cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_4479211651b0_犬は家族の中のリーダーに従うって本当?3つの犬の習性 4479211651b0 4479211651b0 犬は家族の中のリーダーに従うって本当?3つの犬の習性 oa-dognews 0

犬は家族の中のリーダーに従うって本当?3つの犬の習性

2019年10月24日 10:00 いぬのきもちNEWS

犬の“習性”の3つの新事実!

犬にまつわる習性、巷ではいろいろいわれていますが……

世の中ではワンコの習性についていろいろなことがいわれていますが、なかにはその真偽のほどがわからないものも。ウワサの域を出ない情報を鵜呑みにしていると、たとえばしつけに失敗したり、愛犬との関係が悪くなったりする可能性も十分あるので、正しい情報を知って、愛犬との生活に役立てましょう。

新事実1 犬は家族を順位づけしない!

かつて「オオカミなど群れで生きている動物には序列があって、上下関係や順位がある。リーダーには絶対服従する」という説がありました。その影響なのか、犬においても「家族という群れの中で上下関係を築く」といわれることがあります。

しかし! これは間違った情報なのです!
犬は家族のことを、たとえば「お母さんは群れのリーダーで、妹は自分より下」などと順位づけしたりしません。

もし、「お母さんの言うことは聞くけれど、妹の言うことは聞かない」など家族への対応に違いがあるのだとすれば、それはお母さんの言う通りにすればごほうびがもらえ、妹にはもらえない、などといった理由から。犬はその時々の状況に応じ、自分にとってどのような損得があるか考えて行動しているといわれています。

事実2 母犬は子犬の口を噛んで叱ったりしない!

「母犬は子犬を叱るときに口まわり(口吻、マズル)を噛む」という誤った説が流れ、そこから「犬はマズルを押さえながら叱るといい」といわれたことがありました。

しかしこちらも大きな間違い! 母犬は子犬を本気で噛んで叱ったりしません。

ですから、それを真似したしつけ方など言語道断!
犬はマズルを強く押さえて叱る飼い主さんの手に嫌悪感を抱くようになり、口を触らせなくなり、しまいには信頼関係も崩れます。
そもそも犬を叱ること自体ナンセンス。絶対にしてはいけないしつけ方なので、注意しましょう!

事実3 人より先に歩いても「自分が上」とは思わない!

散歩中に犬を先に歩かせていると「自分のほうが飼い主より偉い」と勘違いさせる……、そんな間違った習性を耳にすることがあります。

しかし、先に述べたように、犬は相手が自分より上か下かということを考えてはいません。
また、犬との接し方で上下関係や主従関係がつくられるという説に根拠はありません。
散歩中、飼い主さんより先に歩きたがるのは、自分がリーダーだからと思っているのではなく、単にお散歩が好きだったり、行く先に気になるものを見つけてわれ先にと進んでいるだけなのです。

ただ、毎回犬の自由に歩かせていると「リードを引っ張って好きなように歩いていいんだ」と覚えさせてしまうため、「飼い主さんの隣に並んで歩くとイイコトがある」とごほうびを与えながら教えるといいでしょう。


いかがでしたか? 正しい犬の習性を知って、お世話やしつけに役立てられれば、愛犬からもっと信頼される飼い主さんになれますよ!

参考/「いぬのきもち」2017年10月号『ネットに載っていたこの情報、ウソ?ホント?』(<しつけ編>監修:Can!Do!Pet Dog School代表 西川文二先生)、
「いぬのきもち」2018年3月号『犬の習性 コレってホント? それともウソ?』(監修:東京農業大学農学部バイオセラピー学科教授 増田宏司先生)
イラスト/尾代ゆうこ
文/h.taco

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_95a46cc60629_「吉田くんの涙」 95a46cc60629 95a46cc60629 「吉田くんの涙」 oa-dognews 0

「吉田くんの涙」

2019年10月23日 09:00 いぬのきもちNEWS

夫婦ケンカならぬ、兄弟ケンカは犬も食わない…?

吉田くんにとってはいつもと違う周一がとても心配なんですね…

作者 たかむら

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_bbdb52c80b5e_犬の口の「タフタフ」 bbdb52c80b5e bbdb52c80b5e 犬の口の「タフタフ」 oa-dognews 0

犬の口の「タフタフ」

2019年10月23日 09:00 いぬのきもちNEWS

犬の口のタフタフしたところ。外側のフカフカ感も良いですが、内側のしっとり・じめじめ・ぺったりした感触もたまりません。

これが めーのたふたふです

プロフィール

よしこ 13才のパグ・めーと暮らしています。趣味は犬の漫画を描くこと。著書に「パグまんが めー語」(河出書房新社)、「めー先生ですよ」(幻冬舎)など。めーは食いしんぼうでよく寝る犬です。よその人が大好き。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_3d1e790a3346_「犬たらし」の条件、あなたはいくつ当てはまる? 3d1e790a3346 3d1e790a3346 「犬たらし」の条件、あなたはいくつ当てはまる? oa-dognews 0

「犬たらし」の条件、あなたはいくつ当てはまる?

2019年10月23日 09:00 いぬのきもちNEWS

どんな犬にも、なぜか好かれてしまう人……それが「犬たらし」

すれ違った犬がうれしそうに寄ってくる、ドッグランに行ったらほかの犬たちが楽しそうに集まってくるなど、どんな犬が相手でもすぐに仲良くなれるのが「犬たらし」です。何もしていないように見えるのに、なぜか犬に好かれてしまうなんて、犬好きさんにとっては憧れの存在ですよね。そんな「犬たらし」さんですが、何もしていないように見えて、実は犬とコミュニケーションをとる方法や喜ばせ方を熟知している人が多いんです!

ここでは「犬たらし」さんによく見られる特徴をいくつかご紹介します! 当てはまるものが多ければ、もしかしたらあなたも「犬たらし」かも?

犬とよく目が合う

犬は好きな相手をじっと見つめてしまうもの。「犬たらし」を前にすると、たとえ遠くからでも、犬たちは気づいてほしくて熱い視線を送り続けます。

口調が穏やか

「犬たらし」は犬に話しかけるとき、丁寧な言葉で、穏やかに話しかけます。そのゆったりとしたやさしい口調が、犬の気分を落ち着かせるのでしょう。

犬に吠えられたことがない

他人を警戒して吠える犬でも、「犬たらし」相手にはめったに吠えません。堂々とした態度ややさしい表情など、犬を安心させる雰囲気をもっているのかも。

犬と「会話」ができる

「犬たらし」は犬の行動を観察し、犬の気持ちを読み取ります。さらには「楽しいね」など、話しかけて共感することで、犬と「会話」をしています。

初対面の犬でもおなかを見せてくる

犬にとっておなかは弱点ともいえる部位。しかし「犬たらし」の前では、犬たちは甘えたい気持ちになり、おなかを出して「かわいがって」とアピールします。

自分からは犬に近づかない

犬を怖がらせないよう、犬が自分から近づいてこない間は無理に近づきません。むしろその必要がないほど、犬のほうから積極的に近づいてきます。

態度に余裕がある

「犬たらし」は犬への正しい接し方を熟知しているため、どんな犬が相手でも余裕をもって接します。その態度が、犬に安心感や信頼感を与える一因となっているのでしょう。

自分の気持ちより、犬の気持ちが最優先

「犬たらし」は犬に対して紳士的にふるまいます。犬をかわいがりたいと思っていても、犬が嫌がっているなら決して無理じいすることはありません。

クラシックをよく聴く!?

アメリカの大学の研究によると、犬はクラシック音楽を聴くとリラックスするのだとか。もしかしたら「犬たらし」もよく聴いているのかも!?

こんなしぐさが見られたら、あなたも「犬たらし」!?

犬たちが「大好き」の気持ちを伝えようとしているときによく見せるしぐさを、いくつかご紹介します。もしあなたの前で犬たちがこんなしぐさをよく見せるのなら、あなたも「犬たらし」かも!?

お尻を向けてくる

お尻は犬にとって弱点となる部位ですが、信頼できる人には弱点もさらけ出せるもの。大好きな人には積極的にくっつけてくる犬もいます。

しっぽをブンブン振る

しっぽには犬の感情がよく表れます。犬が口角を上げながら、左右に大きくしっぽを振っている場合は、うれしい気持ちを表現しています。

どこにいても見つめてくる

大好きな相手をついつい目で追ってしまうのは、犬も同じ。「好き」の気持ちを伝えたくて、アイコンタクトを送り続けているのです。

そばにいてもリラックスしている

犬は警戒心の強い動物ですが、信頼できる相手の前ではガードもゆるみがちに。心からリラックスして、のびのびとした姿を見せます。

後ろからついてくる

たとえば部屋の中で少し移動しただけで、後ろからついてくる犬も。これは、大好きな人のそばにいたいという気持ちの表れです。

「犬たらし」を目指そう♡

いかがでしたか?「犬たらし」は、犬の喜ばせ方を熟知している人たち。「ほかの犬に好かれなくたって、うちのコにさえ好かれればいい」と思っている方も、「犬たらし」のテクニックを使えば、しつけに困らなくなったり、愛犬とより相思相愛の関係になれるかもしれません。もし友達やいぬ友に「犬たらし」さんがいたら、コツを聞いてみるのも手ですよ♪

参考/『いぬのきもち』2019年6月号「“犬たらし”に学ぶ♡愛犬と絆を深めるコツ」(監修/獣医師・獣医学博士 東京農業大学農学部動物化学科教授 増田宏司先生)
写真/尾﨑たまき、佐藤正之、殿村忠博
イラスト/Rica
文/影山エマ

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_b18cab9a44f3_犬が困ってしまう生活環境 b18cab9a44f3 b18cab9a44f3 犬が困ってしまう生活環境 oa-dognews 0

犬が困ってしまう生活環境

2019年10月23日 09:00 いぬのきもちNEWS

犬のためによかれと思って行っているお世話が、犬目線で見ると迷惑な行為だとしたら……?ここでは、飲み水やクレートといった生活環境について、飼い主さんがやってしまいがちなNG行動をご紹介します。心あたりのある方は、犬に嫌われる前に直しましょう!

ボトルタイプの給水機しか用意されていない

ボウルで水を与えず、ボトルタイプの給水機だけで水を飲ませるのは問題です。ボトルタイプの給水機は一度に飲める量が少ないため、たくさん水分を必要としているときに喉の渇きを癒せません。
いつでも飲める給水機としてボトルタイプのものを常備するのはOKですが、お散歩をした後など喉が渇いているときには、大きなボウルで飲ませてあげてください。

外が見えるところにハウスやトイレを置いている

景色が見える方が犬の気分転換になると思い、外が見える場所にハウスやトイレを置いていませんか?外が見える窓際は日当たりがよく暑くなりすぎてしまう心配もありますし、通行人が見えて落ち着かず、犬に吠えるクセがつく可能性もあります。
そのため、ハウスなどは直射日光が当たらず、人通りの少ない部屋の隅に置く方がおすすめです。

クレートを片付けてしまい、部屋に置いていない

狭くてかわいそうだからと、クレートを片付けてはいませんか?もともと穴蔵で暮らしていた犬にとって、クレートは落ち着ける大切な居場所なのです。なくなると、かえって不安を覚えます。
また、クレートは災害時の犬の居場所としても有効なので、普段から部屋の中に置いて、犬の居場所として活用しましょう。

ご紹介した行動の中に、思い当たるものはあったでしょうか。もし今行っていたとしても、ここで気付けたのならチャンスです。飼い主さんが直していけば、愛犬とよりよい関係を築くことができるでしょう。

参考/「いぬのきもち」2017年3月号『犬目線だとこう見える! 飼い主さんの「問題行動」』(監修:日本動物病院協会認定家庭犬しつけインストラクター ジャパンケネルクラブおよび日本警察犬協会公認訓練士 さいたま市動物愛護推進委員 戸田美由紀先生)
文/こさきはな
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_7ac9dfbd8d4c_ペットロスの辛さは経験した人にしかわからない 7ac9dfbd8d4c 7ac9dfbd8d4c ペットロスの辛さは経験した人にしかわからない oa-dognews 0

ペットロスの辛さは経験した人にしかわからない

2019年10月23日 09:00 いぬのきもちNEWS

愛犬とお別れをしたときに感じる喪失感や辛さは、ペットロスを経験した人にしかわからないものです。今回は、ペットロスを乗り越えた方の体験談をお届けします。

ペットロスになって乗り越えるまでの体験談

「私は高校生の時に愛犬を病気で亡くしました。小さな頃から毎日一緒に過ごした愛犬が何度も痙攣を起こす姿は、見ているのがとても辛かったです。寝たきりになってからは、フードを食べたがらず、学校の帰りに駅のパン屋さんでパンを買って帰ると、嫌々だけどなんとか食べてくれる。そんな毎日でした。」

旅行から帰ると冷たくなっていた

「ちょうど修学旅行の時期が重なり、出発の日はきっともう会えないかもと思って泣きながら玄関を出ました。慌てて家に帰ると、そこには、ドライアイスに覆われて眠っているカチカチで冷たい犬の姿がありました。翌日、火葬をして骨になった姿を見た時は、言葉では説明できない重い喪失感があり、心にぽっかり穴が空いて、感情がよくわからなくなっていたんだと思います。」

犬なんてみたくないという気持ちに…

「幼い頃から動物が大好きでしたが、ペットショップなんて近づきたくないし、犬なんか見たくない、道を歩いている犬を見ただけで涙が止まらなくなる、こんな自分へのいらだちと、ちゃんとしなくちゃという気持ちが混ざっている状態でした。
 一番辛かったのは、色んな人から言われる「新しい子を迎えたら?」という言葉です。当時の私にとっては、愛犬を否定されるような気がして、本当に辛かったです。学校ではいつも通りに振る舞い、部活をして家に帰る毎日を自分なりに精一杯過ごしました。」

愛犬を亡くした前後の記憶があいまい

「お別れをしてから1年以上経ったある日、数ヶ月前何してたっけ?と思い返してみても、全く思い出す事ができないことに気がつきます。学校の行事などは思い出せても、日常の出来事が全然出てこないのです。犬が亡くなる前の記憶も覚えていない期間があり、そこで、これはペットロスだと気がついてハッとしたものの、しばらくは、なんとなく犬を避け続けた生活をしていました。」

愛犬の闘病話ができるように

「ところがある日、急に「家に犬がいない生活は考えられないよ」という感覚が湧いたように出てきて、愛犬の辛い闘病の話ができるようになり、その後、新しい犬を迎える事ができました。今は犬達に囲まれて楽しい毎日を送っています。頭ではわかっていたつもりだったけど、苦しがる犬の闘病の話ができるようになったとき、私は、ようやく愛犬の死を受け入れられたのだと思います。」

獣医師からのアドバイス

リアルな心情の変化、どのように感じましたか? もしペットを亡くされたことがある方は、同じような感情を持ったこともある方もいるのではないでしょうか。

いぬのきもち獣医師相談室よりアドバイスをお届けします。
『周囲の人にペットを亡くしたことを相談されたら、ひたすら話を聞く側に徹するとよいでしょう。相手の話を否定したり、自分の体験を語ったりすることはよくありません。ペットロスの悲しみを吐きだしてもらうことが大切なのです。』

文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿いただいたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_6b63bff80f04_犬が穴に顔を突っ込むときの心理3つ 6b63bff80f04 6b63bff80f04 犬が穴に顔を突っ込むときの心理3つ oa-dognews 0

犬が穴に顔を突っ込むときの心理3つ

2019年10月23日 09:00 いぬのきもちNEWS

犬が穴に顔を入れているのを見たことがありませんか? たとえば、外で見つけた穴や、家の中だとソファの下などの狭い空間に顔を入れるコもいるみたいです。

今回は、犬が穴に顔や鼻を突っ込んでいるときの心理について、いぬのきもち獣医師相談室の先生が解説。また、穴に顔を入れるときに注意すべきことも紹介します!

犬が穴に顔を突っ込むときの心理3つ

犬が穴に顔や鼻を入れるとき、主に以下の3つのような心理であると考えられるでしょう。

①安心したい、落ち着きたい

犬は元々、暗くて狭い場所が好きです。野生時代、群れで行動していた犬は休むときに体を寄せ合い、仲間と仲間の間に顔を埋めるような状態になって寝ていたようです。

この休むときの姿勢が犬にとっては心地よく、安心して落ち着けるので、今でも穴のような狭いところに顔を突っ込みたくなるのかもしれません。ソファの下や、クッション、布団などの隙間に鼻を突っ込んだまま、伏せの状態で寝てしまう犬もいますね。

また、怖いことから逃げて落ち着きたい、安心したいというときも、鼻もしくは顔を穴のように狭い場所に突っ込んでじっとしていることがあります。

犬が怖がるシチュエーションは

たとえば、雷や花火、工事の音を怖がる犬は少なくありません。

これらの音が聞こえてくると、怖がっている犬は鼻や顔を穴のような場所に突っ込みながら時々震えたり、あるいは尻尾を丸めながら、じっと音が鳴りやむのを待ちます。

②情報収集、好奇心

穴の中やその先がどうなっているのか気になるときには、前足を入れたり突っついたりもしますが、発達している嗅覚を利用してニオイや気配を感じるために、鼻を突っ込んで好奇心を満たそうとします。

犬にとっては単に「遊んでいる」という感覚で、楽しい気分のよう。

好奇心が強い傾向にある犬種は…

とくにダックスフンドやテリア種、ビーグルなど、巣穴に潜む獲物を捕まえる「猟犬」として活躍していた犬は、本能的に穴の中やその先に興味を持つのかもしれませんね。

③飼い主さんが喜ぶのが嬉しい

毛布の中から鼻だけをのぞかせたり、散歩中に草の中に鼻を突っ込んだりするかわいらしい愛犬の姿に喜んだり、笑ったりすることがあるのではないでしょうか。

犬は飼い主さんの嬉しそうな様子を何度も繰り返し見ていると、「こういうことをしたら喜んでくれる」と学習して、顔を突っ込むようになります。

犬が穴に顔を突っ込むときの注意点3つ

犬が顔や鼻を穴に突っ込むときに、いくつか注意したいことがあります。飼い主さんは、以下の3つのことを覚えておいてください。

①誤食事故

犬が顔を突っ込みたくなるような穴や狭い場所は、飼い主さんの目が行き届かない場所も多くあります。愛犬が好んで顔を突っ込みそうな場所に、誤食事故につながるような物がないか日ごろから注意しましょう。

②虫さされ、蛇などに噛まれる

散歩中に草むらなどに鼻を突っ込みたがる犬は、虫さされや蛇に噛まれる可能性があります。安全な場所とわからない場合は、犬が自由に鼻を突っ込む遊びはさせないほうがいいでしょう。

③穴から抜けなくなる

好奇心のあまり、無理やり鼻を穴に突っ込んでしまう犬も稀にいるようです。穴の大きさを見て、抜けなくならないように気をつけて遊ばせましょう。

犬の習性や好奇心から、穴に顔を入れてしまうコもいるみたいですね。飼い主さんは上記の注意点を把握しながら、そばで見てあげるようにしましょう!

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_b962de61f7fe_叱るのはもちろん、甘やかしも。犬に与えがちなストレス b962de61f7fe b962de61f7fe 叱るのはもちろん、甘やかしも。犬に与えがちなストレス oa-dognews 0

叱るのはもちろん、甘やかしも。犬に与えがちなストレス

2019年10月23日 09:00 いぬのきもちNEWS

できるだけ愛犬にストレスを与えたくない――。ほとんどの飼い主さんがそう願うはず。しかし、飼い主さんが「愛犬のために」と思ってしている行動が、ストレスの原因になってしまうケースもあるのです。
今回は、飼い主さんが無意識に与えてしまいがちな、犬のストレスの原因をご紹介します。

厳しく叱ってしつける

飼い主さんの中には、「犬が粗相をしたときに厳しく叱れば、次からは叱られるのが嫌で粗相をしなくなる」と考えている方もいるかもしれません。

しかし、この方法は犬には伝わりにくく、ましてや言葉で論理的に説明しようとしても、まさに『犬に論語』。「飼い主さんが怒っている雰囲気」しか伝わらず、ストレスの原因になってしまいます。

犬をしつけるときは叱るのではなく、うまくできたらおやつやフードを与えてしっかりとほめ、「よい行動」を教えてあげるようにしましょう。

基本的なしつけをせずに甘やかす

しつけをせずに好き勝手やらせたり、苦手なことを克服する機会を与えずに甘やかしたりしていると、犬はわからないことが多いまま成長してしまいます。

すると、犬は適切な行動がとれなくなり、日常的に不安や恐怖を感じやすい状態に……。

可愛いからとつい甘やかしてしまう気持ちもわかりますが、結果として大切な愛犬に不安や恐怖を与え、ストレスを感じやすい犬にしてしまうのです。

1日中愛犬にかまおうとする

愛犬とふれあう時間はとても大切ですが、四六時中家族の誰かしらがかまっている状態は、犬にとってかなりのストレスになることがあります。

このようなストレスを与えないためにも、犬が単独でリラックスできる場所や時間を作ってあげることが大切です。

また、複数の来客があるときは、犬の様子を見ながらふれあってもらい、犬が警戒しているときは無理に距離を縮めないよう、あらかじめお願いしておきましょう。

無理に散歩させる

犬が散歩の途中で歩かなくなったときに、リードを強く引っ張って無理に歩かせようとする行為は、「無理強い」に当てはまります。

これは、犬にとって肉体的にも精神的にもストレスになるので、今すぐやめてあげましょう。

犬が散歩の途中で歩かなくなったときは、自ら歩きたくなるようにおやつで誘導してみてください。もし疲れているような場合は少し休憩したり、抱っこで移動したりするのもよい方法です。

飼い主さんが不安定になる

犬はいつも一緒にいてくれる飼い主さんの行動をよく見ています。そのため、飼い主さん自身が不安を感じていたり、家族同士でケンカをしていたりすると、それを察知して不安を感じ、ストレス状態に陥ることがあります。

飼い主さんのストレスは、愛犬のストレスでもあります。愛犬の前では、できるだけ不安な感情をあらわにしたり、ケンカをしたりしないように心がけましょう。

ここでは、犬のストレスの原因を5つご紹介してきました。愛犬ができるだけストレスを感じずに暮らしていけるよう、当てはまる行動があった場合は、接し方を工夫してみてくださいね。

参考/「いぬのきもち」2017年9月号『乗り越えればHAPPYになるストレスもある!犬にいいストレス 悪いストレス』(監修:しつけスクール「Can!Do!Pet Dog School」代表 西川文二先生)
文/ハセベサチコ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_b1c5d38636f7_散歩はそんなに好きじゃない?『インドア犬』たちの生態 b1c5d38636f7 b1c5d38636f7 散歩はそんなに好きじゃない?『インドア犬』たちの生態 oa-dognews 0

散歩はそんなに好きじゃない?『インドア犬』たちの生態

2019年10月23日 09:00 いぬのきもちNEWS

飼い主さんにお散歩をせがみ、外で元気に走り回る犬ばかりじゃない! イマドキの犬には野性味や警戒心が薄い犬も多く、中には外に出たがらないインドア派もいるのです。ここではそんな『インドア犬』の生態や、キュートな画像をご紹介します!

イマドキの犬はインドア派も多い?

人と犬がともに暮らし始めてから、2万年以上がたった今日。

犬はかつて大自然を駆け回っていたため、基本的には外が好きな生き物。しかし最近は家の中が快適だと知っている犬も増え、家にいることを好む傾向が増えてきたようです。
安全な環境の中で飼い主さんを信頼し、のんびりまったりと暮らすうちに、そんな“犬らしくない犬が増えたのかもしれません。

そんな『イマドキ犬』の中には、「お外よりおうちがいい!」というインドア派な子たちもいます。

おうちが好きな“インドア犬”

とにかくおうちが大好きな“インドア犬”は、お散歩に出かけてもご機嫌ナナメ。家が近づくと「早く帰ろう!」とダッシュし、家に着くなりコロンと横になったりします。

SNSでは、飼い主さんがお散歩に連れていこうとすると「イヤイヤ」をして行きたがらない犬や、しぶしぶといった表情で歩く犬たちの写真もたくさん投稿されていますよ!

そういえば、ライターの愛犬であるミニチュア・ダックスフンドもインドア派。
リードを見せるとテーブルの下に逃げたり、家の外に出るなりイヤイヤポーズになったり……。
玄関先で「絶対に動かないぞ!」とばかりに踏ん張る姿は飼い主泣かせですが、どこかかわいらしくてクスリと笑えてしまいます♪

かわいい“インドア犬”画像をまとめました!

お散歩、断固拒否!


柴犬のユクちゃん、雨の日にカッパを着ていざお散歩へ!
ところが飼い主さんがリードを引くと、「イヤイヤ、行きたくないよー!」と断固拒否のポーズになっちゃいました。
“イヤイヤ感”が全面に出ている表情がなんともかわいいですね♡

「お散歩」のワードに反応して……

豆柴のさくらちゃんはお散歩が苦手。
なんと飼い主さんが「お散歩」と口にしただけで隠れてしまうそうです!
きちんと日本語を理解している(?)さくらちゃん、なんて賢い子なの……!

公園でだら~ん

フラットコーテッド・レトリーバーのテランちゃん。飼い主さんによると、お散歩に行くもそのほとんどは休憩なのだとか!
公園でだら~んと寝そべっている姿からは、野性味が感じられず……?
「まったりが一番だよね~♡」なテランちゃんなのでした♪

「歩きたくないなぁ~」

かわいい“イヤイヤ顔”を見せてくれているのは、豆柴のフクちゃん。
この日は出かけるときからイヤイヤしていたようで、家に着くまでなかなか時間がかかったそう……。
お顔が「ぎゅむっ」となっている姿が、たまらなく愛おしい♡

犬らしい本能を忘れ、お散歩を好まないイマドキの犬たち。その姿には「犬なのに……」と思ってしまうかもしれませんが、ギャップがまたかわいいものです♡
みなさんの愛犬は外が大好き? それとも……“インドア犬”ですか?

参照/Instagram
参考/「いぬのきもち」2019年6月号『“吠えたい”と思わない! 肉よりも野菜のほうが好き! 犬だけどどこか人っぽい!? イマドキ犬のきもち』(監修:哺乳類動物学者 今泉忠明先生)
文/松本マユ
※一部写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と一部写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_bf319e698fd5_散歩に行きたくない柴犬、たぬき寝入りでその場をしのぐ bf319e698fd5 bf319e698fd5 散歩に行きたくない柴犬、たぬき寝入りでその場をしのぐ oa-dognews 0

散歩に行きたくない柴犬、たぬき寝入りでその場をしのぐ

2019年10月23日 09:00 いぬのきもちNEWS

朝です! お散歩の時間。
柴犬のももちゃんに「お散歩に行こうか」と尋ねる飼い主さん。


するとももちゃん……
なんと、狸寝入りをはじめました(`・ω・´)

フカフカのクッションの上で日光浴をしながら。
ここから動きたくないんだもん~と、目線だけで必死に訴える。

「そんな日もあるよね(*´ω`*)」と思わず許してしまう
そんなかわいさを発揮するももちゃんでした。

参照/YouTube(お散歩って聞いた途端眠そうな顔をする柴犬 Sleepy dog don't wanna go for a walk)
文/木村ジョンソン千鶴

外部リンク