cat_16_issue_oa-asahikids oa-asahikids_0_6d97d197e1cb_科学で変える、私たちの意識 6d97d197e1cb 0

科学で変える、私たちの意識

【異能とは!?】 つきぬけた才能を持つ人を「異能」と呼びます。異能を支援するため、ソフトバンクグループ代表の孫正義さんが「孫正義育英財団」を立ち上げました。財団生に選ばれた第2期生が夢中になる研究を紹介します。

第3回 大阪大学基礎工学部 佐久間洋司(22歳)


 みなさんは、2016年に公開された映画「君の名は。」を見たことがありますか? だれかと体が入れかわったことで、その人のようにふるまい、周りの人たちと過ごしていくという体験が特徴的です。

 ぼくの取り組んでいる研究の一つが、最先端の技術「バーチャルリアリティー(VR=仮想現実)」を活用した、まさにこの映画のような入れかわりの研究です。みなさんがVRのゴーグルをかけてバーチャルの世界へ入り、手元を見るとぼくの手が、鏡を見れば「佐久間洋司」の姿が映っています。ぼくという人間を体験(ロールプレイ)してもらって、みなさんがほかのだれかになることを通じて、そのだれかの気持ちをもっと考えることができないか調べています。

 別の研究では、人工知能(AI)にぼくの「動き方」をおぼえさせる研究もしています。例えば、ぼくが話しているときの手や口の動き方をAIに学習させていくと、「佐久間洋司らしい動き」を生み出せるようになります。まるでぼくにそっくりで、同じ動きをする分身(アバター)と向き合うことで、人間が他の人に向き合うときの「意識」を明らかにし、それを変えることができるのかを調べます。

 これらは、私たちがもっと他の人に思いやりを持つためには、どんな経験をすればいいかを明らかにする研究です。

 研究を始めたきっかけは、みなさんが感じていることと同じかもしれません。クラスメートや先生、家族といっしょにいるときに、「どうして私の言うことをわかってくれようとしないのだろう」と思ったことはありませんか? あるいは、友だちを傷つける冷たい言葉を聞いて、「どうしてそんなひどいことを言うのだろう」と悲しくなったことがあるかもしれません。
 残念ながら、大人でも相手を思いやることができないことはあります。そんな私たちの意識を、科学が変えることができるかもしれない、と思っています。

 ぼくの夢は「人をやさしくする技術を通じて、争いのない世界に貢献する」ことです。AIやVRなどさまざまな科学技術をつかって、私たちの心や人間の意識に変化をもたらし、もう少しだけやさしい世界にしたいと願っています。 人間の意識について今の理論ではわからないことばかりですが、実際の体験を通じて調べていくことが重要になると考えています。

外部リンク

cat_16_issue_oa-asahikids oa-asahikids_0_41c901fb6c99_私たちの生活に欠かせない「水」と「和食」の関係 41c901fb6c99 0

私たちの生活に欠かせない「水」と「和食」の関係

2019年4月19日 08:30 食育ずかん

 温暖な気候で雨も多い日本は、豊富な水と豊かな森があり、穀物や果物、野菜、魚などの自然の恵みを古くから受けていました。今回は生活に欠かせない「水」と「和食」についてのお話です。

【軟水と和食文化】

 日本のほとんどの地域は軟水です。軟水はクセがなくまろやかな味わいなので、素材の味を生かした料理に適しています。

 その豊富な水を使って日本では「煮る」「蒸す」「茹でる」など水をたくさん使った調理法や、「出汁」「豆腐」「日本酒」などの素材の持ち味を生かした和食文化が作られてきました。

 また、「茶の湯(茶道)」が発達した理由の1つにも軟水が挙げられます。

【水と料理のおいしい関係】

①ご飯を炊く

 かたく乾燥した米が十分に水分を吸収し、熱が加わることでおいしいご飯になります。たっぷりと水分を含ませるには、おいしい水がとても大切。日本人の好きな、ふっくら艶やかなご飯に炊き上げるには、軟水が良いとされています。

 それは、硬水で炊くと水に含まれるカルシウムが食物繊維を硬くするため、粘り気が無くパサパサとしたご飯になってしまうからです。ただし、ピラフやパエリアなどお米の粘りを出したくない料理の場合には、硬水を使うのもおすすめです。

②出汁を取る

 和食の基本でもある出汁には、主にかつお節と昆布が使われています。その素材の成分を十分に引き出すには軟水が良いとされています。

 硬水を使うと水に含まれるミネラル分がかつお節や昆布などのうま味成分と結合し、アクとなって出てしまうため素材のうま味が上手に引き出されなくなってしまいます。

③素材を煮る

 和食でよく使われる魚や野菜も基本的には軟水が向いていると言われています。魚は軟水で煮ることでふっくらと仕上がり、本来のおいしさが引き出されます。

 また、野菜を煮るときにも軟水を使うことで、素材をやわらかく仕上げます。ただし、じゃが芋やかぼちゃなどを煮崩れさせたくない場合や、アクの強い野菜には硬水を使うのもおすすめです。

 そして肉の場合は、水に含まれるカルシウムと、肉を硬くしている成分とが結びつきアクとなって出てくれるため、かための肉をじっくり煮込む場合には、硬水の方が適しています。

④日本茶をいれる

 日本茶に合う水は、硬度30~80mg/リットル程度の軟水と言われています。日本の水道水のほとんどがこの範囲内の硬度なので日本茶をいれるのに適しています。日本茶は、うま味、渋味、苦味のバランスを楽しむ飲み物で、硬水だとそれらが抽出されにくくなってしまいます。

 よりおいしい日本茶を楽しむためには3~5分沸騰させて水道水のカルキ臭を抜くことが必要です。浄水器を使う場合も、沸騰させてから使うのがおすすめです。

 私たちの生活に欠かせない水。限りある資源だからこそ、おいしく、そして大切に使って行きたいですね。

Text by まち/食育インストラクター
    *      *
 管理栄養士・食育インストラクター監修の食育まめ知識を毎日配信しています。
「食育ずかん」は家庭から広げる正しい「食育」を皆様にお届けします。

外部リンク

cat_16_issue_oa-asahikids oa-asahikids_0_01ff6e313d69_どうする?こうする!高校受験 01ff6e313d69 0

どうする?こうする!高校受験

2019年4月17日 08:30 朝日中高生新聞

まずは勉強計画からスタート

 中3のみなさんのなかには「受験生になったけれど、何から手をつければいいかわからない」という人がいるかもしれません。最初に取りかかりたいのは高校入試までを見わたし、スケジュールを立てることです。
 
 入試に向けて取り組むべき勉強は、大きく三つあります。「中3で学ぶ範囲の予習と復習」「中1、中2の復習」「過去問(実際の入試問題)の演習」です。

 これらを視野に入れて、まずは季節ごとに大まかな計画を立てます。たとえば過去問の演習は秋以降、本格的に始まりますが、その時期までには中1や中2で学んだ内容の復習は一通り、終えておきたいですね。

 季節ごとの取り組みをイメージしたら、月ごとのスケジュールを立てます。「○月の終わりまでには英語の参考書を△ページまで終わらせる」など、より具体的な中身にするのがポイントです。
 
 月ごとのスケジュールをかためたら、今度は1週ごとに。月ごとの目標を達成するために「月曜日の午後8時から10時は中1の数学の問題集を○ページ分、復習する」「火曜日は塾から帰宅後、中2の理科の地学分野について○ページ分、テキストを見直す」といった具合に、何曜日にどのような勉強に取り組むかを決めます。

自分で設定、やる気に

 自分自身で目標を設定したり、計画を立てたりすることで「周りから言われたので、やっている」という意識ではなく、「自分のために決めたことだから」と受けとめることができ、勉強に対するやる気にもつながるはずです。
 
 こうした取り組みは大事ですが、中3のみなさんは学校の授業もおろそかにしないようにします。授業の内容を効率よく身につけるには予習・復習が欠かせません。

 1科目(教科)について前日に10分ほど教科書を読む→授業→その日のうちに15分ほど復習して問題を解く。週末に1週間分をふり返ると、より理解が深まります。

  *         *
解説 梁川由香
立教大学文学部卒業後、塾講師や家庭教師をつとめる。著書に『中学の勉強のトリセツ』(学研プラス)

外部リンク

cat_16_issue_oa-asahikids oa-asahikids_0_824bfe485a45_見た目問題 当事者と中高生語り合う 824bfe485a45 0

見た目問題 当事者と中高生語り合う

2019年4月17日 08:30 朝日中高生新聞

生き方を考える糸口に

 だれもが多かれ少なかれ、自分の見た目に悩みやコンプレックスを感じるものですが、病気のせいで顔が変形している、あざがある……といった症状があり、「人とは違う」ことに苦悩してきた人たちもいます。

 そうした当事者と中高生が語り合うイベントが先月23日、東京都内で開かれました。当事者たちの三者三様の姿から、みなさんもぜひ、「生きるためのヒント」を考えてみてください。(八木みどり)

受け入れるのは簡単じゃない

「見た目問題」の当事者3人が登場。中学、高校での学校生活を振り返りつつ、自身の見た目との向き合い方も話してくれました。
 
 石田祐貴さん(26)は、ほおやあごの骨が未発達な状態で生まれてくる「トリーチャーコリンズ症候群」。小さなあご、垂れ下がった目という特徴的な顔立ちに周囲の人が次第に慣れていっても、4月になればまた、新入生に指をさされる……ということが繰り返されてきたそうです。

 遺伝子疾患により、髪や肌が白いアルビニズムの神原由佳さん(25)は中学生の時、部活動で仮入部したら、その髪色から「ヤンキーが来たぞ!」と言われてしまったそうです。

 イベントでは半ば笑い話として語ったエピソードですが、「自分の『見た目』を受け入れているのか」と問われれば、そう単純ではありません。「そんな簡単に受け入れるなんてできないよ!」

おせっかい歓迎 安易な共感は…

 「見た目」に悩む人に、他者はどう接していけばよいのでしょうか。

 単純性血管腫という病気で、生まれつき顔に大きな赤いあざがある三橋雅史さん(37)。

 中学、高校では友だちが一人もできませんでした。しかし、高校の卒業間際、「キャッチボールしよう」と声をかけてくれた級友の存在が、その後の人生のエネルギー源になったといいます。その経験から、「おせっかいを焼いて、関わろうとしてほしかった」との希望を口にしました。

 石田さんは、顔についてストレートに質問してほしいといいます。「人は未知のことに恐怖を感じる。でも、知ればその恐怖は収まるから」。ただし、安易な共感は「自分のことは分かるわけないのに」と、うっとうしさを感じることもあるそうです。

 神原さんには「私は気にしないよ」などと言ってくれる友達がいたそうですが、そうはいっても、見た目が気になってしまう自分の気持ちはどうしようもないもの。「見た目を気にする私を認めてほしい」と話します。

感情も含めて認めてほしい

 最後に、中高生にメッセージを寄せてくれました。

 三橋さんは「見た目問題当事者への接し方に、決まったやり方はありません。自分流で考えてもらえたら」とアドバイスします。

 神原さんと石田さんは、見た目に悩む人に向けて、それぞれ「自分がつらいと感じたら、つらいと言っていい。その感情を認めてあげて」「3人の話を、みんなの生活に生かしてもらえたらうれしい」とエールを送りました。

 参加者からは「共感している部分もあったが、そういう『共感』が迷惑にもなり得ることを知った」「三橋さんが『自分、サイコー!』と言っているのを見て、『あ、私、自分のこと好きじゃないな』と気づいた。自分のことを好きになりたい」といった感想が寄せられました。

 イベントは「見た目問題」の解決を目指すNPO法人「マイフェイス・マイスタイル」と、朝日新聞の「withnews」が主催。朝中高特派員を含め、中高生約20人が参加しました。

外部リンク

cat_16_issue_oa-asahikids oa-asahikids_0_3b45eca3fa2f_自分に合った留学とは? 3b45eca3fa2f 0

自分に合った留学とは?

2019年4月17日 08:30 朝日中高生新聞

 4月は、高校留学をサポートする各交流団体が、今年の夏の短期留学や、来年からの長期留学の参加者を募集する時期です。

視野広がる短期 本音で暮らす長期

 2週間? 1カ月? 1年? 一口に留学といってもその期間はさまざまですが、海外旅行との違いは、滞在日数の長さだけではなく、能動的な「学び」があるかどうかだと思います。
 
 どんなことを学びたいか、どんな自分になりたいか。留学の期間を考えるときに、そんなことを切り口にしてみるのも一案です。
 
 部活もあるし、友だちもいるし、今の生活リズムを変えたくはない。でも一歩外にでて視野を広げてみたいという方には、夏休みなどの短期留学がお勧めです。

 英語研修を軸にしたプログラムのほか、「環境問題について考える」「リーダーシップについて学ぶ」といったテーマ型学習プログラムなど、その中身は実に多種多様。交流団体が主催しているものもあれば、学校がカリキュラムに組み込んでいるケースもあります。

 帰国後のアンケートを見てみると、自分は何を知らなかったか、何が自分に足りないのかに気づき、これからの目標を決めるきっかけになっていることが読み取れます。

 1年間の留学はどうでしょうか。短期留学の長期間バージョンかというと、これは全く別物であると考えたほうがいいでしょう。留学生のために特別なカリキュラムが組まれているのが短期留学なら、外国の高校生活をまるごと体験するのが長期留学です。

 外国で日常生活を送るということは、日本の日常生活から完全に離れて、新しい世界にどっぷり漬かって暮らすということです。今まで使っていたアプリをアンインストールして、新しいアプリを使って生活する。そんなイメージかもしれません。

 また、現地のホストファミリーや友だちも、時間がたつにつれて「お客さん」として接してくれる賞味期限が切れて、本音の顔をのぞかせます。

 長期留学の醍醐味は実はここから。自分と常識が違う相手とどうやったら仲良くやっていけるか、試行錯誤を繰り返すことになります。簡単なことではありませんが、達成感もひとしお、培った力は一生ものです。

 留学という機会をいつ、どのように組み込むのがいいか。そこに一律の正解はありません。自分に合ったプログラムを探してみてください。
    *    *
藤澤紀子 AFS日本協会広報 AFS日本協会は高校生向け留学プログラムの提供などで約60年の実績があります。

外部リンク

cat_16_issue_oa-asahikids oa-asahikids_0_fc3159b3690a_美しい「一瞬」がつまった写真集 fc3159b3690a 0

美しい「一瞬」がつまった写真集

2019年4月17日 08:30 朝日中高生新聞

 公立図書館の司書が、おすすめの本を紹介します。

『人生を変えた1枚。人生を変える1枚。』

 手のひらを広げたくらいの大きさなのに、ぎっしりと密度の濃い写真集です。

 日本最大級の審査制写真投稿サイト「東京カメラ部」で評価され、さらに日本を代表する写真誌の編集部が選んだ作品だけが載っている本なのです。プロになるきっかけになった作品など、写真家たちの人生の岐路となる作品が続きます。それも91人分、175枚も!
 
 息抜きができない、するのがもったいない。最後までページをめくる手が止まりません。

 どうしてこんな美しい瞬間に出合えるのだろうとため息をつき、誰でも見たことのある空や山などの風景が、どうしてこんなに美しく撮れるのかという思いでいっぱいになります。まさに奇跡の作品集。あなたの人生にインパクトを与える1枚に出会えるかも。

 そしてきっと、あなただけの視線で、一瞬の“最高の1枚”に自らも挑戦したくなるでしょう。
    *        *
仙台市民図書館(宮城県)司書・伊藤恒子

外部リンク

cat_16_issue_oa-asahikids oa-asahikids_0_f74612f52a7d_花や穀物の成長うながす春の雨 f74612f52a7d 0

花や穀物の成長うながす春の雨

空からのたより

 晴れの日は日差しの温もりがあって過ごしやすく、公園などで花を見かけると春らしさを感じますね。ただ、春は高気圧と低気圧が入れかわりやすく、数日おきに雨が降りやすくなりそうです。

 春にしとしとと降る雨は、読んで字のごとく「春雨」と言います。春雨サラダなどで親しまれている春雨は緑豆やジャガイモから作られていますが、これは細く透明なめんが、静かな春の雨を連想させることから名づけられたそうです。

 春の雨はまた、花がさくのをうながすように降ることから「催花雨」とも言われています。特に、3月から4月上旬の菜の花がさくころに降り続く雨は「菜種梅雨」と呼ばれています。

 春の味覚、タケノコも春雨が成長をうながします。タケノコは竹の若芽で、イネ科の野菜です。コリコリした独特の食感や香りがよく、タケノコごはんや煮物がおいしいですね。

 タケノコの名前の由来は、1か月を三つに分けた期間の「一旬」で、10日間ほどの期間のことです。毎月1日から10日を上旬、11日から20日までを中旬、21日から月末までを下旬と言います。成長するスピードが速く、1日で1メートルものびることもあるようで、一旬でタケノコから竹になるとされます。

 実はタケノコは、地表に出るか出ないかというとても短い期間で収穫されたものだけが、やわらかくおいしく食べられます。成長するとアクが強く、えぐみが出てしまうのです。

 天気予報で雨のタイミングをチェックすると、おいしいタケノコが収穫しやすくなるかもしれません。タケノコは雨が降った後に次々に地表に出てきます。このことから、物事が相次いで現れることのたとえに「雨後のタケノコ」ということわざがあるほどです。成長が速いことのたとえだと思いがちなので、気をつけたいですね。

 今月20日は二十四節気の「穀雨」で、暦の上では春の終わりをむかえようとしています。穀雨とは、田畑をうるおし、穀物の成長をうながす春の雨のことです。春雨は花や穀物にとって恵みの雨なのですね。かさが活躍する日は、雨がもたらす自然の恩恵に感謝しましょう。

新見千雅にいみ・ちか 日本気象協会気象予報士 看護師の仕事を約4年経験した後、気象会社で原稿の作成やラジオ番組の仕事を担当。現在はコラムなどを執筆している。

外部リンク

cat_16_issue_oa-asahikids oa-asahikids_0_505f319be737_調子の出ないあなたへ 505f319be737 0

調子の出ないあなたへ

 あなたに手紙を書きます。調子の出ないあなたに手紙を書きます。

 少し前、私はスランプ(不調)におちいりました。体調をこわした後、何も書けなくなりました。仕事もつまらない。食欲もない。体を動かすのがだるくて、布団の中にずっといました。悪い夢をたくさん見て、寝ている割には睡眠不足で、ひどい状態が続きました。

 そんな私を救ってくれたのは、海と空でした。仕事で訪れた静岡県焼津市。空気に磯の香りがしました。樹木のにおいもしました。空はどこまでも青く、海はさまざまに色を変えながら、白波を作っていました。遠くに富士山が見えました。そんな環境に自分を置いてみると、あら、不思議。体が、軽い。ご飯もおいしい。昨日までの自分がうそのように、周囲の人と元気にしゃべっていたのです。

 スランプの薬は「自然」でした。潮騒を聞きながら深い眠りにつきました。温泉から朝日がのぼる瞬間をながめ、体中に日を浴びました。そんなことをしているうちに、心も体も軽くなっていったのです。

 この季節は、体がだるくなるものです。新しい環境に慣れてくると、疲れが出てきます。そんな時は、無理をしてでも戸外に出よう。日を浴びて、花をながめ、空の広さを感じてみましょう。

 今、私はできる限り外を歩くようにしています。神社のような、自然の多い場所を歩くようにしています。調子の出ないあなた、外に出よう!
     *    *
ひきた・よしあき 博報堂のスピーチライター、博報財団コミュニケーション コンサルタント。

外部リンク

cat_16_issue_oa-asahikids oa-asahikids_0_31d3d0b03fc6_感謝やお祝いだけではない? 31d3d0b03fc6 0

感謝やお祝いだけではない?

2019年4月17日 08:30 朝日小学生新聞

音楽はお好き?「曲のプレゼントって……」

 大人向きに出版された楽譜を見ると、題名の下に小さいアルファベットで、何か書かれていることがあります。たいがいの場合、それは人の名前で、作曲家が曲をささげた相手の名前です。いわばプレゼントで、「献呈」と言います。古くは王様や貴族、時代が下がると自分の先生だったり、演奏家だったりします。

 練習のために作る「習作」をのぞいて、一般に作曲家は無料で曲を書いたり、わたしたりはしません。そこには何らかの計算が働いていると考えられます。

 バッハ一族の中でもひときわ優れていることから、「大バッハ」と言われるバッハの「音楽の捧げ物」は、フリードリヒ大王があたえた主題をもとに、家に帰ってから書き上げ、大王におくったものです。これは明らかにその宮殿に勤めたい(あるいは自分の子どもを勤めさせたい)という売りこみが感じられます。

 ベートーベンの「ワルトシュタイン・ソナタ」や「大公トリオ」は、それぞれ自分を援助してくれるワルトシュタイン伯爵(生徒でもあった)とルドルフ大公に「これからもよろしく」という意味をこめてささげた曲です。

 ただ、ベートーベンの「エリーゼのために」は、女性の名前ということはわかっていますが、その人との関係は不明です。曲をめぐっては、いい加減な推測がたくさん残っています。

 ベートーベンやモーツァルトは、先生に当たるハイドンに曲をささげていますが、感謝の気持ちに加えて、「仕事や生徒を回してください」という願いも、言外にこめられているのでしょう。

 ショパンやリストのピアノ曲に何人もの貴婦人の名前が見られるのも、弾いてほしいと思う以上に、彼女たちが開くサロン(小部屋)での演奏会に、また呼んでください、という意思表示なのです。

 もちろん、純粋にその人に感謝したり、お祝いの意味で曲をささげたりする場合もあります。エルガーが妻にささげた「愛のあいさつ」や、多くの作曲者が友人のために書いた(時には詞も)輪唱曲(カノン)などはそうでしょう。

 ところで、あなたは誕生日のプレゼントが曲だったら、どう思いますか? お礼はちゃんと言いましょうね。
     *    *
青島広志(あおしま・ひろし)。1955年、東京生まれ。東京芸術大学、同大学院修士課程を首席で卒業、修了。「火の鳥」「11ぴきのネコ」などこれまでに200曲あまりを作曲。著書に『クラシックの時間ですよ!』など。東京芸術大学講師、洗足学園音楽大学客員教授。テレビ出演多数。イラストも筆者

外部リンク

cat_16_issue_oa-asahikids oa-asahikids_0_01f3d12165dd_ムーミンの世界が日本にやってきた! 01f3d12165dd 0

ムーミンの世界が日本にやってきた!

2019年4月15日 08:30 朝日中高生新聞

 日本でも大人気のキャラクター「ムーミン」。その世界観を体感できる施設「ムーミンバレーパーク」が先月、埼玉県飯能市にオープンしました。朝日中高生新聞特派員が4日、施設を訪ねました。(前田奈津子)

ムーミンバレーパーク

 「ムーミンバレーパーク」は「メッツァ」という施設の一部で、宮沢湖のそばにあります。園内には、ムーミンの物語に登場する灯台や水浴び小屋などがあります。ムーミンの世界を体感できるアトラクションも楽しめます。

 朝日中高生新聞特派員は、ムーミンたちの暮らしを伝えるアトラクション「ムーミン屋敷」のガイドツアーに参加しました。ガイドの案内で中に入ると、キャラクターの部屋などが再現され、小物が飾られていました。

 キャラクターたちのショーが見られるのは「エンマの劇場」です。屋外のステージで、ムーミンをはじめ、ムーミンパパ、ムーミンママ、スナフキン、リトルミイなどが次々と登場しました。飲食店や、おみやげを買えるコーナーもあります。

 広報の池田明子さんは「公園のように、ゆっくりと過ごしていただける居心地の良いテーマパークを目指しています。ムーミンの物語にも興味を持ってもらえるとうれしい」。
 取材を終えて、朝日中高生新聞特派員は、「ムーミンのストーリーに関心を持たせるような工夫がされていて驚きました。自然の中でムーミンの世界観も楽しめる、すてきな空間だと感じました」と話していました。

ムーミン展も

 ムーミンの小説の原画などが展示された「ムーミン展」も東京・六本木で始まっています。

【ムーミン展】

 6月16日(日)まで、東京・六本木の森アーツセンターギャラリーで開催。午前10時~午後8時(火曜は午後5時まで)。入館は閉館の30分前まで。会期中は無休。
 一般1800円、中高生1400円、4歳~小学生800円、3歳以下は無料。
 6月29日~9月1日は大分県立美術館、12月7日~2020年1月19日は名古屋・松坂屋美術館で開催予定。

外部リンク