cat_7_issue_oa-ascii oa-ascii_0_816390dbaa6f_緒方 咲の変形ハイレグ競泳水着がきたぞ! 奇跡の1st写真集で「咲かせてくれますか?」 816390dbaa6f 816390dbaa6f 緒方 咲の変形ハイレグ競泳水着がきたぞ! 奇跡の1st写真集で「咲かせてくれますか?」 oa-ascii 0

緒方 咲の変形ハイレグ競泳水着がきたぞ! 奇跡の1st写真集で「咲かせてくれますか?」

2019年7月28日 19:00 アスキー

 高身長にして超絶美脚。「グラドル摩天楼」の二つ名で人気の緒方 咲さんが、1st写真集「咲かせてくれますか?」(発行元:双葉社、定価:3780円)の発売記念サイン会を7月21日、秋葉原の書泉ブックタワーで開催した。

 登場した緒方さんは、なんとも挑戦的な変形ハイレグ競泳水着(と呼ぶことにする)。この大胆な水着を笑顔で着こなし、しかも似合いすぎていることに脱帽。グラドル摩天楼の名は伊達じゃない!

――1st写真集が出た感想から聞かせてください。

【緒方 咲】 まさか出せるとは思っていなかったので奇跡です。ロケは3月のバリ島。好きな人に見せる顔、表情などを考えて撮影に臨みました。

――表紙は「髪ブラ」ですね。すごいインパクトだと思います。

【緒方 咲】 ずっとやりたくて髪を伸ばしていたので、達成できてうれしかったです。(ポロリは)気にせず、スタイリストさんの力を借りながら、真剣に取り組みました。

――特に気に入っているのは?

【緒方 咲】 ベッドで見せた顔のアップの写真です。本当に2人きりでいるような雰囲気がお気に入り。どうやったら胸をきれいに隠せるか、意識しながら撮りました。

――いま着ている競泳水着も写真集に?

【緒方 咲】 入っています。苔の生えた木を背にして撮ったりしたのですが、ザ・写真集という感じの仕上がり。水に濡れた表情や体を楽しんでほしいです。

――タイトルが問いかけになっている点については?

【緒方 咲】 ファンの方々に「咲かせましょう!」と言ってもらえて、いいタイトルになったと思います。満開に咲かせてもらいます!

 実際、ここで紹介した以上のすごいショットもあり、評判が広まれば人気も拍車がかかるだろう。同じバリ島ロケで撮られたDVD「いたずら摩天楼」も発売中。8月25日には、ソフマップAKIBA 4号店 アミューズメント館でイベントが開催される予定だ。

緒方 咲(おがた・さき)
生年月日:1994年10月7日
出身地:神奈川県
血液型:A
サイズ:T168、B85(Fカップ)・W59・H88
趣味:ジム通い
特技:裁縫、クラシックバレエ

外部リンク

cat_7_issue_oa-ascii oa-ascii_0_12e6c847d3c9_おつまみ99円から オリジン系列「れんげ食堂」で一人飲みが安くて穴場 12e6c847d3c9 12e6c847d3c9 おつまみ99円から オリジン系列「れんげ食堂」で一人飲みが安くて穴場 oa-ascii 0

おつまみ99円から オリジン系列「れんげ食堂」で一人飲みが安くて穴場

2019年7月28日 19:00 アスキー

 ごきげんよう。アスキーの酒好き記者ナベコです。全国的に天気の不調が続きますが、ウツウツした梅雨気分を吹き飛ばすためにも気持ちよくお酒を飲みたい!

 せんべろ。それは現代社会の癒し。1000円程度の予算で飲める店のことや、1000円程度の低予算で飲みに行く行為を言います。

 チェーン店を中心に1000円程度の予算でちょい飲みできる店をレビュー。居酒屋、ファストフードといったジャンルは特に定めていないので、オススメがあったらぜひ教えてくださいね!

 今回は「れんげ食堂Toshu」で飲んできましたよ!

(行ったお店)
「れんげ食堂Toshu」
・ジャンル:中華食堂

※取材した店舗をもとに記事を作っています。同じチェーン店でも店舗ごとによってメニューの内容や価格、環境が異なる可能性もありますのでご了承ください。なお、記事中の価格は基本的に税抜表記です。

「オリジン弁当」系列の ちょい飲みできる定食屋さん

 “れんげ”のロゴマークが特徴の「れんげ食堂」。運営は「オリジン弁当」や「中華東秀」を手掛けるオリジン東秀です。2017年からスタートした新しめなブランドで、現在、東京、神奈川などを中心に50店舗以上を出店しています。

 中華東秀で人気の定番料理メニューに加え、れんげ食堂ならではのセットメニューや、創作メニューを提供するという中華食堂。そんなれんげ食堂では、ランチや夜ご飯だけではなく、ちょい飲向けのメニューも揃えています。

 初めてのれんげ食堂。さて、何を頼もうかな?

(頼んだのはこんな感じ!)

・「生ビール 中」277円

・「餃子」180円

・「ピリ辛もやし」99円

・「ニラ玉」167円

・「レモンサワー」260円

 れんげ食堂飲みです。ヒパヒパ~!(ヒパヒパはハワイの乾杯ですよ)

生ビール277円と安い!

 「生ビール」はアサヒのスーパードライでした。277円という安さなので、ジョッキが小さめかもと予想していましたが、ちゃんと量がある中ジョッキでにんまり。

 カンパーイ! キリリと冷えたビールは喉ごし最高ですよ。このために毎日仕事に精を出しています。おいしい~!

 「餃子」は5個で180円。メニューには一番人気と書かれていましたよ。国産豚を使用しているそうです。

 味は言ってしまえば至極ふつう。定食屋さんで食べる、可もなく不可もない餃子のそれでした。粗く切ったキャベツの食感がシャキシャキ。ニンニクもきいていました。ただ、皮はややかために感じました。

オリジン東秀のクオリティで お値段以上のおいしさ

 感動したのは、“とりあえず一品”的に頼んだ「ピリ辛」もやし。茹でたもやしに、肉みそをのせた仕立てで、99円という安さのわりにボリュームがあり、ちゃんと良い味です。

 肉みそは、みそのコクがきいているのと、おそらく醤油も使っているようで、白いご飯にも合わせたくなりました。唐辛子が適度に刺激的で、あとからヒリヒリして食欲を掻き立てます。自分でも真似してつくってみたいな、そう思える一品でしたよ。

 「ニラ玉」は167円という安さ。そして、こちらもずるいです。こんなにそそる味なんて。

 鶏ガラなどのうまみを玉子が包んでいて、「あーこれこれ!」と心を惹きこまれるおいしさ。だしが濃いはずなのに、焦がさずふんわりと仕上げているのにも感心。こちらも、ご飯が欲しくなりました。もちろん、お酒のアテとしても不足はありません。

 お酒が進むのでビールがあっという間。2杯目に頼んだレモンサワーは260円でしたよ。

 生搾りではないタイプ。こういった割り材でつくったタイプのレモンサワーは、店によっては甘ったるいこともありますが、れんげ食堂のレモンサワーは私好み。ほんのり甘みがあるものの、炭酸が強く、後味さっぱり。とても気持ちよく飲めましたよ!

えっ? しっかり満足できたけどこの安さですか

(お会計)
・「生ビール 中」277円
・「餃子」180円
・「ニラ玉」167円
・「ピリ辛もやし」99円
・「レモンサワー」260円
―――
……合計983円(税込合計額1061円)
 お会計は、料理を3品と生ビール、サワーで、ざっと1000円くらいでした。「安い~!」と驚いちゃいました。

 料理は、中華東秀やオリジン弁当のクオリティで、バランスよくまとまっていて優秀です。料理に合わせてお酒もいいけどご飯も欲しくなるのが、オリジン東秀らしさ。本格中華というわけではないけれど、多くの人が好きなお惣菜の味です。お酒はビール300円以下で、料理もお酒もお値段以上にはしっかりと満足できました。ナイスコスパと言っていいでしょう!

 また、利用した店舗ではフリーWi-Fiがあったり、テーブル席にはコンセントが利用できる電源を備えていたりと、ネットユーザーにとってのサービスが至れりつくせりでした(サービスは店舗によって異なる可能性があります。詳細はお近くの店舗でご確認ください)。

 明るく清潔感がある店内なので、酒場のライブ感ある雰囲気とはまた違うけれど、安定感のある料理をつまみに手ごろな価格で飲むにはとても使い勝手良さそうです。

外部リンク

cat_7_issue_oa-ascii oa-ascii_0_c8b80d1ff0ff_ふらりと旅に出たくなる、あこがれのキャンピングカー9台 c8b80d1ff0ff c8b80d1ff0ff ふらりと旅に出たくなる、あこがれのキャンピングカー9台 oa-ascii 0

ふらりと旅に出たくなる、あこがれのキャンピングカー9台

2019年7月28日 19:00 アスキー

ふらりと旅に出たくなる、注目のキャンピングカー9台

 7月20、21日に東京ビッグサイト青海展示棟Aホールで「東京キャンピングカーショー2019」が開催された。このイベントは年1回開催されるキャンピングカーの展示会。広い会場を埋め尽くした車両の台数は、なんと180以上! 当日はあいにくの悪天候だったが、めったに見られない実物のキャンピングカーを見ようと大勢のファンが詰めかけていた。

 昨今のキャンピングカーブームは統計にも表れている。2018年に日本RV協会が公開したデータによると、2017年のキャンピングカー総売上げは424億6975万円で、前年から50億2600万円以上も増加している。国内の総保有台数は10万台を突破し、今後も増え続けると予想されている。

 今回は、会場内で特に注目を集めていたキャンピングカーをピックアップして紹介する。どれも持っていたら生活が楽しくなりそうなクルマばかりだ。

軽トラックなのに広い! 4人が就寝可能な「TENTMUSHI」

 ダイハツの軽トラック「ハイゼット」をベースに改造した軽キャンピングカーの「TENTMUSHI(テントむし)」は、かわいい見た目と軽自動車とは思えない装備が人気の車両。今ではメジャーになった軽キャンパーだが、開発元バンショップミカミ(鹿児島県)のスタッフは「うちが元祖です!」と語る。

 同社は何種類かのキャンピングカーを開発・製造しているが、その中でも「TENTMUSHI」は特に人気が高く、なんと約2年待ちの状態が続いているそうだ。購入者のオーダーを聞いてから制作するため、ボディーカラーを自由に選べるのがうれしい。

 前述のスタッフは「ご注文をいただいてもお待たせしてしまいますが、その間を使ってボディーカラーや装備品などをじっくり選んでいただきたいです」とコメント。なお、掲載した展示車両は税別370万4000円。

人気のN-VANがキャンピングカーに変身 「N-VAN COMPO POP CABIN」

 巨大なポップアップルーフが特徴の「N-VAN COMPO POP CABIN」は、ホワイトハウス キャンパーが開発する軽キャンピングカー。限られたスペースに電子レンジや冷蔵庫、AC室内コンセントなどがキレイにレイアウトされていた。

 車体左側のドアはピラーレスのため、後部座席をベッドの状態にしてしまった後でも使いやすそう。日常生活でも使える軽キャンピングカーで、展示車両の価格は税別454万4000円。

お手ごろ価格で車中泊をスタートできる 軽キャンピングカー「ラクネル・レスト」

 メティオの軽キャンピングカー「ラクネル・レスト」。走行時は4人、就寝時は2人まで対応。冷蔵庫と電源、ベッドなどは標準装備で、最低価格255万1000円(税別)から購入できるお手ごろさが特徴だ。

 低価格ながら金属を使ったベッドのフレームなどの剛性は高く、商品名のとおり「楽に眠れそう」な軽キャンパーだ。余計な装備が必要ない人に最適な1台だろう。なお、展示車両は19インチナビや外部充電システムなどをオプションで搭載しており、価格は税別286万1000円。

軽キャンパー専門店が開発した 「給電くんポップアップルーフ」

 軽キャンピングカー専門店のオートワンのブースに、巨大なテントがくっついたキャンピングカー「給電くんポップアップルーフ」が展示されていた。

 ベース車両は「エブリィ ターボ4WD」だが、ポップアップルーフを上げると床から天井まで2m以上の高さになり、オトナもラクラク着替えられる。ユニークなのは、別売りのオーニング(テントのような形をしたオプションで、日よけのこと)。

 オーニングは支柱を含めて金属を使用しておらず、空気で膨らませているそうだ。このエアーオーニングは約2分で組み立てることができ、たたむとアタッシュケースほどのサイズになる。車両のレールとピッタリ接続されているので、風に飛ばされる心配もない。展示車両の価格は税別310万1102円。エアーオーニングはオプションで16万8000円。

 また、オートワンは愛犬家のための軽キャンピングカー「愛犬くん」も展示していた。基本的な装備は「給電くん」シリーズと変わりないが、室内の空気を一定に保つ温度センサーつき大型のファンや、ペットの足を洗う装備などを搭載。ペットと一緒に旅をしたい人に最適。展示車両の価格は税別259万1158円。

ものの数秒で二段ベッドが作れる 純国産をうたう「FOCS シエスタ リテラ」

 純国産をうたうフジカーズジャパンのキャンピングカー「FOCS シエスタ リテラ」。日産の「NV350キャラバン」を改造したキャンピングカーで、ショーで初公開の車両となる。

 木材をふんだんに使った内装が実に美しく、見た目も手触りもよい。ものの数秒で二段ベッドを作れるギミックは、よく考えられて開発されている。子ども連れの家族に喜ばれそうなキャンピングカーの筆頭だろう。取材中に何組もの家族連れが試乗していたが、子どものはしゃぐ姿が印象的だった。展示車両の価格は税別501万3600円。

外見はふつうのハイエースで家庭用エアコン搭載 夢のキャンピングカー「銀河」

 OMC(オーエムシー)のブースに展示されていたキャンピングカーは、「ハイエース スーパーロング」を改造した「銀河」。デカデカと「家庭用エアコン搭載」と書かれたポップが目立つ。

 外見はよく見かける一般的なハイエースだが、ドアを開けるとビックリ! キッチンやベッドなどが搭載された立派なキャンピングカーだった。価格は税別465万円から。

まるでタイヤのついた家! Jaycoのキャンピングトレーラー「JAY FEATHER 18RBM」

 1968年にアメリカで誕生したキャンピングトレーラーの老舗Jayco社の正規輸入代理店ボナンザは、広いスペースに何台ものトラベルトレーラーを展示。

 「JAY FEATHER 18RBM」は牽引するタイプの箱のため、内部のレイアウトはまるで住宅のようだった。アメリカ生まれということもあり、ソファーやテーブル、ベッドなどのサイズが大きくて快適! 使用には牽引免許が必要で、価格は税別480万円。

お値段なんと1300万円超の超豪華キャンピングカー 「BORDER BANKS typeT Evolusion」

 キャンピングカーと呼ぶよりも、走る高級マンションと呼んだ方が適切に感じる車両「BORDER BANKS typeT Evolusion(ボーダーバンクス エボリューション)」。

 広い車内には家具がゆったりと装備されており、居心地がとてもよさそう。キッチンやベッドなどの装備品だけでなく、立派なトイレまで搭載されているのがスゴい!

 どう考えても筆者の自宅よりこのクルマの方が住みやすいのが泣けてくる……。スタッフにお話を伺うと、短期間のキャンプではなく、2ヵ月くらいかけて日本中を旅するユーザーに愛用されているそう。あぁ、このクルマに住んでみたい! 価格は税別1304万円~で、展示車両の価格は税別1659万3249円。

外部リンク

cat_7_issue_oa-ascii oa-ascii_0_ed0399c1ba87_スクリーンセーバー起動を力技で止める「Screensaver killer」を衝動買い ed0399c1ba87 ed0399c1ba87 スクリーンセーバー起動を力技で止める「Screensaver killer」を衝動買い oa-ascii 0

スクリーンセーバー起動を力技で止める「Screensaver killer」を衝動買い

2019年7月28日 19:00 アスキー

スクリーンセーバー起動を力技で止める 「Screensaver killer」を衝動買い

 さまざまな楽しいスクリーンセーバーで遊べた古き良き時代は、もうかれこれ四半世紀も前になってしまった。今でもパソコンの使用者が離席時には、タイマーや社員IDカードとの無線連携設定で自動的にスクリーンセーバーが起動する企業オフィスも多い。

 個人でも、屋外に持ち出して使うことの多いモバイルPCなどでは、スクリーンセーバー+再開ログオンの組み合わせでセキュリティー度を上げて使用しているユーザーも多いだろう。しかし、自宅内ではちょっと席を外したり考え事をしていて、ほんのしばらくの間PCに触れないでいると、勝手に起動するスクリーンセーバーやディスプレーがオフになる省電力機能はありがた迷惑な存在でもある。

 しかし、モバイルPCを屋外に持ち出した場合は、その機能が大きなセキュリティー的効果を発揮してくれることは間違いない。「省エネ」がまだまだ注目されていなかった古き良きブラウン管の時代に、同じ画面が表示され長時間放置されることによって起こる画面の焼き付きを防ぐという実用面と、楽しい映像が表示されるというエンターテインメント性の複合物として、誕生したのがスクリーンセーバーだ。

 しかし、時代はどんどん変わり現代は“省エネ”“セキュリティー”“生産性・操作性”などなど非常に多くの要件を満たすことが必要になってきた、面倒くさい時代なのだ。

 スクリーンセーバーを取り巻く環境は、過去にもスクリーンセーバーが必要になったらタイマー起動を待たずに即起動するという、便利なショートカット法なども登場している。

 中でも、何年か前に登場したiPhoneとiPad用の“Screen Saver Killer”(スクリーンセーバーキラー)アプリはなかなかおもしろい発想だった。基本的には、アプリを導入して起動するとiPhoneのディスプレー全面に横縞模様が表示され、一定のスピードで縞模様全体が上下スクロールする。そのスクリーン上に置いた光学マウスは自分が移動動作していると錯覚し、システムもスクリーンセーバー状態に入らない仕組みだ。

 要は、マウスに自分自身が動かされているという錯覚を感じさせれば良いのだ。残念ながらこのアプリは、Windows系のマウスを同じように騙すことはできない仕様だった。

 今回、筆者が衝動買いしたハードウェア版「Screensaver killer」は、macOSでもWindowsでも、ただパソコンのUSBポートに接続するだけで、スクリーンセーバーは絶対に起動しないという変態おもしろガジェットだ。

赤い基板に電子回路部品やスイッチをはんだ付け USBプラグ部分もむき出しの「Screensaver killer」

 「Screensaver killer」は、実測58×30mmサイズの赤い派手な基板に電子回路部品やスイッチがはんだ付けされ、USBプラグ部分もむき出しのマニアック感漂う超楽しいアイテムだ。

 実際にScreensaver killerの行なっている操作は“30秒に1度、マウスを1ピクセル動かしてまた戻す”という単純な操作だけ。この操作により、Screensaver killerをUSBポートに接続したパソコンは絶対にスクリーンセーバーモードには入らない。

 そして、Screensaver killerにはマウスの左クリック、Enterキー入力、Escキー入力を一定間隔で自動的に連打するというおまけ機能が付いている。機能を有効にするには、基板上のそれぞれの機能が書かれているすぐ隣のスイッチをLEDライト側に倒すことで有効化できる。

 マウスの左クリック、Enterキー入力、Escキー入力の各シグナルは、スイッチ操作だけでひとつだけでも全部でも、スイッチ投入と同時に実効化することができ、動作中の機能はLEDライトで表示される。

 また、マウスの左クリック、Enterキー入力、Escキー入力の機能の連打間隔は、Escキースイッチの右横にあるボリュームをドライバーで回転させることで、 0.5~10秒のいずれにも簡単に設定を変更できる。

セキュリティーのオン/オフを物理的に切り替え可能 おまけの連打機能の利用には多少注意が必要

 連打機能の使途は、繰り返しウィンドウがしつこく何回も出てくる時に自動キャンセルしたり、ゲームの自動クリックなどに活用できそうだ。筆者はEnterキー入力のスイッチをオンにしたまま、Windows画面上でマウスをいろいろ移動していたら、運悪く何かのファイルを消してしまった。多少の注意も必要だ。

 筆者的には、離席後タイマーカウント1分後に、スクリーンセーバーが自動起動+ログオン画面表示の設定にしておいて、自宅では常時このScreensaver killerを接続するスタイルで毎日活用している。

 これなら、自宅では何分席を外そうが使い勝手を第一において活用でき、一歩家を出たオンザウェイでのパソコン利用時には、デフォルトのスクリーンセーバー&セキュリティーモードで安心して使えるのでありがたい。

 電子産業界とそれを取り巻く生産性の世界。それぞれの思惑で省エネ、セキュリティー、使い勝手が進化する中にあって、「Screensaver killer」はそのど真ん中に割って入った超楽しい“直球変態ガジェット”だ。

今回の衝動買い

アイテム:FLINT「Screensaver killer」
・購入:秋葉原 家電のケンちゃん
・価格:3200円(税込)

外部リンク

cat_7_issue_oa-ascii oa-ascii_0_294b3590642a_SB向けの富士通ミドル機「arrows U」の性能をベンチマークでチェック! 294b3590642a 294b3590642a SB向けの富士通ミドル機「arrows U」の性能をベンチマークでチェック! oa-ascii 0

SB向けの富士通ミドル機「arrows U」の性能をベンチマークでチェック!

2019年7月28日 19:00 アスキー

Googleアシスタント専用キーを搭載 富士通「arrows U」実力チェック

 今回実力をチェックするのは、富士通コネクテッドテクノロジーズのスマートフォン「arrows U」。ソフトバンク版は6月28日発売で、価格は3万720円。

arrows Uの特長をチェック

特長1:「アシスタントキー」を押して話しかけるだけで、Google アシスタントが使える。

特長2:防水・防塵に加え、おサイフケータイ機能も採用。

特長3:背景をぼかした写真が撮れるデュアルカメラを搭載する。

【テスト】ベンチマーク

ベンチマークアプリを3回実行し、3回中もっとも高いスコアを掲載

【テスト2】カメラ作例

スマホカメラの撮影モードはデフォルト、編集部の撮影台に設置したミニ三脚に固定して定点撮影

屋外撮影は市ヶ谷橋の定点位置から南方向を撮影

外部リンク

cat_7_issue_oa-ascii oa-ascii_0_6563bb819693_Android Oneスマホで世界に打って出るシャオミ、Fortune誌の「Global 500」でもランクイン 6563bb819693 6563bb819693 Android Oneスマホで世界に打って出るシャオミ、Fortune誌の「Global 500」でもランクイン oa-ascii 0

Android Oneスマホで世界に打って出るシャオミ、Fortune誌の「Global 500」でもランクイン

2019年7月28日 19:00 アスキー

 IPOから1年が経過したシャオミ、残念ながら株価は振るわないが、製品戦略は着実に進んでいるようだ。1月に発表した「Redmi Note7」は6ヵ月で1500万台を売り上げ、7月17日にはAndroid Oneラインの最新版「Mi A3」を発表した。そして7月後半に発表されたFortuneの「Global 500」では、創業9年目にして初めてランクインを果たしている。

Android One3機種目の「Mi A3」を発表

 シャオミというと独自UI「MIUI」のイメージがあるが、Android Oneを採用したラインも持っている。安価ではあるがOSのアップデートを確実に受けられる点が特徴で、2017年の「Mi A1」が第1弾となる。

 その最新モデルのMi A3は、7月初めにリリースされた「Xiaomi CC9e」ベースのグローバル向けとなる。スペックとしてはSnapdragon 665で、RAMは4GBで、ストレージは64GBまたは128GB。ディスプレーは6.01型有機ELで、解像度は720×1560。前機種と比較してカメラ、バッテリー容量を強化したほか、インスクリーンの指紋認証も特徴。カメラはメインが48メガ+8メガ+2メガの3眼で、フロントも32メガとセルフィーニーズに応えている。

 Mi A3は今月末からアジアで販売するが、シャオミが進める欧州戦略においても重要なモデルとなっており、スペイン、フランス、イタリアなどの国で大きなキャンペーンを展開する模様。ソーシャルでもフォトコンテストを開催するようだ。

得意のコミュニティー活動でユーザーを活発化

 またシャオミは、7月初めに「Xiaomi Studios」という新しいサービスを発表している。

 シャオミユーザーが撮った写真や動画をアップロードできるサービスだが、パーソナルストレージではなく、ユーザー同士(Miファン)が自分の撮影した作品を披露するコミュニティーの要素が強い。シャオミはここで、”Miクリエイター”として、自分の写真や動画をStudiosに投稿するクリエイターをフィーチャーしている。

 スマホメーカーによる写真コミュニティーの発想は特段新しくはない。古くはNokia、そしてファーウェイ、アップル、サムスンなども、端末のカメラの性能を示したり、ファンベースやコミュニティーを活発化するのに役立ててきた。シャオミは当初からSNSを駆使した活動を重視しており、その点ではXiaomi Studiosの展開は納得がいく。

 また最近のシャオミのスマートフォンでは、6月に「Xiaomi Redmi K20」を発表。リークが出始めたゲーミングスマホの新モデル「Black Shark 2 Pro」ももうすぐのようだ。

Fortune誌のGlobal 500入りも

 世界スマートフォンのシェアという点では、シャオミはVivo、Oppoらと4位の座を争っているが、上位3社(サムスン、ファーウェイ、アップル)との差はまだまだ大きい。

 だが、企業としてのシャオミの成長を示すものがある。Fortune誌の「Global 500」に初めてランクインしたのだ。Global 500は世界の企業の売上高ベースのランキングで、シャオミは「インターネットサービスと小売」に分類されており468位となっている。このカテゴリーのトップはAmazon(13位)だ。中国企業では、同じカテゴリー内にJD.com(139位)、Alibaba Group(182位)、Tencent(237位)がランクインしている。ちなみにアップルやサムスンは「テクノロジー」に分類されている。

 その一方で、人も動いているようだ。先週末にシャオミでグローバル担当コミュニケーションとプロダクトマネジメント担当ディレクターを務めたDonovan Sung氏が退社を明らかにした。Sung氏はTwitterにて2年前にシャオミを去ったHugo Barra氏との写真を掲載し、Barra氏に感謝の言葉を綴っている。Barra氏は現在FacebookでVRを担当しており、Sung氏はシャオミの後にGoogleでGoogle Payに関わるようだ。

 また、2017年夏にシャオミから登場した「POCO」ブランド(Pocophone)を率いるJai Mani氏の退社もささやかれている。Mani氏は公式な見解を示していない。

外部リンク

cat_7_issue_oa-ascii oa-ascii_0_7f578bf55243_12インチですれ違ったVAIOとMacBook 7f578bf55243 7f578bf55243 12インチですれ違ったVAIOとMacBook oa-ascii 0

12インチですれ違ったVAIOとMacBook

2019年7月28日 19:00 アスキー

 7月9日、ソニーから独立して5周年を迎えたVAIOがモバイルノートPCの新製品「VAIO SX12」を発表しました。従来の11インチモデルとほぼ同じサイズに12.5インチの画面を搭載し、「メインマシンの最小形」をうたっているのが特徴です。

 しかしVAIOが新製品を発表した当日の夜、奇しくもアップルが12インチ「MacBook」の販売を終了。モバイルPC好きにとっては一喜一憂する日になりました。

■働き方改革でモバイルPCへの要求が変化

 モバイルノートPCの画面サイズは世界的に14インチ前後がトレンドになっており、グローバルのPCメーカーはもちろん、VAIOも2019年1月に14インチの「VAIO SX14」を投入しました。

 日本では小型のサブノートPCも人気があるものの、11インチの「VAIO S11」の販売台数は、13インチ「VAIO S13」の半分程度にとどまっていたといいます。本格的に使うには画面が小さく、キーピッチが狭いという不満がありました。

 背景には、働き方の変化があります。

 かつてはサブノートPCを持ち歩いていても、会社に戻ればデスクトップPCがありました。しかし働き方改革により、場所を問わず仕事をこなすことが求められ、会社でもフリーアドレスの座席でノートPCを使い続ける場面が増えています。

 モバイルに適した小型軽量で、でも画面やキーボードは大きく、パワフルに動いてほしいという相反する要素の両立が、これまで以上に求められるようになっています。

■11インチクラスのボディに12インチPCを詰め込む

 これを踏まえてVAIO SX12の進化ポイントを見てみると、画面サイズは11インチから12.5インチへと大きくなったものの、狭額縁設計により本体サイズはわずかに奥行きが増えた程度にとどまっています。

 キーボードは、VAIO S11では本体の左右端に余白があり、キーピッチはやや狭い約17mmでした。これに対してVAIO SX12はフルサイズといわれる約19mmピッチを搭載しています。

 従来のノートPCには本体側面にUSBやHDMIのポートがあり、キーボードとの干渉を避けるために余白を設けるのが一般的でした。しかしVAIO SX12ではキーボードと側面インターフェイスが重なるように実装することでこの課題をクリアしており、発表会場でも驚きの声が上がっていました。

 上位モデルのプロセッサーには4コアの第8世代Coreプロセッサー(Uシリーズ)を搭載。LTE通信機能も搭載できるなど、たしかに小型でありながら「メインマシン」級のポテンシャルを備えているのは面白いところです。

■12インチMacBookは販売終了

 VAIOが新製品を発表した7月9日には、アップルが世界各国で新型のMacBook AirとMacBook Proを発表。これまでより買いやすい価格になったものの、12インチのMacBookがアップルストアから消えたことが話題となりました。

 2015年に登場した12インチのMacBookは、当時としては珍しい1基のUSB Type-Cとイヤホンジャックのみを備えた斬新なデザイン採用。2016年、2017年に新モデルが登場し、筆者も毎年買い換えてきました。

 一方で、MacBookシリーズの製品ポートフォリオにおいてMacBookの存在感は薄れつつありました。日本のように小型PCの需要が高い市場ならともかく、グローバルでは売れていないとの指摘もありました。

 今後はiPadOSの登場により、iPad Proがその役割の一部を担ってくれるとの期待はあります。ただ、macOSが必要な場面はまだまだあり、シリーズ最軽量の約920gという軽さはもちろん、196.5mmという奥行きは飛行機のエコノミークラスで使いやすく、個人的に重宝していただけに残念なところです。

 同サイズのWindows PCは、LTE通信への対応やARMアーキテクチャの採用など進化が続いているだけに、これまでにない新機軸を備えた新生MacBookとして復活することを期待しています。

外部リンク

cat_7_issue_oa-ascii oa-ascii_0_d9f1f5bc9270_駅の改札での少し恥ずかしくて、少し新しいApple Watch体験 d9f1f5bc9270 d9f1f5bc9270 駅の改札での少し恥ずかしくて、少し新しいApple Watch体験 oa-ascii 0

駅の改札での少し恥ずかしくて、少し新しいApple Watch体験

2019年7月28日 19:00 アスキー

米国でもApple Watchを決済に使ってきたが、 日本ではやはりSuicaがとても便利

 筆者はiPhoneと紐付けて使うウェアラブルデバイス、Apple Watchを使っています。アクティビティ計測や通知を手首だけで受け取る用途からスタートしましたが、個人的にはモバイル決済のApple Payが非常に気に入っています。

 米国でも、買い物でのクレジットカード決済や銀行ATM利用、そしてスターバックスなどのプリペイドカードが利用できる点が便利でした。しかし日本ではSuicaが利用でき、ほとんどの鉄道やバス、タクシー、コンビニといったお店を手首だけで利用することができるようになります。

 最近便利だと気づいたのは、東京などで普及しているドコモのシェアサイクル「ドコモ・バイクシェア」。自分のApple WatchのSuicaを登録すると、Apple Watchをタッチするだけで、事前の予約なしで自転車をすぐに利用できます。

 そもそもドコモ・バイクシェアで事前予約をする場合、バッテリ残量が少なかったりパンクしている自転車をつかまされる可能性もあるため、その場で自転車の状態をチェックしてから借りる方がいいと言えます。その手軽さを確保する意味でも、Suicaを会場キーにできる仕組みは非常に便利なのです。

 ということで、日本では米国以上に便利さを享受できるApple WatchのSuica対応。筆者は右利きですが、日本ではApple Watchを右手首に付け替えて利用するようになりました。その方が、リーダーが右側にある改札を通過する際、よりスムーズになるからです。もっとも、キーボード仕事が多いため、右だろうが左だろうが、あまり関係ないということもあるのですが。

明治神宮前駅の改札にて 駅の窓口で変な体勢になることに

 便利なApple WatchでのSuica利用ですが、先日ちょっと困ったことが起きました。Suicaで改札を通り、途中PASMOの定期券を持っている区間を通過し、さらに乗り越して降りようとした時のことです。

 ちょっと込み入った話になるのですが、この場合、そのままSuicaで改札を通ると、定期を持っている区間も含めて全額を徴収されてしまうので精算しなければならないのですが、定期区間前と定期区間以降を別々に精算しなければならず、機械での処理ができません。そもそも精算機にApple Watchを挿入できませんし……。

 そこで駅の有人窓口で精算しようとしたのですが、精算中はカードをリーダーに乗せっぱなしにしておかなければなりません。ところがそのリーダーが改札の窓口の奥の方に置かれていたため、なんとか手を伸ばして手首のApple Watchをリーダーの上に固定する体勢を取ることになりました。

 まあ、右の体側の筋が伸びてピリピリするし、改札の窓に挟まっている人みたいになってしまう恥ずかしさもあり、普段なかなか体験できない状態に陥ってしまいました。

 ちなみに正解は定期券が入ったPASMOカードに1000円でも2000円でも、乗り越し精算のためにチャージしておくことです。メインはApple WatchのSuicaで良いのですが、急いでいるときに精算しなければならないことも考慮しておくべきかと思います。

 まあ、あまりに現金を持ち歩かなさすぎて、まだ定期券にチャージしていないのですが。

体に情報を書き込まれる感覚

 Apple Watchを精算しているとき、少し感じた不思議な体験をメモしておきます。届くかどうかギリギリのところに手を伸ばしながらApple WatchのSuicaの処理をしていたときのことです。

 Suicaに対しては、最初に入った駅の入場記録があるので、定期区間が始まる駅での出場処理をして精算をし、定期区間の終わりの駅で入場して、今いる駅で出場して精算するという処理をしなければなりません。

 つまり、かざしている間に3回、Apple Payの「コキーン」という音と、Apple Watchを通じて手首に伝わってくる振動フィードバックを体験することになりました。

 情報が書き込まれているのは手首にあるApple Watchなのですが、若干囚われのみのような体勢と、同じタイミングで振動のフィードバックから、なんとなく自分に情報が書き込まれているような感覚を覚えました。

 自分自身は変わっていないかもしれないけれど、駅員さんからすれば、「きちんと精算が済んで出られる状態になった人」に変化しているわけです。

 たとえば、チップが埋め込まれていて、情報的に人が処理される感覚というのはこういうことなのかな、と思うと、少し未来を先取りした感覚すら覚えます。もっとも、埋め込んだチップが書き込みに反応して振動すると、とても痛そうな気がしますが。

 もちろん、想像上の話ではありますが、テクノロジーによって今後もたらされる、新しいサービスを創造するとき、既存の体験から想像を膨らませたり、予想して見ることは非常に大切だと思います。

 もし皆さんの身近で、そうした近未来体験のヒントになりそうなことがあったら、ぜひ教えてください。

外部リンク

cat_7_issue_oa-ascii oa-ascii_0_107ff20dd8ba_「制服を着て楽しく撮影」 17歳の女子高生・須田理夏子、約1年ぶりのDVDが完成 107ff20dd8ba 107ff20dd8ba 「制服を着て楽しく撮影」 17歳の女子高生・須田理夏子、約1年ぶりのDVDが完成 oa-ascii 0

「制服を着て楽しく撮影」 17歳の女子高生・須田理夏子、約1年ぶりのDVDが完成

2019年7月27日 19:00 アスキー

 17歳になったばかり! 女子高生アイドルの須田理夏子さんが、DVD「スマイリングサマー」(発売元:EIC-BOOK、収録時間:74分、価格4104円)の発売記念イベントを7月21日、ソフマップAKIBA 4号店 アミューズメント館で開催した。

 イベント前日に17歳を迎えた須田さんは、幼少からドラマやファッション誌のモデルとして活躍。今年3月までは、5人組グループ「ミラクルキャンディーベリー+」でも人気を見せた。可愛くて元気な印象が強いが、特技は空手。大会で入賞するほどの本格派だ。

――DVDの紹介をお願いします。

【須田理夏子】 5月に都内で撮ったのですが、1年ぶりくらいの作品です。公園で制服を着て遊んだりしたのが思い出。楽しく撮影できました。

――お気に入りは?

【須田理夏子】 水鉄砲で遊んでいるシーンが好きです。あと、水着もいっぱい着たのですが、水色のビキニがお気に入りなので観てほしいです。

――自分はどんなキャラだと思いますか?

【須田理夏子】 えっ!? なんだろう……。アクションを習っているので、「かっこいい系に憧れる、可愛いものが大好きな女の子」という感じなのかな?

――17歳になった気持ちは?

【須田理夏子】 あまり中学生のころと変わっていないかも(笑)。もっと成長できたらなと。外見も内面も、変わっていけたらと思います。

 8月7日から公演が始まる舞台『新約・魔銃ドナー』への出演も決定。「これから集中稽古が始まるので頑張りたい」と意欲を見せた。池袋駅前にある小劇場「シアターKASSAI」にて。

須田理夏子(すだ・りかこ)
生年月日:2002年7月20日
出身地:千葉県
血液型:A
サイズ:T151、B80・W58・H83
趣味:ファッション雑誌を見ておしゃれすること
特技:空手(国際青少年空手道選手権大会3位、全関東空手選手権大会準優勝)

外部リンク

cat_7_issue_oa-ascii oa-ascii_0_1bf66c61da79_松屋「牛肉と筍のオイスター炒め定食」 の安心感 1bf66c61da79 1bf66c61da79 松屋「牛肉と筍のオイスター炒め定食」 の安心感 oa-ascii 0

松屋「牛肉と筍のオイスター炒め定食」 の安心感

2019年7月27日 19:00 アスキー

「牛肉と筍のオイスター炒め定食」
松屋
7月23日発売
並盛680円

松屋の「チンジャオロースっぽいやつ」

 チンジャオロース(青椒肉絲)、中国においては豚肉を使用するのが一般的だそうです。牛肉を使用した場合「青椒牛肉絲」となるのだそうで。日本の場合、牛肉を使っていてもチンジャオロースですよね。「青椒」は辛くないトウガラシのことで、今日ではピーマンやししとうなどを指します。

 チンジャオロースっぽいけど、ちょっと違うのが松屋の「牛肉と筍のオイスター炒め定食」です。ライス、みそ汁、生野菜付きで680円。肉が2倍でライス大盛または特盛が無料のW定食は1080円。

 松屋の代表的な商品の牛焼肉と、タケノコ、ニンニクの芽を使用し、オイスターソースをベースとした甘味・コク・うま味を感じられるとうたう仕上がりの松屋特製オイスターダレを絡めています。パッと見るとチンジャオロースのようですが、ニンニクの芽を使用しているあたりに違いがあります。定番の「牛焼肉定食」のアレンジ品だと考えるとよいかと。

 生野菜をプラス40円でポテトサラダに変更できるほか、発売を記念して、牛肉と筍のオイスター炒め定食のライス大盛が無料になるサービスも8月6日10時まで実施されます。テイクアウトも可能ですが、その場合、みそ汁はつきません(別途60円が必要)。「牛肉と筍のオイスター炒め」単品でも注文できます(480円)。

ニンニクの芽がアクセント 派手さはないが安心する味

 食べてみると「あー、まあ、チンジャオロースっぽいですね」という気がします。そのまんまの感想ではありますが、オイスターソース、牛肉、タケノコ、タマネギとくるわけですから、当然といえば当然でしょう。

 ポイントはニンニクの芽。この甘味と歯ごたえが、チンジャオロースとは似て非なる独特のよさを生み出しているなと思います。オイスターソースを使ったタレの味は強めの主張。全体的に味が濃い目なのは松屋の特徴なのですが、ごはんがすすむと、好意的に取ることはできますね。

 具材のそれぞれの食感がよく、全体の味付けもしっかりしているので、定食のおかずとしては完成度が高くなっています。680円という価格はリーズナブルとは言いにくいかもしれませんが、高すぎる、ということもないでしょう。ぜいたくを言えば、もうちょっと肉の量が多ければうれしいかな、とは思います。肉が2倍になるW定食だと、1000円をオーバーしてしまうので……。

 一言で言えば、安心感のある定食です。奇をてらわない味付け、チンジャオロースっぽい雰囲気には親しみやすさがありますし、ニンニクの芽というガツンとくるチョイスにオリジナリティも感じられる。派手さはありませんが、いかにも牛丼チェーンの定食という佇まいで、ホッとします。いわゆる「普通にオススメ」というやつです。現場からは以上です。

外部リンク