cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_yiw5given8zg_【武漢書簡01】新型コロナで武漢市民が怒りの告白「ウイルスに注意喚起した医師の死」 yiw5given8zg yiw5given8zg 【武漢書簡01】新型コロナで武漢市民が怒りの告白「ウイルスに注意喚起した医師の死」 oa-aera 0

【武漢書簡01】新型コロナで武漢市民が怒りの告白「ウイルスに注意喚起した医師の死」

2020年9月11日 18:00 AERA

 新型コロナウイルスによる肺炎が流行した武漢で、作家の方方氏が発表し続けた日記が世界の注目を集めた。温和で、中国共産党の権威に挑むものではまったくなかったが、流行を食い止められなかったことについて責任を追及する考えを示しただけで、中国国内で2カ月にわたり数千万のネットユーザーの袋叩きに遭い、脅迫を受けた。この「私はウイルス――武漢ロックダウン日記」は、方方氏と同じく武漢で暮らす一般市民の男性「阿坡(A.PO)」が、中国共産党を批判する反省の書として記したものだ。「一人の健全な精神を持つ中国人」として、世界に向けてお詫びの気持ちを示したいという。手記は、2020年2月26日、昨年12月に「原因不明の肺炎」についていち早く警告を発した医師の死を知ったところから始まる。

マスク義務化で保健当局責任者が「命の危険」感じる事態に…米国で着用めぐり分断深まる

*  *  *

■2020年2月6日 ウイルスに注意喚起した医師の死


 2020年2月6日午後10時すぎ、「環球時報」の微博(ウェイボー=中国のSNS。フェイスブックやツイッターのようなコミュニケーションツール。中国では一般に海外のSNSは利用できない)に、「内部通報者」李文亮医師が午後9時30分武漢中心病院で救急処置の甲斐なく死亡したという情報が流れた。

 私は目を涙で潤ませながらこの情報をシェアしたが、そこに「対不起(ごめんなさい)」の3文字を書き加えた。震えるほどの驚き、胸が痛むほどの残念さと同時に私がまず感じたのは「ごめんなさい」だったからだ。

 しかし、それはネット上にあっという間に湧き上がった「彼らは李医師にお詫びしてしかるべきだ、われわれは李医師に感謝してしかるべきだ」という反応とは異なるものだった。私は、個人としてではなく中国人全体が李医師に対しお詫びしてしかるべきだと思ったのだ。なぜなら、この私を含む中国人全体が長らく無視し、仕方がないと許し、黙認し、賛美さえしたでたらめな体制が李医師を殺したのだから。

■新型ウイルスの注意喚起


 彼は2019年12月30日、微博の友人グループ内で同僚らに新型コロナウイルスについて注意喚起を行った8人の医師の一人。その後、当局の取り調べを受けた。

 まだ34歳。子ども一人、双子を宿した身重の妻、彼同様コロナウイルスに感染し治療中の両親を残して世を去った。かくのごとき惨劇は、とがった氷柱が心臓を刺し貫くように私に痛みを与え、自分がばらばらになるような感覚を与え、この身が中国人全体の一部であることに深い慚愧の念を抱かせた。

「本日DNA検査の結果が陽性と判明。もやもやは晴れた。とうとう診断が確定した」――これは李文亮医師が2月1日に書き込んだ微博のメッセージであり、あろうことか人生最後のメッセージとなったものだ。

 どうして診断確定からわずか5日で世を去らねばならなかったのか? 若い世代は免疫力が強く治癒率が高いのではなかったか? それより上の世代でも少なからぬ感染者が治癒し退院しているのではないのか? どうして自身医師たるものが十分な医療資源を得られなかったのか? 適切な治療を十分に受けられずあっという間に生を終えねばならなかったのか?

■8人の「内部通報者」


 私はむしろ疑念を持ち始めた。李医師は治療の過程で不当に扱われたのではないか、と。李医師は1月12日の時点ですでに発熱のため入院していたからだ。と同時に、こうも考えた。李医師は訓戒処分を受けた8人の「内部通報者」の一人で、マスコミとネットユーザーの関心を集める身、全国的な注目を集める時の人であるから、ひとたびコロナウイルス新型肺炎と診断されれば体制にとっては大きな恥辱となる。病状を意図的に隠そうとする姦計も生まれるのではないか? もしそうなら、李医師は謀殺されたことになる!

「大局こそ重要」の考えに慣れきった体制を目の当たりにするとき、彼らは個人の犠牲の上に社会の安定を粉飾するのだと考えても私はいささかも暗い気持ちにならない。彼らは国の安定的な統治を維持するためとして後ろ暗い事に手を染めたことがある。過去も現在も、そして未来も。

 続いて起きた出来事は、私の猜疑を証明できないまでも、彼らの邪悪さを証明することになった。

 午後10時半ごろ、すなわち「環球時報」が李医師の訃報を発した1時間後、その微博上の投稿は削除された。訃報には「複数の関係者に証拠を求めたところ」のような字句があったのではないか? 「環球時報」は権威ある大メディアではないか? 私は当然ながら李医師がまだ生きているから、まだ治療中であるからニュースが削除されたのであればと願った。ニュースがガセであってほしいと望んだ。奇跡が起きてほしいと。

 そこで私は急いで微博じゅうを検索してみた。すぐにこんなメッセージが見つかった。「ウイルス流行の内部告発者である李文亮医師はいまだに緊急治療中である。彼のために祈ろう」。このメッセージの発信者は武漢中心病院の医師だった。しかし、それを僥倖と受け止めるわけにはいかなかった。メッセージには「彼は生死の境にいる」という表現もあったからだ。私は怒りが込み上げた! 体制についての私の理解に従えば、ほとんどうなずける話である。彼らはまさに今、遺体をさいなんでいる。なんと邪悪なことか。

■同僚たちの情報発信


 さらに2月7日午前2時すぎ、私は中心病院から流れ出したいくつかの情報を目にした。それらの発信時間はどれも6日午後11時ごろだった。

「8時半危篤。無理やり挿管、生きながら責め苦を与えられる。死して後に挿管、ECMO(体外式膜型人工肺装置)すべて試される」

「幹部は言う。まだまだ蘇生処置を施すのだ、彼が死ぬと面倒なことになる、もう少し頑張らなければならない、たとえだめでも、一つのポーズとして。微博にうずまく憤怒は大地を揺るがすほどのものだ」

「メッセージを見たとたん私はデマだと思った。もどかしく防護服に着替え呼吸科のICUに駆け付けると、そこで見たものは血の気のない一体の患者だった。いまだ心臓マッサージ機が打ち続け、同僚たちが周囲を取り巻いていた。ECMO? 何か意味があるのか。心肺は停止して久しい。すでに意味はないのだ……」

 明らかにこれらは武漢中心病院の医師たちだ。李医師の同僚たちが情報を発信したのだ。すべてに目を通した私はソファの上で声にならず泣いた。ウィスキーをしこたま飲んで落ち着きを取り戻した私は自分に言い聞かせた。「何かしないわけにはいかない」

○阿坡(A.PO)/一武漢市民。77日間の武漢都市封鎖(ロックダウン)を経験し、この手記を執筆。「阿坡」は本名ではない。全世界に多大な迷惑と災難をもたらした新型コロナウイルスについて、一人の健全な精神を持つ中国人としてお詫びの気持ちを表すために、英語の「apologize(お詫びする)」から取った。全世界の国々が中国からのお詫びを待ったとしても、それが述べられることはない。だか、この名前を用いて手記でお詫びの気持ちを表したいと考えている。

訳:kukui books

※AERAオンライン限定記事

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_9fs7dgttympf_辻希美「広い視野で世界を見てください」 コロナで「将来描けない」子どもにエール 9fs7dgttympf 9fs7dgttympf 辻希美「広い視野で世界を見てください」 コロナで「将来描けない」子どもにエール oa-aera 0

辻希美「広い視野で世界を見てください」 コロナで「将来描けない」子どもにエール

2020年9月11日 18:00 AERA

 新型コロナで変わった日常を前に、ストレスや不安から戸惑いもがく親子も多いだろう。どう向き合えばいいのか。4児の母親として、子どもたちを間近で見てきたタレントの辻希美さん(※辻の字は1点しんにょうが正式表記)がエールを送る。AERA 2020年9月14日号から。

浜辺美波 好物は意外と渋い海産物 俳優として憧れるのは原節子!

*  *  *
 なんで外に行けないんだろう、なんで学校に行けないんだろう、なんで友達といっしょに遊べないんだろう──。

 緊急事態宣言が出されたころ、子どもたちの心の中はたくさんの「なんで?」でいっぱいだったと思います。外出ができるようになった今も、不安な気持ちは消えていないでしょう。

 このコロナ禍の中で、親御さんたちも今までにないストレスを感じていると思いますが、子どもはきっと親以上に感じていると思うんです。言葉にできず、自分自身も気づいていないストレスに心が追い込まれてしまっている。

 小4のうちの長男も、休校中に家で勉強したくないから、自分の鉛筆を折ったり消しゴムを切ったりしたことがありました。私が「もう1本あるよ~(笑)」と言って新しい鉛筆を差し出すと苦笑いしていたので、深刻なものではなかったけれど、この子なりに大変なんだなと改めて知る出来事でした。

 この数カ月で子どもたちの意識は大きく変わりました。外出するときにはマスクをすすんでするようになり、1歳の三男ですら自分から手のアルコール消毒をします。そういう姿を見ると、この先、世の中の当たり前も変わっていくんだなと思わされます。

 当然ながら感染予防はとても大切なことです。でも私は、コロナ禍で子どもたちの行動が制限されすぎて、いろんな経験が浅いまま大きくなってしまうことをとても心配しています。うちの4人の子どもたちは1歳から12歳まで年齢がばらけていますが、それぞれに、「外で思いきり遊びたい」「大切な人に会いたい」というような思いがあるはずです。その気持ちをセーブしすぎることなく、ちゃんと素直に今の自分の感情と向き合って、親と共有しながらこの状況下でできることをして過ごしていってほしい。

■広い視野で世界を見て


 親としては、とくに思春期の子には「ダメ」と言うことが一番ダメだと思っています。「いいよ」と言う必要はないんです。信頼して、共感するだけでいい。社会的にダメなものはダメだとしても、どこかに共感できる部分や、わかってあげないといけない部分があるなら、そこでつながっていればいいのかなって。

 世の中が混乱している今、「どんなふうに将来を描けばいいんだろう」と不安や恐怖を感じている子もたくさんいると思います。もしかしたら、何もかもが上手くいかず「自分なんて生きている意味がない」と思い詰めてしまうことだってあるかもしれない。

 ただ、絶対に独りぼっちではないし、夢中で取り組めることや自慢できる何かがきっと見つかると思うんです。だから、全部イヤになってしまったときは、一回冷静になって自分のことをよく見つめてください。

 でも、その“何か”を持つには努力も必要で。同じ目標を持つ友達を作ったり、目指す場所に身を置いたりするためには、自分から行動を起こさないと難しい。待っていてもなかなか来ないんです。

 だからこそ、今自分に足りないものをすべて周りのせいにするのではなく、決して自分を独りぼっちだと思い込まず、広い視野で世界を見てください。コロナ禍の今、より強くそう思います。

(構成/編集部・藤井直樹)

※AERA 2020年9月14日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_2c38niw06cdd_大倉忠義 「男女の問題も、男同士での問題も変わらない」 感情を積み重ねてわかったこと 2c38niw06cdd 2c38niw06cdd 大倉忠義 「男女の問題も、男同士での問題も変わらない」 感情を積み重ねてわかったこと oa-aera 0

大倉忠義 「男女の問題も、男同士での問題も変わらない」 感情を積み重ねてわかったこと

2020年9月9日 18:00 AERA/写真・gettyimages

 9月11日、主演映画「窮鼠(きゅうそ)はチーズの夢を見る」が公開される。男性同士の切ない恋愛物語を演じる中で、俳優として、関ジャニ∞のメンバーとして、発見があった。AERA 2020年9月7日号から。

関ジャニ大倉、男性同士の恋愛映画に“はにかみ” 「今だからこそ演じられる役だった」

*  *  *
 大倉忠義さんが主演を務めた映画「窮鼠はチーズの夢を見る」が9月11日から公開される。常に受け身の恋愛をしてきた大伴恭一(大倉さん)は、彼に長年思いを寄せる今ヶ瀬渉(成田凌さん)に翻弄されながらも、次第に心を開いていく。水城せとなさんの同名漫画及び『俎上(そじょう)の鯉は二度跳ねる』を原作に、行定勲監督がメガホンを取った。

──脚本の堀泉杏(ほりずみあん)さんは、執筆中から大倉さんをイメージして恭一を描いていたと聞きました。


 驚きました。初めは「僕ですか?」という感じでした。ライブに来て下さっていたことは知っていましたが、認識して下さっているとは思いもしなかったので、「なんで僕のこと知っているの?」と(笑)。そういうご縁はなかなかないので、ありがたかったですね。

 この作品に出演するきっかけは、行定監督が声を掛けて下さり、監督の作品に出てみたいと思ったことが始まりです。そこから作品の題材を知り、原作を読みました。監督から、原作を読んでおいてと言われたわけではないのですが、読むことで自分が感じることもあると思いますし、作者の方の思いをすべて理解することは難しくても、なにかヒントになれば、という思いはあります。

──今ヶ瀬を演じる成田さんとは、撮影前にどんな話をしましたか。


 成田君とは、初めてあいさつをしたときの距離感のまま撮影に入りました。撮影前に監督、脚本家、プロデューサー含め一緒に食事をしましたが、それ以降は距離を縮めるために何か意識して行うことはなかったです。撮影中どんなことを感じていたかも、二人で取材を受けたときに初めて知ることが多かったです。この作品では、そんな距離感が良かったのかもしれません。

 撮影中は並行して別の仕事もありましたが、現場に行き、スタッフの皆さんが用意して下さった世界観のなかに入り、衣装を着ると、自然と恭一になっていく感じでした。

──胸が痛むような切ない恋愛が描かれています。恭一というキャラクターへの理解はどう深めていきましたか。


 恭一はもともと同性が好きだったわけではなく、僕と同じストレートな人間です。スタッフの方々が恭一の気持ちの流れを大切にしてくださり、ほぼ順撮りで撮っていったため、演じるなかで気持ちも自然とつながっていきました。頭で理解するというよりも、その瞬間、瞬間に感じていたことがつながり、恭一という人間になっていたように思います。

 この作品を通して感じたのは、男女で起きる問題も、男同士で起きる問題も大きくは変わらない、ということ。そういう意味では、「こういう感情を経験したことがある」と思えたからこそ、表現できたものもあるかもしれません。

──観終わった後も、「いま恭一はどうしているのだろう」という気持ちになります。


 クランクアップした時点で、恭一は僕のなかからはいなくなりました(笑)。どの作品でも割とそうですし、曲も演奏したら忘れてしまうこともあります。自分にとって音楽も芝居も、“そのとき、その瞬間のもの”なのかもしれません。映画の場合、刻まれた時間がスクリーンに残るので、それはとてもうれしいことです。

 演じるって、自分にとってはすごく大変なことなんです。自分とは違う人間のなかに、感情を吹き込んでいく。それは楽しくもあり、苦しい作業でもあります。

 今回は感情を高め、あふれさせていくところに苦労しました。そこまで感情を持っていくためには、自ら精神的に追い込まなければいけないこともあり、それを続けていると普段の生活にまで影響が出てしまう。非日常的なことをしているんだな、という感覚もあります。

 クランクアップするときは、そこから解放されていく感じがあります。まだまだ現場にいたいという気持ちはあるので、複雑な感情ですね。

──改めて感じた“演じることの面白さ”はありますか。


 監督が頭のなかで思っていることに、どれだけ近づけられるか。行定監督が「僕はこう思うけれど、どう思う?」と聞いて下さり、それに対し「やってみます」と答えて、それを毎日繰り返していく。「どういう意図で言っているのだろう」「そのためには、どうすればいいんだろう」と考えることが、自分のやりがいにつながっていた気がします。

 撮影中は監督を道標(みちしるべ)に、自分を信じてやるしかない。けれど、やればやるほど難しくなっていく。その時々のベストを尽くしていると言い切ることはできるのですが、できあがった作品を観ると、「自分はもっとこうできたのかもしれない」と反省することも多い。お客さまにはもちろん観てほしいのですが、自信を持って「この映画を観て」とはなかなか言えないです。

──関ジャニ∞としても、役者としても、両方でご活躍です。それぞれの活動で、どうバランスをとっているのでしょうか。


 グループがあることで、いつも、どこか心のなかに帰る場所があるという、安心感みたいなものがあります。だからこそ、“二刀流”で作品に挑めるのかもしれないですね。

 丸山(隆平)は以前行定監督と仕事をした経験があるので、撮影していることは話していました。でも、メンバーに「自分が出ているからこの映画を観て」なんて言ったことは一度もないです(笑)。

──これから、演じてみたい役はありますか。


 どんな役でも、役を頂けるのは幸せだなと思います。今回、「映画っていいな」と改めて感じました。それは撮影中も、撮影が終わってからも感じていることです。「映画は監督のもの」という言い方をすることがありますが、僕自身に「こうした表現を見せたい」という強い思いが必ずしもあるわけではないので、監督と意思疎通をしながらつくっていくことに喜びを感じました。もちろん、台本を読んで気持ちを準備して撮影に臨みますが、映画は監督の気持ちや表現したいことがよりストレートに反映されるという意味で、僕のようなタイプとは相性がいいのかもしれません。

 音楽活動もお芝居もできる限り、全力で取り組みたいという気持ちでいます。でも、その時々の年齢だからこそできることがきっとある。これから演じる役も、お芝居そのものも、20代の頃とは変わってくるかもしれない。そう思うと楽しみな自分がいます。

(ライター・古谷ゆう子)

※AERA 2020年9月7日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_6fxi3kfw5h2a_稲垣えみ子「ご近所ホテル泊、我が家で感じる自然の涼に改めて感動した」 6fxi3kfw5h2a 6fxi3kfw5h2a 稲垣えみ子「ご近所ホテル泊、我が家で感じる自然の涼に改めて感動した」 oa-aera 0

稲垣えみ子「ご近所ホテル泊、我が家で感じる自然の涼に改めて感動した」

2020年9月9日 18:00 AERA

 元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人とのふれあい、思い出などをつづります。

【「オンライン疲れ」の正体は“脳過労” 脳科学で考える「1日5分」効果的な解消法】

*  *  *
 先週ご報告した「ご近所ホテル宿泊」で、良いことずくめの中、唯一当てが外れたというか、思いもよらぬことがあったので書いておきたく。

 実は宿泊の目的の一つが「避暑」。何せ家にエアコンなしですからね。10年近い実績があるので皆様が思うほどは辛くないんだが、にしても夜も30度をさほど下回らぬ日が続くとさすがに寝苦しい。今年は涼しい山へ旅もできぬ。ならば1日くらい、ホテルでぐっすり寝るのも良いと思ったのだ。

 で、夕方チェックインしたらマジで天国かと思ったよ! 奇跡のように涼しい! なんちゅう贅沢とホクホクしていたんだが、肝心のお休みタイムが近づくにつれ、どうも落ち着かなくなってきた。

 だってね、昨日までのこの時間はひたすら奮闘努力しまくっていたのだ。まず熱い銭湯で盛大に汗をかき、帰宅したらハッカ油入りスプレーをシュッシュと体に吹き付け、ベランダに打ち水をして窓際にゴロンと横になり、わずかな風を感知しようと意識を集中して深呼吸……ここまでするとですね、ついに、じっとりした中に一瞬の涼が訪れる。と思ったらストンと寝ているのである。

 で、ホテル。確かに素晴らしく涼しいんだが、こう完璧に絶えず涼しいと、アクセントというものがない。することもない。当然汗もかかない。かかない汗は引かないのだ。となると、いつ寝ていいんだかわからない。そのうち、なんだか寒いような気がしてくる。なのでエアコンを切る。でも切ると暑い気がしてくる。で、つける。寒い。切る……ということを繰り返しているうちに眠れなくなった。正直、過酷な我が家を恋しく思ったんである。

 そして、めでたく灼熱の家に戻って数日後、ついに夏将軍が撤退を始めた。昼は暑くとも夕方の風が一変。夢のように心地よい風をかみしめながら、私は10時間ほどコンコンと寝た。誠に幸せな夜であった。先週、感動は近所にもあると書いたが、近所どころか我が家に一番の感動があったのだった。

稲垣えみ子(いながき・えみこ)/1965年生まれ。元朝日新聞記者。超節電生活。近著2冊『アフロえみ子の四季の食卓』(マガジンハウス)、『人生はどこでもドア リヨンの14日間』(東洋経済新報社)を刊行

※AERA 2020年9月7日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_vlsl0kwd5fr1_「最後は身動き取れなくなった」安倍政権の外交 「トップダウン」が裏目に vlsl0kwd5fr1 vlsl0kwd5fr1 「最後は身動き取れなくなった」安倍政権の外交 「トップダウン」が裏目に oa-aera 0

「最後は身動き取れなくなった」安倍政権の外交 「トップダウン」が裏目に

2020年9月9日 18:00 AERA/写真・朝日新聞社

 思わぬ形で終わりを迎えることとなった安倍政権。韓国・北朝鮮関係では当初、「トップダウン外交」を武器に大胆な対応をみせたが、結果は振るわなかった。AERA 2020年9月14日号では、朝日新聞編集委員の牧野愛博さんがその外交手腕を振り返った。

*  *  *
「外交の安倍」を自任した安倍晋三首相の得意技は「トップダウン外交」だった。首相官邸が戦略を決め、首脳外交で合意を演出する。大胆な外交が可能になる半面、しばしば世論に流される結果を招く。韓国や北朝鮮との関係でも、当初は成果を出したが、最後は身動きが取れなくなった。

 安倍首相は当初、日韓関係の改善に積極的だった。慰安婦問題の解決にこだわった朴槿恵(パククネ)政権に対し、2015年12月に日韓慰安婦合意を実現させた。合意当日、首相官邸前に右翼の街宣車が押しかけて抗議するなど、本来の支持層の反発を浴びてまでの決断だった。

 安倍首相の決断の決め手は「世論」だった。当時、首相周辺は「慰安婦合意を実現すれば、右派に加えて中道左派までの支持を得られ、歴史に名を残す指導者になれます」と言いながら、安倍首相に決断を促したという。

■慰安婦合意がやり玉に

 だが、この思い切った外交は、17年5月に登場した文在寅(ムンジェイン)政権によって破壊される。文大統領は日本に強い関心があるわけではないが、韓国内の政治闘争の延長で朴槿恵前政権の政策を全面否定することに奔走した。そのやり玉に挙がったのが、日韓慰安婦合意だった。

 文政権は18年11月、合意に基づく日本政府の拠出金でつくられた財団の解散を発表し、合意は崩壊した。

 加えて18年10月、韓国大法院(最高裁)が日本企業に対し、元徴用工らへの損害賠償を命じた判決が、安倍首相の日韓関係改善への熱意を完全に消し去った。首相は判決前から、繰り返し、文大統領との首脳会談で、「賠償を命じる判決が出れば、関係の決定的な悪化を招く」と警告し、文氏も「重大な問題だと理解している」と語っていた。

 安倍首相は当初、文氏に好感を抱いていたが、判決後には周囲に「文氏は言う事とやる事が全く違う」と漏らすなど、不信感を強めた。トップがやる気を失ったため、日韓外交は動かなくなった。

 文政権の度重なる日本に配慮しない政策で、韓国に対する日本世論が極度に悪化したことも影響した。

 同じ現象は、北朝鮮との関係でも見られた。

 日本人拉致問題の解決を最重要課題に据えた安倍首相は、北朝鮮に接近し、14年に、北朝鮮が日本人拉致被害者らの再調査を行うなどとしたストックホルム合意を実現した。

 ただ、北朝鮮に対する厳しい世論を意識した首相官邸は、北朝鮮が不十分な中間報告を提出することを警戒し、再調査は停滞。結局、日本政府は16年2月、再び独自制裁を決定。北朝鮮は再調査の中止と、拉致問題に関する特別調査委員会の解体を発表するに至った。

 安倍首相は、18年に実現した南北や米朝の各首脳会談を受け、得意の「トップダウン外交」を目指したが、不信感を持った北朝鮮側が応じることはなかった。

 次期首相が有力とされる菅義偉官房長官は、安倍政権の政策継承を唱える。自民党のベテラン議員の一人は「外交は恋愛とは違う。朝鮮半島に厳しい世論をみて、有権者の支持を得たいという誘惑に駆られる限り、次期政権でも朝鮮半島外交は何も変わらないだろう」と語った。

※AERA 2020年9月14日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_i8y8das8ubte_“結愛ちゃん虐待死事件”高裁も母親に懲役8年 「司法は母親に責任を押し付けている」の声も i8y8das8ubte i8y8das8ubte “結愛ちゃん虐待死事件”高裁も母親に懲役8年 「司法は母親に責任を押し付けている」の声も oa-aera 0

“結愛ちゃん虐待死事件”高裁も母親に懲役8年 「司法は母親に責任を押し付けている」の声も

2020年9月9日 18:00 AERA/写真・朝日新聞社

「主文、控訴を棄却します」

 8日午後2時過ぎ、東京高裁102号法廷。若園敦雄裁判長は裁判の冒頭こう述べ、一審の東京地裁判決を支持した。

 2018年3月、東京都目黒区で、5歳の船戸結愛(ゆあ)ちゃんが虐待で命を落とした事件。

 結愛ちゃんを虐待死させたとして、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の優里被告(28)に対して、東京高裁も一審を支持し、懲役8年とした。

「もうおねがい ゆるして ゆるしてください おねがいします」。住んでいた自宅アパートで見つかったノートに書き残された、結愛ちゃんが両親に許しを請う幼い言葉は、社会に深い悲しみと衝撃を与え、親による子への体罰を禁じる法改正のきっかけとなった。

 結愛ちゃんが亡くなって2年6カ月。当時の夫の雄大受刑者(35)も同罪に問われ、虐待を主導したとして昨年10月、懲役13年の判決が確定している。

■虐待の背景が裁判の争点

 一方で優里被告は、昨年9月、一審で懲役8年が言い渡されたが、それを不服として東京高裁に控訴していた。

 この日、優里被告は出廷せず、傍聴人だけが見守る中、裁判は行われた。今回の裁判で争点となったのは、虐待の背景としてあったとされる心理的DV(ドメスティックバイオレンス)だ。優里被告は、雄大受刑者の支配下にあったとされる。

 裁判の過程で、優里被告は雄大受刑者からの執拗な心理的DVを受け、洗脳されたような状態になり、次第に反発できなくなったことがわかっている。

 弁護人によれば、一家が香川県に住んでいた時、優里被告は雄大受刑者から結愛ちゃんへのしつけについて、連日数時間にわたって説教されるなどし、こうした「心理的DV」を受けるうちに優里被告は抵抗する気を失い、「怒ってくれてありがとう」と自分から言うまでになった。そして、優里被告が強いDVを受け続け、急性ストレスで記憶を喪失するなど「結愛さんの身に起きていることを、現実感を持って受け止めることができなかった」という。

 今年7月に開かれた控訴審第1回公判では、弁護側は「一審は夫の心理的DVの影響を過小評価し、重すぎる」として量刑不当を主張、懲役5年が相当としていた。

 しかし、先の若園裁判長は、約30分にわたる判決理由の中で、

「(優里)被告は雄大の心理的影響があったとしても、結果的に雄大の意向を容認したことになる。被告は深く悔やみ反省していることを考慮しても、最終的に自分の意志に従っていたといわざるを得ない」

 などと述べた。

■支援を求められない社会システム

 判決を受け、DV被害者の支援団体「エープラス」(東京都)代表理事の吉祥眞佐緒(よしざきまさお)さんは、

「この夫婦の関係性の中で、母親が一人で子を守ることは難しい」

 と指摘。問題は、母親が支援を求められない社会システムにあり、母親に責任を押し付ける司法にあるという。

「心理的に支配されていた母親にその役割を求めること自体、司法がDVを理解していない証拠。行政などの支援機関も、母親がどうして支援を受けられなかったのかを考えてほしい。制度や法律が1日も早く被害者と子どものために運用されることを望みます」(吉祥さん)

 裁判を傍聴した、自らも夫のDVに苦しめられた経験があるという都内在住のシングルマザーの30代女性はこう話した。

「夫に逆らえなくなったという、優里被告の気持ちもわからなくありません。でも、子どもが亡くなったことを重く受けて止めてほしい」

 過ちは、誰でも起こし得る。その過ちとどう向き合うか優里被告にも問われることになる。結愛ちゃんは、生きていれば小学2年生だった。(編集部・野村昌二)

※AERAオンライン限定記事

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_5gd6cx68y7ed_野田聖子元総務相「私が総裁候補になれない理由」を赤裸々告白 5gd6cx68y7ed 5gd6cx68y7ed 野田聖子元総務相「私が総裁候補になれない理由」を赤裸々告白 oa-aera 0

野田聖子元総務相「私が総裁候補になれない理由」を赤裸々告白

 今回も女性候補ゼロの自民党総裁選。野田聖子元総務相は早々に出馬を見送った。女性が首相への挑戦さえ果たせない理由は。足りないものは何なのか。AERA 2020年9月14日号では、野田元総務相が自民党総裁選について語った。

*  *  *
──総裁選には必ず出ると常々おっしゃっていましたが、今回は見送りました。なぜですか。

党員投票が見送られ、自由で開かれた総裁選ではないからです。国会議員ではなく、党員という普通の人々の票あってこその私ですから、今回出てもバットを持たずにバッターボックスに立つようなものですから。

■20人の推薦人目指して

──前2回の総裁選は出馬を模索しつつ20人の推薦人が集まらず断念。今回、出馬を目指したら推薦人は集まりましたか。

 派閥を作るために議員になったわけではないけれど、ゼロからのスタートだった1回目の挑戦以降色んな人と人間関係を築き、今回は十数人のコアメンバーと政策グループの入り口ぐらいまできていました。結果的にどうなったかはわかりませんが、10人ほどから始めた前回より前進できていたのは確かです。

 ただ、私個人なら落選しても、推薦人が集まらず馬鹿にされても全然構わないのですが、応援してくれる人たちの名誉を傷つけたり、新総裁の下で何らかのペナルティーを受けたりする可能性がある。特に今回の選挙方式では、総裁選後に私が一定の力を持ってみなさんを守れるという保証が無い中で、動かないことを決めました。

――同じ無派閥の菅義偉官房長官が、各派閥から広く支持を集め当選確実の状態です。ご自身との差はどこにあったのでしょうか。

 そうですね……。当然、官房長官という重職を7年半も続けてこられたということは大きいと思います。派閥以上の人間関係を作ってこられたのでしょう。ただ、それだけではない。今回の総裁選では本来、石破茂さんが軸になるはずだった。でも「それはイヤだ」と思う人たちもたくさんいて、その人たちが対抗馬として菅さんを担いだ。そういう流れができたということが大きいと感じます。

――ただ、菅さんは元々ポスト安倍候補として各種世論調査でも名前が挙がっていました。残念ながら野田さんは、小泉進次郎さんや河野太郎さんといった比較的若手のポスト安倍候補に比べても、世間の期待が高まっていません。

 私が女性議員である、ということが一つの原因ではあると思います。大変残念なことだけど、女性ということでアンダーエスティメイト(過小評価)される、一段低く見られてしまう。それを打破するのが私の目標でもあります。メディアへの露出が足りていない、という面もあるとは思いますが、それでも一定の人々が常に首相候補として支持して下さっていることは大変ありがたく感じています。

──なぜ首相を目指すのですか。

 小泉純一郎さんの郵政民営化でわかるように、トップになれば自身の持論を実現できる。私にとってそれは少子化対策です。少子化は日本が抱えるあらゆる問題の原因です。経済への影響はもちろん、若年層が減れば防衛にも懸念が出る。福祉の担い手が足りなくなる。教育だって劣化してしまう。大人最優先から子ども最優先の日本にする必要があるんです。ただ、これを本気でやろうとすると大人が持っている既得権益を侵すことになり必ず反発が起きます。トップにならなければやれない仕事だと考えています。

 また、社会で一番弱い立場の子どもを大切にすることで、次に弱い立場である女性も救うことができます。あのアメリカでさえ、女性は大統領になれなかった。女性だというだけでアンダーエスティメイトされてしまう現状を打破するには、まず子ども最優先ということです。

(編集部・上栗崇)

※AERA 2020年9月14日号抜粋、一部加筆

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_kr94zhysh2zj_菅義偉は“絶滅危惧種”で“異色”? 朝昼晩の会食で太らぬよう豆腐をオーダー kr94zhysh2zj kr94zhysh2zj 菅義偉は“絶滅危惧種”で“異色”? 朝昼晩の会食で太らぬよう豆腐をオーダー oa-aera 0

菅義偉は“絶滅危惧種”で“異色”? 朝昼晩の会食で太らぬよう豆腐をオーダー

2020年9月9日 18:00 AERA/写真・朝日新聞社

 総理の座に興味はない。そう言い続けて裏方に徹してきた菅義偉氏が総裁選に出馬表明。実務能力には定評があるが、一国のリーダーとしての資質は──。AERA 2020年9月14日号では、菅氏の人となりや政治家としての資質に迫った。

【フォトギャラリー】西日本豪雨の最中に「飲み会」も…カメラがとらえた安倍政権の「おごり」の数々

*  *  *
 安倍晋三政権を縁の下の力持ちとして支え続けた菅義偉官房長官(71)が、首相の辞任に伴って総裁選に出馬表明。早々と多くの派閥がなびき、まず当選は間違いないとみられる。

 秋田県の田舎、いちご農家の出身。高校卒業後上京して、働きながら法政大学の夜間部を卒業した。就職した会社で「世の中を動かしているのは政治」と感じ、大学の学生課から紹介してもらって政治家の事務所へ。「菅がいないと事務所が回らない」くらい働きまくり、いろいろなところから「うちに来ないか」という話が来て、若手政治家だった小此木彦三郎衆院議員の秘書となる。この「菅がいないと回らないと言われるくらいに猛烈に働いて信頼を得る」というのは、彼の一貫した姿勢だ。

 横浜市議時代、政治への根回しや黒衣などを厭わず「猛烈に働いて」、当時の高秀秀信市長の信頼を勝ち取る。高秀市長が官僚出身で政治まわりが苦手だったこともあり重宝され、2期目ながら、市議の中では頭一つ抜け出た存在になった。市役所の幹部人事は全て市長の相談に乗った。その姿は、内閣人事局を通じて官僚人事を差配する今の姿を彷彿とさせる。

 1996年、国政に初当選。当初は小渕派に所属するが、98年、橋本龍太郎首相が参院選に敗北して退陣、その後の総裁選に私淑していた梶山静六氏が出馬すると、派閥を抜け梶山陣営に加わった。自分にとって筋が通ることをする、信念を貫く。それもまた彼の生き方だ。

 同じ年に、旧国鉄の債務処理法案の採決を棄権した。JRに新たな負担を求めるものだったが「それは筋が通らない」という理由だった。筋を通す党人派。自民党にとって、いや日本の政治家にとって今や絶滅危惧種と言えるかもしれない。

 だが、一方で彼の「国家観」や「めざす国のあり方」はよくわからない。目の前の各論や個々の政策実現には馬力を発揮するが、では何をしたいのかがいま一つ見えないのだ。本人も政策力のなさは自覚していて、だから朝昼晩と二階建て、三階建てで人と会い、食事を共にして政策課題について勉強した。重なる会食で太らないよう、オーダーは豆腐が定番だった。

 菅氏らしさが良くも悪くも見て取れたのが、外国人労働力の拡大をめざした2018年の入管法などの改正だ。その年の春まで主要な政策テーマとなっていなかったのが、菅氏が強力に推進して年内に成立させてしまった。労働力が足りないという現場の悲鳴を受けた策だったが、今後日本の人口や社会をどう考えるのか、外国人とどう共生していくのかといった全体像は提示されないままだった。

 だから、国家理念がクリアだった安倍晋三氏とはいいコンビネーションだった。全体像を安倍氏が示し、菅氏がひたすら実現に向けて突きすすむ。自身、官房長官や党の幹事長になりたいと若い頃から口にしていた。

 安倍氏と親しくなったのは、拉致議連の活動を通じて。第1次安倍政権で失敗した安倍氏を、もう一度担ぎ出そうとしたのも菅氏が中心だ。調子の良い時には皆寄ってくる。が、挫折した時に声をかけ励ましてくれた人物は格別の存在だ。だから安倍氏は菅氏に絶対の信頼を寄せた。官房長官時代も「総理は俺に全部任せてくれるからすごく楽」とよく語っていた。

 二世三世の目立つ永田町にあって、異色の存在であることは論をまたない。が、最高権力者となって裏方体質から脱皮できるか。政治家の家系でもない子どもが政治家を夢見た時に「菅総理がいたんだから、なれる」という存在になれるだろうか。(朝日新聞編集委員・秋山訓子)

※AERA 2020年9月14日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_5t5hlgzut8ie_オンライン会議で話しすぎる人がいるなら「マイク強制オフ」もあり? 専門家が悩みに回答 5t5hlgzut8ie 5t5hlgzut8ie オンライン会議で話しすぎる人がいるなら「マイク強制オフ」もあり? 専門家が悩みに回答 oa-aera 0

オンライン会議で話しすぎる人がいるなら「マイク強制オフ」もあり? 専門家が悩みに回答

 オンライン会議で発言が長い、関係者が多すぎてどうすれば……。よくあるトラブルをどう解決策すればいいのか。AERA 2020年9月7日号は、日本ファシリテーション協会フェローで『オンライン会議の教科書』の著書がある堀公俊さんに聞いた。

【オンライン会議はリアルの代替ではない 「挙手制」「発言1分」新ルール作りが必要 】

*  *  *
Q:関係者全員を集めると、15人程度になってしまい、多すぎて議論になりません。人数を絞ると参加できなかった人との間にギャップが生まれてしまいます。どうしたらよいでしょう。

A:小グループに分けて議論をして、グループごとの結論を統合してみてはどうでしょうか。例えばZoomなら「ブレイクアウトルーム」という機能があり、部屋に振り分けて少人数で会話ができます。または議題を二つに分けてどちらか片方に参加してもらう方法もあります。

Q:社の会議室にいるメンバーと、リモートで自宅から参加するメンバーがいます。両者をつなぐ会議の場合、何かコツはありますか。

A:可能ならこういうやり方は避けたほうがいいです。リアルで集まっているメンバーの内輪感が出てしまい、リモート参加者は疎外感を覚えます。公平な議論のためには、全員オンラインか、全員リアル、どちらかが望ましいと思います。仕方ない場合は、リアル会議のメンバーは内輪話をしたり目で合図したりせずにオープンに。なるべくリモート参加者に話を振って気遣いを示しましょう。

Q:ずっと一人で話し続けるベテランのメンバーがいます。他の人が発言できず、困っています。

A:ファシリテーターがカットインする必要があります。「あと30秒」「巻きでお願いします」などとテレビ番組のようにカンペを出すのはどうでしょうか。場合によっては、マイクを強制的にオフにして「あれ、調子がおかしい」とトボケるのもいいと思います。多いのは「他人の話を聞いてもロクなものはなく、自分が答えを出さないといけない」と思い込んでいるケース。つまりメンバーを信用していない。「あなたが正しいのは分かっているが、一度他のメンバーにも考える機会を与えてほしい」とはっきり伝えましょう。

Q:オンライン会議をやるといつも予定より時間が延びてしまいます。決められた時間内に終わらせるにはどうしたらよいでしょう。

A:まず確認したいのは「時間内に終わる議題かどうか」。議題が多すぎる、問題が多すぎる、結論を出すだけの材料がない、という状況では終わらなくて当然です。オンライン会議に慣れないうちは、リアル会議より議題を減らして。また、タイムキープ担当を決めて常に時間管理しましょう。一番話の長い人にタイムキーパーをお願いする手もあります。

Q:「オンラインでは話にならない」と会議に参加しようとしないメンバーがいます。無視するわけにもいきません。

A:業務命令で強制的に参加させても、本人のためにもチームのためにもなりません。「ぜひ参加してほしいが煩わしければ見ているだけでよい」とまずはオブザーバー参加を促しましょう。使い方がわからない、操作に慣れていないなどITリテラシーの問題であることも多いので、個人指導や練習会を設けて変化への恐怖や不安を取り除くことも大事です。

(編集部・高橋有紀)

※AERA 2020年9月7日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_hea87z6wxyld_「すごい! 背中が光ってる」 黒羽麻璃央の魅惑の美背中と真っすぐな願い hea87z6wxyld hea87z6wxyld 「すごい! 背中が光ってる」 黒羽麻璃央の魅惑の美背中と真っすぐな願い oa-aera 0

「すごい! 背中が光ってる」 黒羽麻璃央の魅惑の美背中と真っすぐな願い

 2.5次元のトップランナーの一人、黒羽麻璃央さんがAERAに登場。「ミュージカル『刀剣乱舞』」への出演でも人気を集める黒羽さんが、現在の活動にかける思いを語った。AERA 2020年9月14日号から。

*  *  *
「黒羽麻璃央」と検索すると、上位の関連ワードに「背中」と出るほど、ファンの間では美背中で知られる。確かにスベスベで、ほどよく筋肉がついたその背中は見事に美しい。本誌表紙フォトグラファーの蜷川実花も、シャッターを切りながら呟いた。「すごい! 背中が光ってる」

 本人はどうにも照れくさそうだ。

「うれしいけど、不思議な感覚です。自分では見えないですし(笑)」

「ミュージカル『刀剣乱舞』」の中心的な存在である三日月宗近役を演じるなど、2.5次元舞台を代表する人気俳優だ。

 一方で、グランドミュージカルの世界にも進出。今年20周年を迎える東宝版「エリザベート」では、歴代最年少で主要なルキーニ役に大抜擢(ばってき)された。

「でも、自信なんてみじんもないです。もっと努力しないとヤバイ、消えてしまうという危機感は常にあります」

 子どものころから漠然と「テレビに出る人」に憧れていた。

「芸能人になってちやほやされたい、みたいな思いが昔はあったのかもしれない。でも、いろいろな挫折をして、挫折をしながらも自分の歌やお芝居で感動してくれてる人がいて、舞台や役者というお仕事が好きになって。今ではこれしかできないと思えるくらいになりました」

 放送中の月9ドラマ「SUITS/スーツ2」では織田裕二演じる敏腕弁護士、甲斐正午の新しい秘書役として出演。バラエティー番組にも出演するなど、テレビの世界にも活躍の場を広げている。いつかは朝ドラに出たいという夢もある。ただ、これからの目標を尋ねると即答した。

「早く舞台に立ちたいです! 今年は中止が相次いでいるので……」

 今は舞台に夢中。自信がないからこそ経験を重ねたい。静かに言葉を紡ぐ姿から、確かな熱意が伝わってきた。(ライター・大道絵里子)

※AERA 2020年9月14日号

外部リンク