cat_12_issue_oa-bookwatch oa-bookwatch_0_ldk9wfchknmg_【プレゼント】ポムポムプリンのお皿がもらえると話題の大戸屋で使えるeGift1000円分が10名様にあたる ldk9wfchknmg ldk9wfchknmg 【プレゼント】ポムポムプリンのお皿がもらえると話題の大戸屋で使えるeGift1000円分が10名様にあたる oa-bookwatch 1

【プレゼント】ポムポムプリンのお皿がもらえると話題の大戸屋で使えるeGift1000円分が10名様にあたる

広告 2020年9月22日 17:35 BOOKウォッチ

 食欲の秋、手作りの和食が恋しい!

 そんなときにぴったりなのが、レストランの「大戸屋」。まるでおうちの食卓のようなメニューが味わえて、安定の美味しさが人気だ。

 そんな大戸屋さんから、素敵なプレゼントのお知らせが届いた。詳しい応募方法はページの末尾を参照してほしい。


大戸屋とポムポムプリンがコラボ!キャンペーン実施中!

 ただ今、大戸屋とかわいいポムポムプリンがコラボレーションした、「大戸屋×ポムポムプリン わくわくコラボ キャンペーン」が開催されている。


 上の写真は大戸屋オリジナルプレート。これでおやつを食べたら楽しそうなデザインだ。

 この大戸屋オリジナルプレートは、店内で「定食」と「たまごプリン」オーダーするか、テイクアウトなら2000円以上の注文でゲットできる。なくなり次第終了になるので、欲しい方は早めのチェックを忘れずに!

 なお、このキャンペーンでは、PC・スマートフォンの壁紙や、ポムポムプリンと一緒に写真が撮れるオリジナルフォトフレームなど、ほかにも楽しいアイテムが用意されている。

 「大戸屋×ポムポムプリン わくわくコラボ キャンペーン」は、2020年10月16日(金)までの開催。

詳しくは専用ページをチェック!
「大戸屋×ポムポムプリン わくわくコラボ キャンペーン」専用ページ


大戸屋「eGift」1000円分が10名様にあたる!

 大戸屋の楽しみのひとつは、なんといっても豊富なメニュー選び。

 家では作る手間を考えて「これ食べたい!」とリクエストしづらいかもしれないが、大戸屋なら遠慮はいらない。大戸屋のメニューは、おうちの食卓で食べたいおかずが見つかりやすいラインナップ。

 遠慮なしでオーダーできる喜びも、たまらない魅力のひとつだろう。

 
 そこで、「私も大戸屋でオーダーしてみたい!」と思った方に、朗報がある。なんと、大戸屋「eGift」1000円分が10名様にプレゼントされるのだ!



 詳しい応募方法は次の通り、フォロー&リツイートなので、気軽に参加できる。

 気になる方は、ぜひご応募を。


【フォロー&RTでプレゼント】
 大戸屋「eGift」1000円分を10名様にプレゼントします。

 J-CAST BOOKウォッチの公式ツイッターアカウント(@jcast_book)をフォロー&該当ツイートをリツイートして応募してください!

 既にフォロー済みの方は、リツイートいただければ応募完了です。

 締切:2020年10月12日(月)23:59

 ご当選者様には、ダイレクトメッセージでご連絡します。

 ご応募はこちら(https://twitter.com/jcast_book/status/1303927448967327745)から。
 
「返信」や「いいね」も大歓迎です! よろしくお願いします!


(提供:大戸屋/記事:BOOKウォッチ編集部)

cat_12_issue_oa-bookwatch oa-bookwatch_0_p17i1yk9rieg_帝国ホテル東京料理長は低温調理器を愛用。プロが選ぶ道具とは?  p17i1yk9rieg p17i1yk9rieg 帝国ホテル東京料理長は低温調理器を愛用。プロが選ぶ道具とは?  oa-bookwatch 0

帝国ホテル東京料理長は低温調理器を愛用。プロが選ぶ道具とは? 

2020年10月20日 16:31 BOOKウォッチ

 「プロ愛用」と聞くと、信用できるイメージがある。それは調理器具でも同じだ。「プロ愛用の調理器具」と聞くと、反射的に使ってみたいと思ってしまう。

写真は、「Begin」2020年12月号(世界文化社)

 2020年10月16日発売の「Begin」12月号(世界文化社)では、「プロ愛用の調理器具」と題し、プロの料理人が愛用する調理器具を紹介している。

写真は、特集「プロ愛用の調理器具」(提供:世界文化ホールディングス)

 例えば、昨年に38歳の若さで帝国ホテル東京料理長に就任した杉本雄さんは、低温調理器を愛用しているという。低温調理をすることで、「素材の鮮度、 柔らかさを活かしながら、 旨みも引き出すことができる」そうだ。

写真は、家庭用低温調理器を紹介するページ(提供:世界文化ホールディングス)

 また、ミシュラン一つ星「sio」のオーナーシェフ・鳥羽周作さんは、バーミキュラの鋳物ホーロー鍋を愛用しているそう。「短時間でお米に水分が行き渡り、 粒が立っていながらふっくらした理想的なご飯ができる」ことが魅力だという。

写真は、バーミキュラのポットを紹介するページ(提供:世界文化ホールディングス)

 今号にはそのほか、初心者向けの冬キャンプの手引きや、カジュアルファッションの基本を紹介するページもある。
※画像提供:世界文化ホールディングス
(BOOKウォッチ編集部)

書名:  Begin 12月号
監修・編集・著者名: Begin 編集部 編
出版社名: 世界文化社
出版年月日: 2020年10月16日
定価: 730円(税込)

外部リンク

cat_12_issue_oa-bookwatch oa-bookwatch_0_rb6cgl9htzdw_クラスメイトの誰かに「自分だ」 共感必至の定時制高校マンガ rb6cgl9htzdw rb6cgl9htzdw クラスメイトの誰かに「自分だ」 共感必至の定時制高校マンガ oa-bookwatch 0

クラスメイトの誰かに「自分だ」 共感必至の定時制高校マンガ

2020年10月20日 11:31 BOOKウォッチ

「涙が止まらない...」
「自分も頑張ってみようかな」

 Webメディア「マトグロッソ」での連載時から反響が大きかった、浦部はいむさんによるコミック『高校生を、もう一度』(イースト・プレス)が、2020年10月17日に発売された。

画像は、『高校生を、もう一度』(イースト・プレス)

 定時制高校を舞台に、21歳でもう一度学校へ通い始めた主人公・七海(ななみ)が、32歳のシングルマザーや、いじめで不登校になってしまった男の子など、さまざまな年齢や境遇の同級生たちとふれあっていく物語である。彼らとの学校生活を通して、いろいろな悩みやつらさ、新しい価値観に気づいていく"人生の再チャレンジ"を描いている。

画像は、『高校生を、もう一度』(イースト・プレス)より(以下、同じ)

 作者自身、かつて定時制高校に通い卒業した経験があるという。1つ1つのエピソードがリアルで胸に迫るのは、そのためだろう。

クラスメイトの中に、きっと共感できるキャラクターがいるはず

 連載時には、作品の中に登場する、境遇の異なるクラスメイトたちの誰かに「これは自分だ」と共感した読者から感想がたくさん寄せられたそう。
 

「私たちはいくつになっても、何度でもチャレンジできる」


 帯に書かれた力強いメッセージが胸に響く。丸々1話分の単行本用描き下ろしも収録されている。
 立ち止まってしまったとき、再び歩き出すきっかけを作り、背中を押してくれるような良作だ。

※画像提供:イースト・プレス
(BOOKウォッチ編集部)

書名:  高校生を、もう一度
監修・編集・著者名: 浦部はいむ 著
出版社名: イースト・プレス
出版年月日: 2020年10月17日
定価: 880円(税込み)
判型・ページ数: B6・264ページ
ISBN: 9784781619231

外部リンク

cat_12_issue_oa-bookwatch oa-bookwatch_0_fmzuip4ho1mf_ハイスペなジャニーズ・Snow Man阿部亮平さんの子ども時代って? fmzuip4ho1mf fmzuip4ho1mf ハイスペなジャニーズ・Snow Man阿部亮平さんの子ども時代って? oa-bookwatch 0

ハイスペなジャニーズ・Snow Man阿部亮平さんの子ども時代って?

2020年10月20日 11:01 BOOKウォッチ

 アイドルグループ「Snow Man」として活動するかたわら、上智大大学院を修了し、難関の気象予報士資格も持つ阿部亮平さん。子どもたちの憧れの存在でもある阿部さんは、幼い頃はどのような夢を持ち、どんな努力を続けたのか。

画像は、「ジュニアエラ」2020年11月号(朝日新聞出版)

 2020年10月15日から発売中の、小中学生向けニュース月刊誌「ジュニアエラ」11月号(朝日新聞出版)のスペシャルインタビューで、阿部さんが詳しく語っている。さらに、Snow Manとしてデビューしてから変わったことや、コロナ自粛期間中の過ごし方など「いま」についても言及。集中力について、子どもたちからの質問にも優しくアドバイスしている。メガネ姿の阿部さんの写真も必見だ。

 人気のSexy Zone連載には、中島健人さんが登場。「自己肯定感を高めるにはどうしたらいい?」という読者からの問いに対し、ていねいに答えた。中島さんがこれまでで最も自己肯定感が高かったときに実践していたこととは。その方法は、具体的で参考になる。

 さらに、前号に登場したマリウス葉(よう)さんからのムチャぶり「テレビ局長になったらどんな番組を作りたい?」に対しても、有能なビジネスマンばりの構想を披露。その発想力に注目したい。

 その他、本誌の特集「ロボットと未来」に加えて、以下のような多彩な企画が並ぶ。

•ニュースが知りたい 野口聡一さん宇宙へ
•ニュースが知りたい モーリシャス重油流出
•Newsなひとこと 菅義偉・大坂なおみ・竈門炭治郎(鬼滅の刃)
•サイエンスジュニアエラ 昆虫のサバイバル術 丸のみされてもおしりの穴から脱出
•歴史人物ON STAGE 徳川家康・前田利家・毛利輝元・上杉景勝・宇喜多秀家
•子ども地球ナビ トルコの女の子
•「東大クイズ王」に挑戦!! 謎解きクイズノック

 幅広い分野のニュースを小中学生向けに解説した「ジュニアエラ」。子どもたちからの質問に優しく回答する人気タレントたちの姿も、見どころの1つかもしれない。

※画像提供:朝日新聞出版
(BOOKウォッチ編集部)

書名: ジュニアエラ 2020年11月号
監修・編集・著者名: ジュニアエラ 編集部 編
出版社名: 朝日新聞出版
出版年月日: 2020年10月15日
定価: 本体454円+税

外部リンク

cat_12_issue_oa-bookwatch oa-bookwatch_0_s3y8q2306yzw_二層の地方自治体の変革 (第38回) s3y8q2306yzw s3y8q2306yzw 二層の地方自治体の変革 (第38回) oa-bookwatch 0

二層の地方自治体の変革 (第38回)

2020年10月20日 10:50 BOOKウォッチ

学習院大学名誉教授 戸松秀典


1 道州制に注目

 
 前々回の本欄(第36回 憲法・国法秩序に大変革が生じるか)で、次のように、コロナ禍における地方自治体の様相について指摘しました。

「連日の報道で、新型コロナウイルスの感染者数が都道府県ごとに伝えられています。そのような都道府県の地域割に基づく注目が有効な意味をもつのか大いに疑問です。 実際に、感染拡大への対処法について、関東では、都と埼玉、千葉、神奈川の三県が連携し合って検討しているし、関西圏、中国地方などでもそのような広域での検討がなされています。 ここから、もはや都道府県単位の自治体より道州制の区域の方に意味があるのではないかとの疑問が生じます。」


 この指摘は、筆者だけでなく多くの人が感じていたことではないでしょうか。
 新型コロナウイルス感染対策として、都道府県ごとに独自の方式を打ち出していたわけでもなく、感染が都道府県ごとに特別な事情に結びついていたわけではないといえます。
 感染者数を都道府県ごとに表として示しても、単に事実を認識するだけで、都道府県という自治体に関する特別な意味が導かれるわけではありません。
 もっとも、東京都が他県とは比べようもなく感染者数が多いのは、よく報道されているように人口密集地であり、他国を含む多くの地域からの流入者がいるからであるし、北海道が他県より感染者数が目立つのは、その地が他県と比べると広い地域故に人との接触が特別な事情にあるということは指摘できます。
 しかし、感染防止のための施策としては、県ごとに感染者数に応じた検討を求めることや、国による統一した、あるいは一律の方式では無理であることが判明しました。
 実際になされたように、また、すでに指摘したように、首都圏の県が、あるいは関西圏の県が連絡や連携をとる必要が確認され、実際に、たびたびそれがなされています。こうして、広域での感染拡大防止対策が必要であることが認められました。
 広域での対策ということから、たとえば、東京都や大阪府は別として、北海道、東北、関東、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州、さらに沖縄をまとまりのある地域として扱うべきだと考えられます。 ここから道州制のことが浮かんできます(注1)。そして、それについては、すでに本欄の第2回(散歩中によく考えたテーマ - 二院制と参議院改革)でふれたことがありますが、現今の新型コロナウイルスの感染問題を契機に、改めて検討してみる必要性を強く感じています。

(注1)ここでは12のブロックをあげましたが、別の考えもあります。


 道州制は、前世紀の末頃から今世紀にかけてなされた地方分権改革の過程で、都道府県の新たなあり方として構想されました。
 特に経済界から強く提示がなされ、自民党においても熱心に検討され、その骨子案が示されたし、学界でも研究がなされています(注2)。
 そして、道州制は、既存の制度ではなく、地方自治制度の改革のために提案されたものを指し、国の制度として確定しているわけではないことを確認しておきます。

(注2)自民党の骨子案については、「道州制基本法案(骨子案) 道州制推進本部」を参照。また、学術面では、日本地方自治学会編・道州制と地方自治(啓文堂 2005年)があります。


 さらに重要なことは、道州制が参議院改革に結びついていることで、そのことについても第2回の本欄(散歩中によく考えたテーマ - 二院制と参議院改革)でふれました。したがって、憲法改正を唱えている国会の議員に対しては、憲法改正ほどのエネルギーを必要としないが、憲法秩序の改革に直結する喫緊の課題だと受け止めてもらいたく思っています。
 

2 都道府県へのこだわりを消す

 
 都道府県は、日本国憲法のもとで存続してきた自治体の行政区画ですが、これとともに市町村の自治体も存在し、憲法92条以下にいう地方公共団体とは、誰もが承知のように、この両者を指します。
 この二層の自治体の存在は、憲法上の定めに基づくのではなく、明治期のはじめにおける廃藩置県以来展開してきた伝統的な性格をもっています。ただし、日本国憲法のもとでは、憲法で保障された自治権を有する統治主体であり、そのことは、明治憲法時代と異なります。
 この基本的理解のもとで、道州制は、憲法改正の必要がなく、地方自治法の改正をして設置すればよいといえます。しかし、その伝統的性格ゆえに、その改正が容易でなく、改正法の国会への提示がまだ一度もなされていないことからも、都道府県を止めるなどとの発想は、相当の説得力を必要とします。また、都道府県へのこだわりが強いから、そのこだわりを消すには、十分納得させるだけの論拠と導入のタイミングが必要であると思います。それが今体験しているコロナ禍だといえるのではないでしょうか。
 日本国民のみならず人類が初めて体験しているコロナ禍を契機に、国法秩序を改革する新制度として導入に注目することができます。
 都道府県の存続にこだわるのは、まず、都道府県の区域を基礎に構成されている選挙制度にかかわります。参議院議員選挙は、都道府県を基礎とした選挙区となっていますから、参議院議員は、都道府県の存在が自己の議員としての地位に密接な関係をもっています。したがって、これを廃止して道州とするとなると、自己の長年築いた地位を失うことになると受け止めがちです(注3)。
 しかし、道州制では、各道州からたとえば一律に20名の議員を選出する構想となっており、その議員となればよいのだし、既存の議員の地位を確保することが制度改革の趣旨でもないのですから、そのこだわりに配慮する必要がないといえます。

(注3)これは、道州制導入案作成に尽力したある自民党の議員から聞かされたことですが、この参議院改革に対しては、参議院議員中に、自分の議員の地位が奪われることを根拠に、激しく反対した者がいたため、説得に苦労したとのことです。


 次に、都道府県が担っている行政事務が道州制の導入により変化することは当然としても、都道府県の存続によらねば行政事務に支障が生じることになるかと問うてみると、それは大丈夫だとの答えが出そうです。
 その詳細を示すゆとりがここにはないのですが、前世紀末頃から今世紀はじめにかけてなされた地方分権改革によって、地方自治体の担う行政事務の大勢が市町村にあてられ、都道府県の担当する自治事務が道州によってなされても問題とはならないといえるはずです。むしろ、道州の自治体が担当した方がよいとの具体例をあげることができます。
 たとえば、熊本県で最近生じた豪雨被害の復興について注目させられます。過去の地震、豪雨などの災害の復興に際して、全国からのボランタリー活動が大いに役立ちました。しかし、今回の熊本県での災害においては、新型コロナウイルスの感染を恐れてボランタリーを県外に求めることを控えています。そのため人手不足となり復興事業が大幅に遅れていると伝えられています。
 そこで、ウイルス対策を、熊本県を単位とする必要があるのか、全国各地からは無理として、九州を単位に検討すればよいのではないか、九州という州としての自治体が復興事業の実施の仕方を調整すればよいのではないか、といえます。このような災害復興に限らず、種々の問題について、州ごとに対処可能なことが存在するはずです。
 もう一つ注目しておくべきは、一般世論の受け取り方についてです。すなわち、都道府県の廃止は、名称を使うことを禁ずるのではなく、自治体の行政主体が道州と市町村の二層構造になることであり、長年親しんできた県名は、地勢上の区分として住民の意識の中にも存続するはずです。
 たとえば、愛知県では尾張と三河、長野県では北信と南信といったように、行政区画とは異なる地域独特の思いが生活の中に息づいている例があります。また、私が大学でのゼミで体験したことですが、道州制導入の検討の際に、都道府県を廃止したら、甲子園での高校野球が駄目になってしまうとの学生の真剣な意見に出会ったことがあります。これも、従来の都道府県ごとに予選を実施すればよいことで、甲子園への代表がなくなるわけではありません。
 他の国民体育大会への参加の仕方、スポーツの予選勝ち抜きの地域区分として、都道府県の地域区分は、行政主体ではないものの存続可能です。したがって、都道府県へのこだわりは、それほどダメージを受けることがないといえそうです。
 残された問題は、都の扱い方です。東京都は、日本の首都であり、自治体といっても県とは区別される機能をもっており、特別な扱いが考えられます。また、大阪府は、現在、都構想が論議の対象となっており改革の進行中なので、ここでは立ち入らないでおきます。ただし、それが実現すれば、道州制導入の足掛かりとなりそうです。

3 地方の多様性を確保する

 
 道州制を導入すると、自治体の行政がかかえる行政事務の性格に大きな変化をもたらすのではないかと想像できます。
 よく指摘されていることですが、自治体の行政に対しては、日本国憲法の発足以来、中央政府が先導し、自治省およびそれを吸収した現在の総務省が全国の自治体の活動を統制し、一律の、あるいは統一した活動を主導してきました。それに対する反省や批判に応えて、先に言及した大幅な地方分権改革がなされました。そして、平成の大合併と呼ばれる市町村の併合がなされ、今日では、独自性を維持することがその存在根拠といえる自治体が存続しています。別言すれば、地方の多様性を確保することです。そこには、財政問題をはじめとする問題を抱えていますが、道州制により編成された参議院が地方自治体に配慮した政策を打ち出すはずで、地方自治の発展が大いに期待できます。また、市町村が日本の民主主義の発展の基盤であり、参議院が自治体の民主主義を活性化させる施策を提供することを期待できます。そのことは、第22回の本欄(民主主義政治の停滞か ― 統一地方選の結果をみて)でも指摘しました。
 今回は、既存の法制度を改革して新たな制度を構築することにより憲法・国法秩序において抱えている問題を解決することを考えてみました。実現は、容易でないことが十分予想されます。新型コロナウイルスの感染問題という異常な事態の最中であるからこそ、改革が可能ではないでしょうか(注4)。

 (注4) 日本経済新聞2020年8月13日朝刊の社説は、「コロナ禍が問うもの 地方の多様性残せる自治体制度に」と題して、以上に述べたことに通じる論説をしています。ただし、「道州制は今は現実味がない」と、抑えた論調となっているところが残念です。


■筆者後記
 冒頭の写真は、我が家の庭で猛暑の夏が過ぎた後、例年通りに咲いたムラサキシキフです。


関連記事を読む

連載記事一覧はこちらです。

■著者プロフィール

戸松 秀典 憲法学者。学習院大学名誉教授。

1976年、東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了(法学博士)。新・旧司法試験委員、最高裁判所一般規則制定諮問委員会委員、下級裁判所裁判官指名諮問委員会委員、法制審議会委員等を歴任。

●著書等
『プレップ憲法(第4版)』(弘文堂、2016年)、『憲法』(弘文堂、2015年)、『論点体系 判例憲法1~3 ~裁判に憲法を活かすために~』(共編著、第一法規、2013年)、『憲法訴訟 第2版』(有斐閣、2008年)、『憲法判例(第8版)』(有斐閣、2018年)、など著書論文多数。

外部リンク

cat_12_issue_oa-bookwatch oa-bookwatch_0_z7svpsyf9k0n_「完売女王」鈴木あきえが表紙 無事にコロナ出産を乗り切きろう z7svpsyf9k0n z7svpsyf9k0n 「完売女王」鈴木あきえが表紙 無事にコロナ出産を乗り切きろう oa-bookwatch 0

「完売女王」鈴木あきえが表紙 無事にコロナ出産を乗り切きろう

2020年10月20日 07:31 BOOKウォッチ

 2年間の不妊治療や流産を経験し、2020年9月5日に第1子となる男児を出産したお笑いコンビ「ニッチェ」の江上敬子さん、第2子を妊娠中のタレント、川崎希さんや鈴木あきえさんら芸能界ではおめでたい話題が続いている。マタニティ誌「Pre-mo(プレモ)」冬号は、ふっくらしたおなかの鈴木さんが2年ぶりに表紙を飾った。

画像は、「Pre-mo」2020年冬号(主婦の友社)

 鈴木さんが前回表紙に登場したのは、2018年7月発売の「Pre-mo秋号」。そのときの実売記録はいまだに塗り替えられておらず、Pre-mo編集部では鈴木さんのことを「完売女王」と呼んでいるそうだ。

画像は、「Pre-mo」2020年冬号(主婦の友社)より(以下、同)。鈴木あきえさん

 第2子の出産に向けて、今回のインタビューでは妊娠がわかったときのことやコロナ中のマタニティライフ・出産計画などを語っている。

「1人目が新生児のころは、育児の壁にぶつかることもありました。毎日ひたすら、授乳、おむつ、寝不足...という時間が永遠に続く気がしちゃって。ちょっと孤独感も感じていましたね。でも赤ちゃんが新生児のときって、今振り返ると本当に本当に少ししかない貴重な時期。当時は記憶がないぐらい大変だったけれど、もったいなかったなと思います。だから今回は、エネルギーは全部、子育てを楽しむために向けたいなって。家事はとことん省エネにして、上の子と赤ちゃんの成長を楽しみたいと思っています」(鈴木あきえさん談)


 誌面では、江上さんの予定にはなかった帝王切開でドタバタの出産エピソードや、川崎さんおすすめのベビーグッズ紹介などもある。

画像は、江上敬子さん。「Pre-mo」2020年冬号(主婦の友社)より。産後すぐの2ショット。コロナ中で面会はNGだったため、助産師さん撮影 

 また、川崎さんといえば、自身のブログでハイブランドのベビーグッズがお気に入りなどど紹介していたが、誌面では、ベビー用のDr.EDISON体温計やタカラトミーのすやすやメロディなどをリピート買いしたと紹介。手に取りやすい価格帯でほっとする。

川崎希さんは取材時、妊娠9カ月。当日は夫のアレクサンダーさんも同席

 特集は、「コロナ出産を乗り切る!」がテーマ。「コロナとニンプさんの現状&対策」や「コロナ出産レポート」、「お披露目、お宮参りetc....コロナだけど、みんなどうしてる?」など、これまでとは違う環境の中でどう準備や対策をすれば良いか、お役立ち情報をまとめた。別冊付録には、赤ちゃんの1年を予習できる「ちびベビモ」。とじ込み付録は「パパのための準備BOOK」がある。
 充実した内容の「Pre-mo」2020年冬号だが、「完売女王」の登場で今回も実売記録更新となるか。

※画像提供:主婦の友社
(BOOKウォッチ編集部)

書名:  Pre-mo2020年冬号
監修・編集・著者名: Pre-mo 編集部 編
出版社名: 主婦の友社
出版年月日: 2020年10月15日
定価: 本体691円+税

外部リンク

cat_12_issue_oa-bookwatch oa-bookwatch_0_wmuwrtj6q4vt_なぜ日本の年代物ウイスキーが店頭から消えたか? wmuwrtj6q4vt wmuwrtj6q4vt なぜ日本の年代物ウイスキーが店頭から消えたか? oa-bookwatch 0

なぜ日本の年代物ウイスキーが店頭から消えたか?

2020年10月20日 07:05 BOOKウォッチ

 シングルモルトのウイスキーがブームになった頃、『山崎10年』、『竹鶴17年ピュアモルト』など熟成年数を表記した年代物が店頭に並んだが、最近とんと見かけない。なぜなのか? と思っていたが、本書『ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウイスキー』(祥伝社)を読み、疑問が解けた。いまジャパニーズウイスキーが世界中で人気になり、原酒が不足したからだという。

ウイスキー消費量のピークは1983年

 
 ところで、日本でウイスキーの消費量がピークだったのは1983(昭和58)年だったという。この年約38万キロリットルと最高を記録、以後下降線をたどり、ウイスキー離れが進んだ。
 この頃、社会人になったばかりの評者は当時の酒席の雰囲気をよく覚えている。二次会は当たり前で、まずビールで乾杯。その後はウイスキー(それもサントリーオールド)の水割りが続いた。三次会になると、ビールは省略。延々とウイスキーの水割りを飲むばかり。あちこちのスナックにボトルをキープしたものだ。
 その後、スナックでも焼酎を飲むのが普通になり、一次会でもビール派と焼酎派が分かれるようになり、ウイスキー党は少なくなった。
 バブルの崩壊やその後の景気低迷の影響で酒席そのものが減ったこともあるだろうが、2008年の底の年には最盛期の5分の1まで消費量は減った。
 2009年以降、ウイスキーは再びブームを迎える。ハイボール人気の再燃や、NHKの朝ドラ「マッサン」の影響などが指摘されているが、なにより日本産の「ジャパニーズウイスキー」の品質の良さが再認識されたことが大きいようだ。

著者は日本初のウイスキー専門誌の編集長

 
 前振りが長くなったが、本書は、「マッサン」のウイスキー考証を務めた土屋守さん(ウイスキー文化研究所代表)が、いまや世界が熱狂するジャパニーズウイスキーの歴史、広告戦略、盛衰、クラフト蒸留所、課題をすべて解説した包括的な本である。
 土屋さんの経歴が少し変わっている。1954年新潟県生まれ。学習院大学文学部卒。フォトジャーナリスト、「FOCUS」編集部などを経て、1987年に渡英。日本語月刊情報誌の編集長として、取材先のスコットランドで初めてスコッチのシングルモルトと出会い、スコッチにのめり込んだ。
 日本初のウイスキー専門誌の編集長を務め、1998年、「世界のウイスキーライター5人」の一人に選ばれた。著書に『シングルモルトウィスキー大全』(小学館)、『竹鶴政孝とウイスキー』(東京書籍)など多数。
 そうした経歴の著者だから、日本のウイスキーに止まらず、世界各地のウイスキーまで視野を広げて紹介しているのが特徴だ。構成は以下の通り。

  •  はじめに 来るべきジャパニーズウイスキー100周年に向けて 
  •  序章 ウイスキーの基礎知識 
  •  第1章 日本人とウイスキー 
  •  第2章 広告戦略から見るジャパニーズウイスキー全盛期 
  •  第3章 ジャパニーズウイスキー躍進の秘密 
  •  第4章 各地に増え続ける注目蒸留所と蒸留酒ビジネス 
  •  第5章 ジャパニーズが世界に冠たるウイスキーであるために 
  •  おわりに ジャパニーズウイスキーの幸運

広告戦略を詳述

 
 類書にない内容として、「第2章 広告戦略から見るジャパニーズウイスキー全盛期」が挙げられる。1950年代後半、ウイスキーの広告戦争は始まった。サントリーの前身・寿屋の宣伝部に開高健、山口瞳など才能あふれる面々が集ったこと、ニッカウヰスキーもブラックニッカの特徴あるキャラクターで対抗したことなどが書かれている。
 その後もニッカはオーソン・ウェルズ、サントリーは黒澤明監督をCMに起用するなど、「単に製品を推すのではなく、男としての生き方を示唆するような内容になっています。ウイスキーは男の飲み物であり、ウイスキーを飲む男はかっこいい――。そういう時代だったのかもしれません」と書いている。

シングルモルトブームの背景

 
 シングルモルトブームの背景も詳しく書いている。原酒の蒸留所とブレンド会社とが完全な分業制だったスコットランドに対して、日本のメーカーはすべて一貫して自社で行っている。そのため日本のほうがシングルモルトをいち早くリリース出来たという。
 また、国産シングルモルトのレベルが高く、おいしかったことも理由だ。ジャパニーズウイスキーの輸出額はこの10年で10倍に増えた。しかし、長い斜陽の時期をメーカーは原酒の仕込み量を減らすことでしのいでいた。このため原酒のストックが不足、熟成年代を表記した年代物が販売終了。年代表記のないノンエイジ商品として軒並みリニューアルされたのだ。増産を急いでいるが、熟成のピークに達するのは10年以上先だという。

ジャパニーズウイスキーの問題点

 
 第5章でジャパニーズウイスキーの問題点を指摘している。
 

  • ・生産場所に関する規定がない→100%外国産ウイスキーでも国内で瓶詰めすれば「ジャパニーズウイスキー」 
  • ・熟成しなくても「ウイスキー」→日本の酒税法には熟成についての規定がない 
  • ・"混ぜ物"は9割までOK→醸造アルコールを使っても「ウイスキー」と名乗れる


 土屋さんは、酒税法の問題点を指摘、このままではジャパニーズウイスキーのブランドイメージが地に落ちかねないと警告している。
 2023年はジャパニーズウイスキーが誕生して100年にあたる。日本酒や焼酎については、文化とともに語る人が多いが、ウイスキーについて語る人は少ない。いま焼酎メーカーがウイスキー作りを目指すのは、世界進出への意欲からだという。新しいウイスキーが生まれる可能性に著者は期待している。
 BOOKウォッチでは、『ウイスキーの科学』(講談社ブルーバックス)、『バーテンダーの流儀』(集英社新書)などを紹介済みだ。
(BOOKウォッチ編集部)

書名:  ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウイスキー
監修・編集・著者名: 土屋守 著
出版社名: 祥伝社
出版年月日: 2020年10月10日
定価: 本体1600円+税
判型・ページ数: 四六判・284ページ
ISBN: 9784396617424

外部リンク

cat_12_issue_oa-bookwatch oa-bookwatch_0_9zojbqk570e2_「トリセツ」の父が「ルパン三世」を愛した理由 9zojbqk570e2 9zojbqk570e2 「トリセツ」の父が「ルパン三世」を愛した理由 oa-bookwatch 0

「トリセツ」の父が「ルパン三世」を愛した理由

2020年10月20日 06:30 BOOKウォッチ

 奈良女子大は、お茶の水女子大に匹敵する名門だが、あんがい出身の有名人が少ない。その中で最近、抜群の知名度を誇るのが『妻のトリセツ』のベストセラーを出した黒川伊保子さんだ。同大の理学部物理学科卒業後、コンピュータ・メーカーに就職し、AIエンジニアを経て2003年より(株)感性リサーチ代表取締役社長。メディアに登場する機会も多い。

なぜ理解し合えないのか

 
 近刊の『家族のトリセツ』(NHK出版新書)は、「トリセツ」シリーズの最新作にして、集大成だという。
 「ケンカが絶えない」「欠点が目につく」「家に居場所がない」......。親子関係から兄弟、夫婦関係まで、イライラやすれ違いの具体例を挙げながら、そのメカニズムをわかりやすく解説する。なぜ最も身近にいるのに理解できないのか、なぜぶつかり合ってしまうのか。自身の経験を交えながら「脳の個性」を理解し、家族という他人とうまく付き合うための実践的方法を綴っている。
 ウィズコロナで、家族で生活する時間が増えている。一日中、顔を合わせていると、これまで円満だった家族の中でも些細なことでイラつくことが増える。いちいち手を洗ったかとか、消毒したかとかうるさく言われて、「やったよ」「今やるとこなんだから」などと、つい声を荒げたりした経験をお持ちの人は少なくないだろう。在宅時間が長くなった夫は、これまですべて妻がやっていた家事の一部をあれこれ手伝わされるようになり、「俺は家で遊んでいるんじゃない。リモートワークしているんだ」と、カリカリする機会が増えているに違いない。

欠点は長所とセット

 
 人工知能の開発にも関わってきた黒川さんが気付いたのは「才覚は必ず欠点と共に、脳の中に存在する」ということだったという。
 発想力は「気分屋」「飽きっぽい」と、戦略力は「ぼんやり」「ぐずぐず」と、危機回避能力は「びびり」と、危機対応力は「懲りない」とセットだという。したがって「欠点を消せば、長所も弱体化してしまう」。
 すなわち家族を欠点で見ればイライラするが、才覚で見れば、かけがえがない。すべての才覚が欠点とセットで存在する以上、どんな家族も、二つの見方ができるという。欠点ゼロを目指して真面目すぎる日々を送っていると、家族はたぶん幸せになれないし、才覚を生かしきれない人生を送ることになる、と説く。
 娘は飽きっぽい、息子はぐずぐずする、夫はぼんやりの上に、懲りずに同じ失敗を繰り返す。妻は愚痴の垂れ流し・・・という家族は、見方を変えれば、発想力のある娘と、戦略力のある息子、危機対応力の高い夫である可能性が高い、というのだ。
 このように否定ではなく、肯定で家族評価をすると、たしかに見え方が違ってくる。

「笑顔のない家庭の子は、頑張れないんだよ」

 
 本書は「第1章 なぜ家族にストレスを感じるのか」、「第2章 『家族を甘やかす』の効用」、「第3章 家族にこそ必要な、4つの『やってはいけない』」、「終章 家族の中に『優しさの泉』をつくる」の四章構成。
 「第3章」ではいくつかの「ルール」が示されている。その一つに「家族に『世間』を持ち込まない」がある。
 どういうことかというと、外に出れば、どうしたって、世間の風は冷たく子どもに突き刺さる。わざわざ、それに先んじて、家庭できつい思いをさせなくてもいいのではないか、ということだ。
 本書では多数の「物語」の話が出てくる。「大草原の小さな家」「愛の不時着」「アンデルセンの童話」・・・黒川さんの父は教師だったが、「ルパン三世」が好きで「巨人の星」が大嫌いだった。理由は「『巨人の星』の星家には笑いが一切ないからだ」「笑顔抜きで子どもを追い詰めるのは、ただ酷なだけ」と一蹴していた。
 教師なのに泥棒物語でユーモアのある「ルパン三世」を子どもたちに推奨し、黒川さんには「笑顔のない家庭の子は、頑張れないんだよ」と話していたという。欠点と長所はセットだという黒川さんの本書は、そうした父親の教えにも基づいているのだろうと思った。家族には「笑い」が必要なのであり、家族とは世間の厳しさを「ゆるめる」場所でもある、ということなのだ。それが「家族のトリセツ」の大前提だ。
 BOOKウォッチでは関連して、『万引き家族』(宝島社)、『それでも、母になる ―生理のない私に子どもができて考えた家族のこと―』(ポプラ社)、『加害者家族の子どもたちの現状と支援――犯罪に巻き込まれた子どもたちへのアプローチ』(現代人文社)、『精神障がいのある親に育てられた子どもの語り』(明石書店)、『私たちはふつうに老いることができない――高齢化する障害者家族』(大月書店)、『かくされてきた戦争孤児』(講談社)、『育てられない母親たち』(祥伝社新書)など多数紹介している。
(BOOKウォッチ編集部) 

書名:  家族のトリセツ
監修・編集・著者名: 黒川伊保子 著
出版社名: NHK出版
出版年月日: 2020年10月10日
定価: 本体850円+税
判型・ページ数: 新書判・192ページ
ISBN: 9784140886373

外部リンク

cat_12_issue_oa-bookwatch oa-bookwatch_0_5ne7bwx1x5aq_青森の横浜町で発電した電力が、神奈川の横浜市で使われている! 5ne7bwx1x5aq 5ne7bwx1x5aq 青森の横浜町で発電した電力が、神奈川の横浜市で使われている! oa-bookwatch 0

青森の横浜町で発電した電力が、神奈川の横浜市で使われている!

2020年10月19日 18:48 BOOKウォッチ

 さまざまジャンルの専門家をゲストに迎え、社会課題や未来予測などをテーマにイノベーションのヒントを探る文化放送の番組、「浜松町Innovation Culture Cafe」(通称:浜カフェ)では、番組でBOOKウォッチ編集部がおすすめする本を紹介している。


 前回2020年10月12日は、「再生エネルギーの今後」をテーマに放送し、編集部からのおすすめの本は『温暖化で日本の海に何が起きるのか』(山内智之 著、講談社)をピックアップ。
 どんな内容なのかは「海の温暖化でサンマは小型化して「冬の味覚」になるかもしれない」を参照。

写真は、『温暖化で日本の海に何が起きるのか』(山内智之 著、講談社)

 番組では、「みんな電力」代表取締役社長の大石英司さんと、ジェイ・キャスト執行役員の蜷川聡子が「みんな電力のビジネス」や「電気のブランド化」について熱く語り合いました。

顔の見える電力、実際のビジネスの内容は


大石 皆さんが使っている電気は「どこの発電所からきているか」ご存じですか?
 答えられない人が多いと思います。毎日使っている電気代は年間10万前後で、どこに消えているか分かっていないような状況よりも、その電気代を福島の復興などに使え、故郷の水力に対して払えた方が有効的ですよね。「みんな電力」は電力を自由に選んでもらうビジネスを行っています。

入山 野菜とかで農家さんの顔が見える、といったビジネスは最近ありますが、それの電力版ですね。

大石 顔が見えるというコンセプトでずっとやってきました。
 青森県に横浜町があります。そこの電力が神奈川県の横浜市で使われています。
 そのつながりで自治体同士が提携して、学生の皆さんが互いに修学旅行へ行く計画が生まれるなど、実際に人と人との交流も芽生えるような取り組みにも発展できる側面があります。

電気のブランド化

大石 電力市場は15兆円規模と言われており、その1%だけでも1500億円の規模があるんです。なので、1%の方に共感を得て、ファンになってもらうことを当面の目標としています。
 今は、自宅で太陽光を使い発電されている個人の方も徐々に増えてきていて、例えば将来的にはタレントさんの発電した電気も出てくると思うんです。ファンの方たちが、高く買いたいと言う場合もあると思います。電気の付加価値化ですよね。
 現状、再生可能エネルギーは、「再生可能エネルギー発電促進賦課金」というものがかかってしまうのですが、こう言った価値が生まれてくると、今度は皆さんの負荷も減らすことに繋がるんです。

入山 なるほど、電気のブランド化ですね。

 次回は10月19日(月)19時から、引き続き「再生エネルギーの今後」というテーマで放送。

(BOOKウォッチ編集部)


書名: 温暖化で日本の海に何が起こるのか
サブタイトル: 水面下で変わりゆく海の生態系
監修・編集・著者名: 山本智之 著
出版社名: 講談社
出版年月日: 2020年8月20日
定価:  本体1100円+税
判型・ページ数:  新書判・302ページ
ISBN: 9784065206768

外部リンク

cat_12_issue_oa-bookwatch oa-bookwatch_0_pzquntwgk6e1_新しい日常は我々に何をもたらした? 吉田鋼太郎らが薦める、深く考えるための本 pzquntwgk6e1 pzquntwgk6e1 新しい日常は我々に何をもたらした? 吉田鋼太郎らが薦める、深く考えるための本 oa-bookwatch 0

新しい日常は我々に何をもたらした? 吉田鋼太郎らが薦める、深く考えるための本

2020年10月19日 18:31 BOOKウォッチ

 コロナ禍のポジティブな側面は何だろう。それは「我々に深く考えるきっかけを与えてくれた点」だと、経済学者のポール・クルーグマンら世界の名だたる知性は語る。

写真は、「Pen」11月1日号(CCCメディアハウス)

 2020年10月15日に発売された「Pen」11月1日号(CCCメディアハウス)の特集は、『心に響く本』。今の世界について深く考える一助となる書籍を、各界の読書家やその道のプロが紹介する。俳優の吉田鋼太郎さんも登場し、シェイクスピアの魅力について語った。

 また、作家・朝井リョウさんによる、読書の意義を再考する書き下ろしエッセイや、YouTubeで書籍を紹介して人気を博す中田敦彦さんのインタビューなどもある。

 ほかには、「アイヌ」「哲学」「旅」などの最近気になるトピックの必読書も、厳選して紹介している。

 今の世界を深く考えるために、必携の一冊だ。

※画像提供:CCCメディアハウス
(BOOKウォッチ編集部)

書名: Pen 2020年11月1日号
監修・編集・著者名: Pen 編集部 編
出版社名: CCCメディアハウス
出版年月日: 2020年10月15日
定価: 800円(税込)

外部リンク