cat_16_issue_oa-blogos oa-blogos_0_efa5ac5b90cc_ガッツポーズ離婚 松居一代が警視庁に刑事告訴されていた efa5ac5b90cc efa5ac5b90cc ガッツポーズ離婚 松居一代が警視庁に刑事告訴されていた oa-blogos 0

ガッツポーズ離婚 松居一代が警視庁に刑事告訴されていた

2017年12月20日 17:39 文春オンライン

12月15日、前夫・船越英一郎さんとの「離婚成立」会見を開いたタレントの松居一代さん。彼女が船越さんから刑事告訴されていることが明らかになったと『週刊文春』が報じている。

2人の離婚をめぐっては、今年7月から松居の言動が大きな注目を浴びていた。警視庁担当記者は、「ブログやYouTubeで攻撃する松居に対し、船越サイドはまず東京地裁に名誉毀損行為を差し止める仮処分を申請。その後、彼女が『二度と誹謗中傷しない』と表明したので、この仮処分申請は取り下げられました」と背景を解説する。

さらに、警視庁担当記者が「船越サイドは警視庁北沢署に名誉毀損の刑事告訴を行なっており、9月以降に正式受理されています。年明けにも捜査が始まると見られ、偽計業務妨害などに問われれば、3年以下の懲役、50万円以下の罰金となります。また任意の聴取に応じなかったり、反抗的な態度をとり続ければ逮捕の可能性もあります」とも語っている。

外部リンク

cat_16_issue_oa-blogos oa-blogos_0_06b7bf4807d4_パンダを見るときは「チベット」に思いを馳せたい 06b7bf4807d4 06b7bf4807d4 パンダを見るときは「チベット」に思いを馳せたい oa-blogos 0

パンダを見るときは「チベット」に思いを馳せたい

2017年12月20日 17:37 共同通信社

上野動物園のジャイアントパンダの赤ちゃん「シャンシャン」の一般公開が開始。今、パンダブームが起きている。しかし、そのパンダの歴史は、チベットの哀しみに満ちていると、ノンフィクション作家の門田隆将氏は語る。

1949年10月、中華人民共和国は建国と同時に、「外国の帝国主義者の手からチベットを解放する」と宣言。4万人の人民解放軍は翌50年10月、チベットへの全面侵攻を開始し、チベット軍8000人の抵抗も虚しく、東チベットのチャムドが占領され、51年には、首都・ラサもまた占領された。そして、55年からは、東チベットが青海省と四川省に次々と組み入れられていった。

門田氏は、「そんなチベットの希少動物がパンダだった。その意味では、パンダの歴史は哀しみに満ちている。前述のように、かつてのパンダの生息域は現在よりも遥かに広かった。しかし、今は四川省に組み込まれている、もとのチベット東部が主たる生息域となり、やがて、中国の外交手段に使用されていく『運命』を辿るのである」と主張。

その上で、「中国がおこなう『パンダ外交』の意味を知った上で、私たちは、シャンシャンの愛くるしさを見るべきだと思う」と語っている。

外部リンク

cat_16_issue_oa-blogos oa-blogos_0_224cea865ae2_EUに「東西の壁」難民への風当たり一段と厳しく 224cea865ae2 224cea865ae2 EUに「東西の壁」難民への風当たり一段と厳しく oa-blogos 0

EUに「東西の壁」難民への風当たり一段と厳しく

2017年12月20日 17:34 木村正人

在ロンドン国際ジャーナリストの木村正人氏が、難民問題で揺れるEUの様子を伝えている。

これまで、EUの中ではドイツと並んで難民受け入れに寛大な国だったスウェーデンだが、現在は状況が一変。17年第3四半期、スウェーデンで処理された難民申請件数のうち認定されたのは22%、補助金支給や人道上の配慮に基づく滞在許可といったポジティブな決定を含めても43%に過ぎず、最終的に滞在が許可されないと本国に強制送還されるという。

欧州最年少の宰相、セバスティアン・クルツ首相が誕生したオーストリアでは、結党時にナチス残党が加わった極右政党の自由党が12年ぶりに連立政権入り。クルツ首相の中道右派・国民党は自由党との協定でEUへのコミットメントを強調する一方で、「不法移民」規制強化と難民認定されなかった申請者の強制送還をスピードアップすることで合意した。

EUは2年前にギリシャやイタリアに滞留する難民16万人を加盟国に振り分ける割当制で合意したものの、これまでに実現したのは3万2,000人だけ。メルケル独首相が主導するEUの割当制について、ポーランド出身のドナルド・トゥスクEU大統領(首脳会議の常任議長)も「役に立たない」「EUを完全に分断する」と割当制を批判したという。

外部リンク

cat_16_issue_oa-blogos oa-blogos_0_3075158d69f8_生活保護の母子加算削減やめひとり親家庭にやさしい社会に 3075158d69f8 3075158d69f8 生活保護の母子加算削減やめひとり親家庭にやさしい社会に oa-blogos 0

生活保護の母子加算削減やめひとり親家庭にやさしい社会に

2017年12月20日 17:24 写真AC

生活保護基準の引き下げの議論が進んでいる。12月18日に政府内での大枠の議論がまとまり、生活保護に関しては総額で160億円の削減方針が示されたという。

これを受け、NPO法人自立生活サポートセンター・もやい理事長の大西連氏は、具体的な数字を交えて、ひとり親家庭の苦しい実情を解説。

その上で、「今回の計算方法では母子加算は削減されます。5年前の引き下げに続き、ひとり親世帯の生活保護基準の引き下げ幅は母子加算も含めて大きくなることが予想されます。基準の引き下げや加算の削減は、家計の削減です。各家庭の生活水準が、基準が引き下げられた分だけ低下します」「僕が声を大にして言いたいのは、今の日本社会はひとり親家庭に対して厳しすぎやしないか、ということです。貧困率は50%をこえ、生活保護も減額される。ただでさえ、子育てしながら頑張っているのに、社会がそれを支えようとしないのはおかしいと思います」と主張している。

外部リンク

cat_16_issue_oa-blogos oa-blogos_0_a0c746e1242a_表現の自主規制問題に江川達也氏が言及 a0c746e1242a a0c746e1242a 表現の自主規制問題に江川達也氏が言及 oa-blogos 0

表現の自主規制問題に江川達也氏が言及

2017年12月20日 17:20 AbemaTIMES

20日発売予定だった秋田書店のホラー漫画「殺戮モルフ」第2巻の一部シーンが、出版社の自主規制により無断で黒塗りされたことに対し、原作者の外薗昌也氏がTwitterで問題提起、大きな話題となった。外薗氏によると、問題とされたのは「女子高生の死体で作った祭壇」を描いた部分だという。

18日放送のAbemaTV『AbemaPrime』に出演した漫画家の江川達也氏は、過激な表現が犯罪を助長する恐れがあるという指摘について、「(過激な)作品は、ある人たちにとっては犯罪を助長するものになるかもしれないが、ある人たちにとってはそういうエネルギーを溜め込まないようにさせる"犯罪抑止"にもなっている。全部見せた上で、現実と妄想の区別を分けるような教育をすることが大事だと思う」と指摘。

その上で「僕は性教育的効果を考えて『タルるートくん』に少しずつエロも描いた。当時読者だった人が健全な30代、40代の人になって、感謝されることもある。今、ネットでググるといきなり性器が出てきてドン引きしてしまう人が多い。その前に漫画などで徐々に慣らしていくことも必要だ。(今回の作品については)嫌な人は見ない。子どもが見つけて喜んで読んでいたとしたら、それに対して"どう面白いの?"って語り合える親子関係を築いていったほうがいいと思う」とコメントした。

外部リンク

cat_16_issue_oa-blogos oa-blogos_0_4fe0fb283aaf_安室奈美恵 紅白出場!下馬評覆したNHKほめたたえる声も 4fe0fb283aaf 4fe0fb283aaf 安室奈美恵 紅白出場!下馬評覆したNHKほめたたえる声も oa-blogos 0

安室奈美恵 紅白出場!下馬評覆したNHKほめたたえる声も

2017年12月20日 17:13 女性自身

12月19日、NHKは今年のNHK紅白歌合戦に安室奈美恵さんが出場すると発表した。

今年9月、残り1年で引退することを発表していた安室さんに対して、NHKサイドは「引き続き出演を交渉する」としてきたが、出場の可能性については絶望視する声が多数だった。

そのため今回の出場決定報道を受け、ネットでは歓喜の声が続出。Twitterでも「安室奈美恵」がトレンド入りし、絶望的状況を覆したNHKをほめたたえる声もあった。

外部リンク

cat_16_issue_oa-blogos oa-blogos_0_fb905ce0bc36_議員年金の復活?なり手不足はそんな理由じゃない fb905ce0bc36 fb905ce0bc36 議員年金の復活?なり手不足はそんな理由じゃない oa-blogos 0

議員年金の復活?なり手不足はそんな理由じゃない

2017年12月20日 17:08 BLOGOS

自民党の竹下亘総務会長が、地方議員のなり手が不足しているとして2011年に廃止した地方議員年金を復活させると主張している。これを受け、前衆議院議員で前横浜市長の中田宏氏が反論している。

中田氏は、「結局”日本全国一律主義”がダメな原因です。議員のなり手がいるところもいないところもあります。 しかしなり手がいないところに合わせて議員年金を全部復活させるような議論を行っても意味がありません」と指摘。

その上で、「それぞれの地方が自分たちで考えて決めるルールづくりが必要で、また正に改憲議論に地方自治のあり方の観点もありということです」と語っている。

外部リンク

cat_16_issue_oa-blogos oa-blogos_0_a0d349c2a196_子どもの貧困と自己責任論 a0d349c2a196 a0d349c2a196 子どもの貧困と自己責任論 oa-blogos 0

子どもの貧困と自己責任論

2017年12月20日 17:01 駒崎弘樹

認定NPO法人フローレンス 代表理事の駒崎弘樹氏と、法政大学現代福祉学部教授の湯浅誠氏が、日本の貧困問題、特に子供の貧困問題について対談している。

湯浅氏は、「ずっと大人の貧困問題をやってきて思うのは、自己責任論の強さです。十数年ずっと戦ってきましたが、やっぱり根強い。簡単には越えられない山です。だけど、子どもは生まれる家庭を選べない。自己責任論という大きな山を最初から乗り越えているんです」と指摘。

一方、駒崎氏の「『理想の貧困者』じゃないと世間に叩かれるというのも、ボロボロじゃないと支援するに値しないという感覚がどこかに存在している気がします」という指摘に対して、湯浅氏は「子どもの貧困は、『衣食住がままならないような状態だけが貧困である』という世間のイメージを乗り越えられると思うんですよ」と語っている。

外部リンク

cat_16_issue_oa-blogos oa-blogos_0_0cbf97704338_若手社会人の約5割「出世したい」  0cbf97704338 0cbf97704338 若手社会人の約5割「出世したい」  oa-blogos 0

若手社会人の約5割「出世したい」 

2017年12月19日 17:06 写真AC

マネジメントベースは12月19日、若い世代の出世意欲に関する調査結果を発表した。対象は25歳から34歳の働く男女で、486人が回答している。

若い世代は草食化が進むとも言われているが、調査では、「出世したい」が(17.7%)、「どちらかと言えば出世したい」(31.9%)と、合わせて半数近くが出世に意欲的だと明らかになっている。

この調査によると、特に現在の勤務先の仕事面・賞与面で差がついている人ほど出世意欲が高いようだ。仕事面で同期と「差がついている」と答えた人のうち、「出世したい」「どちらかと言えば出世したい」人は65.8%なのに対し、同期と「差がついていない」人のうち「出世したい」「どちらかと言えば出世したい」割合は36%と、約30ポイントもの開きが出ている。

外部リンク

cat_16_issue_oa-blogos oa-blogos_0_101d9e71ab4c_冬のボーナス支給率が低い業界1位「マスコミ・広告」 101d9e71ab4c 101d9e71ab4c 冬のボーナス支給率が低い業界1位「マスコミ・広告」 oa-blogos 0

冬のボーナス支給率が低い業界1位「マスコミ・広告」

2017年12月19日 16:11 写真AC

エン・ジャパンは12月15日、冬のボーナスに関するアンケート結果を発表した。調査は今年11月にインターネットで実施し、正社員で勤務する3682人から回答を得た。

今年の冬のボーナスについて聞くと、67%が「支給予定」と回答している。企業規模ごとで見ると、100人以下で51%、101~300人で70%、300~500人で80%、501~1000人で77%、1001人以上で85%と、規模が大きくなるほど支給率が上がる傾向が見られた。

業種別に支給予定を見ると、最も割合が高いのが「商社」で71%、次いで「金融・保険」(68%)、「医療・福祉・介護」(63%)、「製造業・メーカー」(61%)と続く。一方、「マスコミ・広告・デザイン」は40%で、「サービス・飲食・人材ビジネス」(47%)、「IT・通信・インターネット」「運輸・交通・物流・倉庫」(同49%)も支給率が半数以下となっている。

外部リンク