程度か、粉末なら0.5g~1g程度で様子を見て。

まとめ

話題の健康食材のなかには、食品としての歴史がまだ浅いものもあるため、今後トラブルが出る可能性も否定できません。不安なものは無理に与えずに、なじみのある食品で愛犬の健康を守りたいですね。

※どんな食べ物でもアレルギー症状を引き起こす可能性はあります。愛犬に与えて異変が出たら、ただちに与えるのをやめて、獣医師に診てもらいましょう。

※問題のない食べ物でも、初めてだと下痢をしたり発疹を起こしたりすることもあります。判断に迷ったら、与えない選択をしましょう。


参考/いぬのきもち2017年2月号「イマドキ健康食材 犬に与えてOK?NG?」(監修:高円寺アニマルクリニック院長 髙﨑一哉先生)
撮影/殿村忠博
文/ichi

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_3ufvy6afqube_除草剤で愛犬が重体!?春の犬の散歩で気を付けたいこと 3ufvy6afqube 3ufvy6afqube 除草剤で愛犬が重体!?春の犬の散歩で気を付けたいこと oa-dognews 0

除草剤で愛犬が重体!?春の犬の散歩で気を付けたいこと

2021年3月22日 13:00 いぬのきもちNEWS

暖かい季節になってくると、愛犬と一緒にお散歩をしながらお花見をしたり、外の景色を楽しみたいものですね。ただ、実は、愛犬が危険な物を口にしないために、注意したい季節でもあります。犬が春に起こしやすい中毒について、いぬのきもち相談室の獣医師が解説します。

春は中毒を起こす犬が増える季節

春は犬が中毒を起こしやすいものが多くみられます。

・お花見などのイベントで外に置かれた、犬に不向きな食べ物
・庭のお花の植え替え時に置いておいた球根や肥料
・草の多い場所にまかれた除草剤や殺虫剤

こうした、犬にとって害となるものを口にしてしまうことで、最悪の場合、死亡するケースもあるため、拾いグセのある子と暮らしている飼い主さんは、春は特に注意したいのです。

犬の中毒症状や異変に気が付くことが大事

犬の中毒には何らかの原因があり、吐く、よだれや泡がダラダラと多く出る、突然倒れる、痙攣を起こすなどの症状がみられることがあります。

最悪の事態を避けるためにも、どんな中毒症状であったとしても、犬の体に起こっている「異変」に早く気が付くことが大事です。

犬が春に中毒を起こしやすい物リスト

例えば、犬が春に中毒を起こしやすいものでは、

草花:チューリップ、ユリ、ヒヤシンス、シクラメン、トマトの苗(葉)など
薬品:除草剤、肥料、農薬、殺虫剤、殺鼠剤など
人間の食べ物:チョコレート、玉ねぎ、長ネギ、ニンニクを使った料理などがあります。

犬の中毒を防ぐ最大の予防策は「注意」と「観察」

愛犬が中毒を起こさないためには、飼い主さんがしっかり観察して、目を離さないことが大切です。

危険な場所に行かないこと

まずは犬を中毒起こす可能性がある場所には連れて行かないようにしましょう。たとえば、青々と草が茂るはずの季節に、草が生えていないところ、枯れている場所は、除草剤などの薬剤を使用しているかもしれません。

犬に拾い食いをさせないこと

愛犬が危険のあるものを拾い食いさせないようにしましょう。お花見会などで、犬から目を離している間に、人間の食べ物や草花を食べてしまうこともあります。

春は中毒が多い季節、お散歩中に犬が思わぬ中毒を起こさないように気をつけましょう!

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_ihikp1c2oemy_柴犬と妹ちゃんが寝落ちした姿が最高だった ihikp1c2oemy ihikp1c2oemy 柴犬と妹ちゃんが寝落ちした姿が最高だった oa-dognews 0

柴犬と妹ちゃんが寝落ちした姿が最高だった

2021年3月22日 12:46 いぬのきもちNEWS

犬と暮らしていると、「なんでそうなるの!?」「どうしてこんなことに…」などと疑問に思ってしまうようなことって起こりませんか? さらにそこに、小さいお子さんも加わったりすると、なおさら「理解不能」なんてことも…。

柴犬・花子ちゃん(3才)の飼い主さん(@momohana2201)も、まさにそのような出来事を経験したようです。

寝るのはいいけど、なぜそこなのか…

とある日、飼い主さんがトイレから出てくると、キッチンで倒れている柴犬の花子ちゃんと娘のモモ子ちゃんの姿を発見!?……と思ったら、ふたりはぐっすりと眠っているよう♪

向かい合って気持ちよさそうに寝ていますよね。でも、なぜキッチンで寝ているのか……(笑)

キッチンでまさかの寝落ち!?

花子ちゃんとモモ子ちゃんは、キッチンで何をしていたのでしょうか…? しかも、キッチンで寝落ちしてしまうなんて…。

Instagramユーザーさんからは「程よく狭いところは安心しますからね」「おそらく、かーちゃんも寝よと言う合図かもですよ」などという声も。飼い主さんは「床暖が気持ちいいのかもしれません」とコメントしていました。

なぜこうなってしまったのか…ぜひともふたりに理由を聞いてみたいですよね!

洗い物をしたいけれど…これでは起こせない♡

飼い主さんは洗い物をしたかったようですが、こんなに可愛い姿を見てしまったら、どかしたくてもどかせないですよね。結局、飼い主さんはアクロバティックな姿勢で洗い物したのだそうです(笑)

寝落ち姿が可愛い♡ 花子ちゃんとモモ子ちゃんについて、飼い主さんにインタビュー!

キッチンで寝てしまった柴犬の花子ちゃんとモモ子ちゃん。そのふたりの姿は不思議でもありますが、愛らしくもあり、見ているとほっこりとした気持ちになりますよね。

飼い主さんにお話を聞いてみると、ふたりがキッチンで寝落ちしたのはあのときが初めてだったのだとか。

飼い主さん:
「あの光景を見たとき、『なぜここで!?』とまず思って笑いが込み上げてきました。そしてよく見たらとっても気持ちよさそうに寝ていたので、なんとか起こさずに夕飯の準備を進めました。

その後、ふと娘が目を覚ましてトコトコ歩いていき、花子も続くように目を覚まして娘の後を追うようにトコトコ歩いていきました」

寝落ちしていたふたりは、何事もなかったかのようにキッチンから去っていったようですね!(笑)

家族にとって、花子ちゃんはなくてはならない存在

神経質で臆病な一面もあるけれど、ふだんはとても優しくて穏やかな性格だという柴犬・花子ちゃん。元気いっぱいなモモ子ちゃんのことを、花子ちゃんは「大事にしなくてはいけない存在」と認識してくれていると飼い主さんは感じているそうです。

飼い主さん:
「花子は、私や夫のことはドカドカ踏みつけるくせに、どんなに興奮していてもモモ子のことはちゃんと避けます。また、モモ子のことを叱るとすぐに飛んできて邪魔をすることもあるんです」

まるでお姉ちゃんのように、優しくモモ子ちゃんのことを見守ってあげている花子ちゃん。花子ちゃんがいることで、モモ子ちゃんに良い影響を与えていると感じることもあると、飼い主さんはいいます。

飼い主さん:
「花子は繊細で優しくて、細やかな気遣いをしてくれるいいコです。本当に助けられてます。私たち家族にとって、なくてはならない存在です!」

花子ちゃんとモモ子ちゃんの姿はInstagramで♪

仲良し姉妹のような関係性の花子ちゃんとモモ子ちゃん。

参照/Instagram(@momohana2201)
取材・文/雨宮カイ

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_b92890434166_それ「ドッグハラスメント」?!犬はじっと耐えているかも b92890434166 b92890434166 それ「ドッグハラスメント」?!犬はじっと耐えているかも oa-dognews 0

それ「ドッグハラスメント」?!犬はじっと耐えているかも

2021年3月22日 12:45 いぬのきもちNEWS

人が犬に対してする行動のうち、犬が不快感を覚えたり、ストレスに感じたりするものを「ドッグハラスメント」といいますが、具体的にはどのような行動が当てはまるのでしょうか? 今回は、数あるドッグハラスメントの中から、犬のお世話に関するドッグハラスメントの一例をご紹介します。

ダイエットのために急にゴハンの量を減らす

肥満気味の愛犬を適正な体重にしようとする気持ちは大切ですが、急激にフードの量を減らしたり、一気に違うフードに替えたりするのはNG。食べることが好きな犬は困惑し、不快感を覚えてしまいます。

ゴハンの量の調整やフードの切り替えは、1週間から10日間ほどかけて徐々に行うのが基本です。段階を踏んでゴハンの量や違うフードに慣れさせることで、できるだけ愛犬がストレスを感じないようにしてあげましょう。

排泄のたびに陰部やお尻をゴシゴシ拭く

愛犬をキレイにしたい一心で、陰部やお尻を強く拭いている飼い主さんも少なくないようです。しかし、陰部やお尻は敏感な部位なので、強く拭けば犬が痛みを感じるのはもちろん、皮膚を傷つけてしまうおそれも。

人とは違い、犬の排泄後は汚れがついていなければ拭かなくてもOKです。汚れがついている場合は、その部分にウェットシートを静かに2~3回あてて、押さえるように拭いてあげましょう。

苦手なお手入れを一気に済ませる

「苦手なことは一気に終えたほうがいい」という人の考えは、犬には当てはまりません。犬からしたら嫌な時間がずっと続くので、かなりのストレスを感じることに。また、この方法でお手入れを続けていると、よりお手入れ嫌いになってしまうおそれがあるので注意が必要です。

愛犬が苦手なお手入れは、小分けにして行うのがおすすめ。1日で終わらなければ、何日間かに分けてやっても問題ありません。

ゴハン中に近くでジロジロ見る

人もそうですが、ゴハン中に凝視されるのは犬も落ち着かず、不快に感じたり、「ゴハンを取られるかも」と不安になったりすることがあります。また、ゴハンを食べている姿を残そうと、写真や動画をずっと撮り続けていると、カメラに対して不信感を覚える犬も。

愛犬のゴハン中はジロジロ見るのではなく、少し離れた場所から食べ方や食欲をチェックする程度にしましょう。

ドッグハラスメントは今すぐやめて!

故意ではないにしろ、このようなドッグハラスメントを続けていれば、愛犬はさらに不快感やストレスをためてしまい、飼い主さんとの関係性も悪化しかねません。

愛犬が嫌がらない方法は何かを探り、ベストな方法でお世話をしてあげることが大切です。

参考/「いぬのきもち」2020年2月号『かわいがっているつもりのアノ行動が……じつはストレスになっていた! NO MORE! DOG (ドッグ)ハラスメント』(監修:日本動物病院協会認定家庭犬しつけインストラクター ジャパンケネルクラブおよび日本警察犬協会公認訓練士 さいたま市動物愛護推進委員 戸田美由紀先生)
文/ハセベサチコ
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_b6ecbc4da510_犬の遊び、そばで見守る?間違いがちな飼い方ポイント b6ecbc4da510 b6ecbc4da510 犬の遊び、そばで見守る?間違いがちな飼い方ポイント oa-dognews 0

犬の遊び、そばで見守る?間違いがちな飼い方ポイント

2021年3月22日 12:39 いぬのきもちNEWS

雑誌「いぬのきもち」では、愛犬を迎えたら必ず教えておきたいしつけや遊び、接し方について、毎月1テーマずつドリルのような形式でご紹介しています。今回は、過去にご紹介したドリルの中からしつけにまつわるクイズを3つ出題! ぜひ挑戦してみてください。

「留守番」のしつけに関するクイズ

《問題》
愛犬の「留守番のさせ方」で、間違っている方法はどれ?

A:留守番前に散歩や遊びで疲れさせる
B:長時間の留守番では留守番用の環境をつくる
C:照明やテレビ、ラジオなどをつけておく
D:留守番のときだけ静かな場所に移動させる

《答え》D. いつもと同じ環境が◎

留守番中に寝て過ごしてもらうためにも、留守番前は散歩や遊びで、愛犬を疲れさせましょう。
また、8時間以上の留守番のときは、クレート、トイレシーツ、給水器を設置した広めのサークルを用意し、そのうえで照明やテレビをつけておくなど、ふだんと同じ環境をつくることも大切です。
Dの方法だと、留守番だと気づいて不安になる犬もいるのでNG! よって答えは「D」です。

「イタズラ」のしつけに関するクイズ

《問題》
愛犬がスリッパを噛んでいるとき、飼い主さんのとっさの対応で間違っているのは?

A:無理にでも引っ張って取り上げる
B:犬の近くにフードをばらまく
C:おもちゃをもって愛犬を呼ぶ

《答え》間違いはA。犬の気をそらせるのがポイント

この場合、Bのようにその場にフードをばらまいて気をそらせるのが◎ 個体差はありますが犬は食いしん坊なので、多くの場合はこの方法で噛んでいたものを口から離すでしょう。
一方、噛んでいるものを無理に取り上げようとすると、取られまいとムキになって本気噛みに発展することがあるので要注意。よって答えは「A」です。

「ひとり遊び」のしつけに関するクイズ

《問題》
愛犬に「ひとり遊び」をさせるとき、間違っている方法はどれ?

A:部屋に「ひとり」にさせて集中させる
B:飼い主さんはそばで見守る
C:「マテ」の指示を出してから遊ばせる

《答え》間違いはA。ひとり遊びでも一緒だと楽しいことがあると思わせて

飼い主さんが家事などで一緒に遊べないときは、同じ空間で遊ばせるようにして「飼い主さんといれば楽しいことがある」と思わせることが大切です。
また、Cのように「マテ」の指示を出してから「OK」で解除して遊ばせるのもよい方法。犬が遊びの時間だと認識し、落ち着いて遊べるようになりますよ。よって答えは「A」です。

正しいしつけで愛犬と幸せな生活を!

みなさんは何問正解できましたか? 正しい方法でしつけをこなしていけば、困りごとが少なく幸せな一生を送れる犬に育ちます。愛犬との楽しい生活のためにも、しっかりとしつけていきましょう!


参考/「いぬのきもち」2019年2月号『12回で基本をすべてマスターできる!はじめてしつけコンプリートドリルvol.12特別編ダイジェストクイズ』(監修:しつけスクール「Can!Do!Pet Dog School」代表 西川文二先生)
文/ハセベサチコ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_g0czds3uoqqk_熊本地震で被災、犬と暮らす飼い主さんのリアルな体験談 g0czds3uoqqk g0czds3uoqqk 熊本地震で被災、犬と暮らす飼い主さんのリアルな体験談 oa-dognews 0

熊本地震で被災、犬と暮らす飼い主さんのリアルな体験談

2021年3月22日 12:30 いぬのきもちNEWS

突然訪れる、地震、台風、豪雨などの災害。昨今のニュースを見て、犬といっしょに暮らす人たちのなかには、「災害に遭ったらどうしよう……」と不安を感じている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、愛犬との防災について考えるべく、実際に災害を経験した飼い主さんにお話を伺いました。2016年4月14日に「熊本地震」が起きたときに、飼い主さんはどのような行動を取ったのか。何に困ったのか。飼い主さんの体験談から、いっしょに防災について考えてみましょう。

甚大な被害が出た熊本地震

突如、大きな揺れを感じる

2016年4月14日の夜、家族でテレビを見ていたときに大きな揺れに見舞われたNさん。今まで経験したことがない地震の規模に、恐怖を感じたそうです。

愛犬のれおくん(14才/マルチーズ)は、もともと怖がりの一面があり、地震がおさまってもしばらく震えていました。

「引き続き大地震に警戒するよう報道されていたため、れおに必要なものをひとまとめにして枕元に置いていました。家族全員でひと部屋に集まって寝ましたが、また大きな地震がくるかと思うと緊張し、よく眠れませんでした」

そのとき、落下すると危険な家電などを床に下ろしたり、愛犬グッズをまとめたりして備えました。

翌々日の深夜、本震が発生

そして16日の深夜、本震が発生。停電した暗闇の中で家族の無事を確認していたところ、れおくんがいないことに気づいたNさん。

携帯電話や懐中電灯の明かりで探したところ、点々と続くオシッコの先の押し入れの中で発見。れおくんを抱きかかえて、すぐに近所の広場へ避難し、夜を明かしました。

キャリーバッグを用意していましたが、愛犬が怖がって震えていたため、抱いて避難することにしたそうです。写真のように、首輪にリードをつけ、体を毛布で包み、抱っこして徒歩1分ほどの広場へ向かいました。

余震が続き、運動公園で車中泊を

「その後も余震が続き、自宅で夜を過ごすのが怖くて、車で10分ほどの運動公園の駐車場で車中泊しました。駐車場は避難所と違って配給の情報がなかったり、住んでいる地域でしか配給を受け取れなかったりなど苦労しました」とNさん。

避難所には犬を同行できなかったため、駐車場には、たくさんの犬連れの人が車中泊をしていたそうです。そんななか、れおくんの体調に異変が。

「急に変なセキをするようになったのです。動物病院が再開してすぐに受診すると、心臓病と診断されました。地震のストレスも原因のひとつだったようです。とてもショックでしたが、地震でパニックになって外に飛び出し、迷子になった犬もたくさんいましたから、いっしょにいられただけで本当によかったです」

犬たちと被災して思ったこと

よかったこと

前震から本震の間も余震が頻発し、緊張が続いていましたが、愛犬に必要なグッズをそろえる時間があったことはよかったとNさん。

「この経験から、今は愛犬グッズをすべて1カ所にまとめ、すぐに持ち出せるようにしています」

困ったこと

「本震のあと、2週間ほど蛇口から水が出なくなり、飲み水の確保が大変でした」とNさん。

他地域の知人が持ってきてくれたペットボトルの水や、数日に1回の給水車からの水を大事に使ったそうです。

「水はたくさんストックしておくべきです」。

まとめ ~防災士の先生より~

飼い主さんの体験談を聞き、防災士の成田先生は「飼い主さんが、前震のあと避難の準備をしたのは的確な判断だと思いました」と話します。

「前震と本震の間、地震と津波が到達するまでの間には、ある程度時間があるものです。飼い主さんが前震のあと、避難時に持ち出すものを準備したのは的確な判断だったと思います。地震の際はライフラインが止まるので、それを想定して備えましょう。とくに飲み水の備蓄は大切です」と成田先生。

いかがでしたか? この記事が、「愛犬との防災」についてきっかけになれば幸甚です。


参考/いぬのきもち2021年3月号「みんなの体験談から学ぶ犬防災」(監修:防災士・動物福祉活動家 成田 司先生)
写真提供/Nさん
イラスト/橋本 豊
文/伊藤亜希子

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_wgovtf5t0ugz_犬は季節の変わり目にどんな体調変化を起こしやすい? wgovtf5t0ugz wgovtf5t0ugz 犬は季節の変わり目にどんな体調変化を起こしやすい? oa-dognews 0

犬は季節の変わり目にどんな体調変化を起こしやすい?

2021年3月22日 12:17 いぬのきもちNEWS

季節の変わり目は、犬は体調変化を起こしやすいのでしょうか。

いぬのきもち獣医師相談室の先生に、冬から春は犬のカラダにどんな変化が起こりやすいのか、その注意点を聞きました。

冬から春の季節の変わり目、犬はどんな体調変化を起こしやすい?

獣医師)冬から春は皮膚のトラブルが増える時期です。
外耳炎や皮膚炎になってしまう場合もあれば、もともと持っている外耳炎やアレルギー性皮膚炎、細菌性皮膚炎が、気温の上昇とともに再発しやすくなります。

――どんな症状が多いですか?

獣医師)暖かくなることで代謝が上がってかゆみを感じやすくなる、湿気による皮膚のべたつきや耳道の蒸れなどの悪化による皮膚病などがあるでしょう。

また、気温の上昇でフードが傷みやすくなるため、食中毒や胃腸炎も増えてきます。食器や与える水を清潔にすることを徹底しましょう。

犬のカラダの機能にはどのような影響がある?

獣医師)気温や湿度が高くなることで犬の体温が上昇すると、新陳代謝が増加して体調は変化します。春になると冬に比べて体温を放出するためにエネルギーを使うのです。

犬は人間のように汗をかいて体温を下げることができないため、寒さよりも暑さに弱い動物だといわれます。

このため、気温が急激に上がる春先に熱中症のような症状をみせることがあります。

――春先も熱中症の危険があるのですね。

獣医師)特にシニア犬だと、冬の間は窓際の日向ぼっこをさせるくらいの温度がちょうどよいのですが、春先は気温とともに湿度も上昇するため、日向ぼっこが暑く感じてしまうこともあります。

犬の様子をこまめにみてあげて、口を開けてハアハアと呼吸していたら暑さを感じているサインなので、日陰の風通しがよいところに愛犬を移動させてあげましょう。

体調を崩さないために心がけることは?

獣医師)人に比べて犬は体温調節が苦手です。特に春先は温度の上昇に慣れるのに時間がかかります。暖かくなる3月ごろから意識した行動を心がけましょう。

お散歩の時間帯に気を付けたり、車で移動するときは車内温度の上昇などに細心の注意を払ってください。

温度や湿度の変化は、犬の皮膚や体の機能に影響があることがわかりました。暖かくなる季節、愛犬の体調変化、熱中症対策に加え、フードの管理にも気を付けましょう。

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_5d27ss2230y2_100均の材料で作った「犬用ベッド」が素敵 5d27ss2230y2 5d27ss2230y2 100均の材料で作った「犬用ベッド」が素敵 oa-dognews 0

100均の材料で作った「犬用ベッド」が素敵

2021年3月22日 12:03 いぬのきもちNEWS

愛犬がまったりくつろぐのに欠かせない犬用ベッド。もちろん市販のベッドもいいですが、飼い主さんが愛情を込めてベッドを手作りするのも素敵ですよね。

今回は、100円ショップの材料で作った犬用ベッドを、Instagramの投稿からご紹介します!

クッション&ウレタンでフカフカなベッドに!

裁縫やDIYが好きだという、トイ・プードルのほたてくんと暮らしている@hotate_go1110さん。@hotate_go1110さんは、100円ショップで買ったクッションを組み合わせ、中にウレタンを入れてベッドを作ってみたそうです。

しっかりと厚みのあるウレタンを使っているため、見た目からしてフカフカで、寝心地がよさそう♪ こんなベッドが100円ショップの材料で作れるなんて、すごいですね……!

愛犬ほたてくんもお気に入り♡

@hotate_go1110さんいわく、「しっかり採寸して広さを確保したはずなのに……クッションの厚みのせいでかなーりタイトなベッドに! それでも結構寝てくれる」とのこと。ほたてくんにとっても、フカフカ感が気持ちいいのかもしれませんね。

@hotate_go1110さんの投稿には、100円ショップのクッションが犬用ベッドに変身していく過程の写真もアップされていますよ♪

クッション&布でおしゃれなベッドが完成

@punch20200120さんは、ビション・フリーゼのパンチくんのために、セリアのクッション5枚と余っている布を使って、こんなおしゃれなベッドを手作りしてみたといいます♡ 布の質感もあり、高級感のある見た目に仕上がっていますね。

ほかのユーザーさんからも、「めっちゃかわいい!」「パンチくんが気持ちよさそう」というコメントが寄せられていました♪

手作りベッドに全身を預け、すやすや眠るパンチくんもかわいらしい1枚です。

セリアの商品を使った犬用ベッドも素敵!

こちらは@chako_no_kurashiさんが手作りしたベッド。ミニチュア・ダックスフンドの茶子ちゃんのために、セリアのアイテムを使って作ったようです!

座布団やクッションをつなぎ合わせたのでしょうか? モコモコしていてクッション性が高そうですね。

また、茶子ちゃんの腰に負担がかからないよう、フチのない出入り口を作っているのもポイント。細かい工夫が詰まった素敵なベッドです♡

広くてまったりできるベッドに

ちなみに、@chako_no_kurashiさんによると、「最初は半分の大きさで作ったけど、狭くて茶子が『気に入らん』みたいな顔をしたので、拡張してみた」とのこと。

茶子ちゃんは広くなったベッドを気に入ってくれたのではないでしょうか。

愛情がたっぷり詰まった、手作りの犬用ベッドをご紹介しました。安全性も考慮しつつ、愛犬のために快適かどうかを考えながら手作りできるといいですね!

参照/Instagram
文/松本マユ

外部リンク