cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_2nw1j24zpopr_曇りなき瞳の訴えは効果絶大? 魅力をいっぱい発揮する犬 2nw1j24zpopr 2nw1j24zpopr 曇りなき瞳の訴えは効果絶大? 魅力をいっぱい発揮する犬 oa-dognews 0

曇りなき瞳の訴えは効果絶大? 魅力をいっぱい発揮する犬

2021年12月14日 16:44 いぬのきもちNEWS

待っていれば出てくるんだよね…。

こんにちは、スズメ天狗。です。

てんすけはお散歩で会う人達におやつをもらうのが大好きです。
普段あまり喜んで食べないドライフードでも、他所の人がくれたら大喜びで食べます(同じメーカーのでも)。

「誰かにもらえる」ということ自体が楽しいみたいです。

困るのは、「ねだれば何回でもくれる人」を見極めてしまうこと。

もうおしまいね、と終わる人にはそんなに執着しないのですが、
お願いしたら何度でもくれそうな人は覚えていて、
その人に「すごく期待した目」でおすわりしておねだり。
「そんな目で見ないで〜汗」と言って手を出されたら、自らお手。

みなさん優しいので「お手されたらあげないとしょうがないな〜」と言って、まんまとおかわりゲットです。

もちろんそんなに何回ももらうわけにはいかないので止めるんですが、スキあらばその人のそばに行って、うるうるした目で見つめながらおすわりをするやつ…。
お恥ずかしい…。

何度もやろうとするので、そのたびに止めて離れないといけなくなるので大変です。
ちゃんと人を見てやってるので、覚えてるんだろうなあと思います。

「どこでも生きていけるね」と言われるてんすけ。
なかなかしたたかな性格をしております。

信じてるよ

登場人物紹介

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_vhu0ozeuj3b5_「そのコは、何してるの?」散歩中に見せた犬の姿に爆笑! vhu0ozeuj3b5 vhu0ozeuj3b5 「そのコは、何してるの?」散歩中に見せた犬の姿に爆笑! oa-dognews 0

「そのコは、何してるの?」散歩中に見せた犬の姿に爆笑!

2021年12月14日 16:43 いぬのきもちNEWS

どんな場所でも寝られるという犬がいますが、「そこで…?」と思わず驚いてしまうことも。

今回紹介するTwitterユーザー@muchi21067312さんの愛犬・ちいくんは、お散歩中に寝てしまったそう。ちいくんの「まさかの姿」が話題になっています。

通行人「そのコは、何してるの?」 飼い主 「わかりません」

その様子がこちらです。ちいくんはお散歩中にも関わらず、大胆なヘソ天ポーズで寝てしまったようです。家の中ならまだわかるけれど、外でも無防備なヘソ天ポーズで寝てしまうなんて…(笑)

ヘソ天で寝る兄・ちいくんと、ちいくんに無関心な妹・むうちゃん。そして、背景の綺麗な夕日がなんともシュールです(笑)

この状況のちいくんたちとすれ違ったら、思わず足を止めて「何をしているの!?」とツッコんでしまいそうです。

ちいくんたちの姿を見たTwitterユーザーからは、「夕焼けとヘソ天 絵になる風景」「まさかのお散歩中でもへそ天で寝られるなんて どこでもリラックス出来るプロに弟子入りしたい」「お兄ちゃん最強すぎる」「秋を全身で感じている…んでしょうかね」などと、反響のコメントがたくさん寄せられています。
ちなみに飼い主さんのコメントによると、「何をしてるかは、わかりませんが あの体勢の彼は、絶対に起きません」とのことです(笑) 


ちいくんは過去にも、ヘソ天状態で起きる気配のない様子を度々見せています。その様子は、過去記事でもチェックしてみてください!

参照/Twitter(@muchi21067312)
文/雨宮カイ

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_3l0f2do6devt_お姉ちゃんに体を拭かれてニッコニコが止まらないハスキー 3l0f2do6devt 3l0f2do6devt お姉ちゃんに体を拭かれてニッコニコが止まらないハスキー oa-dognews 0

お姉ちゃんに体を拭かれてニッコニコが止まらないハスキー

2021年12月14日 16:38 いぬのきもちNEWS

お散歩から帰宅した、シベリアン・ハスキーの文太くん♪
お散歩の後は、足と体を拭きます。

文太くん、体を拭かれるのは好きみたい!?
だって、こんなにニコニコしているんだもの^^

もしかしたら、大好きなお姉ちゃんにギューッとされるのが好きなのかもしれません♡
幸せな気持ちになる、ほっこり動画です♡

参照/YouTube(お散歩から帰宅しニッコニコで体を拭かれるシベリアンハスキー)

文/しばたまみ

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_bx0kzmyqj1qr_イタズラの証拠を突きつけられた柴犬→「表情」にクスッと bx0kzmyqj1qr bx0kzmyqj1qr イタズラの証拠を突きつけられた柴犬→「表情」にクスッと oa-dognews 0

イタズラの証拠を突きつけられた柴犬→「表情」にクスッと

2021年12月14日 16:32 いぬのきもちNEWS

目の前に提出された「証拠」を見た柴犬の反応は…

Twitterユーザー「シヴァ犬こむぎっす」さんの愛犬・こむぎくん。イタズラしてしまい、飼い主さんから証拠を突きつけられてしまいました。

気まずそうな表情を浮かべたこむぎくんは…次の瞬間に見せた表情が可愛すぎるんです!

リアクションがスゴい(笑)

この顔である(笑)

顔の前に前足を持ってきて、「しまった〜!」と言わんばかりの驚いた表情が可愛いですね♪

雲隠れしようとしている?

気まずいのか、それともこの場を切り抜けるために隠れようとしているのか、必死にごまかそうとしているのか、飼い主さんの足に顔をうずめちゃっています。

か、可愛すぎる…。

舌をぺろりと出して反省するこむぎくんなのでした(笑) こんな可愛い表情を見せられたら…イタズラしても許しちゃうかも?



参照/シヴァ犬こむぎっす(@Shibamugi28)さん
文/二宮ねこむ

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_b0ml8pgn61zr_ストレスやケガの恐れも 犬に注意が必要な「インテリア」 b0ml8pgn61zr b0ml8pgn61zr ストレスやケガの恐れも 犬に注意が必要な「インテリア」 oa-dognews 0

ストレスやケガの恐れも 犬に注意が必要な「インテリア」

2021年12月14日 16:28 いぬのきもちNEWS

室内で暮らす愛犬には心地よく暮らしてほしいものですが、インテリアの選び方によってはストレスを与えてしまうものや、ケガをする可能性があるものなどもあるようです。

この記事では、犬にとって注意が必要なインテリアの事例について、いぬのきもち獣医師相談室の獣医師が解説します。

犬にとって注意が必要なインテリアとは?

——犬がストレスを感じたり、ケガをする恐れのあるインテリアには、どのようなものがありますか?

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「ここでは家電を含め、いくつか事例を紹介します」

①観葉植物

獣医師:
「部屋の中に観葉植物を置くと、犬がかじったり食べてしまうことで中毒を起こす可能性があります。危険回避のために犬の届かないところに観葉植物を設置したり、犬に危険ではない観葉植物を選ぶなどしましょう」

②フローリング 

獣医師:
「フローリングは滑ってしまい、犬にとっては歩きづらく、足腰に負担をかける可能性があります。とくに椎間板ヘルニアになりやすい犬種やなったことのある犬は、フローリングは注意が必要です。

ケガ防止の対策としてカーペットを敷いたり、フローリング用の滑り止めを使用するなどして対応するとよいでしょう」

③角が角ばっている家具

獣医師:
「角が角ばっている家具は、ふとしたときに愛犬がぶつかってケガをしてしまう可能性も考えられます。気になる場所は角をガードするか、角ばっていない家具を選ぶとよいでしょう」

④犬に直に風が当たる冷暖房器具

獣医師:
「犬に直に風が当たる冷暖房器具を使用すると、直接風がずっと当たることがストレスになったり、体温調節がしづらいことから体調に異変をきたすこともあります。犬に直接風が当たらないよう工夫が必要です。

たとえば、犬がストーブに近づきすぎるとヤケドをしてしまう恐れがあるため、ストーブから30cmほど離したところを柵で囲むなどして、直接体に触れないように対策をしましょう」

⑤テレビやステレオなど

獣医師:
「愛犬が常にいる場所の近くにテレビやステレオなどが置いてあると、犬は不快に感じるかもしれません。大きな音が長く続くことは、人よりも耳がよい犬にとってはストレスになります。

愛犬の眠りを妨げてしまう恐れもあるため、愛犬の居場所から離れた場所に置いたほうがよいでしょう」

室内飼いの犬が心地よく暮らせるための住環境の工夫は?

——室内飼いの犬が心地よく暮らせるための住環境の工夫を教えてください。

獣医師:
「人にとってはおしゃれで素敵なインテリアであっても、愛犬にとってはストレスがかかってしまったり、ケガをしてしまう可能性があるものもあります。

飼い主さん側の目線だけでインテリアを選んでしまうと、愛犬と生活するうえで問題となることがあります。上記で例を取り上げましたが、犬がストレスを感じやすいものをあらかじめ避けたり、犬にとって危険なものにならないように対策をするなどが必要でしょう。

両者が心地よく感じられるインテリア選びを心がけるようにしてみてくださいね」

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_2zcn1zsz60v1_【調査】犬がご機嫌なときに見せるしぐさ・行動の数々 2zcn1zsz60v1 2zcn1zsz60v1 【調査】犬がご機嫌なときに見せるしぐさ・行動の数々 oa-dognews 0

【調査】犬がご機嫌なときに見せるしぐさ・行動の数々

2021年12月14日 16:20 いぬのきもちNEWS

愛犬はご機嫌なときに、わかりやすいしぐさや行動を見せていますか?

愛犬はご機嫌なときに、わかりやすいしぐさや行動を見せている?

今回いぬのきもちWEB MAGAZINEでは、飼い主さん143名に「愛犬はご機嫌なときに、わかりやすいしぐさや行動を見せているかどうか」アンケート調査を行いました。

すると、約9割の飼い主さんが「わかりやすいしぐさや行動を見せている」と回答する結果に。

【体験談】愛犬がご機嫌なときに見せるしぐさや行動は?

では、犬たちはご機嫌なときにどのようなわかりやすいしぐさや行動を見せているのでしょうか? 飼い主さんたちに聞いたところ、なんとも可愛いエピソードが多数寄せられました。

笑顔になる

  • 「笑顔に見える表情になる」
  • 「おやつをあげるとき、ものすごい笑顔で迎えてくれます」
  • 「笑顔。足取りが軽やか」
  • 「散歩中にご機嫌だと、ニコニコしながらしっぽを振って、『楽しいよー』とこちらを見つめてくる」
  • 「大好きな近所の犬や人に会ったとき、しっぽを振る。笑ったような顔になる」

目が生き生き、キラキラしている

  • 「しっぽを縦にぶんぶん振るし、口角もあがり目つきが生き生きとしている」
  • 「家の中をダッシュで走り回って、こっちを見上げて目をキラキラさせる」
  • 「目がまん丸になって生き生きしてる表情になる」
  • 「おやつをもらえるとわかったときに、すっごくよい姿勢のお座りをして目をキラキラさせる」

おしりやしっぽをフリフリする

  • 「おやつの時間のとき。おもいっきりしっぽを振って、ぴょんぴょん跳ねて、待っています」
  • 「おやつをもらうときや散歩のとき、しっぽの振り方が激しい」
  • 「散歩中に大好きな人に会ったとき、別れてからも足取り軽く、しっぽも高めでフリフリしている」
  • 「機嫌が良いときは、歩くときにしっぽをピンと立てて、おしりをプリプリ振ってます」

走る

  • 「朝ごはんを食べた後は、廊下を全力で走り回る」
  • 「お気に入りのおもちゃを振り回しながら走り回る」
  • 「お気に入りの公園へ行ったら、ウサギ跳びのような走り方をしてぴょんぴょんと飛びながら散歩をしています。お口は三角形でペロッと舌をだしていますよ」
  • 「家中駆け回る。それはそれはすごいスピードでバグったのかと思うほど走る」

そわそわしたり、ジャンプしたりする

  • 「お散歩に行くときにしっぽがピーンとなって、満面な笑顔で早く行きたくて室内をウロウロします」
  • 「おやつのときに飛び跳ねる」
  • 「お散歩に出かける際、鍵の鈴の音を聞くと、ジャンプして1周回る。その後、玄関にまっしぐらにダッシュする。めちゃめちゃ可愛いです」
  • 「ごはんの皿を持つとクルクル回って喜び、ごはんの量を計っている間にサークルの中でスタンバイ」
  • 「お散歩に行くと分かるとソワソワ、ウロウロ、ジャンプする」

スリスリしたり、くっついてきたりする

  • 「かまってもらったり、なでてもらえたりすると、体をクネクネさせたり足に身体を擦り付けるような動作を繰り返します」
  • 「名前を呼ばれると常にご機嫌です。猫のように頭をスリスリしてまとわりついてきます」
  • 「膝に乗ってきたり、周りにくっついている」
  • 「自分なりに気分がいいとき、やたら甘えん坊。やたらくっついていい顔してる」

ヒコーキ耳になる

  • 「家族の誰かが帰ってくるとヒコーキ耳になる」
  • 「しっぽブンブン。お耳がペタっとなって笑顔」
  • 「飼い主が帰ってきたときにヒコーキ耳になり、滅多に振らないしっぽを振る」
  • 「嬉しくってヒコーキ耳になって、おしりはプリプリ。興奮しだして走り回る」
  • 「パパさんが帰ってきて嬉しくて、しっぽをおしりごと振るぐらいの勢いで、耳がなくなるくらい倒して、なでて攻撃してます」

おもちゃをくわえて持ってくる

  • 「散歩に行くために準備を始めると、必ず大好きなおもちゃをくわえて、すごい速さで行ったり来たりする。そのときの顔が嬉しそうに見える」
  • 「とにかくおもちゃを持ってくる。手をあまがみ(以上?)してくる」
  • 「ママがソファに座ってひと休みしだしたときに、おもちゃをくわえて足元に持ってくる」

ご機嫌な犬が見せる行動は、ほかにも!

  • 「ふせた状態で後ろ足を伸ばし、バタバタさせる」
  • 「おもちゃをくわえながら、ヘソ天で遊んでます!」
  • 「公園で『走るよ!』と声かけをしたときには、目線も口角もしっぽも上げて、アイコンタクトしながら走り出します」
  • 「留守番させていて私が帰宅したときに、ご機嫌になります。何度も何度も飛びついてきて、あぐら足の上でゴロゴロします。眠かったり不貞腐れてるときは、『アッ、帰ったんですネッ!』みたいな感じです」
  • 「散歩中になでなでしてくれる人に会うとほふく前進で近づいていく」

愛犬のご機嫌な様子は、飼い主さんも嬉しくなりますよね。愛犬はどんなことで嬉しいと感じるのか、日頃からよく観察してみてください。

いぬのきもちWEB MAGAZINE『犬の行動に関するアンケートvol.09』
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください
文/柴田おまめ

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_i3iq9ca0378e_犬が「震える」理由 病気が原因の場合もあるってホント? i3iq9ca0378e i3iq9ca0378e 犬が「震える」理由 病気が原因の場合もあるってホント? oa-dognews 0

犬が「震える」理由 病気が原因の場合もあるってホント?

2021年12月14日 16:17 いぬのきもちNEWS

愛犬が体をブルブルと震わせていると、何か病気が原因なのではないかと不安になりますよね。そこで今回は、犬が震える理由について解説します。動物病院へ連れていくべき症状についてもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

犬が震える理由は「寒い」「恐怖」「緊張」

犬が震える主な原因は、「寒さ」「恐怖」「緊張」です。

寒いときには、脳が筋肉に「震えなさい」と指令を出します。これは、震えることで筋肉を発熱させ、体温を高めようとするためです。また、恐怖を感じたときや緊張したときも同様、脳からの神経刺激が筋肉へと伝わるため、震えがおこります。

どの場合も震え方に違いはないので、体を温めてあげたり、恐怖の対象になりそうなものから遠ざけたりするなど、飼い主さんができる対処をしながら、犬が震えている原因を探ることが大切です。

恐怖・緊張を感じたときは「あくび」などが出ることも

なお、犬が緊張や恐怖を感じているときは「震え」以外にも、次のような生理現象が見られる場合があります。

あくびをする

犬は緊張したときに、あくびをすることがあります。これは「カーミングシグナル」と呼ばれ、犬が自分や相手を落ち着かせ、争いやストレスを避けるためのしぐさです。

もちろん、眠気を感じたときにもあくびは出ますが、犬があくびをしたあとに周囲の様子に敏感になっているようなら、緊張をやわらげるためのあくびと判断できるでしょう。

鼻水が出る

犬はカゼをひくと鼻水が出ますが、あくびと同様「カーミングシグナル」として鼻水が出ることもあります。

犬は緊張するとアドレナリンというホルモンが出て、体を危機から守るために、全身の血流を筋肉に集めようと働きます。すると、鼻に流れ込む血液量が増加し、粘膜から染み出す粘液の量も増えるのです。

これが緊張したときに出る鼻水の正体です。人が緊張して冷汗をかくのとよく似ています。

毛が逆立つ

人は寒いときや怖いときに鳥肌が立ちますが、それと同じように、犬も寒さや恐怖を感じたときに毛を逆立てることがあります。

これは犬の体表にある立毛筋(りつもうきん)という筋肉が収縮するため。寒さや恐怖を感じたときに交感神経が働き立毛筋が収縮することで、毛が逆立っているように見えるのです。

震えが止まらなかったり倒れたりするときは動物病院へ

さまざまな対処法をとっても、犬が震える原因がわからなかったり、なかなか改善されなかったりする場合は、病気が原因かもしれません。

例えば、震えたあとに倒れる・震えが止まらない・体温が低下しているなどの症状が見られるときは注意が必要です。このような場合、てんかん発作の前兆である可能性や、低血糖症や低体温症などの一症状として震えているケースが考えられますので、至急かかりつけの動物病院を受診してください。

愛犬が震えているときはよく様子を観察しながら原因を探り、心配な症状があるときは獣医師に相談しましょう。

参考/「いぬのきもち」2017年12月号『おなら、げっぷ、クシャミはなぜ出るの?犬の生理現象まるわかり事典』(監修:ヤマザキ学園大学動物看護学部講師 動物臨床行動学研究室 獣医学博士・獣医師 茂木千恵先生)
文/えむら若奈
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_tk443cv8xr59_知育おもちゃの賢い使い方? 待てばいいと確信してる柴犬 tk443cv8xr59 tk443cv8xr59 知育おもちゃの賢い使い方? 待てばいいと確信してる柴犬 oa-dognews 0

知育おもちゃの賢い使い方? 待てばいいと確信してる柴犬

2021年12月14日 16:14 いぬのきもちNEWS

みなさんこんにちはさるわたりです。
我が家は夫と私、柴犬のタロさん、娘と暮らしています。

タロさんが家に来たばかりの頃、中にオヤツを入れられる知育玩具を買っていました。
しかし、タロさんはこの玩具であまり遊ばず、ずっと使われていないままでした。

オヤツが入る知育玩具を持っているけど…

そんな使われていなかった玩具ですが、先日娘が遊んでみたいと言い出したので、久しぶりに遊んでみることにしました。

知育玩具にオヤツを入れてタロさんの目の前に出してみました。しかし、無反応なタロさん。オヤツが入っているのは分かっているのか、知育玩具を見つめています。

ただ見つめるだけのタロさん

すると娘が、「こうだよ!」と知育玩具の使い方をタロさんに見せ始めました。

娘がお手本を見せます

娘が一生懸命にお手本を見せていると、知育玩具からオヤツが出てきてしまいました。
すかさず食べるタロさん。

娘が出したオヤツを食べるタロさん

娘は「次、やってみて!」とタロさんに言いますが、また知育玩具を見つめるだけのタロさん。

また見つめるだけのタロさん

娘は「こうやってやるの!」とまたお手本を始めました。
するとまた、知育玩具からオヤツが出てきます。そして案の定、タロさんがオヤツを食べます。

お決まりのように食べるタロさん

多分タロさんにとってこの知育玩具は「待っていたらオヤツが出てくる玩具」になっているのかもしれません。
たしかに、昔買ったときもずっと玩具の前で待っていた気がします。

待ってれば出してくれるんでしょ?

私たち家族をよろしくね!

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_qghuhdv18ncj_赤ちゃんが泣いてしまい固まる2頭の犬→表情が可愛い qghuhdv18ncj qghuhdv18ncj 赤ちゃんが泣いてしまい固まる2頭の犬→表情が可愛い oa-dognews 0

赤ちゃんが泣いてしまい固まる2頭の犬→表情が可愛い

2021年12月14日 16:11 いぬのきもちNEWS

気まずい雰囲気になってしまったら…犬も困惑してしまう?

ある日、Twitterユーザー@rekkatanchibiさんの愛犬・レッカくん(4才)は、お友達ワンコと楽しく遊んでいたのですが…。

赤ちゃんが泣いてしまって困惑

赤ちゃんから離れた場所で遊んでいたものの、どうやら大きな声ではしゃぎすぎてしまったせいか、赤ちゃんが泣いてしまったようです。

突然赤ちゃんが泣き出し、遊びを中断して固まる2頭…。

「もしかして、ボクたちのせい?」と、罪悪感を感じているのでしょうか…。2頭はなんとも言えないような、複雑な表情をしています。

このあとどうすればいいのかわからず、赤ちゃんのことを申し訳なさそうに見つめるレッカくんとお友達ワンコ。2頭の姿がおもしろ可愛くて、思わず笑ってしまうのでした。
この投稿を見たTwitterユーザーからは、「ふたりの『やっちまった』感全開の表情が…(笑)」「心配してる表情がたまらん!絶賛反省中」「赤ちゃんの声に引きながら気まずそうに心配してるお顔が、イタズラした後の小学生みたいで笑っちゃいました」などと、反響のコメントが多数寄せられていました。


当時の様子について、飼い主さんに話を聞いた!

先程の投稿は、2020年2月に投稿されたもの。飼い主さんにお話を伺うと、当時をこのように振り返ります。

飼い主さん:
「レッカのあのような反応は初めて見たので、とても驚きました。犬も赤ちゃんの感情を感じとることができるのだなぁと、ビックリしました。

ちなみにあの後、レッカは私のほうに寄ってきました(笑) たぶん『どうしたらいいのかな?』と助けを求めにきたのだと思いますね」

感情表現が豊かで、見ていておもしろい!

感情表現がとても豊かだというレッカくん。飼い主さんはレッカくんの表情やしぐさを見ていると、「人間っぽいな」と感じることがよくあるのだそう。

レッカくんは、反応や表情などで飼い主さんご夫婦をよく笑わせてくれるそうです。

飼い主さん:
「レッカは、わざわざ机に体を置いて寝ることがあります。床で寝たほうがラクだと思うのに、この体勢でよく夫婦の会話を聞いています(笑)」

飼い主さん:
「寝顔もおもしろいです。寝ているときはいつも無防備で、毎日口が開いてます。寝言も毎日言っています。

レッカは反応や表情などでよく笑わせてくれて、可愛いというより『おもしろい柴犬だな』といつも思いますね」

おもしろキャラなレッカくんですが、小さい頃から物覚えが早かったり、人の言うこともしっかり理解して行動してくれたりと、賢い一面もあるのだそう。

飼い主さんはレッカくんの魅力について、「ふだんはぼーっとしていて抜けているおもしろいコですが、やるときはビシッと決めてくれるギャップが魅力です」と話していました。

飼い主さんが思う「柴犬の魅力」は?

レッカくんと楽しい毎日を過ごしている飼い主さんご夫婦。レッカくんと暮らすなかで感じる「柴犬の魅力」について聞いてみると、このように話してくれました。

飼い主さん:
ツンデレ具合が半端ないところが魅力的です。あまりベタベタ触られることを嫌いますが、自分がかまってほしいときはそっと寄ってくるし、『別に触ってもいいけど~?』と上から目線なところも可愛いです」

飼い主さん:
「そして、日本犬だけあって見た目がとてもカッコイイ! 日本の風景にとっても馴染み、『柴ちゃんだー』と、いろんな方から声をかけてもらうことも多いですね」


写真提供・取材協力/@rekkatanchibiさん
取材・文/雨宮カイ

外部リンク

cat_14_issue_oa-dognews oa-dognews_0_8g7cx2m62mxb_「実は犬の骨・関節・筋肉に負担をかけている…」NG習慣は 8g7cx2m62mxb 8g7cx2m62mxb 「実は犬の骨・関節・筋肉に負担をかけている…」NG習慣は oa-dognews 0

「実は犬の骨・関節・筋肉に負担をかけている…」NG習慣は

2021年12月14日 16:03 いぬのきもちNEWS

愛犬も飼い主さんも、何気なく日常的に繰り返している行動の数々。そのなかには、実は愛犬の体に負担をかけてしまっているものも。
今回は、愛犬の骨・関節・筋肉に負担のかかるNG習慣と、改善するためのポイントを解説します。
獣医師の田草川佳実先生にお話を伺いました。

NG習慣①ソファからの飛び降り

犬の前足の骨は意外に細く、ソファから着地した際に急激に負荷がかかって折れてしまうことがあります。とくに骨や筋肉がまだ成長途中の子犬は要注意。折れればその場で「キャン!」と鳴いたり、痛めた足を床につけないようにして立ったりするようになります。

対策としては、愛犬がジャンプしなくても登り降りできるローソファにするのがおすすめ。もちろんソファに登らないようにしつけたり、そもそもソファを撤去したりしてもいいでしょう。

NG習慣②フローリングで走る、転ぶ

滑り止め処理をしていないフローリング上を行き来することは、実は愛犬の足腰に負担がかかる行動。犬は滑らないように足に力を入れて床上を行き来しますが、それでも滑って前後左右の足が意識に反して開いてしまったり、走って横転したりすることで、足に負荷がかかってケガをする可能性大です。

床に敷物を敷いたり、滑り止め用の床保護剤を塗布したりと、滑らないよう対策をしておきましょう。また足裏の毛が伸びていると滑りやすくなるので、肉球からはみ出す毛はこまめにカットを。

NG習慣③わきを抱えて抱っこ

まるで赤ちゃんを抱っこするときの「高い高い」 のように、愛犬のわきに手を入れて体を縦向きにして抱き上げるのは、実はよくない習慣です。肩の関節を痛めることがあり、若いころは大丈夫でも、シニアになってから影響が出てくることが。

犬を抱くときは犬の体が水平になるように注意しましょう。大型犬の場合は2人1組で抱っこしたほうが、飼い主さんへの負担も軽減します。

NG習慣④急な階段の上り下り

とくに家の階段は、犬からすると急で歩幅が合いにくく、足を滑らせてケガをすることがあります。また、無理な体勢で昇降することになるので背中に負担となり、椎間板ヘルニアを招くかも。

階段は犬だけで上り下りさせずに、ゲートなどを設けて自由に行き来させないようにするのが得策です。上り下りするときは必ず抱っこをして行き来するようにしてください。

気になる習慣やクセがあるようなら、ささいなことでもかかりつけの獣医師に相談してみてもよいでしょう。今回ご紹介した内容も参考に、日々の習慣を見直して、愛犬が健康で長生きできるようにサポートしてあげたいですね。

参考/「いぬのきもち」2020年4月号『あなたや愛犬が、なにげな~くしちゃっているいつものクセや習慣は大丈夫?愛犬の病気・ケガを招くNG習慣ランキング』(監修:聖母坂どうぶつ病院副院長 田草川佳実先生)
文/kagio
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

外部リンク