cat_7_issue_oa-ascii oa-ascii_0_1c5742fd3ebc_iPhoneのSiriショートカットでYouTubeの動画検索や登録チャンネルにすばやくアクセスする 1c5742fd3ebc 1c5742fd3ebc iPhoneのSiriショートカットでYouTubeの動画検索や登録チャンネルにすばやくアクセスする oa-ascii 0

iPhoneのSiriショートカットでYouTubeの動画検索や登録チャンネルにすばやくアクセスする

2020年2月23日 19:00 アスキー

 iPhoneでYouTubeアプリを使っていると、自分がよく検索する動画や登録チャンネルに素早くアクセスしたい時がありますよね。

 実はiOS 12から追加された機能「Siriショートカット」を使うことで、これを解決できます。Siriショートカットとは、音声アシスタントSiriに声で指示すると予め登録した操作を自動でしてくれるもの。

 YouTubeアプリには、Siriショートカットを追加できる設定項目が用意されています。利用できるショートかっとの候補は下記のとおりです。

  • YouTubeを検索
  • 音声でYouTubeを検索
  • 登録チャンネルを開く

 設定方法はYouTubeアプリを開き、アカウントアイコンをタップ。続いて、「設定」を選択し、Siriショートカットをタップします。

 最後に各項目の右側に表示される「+」をタップしてSiriショートカットを追加し、画面の指示に従って「YouTubeを検索」などと録音しましょう。

 これはiPadでも使えますので、ぜひ試してみてください。

cat_7_issue_oa-ascii oa-ascii_0_b4a3beaa235a_セブンプレミアム「中本」から北極×豚の「ゴットン」 b4a3beaa235a b4a3beaa235a セブンプレミアム「中本」から北極×豚の「ゴットン」 oa-ascii 0

セブンプレミアム「中本」から北極×豚の「ゴットン」

2020年2月22日 19:00 アスキー

 セブン&アイ・ホールディングスは「セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 極豚(ゴットン)ラーメン激辛 豚骨味噌」を各店舗で2月22日から発売します。セブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、ヨークベニマルなどで展開。200円(税抜)。

 「蒙古タンメン中本」店主監修のもと、“北極”の辛味と“豚”の旨味を一つにしたセブン&アイグループ限定のカップラーメン。

 辛旨で有名なラーメン店「蒙古タンメン中本」が監修した即席麺「セブンプレミアム 蒙古タンメン中本」シリーズの新商品。今回の「極豚 ラーメン激辛 豚骨味噌」は、店舗で激辛商品として人気の「北極ラーメン」をベースに、豚骨のコクを加えた濃厚な味わいのスープが特徴。さらに、辛味オイルに豚骨の風味とラードのコクを加えた特製の「辛豚オイル」で仕上げます。

 極豚(ゴットン)という響きも印象的。辛いもの好きは試さない手はない!

外部リンク

cat_7_issue_oa-ascii oa-ascii_0_a361aca3e45c_子どもが離乳食を食べない…悩む私を救った友人の一言 a361aca3e45c a361aca3e45c 子どもが離乳食を食べない…悩む私を救った友人の一言 oa-ascii 0

子どもが離乳食を食べない…悩む私を救った友人の一言

2020年2月22日 19:00 アスキー

 現在一歳半になる男の子を育てている新米ママです!

 育児はペーペーの私ですが、たった一年半の間にも頭を抱えることが沢山ありました。

 今回はその中でも特にしんどいと感じていたことをご紹介します。

 我が子が生まれて約半年、ついに離乳食を始める時期がやってきました。第一子の記念すべき離乳食デビューです。10倍粥を初めて食べさせるあのワクワク感は母親ならではの感情でしょう。

 ところが当初は食べてくれていた息子が、時が経つにつれ段々と食べなくなっていってしまったのです。そして気が付けば食べてくれる日がほとんどなくなってしまいました。

 8ヵ月を過ぎ、息子は保育園に入園。すると保育園で出る離乳食は毎食ペロリと食べてくるのです。そこで自宅でも同じメニューを出すようにしました。ところがやはり食べないのです。息子は相変わらず母乳ばかり欲しがります。毎日作っては廃棄しての繰り返し。「ママのご飯は嫌なの?食べてよ!」と声を荒げてしまった日もありました。

 息子はママが側にいるならご飯よりおっぱいがいいよ!と言っていたのかもしれませんね。

 ですが焦りばかりが募った私は息子にイライラしてしまい、そんな自分にも自己嫌悪するつらい日々でした。息子が変わってきたのは1歳少し前、歯が生えてきたことで咀嚼がしやすくなったようで柔らかいものであれば食べるようになりました。

 同じ月齢の子供に比べると3ヵ月ほどの遅れがありましたが、息子なりのペースで食事を楽しめるようになりました。それでも気分じゃない日はほとんど食べませんし、時間をかけて作ったものが無駄になる事も多々あります。でもどんなに美味しいものを作っても、どんなに良い環境作りをしても、子供自身が食べたくない時は食べません。

 そんなとき私は友人に言われた「長い人生、たった数ヵ月離乳食が遅れてるなんて悩むだけムダ」という言葉で吹っ切れ、子供のペースに合わせることに重点を置くようになりました。

 ゆっくりでも健やかに成長していればなんの心配もいりません。焦らず親子ともに食事の時間を楽しみましょう。

cat_7_issue_oa-ascii oa-ascii_0_75781cc5f9c5_83倍ズームの「COOLPIX P950」で猫のドアップを撮るのが楽しい 75781cc5f9c5 75781cc5f9c5 83倍ズームの「COOLPIX P950」で猫のドアップを撮るのが楽しい oa-ascii 0

83倍ズームの「COOLPIX P950」で猫のドアップを撮るのが楽しい

2020年2月22日 19:00 アスキー

過酷な生存競争を生き抜く 突き抜けた望遠カメラ「COOLPIX P950」

 コンパクトデジカメの存在感がどんどん薄れている諸行無常に寂しさを感じざるを得ない昨今であるけれども、中には他社の追随を許さない突き抜けた性能で苛酷な生存競争を生き延びるカメラもあるのである。そのひとつがニコンの「COOLPIX P」シリーズ。望遠に突き抜けたカメラだ。「P950」はなんと83倍ズーム。望遠側は2000mm相当。どんな警戒心が強い猫でもOK。近づけない猫でもこの超望遠なら問題なし、というかなり変態度の高いカメラだ。

 83倍ってどのくらいかというと、次の2枚の写真を見てもらうとわかる。広角端と望遠端である。

 もう何がなんだかって感じしません? 超望遠ってここまでくるのかよ、みたいな。もちろんデジタルズームはなし。

 というわけで、せっかくの超望遠ズームなので、今回はここ数日で出会った猫たちの顔アップ特集である。どれを冒頭写真にするかなと悩んだ末、白くてふさふさの猫に。あまりにふさふさもふもふなので、画面いっぱい顔にするには最適だったのだ。次はまぶしくて目を細めてるヤツ。声をかけたらこっちを向いてくれたのだけど、まぶしかったらしい。無理に順光の顔を撮ろうとしてすまんかった。

 ちょっと斜めから陰影のある顔を。この子、舌がちょっとはみ出ててかわいいのであった。

巨大レンズならではの作品が撮れる

 薄曇りの日ならあまりまぶしくなくて、光の当たり方もやわらかいのでチャトラ向き。かっと見開いてくれた。いやあ警戒心強い猫でも超望遠があれば顔のドアップ問題なしという恐ろしさですな。

 もういっちょ。日陰で色が今ひとつきれいに出なかったけど、あまりに顔がまんまるのまんまるなのが愛らしい。

 このCOOLPIX P950。とにかく図体がでかい。ほとんどは巨大なレンズで、コストのほとんどをレンズにとられちゃったのか、レスポンスはそこまでよくないんだけど、超望遠を楽しむカメラとその辺は割り切ろう。逆に、近づいてこられると苦手。距離をぐんぐん縮められると、ズームアウトやAFが間に合わなくなる。

 そんな超望遠カメラ泣かせの猫が、このミケのハチワレ。人なつこすぎてカメラを向けるとこっちへとことこと来ちゃうのである。しょうがないので広角で狙うことに。座ってるとこを前に回り込んでそっとアップで撮ろうとしたら、ぐぐっと身体を起こしてこっちへ来ようとするのだ。そんな瞬間を撮ってみた。

 広角から超望遠まで……猫向きかというと微妙ではあるけど、容赦ない超望遠で撮る写真って肉眼を超えた異次元の世界なので面白いのだよねえ。猫をドアップで撮るのも近づかせてくれない猫を撮るのもOkという超飛び道具として楽しいのである。何にしろ、突き抜けるって大事ですな。このシリーズはこの先もがんばっていただきたい。

cat_7_issue_oa-ascii oa-ascii_0_6cd66b692eea_LUNA SEA30周年を記念したハイレゾプレーヤー「SA700 LUNA SEA 30th Anniversary Edition」 6cd66b692eea 6cd66b692eea LUNA SEA30周年を記念したハイレゾプレーヤー「SA700 LUNA SEA 30th Anniversary Edition」 oa-ascii 0

LUNA SEA30周年を記念したハイレゾプレーヤー「SA700 LUNA SEA 30th Anniversary Edition」

2020年2月22日 19:00 アスキー

 アユートは2月19日、LUNA SEAとAstell&Kernがコラボした500台限定生産のハイレゾプレーヤー「SA700 LUNA SEA 30th Anniversary Edition」を発表した。予約開始は2月27日12:00、3月10日発売する。価格はオープンプライスで、直販サイトアキハバラ e市場での販売価格は16万9980円。

 日本を代表する人気ロックバンド「LUNA SEA(ルナシー)」の結成30周年を記念したモデル。10枚目のアルバム「CROSS」に収録した全11曲を、ハイレゾ音源96kHz/24bitにしてプリインストールする。

 カラーはOnyx Black。LUNA SEA結成30周年を記念したロゴマークをレーザーマーキングでプレーヤーの背面にフィーチャー。そのほかにも、起動時のロゴ演出など、本体ソフトウェアにも独自のカスタマイズを施した。また、ハイレゾ音源を再生時のボリュームホイール点灯色も、月光をイメージしたアンバー(琥珀色)に変更した。オリジナルのスペシャルパッケージを採用、特典として専用オリジナル本革ケースが付属する。ハイレゾ音源の収録は、LUNA SEAオリジナル楽曲としては初とのこと。

外部リンク

cat_7_issue_oa-ascii oa-ascii_0_30b76c893dd1_2画面タブレット向けのWindows 10Xをエミュレーターで動かす 30b76c893dd1 30b76c893dd1 2画面タブレット向けのWindows 10Xをエミュレーターで動かす oa-ascii 0

2画面タブレット向けのWindows 10Xをエミュレーターで動かす

2020年2月22日 19:00 アスキー

 Windows 10Xについて、資料やツールが公開されつつある。これらからWindows 10Xとは何かを調べた。まずは、エミュレーターを動かしている。

 Windows 10Xとは、Windows 10の1つのバリエーションである。dual-screenデバイスで動作し、ユーザーにdual-screen Expreienceを提供するためのWindows 10という位置付けになる。簡単に言えば、「2画面タブレット向けのWindows 10」であり、「dual-screenアプリのプラットフォーム」と言ってもいいだろう。

Surface Neoとともに今年後半に登場するはずの dual-screen環境とは?

 dual-screen Expreienceとは、「dual-screenデバイスでdual-screenアプリを使うこと」を意味する。ただ、「Experience」→「体験」→「使うこと」という言い方は、どうも日本語的にはしっくりこない。そういう「環境」なのだと理解し、ここでは、dual-screen環境と表記する。dual-screen環境とは、PCとAndroidがターゲットであり、そこでdual-screenアプリを動作させることを狙う。

 マイクロソフトを含む数社がリリースするdual-screenデバイス(2画面タブレット)に、年末までにはWindows 10Xがプリインストールされて発売される。dual-screenデバイスは簡単に言えば、2つの画面を持つタブレットである。いわゆる“ヨガ”ヒンジを持ち、液晶を背中合わせから閉じた状態まで360度回転させることができる。

 マイクロソフトはSurface Neoと呼ばれるPCの製品イメージを公開しているが、同じようなdual-screenデバイスがHP、DELL、LENOVO、ASUSから発売予定だという。また、インテルもdual-screen環境のパートナーであり、Lakefieldプロセッサの利用を想定しているという。また、dual-screenデバイスには、Android系デバイスも含まれる。これは、マイクロソフトが発表したSurface Duoのように、2画面用にカスタマイズされたAndroidタブレット/スマートフォンである。

 マイクロソフトは、dual-screenアプリとして大きく3つのタイプを想定している。1つは、Windows 10Xの上で動作するアプリである。もう1つはdual-screen用Androidの上で動作するAndroidアプリである。3つめは、dual-screenに対応したウェブアプリだ。

 マイクロソフトは、これらの開発のためにdual-screen SDKやエミュレーターを提供している。dual-screen Androidデバイスは、dual-screenアプリを動作させるための機能をもち、カスタマイズされたHomeページ(AndroidのLauncher、Homeアプリなどと呼ばれるもの)を持つ。マイクロソフトはSurface Duoとして年内の発売を発表している。

 このため、Windows 10Xとはdual-screenアプリを動作させるためのプラットフォームという言い方もできるだろう。

Windows 10Xエミュレーターを実際に動かしてみる

 Windows 10Xエミュレーターは、専用のMicrosoft EmulatorとWindows 10X Emulator Imageからなり、どちらもMicrosoftストアから入手する。

 ただし、利用には、物理ホスト側で仮想マシン支援機能の有効化(通常はBIOS/UEFIで設定)とHyper-Vのインストール(コントロールパネルの「プログラムと機能」の「Windowsの機能の有効化または無効化」)の必要がある。

 Emulator Imageを起動すると、2画面のdual-screenデバイスのエミュレーションが開始され、その中でWindows 10Xが起動する。

 ただ、まだプレビュー版であるためか、調子よく動くものではない。物理ホスト側のスリープに合わせてスリープしたまま戻ってこなくなったり、ファイルシステムが崩れて、アプリが起動しなくなることなどがあり、スクリーンショットを撮るだけでも一苦労である。

 エミュレーター画面の右側には、制御用のツールバーがある。ここで、タッチ操作やペン操作のエミュレーションの切り替えやエミュレーターの終了、システム状態の表示などがでっkる。このエミュレーターでは、dual-screenデバイス用にデバイスの向きや画面の表示モード、ヒンジの角度などを調整できる。

 本来これは、ユーザーが開発したアプリケーションをテストする環境なので、デバイス状態を変更できるようになっているのだと思われる。

従来のWindowsとは異なり、Exlorerではないシェルを持つ

 Windows 10Xは、従来のWindowsとは違うシェルを持つ。これまで、Windowsでは、Explorerがシェルになっていた。デスクトップやタスクバーなどは、すべてExplorerが実現していた。しかし、Windows 10Xでは、ファイルブラウザーとしてのFile Explorerという名前のプログラムはあるものの、もうシェルとしての役目を果たしていない。

 Windows 10Xのdual-screenシェルは、画面下にバー(タスクバーと呼ばれている)を表示し、タッチやマウスカーソルを乗せることで、起動中のプログラムアイコンとスタートメニュー、タスクビューアイコンを表示する。

 タスクバーは画面ごとにあり、右側のバーにのみ、時刻やアクションセンターの表示がある。また、起動中のアプリアイコンを右クリックしてタスクバーに登録することは可能だ。スタートメニューは、Office.exeアプリやOffice.comの起動ページのような感じで、上に検索欄、中央にプログラムアイコン、下に最近使ったファイルを表示する。

 dual-screenシェルでは、登録されたプログラムの起動程度しかできない。また、画面は上下に分割可能だが、基本的に左右の2画面は別画面として扱われる。デスクトップでいえば、マルチディスプレイで液晶モニターを左右に2枚ならべているのと同じような状態だ。アプリは基本的に1つの画面を専有して表示される。

 ただし、Windows 10のエアロスナップと同じく、1つの画面の長辺を分割して2つのアプリを同時に表示させることはできる。基本的に2つの画面があるので、最大4つのアプリを同時に表示できる。

 また、アプリは、2画面を利用する「スパン」モードでも表示が可能だ。

 このとき、dual-screen SDKを利用して作成した「dual-screenアプリ」は、2つのディスプレイを意識して表示できる。2つの画面の間にはヒンジがあり「Gap」と呼ばれる表示がない領域がある。

 従来アプリケーションもスパンモードで表示することは可能だが、Gapを前提にしていないため、たとえば、その部分にアイコンなりがあると、左右に分かれて表示されるといった問題が起こる。これでも使えないわけではないが、dual-screenアプリは、注目点がGapを避けたり、2つの画面を使い分ける(たとえば、概要と詳細など)といった使い方ができるようになっている。

 使ってみた感じでは、付属のメールアプリが、どうもdual-screen対応で、スパンモードで表示すると左側がメッセージリスト、右側がメッセージ本文表示になる。

 現在のWindows 10でも、ウィンドウの大きさが十分大きい場合に同様の表示が可能だが、区切り位置をマウスで左右に動かせる。しかし、Windows 10Xのスパンモードで動作させたとき、区切り位置のあたりにマウスカーソルを置いてもマウスカーソルが変化しない。バージョンも、Windows 10 Ver.1909向けのの16005.12430.20136や、Fast Ringのプレビュービルド19564に付属する16005.12607.4100.0とも違い、16005.12430.20188.0となっている。

2画面タブレットへの本気度が感じられるWindows 10Xだが Windows on ARMとの関係はどうなる?

 こうした使い勝手からみると、Windows 10Xはかなり広いユーザー向けにiPadやAndroidのタブレットを意識した作りになっている。かつてSurfaceシリーズなどに搭載されていたWindows 10S(現在ではSモードという位置付けになっている)が、UWPしか使えない簡易なWindowsだったことに比べるとかなり本格的な改良と言えそうだ。

 そもそもマイクロソフトは、Windows for Pen ComputingやTablet Editionなど、PCのタブレット化には早くからずっと取り組んできたが、どれもうまくいかなかった。Windows 8でもタブレットを想定したシェル環境を作ったものの、デスクトップでの使い勝手に問題があり、そもそもストアアプリ(モダンアプリ)自体がほとんど使われなかった。また、初代Surface向けにWindows RTといった製品もあったが、成功しなかった。

 Windows 10Xは、こうしたタブレット市場へのマイクロソフトの“リベンジ”的な製品ということもできる。年末までには、マイクロソフトをはじめ、DELL、HP、Lenovo、ASUSからdual-screenデバイスが登場するらしい。Lakefiledプロセッサを搭載し、モバイルネットワークに対応可能で、本格的なタブレットになるという触れ込みだが、そうするとWindows on ARMはどこに行ったのか? という気がしないでもない。

 マイクロソフトには、Windows 10 MobileやWindows RTなど、出してはみたものの、そのまま放置でサポート期間の終了を迎えた製品も少なくない。Windows 10XのARM64版が出るかどうかは、1つの注目ポイントだといえる。

外部リンク

cat_7_issue_oa-ascii oa-ascii_0_74888ba6fb4a_神戸で1日70円の傘シェアリング「アイカサ」 74888ba6fb4a 74888ba6fb4a 神戸で1日70円の傘シェアリング「アイカサ」 oa-ascii 0

神戸で1日70円の傘シェアリング「アイカサ」

2020年2月22日 19:00 アスキー

 阪神電気鉄道は2月17日、神戸市およびNature Innovation Groupと「シェアリングエコノミーを活用したまちづくり実証事業に関する三者連携協定」を締結し、傘シェアリングサービス「アイカサ」を、阪神線の一部の駅で導入すると発表した。

 アイカサは1日70円で傘をレンタルし、アイカサの傘立てであればどの傘立てでも返却可能なシェアリングサービス。月額サービスでは1ヵ月420円で何度でも利用できる。今回アイカサが導入されるのは、阪神線の駅をはじめ神戸市内の公共施設など、計80箇所となる予定。設置時期は4月上旬以降随時としている。

 傘の設置本数は2000本で、同社の沿線活性化プロモーションシンボル「“たいせつ”がギュッと。」のマークや、神戸市の都心・三宮の再整備に関するロゴマークなどがデザインされた傘を各傘立てに配置する。

 主な設置場所は、神戸市役所、中央区役所といった公共施設のほか、阪神電鉄が管理する阪神本線・阪神なんば線34駅、神戸高速線5駅。またポートライナー12駅、六甲ライナー6駅にも設置を予定しており、神戸市営地下鉄は設置駅を調整中としている。神戸三宮センター街の総合案内所(通称「三宮HATENA」)、みなと銀行本店、神戸元町1番街商店街といった商業施設にも設置される予定。

 本サービスの導入によって、阪神線沿線の住民や神戸市民の利便性向上をはかるとともに、傘の廃棄物削減を目指すとしている。

外部リンク

cat_7_issue_oa-ascii oa-ascii_0_9a2c681c0d59_お手頃Xperia「Xperia 8」の21:9ディスプレーはどこまで有効活用できる? 9a2c681c0d59 9a2c681c0d59 お手頃Xperia「Xperia 8」の21:9ディスプレーはどこまで有効活用できる? oa-ascii 0

お手頃Xperia「Xperia 8」の21:9ディスプレーはどこまで有効活用できる?

2020年2月22日 19:00 アスキー

 ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia 8」は、Xperiaブランドを冠したスマートフォンながら、キャリアによっては3万円台から購入できるミドルクラスのモデルであること、「Xperia 1」「Xperia 5」など同じ21:9の縦長比率の6型ディスプレーを搭載しているのが特徴だ。

 とはいえ性能面で見ると、Xperia 8はチップセットにSnapdragon 630を採用し、メモリーが4GB、内蔵ストレージが64GBと、同じミドルクラスの「Xperia Ace」とほぼ変わらないし、そちらの方が販路が広く購入しやすかったりもする。そのような理由からXperia 8を選ぶ最大のポイントは、低価格でありながら最近のXperiaシリーズのフラッグシップモデルにおける最大の特徴、アスペクト比21:9のディスプレーを使いたいかどうかという点だろう。

 そこでここでは、Xperia 8の21:9のディスプレーが本当に有効活用できるのか? という部分に重点を置いてレビューしたい。

やや慣れが必要な縦長比率 有効活用するには?

 まずはXperia 8の本体について確認する。サイズは約69×158×8.1mm(最厚部が約9.7mm)、重量が約170gと、サイズ感としてはXperia 5に近い。横幅が狭いのに加え、ベゼルにやや厚みがあることもあって狭額縁設計の大画面スマートフォンと比べるとディスプレーはやや小さい印象を受けるが、幅が70mmを切るため片手での持ちやすさは抜群だ。

 だが、ディスプレーが他の機種よりも一層縦長なので、片手操作ではやや不便なこともある。その1つがプルダウンシェードの呼び出しだが、Xperia 8のホーム画面では、ホーム画面上のどこかを上から下にスワイプするとプルダウンシェードが呼び出せるようになっているので、こうした操作を活用するのがいいだろう。

 最近のXperiaシリーズで採用されている「サイドセンス」も、側面に表示されたバーをダブルタップすれば利用できることから、Xperia 1/5と比べてかなり呼び出しやすくなっている。こちらから「マルチウィンドウ」や「片手モード」などの操作が利用できるので、片手操作の時には重宝する。

 もう1つ、他のスマートフォンに慣れている筆者が気になったのが、ニュースアプリやSNSなどを使うと縦長のため一度に表示される情報量が多く、読むのに意外と時間がかかると感じたこと。これはあくまで個人的な感想であり慣れの問題ではあるのだが、その1つの解決策となったのが、マルチウィンドウを使ってYouTubeの動画などを上に再生しておくことだ。

 こうすれば、従来の16:9や18:9といった比率に近い感覚でニュースなどが読めるし、同時に動画も視聴できる。Xperia 8を扱っているY!mobileやUQ mobileでも、最近では比較的大容量のプランが出てきているだけに、動画とSNSの「ながら見」をするには最適といえそうだ。

映画視聴には最適!ゲームも思いのほか遊べる

 続いて、21:9のディスプレーが活きるコンテンツについて改めて評価していきたい。

 このディスプレ-をもっとも有効に生かせるのは、やはり動画視聴であろう。そこでプリインストールされている「Amazonプライムビデオ」などを使っていくつかの作品を視聴してみたのだが、映画は元々21:9比率(もしくはそれに近い比率)で作成されているものが多く、Xperia 8のディスプレーいっぱいに再生できるものが多いようだが、テレビに合わせて制作されているドラマやアニメなどは16:9比率のものが多く、視聴すると左右の黒枠が目立ってしまう。

 またYouTubeなど投稿系・ライブ配信系の動画サービスは、そもそも21:9比率に対応したコンテンツが非常に少なく、ディスプレーを有効活用できない印象だ。そうしたことからXperia 8のディスプレーをフルに生かすなら、有料の映像配信サービスを利用するのがベストといえる。

 続いて、スマートフォンの人気コンテンツの1つであるゲームもいくつか試してみた。先にも触れた通り、Xperia 8のチップセットはミドルクラス向けのSnapdragon 630で、ハイエンドスマートフォンと比べると性能が高くない。それゆえ通常の操作は十分快適ではあるものの、高性能が求められるゲームにはそれほど適している訳ではないとされている。

 そこで「Call of Duty Mobile」「PUBG MOBILE」など、負荷が高いと思われるいくつかの3Dゲームをプレーしてみたが、ゲームによっては稀に処理落ちが発生することがあるとはいえ、ほとんどのゲームは快適にプレーすることができた。もちろんそれは、ハード性能に合わせてゲーム側がグラフィックの処理を落としているが故なので、高精細な映像でのゲームプレーは期待できないが、それでも21:9で横の視野が大きく広がるので、対戦ゲームなどにおいてはメリットになるだろう。

 ただ残念なのは、Xpeira 1/5でプリインストールするなど積極的に連携している「フォートナイト」が非対応だったこと。ハード性能的にやむを得ない部分があったのかもしれないが、人気ゲームがプレーできないのはやはり惜しい。

21:9比率の写真や動画も簡単撮影

 最後にカメラについても触れておきたい。Xperia 8は1200万画素の広角カメラと、800万画素で光学2倍相当の望遠カメラを搭載しており、Xperia 1/5と比べると性能は劣るものの、最近のミドルクラスのスマートフォンとしてはスタンダードな内容といえる。

 そしてXperia 1/5にはない大きなメリットとなるのが、21:9比率の写真や動画を、通常のカメラアプリから撮影できることだ。Xperia 1/5で21:9比率の動画を撮影するには専用の「Cinema Pro」アプリを使う必要があったが、Xperia 8にはCinema Proが搭載されていない代わりに、通常のカメラアプリで「4:3」「16:9」「1:1」だけでなく、「21:9」の比率を選んで撮影ができる。

 しかし、使っているカメラセンサーは同じなので、21:9で撮影する際は上下をカットする形となるようで、超広角撮影ができる訳ではない。また21:9比率のディスプレー自体が少ないことから、撮影した写真や映像を活用しづらいのも難点だ。とはいえ、Xperia 8の本体内で写真や動画を楽しむにはやはり21:9が一番しっくりくることから、ぜひ有効活用したいところだ。

【まとめ】低価格ながらコンテンツを楽しめる

 総じて見ると、21:9を採用したXperia 8は低価格ながらも、やはりコンテンツを楽しむことにとてもマッチしたスマートフォンであることに間違いないと感じる。特に定額の映像配信サービスとは非常に相性がよいと感じるので、映画をどこでも楽しみたい人なら必携のスマートフォンとなるのではないだろうか。

cat_7_issue_oa-ascii oa-ascii_0_e479451cbce0_iPhoneのSiriショートカットで「Yahoo!乗換案内」の検索結果へ簡単にアクセスする e479451cbce0 e479451cbce0 iPhoneのSiriショートカットで「Yahoo!乗換案内」の検索結果へ簡単にアクセスする oa-ascii 0

iPhoneのSiriショートカットで「Yahoo!乗換案内」の検索結果へ簡単にアクセスする

2020年2月22日 19:00 アスキー

 最近、Siriショートカットが使えるサードパーティーアプリが増えています。Siriショートカットは、音声アシスタントSiriに声で指示するとあらかじめ登録した操作を自動でしてくれるもの。

 今回は、「Yahoo!乗換案内」アプリを使ってSiriショートカットを作成する方法をご紹介します。同アプリの最新バージョンでは、Siriショートカットにルート検索結果と登録路線の運行情報を設定できます。早速設定してみましょう。

 Yahoo!乗換案内で目的地を検索し、検索結果一覧画面を表示します。

 続いて、検索結果の下に表示される「このルートをSiriに登録する」をタップし、「帰宅ルート」「家に帰る方法」など、任意のワードを録音します。

 これでSiriショートカットに登録した路線をすばやく表示できます。登録したショートカットを表示するには、iPhoneの通知センターを右にスワイプ、もしくはホーム画面を下にスワイプする、もしくは登録したワードをSiriに話しかけます。

cat_7_issue_oa-ascii oa-ascii_0_bed26917616b_USB Type-Cポート出力も備える大容量2万mAhのモバイルバッテリー、サンワサプライから bed26917616b bed26917616b USB Type-Cポート出力も備える大容量2万mAhのモバイルバッテリー、サンワサプライから oa-ascii 0

USB Type-Cポート出力も備える大容量2万mAhのモバイルバッテリー、サンワサプライから

2020年2月21日 14:44 アスキー

 サンワサプライは2月19日、USB Type-Cポートも搭載する大容量モバイルバッテリー「700-BTL043」を発売した。

 2万mAhという大容量に加えてUSB Type-CとUSB Aの2ポートを搭載し、スマホ2台を同時に充電することができる。バッテリー本体の充電にはmicroUSBポートのほかUSB Type-Cも可能(microUSBケーブルが付属)。

 バッテリー残量を確認できる4段階のLED表示を備える。本体サイズはおよそ幅80×奥行き162×高さ22mm、重量およそ390g。価格は5000円。

外部リンク