cat_16_issue_oa-asahikids oa-asahikids_0_d0e0f697e5ba_定額で利用し放題!「サブスク化」でお得に快適に d0e0f697e5ba 0

定額で利用し放題!「サブスク化」でお得に快適に

2019年5月13日 08:30 朝日小学生新聞

 買い物をしたり、サービスを受けたりする時は、毎回お金をはらうのが一般的です。ところが、1か月ごとにお金をはらうことで「利用し放題」になるなどの「サブスクリプション」と呼ばれるサービスが最近、続々と登場しています。その背景には、「生活がいそがしくなったことなどがある」と専門家は話します。(小勝千尋)

デジタル分野から拡大

 サブスクリプションは、実は身近なサービスです。みなさんが読んでいる新聞も、その一つ。携帯電話の料金などもそうです。近年、月額をはらってスマートフォンやパソコンで動画や音楽、雑誌、まんがなどが楽しめる、デジタルの分野でのサブスクリプションサービスが広がってきました。

 映画やドラマなどをインターネット上でダウンロードし、スマートフォンやパソコンで見られる「ネットフリックス」(月額864円から)は、アメリカで始まったサービスです。すでにある作品だけでなく、オリジナルの作品も作っています。

 「近年はデジタルに限らず、あらゆるものが『サブスク化』しています」とKDDI総合研究所で経済の調査をしている沖賢太郎さんは話します。ファッションや車、食べ物、美容院、レジャー施設などのサブスクリプションサービスが、ここ最近注目を集めるようになったといいます。

 「メチャカリ」(月額6264円から)は、洋服などが借り放題になるサービスです。最大3点まで手元に借りておくことができ、気に入った商品は割引価格で買い取ったり、60日借り続けることでもらうことができたりします。

 「サブスク化」は、飲食店でも。関東に16店舗ある「野郎ラーメン」には、看板商品3種(780~880円)を1日1杯までならいつでも食べられるサービス(月額9288円)があります。利用者は月に平均17杯ほどラーメンを食べているといいます。

 一番安い商品でも、12杯以上食べればお得です。広報の近藤真吾さんは「月ごとに登録ができるので、『今月はあまり行けなさそうだからやめようかな』など、ライフスタイルに合わせて利用する方が多いです」と話します。

 自分の自動車を買わずに、月額をはらうことで借りられるサービスも登場しています。いろいろな種類の車を試せたり、保険や車の検査がサービスにふくまれていたりします。

時間や空間を有効活用

 サブスクリプションサービスの利用者は、使い放題などで、ふつうよりお得に欲しいものを手に入れることができます。ほかにも、買い物に行く、選ぶなどの時間を減らしたり、レンタルすることで、しまうスペースを取られなかったりします。

 例えば、ファッションのサービスでは、服を借りるだけでなく、プロがコーディネートして選んでくれるものがあるそうです。

「共働きの家庭が多くなり、買い物や料理にかかる時間を減らしたいと思ったり、マンションやアパートが増えて収納のスペースが少なくなったりした現代の生活の変化に適応している」と沖さんは話します。

 テーマに沿って選ばれた食品や化粧品などの商品をつめこんだ箱が定期的に届く「サブスクリプションボックス」のサービスも注目を集めています。普段手に取らないものを試せるなど、新しい出会いがあるといいます。

「利用者は、ただお得にものを手に入れるというよりも、サービスを買っているというイメージなのかもしれません」

外部リンク

cat_16_issue_oa-asahikids oa-asahikids_0_a73dde64715d_高学年からの1冊 a73dde64715d 0

高学年からの1冊

2019年5月13日 08:30 朝日小学生新聞

 本屋さんにはたくさんの本があふれ、お子さんに手渡す1冊に迷ってしまうことがありますよね。子どもの本の専門店・ちいさいおうち書店(長野県松本市)の店長・越高一夫さんが、最近出た本の中から、おすすめの3冊を紹介します。今日は、高学年からの1冊です。

『夕焼け色のわすれもの』

作 たかのけんいち、絵 千海博美、講談社、1512円

忘れ物を届けに団地へ行くと

 小学6年生の翔太と純は、転校生が忘れたプリントを届けるために団地を訪れます。ところが、その団地のようすがいつもとちがうので、とまどってしまいます。見かけたことのないトーテムポールが立っていたり、昔の子どもたちが遊んでいたりと、まるでタイムスリップしたような光景が現れたのです。

 転校生の佐山厚司が住んでいるはずの部屋にはちがう家族が住んでいて、翔太はプリントをわたすことはできませんでした。古書店を開いているじいちゃんにそのことを話すと、「もう団地へは行かないほうがいいかもしれんな」と言います。翔太には、じいちゃんが何かかくしているように思えました。

 ある日、翔太が古書店の店番を手伝っているときに、『夕映えのやくそく』という本を見つけて読み始めます。するとそこには、この前ふしぎな体験をした団地とそっくりのことが書かれていて……。

 思わぬできごとが連続しておこる展開がおもしろく、なぞ解きをしながら最後まで一気に読むことができます。

外部リンク

cat_16_issue_oa-asahikids oa-asahikids_0_f114eddab1b6_自転車の安全な乗り方 f114eddab1b6 0

自転車の安全な乗り方

2019年5月10日 08:30 朝日らんたろう新聞

自分の力でより遠くへと移動できる楽しみ

 自転車の楽しさは、自分自身で操縦して目的地まで行けることにあると思います。景色を見ながら好きな道を進んだり、気になる場所でちょっと止まったり、日常から離れた場所へと行動範囲を広げることができます。高学年になれば、20キロ、30キロ先の目的地を決めてサイクリングする子もいます。

 目的地へ到達した時の達成感や冒険気分を味わえるのはもちろん、計画性や自立心も育ち、成長につながると思います。筋力アップはもちろん、体も丈夫になるのか、僕は自転車に頻繁に乗るようになってから、風邪をひかなくなりました。

補助輪はつけず、肩に手を添えて練習を

 自転車の練習は、バランス感覚をつかむためにあえて補助輪はつけず、キックバイクやペダルを外した自転車で練習を。補助輪があるとハンドルをきる時の感覚がなかなか身につかないからです。フラフラしなくなったら、ゆるい下り坂の傾斜を利用するとこぎやすく上達が早いですよ。近くで肩に手を添えながら、お子さんが倒れそうになったら支えつつ少しずつ手を離して近くを走って見守りましょう。

体に合う自転車を選び、安全対策を万全に

 お子さんの自転車は、長く乗れるよう大きめを選びがちですが、安全のためには、体に合うものを優先したいものです。また、ヘルメットは、頭を守る大切な道具です。緩衝材の発泡スチロールが劣化していると肝心の時に役目を十分に果たせません。扱い方など親子で説明書をよく読み、耐用年数(約3年)に応じて買い替えることをお勧めします。

 また、自転車事故に備えるには、本人に対しての「傷害保険」だけでなく、相手の損害も保証できる「個人賠償責任保険」にも入っておいたほうが断然安心です。過去に起きた子どもの自転車事故では、賠償金9500万円が命じられる判決が出た事例もあります。

 自転車専用の保険に入ることをお勧めしていますが、一部の補償内容はすでに入っている保険やその特約に含まれていることもあるのであらかじめチェックを。事故を起こしてしまった場合、賠償金を払うまでの煩雑な作業、交渉を代行してくれる示談交渉サービスが付いていると心強いと思います。
    *  *

ナビゲーター

ワイズロード東大和店(東京都東大和市芋窪5丁目1137-1)
山田万二さん スポーツバイク歴8年。休日は自転車に乗って写真撮影をしたり、BMX(バイシクルモトクロス)も楽しむ。
 

外部リンク

cat_16_issue_oa-asahikids oa-asahikids_0_c3fcaee1398a_物理と数学で、自然の法則を解き明かす c3fcaee1398a 0

物理と数学で、自然の法則を解き明かす

【異能とは!?】つきぬけた才能を持つ人を「異能」と呼びます。異能を支援するため、ソフトバンクグループ代表の孫正義さんが「孫正義育英財団」を立ち上げました。財団生に選ばれた第2期生が夢中になる研究を紹介します。

第6回 東京大学教養学部2年 渡邉明大(19歳)

 月日がたつのは早いもので、大学生活の2年目が始まりました。高校生のころは「国際物理オリンピック」に出場していて、最後の大会で総合1位だったことを評価していただき、2018年4月に推薦入試で東京大学に入りました。今は、同級生や先輩と物理や数学のゼミに明けくれる毎日です。

 小学生のころから算数が好きで得意でした。国語とちがって明確な答えがあること、それでいて一つの問題にいろいろな解き方があることにひかれていた記憶があります。知っている方も多いかもしれませんが、「算数オリンピック」という小学生向けの算数の問題を解くコンテストがあり、それにも出場していました。もちろん勉強ばかりというわけでもなく、ドッジボールやポケットモンスターにはまっていました。中学受験で奈良・東大寺学園に入学したあとも、数学好きは変わりませんでした。

 中学2年の秋、ひょんなことから物理の勉強を本格的に始めたのが一つの転機でした。物理は、「数学を言葉として、この世界を記述する学問」です。今まできれいな理論としての数学の側面しか見てこなかったぼくは、数学が生き生きと活躍し、自然の法則を解き明かすようすのすっかりとりこになってしまいました。

 せっかくがんばっているのだからとチャレンジした物理オリンピックでも、日本代表として3年連続の金メダルという、よい成績を残すことができました。

 今の夢は理論物理学者になることです。特に、小さな物質が点ではなく、ひもの形をしているのではと考える「超弦理論」のような、数学と物理がクロスする分野を研究したいと思っています。純粋な興味で勉強していた数学が、一見まったく関係なさそうな物理につながっているようすを見て、とてもおもしろいと思ったからです。例えば、空間の穴を探す「トポロジー」という数学の分野が、物理の電磁気学の重要な背景になっていたり! といっても、先人たちの足跡は偉大で、最前線の研究はおろか、まだまだ勉強しなければいけないことばかりです。

 しかし、自分がおもしろいと思う分野をつき進むのは、壁にぶつかることはあれど、やはりとても楽しいです。これまでをふり返ってみても、楽しいから続けられたことばかりです。これまで通り、いやこれまで以上に物理や数学を楽しんで、成長していけたらいいなと思います。

外部リンク

cat_16_issue_oa-asahikids oa-asahikids_0_cfca7a663bfe_フレッシュジュース 果物や野菜を入れよう cfca7a663bfe 0

フレッシュジュース 果物や野菜を入れよう

2019年5月10日 08:30 朝日小学生新聞

おいしいおてつだい

 今回は「フレッシュジュース」の作り方を紹介するよ。果物や野菜を入れれば、しっかり栄養もとれるよ。しぼり器とミキサーで作る、二つの作り方を取り上げるから、作りやすい方で作ってみてね。(指導・女子栄養大学短期大学部専任講師 児玉ひろみ)

材料(各2人分)

 【グレープフルーツとリンゴのジュース】グレープフルーツ…1個、リンゴ…1個 【ミックスジュース】バナナ…1本、ミカンまたはオレンジ…1/2~1個、パイナップル…50~80グラム、牛乳…100~150ミリリットル

「グレープフルーツとリンゴのジュース」(しぼり器で作る)

 グレープフルーツを横に半分に切り、しぼり器でしぼる。

 リンゴを8等分に切り、芯を取る。

 リンゴにグレープフルーツの果汁を少しかけておく。こうすれば、リンゴが茶色くなるのを防げるよ。

 リンゴをおろし金ですりおろす。手をけがしないように気をつけてね。

 グレープフルーツの果汁の入ったボウルの上にざるを置き、リンゴの果汁をこして入れる。

「ミックスジュース」(ミキサーで作る)

 ミカンの皮をむく。中の白い皮がかたければ、むく。ミカン、バナナ、パイナップル、牛乳をミキサーに入れる。

 ミキサーのスイッチを入れる。果物の形がなくなればできあがり。

できあがり

 がさっぱりとした、グレープフルーツとリンゴのジュース。があまいミックスジュース。どちらもとってもおいしいよ。

今日の料理「グリーンスムージー(ミキサーで作る)

材料(2人分)

 上のミックスジュースの材料と小松菜50グラム

 上のミックスジュースの材料と小松菜をミキサーに入れ、まわす。

野菜も入れてみよう!

 果物だけでもおいしいけれど、もっと栄養をとりたいなら、野菜も追加しよう。野菜が苦手な人でもとっても飲みやすくなるよ。いろいろな果物と野菜を組み合わせて、オリジナルジュースを作ってもいいね。

外部リンク

cat_16_issue_oa-asahikids oa-asahikids_0_67767e7471dd_清水章弘さんの「勉強のやり方教えます」 67767e7471dd 0

清水章弘さんの「勉強のやり方教えます」

2019年5月10日 08:30 朝日小学生新聞

えんぴつを10秒にぎりしめる


 勉強をしなければいけないけれど、やる気が出ない。そんなときは、どうすればよいのでしょうか。

 何かをするとき、もっとも力がかかるのは、始めるとき。物を動かすときを想像してください。たとえば、机。最初にグッと押す時に力がかかりますよね。でも、動きはじめてしまえば、ズズズーッ、と動きやすくなる。勉強も同じです。始めるときが一番むずかしい。

 「勉強したくないなぁ」、そんなときは、「勉強する」という行動を、「えんぴつを10秒にぎりしめる」という行動に変えてみてはどうでしょうか。ちょっと心が軽くなりませんか? にぎってしまえば、あとはその勢いにまかせて、勉強を始めてしまいましょう。

 こうやって心のハードルを下げることは、ほかにも応用することができます。たとえば、「国語の音読をする」という行動は、「教科書を開いて、持ってみる」と変えることができます。

 僕は小学生のとき、やる気がないときに鉛筆をけずっていました。気持ちが落ち着いて勉強モードになるだけでなく、とがった鉛筆をみると「これなら書いてみて(勉強してみて)いいかな」という気持ちになってきたのです。

 誰でもやる気が出ないときはあるもの。そんなときに、心のハードルを下げる方法を知っている人は強いはず。自分なりの方法を探してみてくださいね。

清水章弘(しみず・あきひろ)
私立海城中学高校、東京大学教育学部を経て、同大学院修了。勉強のやり方を教える塾「プラスティー」を東京と京都で経営。著書に『「苦手」も「キライ」も克服できる!「小学校の算数」が1冊でちゃんとわかる本』(PHP研究所)『勉強ができるぼくのつくりかた』(PHP研究所)など。

外部リンク

cat_16_issue_oa-asahikids oa-asahikids_0_89ac7975d109_きょうこ先生の「中学受験」Q&A 89ac7975d109 0

きょうこ先生の「中学受験」Q&A

2019年5月10日 08:30 朝日小学生新聞

Q. 4・5年生のうちは、塾以外に家庭ではどんな勉強をさせればいいですか?



A. 塾に通っているならば、4年生であっても5年生であっても、まずは塾の内容にきちんと取り組みましょう。

 塾の内容が十分理解でき、宿題もスラスラ終わるようならば、それ以上勉強をする必要はありません。友達と遊ぶ、読書するなど、「机の上の勉強以外」に思い切り取り組み、小学生らしい時間を満喫しましょう(ただし、ゲームやYou Tubeは時間を決めて)。

 もちろん、勉強が好きならば、算数オリンピックの問題に挑戦したり、漢字検定を上の級までチャレンジしたり、プログラミングや実験教室に通うなど、「塾の先取り以外」の内容がお薦めです。

 塾の内容があまり理解できず、宿題もなかなか終わらない場合は、なおさら家庭で勉強を追加する必要はありません。
4年生のうちは、

・家庭で学習習慣をつける事
・基礎学力をつける事

が必要となります。ここでの基礎学力とは、算数ならば「計算」、国語ならば「漢字と語彙」を指します。塾で毎日取り組む計算と漢字の宿題が出ていると思いますので、毎日15分でも30分でも続ける事が大切です。

 計算と漢字は、塾ではフォローしてもらえないため、家庭で力をつける必要があります。計算の場合は、単に解いておしまいではなく、親子で
・繰り上がりの足し算
・繰り下がりの引き算
・九九
・四則計算の順序
・分数の計算
・小数の計算

を盤石にしておきましょう。

 5年生の場合は、GWや夏休み、3連休など学校が休みの時を利用して、塾のカリキュラムとは別に、苦手分野を減らしましょう。GWならば「食塩水を頑張る」といった単元目標、夏休みならば「速さを頑張る」といった分野目標がお薦めです。この時、つい欲張ってあれこれ目標を立てたくなりますが、苦手なものを浅く広く復習しても身につきません。克服単元・分野を絞り、おざなりにならないよう、じっくり時間をかけて取り組む事が大切です。

安浪京子(やすなみ・きょうこ)中学受験算数専門プロ家庭教師「(株)アートオブエデュケーション」代表として、受験算数の指導および中学受験メンタルサポートに力を入れ、毎年多数の合格者を出している。中学受験に関する講演やセミナーを多数開催。毎月第2,4木曜10~12時に、中学受験の悩みをざっくばらんに話し合う「中受カフェ」を開催中。 著書に『きょうこ先生のはじめまして受験算数』シリーズ、『中学受験 6年生の親がすべきこと』(いずれも朝日学生新聞社)など。

外部リンク

cat_16_issue_oa-asahikids oa-asahikids_0_a7648a38d896_免疫力アップは一日にして成らず! a7648a38d896 0

免疫力アップは一日にして成らず!

2019年5月10日 08:30 食育ずかん

 「免疫力アップさせると、なんか良いことありそう♪」と思いますよね。ここ数年、免疫力をアップさせる食材に注目が集まっていますが、何かを食べれば劇的に良くなることは、残念ながらありません。でも、体本来の役割を考えながら、良い習慣を身に着けることで、免疫力をアップさせることは可能です。

免疫力とは

 免疫の仕組みを深く知ると人体の構造の素晴らしいシステムに感動します。どういう仕組みか簡単に説明すると、風邪のウイルスや食中毒の原因となる菌が体内に入った時に異物を取り除こうとします。この力を免疫力と呼び、健康を維持するためには欠かせないシステムです。

 免疫は生まれたときから持っていたものと、生活していく中で獲得した力があり、これらは日々の生活習慣で強化することも弱ってしまうこともあります。

 では、どうしたら強化できるのかというと、皮膚や粘膜を丈夫にしたり、腸内環境を整えて善玉菌を増やすほか、異物と闘う細胞をよい状態に保つことを目指すのが近道です。

えっ!細胞がよい状態ってなに?

 免疫に関わる細胞を白血球と呼び、細かくみると「感染した細胞を見つけて指令を出すT細胞」など様々な性質を持つ細胞に分けられます。それぞれがよいバランスを保つことが大事なのですが、ここでは総称の白血球としてみていきましょう。

 では、白血球がよい状態を保つにはどうすればよいかというと、自律神経を整えることが重要となります。自律神経というのは人間の意志でコントロールできません。

 その代わり、意識しなくても運動をするなど「活発に動くときは交感神経」が優位に、「休息する時は副交感神経」が優位に働き、それぞれに合った動きをするよう体内に指令を出しています。でも、これらは不規則な生活やストレス、運動不足などにより崩れがちです。

免疫力をアップさせるために

 自律神経を整えることが最初の一歩です。つまり、一定の時間にバランスの取れた食事をして睡眠をしっかりとり、適度に運動をするなどしてストレスをためないことが大切です。

 何かひとつだけ行動してみたり、ひとつの食材を食べれば劇的に変化することはありません。色々なこと、例えば腸内環境を整える働きのある食物繊維を多く含む食材を食べて副交感神経が働くよう心掛けたり、免疫細胞を傷つける活性酸素を抑えるようビタミンCやビタミンEなど抗酸化作用のある食材を毎日バランスよく食べることなどを同時に行うことはプラスに働くでしょう。

 また、血行をよくして白血球などの流れをよくするよう、体を温めると言われる食材を摂り入れてもよいかもしれません。ただ、注意したいのは、免疫力には個人差があるということです。

 先ほど、ウイルスや菌など異物が入ってきた時に退治しようと働く力が免疫力だと言いましたが、人間にとって敵だと判断すると攻撃して、有効なものは受け入れるのが免疫の働きです。

 この力は、ひとりひとり違うため、花粉症になる人とならない人、食物アレルギーになる人とならない人がいるのです。つまり、同じことをしても結果が同じにならない可能性があることは覚えておきましょう。

 日々の生活の中で、少しずつできることから取り入れて、免疫力アップを目指していきたいですね。

Text by ゆず/食育インストラクター
    *      *
 管理栄養士・食育インストラクター監修の食育まめ知識を毎日配信しています。
「食育ずかん」は家庭から広げる正しい「食育」を皆様にお届けします。

外部リンク

cat_16_issue_oa-asahikids oa-asahikids_0_f9a1cb0b3402_中学年からの1冊 f9a1cb0b3402 0

中学年からの1冊

2019年5月10日 08:30 朝日小学生新聞

 本屋さんにはたくさんの本があふれ、お子さんに手渡す1冊に迷ってしまうことがありますよね。子どもの本の専門店・ちいさいおうち書店(長野県松本市)の店長・越高一夫さんが、最近出た本の中から、おすすめの3冊を紹介します。今日は、中学年からの1冊です。

『ノウサギのムトゥラ 南部アフリカのむかしばなし』

作 ビヴァリー・ナイドゥー、絵 ピート・フロブラー、訳 さくまゆみこ、岩波書店、1728円

小さくたって負けない知恵が

 長い間、どれいにされたアフリカの人たちの多くは、小さい者が大きい者に立ち向かっていくといった昔話を語ったり聞いたりすることで、心を解放してきました。

 ノウサギのムトゥラは、小さいながらも知恵がよく働き、自分よりも大きくて強い動物たちにも負けていません。

 ある日、ゾウに小さいとからかわれたムトゥラは、カバのところに行って、自分の代わりにゾウのつなひきの相手をしてもらおうと考えました。ゾウとカバはおたがいに、つなひきの相手は小さなウサギだと思っているので、負けるわけにはいかず、いつまでもつなひきをやめません。そして……。

 体が大きいからといって、力も強いとはかぎらないと考えているムトゥラは、ライオンを出しぬいたり、ワニをこらしめたりと、いたずらや思いがけない行動をする「トリックスター」の役割をはたしています。

 訳者のさくまゆみこさんは「アフリカ子どもの本プロジェクト」代表で、アフリカの本をたくさん日本に紹介しています。
   *    *
次回配信では、高学年からの1冊を紹介します。

外部リンク

cat_16_issue_oa-asahikids oa-asahikids_0_efcbad734212_ドラゴン桜2×朝日小学生新聞&朝日中高生新聞 efcbad734212 0

ドラゴン桜2×朝日小学生新聞&朝日中高生新聞

2019年5月10日 08:30 朝日小学生新聞

『桜木建二が教える 大人にも子どもにも役立つ 2020年教育改革・キソ学力のひみつ』

理由の追求が英語をおもしろくする


 理解しながら英語を学ぶ例を、関先生にもうひとつ挙げてもらうぞ。

 「中学1年生で、動詞には現在進行形になるものとならないものがあることを学びます。現在進行形にならない単語はたとえば、“ know”,“ like”,“ want” などがありますね。なぜなのか。

 最初のうちは『これはなる、こっちはならない』と丸覚えしてもなんとかなりますが、高校あたりになるとたくさん単語が出てきて、覚えきれなくなってきます。

 しかし、理由を知っていれば、混乱することはなくなりますよ。そこには明確なルールがあって、5秒で中断・再開が自在にできないものは進行形にならないのです。

 “ know”,“ like”,“ want”の『知っている』『好き』『欲する』は、5秒以内にコロコロ変わったりしませんよね。5秒前は知っていたけれど、5秒後には知らなくなるということはありません。
 
 私はこれを『5秒ルール』と言っています。ルールの存在をいちど覚えてしまえば、一生使える技となりますよ。

 英語学習の世界では理由なんてない、英語ではそうなっているので覚えましょう、という教え方が主流になってしまっていましたが、それではやる気も失せてしまいますよね。

 理由を追求していくことで、英語の学問としてのおもしろさにも気づいていけるはずです」

大学が求めるのは文献が読める人


 丸暗記ではない英語学習、ぜひ心がけたいところだ。同時に気になるのは、2020年の教育改革だ。

 四技能の習得が唱えられるなど、英語科目で最も大きな変化が訪れるようにいわれているが、「丸暗記じゃない英語」を学べば教育改革を乗り切れるのかどうか。

 「教育改革があるからといって、学習者が振り回される必要はありません。これまでと変わらず、丸暗記ではない英語学習を進めましょう。

 世間では、受験にスピーキングまで取り入れられるのなら、なにかしら対策をしなければという風潮があるのはわかります。それでもやはり従来通り、とくに英文法と英文解釈に力を入れて受験勉強をするべきなのです。

 大きな理由はふたつあります。

 まず、大学受験の問題をつくるのは大学の先生だからです。先生方は正直なところ、自分の研究室できちんと研究できる学生が欲しいに決まっています。

 流暢に英会話ができれば越したことはありませんが、それ以前に英語の文献をしっかり読めて、研究をみずから進めていける能力のあることが大前提。

 難関大学になるほど、そうした先生方の本音の意向は、受験の問題に強く反映される傾向にあります。

 それにもうひとつ。そもそも話すにしろ聞くにしろ、英文法や英文解釈の土台がないと無理なのです。きちんと英語を話せない人というのは、まずもって文法がわかっていません。
 
 文法なんて実社会では役に立たないというのは俗説です。私たちが日本語を話すときを考えてもわかりますが、基本的にみんな文法にのっとって話をしています。単に文法用語などを意識しているだけで、「昨日、ハンバーガーは私を食べるでしょう」といった、文法的にメチャクチャなことは言わないはずです。

 もちろん多少はくだけた英語になっているにしろ、基本的には文法にのっとっていなければ話が通じないでしょう。

 とりわけビジネスの現場では、正しい文法を使って話すことが信頼を得るカギです。ネイティブの人たちは、発音よりも文法がしっかりしているかどうかを、信頼に足る人間かどうかのバロメータにしていますよ。

 リスニングについては、その力を伸ばすには英文解釈を強化するにかぎります。文章として読み取れないもの、意味がとれないものを、聞き取ることなどできるはずもないのです。

 教育改革、四技能といった仰々しい言葉に振り回されることなく、地に足をつけてしっかり理解しながら、英語を学んでいってほしいと思います」

関正生 1975年7月3日、東京都生まれ。スタディサプリ・英語講師。埼玉県立浦和高校、慶應義塾大学文学部(英米文学)を経て、塾講師に。TOEICⓇL&Rテスト990点満点取得。英語参考書や語学書の執筆も手がけ、著書は、『子どもの英語力は家で伸ばす』(かんき出版)など70冊以上にのぼる。モットーは「英語に丸暗記はいらない」。
*     *
「ドラゴン桜2」 作者は、漫画家・三田紀房さん。中堅校に成長したが、再び落ちぶれつつある龍山高校が舞台。弁護士・桜木建二が生徒たちを東大に合格させるべく、熱血指導するさまを描く。教育関係者らへの取材をもとに、実用的な受験テクニックや勉強法をふんだんに紹介している。雑誌「モーニング」(講談社)や「ドラゴン桜公式メルマガ」で連載中。

ライター・山内宏泰 主な著書に、『ドラゴン桜・桜木建二の東大合格徹底指南』(宝島社)、『上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史』(星海社新書)、『文学とワイン』(青幻舎)などがある。

外部リンク