cat_7_issue_oa-bouncynews oa-bouncynews_0_5c9635d3fa02_「ソニック」シリーズの作曲家 瀬上さんにインタビュー【動画コラム】 5c9635d3fa02 5c9635d3fa02 「ソニック」シリーズの作曲家 瀬上さんにインタビュー【動画コラム】 oa-bouncynews 0

「ソニック」シリーズの作曲家 瀬上さんにインタビュー【動画コラム】

2019年6月20日 18:30 bouncy / バウンシー


動画ライターの砂流(すながれって読みます)です。ソニック風なドット絵で失礼します。

ゲームやeスポーツに関する取材をおこなう動画コラム、今回はセガゲームスの「ソニック」シリーズのゲーム音楽をつくられている瀬上純さんに取材してきました!


瀬上さんは、5月21日に発売された「ソニック」シリーズの新作レースゲーム『チームソニックレーシング』の楽曲も手がけられています。


▲プロモーション映像で使われている音楽は瀬上さん作曲

瀬上さんの音楽といえば、疾走感あるバンドサウンド。とくにギターのキャッチーなメロディーがかっこいいんです! ソニックファンの方はメロディーを口ずさめる方も多いのではないでしょうか。

ということで、今回は瀬上さんに「メロディーの秘密」や、「海外を意識するキッカケ」といった音楽に関するお話を伺いました。

■ 緻密なんだけど緻密に感じさせないものを狙っている

まずはメロディーについてお話を伺いました。

瀬上:洋楽が好きで、洋楽で育ってきたけど、根っこの部分にわかりやすい歌謡曲とかJ-POPがある。このふたつがうまく混じっているのが特徴かもしれないですね。

例えば、『ソニック ヒーローズ』のイントロ。わかりやすいメロディーだと思うんですけど、こういうメロディー展開を欧米人はハードロックに結びつけようとはしないそうです。実際に、海外のミュージシャンから「こういう展開はできない」とよく言われます。


(『ソニック ヒーローズ』を弾く様子。動画を参照ください)

砂流:「ソニック」シリーズの楽曲をつくるときに意識していることはありますか?

瀬上:ソニックに関して言うと、なるべくシンプルな楽曲で、分かりやすく聞いて覚えやすく耳に残るものを意識しています。緻密なんだけど緻密に感じさせないものを狙っている感じでしょうか。

■ 海外を意識するようになったキッカケはMR.BIG

瀬上さんは1993年にセガ(後のセガゲームス)に入社。ゲーム会社に入社した理由のひとつは、「ゲーム音楽は日本国内だけでなく世界中に音楽を届けられるメディアだと思った」からだそうです。現在、瀬上さんはジョニー・ジョエリさんとハードロックバンド「Crush 40」として活動もしており、英語歌詞の楽曲をつくっています(冒頭で紹介した『チームソニックレーシング』もCrush 40の楽曲)。Crush 40は海外でも大人気です。瀬上さんが、英語歌詞の曲をつくりはじめたり、海外を意識しはじめたキッカケを聞いてみました。

瀬上:英語の歌詞の曲を手がけるようになったのは、1996年にセガサターンで発売した『デイトナUSAサーキットエディション』の時です。このタイトルは、MR.BIGのシンガー(エリック・マーティン)と組んで一緒に曲をつくったのですが、海外の人にうける曲はどういうものだろう、というのを真剣に考えるキッカケになりました。

砂流:Mr.Bigがキッカケってめっちゃかっこいいですね! といいますか、ビッグアーティストと一緒に曲をつくっていることに自体に驚きました。セガはドリームキャストで発売された『クレイジータクシー』でもTHE OFFSPRINGの楽曲を使ったりと、有名なバンドやミュージシャンを起用したりするイメージがあります。

瀬上:(当時のセガは)、その時代の一線のアーティストの音を使いたいと思ったら、それっぽいのをつくるんじゃなくて、その人と組んじゃえばいいじゃん、という発想があったと思います。僕の場合は、アーティストの音を使うだけじゃなくて、そのアーティストと一緒に曲をつくりたかったので声をかけた感じですね。

砂流:瀬上さんの楽曲は海外でも人気で、海外でライブも行っていると聞きました。海外の方はどういう反応なのでしょうか?

瀬上:これまでアメリカ、イギリス、メキシコなど様々な場所でライブを開催してきました。ライブの時はサイン会など、来てくれた方と直接ふれあえる機会をつくってもらっているのですが、「この曲で育った」「この曲の歌詞で人生が変わった」「辛いときはこの曲が支えてくれた」みたいなコメントをもらうこともあります。皆さん「ありがとう」と言ってくれるんですが、こちらこそ「ありがとう」です。

砂流:最後に、お墓に持って行きたいゲームを教えてください。

瀬上:これまた大変な質問ですね(笑)。自分の手がけたゲームの中では、どう考えてもメインは2001年にソニック10周年で発売した『ソニックアドベンチャー2』です。『ソニックアドベンチャー2』は、アメリカのサンフランシスコにあるスタジオに移ってつくった最初の作品なのと、好きな曲だらけですし、「Live and Learn」や「City Escape」など代表曲になったものがつまったタイトル。自分の経験値がたまって脂ものっていて、チームの温度感も良く、すべてがガッチリ合わさったタイトルでした。本当に大事なゲームです。

あともうひとつ挙げるとすると、アーケードの『ナスカー』。ナスカーは、Crush 40の原点になったタイトルです。ジョニーとはじめて二人で曲をつくって、それがキッカケで一緒にバンド(Crush 40)をやることになりました。大事な作品なんですが、お墓に持って行くとなると筐体が大きいので、お墓に入りそうにありません笑

■ まとめ

瀬上さんにギターの生演奏をしてもらいながらお話を伺えました。瀬上さんが演奏をされている様子はぜひ音量を上げて動画を見ていただければと思います。

最後になりましたが、瀬上さん、ありがとうございました!

外部リンク

cat_7_issue_oa-bouncynews oa-bouncynews_0_f8ca11251791_アマゾン先住民にインスパイア。まるで素足のように快適に動けるサンダル f8ca11251791 f8ca11251791 アマゾン先住民にインスパイア。まるで素足のように快適に動けるサンダル oa-bouncynews 0

アマゾン先住民にインスパイア。まるで素足のように快適に動けるサンダル

2019年6月20日 11:30 bouncy / バウンシー

アマゾンの先住民が樹液で足を保護したことに着想を得て開発された、足への負担を最小限に抑えた「iGUANEYE Jungle」。

かかとと親指を入れる部分がゴム製になっており、皮膚が接触する部分が最小限になっているので、まるで素足のような感覚で行動できる。


ラインナップは2バージョン。コルクとラテックスでできたソールをソフトレザーで覆った「Jungle LUX」は、天然の二重層ソールは足元を支えてくれるだけでなく、コルクは汗を吸収して匂いを防いでくれるので、快適かつ衛生的。


「Jungle LIGHT」は、EVAフォームで作られており、軽量かつ柔軟性に優れ、防水。水の中でも天気が雨のときでも、天候を気にせずに使える。

また、3Dパズルシステムというユニークなデザインになっており、ソールの種類と色組み合わせられるようになっている。


・ ・ ・

かかともしっかりサポートしてくれて、走っても脱げる心配がない「iGUANEYE Jungle」。ちょっとしたお出かけは、素足のように軽やかになりそうだ。


iGUANEYE

外部リンク

cat_7_issue_oa-bouncynews oa-bouncynews_0_6f17d80d1501_アコーディオンみたい。ハニカム構造で3倍伸びるソファ「elephant IN A BOX」 6f17d80d1501 6f17d80d1501 アコーディオンみたい。ハニカム構造で3倍伸びるソファ「elephant IN A BOX」 oa-bouncynews 0

アコーディオンみたい。ハニカム構造で3倍伸びるソファ「elephant IN A BOX」

2019年6月19日 20:30 bouncy / バウンシー

ボストンを拠点に活動するFurniture Tech Labが開発した「elephant IN A BOX」は、座る部分が折り畳めるソファ。

肘乗せ部分が両方に広げると、長さ最大約220cmにまでなる。ボックス状態ではたったの約69cmだ。組み立ては道具が必要なく、わずか5分程度で終わるお手軽さ。朝のコーヒーを作るのにかかる時間よりも早く組み立てられてしまう。


座る部分は航空機にも採用されているハニカム構造になっていて、耐荷重は1900ポンド(約860kg)。子供の象ぐらいなら一緒に座れてしまう。

現在、Kickstarterでクラウドファンディングを実施中。一台449ドル(約48,000円)+送料から入手可能。プロジェクトが成功すれば、2019年9月に発送される。

ボックス状態のサイズが約69cm × 約98cm × 約45cm。最大限拡張すると約220cm × 約96cm × 約91cmになる。


・ ・ ・

最小サイズだと、両手に抱えて持ち運べてしまう「elephant IN A BOX」。変幻自在のソファでライフスタイルも自在になりそうだ。

Furniture Tech Lab

外部リンク

cat_7_issue_oa-bouncynews oa-bouncynews_0_4b26c7ae8eba_愛されるために生まれたロボット、カンヌへ行く。LOVOT世界デビュー! 4b26c7ae8eba 4b26c7ae8eba 愛されるために生まれたロボット、カンヌへ行く。LOVOT世界デビュー! oa-bouncynews 0

愛されるために生まれたロボット、カンヌへ行く。LOVOT世界デビュー!

2019年6月19日 18:30 bouncy / バウンシー

世界3大広告賞のひとつといわれている、フランスはカンヌでおこなわれるカンヌライオンズ国際クリエィティビティ・フェスティバル、通称「カンヌライオンズ」。

その賞に、2019年6月18日(現地時間)で、bouncyでもたびたび紹介している「LOVEを育む家族ロボットLOVOT」が登場。同ロボットを開発するGROOVE X株式会社の代表取締役 林要氏がプレゼンテーションした。


【参考:今までのLOVOT紹介】

人に甘えるロボット「LOVOT」がロボティクス業界の常識を変える? 発表会でついにお披露目

愛されるために生まれてきた。役に立たないが愛おしいロボット「LOVOT」体験会【bouncy cafe Vol.2】
テーマは「テクノロジーにハックされるのではなく、LOVEで駆動するテクノロジーで人類のウェルビーイング(幸せ感)を目指す」というもの。

人の仕事の代わりをしないロボットが、人々に何をもたらすのか語った林氏。

日本人のロボットに対する、「友達」という概念を、日本のアニメの例を出しながら語った。

タッチ&トライでは、現地の人たちがLOVOTとコミュニケーションする場面も見られた。

・ ・ ・

bouncyでは、詳しいプレゼンの内容や現地の様子を引き続きお届けします!


GROOVE X 株式会社

外部リンク

cat_7_issue_oa-bouncynews oa-bouncynews_0_383e82115451_自転車ロックは必要なし! 変形して自転車を守ってくれるサドル「Seatylock」 383e82115451 383e82115451 自転車ロックは必要なし! 変形して自転車を守ってくれるサドル「Seatylock」 oa-bouncynews 0

自転車ロックは必要なし! 変形して自転車を守ってくれるサドル「Seatylock」

2019年6月19日 11:30 bouncy / バウンシー

自転車&サドル泥棒にさようなら。

自転車のサドルがロックチェーンの役割も果たしてくれる「Seatylock」。シートポストの上に取り付けて、通常のサドルのように機能するだけでなく、取り外して内蔵のチェーンを鍵を使って展開すると、長さ1メートルの自転車用ロックとしても機能してくれるのだ。


チェーンは、高品質の鋼で作られており、チェーンはドリルでも削れないほど高い耐久性を誇るリベットで結合されている。プラスチック部品はすべてUV保護されており、軍用グレードの強化コンパウンド製。そのため、チェーンはカッターでも凍結スプレーでもやすやすと壊れないほど頑丈だ。


サドルはジェル入りなので、長距離のライドでも骨盤への負担を軽減してくれる。サドルは重さ1.33kg。幅16cm。長さ26cmとなっている。

・ ・ ・

一人二役な自転車用サドルが、いつものライドの荷物を1つ減らしてくれそうだ。


SEATYLOCK.

外部リンク

cat_7_issue_oa-bouncynews oa-bouncynews_0_86a2271fa0c1_まるで雲の上を歩いている気分? メリノウールを使ったスリッパ 86a2271fa0c1 86a2271fa0c1 まるで雲の上を歩いている気分? メリノウールを使ったスリッパ oa-bouncynews 0

まるで雲の上を歩いている気分? メリノウールを使ったスリッパ

2019年6月18日 20:30 bouncy / バウンシー

イギリスを拠点に活動するFelts Health Shoes社が開発した、スリッパ「Felt 2.0」。メリノウールとイラクサの生地でできており、両方の特性を活かして、柔らかくて快適なだけでなく、通気性もバッチリ。


さらに、バクテリアの繁殖を抑えて嫌な臭いを抑制してくれるし、暑いときは涼しく、涼しくないときは暖かい状態になる上質なスリッパだ。

現在、Kickstarterでクラウドファンディングを実施中。89ユーロ(約12,000円)+送料から入手可能。プロジェクトが成功すれば、2019年9月に発送される予定。

どれも職人がハンドメイドで作っている、丁寧な一品。洗濯機で洗うこともでき、手洗いコースなどの弱水流コース(水温最大30°)までに対応している。


・ ・ ・

メリノウールとイラクサの組み合わせでできたスリッパで、家の中なのにまるで雲の上を歩いているような気分を味わせそうだ。


Felts Health Shoes Ltd.

外部リンク

cat_7_issue_oa-bouncynews oa-bouncynews_0_5844f45c85f4_世界の地ビール集まれ! Mikkeller Beer Celebration Tokyo 2019開催 5844f45c85f4 5844f45c85f4 世界の地ビール集まれ! Mikkeller Beer Celebration Tokyo 2019開催 oa-bouncynews 0

世界の地ビール集まれ! Mikkeller Beer Celebration Tokyo 2019開催

2019年6月18日 18:30 bouncy / バウンシー

あの有名なカールスバーグを生んだ国デンマーク。実はビールの本場なんです。

そんなデンマーク生まれのブリュワリー(ビール醸造所)のミッケラー。自社でビール醸造所を持たない"ファントムブリュワー"として知られ、東京・渋谷にもクラフトビールバー「Mikkeller Tokyo」を構えています。

Mikkellerは毎年コペンハーゲンで、「Mikkeller Beer Celebration」というビールフェスを開催。2018年には初めて東京での開催を果たし、世界中から珍しいクラフトビールが集まり大成功。好評を博して、2019年も東京で開催が発表されました。


アウトドアフェスからインドアフェスへ

2018年のMikkeller Beer Celebration Tokyo (MBCT) は、晴天のなか明治神宮外苑総合球技場で開催されました。

最大320種の地ビール飲み放題! キャッシュレスで未来を体感できるビールフェス「MBCT 2018」に行ってきた



2019年は開催地を渋谷に移し、渋谷ストリームホールの4〜6階の3フロアを貸し切って行われます。青空の下で芝生に寝転がって一杯、というわけにはいきませんが、フロアごとにデジタルアートなどを設け、渋谷のカラーを取り入れたインドアスタイルのビールフェスになるようです。


キャッシュレス×クラフトビール

MBCTには決済プラットフォーム「Square」がパートナーとして協力しており、ビールやフードはすべてキャッシュレスで購入可能。筆者は2018年の現地を取材しましたが、小銭をじゃらじゃらすることなく、カード一枚ですべての決済を済ませられました。


世界中からブリュワーが集まるため、出展者側も見慣れない異国のお金をやり取りせずに済み、ビールの管理に専念できます。また、食品を扱う関係上、現金を触らずに済んだというメリットもあったようです。

2019年はSquareの新端末が使われる予定で、FeliCa対応で電子マネーにも対応するのはうれしいところ。


・ ・ ・

MBCT 2019は、9月14日(土)〜15日(日)にかけて開催予定。「キャッシュレス」と「クラフトビール」の組み合わせ。普段飲めないようなクラフトビールを渋谷のど真ん中で楽しんでみては?


MIKKELLER BEER CELEBRATION TOKYO 2019

▼場所

渋谷ストリームホール

外部リンク

cat_7_issue_oa-bouncynews oa-bouncynews_0_138a4485600b_飛行機vsロボットの綱引き対決に勝利した!小さくても怪力な四足歩行ロボット「HyQReal」 138a4485600b 138a4485600b 飛行機vsロボットの綱引き対決に勝利した!小さくても怪力な四足歩行ロボット「HyQReal」 oa-bouncynews 0

飛行機vsロボットの綱引き対決に勝利した!小さくても怪力な四足歩行ロボット「HyQReal」

2019年6月18日 11:30 bouncy / バウンシー

犬のような見た目の四足歩行ロボットは近年増えつつある。そんな中、驚異の怪力を発揮して見せたのが「HyQReal」。3.3トンの小型飛行機を引っ張るという驚きのパフォーマンスをやってみせた。救助現場などでの、人力では解決不可能な場面で力を発揮してくれそうだ。


どんな場所でも対応できる耐久性

イタリア技術研究所(IIT)が今年発表した小型四足歩行ロボット「HyQReal」は、長さ1.33m、高さ90cmとコンパクトながら、重さはなんと130kg。人力で持ち運ぶにはかなり苦労しそうだが、飛行機を引っ張るほどの力が出せると思うと納得の重さだろう。


IITのロボット研究チームは、火事、地震、人間にとって危険な場所などを、しっかりと任せられるロボットを作ったとのこと。表面はアルミやプラスチック、ケブラー繊維などで、さらに防水防塵仕様と、堅牢に作られている。


・ ・ ・

かわいい見た目とは違い、怪力を持ち合わせている四足歩行ロボット「HyQReal」。実用化にはまだまだ課題がありそうだが、未来の救助現場を担うクールなロボットになってくれそうだ。


Istituto Italiano di Tecnologia

外部リンク

cat_7_issue_oa-bouncynews oa-bouncynews_0_6cf8a571a0e7_32インチのガラスに様々な情報を映し出すAI搭載スマートミラー「Ayi」 6cf8a571a0e7 6cf8a571a0e7 32インチのガラスに様々な情報を映し出すAI搭載スマートミラー「Ayi」 oa-bouncynews 0

32インチのガラスに様々な情報を映し出すAI搭載スマートミラー「Ayi」

2019年6月17日 20:30 bouncy / バウンシー

Google Play StoreやAyiに内蔵された機械学習型のアプリを利用することができ、音声操作やタッチ操作で様々な情報を表示できる。

例えば、内蔵アプリ「ayi schedule」を使えば、入力したスケジュールとキーワードを抽出して、2時に電話の予定があれば、1時45分にリマインドを設定するか提案したりと、アシスタントとして働いてくれる。


現在、Kickstarterでクラウドファンディングを実施中。一台399ドル(約43,000円)+送料で入手可能。プロジェクトが成功すれば、2019年12月に発送される。

健康管理も鏡でできる

Fitbitやミスフィットなどのデバイスと組み合わせると、ayiは一日を通してユーザーの活動を追跡してくれる。

自身のスケジュールなどに基づいて、フィットネスの目標を達成するために役立つアドバイスをしてくれるのだ。

また、睡眠追跡機能を備えたデバイスとペアにすると、睡眠の分析も表示してくれる。

タッチや音声でスマートホームを操作できる

Ayiは、様々なWebサービス同士を連携できるWebサービス「IFTTT」と連携できる。スマートホームデバイスに接続すれば、照明や湿度、家の鍵、カメラなどコントロールハブとして機能させることもできるのだ。


拡張現実でファッションチェックができる

Ayiのカスタムメイドの拡張現実アプリを使えば、鏡に映った自分に仮想のファッションアイテムを反映させることができる。


・ ・ ・

ただ、姿を映すだけだった鏡。これからは、人々の生活を支えてくれる存在になっていきそうだ。

Ayi Technology Inc.

外部リンク

cat_7_issue_oa-bouncynews oa-bouncynews_0_f51e191475f6_衝撃のフォルムで空を飛ぶペット型おもちゃ「とんで!オウリー」 f51e191475f6 f51e191475f6 衝撃のフォルムで空を飛ぶペット型おもちゃ「とんで!オウリー」 oa-bouncynews 0

衝撃のフォルムで空を飛ぶペット型おもちゃ「とんで!オウリー」

2019年6月17日 18:30 bouncy / バウンシー

東京ビックサイトで開催された「東京おもちゃショー2019」

会場で一際目立っていた、タカラトミーの育てるペット型のおもちゃ「とんで!オウリー」。うるうるの瞳がかわいいオウリーの、控えめに言っても怖すぎる驚きの機能とは?


お世話をするほど気持ちがわかる

オウリーは赤ちゃんと同じで、最初から色々なことができるわけじゃありません。ご飯をあげたり撫でてあげたり、たくさんお世話をしてあげましょう。

自分の気持ちを目の色で教えてくれたり、ご飯のあとはゲップだってしちゃいます。

ピンク色の「大好きだよ(I love you)」など目の色は全部で9色。気持ちがわかると、お世話もしてあげやすいですね。


無限の彼方へ、さあ行こう

オウリー最大の特徴、それは空を飛ぶギミックが備わっていることです。

ゆっくりと上下にフリフリして飛び方を教えてあげましょう。

目の色がレインボーなったら、「飛びたい(I am READY TO FLY)」サイン。

体が分離し、羽ならぬプロペラがシャキーンと出てきて……飛びます! この分離するシーンが衝撃的すぎて忘れられません。子どもは泣いちゃうのではないかと、少し心配になりました。


bouncy編集部もオウリーと遊ばせてもらいましたが、サインが出てからすぐに巣にセットしてあげると、上手に飛んでくれました。最初の浮遊時間は数秒ですが、沢山お世話して練習すると浮遊時間も長くなっていくそう。

・ ・ ・

ついに空を飛んだ、ペット型おもちゃ。次の「新感覚」は何になるのでしょうか? 進化を続けるおもちゃたちから目が離せません。


タカラトミー

外部リンク