cat_17_issue_oa-afpbb oa-afpbb_0_9b5021577ccc_炎上するアマゾン、ネットで話題に ブラジル大統領はNGO非難 9b5021577ccc 0

炎上するアマゾン、ネットで話題に ブラジル大統領はNGO非難

2019年8月22日 05:07 AFPBB News

【AFP】ブラジル北部のアマゾン(Amazon)熱帯雨林で起きた火災がソーシャルメディアで大きな話題を呼ぶ中、同国のジャイル・ボルソナロ(Jair Bolsonaro)大統領は21日、環境団体が火災を引き起こした可能性を示唆した。

 ツイッター(Twitter)上では、世界最大の熱帯雨林であるアマゾンの一部に広がる火災を写したとされる写真が拡散。ハッシュタグ「#PrayforAmazonas(アマゾナスに祈りを)」は24万9000回ツイートされ、21日の世界トレンド1位となっている。あるツイッターユーザーは「私たちがどれほど成功しようと、地球が死ねば、私たちも皆死ぬ」と投稿した。

 ブラジル国立宇宙研究所(INPE)の発表によると、同国で今年1月~8月に記録された森林火災は2013年以降で最多の7万3000件近くで、大半がアマゾンで起きたものだった。これに対し、2018年の同時期に起きた森林火災は計3万9759件とされる。

 森林伐採の監視を担当するINPEは、ここ数か月の急激な森林伐採の増加を示す統計を公表して以降、ボルソナロ大統領の怒りを買っており、同統計はINEP所長の解任にもつながった。

 火災による延焼面積は21日時点で計測不能だが、サンパウロ(Sao Paulo)含む複数の都市はここ数日、厚い煙で覆われていると伝えられており、民間航空便が航路変更を余儀なくされる事態にもなっている。

 アマゾンの森林は、気候変動の抑制に重要な役割を果たすとみられている。世界自然保護基金(WWF)は、森林火災が今年急増した原因がアマゾンでの森林伐採の加速にあると批判。ボルソナロ大統領は21日、これに反論し、「こういったNGOが私とブラジル政府に対して人目を引き付けるために行った犯罪行為」が森林火災の原因かもしれないと指摘した。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

cat_17_issue_oa-afpbb oa-afpbb_0_53ececd076a2_仏有名ラッパーのビデオ撮影現場に武装集団、発砲も 数人負傷 53ececd076a2 0

仏有名ラッパーのビデオ撮影現場に武装集団、発砲も 数人負傷

2019年8月21日 21:16 AFPBB News

【AFP】フランス有名ラッパー、ブーバ(Booba)さん(42)のミュージックビデオの撮影現場が20日夜、銃や野球バットで武装した15人ほどの集団に襲撃され、発砲などにより数人が負傷した。翌21日、AFPの取材に応じた警察関係者が明らかにした。ブーバさん本人はその場にいなかったという。

 撮影が行われていたのは、パリの北東に位置するオルネースーボワ(Aulnay-sous-Bois)で、事件は21日午前0時(日本時間同午前7時)直前に起きた。負傷者の一人は大腿(だいたい)部に被弾したが、命に別状はないという。

 ブーバさんは最近、同じく仏有名ラッパーのカーリス(Kaaris)さん(39)と激しい対立関係にある。昨年にはパリのオルリ空港(Orly Airport)で2人とそれぞれの同行者が乱闘騒ぎを起こし、ターミナルの一部が閉鎖され、同空港の発着便に遅延が出る事態となった。

 2人は約1か月にわたり独房に入れられ、重い罰金を科されたにもかかわらず、今度は今年11月にスイスで巨額の賞金を懸けた総合格闘技の試合を行って決着をつけると宣言。しかし双方が表立って脅し合いを続けていることから、スイス当局が先週になって試合中止の決定を下した。

 脅しの応酬の中で、カーリスさんは相手の血を飲んでやると言い、ブーバさんは「お前を殴り殺す」と応じていた。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

cat_17_issue_oa-afpbb oa-afpbb_0_c88924415d0a_エベレストで使い捨てプラスチック禁止へ、ネパール c88924415d0a 0

エベレストで使い捨てプラスチック禁止へ、ネパール

2019年8月21日 20:25 AFPBB News

【AFP】ネパールのエベレスト(Everest)周辺地域で、登山者やハイカーなどが出すごみを減らすために使い捨てプラスチック製品が禁止される。同国当局が15日発表した。

 世界最高峰エベレストや他の雪山を擁するクーンブパサンガラム(Khumbu Pasang Lhamu)に導入される新しい禁止令は、厚さ30ミクロン以下のすべてのプラスチック製品や飲料用プラスチック製ボトルなどが対象で、来年1月から施行される。ただし、違反した場合の罰則などはまだ決まっていない。

 地域一帯には登山者やハイカーを含む年間5万人の観光客が訪れる。今年の登山シーズンは史上最多となる885人がエベレストに登頂。登山者数全体も史上最多を記録すると同時に、政府主導の清掃プロジェクトで10トン以上のゴミが回収された。

 政府の委員会は先週、エベレストへの登山許可を、ネパール国内にある標高6500メートル以上の山の登頂経験がある登山者に限定する方針を提案した。また現在1万1000ドル(約120万円)となっているエベレストの入山料を3万5000ドル(約370万円)に、標高8000メートル以上の山については2万ドル(約210万円)にすることを提案している。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

cat_17_issue_oa-afpbb oa-afpbb_0_de016050f17a_中国、在香港英総領事館職員の拘束認める 「国内問題」と主張 de016050f17a 0

中国、在香港英総領事館職員の拘束認める 「国内問題」と主張

2019年8月21日 19:27 AFPBB News

【AFP】中国政府は21日、今月に入り行方不明になっていた香港にある英国総領事館の職員について、中国当局が拘束していることを認めた。

 中国外務省の耿爽(Geng Shuang)副報道局長は同日の記者会見で、同職員は深セン(Shenzhen)警察により、治安管理処罰法違反で「15日間の行政拘留」処分を受けていると説明した。

 耿氏は「はっきりさせておく、この職員は香港の市民であり、英国人ではない。つまり中国の国民だということだ」と述べ、これは国内の問題だと主張した。

 同職員の家族が公表したところによると、男性の氏名はサイモン・チェン(Simon Cheng)氏。チェン氏は8日、会議に出席するため、日帰りの予定で香港に隣接する深センへ出張。

 その夜同氏から、列車で戻り税関を通るところだとのメッセージが届いたものの「以後連絡が取れない」と、家族がフェイスブック(Facebook)で明かした。

 中国政府は香港の旧宗主国である英国に対し、香港で続いている民主改革を求めるデモをめぐるいかなる「介入」も無用だと、再三にわたって警告している。

 耿氏は「英国は最近香港に関し、誤った発言が多い」と指摘。「英側には、香港問題で騒ぎ立てたりあおったりしないよう、改めて要請する」と述べた。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

cat_17_issue_oa-afpbb oa-afpbb_0_71453ffedddd_コアラの飢餓問題、ふん便カプセルの投与で解決? 豪研究 71453ffedddd 0

コアラの飢餓問題、ふん便カプセルの投与で解決? 豪研究

2019年8月21日 18:12 AFPBB News

【AFP】コアラは餌とするユーカリの種類のえり好みが激しく、生息地の消失による悪影響を受けやすいが、オーストラリアの研究チームは、別の品種のユーカリを食べるコアラのふん便を摂取させることで、コアラの飢餓問題を解決できるとする論文を発表した。

 この研究では、経口摂取できるカプセル入りに加工したふん便をコアラに与えて腸内の微生物環境を変化させ、食べられるユーカリの葉の種類を広げた。

 専門誌「アニマル・マイクロバイオーム(Animal Microbiome)」に20日掲載された論文の主執筆者で、豪クイーンズランド大学の化学・分子生物学部( University of Queensland、Chemistry and Molecular Biosciences)に所属するミカエラ・ブライトン(Michaela Blyton)氏は、ビクトリア(Victoria)州ケープオトウェー(Cape Otway)でコアラの個体数が激減したことがこの研究を始めるきっかけになったという。

 ブライトン氏は、「2013年にコアラの個体数が増えて過密状態となり、彼らが好むユーカリの一種マナガムの木が枯れてしまった」と説明。その結果、70%のコアラが餓死する事態となったが、コアラたちが同じユーカリ属のタスマニアン・オークを食べる兆しは一切なかった。一方、コアラの中にはタスマニアン・オークしか食べないものもいる。

 ブライトン氏と西シドニー大学(Western Sydney University)の共同研究者は、コアラの腸内に存在するマイクロバイオーム(微生物叢)が原因で、コアラが摂取できる食べ物が制限されていると考え、マナガムしか食べないコアラにタスマニアン・オークを食べるコアラのふん便を与えて微生物を移植し、食の幅を広げることが可能かどうかを調べた。

 研究チームはマナガムしか食べない野生のコアラを捕獲し、タスマニアン・オークを食べるコアラのふん便を酸に強いカプセルに入れて投与。これによりマナガムしか食べないコアラの腸内微生物が変化し、タスマニアン・オークも食べられるようになることを発見した。

 ブライトン氏は、「コアラはいつものユーカリの木が食べ尽くされたり、新たな土地に移されたりした場合、新しい餌に適応することが生まれつき困難なのではないか」とコメントした。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

cat_17_issue_oa-afpbb oa-afpbb_0_36d1e7fb8fa3_スパイダーマンがMCUから消える? マーベル親会社ディズニーとソニー交渉決裂 36d1e7fb8fa3 0

スパイダーマンがMCUから消える? マーベル親会社ディズニーとソニー交渉決裂

2019年8月21日 16:42 AFPBB News

【AFP】「スパイダーマン(Spider-Man)」映画の契約条件をめぐり、映像化権を持つソニー・ピクチャーズエンタテインメント(Sony Pictures Entertainment)と、マーベル・スタジオ(Marvel Studios)の親会社であるディズニー(Disney)との交渉が決裂し、マーベルのスーパーヒーローシリーズ「マーベル・シネマティック・ユニバース(Marvel Cinematic Universe、MCU)」に今後スパイダーマンが登場しなくなる可能性が生じている。米ハリウッド(Hollywood)の複数のメディアが20日伝えた。

 マーベル映画の作品群であるMCUは世界で計220億ドル(約2兆3400億円)の興行収入を記録し、映画史に残る高収益をたたき出している。特に数十年にわたってマーベルのコミック部門の「至宝」とされてきたスパイダーマンは、英俳優トム・ホランド(Tom Holland)が演じ、マーベル映画でも中心的な存在になっている。

 一方、スパイダーマンの映像化権はソニー・ピクチャーズエンタテインメントが保有している。そのため、MCUにスパイダーマンが登場し始めたのは、2015年にソニーとその競合相手のディズニーを親会社に持つマーベルが、共同製作と利益分配に関する前例のない契約を結んで以降のことだ。

 ただ複数のハリウッド系メディアはここへ来て、ソニーとディズニーが次回作以降の金銭的条件で合意に至らなかったことで、ソニーとマーベルの提携関係も解消されたと報じている。

 この件に関する第一報を伝えたハリウッド専門ニュースサイト「デッドライン(Deadline)」によると、次回以降のスパイダーマンが登場する映画の収益について、ディズニーが自社取り分の大幅な引き上げを要求したが、ソニー側は既存の契約内容の変更を拒否したという。

 デッドラインによると、マーベル・スタジオ社長のケビン・ファイギ(Kevin Feige)氏はこれ以降、ソニーのスパイダーマン単独映画の製作には携わらないという。

 芸能誌ハリウッド・リポーター(Hollywood Reporter)のグレアム・マクミラン(Graeme McMillan)記者によると、これは今後のマーベル映画にスパイダーマンが「ほぼ確実に」登場しなくなることを意味するという。

 マクミラン氏は、スパイダーマンがMCU最新作で「マーベル・シネマティック・ユニバースの顔」になったと指摘し、「結局、この件はソニーよりも、マーベルにとってより大きな問題だ」としている。

 スパイダーマンは、MCUの『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(Captain America: Civil War)』や最新作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(Spider-Man: Far From Home)』をはじめ、世界歴代最高興行収入を記録した『アベンジャーズ/エンドゲーム(Avengers: Endgame)』などに登場している。

 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント、ディズニー両社は、今回の報道に関してともに公式コメントを出していない。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

cat_17_issue_oa-afpbb oa-afpbb_0_2689be423def_ベッカム氏の新クラブに苦難、本拠地建設予定地から汚染物質 報道 2689be423def 0

ベッカム氏の新クラブに苦難、本拠地建設予定地から汚染物質 報道

2019年8月21日 16:01 AFPBB News

【AFP】サッカー元イングランド代表のデビッド・ベッカム(David Beckham)氏が共同オーナーを務める米メジャーリーグサッカー(MLS)の新クラブ、インテル・マイアミ(Inter Miami)のホームスタジアム建設予定地から汚染物質が検出されたと、米紙マイアミ・ヘラルド(Miami Herald)が報じた。

 同紙は、スタジアム建設予定地のマイアミ市営ゴルフ場メルリーズCC(Melreese Country Club)の土壌を分析した結果、表面レベルで法定基準値の2倍以上のヒ素と危険物質が見つかったと伝えた。

 マイアミ空港(Miami International Airport)に隣接する131エーカー(約53万平方メートル)の土地は、インテル・マイアミの本拠地建設地となっており、10億ドル(約1065億円)をかけて複合型スタジアムの建設が計画されている。

 報道を受けてマイアミ市のエミリオ・ゴンザレス(Emilio Gonzalez)市政代行官は、同市唯一の市営ゴルフ場であるメルリーズCCの閉鎖を命じた。

 マイアミ・ヘラルド紙は、インテル・マイアミから委託された環境関連会社のEE&G社が分析した結果、ここ数か月の間に採取された土壌サンプルから高濃度のヒ素だけでなく、法定基準値を超えるバリウムとリード化合物が見つかったと伝えている。汚染の原因は、現在は使用されていない市営焼却炉だとみられている。

 同紙は、他の機関が実施した調査でも土壌から高濃度のリード化合物が検出されたとして、同じような汚染結果が出ていると報じた。

 汚染除去のコストにより、複合型スタジアムの建設計画が実現不可能になるかどうかは現時点では明確になっていない。インテル・マイアミは以前、土地の汚染除去コストとして3500万ドル(約37億円)を見積もっていると発表していた。

 2020年にMLSデビューを果たすのに合わせて、インテル・マイアミはフォートローダーデール(Fort Lauderdale)近郊に暫定スタジアムを建設することを計画している。

 ベッカム氏のグループは5月、米フロリダ州の裁判所から、かつて存在したフォートローダーデール・ストライカーズ(Fort Lauderdale Strikers)が使用していたロックハート・スタジアム(Lockhart Stadium)を解体する許可を得ており、この地に1万8000人収容のスタジアムを建設する計画を立てている。

 計画ではメルリーズCC跡地の複合型スタジアムが完成するまでの2年間、インテル・マイアミはロックハート・スタジアムを解体して建設するスタジアムを使用することになっている。ロックハート・スタジアムはインテル・マイアミが6番目に提案したホームスタジアムの候補地だった。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

cat_17_issue_oa-afpbb oa-afpbb_0_9f88366a3211_動画:そして父になる?雄ペンギンのカップル、本物の卵を温め中 9f88366a3211 0

動画:そして父になる?雄ペンギンのカップル、本物の卵を温め中

2019年8月21日 15:26 AFPBB News

【AFP】ドイツのベルリン動物園(Zoo Berlin)で石を真剣に温めようとする姿が確認されていた10歳の雄ペンギンのカップルに、このたび本当の親になるチャンスが与えられた。

 先日、同園の職員が雄同士のカップルだったキングペンギンのスキッパー(Skipper)とピング(Ping)にキングペンギンの雌が産んだ卵を与えると、2羽はすぐに抱卵を始めたという。

 飼育員によると、卵を産んだ雌と雄のカップルは最近仲がうまくいっておらず、卵をだめにしてしまうことがあった。飼育員はスキッパーとピングを養父とすることについて、「素晴らしい」考えだと語った。

 スキッパーとピングが温めている卵が有精卵かどうかは定かではないが、もし卵がかえれば同園で20年以上ぶりに誕生するペンギンになるという。15日撮影。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

cat_17_issue_oa-afpbb oa-afpbb_0_5f79254a76e6_メキシコ裁判所、娯楽目的のコカイン使用許可を認める判決 5f79254a76e6 0

メキシコ裁判所、娯楽目的のコカイン使用許可を認める判決

2019年8月21日 14:01 AFPBB News

【AFP】メキシコの首都メキシコ市の裁判所は、コカインの娯楽目的での使用の許可を求めて訴えを起こしていた2人に対し、許可を認める判決を下した。同国の麻薬戦争の解決に取り組む団体「メキシコ・ユナイテッド・アゲインスト・クライム(Mexico United Against Crime)」が20日、明らかにした。判決は上級裁判所による審査を経る必要があるが、同団体は「歴史的な一歩」だと歓迎の意を示している。

 メキシコ・ユナイテッド・アゲインスト・クライムによると、判決は2人に「コカインの所持、持ち運び、使用」を認めるもので、同様の判決が出されるのはメキシコでは初めて。ただ、販売については認められていない。

 また判決は今年5月に出されたもので、裁判所は医薬規制当局である連邦衛生リスク対策委員会(COFEPRIS)に2人のコカイン使用を認可するよう指示したという。

 メキシコは近年、厳格な薬物禁止政策から徐々に距離を取っている。左派のアンドレス・マヌエル・ロペスオブラドール(Andres Manuel Lopez Obrador)大統領は、薬物の所持・使用などの非犯罪化の検討を繰り返し訴えており、同氏率いる政党「国家再生運動(Morena)」は娯楽目的のマリフアナ(大麻)使用を合法化する法案を議会に提出している。【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク

cat_17_issue_oa-afpbb oa-afpbb_0_875ccebacba9_「汚染ゼロ」水素を原油から抽出、気候変動の突破口となるか 875ccebacba9 0

「汚染ゼロ」水素を原油から抽出、気候変動の突破口となるか

2019年8月21日 13:01 AFPBB News

【AFP】温室効果ガスを排出せずに原油から水素を抽出する方法を開発したとの研究結果が20日、発表された。研究チームによると、エネルギーのクリーン化と気候の「特効薬」となる革新的技術だという。

 水素はガソリンや軽油と異なり、燃焼時に汚染がまったく発生しない。自動車の動力源としてすでに利用されている他、水素発電の可能性もある。だが、炭化水素から水素を分離させる費用が高いことが、これまで水素技術の広範な展開の妨げとなっていた。

 現在、自動車で使用される水素の大半は天然ガスから抽出されており、この抽出過程で温室効果ガスのメタンが生成される。

 カナダの技術者チームは今回、二酸化炭素(CO2)とメタンを地中に残したまま、オイルサンド(油砂)や油田から直接水素を抽出する方法を考案した。

 研究成果はスペイン・バルセロナ(Barcelona)で開催のゴールドシュミット(Goldschmidt)地球化学国際会議で発表された。研究チームは、この技術は温室効果ガスをまったく排出せずに、カナダ全土で必要となる電力を向こう330年間、供給できる可能性があると説明している。

 技術の商業化を進めているカナダ企業プロトン・テクノロジーズ(Proton Technologies)のグラント・ストレム(Grant Strem)最高経営責任者(CEO)はAFPの取材に、油田から低価格で抽出されたゼロ・エミッションの水素は、大部分の既存インフラを利用して世界中に電力を供給できると述べた。「クリーンエネルギーとクリーンな気候の特効薬となる」

 世界のエネルギー需要と排出ガスが足並みをそろえて増加している状況では、世界が温室効果ガスの抑制に迅速に取り組まなければ、気温が危険な水準に上昇する恐れがあると、国連(UN)の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」は指摘している。

 ストレム氏によると、現行1キロ当たり2ドル(約210円)の水素生産価格を、新たに開発された抽出方法では1キロ当たり0.10~0.50ドル(約11~53円)に抑えられるという。

 放棄された油田には今も相当量の原油が残留している。ストレム氏ら研究チームは、この油田に酸素を注入すると下層の温度が上昇し、水素が遊離されることを発見した。この水素をろ過すれば他のガスから分離できるという。「この過程では唯一水素が生成される。つまり、この技術が実質的に汚染ゼロ、ゼロ・エミッションであることを意味する」とストレム氏は述べた。

 ドイツ・ポツダム地球科学センター(GFZ)のブライアン・ホルスフィールド(Brian Horsfield)教授は、このシステムが産業規模でどのように機能するか確認するには広範な実地試験が必要になると指摘した。

 だが、同氏はこのプロジェクトは「極めて革新的で素晴らしい」と評価している。「衰退しつつある油田インフラが息を吹き返すことになる」 【翻訳編集】AFPBB News

外部リンク