cat_12_issue_oa-bookwatch oa-bookwatch_0_5653f14170fc_セクシーなショットにも挑戦 モデル・高田秋の1st写真集 5653f14170fc 5653f14170fc セクシーなショットにも挑戦 モデル・高田秋の1st写真集 oa-bookwatch 0

セクシーなショットにも挑戦 モデル・高田秋の1st写真集

2020年1月31日 20:39 BOOKウォッチ

 モデル・タレントとして活躍する高田秋さんの1st写真集が、2020年3月18日に発売される。

(C)週刊プレイボーイ/集英社 (C)熊谷貫

 高田さんは、写真集で親しみやすい存在感や飾らない笑顔はそのままに、プライベートな部分まで収録にチャレンジしている。水着姿はもちろん、はじめてとなる下着姿も収録。さらに一歩進んだセクシーな姿も披露している。

 1st写真集の発売決定に際し、高田さんは次のようにコメントしている。
 

「はじめての写真集という事で私自身とてもワクワクしています!元々お尻が大きかったり、身体の悩みがありましたが、それを魅力的になるようにお尻のトレーニングを中心にジムで何ヶ月も鍛えたり、お酒の飲み過ぎで出てしまった下腹部を腹筋で鍛えたりなど...笑

 最善を尽くして挑みました!

 ブリスベンはオシャレでいてどこか懐かしくも思える場所で、本当に素敵な場所で撮影させて頂きました!

 地元北海道の母校で撮った写真もあります!

 これ以上ないくらい、私も自分で見てドキドキしてしまったくらいセクシーショットも満載なので、普段の飲んだくれてる私とは違った一面を楽しんで頂けたらと思います!」
 

 次の2枚の写真は、公開されたショット

クッションを抱えてほほ笑む高田秋さん ((C)週刊プレイボーイ/集英社 (C)熊谷貫)


砂浜をバックに目線を合わせた高田秋さん ((C)週刊プレイボーイ/集英社 (C)熊谷貫)

(BOOKウォッチ編集部)

書名: 高田秋ファースト写真集(タイトル未定)
監修・編集・著者名: モデル 高田秋/撮影 熊谷貫
出版社名: 集英社
出版年月日: 2020年3月18日
定価: 本体2600円+税
判型・ページ数: B5判・144ページ
ISBN: 9784087808995

外部リンク

cat_12_issue_oa-bookwatch oa-bookwatch_0_cfeb44dbbe14_吉岡里帆が「怒涛のよう」だった2年間を振り返る cfeb44dbbe14 cfeb44dbbe14 吉岡里帆が「怒涛のよう」だった2年間を振り返る oa-bookwatch 0

吉岡里帆が「怒涛のよう」だった2年間を振り返る

2020年1月31日 18:18 BOOKウォッチ

 映画「見えない目撃者」や「パラレルワールド・ラブストーリー」などに出演し、第43回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した女優の吉岡里帆さんが、2020年2月1日発売のファッション誌「bis」3月号(光文社)の表紙を飾っている。

写真は、「bis」(光文社)2020年3月号の表紙

 「bis」(光文社)には約2年ぶりの登場となった吉岡さん。今号では、表紙と12ページのファッションストーリーに登場している。ファッションストーリーでは、幻想的な雰囲気のなか、ロマンチックな春の装いを披露している。インタビューでは、今号のテーマ"夢"について吉岡さんに聞いているほか、睡眠時のこだわりや美容習慣、「怒涛のよう」だった過去2年間の振り返りも語られている。

写真は、吉岡里帆さん

 今号ではほかに、「モーニング娘。 '20」の牧野真莉愛さんや、モデルの山本舞香さん、乃木坂46の賀喜遥香さん・田村真佑さん・筒井あやめさんらも登場している。

写真は、牧野真莉愛さんと川津明日香さんと滝澤エリカさん

写真は、山本舞香さん

写真は、賀喜遥香さんと田村真佑さんと筒井あやめさん

 なお、セブンネット、 楽天ブックス、 HMV &BOOKS onlineで購入した方限定で、それぞれ絵柄が異なるポストカードが特典として付いてくる。

(BOOKウォッチ編集部)

書名: 「bis」2020年3月号
出版社名: 光文社
出版年月日: 2020年2月 1日
定価: 税込み680円

外部リンク

cat_12_issue_oa-bookwatch oa-bookwatch_0_62c5a79bdc5f_これは妄想が止まらない!永山瑛太、松坂桃李、斎藤工らが見せた「悪い男」写真集が発売前から話題 62c5a79bdc5f 62c5a79bdc5f これは妄想が止まらない!永山瑛太、松坂桃李、斎藤工らが見せた「悪い男」写真集が発売前から話題 oa-bookwatch 0

これは妄想が止まらない!永山瑛太、松坂桃李、斎藤工らが見せた「悪い男」写真集が発売前から話題

2020年1月31日 12:34 BOOKウォッチ

 写真家で映画監督の蜷川実花さんが、世の女性を惑わす"色男"ばかりを撮り下ろした写真集『悪い男』(小学館)。2020年2月12日に発売となる。小学館が1月31日に発表したプレスリリースによると、昨年12月に写真集の発売を公表した後ネット書店に予約が相次ぎ、急きょ増刷を決定したという。

写真は、『悪い男』(小学館)より。永山瑛太さん「永遠の男」
 
 写真集『悪い男』(小学館)は、ファッション誌「Oggi」の人気連載を単行本化したもの。

・もしも坂口健太郎が同僚だったら

・もしもひとりで訪れた水族館で、たまたま隣に立っていたのが菅田将暉だったら

・もしも土曜日の夕暮れのバーで、佐々木蔵之介と待ち合わせをしたら

など、毎回、編集部が女性のときめくシチュエーションを蜷川実花さんにリクエストして制作した。あわせて、出演者のショートインタビューも掲載している。

 永山瑛太さんは、「Oggi」2月号(2019年12月26日発売)に登場し、以下のようにコメントしている。
 

「今回すごく面白いと思えたのは『悪い男』というテーマだ。僕が考える『悪い男』を蜷川さんに写真として伝えてもらう。なんて楽しい遊戯なんだろう」
 

写真は、『悪い男』(小学館)より。斎藤 工さん「侵犯する男」
 
 斎藤工さんは「Oggi」4月号(2020年2月28日発売)で登場する予定で、以下のようにコメントを寄せている。
 

「今回の撮影は"一緒に朝食を食べている"という設定でしたが、実は以前、実花さんと僕は『こういうことをしてみたら化学反応が起きるかもね?』と、本当に実践していた時期があったんです。クリエイター同士の試みとして始めたことではあったのですが、そこで見た実花さんがスピーディにお子さんや僕に朝食を作っている姿『母、蜷川実花の現実』を、そのとき僕はとても素敵だと思っていました。(中略)こちらが説明をしなくても、被写体の、その現場に来るまでの前後までくみ取って見えてしまう、というところは、実花さんのすごい才能のひとつだと思っています。この連載も、そんな実花さんだからこそ捉えている、僕の姿が映っているかもしれません」
 

写真は、『悪い男』(小学館)より。松坂桃李さん「許す男」

『悪い男』(小学館)の出演者と、演じた男のイメージは以下の通り。

坂口健太郎 愛想がいい男

菅田将暉  横顔が美しい男

佐々木蔵之介 隙のない男

三浦翔平  至近距離の男

千葉雄大  "わかっている"男

福士蒼汰  翻弄する男

永山絢斗  支配する男

JUNHO   スターな男

長谷川博己 観察する男

瀬戸康史  見つめる男

竜星 涼   不落の男

北村一輝  ほほえむ男

成田 凌   甘やかし上手な男

高杉真宙  集中する男

iKON    隠さない男

中村倫也  懐に入る男

片寄涼太  プリンスな男

永山瑛太  永遠の男

松坂桃李  許す男

斎藤 工   侵犯する男 ※掲載順

写真は、『悪い男』(小学館)

(BOOKウォッチ編集部)

書名: 『悪い男』
監修・編集・著者名: 撮影/蜷川実花
出版社名: 小学館
出版年月日: 2020年2月12日
定価: 本体2,700円+税

外部リンク

cat_12_issue_oa-bookwatch oa-bookwatch_0_78d71cee4a41_半世紀前の庄内に、理想郷はあった! 78d71cee4a41 78d71cee4a41 半世紀前の庄内に、理想郷はあった! oa-bookwatch 0

半世紀前の庄内に、理想郷はあった!

2020年1月31日 07:05 BOOKウォッチ

 毎年、旧正月にあたる2月1日と2日、山形県の庄内地方、黒川村(現・鶴岡市櫛引町黒川)で伝統芸能「黒川能」(国の重要無形民俗文化財)が行われる。いまは全国的にも知られるようになったが、初めてカメラ取材が入ったのは1964年(昭和39年)のことであった。

 東京オリンピックが開催されたこの年、雪国の「秘事能」として知る人ぞ知る存在だった「黒川能」の取材を敢行したのは、当時、平凡社の雑誌「太陽」の新人編集者、船曳由美さん。それから幾星霜、この祭りを哀惜込めて描いたのが本書『黒川能』(集英社)である。

第一級の民俗学的な記録

 本書は昨年(2019年)第17回開高健ノンフィクション賞の最終候補作品になり、受賞を逸したが、「第一級の民俗学的な記録」、「資料としては一級。残す意味は絶対にある」などと評価された。

 祭りと書いたが、神事である。メインの王祗祭は、春日神社の御神体「王祗様」を迎え、能5番、狂言4番などを夜を徹して披露する。翌日にも神事があり、ふたたび能が奉納される。幼いわらべから少年、若者、長老まで、年齢ごとに場と役割があるという。

 この2日間だけでなく、「黒川能」を中心に一年の生活サイクルが回っている村の暮らしが丹念に描かれている。そこに本書の記録的な価値があるが、正直言って盛り上がりには少し欠ける。ノンフィクションと呼ぶにはためらいがある。

 むしろ、評者が面白く読んだのは、村人に長期間にわたり密着取材し、「権治郎(ゴンジロー)家の姉(アネ)ちゃ」と呼ばれるようにまでなった若き日の船曳さんの姿である。

酒吞童子の宴が待っていた

 平凡社に入社して3年目。「太陽」の特集に祭りや伝統芸能を取り上げようと思った。先輩が農民詩人、真壁仁の詩集を貸してくれて、「農民の伝統芸能といったら、『黒川能』につきます」と言ったのがきっかけだった。

 しかし、国の文化財保護委員会の委嘱で、日大の映画学科のグループが王祗祭の様子を取材したことはあるが、民間に撮影を許可した例はないという。逡巡したが、東大のゼミで船曳さんは黒川村近くの村を訪れ、社会調査をしたことがあった。真壁さんに手紙を書き、紹介状をいただいた。カメラマンの薗部澄さんと村を訪れると、「酒吞童子の宴が待っていた」。

 戦争中に南方でかかったマラリアの後遺症で、酒をたしなめない薗部さんに代わり、船曳さんが盃を重ねた。酒ばかりではない。「鮭の煮付に鯨のカンヅメ、菊の酢漬け、なめこのおろしあえ、吸物、あんころもち......番茶に煎茶......」。饗応はつづいた。

 気難しいと言われた能太夫の家に真壁さんの書の軸があった。
 

「しろき面の翁 粛々と舞ひぬ
  くろき面の翁 嬉々と舞ひぬ」
 

 
 村人の真壁さんへの尊敬の念を感じた。そして、とにかく村へ通おうと何度も足を運んだ。

 1年間の取材が終わり、1966年1月、「太陽」2月号に特集「雪国の秘事能」が掲載されると大きな反響を呼んだ。発売直後の2月1日の王祗祭には、マスコミ、学者、アマチュアカメラマンが村に殺到した。撮影解禁と思ったのだ。「ヘイボンシャの娘っ子」がやり玉に挙がった。

 その後、1年に70人に限り抽選制、さらに入場料を取るなどして、混乱を回避した。船曳さんはこう書いている。
 

「自らの祭りを持たぬ者が、他人さまの御神事に押しかけ、共有できると思う不遜さ。もとより私とて同じであるゆえに、顔から火が出る思いである」
 

 
 しかし、外部との交流はさまざまな人との回路を拓くことになった。観世寿夫さん。観世さんは「安宅」の舞囃子を春日神社で奉納した。野村万蔵さんらも黒川を愛した。

 かつて1日目は村民の自宅で持ち回りで行われたが、近年は公民館で行うことが多いという。ちなみに黒川能は王祗祭のほかにも年に数回鑑賞することが出来る。

 船曳さんは、「半世紀前の庄内に、理想郷はあった」と書いている。

当時のメモなしで書いた

 ところで、開高健ノンフィクション賞の選評で、映画監督の森達也さんは「選考会を終えてから、取材当時のメモは残されていないことを聞かされた。ほぼ記憶と現時点での確認(存命している村人たちに記憶の照合をしたという)によって本書は構成されている。驚嘆した。明らかに突出した才能だ。次作を期待する」と書いている。

 船曳さんは85年に平凡社を退社。86年集英社に入社。プルースト『失われた時を求めて』(鈴木道彦訳)などのシリーズを担当。99年に退職。著書に母親の生涯を描いた『一〇〇年前の女の子』(講談社、その後文春文庫)がある。

 あとがきに取材当時の写真が載っている。これなら村人に「アネちゃ」と親しまれたであろうと納得する。純粋さと好奇心、愛嬌に満ちた表情が輝いている。

(BOOKウォッチ編集部)

書名: 黒川能
サブタイトル: 1964年、黒川村の記憶
監修・編集・著者名: 船曳由美 著
出版社名: 集英社
出版年月日: 2020年1月12日
定価: 本体3600円+税
判型・ページ数: A5判・389ページ
ISBN: 9784087890136

外部リンク

cat_12_issue_oa-bookwatch oa-bookwatch_0_83136964c8ef_誰が「日本の林業」を殺しているのか? 83136964c8ef 83136964c8ef 誰が「日本の林業」を殺しているのか? oa-bookwatch 0

誰が「日本の林業」を殺しているのか?

2020年1月31日 06:30 BOOKウォッチ

 敗戦後の日本は、荒れた山に植林するとともに、広葉樹林を伐って針葉樹を植える拡大造林政策によって人工林を増やしてきた。そのおかげで、国土の3分の2にあたる約2500万ヘクタール(うち、人工林約1000万ヘクタール)が森林という世界有数の森林国になり、森林資源も年々7000万立方メートルずつ増えている、と林野庁は記している。素晴らしいと素人には思える。

木材価格が大暴落

 ところが、30年近く林業を見てきた本書『絶望の林業』(新泉社)の筆者は、森林を守り育てる中心であるはずの日本の林業がいまや産業として成り立っていないという。

 最大の問題は、国産の木材価格の下落だ。日本の木材価格がピークだったのは1980年で、その後は大きく下落、2017年にはヒノキの中丸太は4分の1、スギ中丸太は3分の1になってしまった。

 原因はいろいろあるが、おもな理由は木材資源がどんどん増えている一方、個人所得が落ち、住宅建設が伸びないことだ。そこに阪神・淡路大震災が起き、被害が多かった木造住宅が忌避されるようになった。

 日本の最近建てられる戸建て住宅のうち、木造は4割しかない。しかも、そのほとんどは、壁や柱にクロスを張った大壁工法の家で、柱や梁が見える昔ながらの真壁工法の家は全体の1%に減っているという。

 評者は1960年代末ごろ、京都・北山を歩き回っていたが、当時は「北山杉磨き丸太は1本で100万、200万するものがざらにある」ときいていた。それらはおもに床柱に使われていた。しかし昨今の住宅の大部分を占める大壁工法の家では、床柱の需要など願うべくもない。

 林野庁の資料によれば、山主(森林の所有者)の9割は10ヘクタール未満の森林しか所有しておらず、平均林業所得は11.3万円(2013年)でしかない。キノコ栽培などを含めての話だ。これでは、持続的山林経営はとても無理だ。

 そこで、国の補助金が注がれる。ところが、筆者によれば、これが木材価格をゆがめ、ますます山主の生産意欲をそいでいるのだという。

 本来、立木価格が安くなれば木材生産は鈍くなり、木材流通量が減り、丸太や製材の価格は上がる――となるはず。ところが、補助金が伐採業者に注がれているため、価格が下がれば余計多く伐って量で稼ごうとする。製材業者もそれを見込んでいるから価格を上げない。市場原理がまともに働かないから、山主の利益は減るばかりとなる。

林地が二束三文で外国企業に売られる

 一方で、日本は、合法とはいいにくい木材を購入していると、海外から厳しい目でみられているという。2018年10月、奈良・興福寺の中金堂が再建された。そこで使われた直径77センチ、長さ10メートルの36本の柱も、疑わしいと筆者は指摘している。木材はカメルーンから輸入されたアフゼリア(アフリカケヤキ)で、現在は伐採禁止になっている。興福寺側は「禁止になる前に購入した」と説明しているが、政情不安だった同国では、十分なガバナンスは期待できず、「グレー木材といって間違いない」という。

 林業従事者の安全性も大問題。年収は全産業平均を大きく下回っているのに、林業での労働災害千人率(千人当たりの死傷者の数)は32.9で、全産業平均の15倍近い。そのせいか、就業後、半数が仕事を辞めるのが実態だという。

 以上は、本書で取り上げている日本の林業、木材の抱えている問題点のごく一部であり、読めば読むほど、表題通り、絶望的な気持ちになる。

 しかし、こうした実態を林業以外の国民も知っておくことは大事だと思う。森林は国土の防災や環境維持に欠かせないからだ。

 筆者は、最近、長野県や山梨県などで、里に近い林地が太陽光発電用地として二束三文で外国企業に売られ、近隣住民が反対しているという話をきいている。この本を読んで、これも「絶望の林業」の末路のひとつかと思い至り、暗い気持ちになった。

 それにしても、戦後の、食料も金もろくにない時代に、先人たちが必死で植えたスギやヒノキ、カラマツなどが、今、ようやく建材として使える時期を迎えているというのに、何とも残念なことである。

(BOOKウォッチ編集部 yuki)

書名: 絶望の林業
監修・編集・著者名: 田中淳夫 著
出版社名: 新泉社
出版年月日: 2019年8月17日
定価: 本体2200円+税
判型・ページ数: 四六判・301ページ
ISBN: 9784787719195

外部リンク

cat_12_issue_oa-bookwatch oa-bookwatch_0_06608d4ca7cb_撮影でも必需品、伝説の「ローラの5番」とは? 06608d4ca7cb 06608d4ca7cb 撮影でも必需品、伝説の「ローラの5番」とは? oa-bookwatch 0

撮影でも必需品、伝説の「ローラの5番」とは?

2020年1月30日 15:41 BOOKウォッチ

 「otona MUSE」(宝島社)2020年3月号では、ビューティ特集「オトナミューズ美容部」が掲載されている。モデル、タレント、美容ライター、ヘアメイクアーティスト、医師、編集部員ら、美のスペシャリストたちによる、明日のキレイをつくるコツがつまった内容だ。

写真は、「otona MUSE」(宝島社)2020年3月号の表紙
 
 特集は60ページ超の大ボリュームで紹介されている。コンテンツは25個あり、一部を紹介すると以下の通り。

編集部の美容会議に潜入!/春新色で「洒落顔」講座/衝撃!ハセキョーボディ/膣&子宮ケアで目指すなりたいからだ/ミューズのための美容医療「基本のキ」/白髪と薄毛、どうすれば!/吉川ひなののまつ育コスメがスゴイ/撮影に使われまくった、ローラの5番最強説/ダイエットに効果あり!?イカソーメン再び/ミューズ世代の隠れた悩み、イボ&血管......など。

 ちなみに「ローラの5番」とは、"ローラ メルシエ"のブラウンのルージュのこと。塗るだけで洒落た印象になると人気で、昨年の「otona MUSE」の撮影で幾度となく登場したアイテムだという。あらゆるベストコスメ賞を受賞し、入荷待ちの列を作った伝説の品でもあると紹介されている。

写真は、「otona MUSE」(宝島社)2020年3月号の付録。バンヤードストームのトートバッグ
 
 付録は、バンヤードストームのトートバッグ。サイズは約タテ28センチ、ヨコ37センチ、マチ15センチ。前面に立体ポケットがついていて、収納力がある。

 なお、「otona MUSE」2020年3月号には、表紙と付録違いの増加版がある。付録はバンヤードストームのお財布機能付きポシェット。サイズは約タテ13センチ、ヨコ20.5センチ、マチ6センチ。ストラップの長さは120センチ。

写真は、「otona MUSE」(宝島社)2020年3月号増刊版の表紙

写真は、「otona MUSE」(宝島社)2020年3月号増刊版の付録

写真は、「otona MUSE」(宝島社)2020年3月号増刊版の付録を開けたところ

(BOOKウォッチ編集部)

書名: 「otona MUSE」2020年3月号
出版社名: 宝島社
出版年月日: 2020年1月28日
定価: 通常版本体 1,000円+税、増刊版本体1,264円+税

外部リンク

cat_12_issue_oa-bookwatch oa-bookwatch_0_68d0c255829c_2020年のウェディング「12」のトレンドはコレ! 68d0c255829c 68d0c255829c 2020年のウェディング「12」のトレンドはコレ! oa-bookwatch 0

2020年のウェディング「12」のトレンドはコレ!

2020年1月30日 15:16 BOOKウォッチ

 1月25日に発行された、ウェディング情報フリーマガジン「ウエコレ」vol.61(USEN Media)では、「ウエコレ」編集部が予測する2020年のウェディング「12」のトレンドキーワードが掲載されている。

写真は、2020年のウェディング「12」のトレンドキーワード


 2020年のウェディング「12」のトレンドキーワードは、"リアルな先輩カップルたちの結婚式から学ぶトレンドキーワード予測"として、「ウエコレ」編集部の予想のもとで選ばれた。

 ウェディングトレンドに関しては、ほかにもプロフェッショナルが提案する、ドレスやアクセサリー、ブーケの最旬スタイル等も紹介されている。

写真は、2020年ウェディングトレンド


 また、今号のカバーブライドは、モデルとして活躍の場を広げている島袋聖南さん。巻頭特集では、ヘアメイクやアクセサリー選びなど、島袋さんらしいコーディネートを披露している。美しさを保つ秘訣や、恋愛、結婚観について語ったページも掲載されている。

写真は、島袋聖南さんに学ぶ2020年センスアップ哲学


写真は、島袋さんの巻頭特集から


写真は、島袋さんの巻頭特集から


 「ウエコレ」は、東京・神奈川の駅のラックや、都内の美容サロンなどに設置されている。ウェブ配送の申し込みで全国配送も可能。

写真は、「ウエコレ」vol.61(USEN Media)


 なお、3月7日と8日には、「ウエコレ」主催のウェディングイベントが開催される。イベントの詳細情報は、「ウエコレ」公式SNSや公式サイトで随時公開される。

(BOOKウォッチ編集部)

書名:  ウエコレ vol.61
出版社名: USEN Media
出版年月日: 2020年1月25日
定価: 0円
判型・ページ数: A4判・146ページ

外部リンク

cat_12_issue_oa-bookwatch oa-bookwatch_0_ddbc01107a4f_ダサいお父さんが大変身するかもしれない ddbc01107a4f ddbc01107a4f ダサいお父さんが大変身するかもしれない oa-bookwatch 0

ダサいお父さんが大変身するかもしれない

2020年1月30日 10:10 BOOKウォッチ

 ファッションのアドバイス本の大半は女性向け。中には男性向けもあるが、「ちょいワルおやじ」のように、それなりの心得がある人向けの趣味的なものがほとんどだ。ということで、大半の男性はファッションと縁遠い。

 本書『おしゃれ以前の 服選びと身だしなみ』(朝日新聞出版)は、そうした何も考えないまま大人になってしまった男性のためのノウハウ集。【Part1】お洒落以前の服の基礎知識、【Part2】 服選びの着こなしテク、【Part3】 超ビギナー向けヘアケア・スキンケアの基礎知識、【Part4】 季節別・定番アイテムを使ったコーデ図鑑、に分かれている。

 大人の「ニオイ」問題を解決、自分に似合う「髪型」を見つける、「髭」を武器に変える、「ネット時代」の正しい買い方、など様々な角度から、ダサいお父さんを変身させるワンランク上のおしゃれを提案する。多数の写真やイラストが掲載されているので、具体的に参考になる。

 何かの機会に家族が買ってプレゼントするのがよいかもしれない。本体価格1200円+税とお値段も手ごろだ。監修の新田アキさんはスタイリスト。

写真は『おしゃれ以前の 服選びと身だしなみ』(朝日新聞出版)

(BOOKウォッチ編集部)

書名: おしゃれ以前の 服選びと身だしなみ
監修・編集・著者名: 新田アキ 監修
出版社名: 朝日新聞出版
出版年月日: 2020年1月20日
定価: 本体1200円+税
判型・ページ数: 四六判・192ページ
ISBN: 9784023332812

外部リンク

cat_12_issue_oa-bookwatch oa-bookwatch_0_e5a036032579_大人のための「春の新色メイク」完全マスター e5a036032579 e5a036032579 大人のための「春の新色メイク」完全マスター oa-bookwatch 0

大人のための「春の新色メイク」完全マスター

2020年1月30日 07:31 BOOKウォッチ

 いつもと同じ無難なメイクを卒業して、この春はおしゃれを楽しみたいと思うなら、「&ROSY」(宝島社)2020年3月号の特集「プレイフルな春の新色メイク完全マスター」をチェックしよう。ヘア&メイクアップアーティストの千吉良恵子(ちぎら けいこ)さんが、春らしい鮮やかな色を使った"大人の洒落顔"メイク術を解説している。

写真は「&ROSY」(宝島社)2020年3月号の表紙
 
 カラーシャドウとチーク、リップの色合わせやメイクのコツが紹介されていて、例えば、今季の流行色の一つであるイエローのアイシャドウは、肌になじむ抑え目の色よりも、鮮やかでビビットな色を選ぶ。目元が華やかなぶん、チークは肌になじむくらいのトーンで、リップはくすんだ色を使えば大人っぽい雰囲気になる(p.23)。

写真は「&ROSY」(宝島社)2020年3月号の付録

写真は、「&ROSY」(宝島社)2020年3月号の付録
 
 付録は、人気メイクブランド「アディクション」のトートバッグとメイクサンプルの4点セット。トートバッグのサイズは、約ヨコ幅26センチ、タテ28センチ、マチ13センチ。背面とサイドに4つの大きいポケットがついている。

写真は、「&ROSY」(宝島社)2020年3月号の付録
 
 メイクサンプルは、 7種の植物性オイルを配合したクレンジング、プライマー(化粧下地)、ファンデーション。

 なお、「&ROSY」2020年3月号には、付録違いの増加版がある。付録は通常号の4点セットに加え、AVEDA ニュートリプレニッシュ3点(ミニサイズのトライアル版、シャンプー1種、コンディショナー2種)がついてくる。楽天ブックス、宝島チャンネルで限定販売している。

(BOOKウォッチ編集部)

書名: 「&ROSY」2020年3月号
出版社名: 宝島社
出版年月日: 2020年1月22日
定価: 通常版本体 982円+税、増刊版本体1,264円+税
判型・ページ数: A4変型

外部リンク

cat_12_issue_oa-bookwatch oa-bookwatch_0_866c288cdc6b_本屋大賞ノミネート! 「死が怖くなくなるような物語」 866c288cdc6b 866c288cdc6b 本屋大賞ノミネート! 「死が怖くなくなるような物語」 oa-bookwatch 0

本屋大賞ノミネート! 「死が怖くなくなるような物語」

2020年1月30日 07:01 BOOKウォッチ

 小川糸さんの本書『ライオンのおやつ』(ポプラ社)は、タイトルから内容を想像するのがむずかしい。帯には「毎日をもっと大切にしたくなる物語」「作家・小川糸の真骨頂」とある。何気なく読みはじめると、余命宣告された三十三歳の女性が、ホスピスで過ごす人生最後の日々が綴られていた。

 ポプラ社公式サイト内の本書特設サイトに「今年最大級の感動作!!」とある。本書は昨年(2019年)の発刊だが、今年を含めても間違いなく「最大級の感動作」だろう。序盤から読了までじんわり泣きつづけた評者はそう思った。

 本書は、芥川賞・直木賞と同日に発表された第11回「新井賞」を受賞。さらに「2020年本屋大賞」にノミネートされている。

瀬戸内の島のホスピスへ

 三十三歳の雫は、ステージⅣの癌で余命宣告を受けた。事故死した両親の代わりに自分を育ててくれた叔父を、雫は「父」と呼ぶ。父の平穏な暮らしを乱したくないと、雫は病気のことを父に知らせていない。

 12月25日、雫は人生最後の日々を過ごすため、瀬戸内の島に到着した。そこは「ふんわりとメレンゲで形を作ったような、なだらかで丘みたいな島」。かつてたくさんの国産レモンが栽培されていたため「レモン島」と呼ばれている。
 

「終の住処、とよく言うけれど、ここは私にとっての、終の島ということになる。悪くないのかもしれない。天井の低い殺風景な部屋でひとり淋しく凍えるように死を迎えるより、ずっといい選択だった」
 

 ホスピス「ライオンの家」は「まるで隠れ家ホテルにいるような、優雅な気分にさせてくれる空間」であり「常に、誰かの大きな微笑みに見守られているような気持ちになる」ところだった。

 「ライオンの家」は、医師をはじめ常時十数名がスタッフとして支えている。積極的な治療や延命行為はしないが、痛い時や苦しい時は苦痛を和らげるため最大限の策を練る。「ライオンの家」を主宰する「マドンナ」は、緩和ケアを専門とする医師と連携しながら適切な処置をほどこす看護師。「マドンナ」の存在は、ゲストの体と心の大きな支えとなっている。

「おやつの時間」は生きる希望

 「ライオンの家」には「おやつの間」というユニークな部屋があり、毎週日曜日の午後三時からお茶会が開かれる。ゲストは「もう一度食べたい思い出のおやつ」をリクエストでき、毎回ひとりの「思い出のおやつ」が忠実に再現される。「おやつ」という言葉の響きに「独特のふくよかさというか、温もり」を感じつつ、雫は何を選ぼうかと悩む。

 「ライオンの家」に来たことで、いくつもの出会いに恵まれ、瀬戸内の風景を眺め、ごはんのおいしさを知った。運命を呪ってばかりいた過去の自分を反省し、雫は今ここに生きて存在することへの「深い深い祈りにも似た感謝」を神さまに伝えたいと思うようになる。
 

「なるようにしかならないから大丈夫だと、海を渡る波風が、私にそっと耳打ちする。......あともう少しだけこの断崖に立っていれば、あっち側の世界へいける。そのタイミングを早めることも、遅らせることも、私にはできない。私にできるのは、ただ、ここでじっと待つことだけだ」
 

 

「最後まで人生を味わい尽くすこと。......端から端までクリームがぎっしり詰まったあのチョココロネみたいに、ちゃんと最後まで生きることが、今の私の目標だ」
 

 
 

「私は、私自身をこの両腕で強く抱きしめ、その背中に、お疲れ様、よくがんばったな! とねぎらいの言葉をかけたかった」
 

 物語が進むとともに、雫の命の終わりが近づいてくる。徐々に意識が混濁し、時間の感覚を失いつつある雫にとって、おやつの時間は「生きる希望」となり「節目」となっていく。雫は人生の最後に食べたい「思い出のおやつ」に何を選ぶのだろうか――。

癌が見つかった母親の言葉

 小川糸さんの公式サイト「糸通信」の「あとがき」によると、小川さんの母親に癌が見つかったとき、母親が「死ぬのが怖い」と言ったことが、この物語を書くきっかけになったという。
 

「多くの人は、母と同じように、死に対して、漠然とした不安を抱いているのだろう。ならば、死が怖くなくなるような物語を書いてみようと思ったのだ」
 

 命はいつまでもつづくと思っていたら気づけないことを、命の終わりを知った雫の視点から気づかされる。死はどういうものかを想像し、自分の生き方を意識するきっかけを本書は与えてくれる。評者はすっかり、小川さんの文章の虜になった。これほどたくさん、心にしまっておきたい言葉に出合える作品はあまりない。

 小川糸さんは1973年生まれ。2008年『食堂かたつむり』でデビュー。同作は10年に映画化され、11年にイタリアのバンカレッラ賞、13年にフランスのウジェニー・ブラジエ賞を受賞。12年には『つるかめ助産院』が、17年には『ツバキ文具店』がNHKでテレビドラマ化された。

(BOOKウォッチ編集部 Yukako)

書名: ライオンのおやつ
監修・編集・著者名: 小川 糸 著
出版社名: 株式会社ポプラ社
出版年月日: 2019年10月 7日
定価: 本体1500円+税
判型・ページ数: 四六判・255ページ
ISBN: 9784591160022

外部リンク