cat_12_issue_oa-davincinews oa-davincinews_0_cbbe6e8597b6_お局様の「女王様気取り」には理由があった。女王蜂症候群って知ってる? cbbe6e8597b6 cbbe6e8597b6 お局様の「女王様気取り」には理由があった。女王蜂症候群って知ってる? oa-davincinews 0

お局様の「女王様気取り」には理由があった。女王蜂症候群って知ってる?

2018年11月24日 11:00 ダ・ヴィンチニュース

「女って面倒くさい」と思ったことはないだろうか? または、誰かがそう言っているのを聞いたことはないだろうか? 世の中の「女は面倒くさい」論は、もはや定説となっているように思える。だが実は、女が面倒くさいのには、いくつかの“笑えない理由”が隠されているという。

『面倒くさい女たち』(河合 薫/中央公論新社)は、職場や社会にはびこる「面倒くさい女たち」を実証研究や理論などから紐解く1冊だ。

■個人の評価でなく、「女だから…」と決めつけてしまう組織の問題

「女は数学に弱い」「女は地図が読めない」「女は自尊心が低い」…などという話はよく聞く。だが近年は、心理学的にも脳科学的にも「男女の違いはない」という研究結果が多く出ている。ではどうして、女は面倒くさいと扱われるのだろうか?

 実は、女性の「数」がその原因にある。日本の職場は現状まだまだ「男社会」である。特に階層社会の上位では、女性は紅一点になりがちだ。それゆえ、仮にその場にいる女性にダメな部分が見つかると、個人の能力うんぬんではなく、少ない事例を挙げて「女性だから」という括り方をされてしまう。

 たとえば男性の場合であれば「◯◯くんはコミュニケーション能力が低い」「◯◯くんはリーダーシップが取れない」などと、個人の能力が問題視される。一方で女性の場合には、「女性はわがまま」「女性は自立心が低い」というように、ごく限られたケースだけを対象にしているにもかかわらず、“女性”全体の問題であるとみなされる。

■女性ボスやお局様の「女王様気取り」には理由がある

 面倒くさい女性を作り上げているもうひとつの原因が、「ジェンダー・ステレオタイプ」という問題である。たとえば、「女性は優しいものだ」という一般的なステレオタイプから外れて、自分の意見を主張する女性がいると、「強い女」というレッテルを貼られてしまう。

 女性に厳しい眼差しを向けるのはなにも男性だけではない。世間では「女性上司は女性部下に厳しい」ともよく言われる。

「女王蜂症候群(クイーンビー・シンドローム)」という言葉は、女性の上司が抱く「他の女性の活躍を快く思わない心情」と定義される。今よりもっと女性への風当たりが強かった時代に、男らしく振る舞い、出世のために他のいろいろなものを手放し、高いポジションを手に入れた女性上司たち。それゆえ、今の若い世代が苦労もなく手にした「働く女性の権利」に対してもやもやする。「今の若い子たちがうらやましい」と思う一方で、「私は苦労してきたのに」という思いから、女性部下に対して当たりが強くなるのだ。

■女性の会議は長くなる。その解決法は?

 会社で活躍する女性に関しては、もうひとつ有名な言説がある。それは「女の会議は長い」というものだ。著者はこう述べる。

“男と女に違いはない”と断言してきましたが、実はひとつだけ違いがあります。

 それは「する(do)男」と「いる(be)女」の違いで説明できるという。男性は他者と何かを「する(do)」ことで、女性は他者とともに「いる(be)」ことで、自分の存在を確立している。

 女性が仕切る会議は長い。その理由は、女性は、女性のまえでも「はっきりモノを言う(このときのdo)」ことをおそれ、「ともにいる(be)」に身を委ねているからだ。すぐに終わりそうな議題に何時間もかける。男性は「解決」をゴールにするが、女性は「共感」をゴールにする。女子会を開いたり、女性同士連れ立って行動したりするのもそのせいだ。女性が共通の知り合いの悪口を言って仲良くなるのも、共感して安心したい感情からだ。「共感」の雰囲気を突破するのが難しいために、会議がだらだらと長くなってしまうのだ。

 女性が仕切る会議をうまく機能させるには、男性部下のがんばりも必要だという。「部長、どうですか?」と意見を聞き、「僕はこう思いますけど、みなさんはどうですか?」と進める方向を示すとよい。

「女って面倒くさい」説の背景には、社会や組織での生きづらさがある。そう理解すれば、会社でがんばっている彼女たちへの見方が変わったり、付き合い方も工夫できたりするのではないだろうか。本書は、社会で一層活躍したいと願う女性たちだけでなく、女性の扱いに悩んでいる男性にもぜひ手に取ってほしい1冊である。

文=ジョセート

『面倒くさい女たち』(河合 薫/中央公論新社)

外部リンク

cat_12_issue_oa-davincinews oa-davincinews_0_8104b53879f2_“辛辣なツッコミ”が癖に! さくらももこ『コジコジ』の魅力を名シーンで思い出す! 8104b53879f2 8104b53879f2 “辛辣なツッコミ”が癖に! さくらももこ『コジコジ』の魅力を名シーンで思い出す! oa-davincinews 0

“辛辣なツッコミ”が癖に! さくらももこ『コジコジ』の魅力を名シーンで思い出す!

2018年11月23日 20:00 ダ・ヴィンチニュース

 くまさんのような丸い耳。ライオンのたてがみのようなふわふわの髪(?)。純真無垢でつぶらな瞳。能天気な印象を与えるほっぺたのマーク。

 動物なのか、人なのか、男なのか、女なのか、まるでわからない存在なのが「コジコジ」だ。コジコジが住むのは、人間世界からは遠く離れたメルヘンの国。メルヘンの国の住人は、人間を喜ばせるための役目をもち、私たちにとってのミッキーマウスやスヌーピーのような存在なのである。

 そんなメルヘンの国にある学校での物語を描いた漫画『COJI-COJI』(集英社)は、そのファンタジーな世界観と、随所に含まれるブラックユーモアや辛辣なツッコミのギャップが癖になる作品だ。

『COJI-COJI』(さくらももこ/集英社)

 主な登場キャラクターは、主人公のコジコジのほか、コジコジの隣の席に座る半魚鳥の次郎、下駄を飛ばしてお天気を占うお天気の神様ハレハレ君、有名人のサイン集めが趣味である太陽の城の王様であるゲラン、能天気なゲランとは対照的なシニカルな性格をした雷の城の王様ドーデス、クラス一の友達想いなてるてる坊主のテル子、頭がよくて謙虚な光の粒のペロちゃん、そんなペロちゃんに想いを寄せては度々沸騰を繰り返すやかん君、そしてそんな沸騰したお茶をこよなく愛するカメの精カメ吉くん……などなど、個性豊かな住人たちばかりである。

 作者のさくらももこといえば真っ先に出てくるタイトルは『ちびまる子ちゃん』であることが多いが、このコジコジも全4巻ながら根強い人気を誇っている。特に、作品の序盤にある先生とコジコジのやりとりのシーンは話題になった。

(1巻 15ページより)(C)MOMOKO SAKURA

 埒があかない問答に疲れた先生は、「コジコジ キミ…一体何になりたいんだ それだけでも先生に教えてくれ」と問う。

 そんな先生に対してコジコジは「コジコジだよ コジコジは生まれた時からずーっと 将来もコジコジはコジコジだよ」と返し、先生だけでなく周りの生徒にも感動を与えるのだった。

 しかしコジコジの発言に感銘を受け、母親に対して同じ発言をした次郎は「バカ言ってんじゃないよっ」と殴られてしまうのがまた不条理である。

 コジコジは終始一貫、誰の発言にも惑わされず、「バカだ」と言われても気にせず、至極マイペースに日々を過ごしている。次郎同様、読者も「こんな風に生きることができたらストレスもないだろうな」と思うメンタルの強さ。ついつい読んでいて羨ましくなってしまう。

(4巻 110ページより)(C)MOMOKO SAKURA

 ほのぼのとした世界観の中で繰り広げられる、おとぎ話のようなストーリーと、それに似つかわしくないブラックユーモアやナンセンスギャグ。強制的にメルヘンの国に連行されて記憶を消されたジョニーなど、かなりかわいそうな目にあっているキャラクターもいるのだが、そこにジメッとした悲壮感はない。ただ淡々と物語は進んでいく。

 悪さばかりするブヒブヒとスージーに怒ったカメ吉くんが禁断の技“カメの思い出”(何万年分もの思い出を一気に結集してエネルギーに変える技。211年前にこの技で5人が死んだという)を発動したときも、コジコジは「ブヒブヒ達はそろそろ死んだかなあ まだ 生きてるかなあ」と、いつも通りの平和な調子で言ってのける。

(1巻 65ページより)(C)MOMOKO SAKURA

 それまでが緊迫したムードなだけに、読んでいる方は肩透かしである。しかし、それに突っ込む次郎くんに「じゃあどういう顔で言えばいいの?」と言うコジコジ。次郎くんは「もう少しこう悲しい顔をするとか…一応な」とたどたどしく答えるのだ。確かにストレートに「どういう顔で言えばいいの?」と聞かれると、少し詰まってしまう。悲しい気持ちじゃないのに、悲しい顔をするのは、本当に正しいのかな? コジコジのピュアな疑問はいつも、大人の読者の固定観念を揺るがす。

「みんな役に立っているんだね コジコジは役に立ったことないよ」なんてセリフもある。そう言いながらも全く気にしていない感じがするのがコジコジの魅力だ。手が届かない神様に手紙を送ろうとする天使に対して、「相手にしてくれなきゃこっちも相手にしなきゃいいのに 手紙なんか書くのよしなよ」なんて言ってのけるコジコジには、もはや気高さすら感じられる。

 能天気なセリフのオンパレードは、普段の仕事や人間関係に疲れたときに、ちょっと読みたくなる作品にしている。いいことを言ったと思ったら、直後にそのセリフをひっくり返すようなオチがあったりする。一方で、ふざけてばかりいると思ったら、時折胸を打たれるようないい話があったりして、ズルい。

 最後に、この作品で私が特に好きなセリフを書いて締めようと思う(きっとこの作品の愛読者は、それぞれに特にお気に入りのセリフがあるだろう)。

 それは、雨の日に田んぼで遊ぶ蛙に対して、ジョニーが言った「キミ達って何の役にも立たないだろ? ボクもそうなんだ その事についてどう思うかい」というセリフへの蛙の返答だ。

「は? 役に立つかどうか?」「どうでもいいじゃんそんな事 オレ達 ただモーレツに生きてるだけさ」

(3巻 34ページより)(C)MOMOKO SAKURA

 そんな蛙とともに飛び跳ねるコジコジも、やはり、ただモーレツに生きている。そんな彼らの姿を見て感銘を受ける読者は、同じく感銘を受けて自分の前世は蛙だったのだと解放感に満ち溢れるジョニーとともに、次郎の「絶対に違うと思うよ」というセリフで突き放されるのだ。一筋縄ではいかないのが、またこの作品の魅力である。

文=園田菜々
(C)MOMOKO SAKURA

外部リンク

cat_12_issue_oa-davincinews oa-davincinews_0_ebbf8a3bb81f_つらすぎて、突如「さようなら」LINEを送りつける… “自滅女子”の恋愛事情 ebbf8a3bb81f ebbf8a3bb81f つらすぎて、突如「さようなら」LINEを送りつける… “自滅女子”の恋愛事情 oa-davincinews 0

つらすぎて、突如「さようなら」LINEを送りつける… “自滅女子”の恋愛事情

2018年11月23日 20:00 ダ・ヴィンチニュース

 美人で人当たりもよく、モテないわけじゃない。ダメ男に引っかかるわけでもない。なのになぜか、ことごとく恋愛で失敗するタイプの女性がいる。なぜなのか不思議でしかたなかったのだが、とある本を読んでその理由がわかった。その本とは、『「いつも自分から恋を壊してしまう」あなたが90日間でプロポーズされる方法 自滅女子の婚活♡下克上』(ひろりん/WAVE出版)。

 自滅女子とは、「彼氏はできるのに、いつもいろいろやらかして自分から恋愛を壊してしまい、結婚にまで至らない。婚活でも、これまたいろいろやらかして、結婚へと進展しないことに苦しんでいる女性たち」のこと。本書によると、多くの自滅女子は、他人から見ると「は!? そんなことあるわけないっしょ!」的な謎の思い込みを抱えている。様々なタイプの自滅女子が存在するのだが、中でも筆者の周りで最も多い「シャットダウン型自滅女子」を紹介しよう。

「連絡頻度=愛の深さ」と勝手に思い込んでいるのが、シャットダウン型自滅女子。来ない連絡に待ちくたびれて、勝手に過剰な不安に苛まれて孤軍奮闘。最後は「こんなに辛い恋ならもういいや!」と決め込んで自ら幕を下ろしてしまう。LINEの返信が1週間来ない。来る日も来る日もスマホの画面を睨み続けるも、「連絡がほしい」の一行を送ることができず、突然「いままでありがとう。あなたの気持ちはわかりました。さようなら」といった、とんでもないLINEを一方的に送りつけてしまう……。

 そんなシャットダウン型自滅女子の処方箋は、「男と女の連絡に関する意識レベルは宇宙人レベルで違う」ということを理解すること。既読スルーされて落ち込む女性が多いが、男性にとっては「既読したこと=読みました」という意味だそう。LINE自体が苦手な男性も多く、スマホを取り出してLINEの画面を開くまでに5時間かかる人もいる。そういう人に「5時間かかる作業を1分でやれ!」とクレームをつけるほうが不毛だという。

 本書では他にも、連絡を待てずにグイグイ行きすぎて自滅する「追走型自滅女子」、重い女になりたくなくて自滅する「軽い女を演じてみました型自滅女子」、違和感をスルーしまくって自滅する「ズルズル型自滅女子」、察してクレクレ攻撃で自滅する「察して型自滅女子」、白黒はっきりつけすぎて自滅する「グレー拒否型自滅女子」、ナナメ上の解釈で自滅する「屈折型自滅女子」が紹介されている。自分がどのタイプかをしっかりと見極めた上で、90日間で結婚するための“下克上ワーク”に取り組もう。自分が抱えている問題点を書き出すことでそれが浮き彫りになり、解決策が見えてくる。

 著者は言う。「真面目で気遣いができて、まともな女子ほど自滅する」――。本書はそんな愛すべき自滅女子たちの救世主になるに違いない。

文=水野シンパシー

『「いつも自分から恋を壊してしまう」あなたが90日間でプロポーズされる方法 自滅女子の婚活♡下克上』(ひろりん/WAVE出版)

外部リンク

cat_12_issue_oa-davincinews oa-davincinews_0_7bb4584bdcd4_1冊の本が、本屋の運命を変えた! 2017年に他界した“くすみ書房”店主が残したもの 7bb4584bdcd4 7bb4584bdcd4 1冊の本が、本屋の運命を変えた! 2017年に他界した“くすみ書房”店主が残したもの oa-davincinews 0

1冊の本が、本屋の運命を変えた! 2017年に他界した“くすみ書房”店主が残したもの

2018年11月23日 18:00 ダ・ヴィンチニュース

『奇跡の本屋をつくりたい  くすみ書房のオヤジが残したもの』(久住邦晴/ミシマ社)は、かつて札幌にあったくすみ書店の店主による奮闘記だ。

 2000年代初頭。くすみ書房は閉店の危機にあった。店内はいつもガラガラ。欠品により棚はガタガタ。頑張れば頑張るほど増えていく赤字。もう閉店するしかない。そう腹を括るところから本書はスタートする。

 そんなくすみ書房を救ったのが、ある1冊の本だった。「これからは非常識といわれていたことにこそ成功のヒントがある」、そう書かれたビジネス書のアドバイスに従い、著者は次々とユニークな催しを企画しはじめる。

 新潮文庫で売れていない700点と、良書が多いにもかかわらずなぜか売れないちくま文庫800点をずらりと並べた「なぜだ!? 売れない文庫フェア」。中学生に読んで欲しい本500冊を集めた「本屋のオヤジのおせっかい 中学生はこれを読め!」。毎日午後5時から店内で朗読会を開催。古書を並べた「ソクラテスのカフェ」の設置。気がつけば、くすみ書房は名の知れる本屋となっていた。

 本書で解説を担当する東京工業大学教授・中島岳志さんは、初めてくすみ書房に訪れた際、「こだわりがあるのに大衆的」な店内の雰囲気に惚れ込み「この町に住もう」と決意。その足でマンションの契約をしたというエピソードからも店の魅力が伝わってくる。
しかし本書はそんな成功秘話だけを収めたエッセイではない。書店を運営していく厳しさ、悩みや葛藤が率直な言葉で語られている。どちらかといえば苦悩の割合の方が多い。

 著者は本書を通じて何を伝えたかったのか。それは1冊の本には人の人生を変える力があるということではないだろうか。本書には、下記のような言葉が幾度も登場する。

本には奇跡を起こす力があります。そのためにはピンチになっても逃げたりあきらめないで、そのピンチに向き合い、どうすれば勝てるかを考え、そして行動することです。その行動のひとつに読書があるわけです。「本にはすべての答えがあります」

 くすみ書房は惜しまれつつも2015年に閉店するが、著者は諦めずに次の夢を描きはじめる。本書の後半には、新しく立ち上げようとしていた本屋の具体的な構想や経営方針が細かく記載されている。残念ながら著者は2017年8月に他界。本書を片手に、夢の続きを描くのはあなたかもしれない。

文=竹田郁

外部リンク

cat_12_issue_oa-davincinews oa-davincinews_0_f362409a09b2_読者に寄りそう“共感力”が話題!今までのオカマのイメージを覆す、BSディムとは? f362409a09b2 f362409a09b2 読者に寄りそう“共感力”が話題!今までのオカマのイメージを覆す、BSディムとは? oa-davincinews 0

読者に寄りそう“共感力”が話題!今までのオカマのイメージを覆す、BSディムとは?

2018年11月23日 18:00 ダ・ヴィンチニュース

 誰にでも少なからず、仕事や恋愛、家庭の悩みはあるはず。そんな時、みなさんは、誰に相談しますか? 家族、友達、それも先輩やカウンセラー、占い師? でも身近な人にも相談できず、一人で悩みを抱え込んでいる方も、結構いるのではないでしょうか。そんな中、いま、「自分の痛みがわかってもらえた!」「不安が解消され、前向きになれた」など、迷える大人たちの新しい救世主がTwitterを中心に話題になっています。SNSでのフォロワー数78,000人超と、絶大な信頼を得ている人物こそ、「西のオカマ」ことBSディムさんです。

 BSディムさんは、自らを「オカマ」と呼び、連日、TVで見かけるような明るくて、強くて、強烈なインパクトを残すようなオネエとは一線を画す存在。女装をして生活しているわけでもなく、見た目はオッサンで、昼間は中小企業で営業課の係長として上司と部下に挟まれ、肩身の狭い思いをしながら働く、どこにでもいるサラリーマン。しかし、ひとたびネオン街に繰り出せば、オカマ言葉を繰り出すオカマに。性格はとにかく暗くて、ネガティブ。口癖は「しんどい」で、常に「しんどい」「しんどい」を連呼する隠れオカマなんです。

 今回は、そんなBSディムさんにインタビューを敢行。なぜ、しんどいのに読者の悩み相談を続けるのか、さらには、謎多きBSディムさんの素顔にも迫ってみました。

相談者を抱きしめずにはいられない!

――そもそも、なぜ、悩み相談をはじめたのですか。

BSディム氏(以下、ディム) お悩み相談の回答者って、もともと明るく強く前向きに生きている人だったり、苦難を自分の力でちゃんと乗り越えられた人だったりがほとんどなのよ。だけど、強者から弱者への助言って、問題の解決に強者と同じ体力と気力を要求されることが往々にしてあるのよね。同じような苦悩を抱えた誰かが、ただそっと寄り添ってくれるような、心を落ち着けられる場所ってなかなかないの。そんな場所を作れるようにと、明るくもないし強くもないネガティブなアタシを、とある編集者さんが指名してくれたのがはじまりよ。

――締め切りに追われ20キロも太ったそうですが、なぜ読者からのお悩みに親身になって答え続けるのですか。もっと、しんどくなりませんか。

ディム  いつも「突き放して、適当にあしらってやるわ!」と鼻息を荒くしながら回答を書きはじめるのだけど、書いているうちに、心の中で相談者を抱きしめずにはいられなくなってしまうのよ。困って弱りきっていることが相談の文面から伝わってくると、どうしても他人事にはできないのよ。しんどくなるけど、相談者のお悩みには共感できる部分も多いから、回答は相談者だけでなくアタシ自身に向けても書いている、という面があるの。相談者とアタシ、双方が「今後しんどくならないようにどうすべきか」という予防策を講じているのね。

――ディムさんには、仕事や恋愛だけではなく、「太りすぎてしんどい」など全方位からの悩みが寄せられますよね。

ディム  お悩みの中には「アタシから見れば羨ましい状況だけど……」と思うものもあるのだけど、本人は嫌味でも何でもなく真剣に悩んでいて、人の幸不幸はひとつの物差しでは測れないなと、つくづく思うわ。それに、悩みそのものや、悩んでいること自体は否定しない。「そんなことで悩むな」とは絶対に言わないわ。

――BSディムさんは、「なんでもオカマに頼るのは”終わりの始まり”」とおっしゃいますが、それでも悩みを抱える人がBSディムさんに救いを求めるのはどうしてだと思いますか。

ディム 身近な人に打ち明けられない悩みは、同性に相談すれば上下関係が生まれ、異性に相談すれば忖度があるように思える。そんなときにちょうどいい相手がオカマなのだけど、ハイテンションで毒気のあるオカマに相談したところで、自分が傷ついてしまう可能性があるのよね。よって、ローテンションで毒気のないオカマであるアタシに相談をするのではないかしらね。

――読者からは、「こんな言葉をもらえて嬉しい」、「BSディムさんの回答に涙が出ます」などたくさんの声が届いています。どうしてそんなに寄り添うことができるのですか。

ディム アタシ自身がたくさんの苦悩を抱えているからじゃないかしら。「なにかに悩んでいる」という時点で、すでに相談者との共通点があるわけだから、共感されやすいのかもしれないわね。それに、誰かに笑ってもらいたい。こんなどうしようもない孤独なオカマの人生、笑ってもらう以外にどう肯定すればいいのかわからないから。

――BSディムさんに悩み相談をすることで、悩みを抱えていた人がどんな風になってほしいですか。

ディム 「明日だけでも、なんとか生きてやり過ごしてみようか」と思っていただければ万々歳よ。万事解決して晴れやかな気分になってくれなくていいから、たった一日だけでも、しんどさが軽くなってくれればいいなと思うわ。

生きる理由を失った、ただ生きるだけの哀れなオカマよ

 相談者と同じように悩み、しんどさを抱えているからこそ紡ぎ出される言葉の数々。そのアドバイスのおかげで、読者たちは、気持ちが楽になったり、励まされたり、BSディムさんの優しさに包まれていくのですね。このように多くの人たちから慕われているBSディムさんとは、いったいどんな方なのでしょうか。

――サラリーマン生活について教えてください。サラリーマンとオカマとしてのバランスは。

ディム 本当はもっとオカマとしての時間を増やしたいとは思うけど、おまんまを食っていくためには、男の顔で生活する時間が今くらいは最低限必要なのよね。転職も常々考えていて、いい条件の会社があるならすぐにでも移りたいわ。この不平等な世の中を渡り歩いていくためには、貧しい愚鈍な人間ほどキャリアアップが必要だからね。

――サラリーマンとして大切にしている点は。

ディム 常に期待を超える成果を出し続ける努力と、それらの成果をなるべくサボりながら出すための努力を怠らないようにしているわ。

――「しんどいオカマ」として、どんなことに日々苦労しているのですか。

ディム 「オカマだってしんどい」ということを理解してもらえないことかしら。オカマというだけで毒舌を吐いて女性を敵視して、ストレスフリーで生きていると思われてしまうことがよくあるのよね。例外もあるのだと説明することに苦労しているわ。

――たまった”しんどい”はどうしているのですか。

ディム SNSで愚痴を言うか、オカマ仲間に愚痴を言うか、人のいない公園でパンダの遊具に向かって愚痴を言うことで解消しているわね。

――BSディムさんご自身の悩みは誰に相談しているのですか。

ディム 誰にも相談しないわね。相談する代わりに、誰かに延々と愚痴を聞いてもらうわ。

――これまでのBSディムさんの人生を客観的に振り返ってみて、もっとも”しんどかった”こととは?

ディム 夢を叶えられなかったことかしら。大病を患っていた時期があって、諦めざるを得なかったのよね。生きる理由を失った、ただ生きるだけの哀れなオカマよ。アタシの人生、しんどくなかったときがないわ。温泉でマッサージを受けたときですら、急な腹痛で脂汗が止まらなくなったくらいだし。

――皆さんからのお悩みを聞き始めて、BSディムさんご自身はどう変わりましたか。

ディム 以前は些細なことで落ち込んでいたのが、毎日のように多種多様でヘビーなお悩みをいただくおかげか、ちょっとやそっとのことでは動じなくなったし、悩まなくなったわね。

――この度、本を出版されましたが、サラリーマンを辞めて、エッセイストになる気はありますか。

ディム 巨万の富を築けるならなりたいわ。

――BSディムさんの考える”幸せ”とは。

ディム 人生は生きる目的を探し求めるための長い旅。それが見つかった人は”幸せ”よ。
”夢は叶うもの”とか”諦めないで”という根拠のないスローガンよりも響くBSディムさんのリアルな言葉の数々。その裏には、ご自身の夢を叶えることができなかった実体験があったからこそ。現実と理想の間で揺れ動く今を生きる人たちの気持ちを誰よりも理解し、優しく背中を押してくれるBSディムさん。SNSで話題になったり、本を出版しても、遠いところにはいかずに、堅実にサラリーマン生活を続け、心地いい距離感で、些細な悩みに常に耳を傾けてくれる。その現実的なところや親近感こそが、BSディムさんがこれだけ多くの人たちから受け入れられている理由なのではないでしょうか。今の時代に必要なのは、そんな親しみやすい”となりのオカマ”。悩みを抱えている人はもちろんのこと、誰もが、BSディムさんのお悩み相談集「しんどいオカマのちょっと一杯いかがかしら? ~人生の不安を解きほぐす、オトナのためのお悩み相談~」を読めば、いままで味わったことのない温もりを感じることができますよ。

取材・文:松﨑桃子
イラスト:shiroika

『しんどいオカマのちょっと一杯いかがかしら? ~人生の不安を解きほぐす、オトナのためのお悩み相談~』
(BSディム/KADOKAWA)
勤務先では管理職としてまじめに部下を指導している男性会社員。しかしひとたびネオン街に繰り出せば、途端に腰を振りながらオカマ言葉を繰り出すオカマとなる。SNSでフォロワー数78,000人超のそんな「隠れオカマ」ことBSディムがオトナのさまざまな「しんどい」に答えるお悩み相談集。電子書籍未収録分に加え、新規書き下ろしのお悩み相談も多数掲載。また、悩める隠れオカマによる逆お悩み相談も掲載。さらに、BSディム自ら僧侶・浦上哲也氏や、異色肌ギャル:Miyako嬢にインタビューした異色対談も必読。

外部リンク

cat_12_issue_oa-davincinews oa-davincinews_0_cd0d1ef07bbc_【“カラコンなし”で激変!】ゆにばーすはら監修「詐欺メイク」コスメ付録がヤバい! cd0d1ef07bbc cd0d1ef07bbc 【“カラコンなし”で激変!】ゆにばーすはら監修「詐欺メイク」コスメ付録がヤバい! oa-davincinews 0

【“カラコンなし”で激変!】ゆにばーすはら監修「詐欺メイク」コスメ付録がヤバい!

2018年11月23日 15:00 ダ・ヴィンチニュース

 2018年11月22日(木)に、ファッション雑誌『SPRiNG』1月号が発売。今回は特別付録として、“詐欺メイク”で話題を呼んだお笑い芸人「ゆにばーす」のはらがプロデュースした「コスメ4点セット」がついてくる。

『SPRiNG』1月号(宝島社)

『SPRiNG』1月号(宝島社)

 はらは日頃の研究を生かし、発色や質感、使い心地まで徹底的にこだわった「詐欺メイクコスメ」を考案。ナチュラルにもシックにも仕上げることができ、実用性はもちろん普段なかなか挑戦できないトレンドカラーも試せるコスメに。

 同号では、付録コスメを使用したメイク方法をはらが解説してくれる。基本的な使い方をはじめ、「アイラインは目尻から5mm長めに引いて切れ長に仕上げる」「上下のまぶたが重なる三角地帯も、アイシャドウで埋めてデカ目に演出する」といった“はら流”詐欺メイク術も多数紹介。

 アイテムは「アイカラー4色」「リップ&チーク2色」「アイライナー」「マスカラ」という豪華4点セットなので、付録コスメだけでフルメイクも完成させられる。はらが謳っている“カラコンなしで激変するメイクテク”に興味を持つ人は多く、ネット上では「これは欲しい! はらちゃんを見習って詐欺メイクに磨きをかけなくては(使命感)」「詐欺メイクしてみたいと密かに考えた自分にとってめちゃくちゃタイムリー」などの声が上がっていた。

 ちなみにはらは自身のSNSでも詐欺メイクを駆使した自撮り写真を多数公開。興味のある人は、こちらもぜひ参考にしてみよう。

 また同号は女優の小松菜奈が表紙を飾り、「3度のご飯よりおしゃれが好き!『服オタ女子』が推す高くても欲しいもの、安くてもいいもの」「年末年始! ちょっと背伸びしたい日の即席肌育&今っぽパーティメイク」など注目コンテンツも盛りだくさん。

 付録コスメを使った詐欺メイクを覚え、イベントの多い年末年始に備えてみてはいかが?

外部リンク

cat_12_issue_oa-davincinews oa-davincinews_0_cea49f4c733c_夫に家事や育児の大変さを分かってもらうには? 『妻は他人 ふたりの距離とバランス』著者が回答 cea49f4c733c cea49f4c733c 夫に家事や育児の大変さを分かってもらうには? 『妻は他人 ふたりの距離とバランス』著者が回答 oa-davincinews 0

夫に家事や育児の大変さを分かってもらうには? 『妻は他人 ふたりの距離とバランス』著者が回答

2018年11月23日 15:00 ダ・ヴィンチニュース

 夫婦円満や人付き合いの秘訣を独自の視点で説くコミックエッセイ『妻は他人 だから夫婦は面白い』(KADOKAWA)、『人は他人 異なる思考を楽しむ工夫』(KADOKAWA)が話題の漫画家・さわぐち けいすけさん。Twitterフォロワー数20万を超え、「ダ・ヴィンチニュース」で連載中の4ページコミック『人は他人 異なるからこそ面白い』も共感できる、対人関係の参考になると反響が大きい。そこで、最新刊『妻は他人 ふたりの距離とバランス』(KADOKAWA)の話を聞きつつ、編集部に届くアラサー男女のお悩みをぶつけてみた。

『妻は他人 ふたりの距離とバランス』

■じっくり話を聞いて、悩みの「前提条件」を整理してみる

──30万人以上が共感(いいね)した「好き、より嫌いな部分を共有する話」を収録。90ページ以上の描き下ろし漫画と合わせて書籍化した、『妻は他人』シリーズ最新刊『妻は他人 ふたりの距離とバランス』が発売となりましたが、今回の作品に込められたテーマがあれば教えてください。

さわぐち けいすけ氏(以下、さわぐち):エッセイ全体を通して「人はそれぞれ異なるもの」という前提のもとに日常の出来事を描いてきましたが、あくまでも「私個人の話」なので、そこに明確なテーマやメッセージはあえて盛り込まないようにしています。単なる事実を描くだけでも、「こういう人もいるんだ」と参考にしてくれる人がいます。
 賛否は別としても、私の漫画にコメントをつけてリツイートしたりシェアしたりすることで、ご自身の考えを表現するツールとして活用してくださる方がいるだけでも、苦労して描いた甲斐があったなと思います。

──日常に埋もれがちなものや目を背けてしまいがちなお悩みと、さわぐちさんならではの対処法が4ページ1話で展開されていますが、こうした「かゆいところに手が届く」アイディアはどこから思いつくのでしょうか。

さわぐち:私のエッセイは主に「日常の導入」と「ちょっと気になるトラブルやアクシデント」「共感や気づき、読後感の良い締め方」の3つの流れでまとめているのですが、じつは描くことをひねり出すのにものすごく苦戦しているんですよ。
 日々の生活の中では、そう頻繁にトラブルも起きませんから。どうあがいてもしぼり出せそうにないときは、推理小説や自然科学の本など、エッセイ以外の本を読むようにしています。たとえば、怖い話や残酷な史実を読むことで日常の小さな幸せを感じたり、脳科学の本を読んで思考の違いをすんなり受け入れられたりすることもあるので、読書はいい刺激になりますね。

──独特な視点で綴られるアドバイスも、本シリーズの大きな魅力です。

さわぐち:漫画だとアドバイスをしているように見えるかもしれませんが、実際は「アドバイスをしない」ようにしています。私が思うに、お悩みのほとんどは前提条件が間違っているだけなんですよ。だからなんらかの相談を受けたときも、じっくり話を聞いて、言われたことを整理するだけで意外となんとかなると思います。

──理路整然と説かれると反発したくなるかもしれませんが、前提条件を見直すだけならすんなり受け入れられそうですね。この機会に、読者のお悩みについてもアドバイスをお願いします。

■家事・育児の大変さを夫にわかってもらうには?

家事や子育てを、自分ではやらないくせにダメ出しをしてくる夫にイライラ。家事労働の価値や子育ての大変さをわかってもらうにはどうしたら良いですか? 相談者Aさん(33歳・女性)

さわぐち:Aさんのお悩みは、エッセイストの黒川伊保子さんが書いた男性脳と女性脳にまつわる本を読むと参考になるかもしれません。簡単にいうと、男性と女性のすれ違いは脳の仕組みの違いから生じるものなので、相手に理解させようとか、相手をコントロールしようと考えても、なかなかうまくいかないでしょう。
 たとえば、冷蔵庫を開けたとき、その中身を男性は3次元として、女性は2次元的に見る傾向にあるといいます。目的のものを探し出す能力に長けているのは、画像として捉えられる女性です。一方男性は、肝心の食材を探し当てる前に、奥の方から賞味期限切れのものを見つけてきたりすることがありませんか。これはただの一例で、男女の脳はあらゆるシーンで違う働きをするんだそうです。
 Aさんご夫婦の場合、旦那さんはダメ出しをしたい。奥様は大変さを理解・共感してもらいたい。その2つの単なるぶつかりあいになってしまっているように思えます。

 計画性を好む男性なら、「10分でいいから反論なしで話を聞いてほしい」と切り出すことで、理解が得られる可能性があります。それが通用しなかったとしても、相手をじっくり観察することで、適切な伝え方やタイミングが見えてくることがありますよね。できれば、感情的に相手に理解を促すのではなく、一歩踏み込んで行動してみてください。

■自分の「努力の方向性」を確認してみよう

──お次は義理の両親との関係にまつわるお悩みです。
どれだけ努力しても認めてくれない義理の両親。今年も帰省するのが不安です。何かアドバイスを。 相談者Bさん(29歳・女性)

さわぐち:「どれだけ努力しても」の努力の部分が、義理の両親のためになっていれば、ちょっとの努力でも認められると思います。とはいえ、蛇口を逆にひねっても水が出ないように、努力が空回りしていたら、どんなにがんばっても報われない可能性があります。まずは、その努力が何のための努力なのか、方向性は間違っていないかを確認する必要があるのかもしれません。

「どんなお土産を持っていっても喜んでもらえない」「手伝いをしても認めてもらえない」という場合は、相手の好みや希望をやんわり引き出すのも手。努力と評価の帳尻を合わせるのは難しいことです。闇雲にがんばり続けるよりは、早い段階で考え直した方があとあと楽だと思いますよ。

『妻は他人 ふたりの距離とバランス』

■結婚や子どもについて聞いてくる親戚には…

──親戚の何気ない言葉に傷ついている人もいます。
「結婚しないの?」「子どもは?」「子どもができたらわかるわよ」といった、親戚や義理の両親の何気ない言葉に傷ついてしまいます。何か対策はないでしょうか? 相談者Cさん(34歳・女性)

さわぐち:子供がいる人にとって子育ては苦労や喜びの詰まった重大な経験であることがほとんどだと思います。これまでの人生の中で気軽に語れる話題であり大きな意味を持つ話題とも言えます。逆に言えば「ほかに語れる話題が少ない」とも考えられます。Cさん自身が語ることのできる話題が「今までで一番苦労したこと・うれしかったこと」などであれば想像しやすいかもしれません。
 どうしても傷つく場合は無理してでも避けるのが手っ取り早いですが、避けられない場合は相手の意図を冷静に想像してみると違った形で受け取れる、あるいは受け流せるかもしれません。

『妻は他人 だから夫婦は面白い』

■妻が怒り出すのは「突然」のこと?

──いつも奥さんを怒らせてしまうという男性のお悩みも。
妻の突然の怒り…どこで怒らせているのかわからない。一度機嫌を損ねてしまうと、こちらが何を言っても火に油を注ぐだけ。せめて週末や大型連休中くらいは穏やかに過ごしたいのに…。どうしたら良いですか? 相談者Dさん(30歳・男性)

さわぐち:人が怒るのには必ず理由があります。「靴下が脱ぎっぱなし」といった男性から見たら取るに足りないような問題も、再三指摘しても改善されず、同じようなイライラが複数積み重なれば大きなストレスになり得るのです。あるとき突然過去のことを思い出して怒り出す女性もいるかもしれませんが、元を正せばご主人に非がある可能性も。まずは「突然怒り出す」という前提を見直す必要がありそうです。
 穏やかな休日を過ごしたいのであれば、怒らせる前に奥さんの話に耳を傾けてみてください。合点がいかない場合もあるかもしれませんが、どこがどうわからないのか、相手が何を望んでいるのか、しっかり話し合うことが大切だと思います。

 車でもパソコンでも電化製品でも、故障を防ぐためのメンテナンスが必要ですよね。夫婦間も同じ。できればふたりの雰囲気がいいときに、会話の機会を設けて、こまめにメンテナンスをするといいんじゃないでしょうか。口に出して言わなければわからないこともたくさんありますから、ときには言い方に気を配って、思いを伝えてみてください。体調面や気持ちの面で気分があがらないときは、「今日は放っておいてほしい」と素直に伝えるのも手だと思います。
 夫婦などの共同生活は、場合によっては互いが相手を拘束しているような状況にもなり得ます。奥さんといる時間が一番長いからこそ相手の時間を縛っているという自覚を持つことも大切なのだと思います。

『妻は他人 だから夫婦は面白い』

■出不精の夫に対して、妻ができることは?

──最後はご主人を心配する奥さんからの相談です。
年々出不精になる夫。仕事が忙しいのか、これといった趣味もなく、休日に外出することを極端に嫌います。太って服が合わなくなるのも気になりますが、生活習慣病のリスクも心配。外へ連れ出すにはどうしたら良いですか? 相談者Eさん(36歳・女性)

さわぐち:Eさんの場合も、お悩みの前提を見直す必要がありますね。体調管理はご主人が自分でやるべきことです。心配したところで、奥さんに管理できる問題ではないと思います。
 ご主人は今、出不精で運動不足になっているのかもしれませんが、逆に筋トレにハマりすぎてムキムキになったり、登山などの趣味を見つけて毎週末雪山にこもるようになったりしたら、Eさんはまた違った心配に明け暮れることになると思うんですよ。

 そもそもEさんは休みの日に何をしているのでしょうか。家に引きこもるご主人の心配をしたり、世話を焼くことが趣味みたいになってはいませんか? TVを見ながら「勉強しなさい」と言っても子どものやる気を引き出せないように、家にいながら外出を促す奥さんの言葉はご主人には響かないでしょう。
 心配しているだけでは、状況は変わりません。まずは奥さんが外へ出て、趣味を見つけてはいかがですか? 奥さんが率先して家から出れば、ご主人も「最近奥さんが楽しそうに出かけていくから、自分も一緒に外出してみようかな」という気持ちになるかもしれませんよ。

取材・文=村岡真理子

さわぐち けいすけ
イラストレーター・漫画家。岩手県出身。SNSで夫婦や人付き合いの秘訣を独自の視点から描いたコミックエッセイを発表し、反響を呼ぶ。『妻は他人 だから夫婦は面白い』(KADOKAWA)など著書多数。

外部リンク

cat_12_issue_oa-davincinews oa-davincinews_0_3961cfad8986_スマホに人生のっとられていませんか? 大人女子のためのSNSとの付き合い方 3961cfad8986 3961cfad8986 スマホに人生のっとられていませんか? 大人女子のためのSNSとの付き合い方 oa-davincinews 0

スマホに人生のっとられていませんか? 大人女子のためのSNSとの付き合い方

2018年11月23日 11:00 ダ・ヴィンチニュース

 現代社会では“対面しない”人付き合いに疲れている人が多い。Twitterやインスタグラムで自分の近況を他人に伝えることが習慣化しているため、他人のリア充アピールを見ることに嫌気が差したり、自分の承認欲求を満たすことに躍起になったりして、SNS疲れに陥ってしまうこともあるだろう。

 特に女性は(私もそうだが)、他人に自分の近況や感情をこまめに伝えることでストレスを解消し、明日への活力を貰う傾向が強いので、それに巻き込まれてSNS上の人間関係に悩んでしまうこともあるのではないだろうか。

 そんな悩みを解消してくれるのが、大人レディになるためのメソッドがユーモラスな口調で綴られた『ハイヒールは、いらない レディ・レッスンseason2』(ケリー・ウィリアムズ・ブラウン:著、鹿田昌美:訳/大和書房)だ。リアルでもSNSでも使えるコミュニケーション術が盛り込まれた本書は、人と適切な距離を取りながら、自分を大切にする生き方を教えてくれる。

■大人だからこそ見直したい「良いマナー」って?

 画面の中の世界は、孤独感を解消してくれ、承認欲求も満たしてくれる。しかし、匿名性があるので自分でも気づかないうちに「醜い私」が現れ、トラブルが起こってしまうこともあるはず。そんな時には、自分も他人も幸せにできる「良いマナー」を守りながらSNSを利用できているかどうか、振り返ってみたい。

「良いマナー」とは、誰かに感心してもらうためではなく、人として身に付けておくべきマナーのこと。良いマナーを意識しながら人間関係を構築していくことができれば、たとえSNS上であっても相手との良好な関係を築くことができ、自分も疲れにくくなる。

 本稿では、大人女子が共感できるSNSの“あるある話”を含めながら、SNSを楽しく活用するためにはどんな「良いマナー」を身に付けていけばよいのか、ご紹介していこう。

■絶対に炎上しないSNSのルールなんてあるの?

 インターネットは、便利な魔法のようだ。いつでもどこでも他人の言動や思考が知れ、自分の近況や本音も手軽に発信することができる。そのため、インターネット機器はもはや、親友や家族、恋人よりも自分に近しい存在だといっても過言ではない。

 しかし、便利で近しい道具だからこそ、使い方を間違えると誰かの心を傷つけてしまったり、SNSが炎上してしまったりすることもある。避けるためには、発する言葉に自らが責任を取れるようになっていかなければならない。

 そこで著者は、炎上してしまうかも?と思うような投稿をする前には、「炎上チェックリスト」を用いて、文章や写真などを見直してみてほしいと語っている。

 人は画面越しにいる相手のことを軽視してしまいがちだ。本名で向き合う必要がないと、「醜い自分」が牙をむいてしまうことだってある。しかし、投稿ボタンを押す前に、なぜ自分はその投稿をしたいのか改めて考えることができたら、周囲の人にも幸せを配れるような自分でい続けられるのではないだろうか。

 人には感情があるからいつなんどきでも“素敵な人”でいるのは不可能かもしれないが、嫉妬や羨望を引き起こすような投稿をしているだけでは心が貧しくなり、自分のことも愛せなくなってしまう。「自分が何を言いたいか」よりも「この投稿は他人に読ませるに値するか」を考えながら情報を発信していくことは、現代女子が身に付けるべきマナーでもある。

■SNSあるある! 変な人を“優雅に”撃退したいときは?

 Twitterやインスタグラムのフォロワーがある程度増えてくると、どう付き合えばよいか分からないような変わった人とも関わらなければいけない。こうしたやっかいな人に見当違いな指摘をされると、ついムッとしてしまいがちだが、もしかしたら自分自身も同じことを相手に対して行っている可能性があるかもしれないことを忘れてはいけない。

 SNSを使用する上で抱え込みがちなこうした痛みや苦悩を、本書内では「大」「中」「小」に分類して、対処法を教えてくれる。

 例えば、あまり交流がない人からよくわからない理由で言いがかりをつけられたとき。その理不尽さに対してつい反論したくなってしまうかもしれないが、著者が勧めるのは、「言いがかりをつけられるのは自分のせいじゃない」ということを心に言い聞かせ、一呼吸置いてから返信をする方法だ。

 自分には相手の抱えている状況が一切分からない。でも、理不尽な非を押し付けてくる相手は、もしかしたら他のことで感じたストレスを八つ当たりしているだけかもしれないし、昔からそんな性格なのかもしれない。いずれにせよ、相手の問題はその人にしか解決できないため、根拠や理由がはっきりしない批判からは逃げてもよいのだ。本書内で伝授する対処法の数々は、SNS上のトラブルを平和的に解決してくれそうだ。

■「SNS疲れ」を抜け出して、素の自分を好きでいられるために

 トラブルとまではいかなくても、即レスを暗に求められる上に、永遠に続くのではないかと思ってしまうような継続したメッセージのやりとりにうんざりしている人も多いかもしれない。でも、あなたはうんざりしている一方で、自分がメッセージを送った相手から数日返信がなかったら、「もしかして嫌われた?」とそわそわ心配しながら過ごすこともあるはずだ。こんな状況について本書は、「メールの返事を45秒以内に受け取らなかったせいで死亡した人は皆無」とバッサリ答える。ネガティブな思考回路に陥ってしまわないために、インターネットは「道具」であるという割り切りも本書から学んでいこう。

 本書では、SNSからリアルに枠を広げて、同僚や上司からの言いがかりへの対処法や、理想にしがみつき過ぎないための処世術も記されている。予想していなかったトラブルに巻き込まれると、ついくじけたりカッとなったりしてしまいがちだが、そんな負荷のかかった状況でこそ、レディらしい品を持ちながら落ち着いて“優美な対応”ができる女性になっていきたいものだ。

“素の自分”に心地よさを感じ、他人を幸せな気分にさせられる処世術は、素敵な大人になるためには欠かせない。人も自分も不快にならないように人間関係を磨いていければ、「SNS疲れ」になってしまった自分もうまく変えていけるだろう。その答えは、本書で見つけることができるのだ。

文=古川諭香

『ハイヒールは、いらない レディ・レッスンseason2』(ケリー・ウィリアムズ・ブラウン:著、鹿田昌美:訳/大和書房)

外部リンク

cat_12_issue_oa-davincinews oa-davincinews_0_a011565ae343_神漫画『フルーツバスケット』全編アニメ化に「涙が出てきた」とファン大興奮! a011565ae343 a011565ae343 神漫画『フルーツバスケット』全編アニメ化に「涙が出てきた」とファン大興奮! oa-davincinews 0

神漫画『フルーツバスケット』全編アニメ化に「涙が出てきた」とファン大興奮!

2018年11月22日 19:00 ダ・ヴィンチニュース

 大人気少女漫画『フルーツバスケット』が2019年に全編アニメ化決定。ファンは、「ついにきたか! この日を待ち望んでいた!」「嬉しすぎて言葉が出ない」と早くも大興奮のようす。

 1998年から2006年まで『花とゆめ』で連載されていた同作。物語は“十二支の物の怪憑き”の奇妙な体質を持つ草摩家の面々と、主人公・本田透の交流を中心に描いている。単行本の累計発行部数は全世界で3,000万部を突破し、過去にはアニメや舞台など様々なメディアミックスを展開。すでに完結した作品にもかかわらず、現在も世界中にコアなファンがいるほど。

(C)高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

 今回のアニメ化では原作者の高屋奈月が総監修を務め、キャスト・スタッフを一新。本田透役は石見舞菜香、草摩由希役は島﨑信長、草摩夾役は内田雄馬、草摩紫呉役は中村悠一が抜擢された。高屋はアニメ制作にあたりいくつかの要望を出したようで、「その中のひとつは、すべて新しいメンバーで作ってください。です」「もうひとつは、絵を私の絵に寄せないでくれ。ということ。これはもう単純に私の絵は古いし、新しく再構築してほしかったのです」とコメントを残していた。

 また高屋は自身の作品について、「作品に思い入れを持ってもらえる。というのはゾッとするほど困難で、奇跡のようにありがたい事だと常に思っています」と胸の内を披露。原作完結から12年の時を経て再び注目を集めたことに、感謝の気持ちを示している。

 ネット上では、「これほどの神漫画はないってほど愛してた。アニメ化のニュース見て涙が出てきたよ」「ひたすらに嬉しい! 青春時代の思い出が蘇ってくるようだ」「“フルバ”は私のバイブル。何年経っても本当に色褪せないから、今の世代の人もアニメにハマるはず」「完結から12年か… 感慨深いな」「自分の中で今年一番大きいニュース。正直夢が叶ったような気分です」と大反響。

 ちなみに現在はアプリ「マンガPark」で次世代編『フルーツバスケットanother』が連載されている。アニメの放送を楽しみに待ちながら、興味のある人はぜひこちらもチェックしてみよう!

■アニメ「フルーツバスケット」

放送日:2019年
原作・総監修:高屋奈月
監督:井端義秀
シリーズ構成:岸本卓
キャラクターデザイン:進藤優
制作:トムス・エンタテインメント
出演:石見舞菜香、島﨑信長、内田雄馬、中村悠一 ほか

『愛蔵版 フルーツバスケット』1巻(高屋奈月/白泉社)

外部リンク

cat_12_issue_oa-davincinews oa-davincinews_0_378179416728_三浦春馬、バーテンダーに初挑戦! 東野圭吾『ダイイング・アイ』実写化に反響 378179416728 378179416728 三浦春馬、バーテンダーに初挑戦! 東野圭吾『ダイイング・アイ』実写化に反響 oa-davincinews 0

三浦春馬、バーテンダーに初挑戦! 東野圭吾『ダイイング・アイ』実写化に反響

2018年11月22日 17:28 ダ・ヴィンチニュース

 東野圭吾の小説『ダイイング・アイ』が、2019年3月からWOWOWで連続ドラマ放送決定。特報映像も公開され、ファンからは「すでに待ち遠しすぎる」「映像化難しそうで諦めてたからめちゃくちゃ嬉しい!」と歓喜の声が上がっている。

出典: YouTube

 同作は、見知らぬ男に襲われて一部の記憶を失ったバーテンダー・雨村慎介が主人公のハードサスペンスミステリー。記憶を失っていた雨村は、自分が1年半前に交通事故を起こして岸中美菜絵という女性を死なせてしまった過去を思い出す。さらに自分を襲って来た後に自殺した男が、美菜絵の夫・玲二という事実が判明。しかし周囲の人間たちからは「嫌なことは思い出さない方がいい」としきりに忠告され、雨村は事故の真相に疑問を持ち始めていた。そこへ突如現れたあやしい魅力を放つ謎の女性・瑠璃子によって、雨村は狂気と苦悩の世界に迷い込んでいくことに…。

 雨村役を演じるのは、三浦春馬。作品に対して「罪の意識が極限まで増幅した時、魔が心に棲みついた時を、妖艶、且つ、スリリングに描いています。保身と贖罪で揺れ動く登場人物達のサイコミステリー。是非ご期待ください」とコメントした。また公開された特報映像では、三浦がシェイカーを振るバーテン姿や謎の女性に追い詰められているシーンが登場。最後には「あの瞳は、忘れることを許さない」というテロップと共に、女性の瞳がアップで映された迫力ある映像に仕上がっている。

 ドラマ化の情報にネット上では、「バーテンダー姿の三浦くんが凄くカッコいい!」「特報見たけど短時間の映像なのにめちゃくちゃ見たくなった」「原作ファンだけど三浦くんはめちゃくちゃはまり役!」「三浦くん以外のキャスティングも気になる…」「イケメン×ミステリーは最高傑作の方程式だと思う」「どんなドラマができあがるのか楽しみだね!」といった反響が続出した。

 詳しい放送日や三浦以外のキャストはまだ発表されていない。続報を待ちながら原作に目を通して、いち早く『ダイイング・アイ』の世界観に触れてみては?

■ドラマ「ダイイング・アイ」

原作:東野圭吾
監督:国本雅広
脚本:吉田紀子
出演:三浦春馬 ほか

『ダイイング・アイ』(東野圭吾/光文社)

外部リンク