cat_12_issue_oa-bookwatch oa-bookwatch_0_1lwb79hx68mr_Snow Manの2人が好きなラーメンって? 神店を厳選したクーポン付き決定版 1lwb79hx68mr 1lwb79hx68mr Snow Manの2人が好きなラーメンって? 神店を厳選したクーポン付き決定版 oa-bookwatch 0

Snow Manの2人が好きなラーメンって? 神店を厳選したクーポン付き決定版

2020年9月11日 11:31 BOOKウォッチ

 日本人がこよなく愛する料理の1つ、ラーメン。どこまでも奥が深い世界のガイドとして、これ以上ない本が誕生した。

画像は、「ラーメンWalker東京2021」(KADOKAWA)

 「ラーメンWalker東京2021」(KADOKAWA)が、2020年9月7日に発売された。都内の本当においしいラーメン店を紹介する、東京ラーメン本の決定版と言っていい。その他エリア版(全11種)も、以下の日程で発売される。

9月17日発売...北海道版、茨城版、東海版、関西版
10月9日発売...新潟版、九州版、神奈川版、福島版
11月6日発売...宮城版、千葉版、埼玉版

 名店出身の新星や、地方からの進出、スープが濁らず透き通った「極上淡麗系」、千差万別な煮干しなど、2020~2021年のトレンドをおさえた新店が、たっぷり紹介されている。
 
 さらに、「史上最高ラーメン!」と称し、東京でいま本当に行くべき神店を100軒に厳選。清湯(ちんたん)醤油、淡麗塩そば、本場の味噌、濃厚つけ麺、自家製麺、スープOFFなど、多様なジャンルを網羅している。

画像は、KADOKAWAのプレスリリースより。神店100軒を厳選
 
 さらに、プレオープン中のポップカルチャー発信拠点「ところざわサクラタウン」内に、ラーメンWalkerと完全連動する最新エンタメ型ラーメン店「ラーメンWalkerキッチン」が開店する予定だ。
 
 日本を代表する有名店主による、月替わりの期間限定プレミアム出店や、全国から募集する「チャレンジ店主」によるチャレンジ店など、ラーメンファンなら必食のラーメンが盛りだくさんだ。

画像は、KADOKAWAのプレスリリースより。まだ知らないラーメンに必ず出会える
 
 本誌では、Snow Manの深澤辰哉さんと宮舘涼太さんも登場し、有名店が教えるラーメンレシピに挑戦する様子を、レシピとともにグラビアで紹介する。メンバーの好きなラーメンや「麺活」エピソードなどが聞けるインタビューも、ファンなら気になるところだ。
 
 他にも、「ラーメンWalkerグランプリ2020」の結果発表や、読者だけが食べられる行列店の限定麺ラリー、全国お取り寄せラーメンなど、ラーメンファン垂涎のコンテンツがこれでもかと詰まっている。なんと、無料試食券&半額クーポン付きという太っ腹ぶり。
 
 ラーメン食べ歩きのお供に、これほど心強い1冊は他にないだろう。

(BOOKウォッチ編集部)

書名: ラーメンWalker東京2021
監修・編集・著者名: KADOKAWA 編集部 編
出版社名: KADOKAWA
出版年月日: 2020年9月 7日
定価: 本体900円+税
判型・ページ数: A4・180ページ
ISBN: 9784048968621

外部リンク

cat_12_issue_oa-bookwatch oa-bookwatch_0_zhrsagf0efsc_お弁当は「ほぼ朝つくらない」が新しい つくりおき研究12年小田さんがすすめる超時短術 zhrsagf0efsc zhrsagf0efsc お弁当は「ほぼ朝つくらない」が新しい つくりおき研究12年小田さんがすすめる超時短術 oa-bookwatch 0

お弁当は「ほぼ朝つくらない」が新しい つくりおき研究12年小田さんがすすめる超時短術

2020年9月11日 11:01 BOOKウォッチ

 12年以上つくりおきレシピを研究してきた料理研究家の小田真規子さんが、超時短でできるお弁当作りのコツをまとめた『つくりおきおかずで ほぼ朝つくらないお弁当』(扶桑社)を出版した。

画像は、『つくりおきおかずで ほぼ朝つくらないお弁当』(扶桑社)
 
 小田さんは、これまで考案したつくりおきレシピで「朝つめるだけ!弁当」シリーズとして、いくつも著書がある。シリーズ累計75万部超えのベストセラーになっている。
 
 最新刊の『つくりおきおかずで ほぼ朝つくらないお弁当』では、「忙しくて、つくりおきする時間がない!」という声に答え、超時短のつくりおきを紹介している。

「ほぼ朝作らないお弁当」のヒミツ
 
 「ほぼ朝つくらないお弁当」の基本は、1つの素材でつくれる簡単なおかずをつくりおきして、朝は火を使わないサブおかずを用意するだけ。
 
 電子レンジ調理を駆使したほったらかしでもできるメニューは、ほかの作業と同時進行できて時短になる。「鶏モモのレンジ蒸し」などシンプルな料理をアレンジしながら使いまわすので、少ない品数でもマンネリ化しない。

画像は、「鶏モモのレンジ蒸し」

画像は、赤のおかず
 
 サブおかずは、ミニトマトのヘタを取って半分に切り、ゆかりとあえるだけだったり、パプリカ80グラムを短冊切りにして、2倍濃縮のめんつゆ小さじ2、ごま油小さじ1を一緒に耐熱ボウルに入れて混ぜ、ラップをせずに600Wのレンジで3分加熱するなど、手軽でおいしいものばかりだ。

画像は、緑のおかず
 
 ほかにも冷めてもおいしい揚げ物のつくりおきなど、お弁当だけでなく、普段のごはんづくりにも役立ちそうだ。 

画像は、冷めてもおいしい揚げ物のつくりおきのイメージ
 
 本書の冒頭では、毎日のごはんづくりに追われる主婦の日常をマンガで紹介している。食べ盛りの2人の子どもを持つ「飯賀ムリ子」さんのショートストーリーに「あるある~」と共感。小田さんの超時短ワザを取り入れれば、朝のドタバタ劇から卒業できるかも。

※画像提供:扶桑社

(BOOKウォッチ編集部)

書名: つくりおきおかずで ほぼ朝つくらないお弁当
監修・編集・著者名: 小田真規子 著
出版社名: 扶桑社
出版年月日: 2020年8月31日
定価: 本体1,100円+税
判型・ページ数: 111ページ
ISBN: 9784594615871
備考: 電子版あり

外部リンク

cat_12_issue_oa-bookwatch oa-bookwatch_0_aguye3gln3rk_イヌ派orネコ派!? 究極の選択が迫られるジェラピケの付録...! aguye3gln3rk aguye3gln3rk イヌ派orネコ派!? 究極の選択が迫られるジェラピケの付録...! oa-bookwatch 0

イヌ派orネコ派!? 究極の選択が迫られるジェラピケの付録...!

2020年9月11日 07:31 BOOKウォッチ

 「この雑誌といえばこの人」というような、雑誌のカラーやイメージを体現するモデルや女優。表紙に惹かれて手にすることもあるファッション誌では特に、その存在感は大きいものだ。

画像は、「sweet」2020年10月号(宝島社)通常号
 
 2020年9月12日発売の「sweet」10月号(宝島社)では、「SAEKO LAST STORY...」と題し、8年間「sweet」のカバーガールを務めたモデル・紗栄子さんの卒業を祝う。ラストを飾る今月号は、自然の中で、紗栄子さんならではの愛を表現しているとのこと。表紙の、髪をかき上げる姿も美しい。
 
 広大な草原をバックに、ベルベット素材のヴィンテージドレスをまとったり、レースやシフォンがあしらわれたクラシカルなドレス姿で馬に寄り添ったり。紗栄子さんだからこその魅力が詰まった、珠玉のカットが多数掲載されている。
 
 さらに、乃木坂46の齋藤飛鳥さんが披露する、大人気ブランド「ジェラート ピケ」の秋コレクションにも注目したい。中でも大人気なのが、ハロウィンシリーズ。今年はイヌとネコがテーマだ。
 
 ふわもこボディのトイプードルを再現した、可愛すぎるパーカ&ショートパンツや、ネコ耳のついたもふもふパーカ&ルームシューズなど、ぜひとも手に入れたい魅力的なアイテムが並ぶ。大切な人とのお泊りデートで身に着ければ、相手もメロメロになってしまうかも!?

画像は、「sweet」2020年10月号(宝島社)通常号の付録(編集部撮影)
 
 付録も、ジェラート ピケづくし。通常号は、ネコ派のための「畳めるエコバッグ&キャットチャーム」が付いている。ハロウィンのイメージにもぴったりな黒いバッグと、ふわふわなネコちゃんがなんとも愛らしい。

画像は、「sweet」2020年10月号(宝島社)増刊号の付録(編集部撮影)
 
 セブン-イレブン&セブンネットショッピング限定の増刊号は、イヌ派に向けた「エチケットポーチ&ドッグチャーム」が付録だ。秋らしいベージュにハート柄のポーチは、コスメなどを持ち歩くのにぴったり。同系色のワンコは、もふもふで思わず抱きしめたくなる。

画像は、「sweet」2020年10月号(宝島社)増刊号
 
 イヌorネコの究極の選択だが、どちらも好きという人は両方買うしかないかも......!?

※写真撮影:BOOKウォッチ編集部

(BOOKウォッチ編集部)

書名: sweet 2020年10月号
監修・編集・著者名: sweet 編集部 編
出版社名: 宝島社
出版年月日: 2020年9月12日
定価: 通常号…1,300円 増刊号…1,420円(いずれも税込み)
判型・ページ数: A4変型

外部リンク

cat_12_issue_oa-bookwatch oa-bookwatch_0_x51mnh32csnv_江戸時代の庶民は驚異の「アスリート」だった! x51mnh32csnv x51mnh32csnv 江戸時代の庶民は驚異の「アスリート」だった! oa-bookwatch 0

江戸時代の庶民は驚異の「アスリート」だった!

2020年9月11日 06:45 BOOKウォッチ

 江戸時代は「お伊勢参り」が盛んだった。今と違って交通機関がないから、とにかく歩く。本書『歩く江戸の旅人たち』(晃洋書房)は、当時の人々がいったいどのようにして、どれくらい歩いたか、改めて検証している。「スポーツ史から見た『お伊勢参り』」という副題が付いている。多角的な分析から、いろいろな新事実が明らかになっている。

手形が発行されやすい

 
 「お伊勢参り」とは全国各地から伊勢神宮にお参りに行くこと。豊作も商売繁盛も伊勢の神の「おかげ」ということで、「おかげ(お陰)参り」とも呼ばれる。江戸時代は60年に一回ほど、大規模なものがあった。最大規模だった1830(文政13)年には、427万人が訪れたそうだ。当時の日本の人口は約3000万人。そこから武士や公家、僧侶などを引いた一般庶民は約2600万人とされているので、当時の庶民の約6人に1人が出かけたことになる。
 
 なるほど、伊勢神宮は、そんなにも庶民から熱烈に信仰されていたのかと感心するが、本書によれば、必ずしも信仰心とイコールではなかったようだ。
 
 江戸時代は周知のように、人々が地元の藩を離れてあちこちに出かけることが容易ではなかった。関所を越えるには「関所手形」と身元を保証する「往来手形」が必要だった。手形には行き先として各地の寺社の名前を書くことが慣例となっていた。御利益で定評のある寺社の名前を書いておけば、手形を発行する幕藩領主側の了解が得やすかった。「信仰心」は旅に出るための隠れ蓑に使われた側面もあったという。行き先の寺社の名前として特に有効だったのが伊勢神宮だった。

御利益のテンコ盛り

 
 著者の谷釜尋徳さんは東洋大学法学部教授。日本体育大学大学院博士後期課程修了。博士(体育科学)。専門はスポーツ史。共著に『バスケットボールが科学で強くなる!』、編著に『オリンピック・パラリンピックを哲学する』などがある。
 
 本書のユニークなのは、「お伊勢参り」を主として「歩く」という運動面からアプローチしていることだ。その前段として、当時の人々の旅日記を多数収集、その分析をもとに論を展開している。
 
 一般に「お伊勢参り」というと、参詣者の居住地から伊勢神宮までの二点間往復と思われがちだ。ところが実態は違った。たとえば東北地方からお伊勢参りに行く場合、次の三つのパターンが多く見られたという。
 

 【近畿周遊型】  在地から奥州街道に入り、途中日光に参詣して江戸へ。そこから主に東海道と伊勢参宮道経由で伊勢参宮を果たした後は、熊野、高野山、奈良、大坂、京都などを周回。中山道を経て善光寺に至り、新潟経由で北上し東北に帰省する。 
 【四国延長型】  伊勢神宮を経て近畿周遊の後、さらに大坂から船で瀬戸内海を移動し、四国の金毘羅神社参詣後、岡山に移り、山陽道で京都へ。あとは近畿型と同じ。 
 【富士登山セット型】  全体像としては近畿型もしくは四国型と同じだが、途中で富士山に登り、沼津付近で東海道に合流。
 

 東北と伊勢を最短距離で往復するのではない。人生でめったにない大旅行の機会を最大限に利用し、行きたいと思っていた名所や観光地にも足を延ばす。伊勢神宮のみならず、日光、金毘羅、善光寺、富士山など、信仰は雑多で神仏混交、各種御利益のテンコ盛りだ。伊勢神宮が日本のまん中あたりに位置していたことも好都合だったに違いない。いずれにしろ、江戸時代の人は並外れた健脚だったことを再認識する。

一日平均34キロも歩き続ける

 
 本書は以下の構成。
 

 第1章 旅のルートと歩行距離 
 第2章 幕末〜明治初期の日本人の歩き方 
 第3章 街道の必須アイテム「棒」 
 第4章 旅の履物 
 第5章 旅の家計簿 
 第6章 旅人の健脚を支えたもの 
 第7章 近代化による旅の変化
 

 著者は東北地方に住んでいた庶民の39編の旅日記を入手し、それをもとに歩行距離の算出をしている。一里=3.9キロの換算。東北の庶民はお伊勢参りで一日平均34.1 キロも歩いていたことが分かった。全行程の総歩行距離は平均で2361.3キロ。最も長い距離を歩いた人は3174.8キロに及んだ。雨天の日などは長時間歩けないから、好天の日には一日で70キロも歩いていた人もいた。
 
 お伊勢参りは集団で行くことが多かった。少ないグループは2人、多いケースは20~30人にもなる。集団の人数と、日々の歩行距離はあまり関連がなかったという。大人数でも、秩序を崩さず、とにかく歩き続けたようだ。男女混合で10代から50代ぐらいまでの人が参加していた。

日常生活がトレーニング

 
 1日30キロとか50キロも歩くというのは、今では競歩の世界だ。しかもそれを2か月以上も毎日続ける。現代人から見れば、お伊勢参りの人たちは紛れもなく「アスリート」ということになる。どのようにして脚を鍛えていたのか。
 
 ところがいろいろ調べても、事前にトレーニングに励んでいたと思われる形跡は見当たらないのだという。どこに行くのでも徒歩で、とにかく歩くしかなかった時代、日常生活そのものがトレーニングになっていたのかもしれないと著者は推測している。
 
 江戸時代に長距離の旅が可能になった理由についても、著者は解説している。為替が利用されるようになって、常に大金を持ち歩く必要がなくなった、運送業が発達し、荷物の一時預けなどもできるようになった、などが記されている。
 
 庶民は旅行資金を「伊勢講」で積み立てていた。講への加入を促す仕事もあったという。今の旅行代理店みたいなものだ。伊勢には「御師」と呼ばれる宗教者がたくさんいて、全国の地域ごとに縄張りを持っていた。彼らの「手代」が担当地区の庶民に対し営業活動をしていた。ツアコンのような役目も果たしていたという。お伊勢参りは大掛かりな観光ビジネスとしても成立していたのだ。
 
 本書はこのように多彩な話が盛り込まれている。広重作品をコラージュした表紙レイアウトが洒落ている。それにしても、江戸の庶民はどうして何か月も休みを取って、長期旅行に出かけることができたのか。現代の私たちから見ていちばん謎の部分だ。
 
 BOOKウォッチでは関連で、江戸時代に旅三昧の生活を送った『菅江真澄が見た日本』(三弥井書店)のほか、松浦武四郎の『アイヌ人物誌』(青土社)なども紹介している。菅江は旅人、歌人、医師、さらには博物学者、民俗学者など多彩な顔を持つ。松浦は伊勢の生まれで、幼少時からお伊勢参りの人たちに触れて逆に諸国への関心を高めたという。蝦夷地(北海道)、北蝦夷地(サハリン)、国後、択捉を探検したことで有名だ。

(BOOKウォッチ編集部)

書名: 歩く江戸の旅人たち
サブタイトル: スポーツ史から見た「お伊勢参り」
監修・編集・著者名: 谷釜尋徳 著
出版社名: 晃洋書房
出版年月日: 2020年3月30日
定価: 本体1900円+税
判型・ページ数: 四六判・206ページ
ISBN: 9784771032941

外部リンク

cat_12_issue_oa-bookwatch oa-bookwatch_0_p4ynigx6h7rk_戦前の中国には「日本人売春婦」が1万5000人もいた!? p4ynigx6h7rk p4ynigx6h7rk 戦前の中国には「日本人売春婦」が1万5000人もいた!? oa-bookwatch 0

戦前の中国には「日本人売春婦」が1万5000人もいた!?

2020年9月11日 06:30 BOOKウォッチ

 タイトルから想像した内容とは違ったが、興味深い本だった。『従軍慰安婦と公娼制度――従軍慰安婦問題再論』(共栄書房)。いわゆる従軍慰安婦問題を正面から扱っているのかと思ったら、そうではなかった。明治期から戦前までの海外における「日本人売春婦」の問題が軸になっている。たまたま同社の別の本を調べていて見つけた。10年前の刊行だが、あまり見慣れない情報やデータが掲載されていて、新鮮な驚きがあった。

「阿片」や「からゆきさん」

 
 著者の倉橋正直さんは1943年生まれ。東京大学文学部東洋史学科卒業。東京大学大学院人文科学研究科博士課程(東洋史学)修了。愛知県立大学名誉教授。
 
 著書に『日本の阿片戦略――隠された国家犯罪』『阿片帝国・日本』『日本の阿片王――二反長音蔵とその時代』など阿片関係のほか、『北のからゆきさん』『島原のからゆきさん 奇僧・広田言証と大師堂』などがある。すでに1994年に『従軍慰安婦問題の歴史的研究 売春婦型と性的奴隷型』を出版し、本書はそれをもとに「再論」として2010年に改めて出版されたものだ。
 
 「阿片」や「からゆきさん」という著書からもわかるように、倉橋さんは近現代史のいわば闇の部分を主として研究している学者だ。ただし、何かを告発するというのではなく、新しい史料を探し出して淡々と論じる姿勢だ。特に政治的な色あいは感じられない。
 
 本書は以下の構成。
 

 第1章 中国戦線に形成された日本人町―従軍慰安婦問題再論 
 第2章 駐留部隊と在留日本人商人との「共生」―満州国熱河省凌源県城の事例 
 第3章 近代日本の公娼制度 
 第4章 満州の酌婦は内地の娼妓 
 第5章 密航婦「虐殺」事件と多田亀吉 
 第6章 大連の人喰い虎の伝説 
 第7章 「からゆきさん」のこと―私の研究成果から
 

在留女性の半数は売春婦

 
 この中で興味深かったのは第1章だ。日中戦争で日本は中国に約200の「日本人町」をつくり、そこに約1万5000人の「日本人売春婦」がいたというのだ。余り知られていないデータを掘り起こしている。
 
 本書の表紙が、その象徴的な写真といえそうだ。着物姿の若い女性が徒歩でどこかに向かっている。その後方に日本の兵隊さん。本のタイトルで隠れている部分には「大阪寿し」という店の看板が掲げられている。「なべ」「親子丼」などという文字も読める。戦時中の、日本のどこかのありふれた光景のように思える。
 
 ところがこの写真は国外、それも中国・江西省九江で撮影されたものなのだという。1940(昭和15)年1月19日の大阪朝日新聞に掲載されていた。その時のキャプションは「目貫通りの大仲路に見る大阪色」。お正月に中国・九江の繁華街(大仲路)の「大阪寿し」という店の前を若い娘二人が着飾って歩いている写真なのだ。
 
 ではこの若い女性たちは何者なのか。「彼女たちは、まぎれもなく日本軍の兵士を相手にする売春婦だった」と倉橋さん。
 
 九江は揚子江に面した前線の街。軍事物資の集積地として、多くの日本軍兵士が駐屯していた。外務省は当時、外地の職業別人口を調査し、記録していた。それによると、九江に住んでいた日本人は2467人。うち女性が1125人。本書によれば、その中で売春婦がなんと568人。半数を占めていた。驚きの数字だ。

内地で職を失った女性たち

 
 本書によると、日本の中国進出・日中戦争に伴い、中国のあちこちに日本人町が形成された。日本が占領・支配した地域では、敵対する中国人と雑居が難しく、日本人だけの町をつくる必要があった。1941年4月時点で中国在留日本人は40.2万人(朝鮮人・台湾人は含まず)。1か所で100人以上の日本人がほぼまとまって住む日本人町は187か所もあった。
 
 大きな日本人町には風呂屋、葬儀屋、美容院、産婆、畳屋、おでん屋など内地なみに何でもあった。中でも際立ったのが、料理店、飲食店、カフェーのたぐいだった。これらの多くは表の看板の商売だけでなく、裏は売春の場所でもあった。
 
 上述の職業別人口調査によると、中国における「芸妓、娼妓、酌婦其他」は1936年の段階で2527人、翌年から日中戦争がはじまり、40年には1万5041人に急増している。主として中国戦線に展開していた約100万人の日本軍が顧客だった。
 
 急増の一因として倉橋さんは、内地経済の統制強化を挙げている。不要不急の業種は強制的に廃業を強いられた。40年には東京だけで約1万5000人の特殊飲食店従業員が職を失ったという。彼女たちの一部が中国戦線に向かったというわけだ。
 
 倉橋さんによると、日本では芸妓は高級売春婦。娼妓は公娼制度下の売春婦で、前借金で縛られ、廃業の自由がない。酌婦はいわゆる私娼だという。当時の「売春婦」はおおむねこの3種に区分けされ、さらにその下に「女給」がいた。
 
 1938年の山西省太原での具体的な人数も出ている。「支那事変前の前は、日本人はたった1人、満鉄社員がいただけだったが、今では290人。そのうち30人は芸妓、60人は酌婦、40人は女給で計130人、なおその中には半島人酌婦53人、女給1人」。これは当時、廃娼運動に取り組んでいた宗教団体による調査報告だ。

日本の公娼制度は特殊なシステム

 
 倉橋さんによれば、中国では内地と同じような「遊郭」はつくられなかった。その理由は単純で、国際的な評判を気にしたからだという。
 
 第3章「近代日本の公娼制度」によれば、日本の公娼制度は世界的に見ても「類のない」特殊なシステムだったという。娼妓には事実上、廃業の自由や居住の自由がなく、前借金で縛られ、著しく人権が蹂躙されていた。公娼制度は中国、朝鮮、東南アジアにはなく、ヨーロッパでは性病予防のための管理にとどまっていた。したがって国際的には極めて恥ずかしいシステムであり、その場所が遊郭だった。明治初期、日本の「遊女」のシステムが「奴隷制度」だとして海外から批判され、明治政府が「娼妓解放令」を公布したが、実態は大きくは変わらなかった。
 
 内地と違って中国では世界の目に触れる。そこで中国の日本人町では、遊郭業者は旅館、料理、貸席及び芸妓業などに形を変え、娼妓は酌婦の扱いになっていた。店の看板を見ただけでは、直ちに売春に関係していることがわからない。
 
 倉橋さんは、日本人町のこうした場所で働いていた女性たちも広義の「従軍慰安婦」と規定している。そして慰安婦にはこのような「売春型」と、「性奴隷型」があったと見る。
 
 本書の11ページには「従軍慰安婦の変化」という図が掲載されている。1940年ごろまでは「売春婦型」のみだが、40年以降になって「性的奴隷型」が登場している。
 
 この図から読み取れるのは、「売春型」と「性奴隷型」はいわば地続きだということ。日本が伝統的に、「公娼制度」という国際的に見て異様な売春システムを抱えていたことが、「性奴隷型」の土壌になったのではないか、と推測できる。
 
 本書では、「売春型」に関する女衒(人買い業者)の手口が紹介されている。日本で若い娘たちに「満州へ行って酌婦をやれば、よい金になる」と声をかける。娘たちは大連に着いて初めて、満州の酌婦は女郎のことだと知り震えあがる――そうした事件が大正時代からあったという。

戦前の日本は76人に1人が売春女性

 
 BOOKウォッチでは関連書をいくつか紹介している。紀田順一郎さんの『東京の下層社会』(ちくま学芸文庫)によると、大正末期から昭和初期、全国で売春業に関わる女性は約15万人。15歳から35歳までの女性の76人に1人が関係していたという。今の私たちが思う以上に多いといえる。当時、娼婦になった女性の88%は「家の困窮を救うため」だったという。
 
 『戦後日本の〈帝国〉経験』(青弓社)によると、明治維新後に初めて旅券を持って海外に出かけた女性は、1871年の津田梅子ではない。実は68(明治元)年に早くも日本から上海に行った女性たちがいるという。それは、長崎在留のフランス、イギリス、清国の男性に同行した長崎の遊女たちだ。国家が外国人優遇策として、なじみの遊女を同行させたと見ている。
 
 同書では、日中戦争時につくられた軍の慰安所についても言及されている。1932年の第一次上海事変で海軍慰安所が現地に開設され、同年末には17軒あった。40年には陸軍慰安所が9軒、貸席が4軒という記録が掲載されている。何百人もの「酌婦」らが働き、その中には朝鮮人もいた。
 
 いわゆる従軍慰安婦問題については『文書・証言による日本軍「慰安婦」強制連行』(論創社)が詳しい。「強制連行」について多数の日本側関係者の証言がある。「中国の陸軍直轄の喫茶店や食堂で働くという話だった。来てみたら違った。仕事は慰安婦だった」などの話が出てくる。憲兵隊曹長が朝鮮人慰安婦の少女たちから聞いた話だ。「この少女らに売春をさせるのか、その心境を考えるとき、戦場の恥部をまざまざと見せつけられたような気がした」と書き残している。
 
 『軍事機密費』(岩波書店)には、「(満州では)陸軍の軍人はとても腐敗していました。毎日酒を飲み、料理屋はいつも日本軍の将校でいっぱいでした・・・上は将軍から下は少尉まで、女をめぐって争っていました。将軍と大尉が、一人の女を巡ってライバルという状態でした」という元内閣書記官長の証言が掲載されている。
 
 『芸者と遊廓』(青史出版)によると、朝鮮には併合直前の明治42年段階で早くも芸妓1055人、娼妓641人、酌婦2229人が「進出」していた。実情を知らずに連れてこられた女性と楼主との間でしばしば紛議も発生していたという。戦前の
「平壌の妓生学校」では日本の歌舞も教えていたそうだ。このほか、『出島遊女と阿蘭陀通詞――日蘭交流の陰の立役者』(勉誠出版)、『妓生(キーセン)――「もの言う花」の文化誌』(作品社)などにも初耳のような話が取り上げられている。
 
 『傀儡政権――日中戦争、対日協力政権史』 (角川新書)によれば、日本は満州国のみにとどまらず、中国各地に多数の「傀儡政権」をつくり、支配エリアを広げた。『阿片帝国日本と朝鮮人』(岩波書店)なども含めて、戦前の中国大陸で日本がやっていた現在の常識では考えられないような話が登場する。

(BOOKウォッチ編集部)  

書名: 従軍慰安婦と公娼制度
サブタイトル: 従軍慰安婦問題再論
監修・編集・著者名: 倉橋正直 著
出版社名:  共栄書房
出版年月日: 2010年8月 1日
定価: 本体2000円+税
判型・ページ数: 四六判・226ページ
ISBN: 9784763410405

外部リンク

cat_12_issue_oa-bookwatch oa-bookwatch_0_1itu50i93woc_三吉彩花の美ボディ。呼吸法でふっくら胸がよみがえる 1itu50i93woc 1itu50i93woc 三吉彩花の美ボディ。呼吸法でふっくら胸がよみがえる oa-bookwatch 0

三吉彩花の美ボディ。呼吸法でふっくら胸がよみがえる

2020年9月10日 18:31 BOOKウォッチ

 モデル、女優として活躍する三吉彩花さんが2020年9月9日に発売された雑誌「anan」No. 2216(マガジンハウス)の表紙に登場している。美しいバストをチラ見せした姿は女性から見てもかっこいい。

画像は、「anan」No. 2216(マガジンハウス)撮影:BOOKウォッチ編集部
 
 近年、「自分の体形を愛そう」という"ボディ・ポジティブ"ムーブメントの波に乗って、女性の体形への意識が変わりつつあるという。さらに今年はステイホームで、自宅でのボディケアにいそしむ人も増え、バストとの向き合い方も転機を迎えているのではと「美乳」をテーマに特集が組まれている。
 
 誌面では三吉さんの別ショットも多数掲載されている。インタビューにもこたえていて、今でこそ「憧れ美バスト」の持ち主だが中学生くらいまでは胸が小さいことが悩みだったと明かした。そんな意外なエピソードも交えながら週に1~2回はジムで鍛えて絞るといった体形維持の秘訣などを語っている。
 
 特集は「美乳強化塾2020」。自分の胸を最高のコンディションにするトレーニング法を紹介している。いますぐできそうなのは、血流を改善することでふっくらした質感がよみがえるという「美胸呼吸」。姿勢を正して座位のまま行うので、雑誌やテレビを見ながらでもチャレンジできそうだ。
 
 また、胸の肌トラブルや乳がん検診の基礎知識など、バストに関する気になる情報が満載。人気美容家でこの秋、女優にも挑戦する神崎恵さんが自身の美バストを披露しながら「美乳論」を語っているページも見どころだ。
 
 美しいバストを手に入れることができれば、自分のからだをもっと好きになれそう。「anan」の美乳特集、おうち時間にゆっくりと楽しんで。
 
 自分史上最高の胸をめざそう。

(BOOKウォッチ編集部)

書名: anan No. 2216
監修・編集・著者名: anan 編集部 編
出版社名: マガジンハウス
出版年月日: 2020年9月 9日
定価: 650円(税込み)
備考: 電子版あり

外部リンク

cat_12_issue_oa-bookwatch oa-bookwatch_0_5rfhesvtuv2p_VRでおうちデート/『まりりと一緒』山田麻莉奈インタビュー(1) 5rfhesvtuv2p 5rfhesvtuv2p VRでおうちデート/『まりりと一緒』山田麻莉奈インタビュー(1) oa-bookwatch 0

VRでおうちデート/『まりりと一緒』山田麻莉奈インタビュー(1)

2020年9月10日 16:31 BOOKウォッチ

 元HKT48のメンバーで、現在は声優として活躍中の山田麻莉奈さん(通称「まりり」)の写真集『まりりと一緒』がコスミック出版から発売された。ただの写真集ではない。なんと、VR技術を活用し、山田さんの部屋でいっしょに過ごしている気分になれるVR映像と専用のゴーグル付きだ。

写真は、声優として活躍中の山田麻莉奈さん(撮影:BOOKウォッチ編集部)
 
 『まりりと一緒』(コスミック出版)は、山田さん初の映像作品。山田さんの部屋を舞台に彼氏目線でストーリーが進み、初めてのおうちデートをリアルな映像で体感できる。
 
 VR映像を観るためには、本書に同封されているQRコードから自分のスマートフォンに映像をダウンロードする。そして、再生ボタンを押してからスマホを専用ゴーグルに装着する。
 
 映像は、1お出迎え、2彼女の部屋、3キッチンで料理、4ディナータイム、5リビングでリラックスタイムの5シーンで構成されている。
 さらに、本書限定のスペシャルグラビアが収録されていて、写真集としても十分に楽しめる。

恥ずかしすぎて、1回しか観ていない

 
 BOOKウォッチ編集部では、初の映像作品リリースの心境などを山田さんに聞いてみた。
 
 山田さんは、撮影時のエピソードなどを笑顔でのびのびと話してくれた。その模様を2回に分けてお届けする。

写真は、声優として活躍中の山田麻莉奈さん(撮影:BOOKウォッチ編集部)

―― 早速、VR写真集『まりりと一緒』について聞かせてください。実際の映像を自分で観たとき、どう感じましたか?

山田麻莉奈さん(以下、「山田」):とにかく恥ずかしかったです! 自分ってこんなふうに見えてるんだ......みたいな。恥ずかしすぎて、私は1回しか観てないです。

―― たしかに、臨場感のあるVR映像だと、気恥ずかしさも大きそうですね。本作は、「彼氏と初めてのおうちデート」というコンセプトで映像が進んでいきます。

山田:そうですね、もしお付き合いしたばかりで、初めて家に招くとしたら......最初は映像のような感じになると思います。けっこう人見知りするタイプなので、ちょっとぎこちなくなりそう。イベントに来てくださるファンの方との交流でも、慣れるまでは毎回、緊張してしまうのですよね(笑)。

―― では、古参ファンは、出会ったばかりの頃の山田さんを思い出して懐かしくなるかもしれませんね。

山田:もしかしたら、そうかもしれません。慣れてきたらすごくしゃべるんですけどね(笑)。

―― 撮影は楽しめましたか。

山田:すごく面白かったです! 映像の中に猫が出てくるのですが、実は、私の飼猫の「もふ」なんです。いつか、いっしょに出演するのが夢だったのですが、今回それが叶いました!

―― もふちゃんと触れあっているシーンなどは、作品の設定というよりも日常に近い?

山田:恥ずかしいけれど、完全に"素"ですね。私が部屋を出た後に、もふが自由に動き回っていて、その様子も含め180度ぐるりと室内を見渡せるのもVR作品ならでは。見てほしいポイントです。

写真は、『まりりと一緒』(コスミック出版)

―― VR映像付きの写真集は、声優やアイドルの業界ではまだまだこれから。まさに黎明期ですよね。

山田:はい。ちょうどこんな時期でイベントも開きにくい状況なので、ある意味、良いタイミングでこの作品を出せたと思っています。
 イベントに来ることができない方にも、VRの映像で私をもっと近くに感じてもらいたいです。

―― たしかに、通常の写真集とは臨場感がまるで違うし、山田さんからいっそう元気をもらえそうですね。

 後編に続く。
 後編「まりりにオムライスを「あーん」してもらう裏ワザって!?/まりりと一緒山田麻莉奈インタビュー(2)」では、『まりりと一緒』の楽しみ方などを聞く。

(BOOKウォッチ編集部)


●プロフィール
山田 麻莉奈(やまだ まりな)
3月24日生まれ。HKT48のメンバーとして活動し、2018年4月に卒業。声優事務所「クロコダイル」へ移籍し、現在は声優として活躍中である。主な出演作に「邪神ちゃんドロップキック」(TOKYO MX)ぴの役、「アルカ・ラスト」サユキ役、「『マギアレコード』魔法少女まどかマギカ外伝」青葉ちか役 ほか多数。趣味はアニメ鑑賞とコスプレ。

書名: まりりと一緒
監修・編集・著者名: 山田麻莉奈 出演
出版社名: コスミック出版
出版年月日: 2020年7月20日
定価: 6,050円(税込み)
ISBN: 9784774738321

外部リンク

cat_12_issue_oa-bookwatch oa-bookwatch_0_zjnewkexk56v_カレー好き必携本!横浜・湘南の名店ずらり、テイクアウト&デリバリー情報も zjnewkexk56v zjnewkexk56v カレー好き必携本!横浜・湘南の名店ずらり、テイクアウト&デリバリー情報も oa-bookwatch 0

カレー好き必携本!横浜・湘南の名店ずらり、テイクアウト&デリバリー情報も

2020年9月10日 11:31 BOOKウォッチ

 カレーMy Love! と思わず歌いたくなる、横浜・湘南エリアのカレーに特化したガイドブックが2020年9月7日に誕生した。その名も『いとしのカレー 横浜・湘南』(ぴあ)。

画像は、『いとしのカレー 横浜・湘南』(ぴあ)
 
 いま人気のスパイスカレーから、老舗の味、王道の一皿、キッチンカーまで様々なジャンルのカレー店が網羅されている。全店舗テイクアウト&デリバリー情報付きなのはありがたい。

画像は、『いとしのカレー 横浜・湘南』(ぴあ)中面。以下同

スパイスマニアが推すとっておきカレー
 
 カレーマニアが推す「必食スパイスカレー」や中華街で味わえるカレー、鎌倉のヘルシーカレー、横須賀海軍カレーのほか、インドカレー、タイカレーなど見ているだけでも食欲がわいてくる。

鎌倉ヘルシー&個性派カレー

四六時中も気になる話題の店へ
 
 コンテンツは以下の通り。

【巻頭特集1】
必食スパイスカレー

【巻頭特集2】
横浜・鎌倉のカレー事情/四六時中も気になる話題の店へベジタブル、間借りスパイス、あいがけスパイス、キッチンカー、インド、アジアンなど

【コラム】
店主が教える"本当においしいカレー店"
神奈川ご当地レトルトカレー ほか

チャイナタウンカレー
 
 横浜・湘南エリアならではの個性的なカレーたちは、一度食べたら虜になりそうだ。美味しく食べて、スパイスパワーで元気になろう!

※画像提供:ぴあ

(BOOKウォッチ編集部)

書名: いとしのカレー 横浜・湘南
監修・編集・著者名: ぴあ株式会社 編集部 編
出版社名: ぴあ
出版年月日: 2020年9月 7日
定価: 本体900円+税
判型・ページ数: A4判・96ページ
ISBN: 9784835642116

外部リンク

cat_12_issue_oa-bookwatch oa-bookwatch_0_3zg4d6sflnfs_「バスク風チーズケーキ」は自宅で簡単に作れる! 世界の料理をおうちで味わう 3zg4d6sflnfs 3zg4d6sflnfs 「バスク風チーズケーキ」は自宅で簡単に作れる! 世界の料理をおうちで味わう oa-bookwatch 0

「バスク風チーズケーキ」は自宅で簡単に作れる! 世界の料理をおうちで味わう

2020年9月10日 11:01 BOOKウォッチ

 海外に出かけられない今、せめて気分だけでも海外旅行気分を味わいたい。そんな願いを叶えてくれるレシピ本が登場した。

写真は、『ヤミーさんのおうちで世界一周レシピ』(主婦の友社)
 
 世界各地の料理を紹介するレシピ本『ヤミーさんのおうちで世界一周レシピ』(主婦の友社)が、9月2日、発売された。同書は、人気料理研究家のヤミーさんが各地に料理ホームステイして教わったり、世界中の料理仲間から学んだりした本場の家庭料理のレシピをまとめた一冊だ。
 
 本書の特徴は、手軽に世界中の料理を楽しめること。調理手順は非常にシンプルで、さらに食材も簡単に手に入るものばかり。もちろん、特別な調理道具も必要ない。本書を活用すれば、面倒な準備をせずとも、世界中の料理を作れる。
 
 例えば、本書にはコンビニスイーツとして一躍有名になった「バスク風チーズケーキ」のレシピが収録されている。一見すると面倒そうだが、本書のレシピを活用すれば、たった5つの材料をまぜて焼くだけで簡単に作ることが出来る。

写真は、「バスク風チーズケーキ」(提供:主婦の友社)
 
 本書にはそのほか、ボルシチやルーローハンなどの有名な海外の料理や、「シュクメルリ」(ジョージア料理)や「フムス」(トルコ料理)など、比較的なマイナーな料理のレシピも収録されている。

写真は、ボルシチ(提供:主婦の友社)

写真は、ルーローハン(提供:主婦の友社)

写真は、「フムス」(提供:主婦の友社)

写真は、「ヤンソンの誘惑」(提供:主婦の友社)
 
 本書の料理を自宅で作れば、きっと海外旅行気分を味わうことができるだろう。

※画像提供:主婦の友社

(BOOKウォッチ編集部)

書名: ヤミーさんのおうちで世界一周レシピ
監修・編集・著者名: ヤミー 著
出版社名: 主婦の友社
出版年月日: 2020年9月 2日
定価: 本体1300円+税
判型・ページ数: B5判・112ページ
ISBN: 9784074434015

外部リンク

cat_12_issue_oa-bookwatch oa-bookwatch_0_xrnnkikttqsu_海外旅行できなくても「旅猫」カレンダーがあれば! xrnnkikttqsu xrnnkikttqsu 海外旅行できなくても「旅猫」カレンダーがあれば! oa-bookwatch 0

海外旅行できなくても「旅猫」カレンダーがあれば!

2020年9月10日 07:31 BOOKウォッチ

 国内旅行もためらわれる2020年9月現在、海外旅行なんて夢のまた夢......。終息の見通しも立たないなら、カレンダーで異国情緒を感じてみては?

画像は、『世界の旅猫カレンダー2021』(辰巳出版)

 『世界の旅猫カレンダー2021』(辰巳出版)が、 9月8日に発売された。犬猫写真家&エッセイストの新美敬子(にいみ・けいこ)さんが世界を旅して出会った猫たちを、大判で楽しめるカレンダーである。
 
 表紙は、マルタ共和国の首都・バレッタで出会った、しま模様の猫。高いところにある窓で、器用に寝ている姿がなんとも愛らしい。後ろ足をつっぱり、前足も窓格子にかけて窮屈そうな態勢なのに、だらりと垂れたしっぽや半開きの目を見ると、熟睡している様子。
 
 他にも、以下のような写真が収録されている。

画像は、『世界の旅猫カレンダー2021』(辰巳出版)より(以下、同じ)。1月、台湾の十分(シーフェン)にて

2月、ポーランドのグダンスクにて

5月、チュニジアのチュニスにて

11月、ギリシャのロドス島にて
 
 とじ込みポスターは、ポルトガルのリスボンで出会った猫。静かな住宅地でゆったりとたたずむ姿に心が和む。51×36センチと大判で、6月と7月の間にとじ込まれている。8月以降に、ホチキスを外して飾るのも素敵だ。

リスボンの中心地、ケーブルカーに乗り終点で降りると、そこにいたのは......
 
 新美敬子さんは、以下のようにコメントしている。

「世界には、いろいろな環境で暮らす猫たちがいる。性格もさまざま。彼らは、日常の自然な姿を見せてくれた。もしもあなたに気持ちの乗らない朝があったなら、『猫ちゃん、行ってくるね~』と、カレンダーの猫に話しかけてほしい。肩の力が抜けて、少し心が軽くなるかもしれない。このカレンダーが明るく1日のスタートを切るお手伝いができたらいいな、と思う」

 1年をかけて、世界中の猫と出会えるカレンダーの魅力をたっぷり味わってほしい。

※画像提供:辰巳出版

(BOOKウォッチ編集部)

書名: 世界の旅猫カレンダー2021
監修・編集・著者名: 新美敬子 撮影
出版社名: 辰巳出版
出版年月日: 2020年9月 8日
定価: 本体1,200円+税
判型・ページ数: 壁掛型(258×360mm)中綴じ・28ページ
ISBN: 9784777825820

外部リンク