cat_12_issue_oa-billboardnews oa-billboardnews_0_e12940caee07_OOPARTZ(オーパーツ)、新ALからTikTokフォロワー70万人超えの美少女が出演するMV解禁 e12940caee07 e12940caee07 OOPARTZ(オーパーツ)、新ALからTikTokフォロワー70万人超えの美少女が出演するMV解禁 oa-billboardnews 0

OOPARTZ(オーパーツ)、新ALからTikTokフォロワー70万人超えの美少女が出演するMV解禁

2019年10月17日 10:10 Billboard JAPAN NEWS

 エレクトロアーティスト“OOPARTZ(オーパーツ)”がアルバム『NOVA』をリリースし、同作からTikTokフォロワー70万人を超える美少女、景井ひな初MV出演となるリード曲「FUTURE TOKYO STATION」のミュージックビデオを公開した。

 OOPARTZとは、ストリートダンスチーム“Mad Skills Styler”として日本テレビ24時間テレビ内『ダンス甲子園』で2年連続優勝、イタリアの世界大会でのソロバトルで優勝等、ダンサーとしてもワールドクラスの実績を持つRYUICHI(VOCAL/DANCE)と、RADIO FISH「PERFECT HUMAN」の作編曲をはじめ、TikTokテレビCM曲、台湾出身の女優Teresaの「ざくろ」作編曲など多数楽曲を手がけ、サウンドプロデューサーとしても多方面から注目を集めるJUVENILE(TALKBOX/SOUND PRODUCE)からなるエレクトロアーティストだ。

 10月16日にリリースした3rdアルバム『NOVA』では、より“現代の音楽”としてフィットするようなメロディ・構成・テンポなど、前作までとは違ったチャレンジをし、聴くこと(聴かれること)を重要視した楽曲をフィーチャー。RYUICHIが出演した映画『1人のダンス』主題歌「1人のダンス」や、KURO(HOME MADE家族 / eNBAND)との初コラボ曲「Make It Happen feat KURO」、TikTok webCMタイアップ曲等が収録されている。

 そんな同作からのMV「FUTURE TOKYO STATION」は、“未来”の更に“先の未来”にいる女性に憧れ、探し求める主人公の姿を映した映像に仕上がっている。

 OOPARTZは11月19日、代官山UNITにてワンマンライブ【NEW ALIENS】の開催を予定している。

◎リリース情報
2019/10/16 RELEASE
アルバム『NOVA』
HPIO-0003 3,000円(税抜)
収録曲:
1.intro -NOVA-
2.UCHUU
3.FeEL
4.FUTURE TOKYO STATION
5.CRAZY VIDEO GAME
6.Planet 9
7.UFO de PARTY
8.ネオン・シティ・ドライヴ
9.HEYA
10.Come Back To Me
11.1人のダンス
12.Make It Happen feat KURO

◎ライブ情報
【OOPARTZワンマンライブ『NEW ALIENS】
■会場 DAIKANYAMA UNIT
■日時 2019年11月19日(火)
■OPEN 18:15
■START 19:00

外部リンク

cat_12_issue_oa-billboardnews oa-billboardnews_0_fcdc9103d60d_コステロ/ナイル/ノラら、50シーズン目に突入するセサミストリートの特番に出演へ fcdc9103d60d fcdc9103d60d コステロ/ナイル/ノラら、50シーズン目に突入するセサミストリートの特番に出演へ oa-billboardnews 0

コステロ/ナイル/ノラら、50シーズン目に突入するセサミストリートの特番に出演へ

2019年10月17日 09:50 Billboard JAPAN NEWS

 現地時間2019年10月16日、子供向けの人気番組『セサミストリート』のシーズン50が今秋放送されることを、番組を手掛ける非営利団体セサミワークショップが発表した。

 これを記念して、米HBOにて『Sesame Street’s 50th Anniversary Celebration』と題された特番が11月9日のゴールデン帯に放映される予定で、パティ・ラベル、エルヴィス・コステロ、ノラ・ジョーンズ、ナイル・ロジャース、メーガン・トレイナーらがゲストとして出演することが発表された。

 さらには、翌週の11月16日より放送される新シーズンへ、スペシャル・ゲストとしてチャーリー・プース、マレン・モリス、デイヴ・グロール、クリッシー・テイゲンらが出演することも明らかになっている。

外部リンク

cat_12_issue_oa-billboardnews oa-billboardnews_0_5fa861ab581b_GANG PARADE、ピューロランドでサンリオキャラクターとスペシャルライブ 5fa861ab581b 5fa861ab581b GANG PARADE、ピューロランドでサンリオキャラクターとスペシャルライブ oa-billboardnews 0

GANG PARADE、ピューロランドでサンリオキャラクターとスペシャルライブ

2019年10月16日 22:00 Billboard JAPAN NEWS

 GANG PARADEが、ワンマンライブ【GANG PARADE SPECIAL LIVE in SANRIO PUROLAND】を、2019年12月28日と29日に東京・サンリオピューロランドで開催する。

 12月28日の公演は女性限定ライブ。12月29日の公演は特典付きのVIPチケットの販売も行われる。さらに、サンリオキャラクターが出演者に名を連ねており、両日ともにスペシャルなライブになる。

 チケットは、VIPチケット愚連隊行進応援團先行が、10月17日12時からその日いっぱいまで。その後も各種先行が行われる。


◎ライブ情報
【GANG PARADE SPECIAL LIVE ~GIRLS PARK~ in SANRIO PUROLAND(女性限定ライブ)】
2019年12月28日(土)東京・サンリオピューロランド 1階エンターテイメントホール
【GANG PARADE SPECIAL LIVE ~LOVE & PEACE~ in SANRIO PUROLAND】
2019年12月29日(日)東京・サンリオピューロランド 1階エンターテイメントホール

出演: GANG PARADE、サンリオキャラクター
※出演者・キャラクターは予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

◎リリース情報
アルバム『LOVE PARADE』
2019/11/13 RELEASE
<初回生産限定盤(CD2枚組+Blu-ray+100P写真集ブックレット+スペシャルBOX仕様)>
WPZL-31666~31668 12,000円(tax out)
<通常盤(CD)>
WPCL-13110 3,000円(tax out)

外部リンク

cat_12_issue_oa-billboardnews oa-billboardnews_0_6e4f0bdfb38e_星野源、「Same Thing(feat. Superorganism)」MVをYouTubeでプレミア公開 自身もチャットに参加 6e4f0bdfb38e 6e4f0bdfb38e 星野源、「Same Thing(feat. Superorganism)」MVをYouTubeでプレミア公開 自身もチャットに参加 oa-billboardnews 0

星野源、「Same Thing(feat. Superorganism)」MVをYouTubeでプレミア公開 自身もチャットに参加

2019年10月16日 18:00 Billboard JAPAN NEWS

 星野源の新作EP『Same Thing』より、タイトルトラック「Same Thing(feat. Superorganism)」のミュージックビデオが10月17日の23:30からYouTubeプレミア公開されることが発表された。

 YouTubeプレミア公開とは、映画やテレビ番組のプレミア上映のように、視聴者が新作動画を同時に見て楽しめる機能。リアルタイムでチャットをしながらミュージックビデオを観ることができ、誰でも無料で参加することができる。なお、星野自身もプレミア公開時のチャットに参加するとのことで、本人と共にミュージックビデオの公開を迎えることが出来る。

 新作EP『Same Thing』は10月14日にリリースされており、Superorganism、PUNPEE、トム・ミッシュなど国内外のアーティストとのコラボレーションを始め、星野源の新たな魅力を詰め込んだ全4曲が収録されている。


◎配信情報
EP『Same Thing』
2019/10/14 RELEASE
[収録曲]
1. Same Thing (feat. Superorganism)
2. さらしもの (feat. PUNPEE)
3. Ain't Nobody Know
4. 私

外部リンク

cat_12_issue_oa-billboardnews oa-billboardnews_0_ff3c8c9fb52f_シャキーラ、ジェニファー・ロペスと共演するハーフタイム・ショーについて語る「大きな意義がある」 ff3c8c9fb52f ff3c8c9fb52f シャキーラ、ジェニファー・ロペスと共演するハーフタイム・ショーについて語る「大きな意義がある」 oa-billboardnews 0

シャキーラ、ジェニファー・ロペスと共演するハーフタイム・ショーについて語る「大きな意義がある」

2019年10月16日 16:00 Billboard JAPAN NEWS

 シャキーラがApple MusicのBeats 1に出演し、ジェニファー・ロペスと共演予定の【NFLスーパーボウル】ハーフタイム・ショーについて語った。

 来年の【NFLスーパーボウル】は、2020年2月2日に開催されるが、「私の誕生日なのよ」と彼女は明かしている。「ずっと【スーパーボウル】でパフォーマンスしてみたかった。あれはエンターテインメント業界の聖杯みたいなものだと思う。スポーツ・イベントだけれど、私たちアーティストにとって大きな意義があるし、素晴らしいものになると思う。あと、自分の誕生日を1億人の人たちと一緒にお祝いできるしね」と、当日43歳になる彼女は語っている。

 さらに彼女は、ショーのプロデュースを担当しているジェイ・Zからオファーの電話を受けた時の心境や、ジェニファーとの共演が世界中のラテン・コミュニティーにとってどのような意味があるかについて話している。彼女は、「彼女は米国で暮らすラティーノ・コミュニティーのとても重要な一部を代表しているから、素晴らしいものになると思う。そして私もある意味、ラテン界の別の部分を代表している。世界中にいる、英語をほとんど話せないような人々のことね。これはラテン文化と共に、エンタメ業界における女性の重要性を祝うイベントになると思う」と述べている。

外部リンク

cat_12_issue_oa-billboardnews oa-billboardnews_0_1503894d74b2_メタリカのラーズ、依存症治療を受けているジェイムズへの励ましの言葉に感謝 1503894d74b2 1503894d74b2 メタリカのラーズ、依存症治療を受けているジェイムズへの励ましの言葉に感謝 oa-billboardnews 0

メタリカのラーズ、依存症治療を受けているジェイムズへの励ましの言葉に感謝

2019年10月16日 14:30 Billboard JAPAN NEWS

 メタリカのジェイムズ・ヘットフィールドが依存症更生プログラムを受けるためにリハビリ施設に入所したことから、バンドのオーストラリア/ニュージーランド・ツアーが延期になったが、ファンからの温かい応援にドラマーのラーズ・ウルリッヒが感謝している。

 USAトゥディとのインタビューで彼は、「(ヘットフィールドは)やらなければならないことをやっている。自分を癒すプロセスの真っ最中だ。オーストラリアとニュージーランドのみんなには申し訳なく思うけれど、(バンドとして)完全復活して、前より強く健康になって戻ってこられることを楽しみにしている。(長くやっていると)途中で一過性の小さな問題にぶつかったりするものだよ。でもこれまでずっと素晴らしい旅路だったし、また来年あっちに戻れることを願っている」とコメントしている。

 バンドは2019年9月27日に、「ほとんどの皆さんがご存知のとおり、僕らの兄弟ジェイムズは何年もの間断続的に依存症と格闘してきました。残念ながら、回復に向かうためにまた治療プログラムを受けなければならなくなりました」と声明で発表した。

 声明の内容以上の情報は明かせないとしつつも、ウルリッヒはファンからの励ましの言葉に胸を打たれたと話している。「一番の驚きは、ファン、友人、同僚からのフィードバックがとてもポジティブだったこと。とても温かい気持ちになるよ。(ツアーを)延期しなければならくなってから、先週僕たちに寄せられた大量の愛と感謝と支持には本当に驚かされた。とてつもないことだ」と彼は語っている。

 メタリカと一緒にツアーする予定だったスリップノットのスケジュールも一旦保留になってしまったが、こちらは現在調整中で、決定次第発表されるとのことだ。「もちろん、俺たちの思いはジェイムズとメタリカと共にある」と彼らはコメントしている。

 ヘットフィールドが、いつリハビリから復活するのかは不明だが、2020年に5回予定されているDanny Wimmer Presents主催のハード・ロック・フェスティバルに、メタリカは予定どおりヘッドライナーとして登場するようだ。

外部リンク

cat_12_issue_oa-billboardnews oa-billboardnews_0_dd927e73951d_【ビルボード】Official髭男dism『Traveler』総合AL首位 BiSH全作品がトップ10入り dd927e73951d dd927e73951d 【ビルボード】Official髭男dism『Traveler』総合AL首位 BiSH全作品がトップ10入り oa-billboardnews 0

【ビルボード】Official髭男dism『Traveler』総合AL首位 BiSH全作品がトップ10入り

2019年10月16日 14:28 Billboard JAPAN NEWS

 2019年10月21日付(集計期間:2019年10月7日~2019年10月13日)の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”では、Official髭男dismのニュー・アルバム『Traveler』が総合首位を獲得した。

 前作『エスカパレード』から約1年半ぶりの通算2作目、ポニーキャニオンからの1stフルアルバムとなる『Traveler』は、“2019ABC夏の高校野球応援ソング/『熱闘甲子園』テーマソング”の「宿命」、映画『HELLO WORLD』主題歌の「イエスタデイ」など、計14曲を収録。初動3日間のCD売上は59,606枚で、スピッツ『見っけ』と僅差の2位だったが、そこから週後半の伸びによって逆転、初週売上86,159枚を記録してCDセールス1位、ルックアップ1位をマークした。一方のダウンロードは惜しくも2位となったが、後述の通り、当週は上位ダウンロード数が非常に高水準となっており、『Traveler』が記録した13,760DLも、週が違えば1位獲得するのに十分な数字だったと言える。

 Official髭男dismは、アルバム収録曲「Pretender」が当週ストリーミング首位獲得回数の歴代最多記録を更新。2019年の音楽シーンを象徴するような同曲の大ヒット以降、話題の拡がりや絶えないメディア露出もあって、今作アルバムのCD初週売上だけで見ても、前作の3,727枚とは文字通り桁違いの数字を記録、その飛躍のレベルを改めてアピールする格好となった。

 初週売上77,353枚を記録し、週間ではCDセールス2位となった、スピッツの約3年ぶり、通算16作目のオリジナル・アルバム『見っけ』は、ルックアップでも2位となったほか、ダウンロードでは5,511DLを売り上げて9位、総合2位に初登場した。続く総合3位には、CDセールス3位、ダウンロード8位、ルックアップ3位となったBABYMETAL『METAL GALAXY』がエントリー。スピッツとのセールス差はCD売上が約1,800枚、ダウンロードが約250DLで、ルックアップを含めた総合成績でも非常に僅差となっている。

 スピッツは10月18日に『ミュージックステーション』出演を控えているので、次週以降のセールスの伸びにも要注目。また、BABYMETALはツアーを中心とした海外活動にも意欲的なので、米チャートにおける動向も気になるところだ。そして総合4位には、渋谷すばるのソロデビュー・アルバム『二歳』が、CDセールス4位、ダウンロード10位、ルックアップ6位をマークして初登場している。

 上位陣のデッド・ヒートと並び、当週大きく注目すべきなのは、BiSHの再浮上だ。2016年1月リリースの2ndアルバム『FAKE METAL JACKET』が総合5位に入ったほか、6位に『CARROTS and STiCKS』、7位に『Brand-new idol SHiT』、8位に『KiLLER BiSH』、9位に『THE GUERRiLLA BiSH』、10位に『GiANT KiLLERS』が入っており、過去発表された全アルバムがトップ10内にエントリーする形となっている。

 これは、10月10日に放送された『アメトーーク!』の企画“~クセがすごい女性グループ~ BiSHドハマり芸人”が大きな話題を呼び、さらに翌日11日、iTunes Storeでこれら6作品が1日限定価格300円で配信されたことが大きく影響したと思われる。ダウンロードでは『FAKE METAL JACKET』が15,869DLを売り上げて1位となり、他5作品が3位から7位までを独占した。そのため、当週のアルバムのダウンロードにおいては、ランキング上位の水準が非常に高い。こういった限定価格の設定や楽曲の先行配信など、これまでもApple MusicおよびiTunes Storeでのプロモーション施策を積極的に行ってきたBiSHだが、その影響がチャート・アクションとしてここまで顕著になったことは過去類を見ず、販売促進の好機を最大限に生かす好例の一つを示したと言えるだろう。

◎【HOT ALBUMS】トップ20
1位『Traveler』Official髭男dism
2位『見っけ』スピッツ
3位『METAL GALAXY -JAPAN Complete Edition-』BABYMETAL
4位『二歳』渋谷すばる
5位『FAKE METAL JACKET』BiSH
6位『CARROTS and STiCKS』BiSH
7位『Brand-new idol SHiT』BiSH
8位『KiLLER BiSH』BiSH
9位『THE GUERRiLLA BiSH』BiSH
10位『GiANT KiLLERS』BiSH
11位『PUNCH』ザ・クロマニヨンズ
12位『scene.27』イ・ジェジン(from FTISLAND)
13位『New Challengers』Fischer's
14位『Attitude』Mrs.GREEN APPLE
15位『濡れゆく私小説』indigo la End
16位『Perfume The Best "P Cubed"』Perfume
17位『DAOKO×ドラガリアロスト』DAOKO
18位『LOVE AND PSYCHO』Pimm's
19位『或る秋の日』佐野元春
20位『NO DEMOCRACY』GLAY

外部リンク

cat_12_issue_oa-billboardnews oa-billboardnews_0_e096025fdabb_【ビルボード】Official髭男dism「Pretender」が史上初のストリーミング21連覇 嵐は5曲チャートイン e096025fdabb e096025fdabb 【ビルボード】Official髭男dism「Pretender」が史上初のストリーミング21連覇 嵐は5曲チャートイン oa-billboardnews 0

【ビルボード】Official髭男dism「Pretender」が史上初のストリーミング21連覇 嵐は5曲チャートイン

2019年10月16日 14:27 Billboard JAPAN NEWS

 2019年10月21日付(集計期間:2019年10月7日~10月13日)のBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”は、Official髭男dism「Pretender」が5,453,312回再生で首位を獲得。史上初となる21連覇を達成した。

 10月9日にニュー・アルバム『Traveler』をリリースしたOfficial髭男dismは、同作より「ビンテージ」「Rowan」など新曲5曲がトップ100にエントリー。新作への期待の大きさが表れた結果となった。また当週は、過去曲を含め計16曲がトップ100にチャートインしており、その総再生回数は2,674万回に及ぶ。この数字は、10月14日付チャート(集計期間:9月30日~10月6日)で自身が更新した、同一アーティストによる週間総再生数の最高記録(2,434万回再生)を超える記録となる。

 同じく10月9日にニュー・アルバム『見っけ』をリリースしたスピッツは、同作にも収録されている「優しいあの子」が、前週98位から40位に大幅ジャンプアップを果たした。同曲は7月より配信されていた楽曲だが、当週、過去最高となる82.9万回再生を記録。最新アルバムの配信スタートや、ニュー・アルバムのリリースに併せ、全楽曲の配信がスタートしたことが追い風となり、再生数増に繋がったと考えられる。

 さらに同日、一部楽曲のストリーミング配信がスタートした嵐は、今回解禁された5曲すべてがトップ100入り。29位に初登場した「Love so sweet」をはじめ、59位に「Happiness」、63位に「Monster」、70位に「A・RA・SHI」、71位に「truth」が初のチャートインとなった。

 そのほか初登場の新曲では、King Gnu「傘」が130.2万回再生で16位に登場。続く17位には、ダン+シェイとジャスティン・ビーバーのコラボソング「10,000 アワーズ」が初登場を果たした。2作とも週後半の金曜日リリースにも関わらず上位に食い込む人気を見せており、集計期間がフルとなる次週のチャートアクションにも注目だ。

◎【Streaming Songs】トップ10
1位「Pretender」Official髭男dism(5,453,312回再生)
2位「イエスタデイ」Official髭男dism(4,166,287回再生)
3位「宿命」Official髭男dism(3,973,711回再生)
4位「マリーゴールド」あいみょん(2,485,092回再生)
5位「ノーダウト」Official髭男dism(2,472,014回再生)
6位「白日」King Gnu(2,450,419回再生)
7位「Feel Special」TWICE(2,311,403回再生)
8位「空の青さを知る人よ」あいみょん(1,996,095回再生)
9位「まちがいさがし」菅田将暉(1,921,359回再生)
10位「115万キロのフィルム」Official髭男dism(1,866,179回再生)

※()内はストリーミング再生回数

外部リンク

cat_12_issue_oa-billboardnews oa-billboardnews_0_2a31d78cf233_ジャニーズWEST「Big Shot!!」が総合1位獲得 ストリーミング解禁の嵐5曲がチャートイン 2a31d78cf233 2a31d78cf233 ジャニーズWEST「Big Shot!!」が総合1位獲得 ストリーミング解禁の嵐5曲がチャートイン oa-billboardnews 0

ジャニーズWEST「Big Shot!!」が総合1位獲得 ストリーミング解禁の嵐5曲がチャートイン

2019年10月16日 14:24 Billboard JAPAN NEWS

 2019年10月21日付(集計期間:2019年10月7日~10月13日)の総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”で、ジャニーズWESTの「Big Shot!!」が総合首位を獲得した。

 ジャニーズWESTの13作目のシングル「Big Shot!!」は初週売上171,051枚をマークしてCDセールスで1位、他指標でもルックアップとTwitterが1位で計3冠、ラジオは20位となり、“JAPAN HOT 100”総合首位を獲得した。前作「アメノチハレ」は165,559枚、前々作「ホメチギリスト」は143,651枚と、初週売上では本作が上回っており、徐々にコア・ファン層を拡大しつつある。

 先週突然YouTubeとストリーミングを5曲解禁して話題を呼んだ嵐。その5曲(「Love so sweet」「Monster」「A・RA・SHI」「Happiness」「truth」)が動画再生、Twitter、ストリーミングで高ポイントを上げ、総合19位から23位まで独占する結果となった。この5曲の動画再生数合計は16,358,098回で、動画再生上位を守り続ける米津玄師の動画再生上位300位圏内13曲の再生数合計16,208,065回を約15万回上回っており、一挙手一投足が注目される嵐の訴求力の高さを示す結果となった。

 ダウンロードではKing Gnuの新曲「傘」が29,286ダウンロードで1位となり、他指標でもストリーミング16位、ラジオ22位、Twitter48位とまずまずのポイントを重ね、総合9位に初登場した。ストリーミングでまだ余力を残しているため、次週以降に注目しよう。


◎【JAPAN HOT100】トップ10
1位[-]「Big Shot!!」ジャニーズWEST(171,051枚・-・-)
2位[2]「Pretender」Official髭男dism(-・7,892DL・5,453,313再生)
3位[5]「イエスタデイ」Official髭男dism(-・8,575DL・4,166,288再生)
4位[3]「馬と鹿」米津玄師(4,220枚・28,831DL・-)
5位[6]「宿命」Official髭男dism(-・3,888DL・3,973,712再生)
6位[4]「空の青さを知る人よ」あいみょん(1,460枚・10,386DL・1,996,095再生)
7位[9]「マリーゴールド」あいみょん(-・7,101DL・2,485,092再生)
8位[-]「Phantom Joke」UNISON SQUARE GARDEN(20,497枚・12,733DL・-)
9位[-]「傘」King Gnu(-・29,286DL・1,302,963再生)
10位[1]「こんなに好きになっちゃっていいの?」日向坂46(20,265枚・4,284DL・720,599再生)
※[]内は前週順位
※()内はシングル枚数・ダウンロード数・ストリーミング数(各50位圏内のみ)

外部リンク

cat_12_issue_oa-billboardnews oa-billboardnews_0_ea2f56b6175b_レディー・ガガ、『アートポップ』再発盤からR.ケリーとのデュエット曲を削除 ea2f56b6175b ea2f56b6175b レディー・ガガ、『アートポップ』再発盤からR.ケリーとのデュエット曲を削除 oa-billboardnews 0

レディー・ガガ、『アートポップ』再発盤からR.ケリーとのデュエット曲を削除

2019年10月16日 12:40 Billboard JAPAN NEWS

 レディー・ガガが、6年前の2013年11月6日にリリースしたアルバム『アートポップ』のCDとアナログ盤を2019年11月11日に新たに発売するが、R.ケリーとのデュエット曲「ドゥ・ホワット・ユー・ウォント feat. R.ケリー」が含まれていないことがわかった。

 新CDとアナログ盤のプレオーダーがすでに始まっているが、同曲がどちらのトラックリストにも含まれていないことを、インタースコープの担当者が米ビルボードに認めている。

 R.ケリーは現在、複数の女性からの告発を受け、性的虐待などの容疑で米シカゴ当局に勾留されている。彼に対する疑惑を浮き彫りにしたドキュメンタリー・シリーズ『Surviving R. Kelly』(サバイビング・R.ケリー)が2019年1月に放送された直後、ガガは3rdアルバムに収録されていた“私の体をあなたの好きにして”という原題がついている同曲について、自身も“性的暴行の被害者であり、この曲とミュージック・ビデオを作った頃は自分にとって光明のない時期”だったと説明し、“若かったころに稚拙な判断をした”と謝罪した。また、ケリーに対する被害女性たちの申し立ては“恐ろしく、弁解の余地がない”とした上で、ストリーミング・サービスから同曲を削除した。

 ケリーと過去に仕事をした大物アーティストたちは、彼とのコラボ曲の扱いに苦慮しているようだ。アルバム再発の際にケリーとの合作を実際にカットしたのはガガが初とみられている。ほかにもチャンス・ザ・ラッパーが公に謝罪した上で、2015年のコラボ「Somewhere in Paradise」をストリーミングから引き上げた。

外部リンク