cat_12_issue_oa-davincinews oa-davincinews_0_2b24cfa5ba05_クレンジング不要!安達祐実の美肌は「石けんオフメイク」で作られていた! 2b24cfa5ba05 2b24cfa5ba05 クレンジング不要!安達祐実の美肌は「石けんオフメイク」で作られていた! oa-davincinews 0

クレンジング不要!安達祐実の美肌は「石けんオフメイク」で作られていた!

2019年7月5日 11:00 ダ・ヴィンチニュース


 2019年9月3日(火)に、女優・安達祐実さんがモデルを務めるメイク本『肌がきれいになる石けんオフメイク』が発売される。本書は安達さんが初めてビューティモデルに挑戦したことでも話題になった『クレンジングをやめたら肌がきれいになった』の続編ともいえる一冊。現在すでに公式インスタグラム(@sekken_official)も開設されており、早くも「#石けんオフメイク」というハッシュタグがネット上で大きな盛り上がりを見せているようだ。


 第1弾の『クレンジングをやめたら肌がきれいになった』をきっかけに、女性誌のメイクページで活躍することが多くなった安達さん。最近では「安達さんを見て女性の“キレイ”って肌の美しさなんだと知りました」「年齢を感じさせない肌で本当に憧れる」と、世代を問わず数多くの女性を魅了している。

 そんな彼女がモデルを務めるメイク本の第2弾『肌がきれいになる石けんオフメイク』が満を持して登場。“クレンジング不要。石けん洗顔だけでオフできるから、肌に負担をかけない”“メイクもメイクオフも楽ちんなのに、続けるうちに肌がきれいになっていく”といった「石けんオフメイク」の魅力を、安達さんをはじめ美容エディターやヘアメイクアップアーティストがそれぞれプロの視点から紹介してくれる。


 本書のコンテンツをいくつかピックアップしてみよう。
・石けんオフメイクで肌がきれいになる仕組み
・ナチュラルメイクからきちんとメイクまで、バリエーション豊富なメイクハウツー
・崩れにくくする方法などのテクニック集
・石けんオフメイクが叶うコスメブランド一覧
・おすすめの石けんカタログ
・石けんオフメイクをするりと落とす洗顔法

 このように、一冊で石けんオフメイクの全てが分かる贅沢な仕様となっている。ネット上には「前から石けんオフメイクが気になっていたので、発売が楽しみです」「年齢を問わず全ての女性のバイブル的一冊になりそうなメイク本だね」「安達さんの美しさに磨きがかかっていて驚く! 私もこの本で石けんオフメイクの勉強したい」と発売を心待ちにしている人も少なくない。


オフの日や肌トラブルがあるときに石けんオフメイクをすると、負担が少なく肌も気分も軽やか。何歳になっても意識を変えれば肌は変わるんだな、と感動しています。みなさんにとっても、この本がそんなきっかけになれば良いなと思っています。 撮影ではたくさんの新しいコスメやメイク法を知ることができて、楽しかったです。メイクのハウツー写真はこの本でしか見られないので、そこもご注目ください。

安達祐実さんコメント


 また本書には注目の女優・仁村紗和さんもビューティモデルとして参加しており、安達さんと同様メイクのプロセスを惜しげもなく披露してくれる。すでに予約も開始されているので、簡単で取り入れやすく、かつおしゃれなメイクをマスターしたい人はぜひチェックしてみよう!

外部リンク

cat_12_issue_oa-davincinews oa-davincinews_0_545ba469cfaa_コンドームの避妊失敗率はおよそ18%! より確実に避妊をするなら… 545ba469cfaa 545ba469cfaa コンドームの避妊失敗率はおよそ18%! より確実に避妊をするなら… oa-davincinews 0

コンドームの避妊失敗率はおよそ18%! より確実に避妊をするなら…

2019年7月5日 06:30 ダ・ヴィンチニュース

 女性特有のからだの不調やトラブルで悩んでいませんか。「お医者さんに行くほどではない…」「デリケートなことなので人には聞きにくい…」そんな体の悩みを、All Aboutガイドであり、ポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ院長の清水なほみ先生に聞きました。自分のからだと向き合い、健やかに過ごす手助けとなってくれることでしょう。

 日本人が選択している避妊方法で最も多いのは男性用コンドームですが、実は避妊率を見るとかなり不確実な方法であると言わざるを得ません。その避妊法がどのくらい確実かを表す指標として、パール指数(PI)という数値が用いられます。これは、その避妊方法を1年間継続した時に、100人中何人の人が妊娠するかを示した数値です。下の表をご覧いただくとわかるように、コンドームを一般的な使用法で使った場合、つまり、途中で外れたり破れたり、気づかずにずれてしまったりといったケースも含めると、18%もの「避妊に失敗するケース」があるということです。

 それに対して、より確実に避妊する方法として、低用量ピルの服用や子宮内避妊具の挿入があげられます。どちらも正しく使えば、避妊に失敗する確率は1%以下です。

 ピルとは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが混ざったホルモン剤のことを指し、含まれている卵胞ホルモンの量によって、高用量・中用量・低用量・超低用量に分類されています。現在日本で「避妊用のピル」として認可されているのは、低用量ピルです。避妊用ではありませんが、月経痛の治療薬として発売されているものには超低用量ピルもあります。避妊用のピルは自費なので、病院によって値段が異なります。大体、1シート(1カ月分)2000~3000円に設定している病院が多いでしょう。保険適応のピルは、種類によって1シートの値段が異なり、1100円~2500円くらいの価格帯です。

 ピルの主な作用は、1)排卵の命令が出ないようにする・2)子宮内膜を薄くする・3)頸管粘液を減らして精子が入りにくくする、という3つの機序からより高い避妊効果を得るというものです。定期的にホルモン剤を飲むことで、体の中のホルモン量を一定に保ち、脳に「もう十分なホルモンがありますよ」と勘違いさせるので、排卵の命令が出なくなるのです。

 主な副作用は、吐き気・嘔吐・むくみ・頭痛・不正出血などですが、これらは「マイナートラブル」といわれ、飲み始めに見られることがありますが、多くのケースでは1~2カ月で徐々に治まっていきます。注意が必要なのが「血栓症(血の塊が血管に詰まってしまう異常)」であり、喫煙者や肥満の方など血栓症リスクが高い方はピルは服用できません。

 ピルには、高い避妊効果以外にも、月経痛が軽くなる・月経量が減る・月経周期が整う・月経前の不調が軽減する、などのさまざまな副効用があります。血栓症リスクがない、確実な避妊が必要な人にとっては、副作用のデメリットより服用するメリットの方がはるかに大きいと言えます。

 ピルを処方するにあたって必要なのは、詳細な問診と血圧及び体重の測定です。月経痛などの症状がなければ、処方のために内診を行う必要はありません。ピルを試してみようかなと思ったら、まずは婦人科で相談してみるとよいでしょう。

All Aboutガイド・清水なほみ
NPO法人女性医療ネットワーク理事・NPO法人ティーンズサポート理事長。日本産婦人科学会専門医で、現在はポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ院長。病院に行きづらいという患者さんの悩みを、現役医師の知識を活かしてサポートしている。

外部リンク

cat_12_issue_oa-davincinews oa-davincinews_0_2eec6260280f_「はじめに」『あさな君はノンケじゃない!』/連載第1話 2eec6260280f 2eec6260280f 「はじめに」『あさな君はノンケじゃない!』/連載第1話 oa-davincinews 0

「はじめに」『あさな君はノンケじゃない!』/連載第1話

2019年7月4日 19:25 ダ・ヴィンチニュース

あさな君はごくごくフツーの都内在住アラサー男子。ただひとつだけ違うのは、ゲイであること―。母へのカミングアウト、初恋の男の子の想い出、そして運命の人との出会い…。今どきアラサーゲイのささやかな日常を描くコミックエッセイ。ポップで色彩豊かなオールカラーでお届けします。

 >>次回に続く

外部リンク

cat_12_issue_oa-davincinews oa-davincinews_0_259062f5ccf4_孤独死の現場を清掃する「特殊清掃員」の仕事とは。“不浄”を拭い原状回復する清掃員の物語 259062f5ccf4 259062f5ccf4 孤独死の現場を清掃する「特殊清掃員」の仕事とは。“不浄”を拭い原状回復する清掃員の物語 oa-davincinews 0

孤独死の現場を清掃する「特殊清掃員」の仕事とは。“不浄”を拭い原状回復する清掃員の物語

2019年7月4日 19:00 ダ・ヴィンチニュース

 夏になるとテレビから流れてくる高齢者の孤独死ニュースに毎年、胸が痛くなる。エアコンもかけられていない部屋の一室で誰にも気づかれず、ひっそりと亡くなったひとつの命。そんな悲しい命の終わり方が報道されるたび、故人の人生や死に至らなければならなかった理由に思いをはせてしまう。そして同時に、終の棲家となった一室を元通り原状回復させる「特殊清掃」という職に深い敬意を払いたくもなる。

「特殊清掃」とは、孤独死などの変死体があった場所を、屋内外問わず原状回復させる仕事。そんななかなか公になりにくい職業にスポットを当てた『不浄を拭うひと』(沖田×華:著、天池康夫:原案協力/ぶんか社)は仕事内容だけでなく、生前の故人の想いにも注目した1冊だ。

 主人公の山田正人(39)は脱サラをし、特殊清掃員に。もともと霊感体質だった正人は仕事をはじめてからさらに霊感が強くなり、はじめの頃は自宅で心霊現象を体験したこともあった。

 そして今でも故人の室内を清掃しようとすると“見えない人”に妨害をされ、中に入れないことがある。そんな時は知人の紹介で知り合った住職に部屋の前でお祓いをしてもらい、清掃に臨むのだ。

 6畳一間が床いっぱいの女性用下着で埋め尽くされた男性の部屋。背広姿のまま両手首を切って自殺した男性が宿泊した高級ホテル…正人が特殊清掃に入る場所は実にさまざまだ。しかし、どの場所にも共通しているのが、部屋から生前の故人の想いが溢れだしているということ。誰にも気づかれず、ひっそりと亡くなっていった故人の暮らしに正人は思いを巡らせながら職務を全うする。

 さまざまな状態の中で死を迎えた人々が残した「生活の跡」。それは一見、汚くて、ただのゴミのように思えるかもしれない。だが、それらは故人が必死に生き抜こうとした証だ。その痕跡を丁寧に拭いながら、新たな人が人生をはじめられるような住み家に原状回復していく正人を見ていると、特殊清掃という仕事の偉大さを実感する。

 私たちはきっと大半の人が、特殊清掃のお世話になると思いながら生きてなどいない。特殊清掃員や特殊清掃される部屋、そこに住んでいた故人は全て自分とは遠いところに存在しているように思えてしまうだろう。だが、孤立し、誰にも知られないまま命を落とす可能性は誰にでも等しくあるように思える。現在、家族と同居していても、数年先は未知数であり、人生がいくら軌道に乗っていても予想外の出来事で思わぬ憂き目にあうことだってある。そう考えると、孤独死や特殊清掃はどこか遠いところで起きていることではなく、いつでも自分の身近にあるものなのだと思えてはこないだろうか。

 シリアスなテーマを軽快かつ丁寧に描いている本作は、命の終え方を自分の胸に問うきっかけを与えてくれもする。人生の終わりをどこでどう迎えるのかと考えて立ち止まってみることで防げる孤立死や孤独死は、きっとあるはずだ。

 ちなみに最新巻となる第3巻が、2019年7月1日に各電子書籍ストアにて発売された。こちらもぜひチェックしながら、人知れず亡くなっていった命に少し思いをはせてみてほしい。

文=古川諭香

『不浄を拭うひと』(沖田×華:著、天池康夫:原案協力/ぶんか社)

外部リンク

cat_12_issue_oa-davincinews oa-davincinews_0_2be0bebbbd5c_「介護殺人」仲睦まじいおしどり夫婦を悲劇に追いつめた犯人を探る 2be0bebbbd5c 2be0bebbbd5c 「介護殺人」仲睦まじいおしどり夫婦を悲劇に追いつめた犯人を探る oa-davincinews 0

「介護殺人」仲睦まじいおしどり夫婦を悲劇に追いつめた犯人を探る

2019年7月4日 17:30 ダ・ヴィンチニュース

『介護殺人 追いつめられた家族の告白』(毎日新聞大阪社会部取材班/新潮社)

 日本では高齢化が加速し、介護を必要とする人の数は想像以上の速さで急増している。医療の進歩で長生きできるようになり、介護期間が以前よりも延びていることも関係しているだろう。

 そんな時代の変化を背景に、介護疲れによる殺人や心中のニュースが後を絶たない。同じ屋根の下でともに暮らしてきた家族を自らの手で殺めなければならなかった人の心は、容易には計り知れない。『介護殺人 追いつめられた家族の告白』(毎日新聞大阪社会部取材班/新潮社)には、悲鳴にも似た関係者たちの声が収められている。

 大好きだった家族の命を奪おうと思いつめるに至った無念さは、当事者にしか分からないのかもしれない。だが、その悲痛な叫びや、声をあげられなかった苦しみを知ることで、この先守ることができる命や未来もあるだろう。高齢化が進む今こそ、私たちは介護問題について「自分軸」で考えなければならない。

■「殺してごめん」おしどり夫婦が陥った在宅介護の現実

 介護殺人は特殊ではなく、どんな家庭にも起こり得ること。本書に登場する当事者たちの声に耳を傾けるとそう思えてならない。中でも、木村茂さん(仮名・75歳)のエピソードは涙なしに読み進められない。

 茂さんと妻・幸子さん(71歳)は、仲睦まじいおしどり夫婦。仕事に明け暮れる自分に代わって子どもを立派に育てあげてくれた幸子さんを喜ばせたい。そう思った茂さんは定年後、退職金をつぎ込み車を購入。2人で色々なところに旅行へ出かけた。

 茂さんは定年後に人生で初めて持った携帯電話の待ち受けにも幸子さんの写真を設定するほどの愛妻家。残りの生涯を愛する人と大切に踏みしめていこうと考えていた。

 しかし、退職して10年あまりが過ぎた頃、幸子さんはおかしな行動を見せ始めるようになり、その2年後にはバイク転倒でけがを負う。身の回りのことをすべて茂さんが行うようになってから幸子さんの言動はより悪化していった。悩んだ茂さんは幸子さんを病院に連れていくと、医師から「パーキンソン病と認知症を患っている」と告げられた。

 それを機に茂さんは新聞配達の仕事を辞め、幸子さんの介護に専念。しかし、認知症が進行するにつれ、変わっていってしまう妻の姿に苦しんだ。今までは考えられなかった暴言を愛妻から浴びせられる日々。不眠の改善にと始めた毎夜のドライブ。それが、じわじわと茂さんに暗い影を落としていった。

 介護施設に頼ることも考えたが、施設から返ってくるのは「空きがない」という連絡ばかり。奇跡的に空いていても、夜になると大声で騒ぐ幸子さんの症状を説明すると、どの施設もよい顔をしてはくれなかった。心と体に限界を感じた茂さんは、ついに妻の首を絞め、自分も自殺を図ったのだ――。

 介護殺人の哀しさは、罪を犯した当事者が命を奪った相手を忘れられず、愛し続けているところにある。茂さんも幸子さんのことを今でもなお愛している。それは、収容後に拘置所の中で書きつづっていた日記からも見て取れる。

〈12月4日〉
―あなたを殺したくて殺したわけではないの。あなたを愛して愛してたのに、あの日はなぜかマイナス思考になっていた。あなたを介護したい自分がおる事。自分がしたいが思うようにできない事などがあって、殺して自分も死のうと思って。自分だけが生き残ってごめん。

 殺人は許されない犯罪だ。だが、介護殺人には言葉で括ることができないやるせなさがある。毎日の介護で限界になるまで自分を追いつめてしまった介護者が「ラクになれる瞬間」を求めた罪という一面だけで片づけてはいけない。

 介護殺人には、被害者しかいないのだ。家族の絆や愛が悲劇に変わってしまう裏には、当事者たちにしか知り得ない在宅介護の辛さもある。私たちは、この先どんな介護を選択していけば、最愛の人を穏やかに看取ることができるのだろうか。

文=古川諭香

外部リンク

cat_12_issue_oa-davincinews oa-davincinews_0_29664870538d_「人殺しは何を考えているのか?」当事者に実際聞いてみた、危険思想の本質 29664870538d 29664870538d 「人殺しは何を考えているのか?」当事者に実際聞いてみた、危険思想の本質 oa-davincinews 0

「人殺しは何を考えているのか?」当事者に実際聞いてみた、危険思想の本質

2019年7月4日 17:30 ダ・ヴィンチニュース

 TBSの人気番組「クレイジージャーニー」で、「危険地帯ジャーナリスト」として活躍する丸山ゴンザレスは、これまで世界中のさまざまな地域の取材を通じて幾多の「違う世界」を目にしてきた。『世界の危険思想』(丸山ゴンザレス/光文社)では、危険な物事の中心に“台風の目”のようにポッカリと佇んでいる「不可解さ」について徹底的に掘り下げていく1冊だ。

 著者は冒頭で「人は人をなぜ殺すのか?」という疑問を読み手に投げかける。人殺しは海外の危険地帯だけで起こっているわけではない。日本国内でもニュースを見ればそのような疑問を抱いてしまうような事件はしばしば起こっている。しかし、一般の私たちが“人殺しの素顔”を知ることができる機会は稀だ。本書で紹介されているジャマイカでの取材録からは、著者が目の前の元殺し屋からその「わからなさ」を懸命にひもとこうとしている姿がうかがえる。

“彼にとって殺すことに罪悪感はあるだろうが、それ以上に生きることに必死なんだと思う。衣食足りて初めて人生を見つめることになるのだろう。私の見た限りではあるが、彼の置かれている立場は、殺すことぐらいしかできる仕事がないと追い詰められた感じがした。”

 取材中に発生したメキシコの麻薬組織とのやりとりや、フィリピンのギャング闘争の内情など、異国の危険な裏社会に潜入するような表面上のルポルタージュだけでなく、危険に対して人々がなんとなく抱えている「潜在的な不可解さ」についても本書は検証を進めていく。

 例えば、犯罪者の温床と呼ばれているようなスラム街でも、治安がどこでも必ず悪いというわけではなく、時間帯などに細心の注意をすれば問題なく行動できる場合も多いそうだ。しかし、スラムという環境を100%疑ってかかった状態でそこに足を踏み入れれば、当然そこにいる全ての人は「スラムの人」と括られ、そこの誰かに常に自分が狙われているように感じてしまうだろう。ひとつの偏見があるわけだ。

 欧米では、なくならないテロ行為の末にイスラムフォビア(イスラム恐怖症)が社会問題にもなっている。私たちの周りでも、「高齢だから」「引きこもりだったから」「◯◯大学の学生」のように、過去に起こった特定の事件のみで、ほかの人々もあたかも関連しているかのような扱いがなされかねない危険性を感じたことはあるだろう。

 難局を越えてきた百戦錬磨の著者にとっても、こうした「心の靄(もや)」を取り除く過程は常に必須だという。「偏見」を取り払い、客観的な根拠にもとづいた「知見」に進化させることを、著者自身くり返して実行してきたのだ。

 わからないことをきちんと掘り下げるには、時間と勇気が必要だ。ネットでもリアル社会でも、自分の意見やスタンスがぼやけていることはなかなか許容されにくい世の中だが、著者はタイで人気があるという元囚人映画キャストに取材した経験から、日本社会にはもう少し「曖昧さ」があってよいのではと指摘する。

“日本にはもう少しでいいので、曖昧なままの状況を許す心が必要なんじゃないだろうか。許せないとか、拒絶するという考え方は、世界で一番危ない考え方につながりかねないと思うのだ。”

 人が普通の旅行では訪れないような場所への旅を数多く経験してきた著者は、単に人の不可解さを「遠い異世界」として提示するのではなく、私たちが物事を考える手がかりとして活用する術を読者に示してくれるのだ。

文=神保慶政

『世界の危険思想』(丸山ゴンザレス/光文社)

外部リンク

cat_12_issue_oa-davincinews oa-davincinews_0_e9770f129a2c_「銭湯を通じて、ちょっとだけ成長する物語」『湯遊ワンダーランド』まんきつ×編集・高石さん対談 e9770f129a2c e9770f129a2c 「銭湯を通じて、ちょっとだけ成長する物語」『湯遊ワンダーランド』まんきつ×編集・高石さん対談 oa-davincinews 0

「銭湯を通じて、ちょっとだけ成長する物語」『湯遊ワンダーランド』まんきつ×編集・高石さん対談

2019年7月4日 11:00 ダ・ヴィンチニュース


『週刊SPA!』で連載をしていた漫画「湯遊白書」(単行本化の際に「湯遊ワンダーランド」と改題)が、今年2月に完結。最終巻となる第3巻『湯遊ワンダーランド3』(扶桑社)が、5月30日に発売されました。

 この作品は、アルコール依存を激白した『アル中ワンダーランド』でデビューした漫画家、まんきつ(連載時ペンネームは「まんしゅうきつこ」)先生が、サウナを通じて変わっていく様子を描いた、異色の“おふろ漫画”です。


「連載が始まる前、プレッシャーで10円ハゲができた」というまんきつ先生と、作中に幾度となく登場しては笑わせてくれた担当編集・高石智一さんをお迎えし、連載を振り返っていただきました。

■はじめての週刊連載で、パニックに


――最終巻の発売、おめでとうございます。この作品はまんきつ先生にとってはじめての週刊連載だったそうですが、いかがでしたか?

まんきつ先生(以下、まんきつ):想像以上の大変さで、最初はパニックになりました。それでも、1巻はまだつつがなく進んだのですが、ネタ切れを起こしてきた2巻以降は、もう本当に大変で。「私、もたないんじゃないか」と思うことが何度もありました。

 というのも、銭湯って、基本的に何も起こらない平和な空間なんですよ。漫画に描いたような出来事だって8回行って1回あるかどうかです。そんななかで、完結することができたので、今ホッとしています。

高石智一さん(以下、高石):連載中はほとんどネタ切れを起こしてましたよね。思い出したくないですね。

――高石さんは、週刊連載を振り返ってみて、いかがですか?

高石:胃に穴があかなくて良かったです。週刊連載なのでストックが数話ある状態で進めたかったのですが、この作品はそれがなかったので、いつもギリギリでした。直前に描けない、ネタがないと言われるのを毎週繰り返すと、どんどん胃が痛くなっていきます。でも描いている本人が一番胃が痛いんだろうなと思って、やり過ごしました。僕の胃、けっこう丈夫かもしれない。

■“きょうだい漫画”から“おふろ漫画”へ


――印象に残っているエピソードを、理由とともに教えてください。

まんきつ:私は、「サウナー・佐和子」の回ですね。普段は自分をモデルにしたキャラクターを動かしていますが、佐和子は架空の人物なので、いつもよりスラスラ描くことができました。ネームに悩まなかったのも、佐和子の回くらいですね。

高石:僕は、最終回の前編です。個人的に思い入れがあるのが、この一枚です。


高石:連載がはじまる前の企画段階では、“おふろ漫画”ではなく、“きょうだい漫画”になる予定だったんです。きょうだいの確執などを連載にしようとしていたんですよ。そのときに生まれたのが、この絵です。

まんきつ:きょうだい漫画の場合は、これが1話目に来る予定でした。でも、きょうだいのアレコレを連載にするのは難しいなということで、おふろになったんです。

――最終回での弟さんとのエピソードはかなり衝撃的でした。これは実話なんですか?

まんきつ:実話なんです。まだ傷跡残ってます。皮膚が薄いところだから、すごく血が出たんですよ。


まんきつ:実は、1巻の途中で、私は弟の家を出ているんです。なので、2、3巻で出てくる弟のエピソードは、過去のやりとりや会話を思い出しながら描いています。

――回想漫画だったんですね。

まんきつ:そうですね。エッセイ漫画なので、起きた出来事をタイムリーに描きたいところですが、連載当初から、「最終回は家を出て終わる」と決めていたので、リアルタイムではあえて描きませんでした。

■「高石さん」と書くと「お前」に書き換えられる



――高石さんは、作中で何度も登場されていますが、ご自身がキャラクターになるというのは、どんな気分なんでしょうか。

高石:めちゃくちゃな顔なので、自分のようでそうではないような、不思議な感覚でした。でもやっぱり似ているキャラなので、滑ってほしくないなと丁寧に赤字入れました。見た目がかわいそうだからせめて面白いこと言ってほしかったんです。

まんきつ:本当は、高石さんが登場するのは1回だけの予定だったんです。1巻のフルーツ牛乳の回ですね。でもそのときの反響がすごかったので再登場させることにしました。ネタに困ったときは高石さんを出す、という感じですね。

――はじめて見たときは、編集さんをこんな風に書いていいのかな…? と思ってしまいました(笑)。

まんきつ:漫画の中ではああいう感じなので「編集さんと仲悪いんですか?」とたまに聞かれるんですけど、本当はそんなことないんですよ。

高石:まんきつさんは、Twitterで色々書かれているのを気にしてるんです。

まんきつ:Twitterで「まんきつさん、高石さんにいじわるだ」って書かれてることがあったんですよ。でも違うんです。普段はすごく優しくしています。むしろ、そう仕向けているのは高石さんのほうで、私が「高石さん」というセリフを書くと、赤字で「お前」に直されてるんですよ。お前なんて呼びません。

高石:こういうインタビューがあるたびにイメージアップしようと必死なんです。

■作品に込められた読者に伝えたいメッセージ


――連載を終えた今だから言える、お互いへのメッセージがあればお願いします。

高石:まんきつさんは、連載中はずっと「やめたい」と言っていました。でも、それを乗り越えて、こうして3巻まで完走することができました。最初に比べると、絵のスキルも格段に上がったし、コマ運びも上手になったと思います。いつも自信なさげですけど、この経験を自信にして、これからも頑張ってほしいです。

――先生から高石さんにメッセージはありますか?

まんきつ:……。

高石:え、何もないんですか? ここで無言ってひどくないですか?

まんきつ:キツいこと言われると思ってたのに、普通にいいこと言われてしまったので、どうしようかなって……。そうですね、毎回ネームが遅くなって本当に申し訳なかったです。
高石:それメッセージというか謝罪じゃん。

――そんなにギリギリだったんですか?

高石:月曜の朝には完成原稿を入稿しなきゃいけないのですが、日曜日になってもまだネームができていないということも多々ありました。もう少し早くもらえたら、修正したりできたんですけど。常に時間が足りませんでした。

まんきつ:ごめんね! 漫画って孤独な作業なんですよ。でもいざとなったら高石さんが助けてくれるという頼もしさがずっとありました。素晴らしい編集さんだと思いました。

高石:急に褒め出すの嘘くさいですよ。

――読者に向けてのメッセージもお願いします。

高石:この漫画はおふろ漫画ではありますが、サウナを知らない人でも楽しめるように作ったつもりです。なので、サウナに興味のない人にこそ、読んでほしいんです。サウナという心から好きなものを見つけた主人公が、ほんのちょっと、成長する物語です。何か好きなものを見つけたときの人の強さや、その楽しさが伝わればいいなと思います。

まんきつ:言いたいこと、高石さんがほとんど言ってくれました。私はいつも、悩んでいる人の気持ちが少しでも軽くなればと思いながら、漫画を描いています。自分もそうだったので、そういう人のために描いていたいんです。今つらい気持ちでいる人が、この作品を読んで、ちょっとでも笑ってくれたら嬉しいです。

取材・文=中村未来(清談社)
撮影=大貫未来(清談社)

外部リンク

cat_12_issue_oa-davincinews oa-davincinews_0_cad40fcda1b9_福山雅治&石田ゆり子初共演映画「マチネの終わりに」特報公開!「こんな大人な愛の告白されてみたい」 cad40fcda1b9 cad40fcda1b9 福山雅治&石田ゆり子初共演映画「マチネの終わりに」特報公開!「こんな大人な愛の告白されてみたい」 oa-davincinews 0

福山雅治&石田ゆり子初共演映画「マチネの終わりに」特報公開!「こんな大人な愛の告白されてみたい」

2019年7月4日 11:00 ダ・ヴィンチニュース

 平野啓一郎の小説を実写化した映画「マチネの終わりに」の特報映像が公開。主演・福山雅治が奏でるメインテーマも登場し、「美しすぎてため息が出た」「ギターの旋律で切なさが倍増」と話題になっている。

 同映画は、福山演じる天才クラシックギタリスト・蒔野聡史と石田ゆり子演じるパリ勤務のジャーナリスト・小峰洋子の出会いと別れを描いたラブストーリー。「ガリレオ」シリーズの西谷弘が監督を手がけ、情緒ある世界観を再現するため全編フィルムカメラで撮影された作品だ。メインテーマ「幸福の硬貨」は、数々の映画サウンドを生み出してきた菅野祐悟によるオリジナル楽曲。俳優でありミュージシャンでもある福山が自ら演奏を担当している。

 洋子の婚約者・リチャード新藤は伊勢谷友介が演じ、蒔野のマネージャー・三谷早苗は桜井ユキに決定。ほかにも木南晴夏、風吹ジュン、板谷由夏、古谷一行といった実力派の俳優陣が出演することも明かされていた。

 公開された特報では、ギターを奏でる蒔野や取材用のマイクを持った洋子の姿が。「もし洋子さんが地球のどこかで死んだって聞いたら、僕も死ぬよ」と洋子に告げる蒔野のセリフも登場し、「こんな大人な愛の告白されてみたい」「福山さんの優しい声が胸を締めつけてくる」「2人の涙が美しい映像だった…」とファンから興奮の声が続出している。

 福山は今回の映画のために、数カ月でクラシックギターを習得。自身のライブにも早速取り入れているそうで、「これからの音楽人生でクラシックギターを演奏する時、蒔野聡史というギタリストはずっと自分と共にいて、同時に、競うべきライバルになってゆくのだと思います」とコメントを寄せた。

「特報が最高すぎて本編が待ちきれない」「ほかのキャストがどんな演技を見せてくれるのか楽しみ」「原作の雰囲気を壊さないどころか再現度120%で安心した」など、原作ファンからは期待の声も。公開は2019年11月1日(金)からなので、続報と合わせて要チェックだ。

■映画「マチネの終わりに」

原作:平野啓一郎
監督:西谷弘
出演:福山雅治、石田ゆり子、伊勢谷友介、桜井ユキ、木南晴夏、風吹ジュン、板谷由夏、古谷一行 ほか
公式サイト:https://matinee-movie.jp/

『マチネの終わりに』(平野啓一郎/毎日新聞出版)

外部リンク

cat_12_issue_oa-davincinews oa-davincinews_0_106237e36a63_「涙が止まらない」 ドラマ「きのう何食べた?」最終回、愛を確かめあう2人に感動の声 106237e36a63 106237e36a63 「涙が止まらない」 ドラマ「きのう何食べた?」最終回、愛を確かめあう2人に感動の声 oa-davincinews 0

「涙が止まらない」 ドラマ「きのう何食べた?」最終回、愛を確かめあう2人に感動の声

2019年7月4日 11:00 ダ・ヴィンチニュース

 2019年6月28日(金)に、よしながふみの同名漫画を原作としたドラマ「きのう何食べた?」の最終回が放送。視聴者からは「最高のドラマだった」「ずっと2人で長生きしてね…」と感動の声が上がっている。

 同ドラマは、弁護士の史朗(西島秀俊)こと“シロさん”と美容師の“ケンジ”(内野聖陽)のほろ苦くもあたたかい毎日と食卓を描いた物語。最終回となる第12話では、シロさんがケンジを連れて実家を訪れる。緊張して落ち着かないケンジは、朝から準備で大騒ぎ。出迎えたシロさんの母・久栄(梶芽衣子)と父・悟朗(田山涼成)も、緊張の面持ちでケンジたちを出迎えるのだった。

 しかもケンジと悟朗はひょんなことから2人きりに。気まずい空気の中、「史朗のアルバムを見よう」とケンジに声をかける悟朗。高校時代のシロさんの写真に内心はしゃぐケンジは、シロさんの思い出話を聞きながら悟朗と親交を深めていく。

 ぎこちなさはあったもののシロさんの両親とケンジの初顔合わせは大成功。その帰り道「夢みたい… 恋人の実家に遊びに行って、親御さんとご飯食べる日が来るなんて」「もう俺ここで死んでもいい」と涙を流すケンジに、シロさんは「食いもの油と糖分控えてさ、薄味にして、腹八分目で、長生きしような、俺たち」と語りかける。

 さらに後日、ケンジとシロさんは買い物帰りにおしゃれなカフェへ。以前なら周りの目を気にして女性客の多いカフェを嫌がったであろうシロさんだが、今回はあまり気にしていない様子。帰宅後にシロさんはケンジに、「なるべくハッピーでいてほしい」「お前が幸せを感じるなら、カフェぐらい何度も付き合うよ」と伝える。そんなシロさんをケンジは後ろから力強く抱きしめるのだった。

 これには視聴者も「これまで生活音が途切れなかったこのドラマで、2人が抱き合うシーンが無音だったの本当によかった」「涙が止まらない」「静かな愛の確かめあいにグッとくる」「これまでほぼ触れ合うことのなかった2人の抱き合うシーンをここに持ってくるか!!」と大興奮のよう。

 同ドラマの原作は現在15巻まで発売中。ドラマでは描かれていないシロさんとケンジの毎日を、ぜひ漫画でものぞき見してみては?

■ドラマ「きのう何食べた?」

原作:よしながふみ
監督:中江和仁、野尻克己、片桐健滋
出演:西島秀俊、内野聖陽 ほか
公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/kinounanitabeta/

『きのう何食べた?』15巻(よしながふみ/講談社)

外部リンク

cat_12_issue_oa-davincinews oa-davincinews_0_88b21c7975b6_自分のことが怖くないですか?――『母のような母になるのがおそろしい』① 88b21c7975b6 88b21c7975b6 自分のことが怖くないですか?――『母のような母になるのがおそろしい』① oa-davincinews 0

自分のことが怖くないですか?――『母のような母になるのがおそろしい』①

2019年7月4日 11:00 ダ・ヴィンチニュース

大反響につき、リバイバル連載決定!
結婚3年目、のどかな日々をおくるカナン。 「そろそろ子供、欲しくない?」 何気ない夫の問いかけが、心に暗い渦を作り上げる…。 母親になんてなりたくない。 いや、正しくは「母のような母になってしまうのがおそろしい」。 渦の底に眠った暗闇を覗き込むと、幼少期の忌々しい記憶が溢れてくるのだった。 著者渾身のノンフィクションコミックエッセイ。

 我が子が生まれてきてくれた、生まれた瞬間から愛おしい、そんな母親がいる一方、生まれた瞬間の我が子を可愛いと思えない方もやはりいます。世間では良しとされないそれらの感情をおしこめ、自分はおかしいのだろうか、と感じながら子育てをする日々…。

 本作では、自身の生い立ちや現在の心境が赤裸々に語られます。ネットでも「私も息子を抱きしめながら自分のインナーチャイルドを癒しているのかもしれない」「産んだわが子がかわいいと思えない方は、実は少なくありません。それが自分だけではないこと、他の人と自分は違いいろいろな親子関係があることを本作品から感じ取ってくれると良いなと思います。」「さまざまな事情で ”母になるのがおそろしい” ひとはじつはたくさんいるんじゃないかとおもうのです。わたしもそうでした。」など、共感の声が続出。

 自分と子どもの親子関係は、自分とその親の親子関係ともつながることも多いもの。大人になって振り返ることで、現在の自分を見つめ直すヒントになるかもしれません。

外部リンク