cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_vxlz8p0ujhyr_「オンライン疲れ」の正体は“脳過労” 脳科学で考える「1日5分」効果的な解消法 vxlz8p0ujhyr vxlz8p0ujhyr 「オンライン疲れ」の正体は“脳過労” 脳科学で考える「1日5分」効果的な解消法 oa-aera 0

「オンライン疲れ」の正体は“脳過労” 脳科学で考える「1日5分」効果的な解消法

 自粛生活やテレワークでデジタル機器を使う時間が急増。それとともに、「オンライン疲れ」を訴える人が増えている。オンライン中心の生活では視覚情報が中心となり、偏った脳の使い方で脳の一部が疲弊、使われない機能はさびつき、衰えてしまう。AERA 2020年9月7日号は「テレワークの弊害」を特集。解消法をレクチャーする。

*  *  *
 午後5時30分、テレワーク終了。都内の機械メーカーに勤務する女性(49)は自宅のパソコンのスイッチを切った瞬間、ぐったりとソファに倒れこむ。

「とにかく、疲れています」

 新型コロナウイルスが拡大した3月から、女性の会社では在宅勤務が始まった。仕事は一般事務。最初の数週間は最高だった。何しろ毎朝早く起きる必要はないし、通勤時の満員電車の苦しみもない。ビデオ会議がなければメイクもせず部屋着のまま、自分のペースで仕事ができた。

 でも、1カ月もすると、どうしようもない疲労感が襲ってきた。考えられる原因は、拘束時間の午前9時から午後5時30分までトイレや食事に立つとき以外、ずっとパソコンの前に座っていること。頭が休まる暇が全くないのだ。

 在宅で仕事を怠けていると思われたくないので、メールの着信があれば、即返事、ビデオ会議のTeams(チームズ)の呼び出しがあれば、即受信。会社だと、その場でひと言聞けば解決するようなことでもメールの確認が必要になり、膨大なメールを処理するように。Teamsでの会議はイヤホンを使っているが、耳に声がこもったり、相手の声がよく聞こえなかったりしてそれがストレスにもなる。

■ツイッターに80万件


 かくして、今では定時になりパソコンを切ると、何もする気力が起きずソファに倒れこんでいるのだという。

「もともと肩こりや腰痛持ちでしたが、それが悪化したのはもちろん、全身に疲労感があります」(女性)

 コロナ禍で外出自粛が叫ばれる中、オンライン会議やオンライン授業、オンライン飲み会などオンラインを活用した仕事や交流が積極的に行われるようになった。場所を選ばずどこでもできるというメリットがあるが、一方で、先の女性のように「オンライン疲れ」を訴える人が増えている。

 都内の会社員の女性(39)も、オンライン疲れで体調を崩した。

「朝から晩までオンライン会議が4、5件あり、そのせいか食欲不振、吐き気を覚えるようになってしまいました。電話が鳴っているような空耳もあり、心療内科に通い、抗不安剤を服用しています」

 NTTコム オンラインがツイッターの投稿内容を分析したところ、2月1日~5月14日に「オンライン疲れ」という単語を含んだ投稿は約80万件あったという。

「オンライン疲れの背景には、デジタル機器の使用による“脳過労”があると考えられます」

 そう話すのは、脳神経外科医で「おくむらメモリークリニック」(岐阜県岐南町)理事長の奥村歩(あゆみ)医師だ。

 脳過労とは脳の処理能力が落ちた状態を指し、「大事な会議を忘れてしまった」「よく顔を合わせる同僚の名前が出てこなかった」……といった“もの忘れ”の症状を訴える人が多い。

■一部だけが疲弊する


 ロート製薬が5月に10~50代の男女562人を対象に実施した調査では、在宅勤務が毎日という人は26%、週に3日以上という人は21%。また、デジタル機器との接触時間は、在宅勤務を取り入れている人ほど長い傾向にある。「コロナ禍において、1日あたりのデジタル機器との接触時間に変化はありましたか」という質問には、毎日在宅勤務という人は62%以上が「のびた」と回答、1日あたり5時間以上増えたという人も22%にのぼった。

 なぜ、デジタル機器の利用が脳過労につながるのか。

 奥村医師によると、脳の司令塔的存在である前頭前野(ぜんとうぜんや)で情報処理をする場合、次の三つの役割に分担されているという。

(1)浅く考える部分…記憶を一時的に保管する「脳のメモ帳」。ワーキングメモリという
(2)深く考える部分…前頭前野の熟考機能で司令本部的な働きをする
(3)ぼんやりと考える部分…デフォルトモードネットワークという。ぼーっとしているときに働く

 脳過労というと、脳全体を酷使しているイメージがあるかもしれないが、実はデジタル機器による脳過労は(1)だけが酷使されて疲弊し、(2)と(3)が使われずにさびついていく状態なのだという。

 パソコンやスマホはある意味、脳に楽をさせてくれる。固有名詞が思い出せなくても検索すればいいし、覚えるべきことも写真を撮って後から見ればいい。地図が読めなくてもGPSがあれば目的地にたどり着ける。つまり、情報を覚えたり思い出したり、深く考えたりという「脳が本来やるべき仕事」をする機会が奪われているのだ。

 さらに、オンライン中心の生活は、メールなどの文字情報の確認、ネットでの調べもの、オンライン会議など「視覚過多」の状態。もともと人間は情報の8割以上を視覚から得るといわれているが、オンラインではその傾向がさらに強くなり、視覚以外の五感が使われない傾向がある。

「私たちの脳は視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感を通じて情報を『インプット』し、前頭葉と呼ばれる場所で情報を取捨選択して『整理』を行い、言葉や行動として『アウトプット』しています。視覚からのインプットばかりが多くなって脳の整理が追い付かず、脳がゴミ屋敷のようになっていくのです」(奥村医師)

 この「情報メタボ」ともいうべき生活を長く続けていると、物忘れや記憶力の低下、思考力や集中力、コミュニケーション力低下などの症状が表れ、うつ病につながることもあるという。また、脳過労を訴える患者のほぼ全員が、寝つきが悪い、眠りが浅いなどの睡眠トラブルを抱えていると指摘する。

「睡眠時、脳内では、疲労物質を代謝したり、脳細胞を修復したりといったメンテナンス作業が行われていますが、最近の研究では、認知症の原因物質となるアミロイドβを除去する作業が、寝ている間に進められていることもわかっています。睡眠トラブルは脳の衰えと将来の認知症リスクに直結します」(同)

 夜間のスマホやパソコンの利用が、睡眠を防げているという。

■21世紀最大の発見


 脳の疲労はいつの間にか蓄積し、放っておくと深刻な状態に発展することも多いという。起きている間はずっとデジタル機器を使っているという人は注意が必要だ。解消するには、スマホやパソコンなどから一定期間離れる「デジタルデトックス」が有効だが、実行できない人も多い。奥村医師は言う。

「そこで重要となるのが、デフォルトモードネットワークを活性化させることです」

 これは前出の(3)ぼんやりと考える部分のこと。デフォルトモードネットワークは聞き慣れない言葉だが、21世紀の脳科学の最大の発見の一つだという。

 従来の脳科学では、脳は、何もしないでぼんやりしている時は活動していないと考えられてきた。しかし実は「ぼーっと」している最中、脳は決して活動をやめているわけではなく、内側前頭前野や後部帯状回など、脳内の複数の離れた領域が、同期・協調して働いてネットワークでつながり、活性化していることがわかった。デフォルトモードネットワークを稼働させることで、ひらめきやアイデアが浮かびやすくなり、(2)の熟考機能がフォローされ、記憶力が鍛えられたり、脳の老化が抑えられたりという効果もあるという。

 奥村医師はデフォルトモードネットワークを「我に返る脳機能」と呼ぶが、この時、脳は活動時の15倍ものエネルギーを消費し、それまで蓄積された情報を整理整頓して頭をリフレッシュしてくれるという。ただし、このネットワークは、視覚を遮断した時にしか活性化しない。デジタル画面を眺めていてはフリーズして働かないのだ。そこで奥村医師はこうアドバイスする。

「1日5分でいいので、ぼんやりする時間を作ってほしい。その5分間は、目をつぶる必要はなく、対象物を追いかけず、ぼーっとするだけで大丈夫。パソコンやスマホから完全に離れてメールや電話などの邪魔が入らない環境で、窓の外に目を向け、自然を眺められればさらに効果的です」

(編集部・野村昌二)

※AERA 2020年9月7日号より抜粋

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_truv31akgb3f_上白石萌音、新アルバム完成もまだビクビク? 「すごい曲ばかりでプレッシャー」の理由とは truv31akgb3f truv31akgb3f 上白石萌音、新アルバム完成もまだビクビク? 「すごい曲ばかりでプレッシャー」の理由とは oa-aera 0

上白石萌音、新アルバム完成もまだビクビク? 「すごい曲ばかりでプレッシャー」の理由とは

 圧倒的な表現力で、俳優、歌手として躍進する。完成したアルバム「note」には錚々たるアーティストが参加。上白石萌音の今の思いが色濃く反映されている。AERA 2020年9月7日号に掲載された記事で、制作秘話を聞いた。

*  *  *
「幼少の頃から歌うことが大好きで、常に歌は生活の中心にあった」と語る上白石萌音。初主演したミュージカル仕立ての映画「舞妓はレディ」(2014年)での堂々たる歌いっぷりは観客の心を鷲づかみにした。18歳でCDデビューして以来、歌手としても順調に歩んでいる。

 今回完成したアルバム「note」には、YUKIや野田洋次郎(RADWIMPS)、内澤崇仁(androp)、水野良樹(いきものがかり)といったアーティスト陣が手掛けた計10曲が収録されている。

上白石萌音(以下、上白石):すごい曲ばかりでプレッシャーでした(笑)。まだビクビクしています。一曲一曲を大事に書き留めるような時間だったなと思って“note”というタイトルを付けました。

 曲を作ってくださった方たちと事前に打ち合わせを重ねたんですけど、私を深く知ったうえで、今の私に当て書きしてくれたんです。印象的だったのは、「From The Seeds」を書いてくださったGLIM SPANKYのお二人。どういう曲にしようか? という話はまったくせず、雑談のような質問をいっぱいされて(笑)。

 同曲は未来へ向かって芽を伸ばしていく覚悟を歌う楽曲だ。そのミュージックビデオでは、ドラマなどで見せる表情とは異なり、力強さが表現されている。

上白石:あの会話にどんな意味があったかはわからないですけど、後になって松尾レミさんと話す中で、歌詞は「私が抱いた萌音ちゃん像を書いてみた」とお聞きして。ちょっとだけ私も自分のことを知れたような気がして嬉しかったです。外から「あなた、こんなふうに見えてるよ」と教えてもらったような感じですね。

 4月にはツイッターでキーワードを募集し、それらをもとに上白石が作詞する企画「#もねうたうたね」を実施。約2千人から送られたすべての言葉に目を通し、「あくび」という曲の歌詞を書き上げた。土曜日の朝、マンションの角部屋で目覚めた“僕”は、隣でまどろむ“きみ”を見て、今日はどこへも行かず部屋でまったり過ごしたいと思う。そんな何げない日常を切り取った詞だ。

上白石:こういうのが私にとっての理想なんです。角部屋に住んでいること以外は全部想像ですけど(笑)。書いている途中で、一歩も外に出ないステイホームの歌詞にしようと思いついて、風景描写も窓から見えるものだけにして、家の中でゴロゴロしながら作りました。……いや、そんなふうに言うと余裕で書いたみたいですけど、実際は作詞する時は毎回もう、頭を抱えながら作っています。「明後日レコーディングだ、どうしよう!」って。

 そうして作り上げたアルバムが発売日を迎え、多くの人が聞くことになる。その心境は、映画や舞台の発表前とは違う?

上白石:映画とかもめちゃくちゃ緊張するんですけど、今はちょっとだけ楽しみが強いです。それはできたアルバムの一曲一曲が本当に大好きだし、良い曲だという確信があるから。

(編集部・藤井直樹)

※AERA 2020年9月7日号より抜粋

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_rhvrb08csb5x_姜尚中「安倍政権の最大のレガシーは『慰安婦合意』 日韓交渉の大きな担保になる」 rhvrb08csb5x rhvrb08csb5x 姜尚中「安倍政権の最大のレガシーは『慰安婦合意』 日韓交渉の大きな担保になる」 oa-aera 0

姜尚中「安倍政権の最大のレガシーは『慰安婦合意』 日韓交渉の大きな担保になる」

2020年9月2日 18:00 AERA/写真・朝日新聞社

 連続在任期間を更新したばかりの安倍首相が8月28日、突然辞任を表明した。安倍政権が私たちに遺したものとは。AERA 2020年9月7日号は、巻頭エッセイ「eyes」で連載中の政治学者の姜尚中さんに聞いた。

*  *  *
 安倍晋三首相は連続在任日数で佐藤栄作元首相を抜き歴代1位となり退陣します。改めてその長期政権を振り返り、特徴は何かと考えると、「選挙」と「外遊」に集約されると思います。

 長期政権だったことを鑑みても、総選挙をこれほど実施した政権はこれまでどこにも存在していません。憲法上は疑義があるにもかかわらず、内閣総理大臣の専権事項として何度も選挙を繰り返し、有権者から判断を仰げば全権委任という解釈で来たわけですから、「選挙独裁」といっても過言ではないでしょう。

 また、国内政治で何らかの障害に当たるたびに外遊を繰り返した政権も珍しいと思います。安倍首相は外交が得意技であると言われており、「アベノミクス」と「外交」が政権の二枚看板だったわけです。経済についてはご専門の浜矩子さんにお願いするとして、ここでは外交を中心に見ていきたいと思います。

 8年近くの歳月があったにもかかわらず、まったく進展のない拉致問題。膨大な武器の購入。イージス・アショアの破綻。自由貿易に相反するような要求をのんでしまった日米関係。日ロ首脳会談を27回も行ったのに、北方領土問題は鳩山由紀夫内閣のやった日ロ交渉以前の状況に戻ってしまい、そればかりか、EU諸国との関係を鑑みれば日ロの「蜜月」はマイナスでしかありませんでした。

 習近平氏の来日キャンセルによる誤算も大きく、インドなどを中国包囲網に抱き込もうとした鳴り物入りの「地球儀俯瞰外交」も結果を残せないままフェードアウトしています。

 こうして安倍外交を振り返ると、問題をランダムに取り上げて、あるところがダメだと違うオルタナティブにスイッチして、それがダメだともう一つのところに飛びつく。深掘りをするわけでもなく、どうやって「見せる化」していくか。これが外交ショーとして繰り返されました。安倍政権にとって、外交というのは支持基盤を高めるための大きなテコだったのです。

 結局、選挙と外遊は裏と表の関係でした。何か問題が起きると外交に走るか、時期をみて選挙に走るか──。ひたすら支持率を上げるため、テコ入れとして繰り返してきたのだと思います。つまり、動きだけは非常にたくさんあるけれど、具体的な成果に乏しかったと思います。

 長期政権ゆえに、国際的に「ABE」という名前が色んな場で印象づけられたことは確かです。これもレガシーだというならレガシーでしょう。しかしそれは長かったゆえであって、具体的に外交政策として何が成功したのかと考えると、日米関係をはじめとする巨大なお荷物を背負ったまま、結局おもちゃ箱が散乱している状態と言えます。

 ただ、まさに歴史の皮肉だと思うのですが、安倍首相は自らが一番やりたくなかったことでレガシーを遺しました。2015年の慰安婦問題日韓合意です。当時、米国からの強いプッシュのもとに日韓は合意に至りました。朴槿恵(パククネ)政権から文在寅(ムンジェイン)政権になり、韓国側の頑なな対応で事実上この合意が形骸化してしまい、現在の日韓関係は大きくこじれています。

 とはいえ、瓢箪から駒でも日韓合意に踏み込んだということがいずれは安倍政権のレガシーとなることは間違いありません。なぜなら、今後日韓が歴史問題を解決しようとするとき、安倍首相にとって不本意だったこの日韓合意が必ずや大きな担保になるからです。そういう点でも、まさにこれは歴史のパラドックスだと言えるでしょう。(聞き手/編集部・三島恵美子)

※AERA 2020年9月7日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_jaovadc9tuz9_コロナ後も「新たな感染症は必ず見つかる」 野生動物と人の生活圏が重なり危機はすぐそこに… jaovadc9tuz9 jaovadc9tuz9 コロナ後も「新たな感染症は必ず見つかる」 野生動物と人の生活圏が重なり危機はすぐそこに… oa-aera 0

コロナ後も「新たな感染症は必ず見つかる」 野生動物と人の生活圏が重なり危機はすぐそこに…

2020年8月31日 18:00 AERA

 新型コロナの猛威に震える世界だが、次の新興感染症のリスクも身近に迫っている。長い歴史の中で知られることのなかった新たな感染症が、近年次々広まる背景には何があるのか。AERA 2020年8月31日号で専門家らに取材した。

*  *  *
 新型コロナウイルスよりも致死率の高い、正体不明の肺炎が流行している──。

 7月9日、在カザフスタン中国大使館が突如、ホームページ上にそんなメッセージを掲載、カザフスタン在住の中国人に注意を呼び掛けた。同じ日までに同国で発表されていた新型コロナウイルスによる死者は250人程度だったが、この「謎の肺炎」では1月以降1700人以上が死亡しているとしており、大きなニュースになった。

 一方で、複数の中央アジア関係筋はうがった見方で証拠もないとしつつ、こんな見解を示す。

「新疆ウイグル自治区で新たな感染症が発生して、その責任を国境を接するカザフスタンに押しつけようとしたのではないか」

 実際、国際感染症学会が運営する感染症モニタリングサイトProMED-mailを引用した一部報道によると、カザフスタン国境に近い新疆ウイグル自治区のチョチェク市の病院で6月、感染性肺炎の集団感染が発生し、患者や医療スタッフが隔離されたという。また、関連は不明だが、同市では6月初旬、鳥インフルエンザによるガチョウの大量死が報告されている。

 結局、「謎の新型肺炎」騒動はカザフスタン保健省がフェイクと否定し、WHOも新型コロナの見落としか通常の市中肺炎ではないかとの見解を示したことで事実上終息した。新疆ウイグル自治区での集団肺炎の真偽も明らかでない。しかし、コロナ禍のさなかでの新たな流行病の恐怖に世界がざわついた。

 近年、新型コロナに限らず、次々と新たな感染症が出現している。コロナウイルス関連では重症急性呼吸器症候群(SARS)と中東呼吸器症候群(MERS)が知られ、2009年にはブタ由来のインフルエンザのパンデミックが起きた。今年8月には中国で「新型ブニヤウイルス」による死者が増えているとの報道もあった。これは日本でも60人以上の死者を出しているマダニ由来の感染症「重症熱性血小板減少症候群」のことで今年新たに出現したウイルスではないが、00年代以降に発見された新興感染症のひとつだ。

 なぜ、長い歴史のなかで知られていなかった新たな感染症が次々に生まれるのか。また、新型コロナの「次」の新興感染症の危機は迫っているのだろうか。パンデミックインフルエンザウイルスの出現機構を解明したことで知られる北海道大学人獣共通感染症リサーチセンターの喜田宏特別招聘教授はこう話す。

「近年発生する新興感染症はどれも、ヒトとそれ以外の脊椎動物の両方に感染する人獣共通感染症です。人口爆発に伴う森林伐採や灌漑(かんがい)などで地球環境が激変し、野生動物と家畜やヒトの境界がなくなった結果、1970年ごろから次々に新たな感染症が生まれるようになりました」

 野生動物とヒトの生活空間が重なり接触機会が増えたことで、動物のウイルスの一部がヒトに感染するようになったのだ。

 人獣共通感染症の原因となるウイルスは、自然宿主と呼ばれる野生動物と共生している。自然宿主には無害だが、中間宿主となる家畜など別の動物に感染すると、宿主の身体で増殖しやすいウイルスが優勢になり、人間にも感染することがある。

 インフルエンザを例にとると、自然宿主であるカモが越冬のためシベリアから南へ飛来し、糞便と共に排泄されるウイルスが水を介して別の鳥や動物に感染する。ウズラなどキジ科の陸鳥に感染したあと、ニワトリに広がって感染を繰り返すと、全身で増殖する高病原性鳥インフルエンザウイルスが生まれる。また、鳥とヒトのウイルスにブタが同時感染し、遺伝子再集合という仕組みによって新たに生まれるのがパンデミックインフルエンザウイルスだ。09年の「新型」をはじめ、過去のパンデミックインフルエンザはいずれもブタ由来と考えられている。

 新型コロナも、コウモリだとされる自然宿主から中間宿主を経てヒトに感染するウイルスとなった可能性が高い。中間宿主はセンザンコウやヘビだとする説があるが、確定していない。ただし、特異な点もある。

「ヒトで流行するようになったばかりのウイルスは普通、伝播性は高いものの体内での増殖は緩やかです。ヒトからヒトへ感染を繰り返すうちに増殖しやすいウイルスが選ばれる。しかし、新型コロナは当初からヒトで増殖しやすく、病原性の高いウイルスでした」(喜田特別招聘教授)

 インフルエンザなどの知見をもとに考えると、新型コロナウイルスは1月以降武漢で流行した段階で、既にヒトからヒトへの感染を繰り返していた可能性を示唆している。

「中国圏は新型コロナのほか、SARSや過去のパンデミックインフルエンザであるアジア風邪、香港風邪などの発生源となってきました。これは、生きた鳥や野生動物を扱う市場が多くあり、自然宿主から中間宿主、ヒトへのウイルス感染が起きやすい環境だからです。さらに、動物が持つ未知のウイルスは無数にある。今後も新たな感染症は必ず生まれます」(同)

 新たに生まれた感染症はいったん流行が収まっても終わりではない。より大規模に再流行したり、別の地域で発生したりする再興感染症となりうるのだ。1976年にスーダンで初めて流行したエボラ出血熱は、今もアフリカ各国で流行を繰り返している。13~14年の流行では西アフリカで1万人以上が死亡した。アフリカで発生して世界に広がったウエストナイル熱は00年代に入ってアメリカとカナダで流行し、600人以上の死者を出している。人類が闘うべき感染症は増え続けている。

 一方、有史以来人類が根絶に成功した感染症は天然痘のみ。WHOは次の目標としてポリオと麻疹の根絶を目指すが、これら三つはヒト独自の感染症だ。

「人獣共通感染症はヒトでの流行が収まっても、自然界でウイルスが受け継がれるため根絶できません。発生を予知して被害を食い止める先回り対策しかない。既に知られた感染症は自然宿主と伝播経路を突き止め、モニタリングして発生に注意を払うこと、未知のものは野生動物が持つウイルスの遺伝子と実験動物に対する病原性を網羅的に調べ、結果をデータベース化しておくことが必要です」(同)

 北海道大学人獣共通感染症リサーチセンターでは海外の研究機関とも協力し、野生動物から網羅的にウイルスなどの微生物を分離、ライブラリー化を進める。分離したウイルスを実験動物に感染させ、病原性を示したものが次の新興感染症の「第1候補」だ。これまでに、マウスで致死性を示す新型のアルファヘルペスウイルスがインドネシアのオオコウモリから、クリミアコンゴ出血熱に似た症状を起こす新型のナイロウイルスがザンビアのキクガシラコウモリから、ヒトとコウモリのウイルスが遺伝子再集合して生まれたと見られるオルソレオウイルスがザンビアのブタの糞便から見つかった。これらのウイルスなどが近い将来、猛威を振るうかもしれない。世界はいま新型コロナ一色だが、新たな感染症も迫っている。(編集部・川口穣)

※AERA 2020年8月31日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_u5xgp9d41j7w_米国でマスクは“弱さと悪の象徴”? KKKや西部劇の強盗との意外な関係とは u5xgp9d41j7w u5xgp9d41j7w 米国でマスクは“弱さと悪の象徴”? KKKや西部劇の強盗との意外な関係とは oa-aera 0

米国でマスクは“弱さと悪の象徴”? KKKや西部劇の強盗との意外な関係とは

2020年8月31日 18:00 AERA

 米国がマスク着用派と反マスク派で激しく分断されている。カリフォルニア州オレンジ郡では、ソーシャルディスタンスを確保できない場所でのマスク着用を義務づけたところ、これに保守派が激しく反発。責任者の自宅に押しかける事態にまで発展した。今回のように慣れないマスク着用を強制される事態は、「権力からの自由」を国是とする米国人、中でも特に共和党支持者は特に嫌がるのだと北海道大学の結城雅樹教授(社会心理学)は指摘する。ただ、マスクをめぐる分断の裏には、それに加えてさらに複雑な事情もあるようだ。AERA 2020年8月31日号の記事を紹介する。

*  *  *
 自由や個人の意思を尊重する文化は、米国だけでなく欧州も同じだ。ドイツ・ミュンヘン育ちで東京在住のコラムニスト、サンドラ・ヘフェリンさん(44)もこう話す。

「マスクにしろファッションにしろ、多くのドイツ人は『自分がしたいようにするべきだ』という気持ちを持っています。『マスクを着けなければいけない』という状況は、色んな意味で不自由に感じるのではないでしょうか。元々、目で相手の表情を読み取る日本のような文化は欧米にはなく、コミュニケーションで会話を重視する文化では、口を覆うマスクには抵抗感があるはずです」

 それでも、米国の反マスク運動の規模や広がり、“容認派”との分断の激しさは欧州に比べても別格に見える。だとすると、どんな背景があるのか。

 日本女子大学の馬場聡(あきら)准教授(米国文化・文学)は、前出の結城教授が指摘する「権力からの自由」のほかに、「ダブルバインド・セオリー」と「認知的整合性」という考え方で説明できると考える。

 ダブルバインドとは、ここではマスクについて「効果がある」「効果はない」という、二つの反する考え方の板挟みのことだ。認知的整合性は、何かを判断する際に、自分が持ち合わせている認識をつじつま合わせに利用するもの。最初の段階を馬場准教授はこう説明する。

「ダブルバインド状態になると、比較的高いレベルの教育を受けていない人らが思考停止に陥る傾向があります」

 ここまではどこの国でも同じだろう。そしてこう続ける。

「そこで一部の米国人が判断に用いるのが、彼らが持っている最も大切な美徳である、『タフネス』『たくましさ』『マスキュリニティー(男性性)』です。西部開拓を経て他の近代国家と違う形で発展し、たくましさを美徳としてきたアメリカ人はマスクをしなくても大丈夫だ、感染症で死ぬのは軟弱な先住民だ、という考えに至るわけです」

 こうした「マチズモ(男性優位主義)」の信奉者がトランプ氏であり、トランプ氏の支持者だったため、公衆衛生の問題が政治的な分断につながった、と馬場准教授は指摘する。

 さらに、マスクが持つ負のイメージの原因として、馬場准教授は「反マスク法」と呼ばれる法律の存在を挙げた。

 もともと米国の一部の州には、公共の場で理由なくマスクを着けるのを禁じる法律がある。これは白人至上主義団体のクー・クラックス・クラン(KKK)の活動を制限するためだとされる。こうした歴史も影響してか、マスクは病院や工事現場などで使われる以外は、好ましくないものの象徴のようになった可能性がある、という。

「その後の表象文化を見てみると分かりやすいです。たとえば西部劇に出てくる列車強盗はみんなバンダナをマスクのように巻いています。マスクで口元を隠すのは悪いやつ、というイメージがあるから多くの人たちが嫌がるのかもしれません」(馬場准教授)

 実は、反マスク運動は100年前のスペイン風邪の流行時もサンフランシスコやロサンゼルスなどで盛んに行われた。世紀を超えてまた同じ闘争を繰り返しているのだが、11月の大統領選に向けてさらに対立が激しくなるおそれもある。

 公衆衛生の問題をめぐり、政治的な志向で分断を作るのは不健全だ。しかし翻ってみると、日本のPCR検査議論もそうなりかけていないだろうか。避けなければいけないのは、「向こう側が示すファクトさえ受け入れがたい」という状況だ。(編集部・小田健司)

※AERA 2020年8月31日号より抜粋

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_6q5a06alc7h8_Sexy Zone佐藤勝利くんが子育ての秘訣をアドバイス 「好き」を見つけるサポートをしてあげて 6q5a06alc7h8 6q5a06alc7h8 Sexy Zone佐藤勝利くんが子育ての秘訣をアドバイス 「好き」を見つけるサポートをしてあげて oa-aera 0

Sexy Zone佐藤勝利くんが子育ての秘訣をアドバイス 「好き」を見つけるサポートをしてあげて

2020年8月31日 18:00 AERA

 小中学生向けのニュース月刊誌「ジュニアエラ」の人気連載「Sexy ZoneのQ&Aステーション」。毎回セクゾのメンバーが読者からの質問に答えてくれます。9月号は佐藤勝利くんが、ジュニアエラの読者世代のお母さんからの質問にアドバイスしてくれました。

*  *  *
【質問】
 うちの12歳と14歳の息子は、休みの日になるとダルダルしてゲームばかりしています。みなさんはジャニーズに入ろうと決めて頑張っていた時期だと思うのですが「今、これを経験しておいたほうがいいよ!」というアドバイスがあれば教えてください。  (ももみかん・41歳)

【回答】
 僕、親から「これをしなさい」って押し付けられたことってないんだよなぁ。ジャニーズだけなんですよ……いや、「押し付けられた」じゃなくて、「きっかけを与えてもらった」だね(笑い)。でも、それも本当に僕のことを思って勧めてくれてるのがわかったからやる気になった。そういう意味では、僕が何か言うより、ももみかんさんが本気で子どもに伝えるアドバイスのほうが、絶対に響くと思うなぁ。

 うちは逆に「勉強ばかりしてないで」と言う親だったんです。きょうだい全員、勉強家なんですよ。でもそれはたぶん、それぞれが好きなことを見つけて、将来につなげていったからだと思う。好きなことだと心が動くから、体も動くんだよね。それを親が否定しなかったというか。

 この世界に入る前、僕は車が好きで、自動車メーカーをつくりたかったんです。自分一人だと限界があるから、一度大手メーカーに就職してから独立しようと思って。小学生なのに具体的でしょ(笑い)。自分で調べて、工場見学の予約も入れて、親の同伴が必要だったから、ついてきてもらったりもしてましたね。ジャニーズに入ってからはそっちに夢中になったけど。だから、まずは息子さんたちの心が動く「好き」を見つけるサポートをしてあげたらいいんじゃないかな。好きなことが見つかったら「次、どうすればいいか」が見えてくる。そしたらダルダルも減ると思うから。

 将来につながらなくても、心から好きなものに取り組んだ経験は、人としての成長になると思う。でも、心が動かない、やりたくないことばかりやっていたら、大人になって本当の「好き」がわからなくなってしまうんだよね。2人が見つけてくる「好き」を肯定して寄り添って、伸ばしてあげてほしいですね。

【菊池風磨くんからのムチャぶり】
今日の一日を一曲にたとえて

佐藤勝利くんの回答:
「いいムチャぶり!」とお題が気に入った勝利くん。しばらく考えて「セクゾの『MELODY』かな」と回答してくれました。「今日はずっと雑誌の取材を受けてるけど、一人なんです。新型コロナの感染防止で、メンバーとはしばらく一緒に取材を受けてなくて。この曲は一人じゃないことの強さを歌っているので、改めて本当にこの歌詞のとおりだなぁって感じた一日だったから」。

(ライター・大道絵里子)

※月刊ジュニアエラ 2020年9月号より

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_538avnzlh71g_なぜ「自粛」「マスク」「帰省」警察が発生?「『桃太郎』を思い出すとよくわかる」社会心理学者が解説 538avnzlh71g 538avnzlh71g なぜ「自粛」「マスク」「帰省」警察が発生?「『桃太郎』を思い出すとよくわかる」社会心理学者が解説 oa-aera 0

なぜ「自粛」「マスク」「帰省」警察が発生?「『桃太郎』を思い出すとよくわかる」社会心理学者が解説

2020年8月31日 18:00 AERA

 感染をめぐって意識や価値観の違いが浮き彫りになり、家庭や職場でさまざまな軋轢が生じ、社会的な分断へとつながっていく。背景には安定した社会が崩れることに対する恐怖がある。

*  *  *
 コロナは、「社会の分断」も生み出した。

 市民が市民を監視する「自粛警察」、帰省者を中傷する「帰省警察」、マスクをしていない人を攻撃する「マスク警察」など、多くの分断が生まれている。

 大阪市の美容院の入り口のガラス戸に5月中旬、「さっさと店閉めて緊急事態宣言が終わるまで家で大人しく寝ててください。次発見すれば、通報します。」などと書かれたビラが貼られた。ビラの冒頭には「ミナミ区自粛警察出動」の文字。店は、緊急事態宣言が出た4月7日以降、営業を自粛していたが、元々美容室は休業要請の対象外。換気や消毒を徹底するなど感染予防策を講じた上で、4月末から再開していたという。

 8月中旬、奈良県天理市の天理大学ラグビー部で集団感染(クラスター)が発生したが、部員以外の複数の学生がアルバイト先から「やめてほしい」などと言われたと報じられた。

 関西に住む会社員の女性(29)は、8月上旬、「マスク警察」に絡まれた。

 女性は皮膚が弱く、マスクをしていると顔がかぶれるので、職場以外ではノーマスク。この日は、用事があったため電車に乗り窓際に立ってイヤホンで音楽を聞いていた。すると同じ車両にいた見知らぬ中年男性が近づいてきて、「マスクしましょうね!」と言ってきた。女性は怖くなって手足が震え、ひたすら会釈を繰り返していると、男性はその場でくるくる回るなど挙動不審な動きを始めた。男性は次の駅で降りていったが、降りた後も、何度もこちらを見ながら去っていったという。女性は振り返る。

「SNSでよく見かけるマスク警察が、自分にも絡んできて本当に怖かった」

 差別、攻撃、恐怖──。こうした社会的分断の背景には何があるのか。社会心理学が専門の近畿大学の村山綾准教授は、「公正世界信念の揺らぎ」をキーワードにあげる。頑張った人は報われ、頑張らなかった人は痛い目に遭う──。世の中にはこうした秩序があると信じることが「公正世界信念」だ。『桃太郎』のような童話を思い出すとよくわかるが、公正世界信念を持つことは心の安定にもつながる。

「しかし、世界は常に秩序でもって安定しているわけではなく、不意に理不尽な事件や事故、災害の被害者になることもあります。すると人々は公正世界信念を維持するため、何か原因を探して安心しようとする。『気を付けない人がいるから感染が広がる』『感染したのは落ち度があったからだ』と思い込み、それが差別や攻撃につながります」(村山准教授)

 なかでも社会的弱者がスケープゴートにされ、攻撃の対象になりやすいという。

「ターゲットになったのは、クラスターが発生した大学の学生や若者、さらにいわゆる『夜の街』やパチンコ店、高齢者施設など、いずれも自ら声を上げにくい、影響力のある情報発信の手段を持たない人たちです。クラスター化したのは事実かもしれませんが、その背景にどのような要因や共通点が見えてくるのかといった、感染拡大の防止に向けた議論をせず、そのような集団に属する人を排斥したり敵対的な目を向けたりするのは、社会全体にとって不利益になります」(同)

「分断」を解決するにはどうすればいいか。

 村山准教授はまず、家庭や職場などでの軋轢による分断についてこう提案する。

「考え方に齟齬があるなら、はっきり言葉にして相手に伝えることが大切。しかし同時に、他人の行動を変えるのは難しい。そこで、自分の行動を変えることに目を向けるのもいいでしょう。例えば、帰宅直後に手を洗ってくれない家族をどうしても許せないのならば、玄関近くの目につく場所に消毒スプレーを設置する、相手の手に自分で消毒スプレーを吹きかけるなどの工夫も考えられます」

 一方、社会的分断については、国やメディアの役割が重要だとして、次のように提言する。

「社会的分断は格差の問題とも連動しているため、すぐに解決するのは難しい。しかし、さらなる分断を避ける工夫は必要です。そのためには、まず国や自治体が明確な方針を積極的に発信すること。どう行動していいかわからないと、弱者への攻撃にもつながります。メディアも、毎日の感染者数ばかり報道すると、その狭い情報が特定の人たちへの攻撃につながりかねません。日本全体を俯瞰した報道を心がけてほしい」

 意に沿わない人を攻撃するのは成熟した社会ではない。私たち一人一人の本質が、問われている。(編集部・野村昌二)

※AERA 2020年8月31日号より抜粋

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_f4ztfyfjtemf_立憲・福山幹事長が語る「新党綱領」の全て ポスト安倍との政権争い「期待度20%からの出発」に勝算は f4ztfyfjtemf f4ztfyfjtemf 立憲・福山幹事長が語る「新党綱領」の全て ポスト安倍との政権争い「期待度20%からの出発」に勝算は oa-aera 0

立憲・福山幹事長が語る「新党綱領」の全て ポスト安倍との政権争い「期待度20%からの出発」に勝算は

2020年8月31日 18:00 AERA/写真・加藤夏子

 立憲民主、国民民主などが合流し、新党を結成する方針を決めた。新党がまとめた綱領案の中身とは。ポスト安倍とはどう向き合うのか。AERA 2020年9月7日号は、立憲の福山哲郎幹事長に聞いた。

*  *  *
──立憲民主党、国民民主党と二つの無所属議員グループなどが合流して新党を結成することで基本合意しました。ポスト安倍とどう対峙しますか。

 安倍晋三首相の連続在任日数が歴代最長となり、7年半のアベノミクスで国民生活はもはや限界でした。非正規雇用が増大し、格差と分断だけが広がりました。また行政は劣化し、誰のための政治なのかという不信は膨らむばかり。モリカケ、桜を見る会、検察庁法改正、河井前法相事件など不祥事を数えればキリがありません。最たるものはコロナ禍における危機管理です。不要なアベノマスクの配布、唐突な全国一斉の臨時休校、進まないPCR検査の拡大。GDPが戦後最大の落ち込みを見せる未曽有の危機に、与党は憲法を無視して国会を開かず、安倍首相は記者の質疑にも応じなかった。

 安倍一強政治が終わるインパクトは大きく、一つの時代の終わりを意味します。新党には安倍政治の功罪を検証し、緊張感のある国会を取り戻す役割が求められています。

 私たちは衆議院で共同会派を組み、二つの国会に臨んできました。この間、188本の法律に対して造反者は新型コロナ特措法の採決で出た2人だけ。コロナ禍対応では事前に要望をまとめて政府側に提示し、家賃補助や文化芸術分野への支援などを実現させてきました。一つの政党になり、真正面から政権に対峙できるという自信を得ることができました。

──しかし、国民の反応は立憲民主党結党時のような盛り上がりとはほど遠いように感じます。

 新党への強い期待感があるわけではないのは確かですが、一方で今の安倍政権のやり方に反発し、立憲主義的な熟議の政治に期待する声は非常に高まっています。象徴的だったのがネット上で起きた「#検察庁法改正案に抗議します」といううねりです。官邸で決めれば何でもできる、議席があれば何でもまかりとおる、という無茶苦茶な政治に、多くの国民が「NO」を突きつけました。衆院選が近付くなか、このような声の受け皿として野党が大きな塊に結集する必要があります。今のタイミングでの新党結成は「時代の要請」だと受けとめています。

──立憲と国民、それぞれの支持者は、党の理念が失われると感じるのではありませんか。

「野合ではないか」「単なる数合わせだ」というご批判もあると思いますが、立憲民主党を支持していただいている方にとっても、我々が「万年野党」に甘んじているようでは結党時の期待はしぼんでゆくでしょう。党の理念を守ると同時に、野党第1党として政権に対峙し、政権奪取を目指す姿勢を示す必要がある。その点ではギリギリの両立を目指す必要があると考えています。

 今の政治状況を生んだのは3年前の不幸な出来事でした。希望の党が排除の論理をかざし、踏み絵を踏むよう求めた結果です。だからこそ我々は「排除」は行いません。両党の政調会長がまさに熟議を重ね、「この旗の下になら結集できる」という新党の綱領案をまとめた。新党には民主党の時代を知らない新しい世代も加わります。できるだけ多くの人が参加しやすい環境を整備したいと思っています。

──どのような「綱領」になるのでしょうか。

 ここに新党の綱領案がありますので、ご覧ください(全文はアエラドットに掲載)。新党の名前は代表選を経て決まりますが、党の理念として冒頭に置いたのは「立憲主義と熟議を重んじる」という点です。その上で自由と多様性を尊重する、人間が基軸となる共生社会を創る、国際協調をめざし未来への責任を果たす、という基本理念を掲げました。

 各論では「性別を問わずその個性と能力を十分に発揮することができるジェンダー平等の確立」、「原子力エネルギーに依存しない原発ゼロ社会」、「過度な自己責任論に陥らず、公正な分配により格差を解消し、一人ひとりが幸福を実感できる社会」などを盛り込みました。原発に依存しない社会を目指す一方、電力の安定供給、雇用や技術者の確保、地域経済への影響など現実的な対処は当然です。

──改憲や安保、外交についてはどのような扱いですか。

 日本国憲法の三つの原則を堅持しつつ、「立憲主義を深化させる観点から未来志向の憲法議論を真摯に行う」としました。ここでも、「草の根の声に基づく熟議を大切にする」という姿勢を改めて示しています。

 安保と外交については「国際協調と専守防衛を貫き、現実的な安全保障や外交政策を推進する」としています。具体的には、健全な日米同盟を軸に、アジア太平洋地域とりわけ近隣諸国をはじめとする国々との連携を強化すること、国連などの多国間協調の枠組みに基づいて気候変動など地球規模の課題にも正面から向き合うことをうたいました。核兵器の廃絶をめざし、「人間の安全保障」を実現する、としています。

──立憲と国民の綱領を折衷したのではないのですね。

 全く違います。今の時代に即した、新しい綱領を作ったのです。たとえば、「機能する政府」という新しい概念を盛り込みました。これは「大きい政府・小さい政府」に代わる考え方です。大小という議論は極めて古い。「小さい政府」を標榜する自民党は、経済の生産性と効率性を重視すると言いながら、安倍政権の予算は約100兆円。この間の補正予算の規模や使い方を考えても、実態はとても小さい政府とは言えません。

 このコロナ禍で国民が政府に求めたものは、自分たちの命と暮らしを守るために「機能する」政府であり、政治でした。アベノマスクはいらなかったし、高熱が続いてもPCR検査を拒否されるような政策は必要なかった。公文書の管理や情報公開に関しても、口では「徹底する」と言いながら、結局、確実に機能する実行力がないのです。

「機能する政府」という考え方は、このような安倍政権へのアンチテーゼであるとともに、かつて政権を担った我々自身への反省にも基づいています。

──総選挙ではポスト安倍と政権を争うことになります。新党は支持されるでしょうか。

 小選挙区制では、野党が与党と1対1で対峙できる構造を作ることが重要です。そうすることで、有権者も「どちらが政権を担うにふさわしいか」を選択しやすくなります。次の選挙は、2012年に政権が代わって以来初めて有権者に明確な選択肢を提示できる好機です。

 やはり解散前に100議席程度がなければ、政権与党に挑戦することはできません。09年に我々が政権交代を実現した時も、逆に自民党が政権を奪取した12年も、選挙前の衆議院の議席数は110議席強でした。

──最新の世論調査で「新党に期待する」という声は20%前後です。どう見ますか?

 多くの政党がある中で、発射台としては十分な数字ではないでしょうか。期待や支持がもっと広がる素地があるということでしょう。急に上がった支持は急に下がりますから、着実に、地道に信頼を得る努力を重ねることだと思います。

 私たちも09年当時とは違います。与党として東日本大震災も経験し、仮に次の総選挙で政権を取ったとしても「すぐにできること、できないこと」の区別はよくわかっています。当面は参議院で自公が過半数を持っているわけですから、思い通りに法律を通すことはできません。

 だからこそ「政権交代したらあれもやります、これもやります」みたいな公約を掲げて選挙をする気は毛頭ありません。大事なのは「政治のリアリティー」です。その中で安倍政権が何をしてきたのかを有権者に伝え、自公政権にとって代わる政策を提示し、それを着実に実行していくつもりです。安倍政権によって日本が抱えた「ひずみ」は、政権が代わったからといって一気に元に戻せるようなものではないと思っています。

(聞き手/編集部・中原一歩、上栗崇)

※AERA 2020年9月7日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_jc7dqat4jllc_今注目の自炊ギア「ホットサンドメーカー」 料理初心者もコツ要らずの簡単レシピを紹介 jc7dqat4jllc jc7dqat4jllc 今注目の自炊ギア「ホットサンドメーカー」 料理初心者もコツ要らずの簡単レシピを紹介 oa-aera 0

今注目の自炊ギア「ホットサンドメーカー」 料理初心者もコツ要らずの簡単レシピを紹介

2020年8月31日 18:00 AERA/写真・片山菜緒子

 巣ごもり消費で、ホットサンドメーカーの売れ行きが好調だ。肉や魚、粉モノなど、ホットサンド以外のものを焼くにも便利だと、手軽な調理器具として注目を集めているらしい。料理初心者の記者が、五つのレシピに挑戦した。AERA2020年8月31日号の記事を紹介する。

*  *  *
 小麦粉、強力粉、ホットケーキミックス、バターや生クリーム……。外出自粛で高まった自炊熱により、売り切れになったものはいろいろある。調理器具も然り。その一つがホットサンドメーカーだ。

 新潟県でアウトドア用品を製造する山谷産業では、月間1500台ほどだったホットサンドメーカーの売れ行きが3月以降、3500台に急増。2カ月で在庫がすべてなくなった。今は月に2千台を作ってはすぐに売れる状態が続いているという。

 ホットサンドメーカーには直火式と電気式の二つがあるが、近年のソロキャンプブームを受けて直火式人気が高まっている。ホットサンドメーカーに特化したレシピ集『リロ氏のソロキャンレシピ』著者のリロ氏さんは言う。

「今はIH対応のものもありますが、直火が断然オススメ。ホットサンドメーカーはいわばフタ付きのフライパンで、開けるときやひっくり返すときの楽しみもあります」

 1970年代に人気ホットサンドメーカー「バウルー」が発売されて以来、ホットサンドメーカーはたびたび注目を集めてきた。具材を挟み込んだ食パンを並べて焼けば、外はカリカリ中はふわふわのホットサンドが簡単にできる。手軽さと美味しさはもちろん、切ったときの断面の美しさが「萌え断」として女性たちの心をつかんできた。だが、今回のブームは少し違う。リロ氏さんは言う。

「これまでホットサンドを作ったのは2回だけ。食パンを焼くことはほとんどありません」

 リロ氏さんがホットサンドメーカーを初めて使ったのは昨年10月。アウトドアに使える新しい調理器具を探していたところ、ホットサンドメーカーのコンパクトさや他の調理器具にはない両面焼きという独自性に惹かれたという。今やアウトドアのみならず、晩酌のアテづくりなど「ほぼ毎日使っている」。

「初めて焼いたのは冷凍餃子。焼くのにオススメの具ある?とツイートしたら、冷凍餃子が面白いと。あまりにもきれいに焼けて感動しました」

 両面から焼くことができるため、香ばしさもアップする。ホットサンドメーカーを傾ければ隙間から油も切れるため、ラクチンだ。リロ氏さんは言う。

「時々中をのぞいて焼き加減を確認するだけでいいのでテクニックは要らない。1人分を作るのにちょうどいいので、一人暮らしの方にもオススメです」

 焼き物はもちろん、揚げ物にも使えるという。たとえばとんかつはこうだ。まず小麦粉をまぶした豚肉に卵をからめる。次に、オリーブオイルを染み込ませたパン粉をホットサンドメーカーに敷き詰め、豚肉をのせてパン粉を上からかぶせて焼くだけ。使うオリーブオイルの量はざっくり大さじ3。「揚げ焼き」だからヘルシーでサクサクだ。ふたを閉めれば密閉されて油も飛び跳ねにくいため、後片付けの手間も最小限で済むという。

 今回はリロ氏さんのレシピ集や取材を参考に、五つの料理を作ってみた。一人暮らし歴は5年目、料理をほとんどしない記者でもうまくできるのか。

 まずは、豚トロピーマン。焼きあがった肉をピーマンにのせるだけの簡単レシピだが、どのスーパーへ行っても、豚トロが見当たらない。リロ氏さんの「いい感じに適当に」というアドバイスを思い出し、豚ヒレピーマンにすることに。

 豚ヒレ肉をホットサンドメーカーに敷き詰め、ふたをしたら火にかける。何度かふたを開けて中を確認したり、ひっくり返したり。熱が均等に通るため焼き漏れもなく、何より一度にすべての肉をひっくり返せるのが料理ビギナーにはありがたい。みずみずしいピーマンとの相性も抜群だ。

 お好み焼きも作ってみた。ホットサンドメーカーに生地を流し込んで両面を焼く。ヘラ要らずなので、失敗してお好み焼きが割れることもない。簡単にできたが、生地とキャベツが同化して、ややシャキシャキ感が足りない。千切りキャベツの太さや焼き時間に、工夫が必要かも。

 冷凍餃子も焼いてみた。12個入りの冷凍餃子を無理やり敷き詰めると、餃子の皮が少しはみ出てしまった。だが、ふたが閉まるなら気にする必要はないという。むしろ餃子にぎゅっと圧がかかることで、旨味がいっそう凝縮された気がする。

「餃子のほかに冷凍シューマイも美味しくできます。一方で、小籠包のように蒸す料理は汁が飛んでしまうので不向きなんです」(リロ氏さん)

 煮物なども、ホットサンドメーカーの苦手分野だという。

 次は白身魚のムニエル。専用のシーズニングをかけてホットサンドメーカーに並べ、バターを上にのせてふたをする。焼きすぎるとパサつくため、時々中の様子をのぞいて火が通ったのか確認するのがポイントだ。

 最後に作ったのは、タンドリーチキンならぬ時短ドリーチキン。ポリ袋に手羽元と専用のシーズニングを入れて揉みこんだら、そのままホットサンドメーカーへ。手羽元が分厚いためほかの料理に比べて隙間が気になるが、これもふたが閉まれば大丈夫。ひっくり返す前に余分な油を捨てて、約10分でできあがり。肉がぷりぷりで美味しい。

 ホットサンドメーカーの用途は、想像以上に幅広い。お皿代わりにしてしまえば、洗い物だって減らせる。まだまだ続きそうな巣ごもりライフの、強力なパートナーになるにちがいない。(編集部・福井しほ)

※AERA 2020年8月31日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_2j0zu4exhhol_難関国立大に強い実力校ランキング! 東大「現役進学率」で王者・開成を上回る高校とは? 2j0zu4exhhol 2j0zu4exhhol 難関国立大に強い実力校ランキング! 東大「現役進学率」で王者・開成を上回る高校とは? oa-aera 0

難関国立大に強い実力校ランキング! 東大「現役進学率」で王者・開成を上回る高校とは?

2020年8月31日 18:00 AERA

 誰が言ったか、「夏を制する者は、受験を制する」。新型コロナの影響が残る中、受験生や保護者は大切なシーズンに突入した。問われるのは、在学中にいかに成長できる力をつけられるか、だ。AERA 2020年8月31日号は「現役進学力」を特集。その中からここでは難関国立大のランキングを網羅した。大学「進学力」がわかれば、学校の真価が見えてくる。

*  *  *
 東京・渋谷のランドマークのひとつ、宮下公園。年内開催には至らなかったが東京五輪2020に向けて、数年前から複合商業施設としてのリニューアルが進んでいた。新型コロナウイルスの影響がなければ今ごろ観光客でごった返したであろうこの渋谷のど真ん中の場所から歩いて数分のところに、進学校として注目される学校がある。

 渋谷教育学園渋谷中学高等学校。通称、「渋渋(しぶしぶ)」だ。

 私立の中高一貫校である同校は、2020年春に卒業した232人のうち、現役で早稲田大と慶應大へそれぞれ28人が進学。多くの生徒たちを難関私大に送り出している。

■東大にも強い「渋渋」

 だが、実力は早慶への実績だけではない。東京大には現役で18年に19人、19年には10人とコンスタントに輩出。そして今年は27人が東大に進学した。同校進路部長の高橋正忠さん(42)は、こう言う。

「20年卒生は東大志望が85人と例年より多く、東大に染まった年でした。生徒の間でも、自然と空気感が高まったのかなと思います」

 同校の現役での大学進学率は72.6%(20年)。都内でも屈指の「難関大に強い学校」として知られるようになった。

 文部科学省「学校基本調査」(19年)によれば、現役での大学進学率(短大含む)は、全国で54.7%。特に女子の比率が、じわりじわりと上がり続けている。高校側も各校のホームページで、こぞって大学合格者数を掲示する。合格者のボリュームゾーンから、その高校がどの大学をターゲットにしているのかなどがわかる。

 しかし、注意も必要だ。私立大の場合は、優秀な生徒が複数の学部や学科に合格する「のべ合格者数」で掲載される場合もあるからだ。加えて、卒業生の数が多ければ、合格者数も多く出る可能性がある。もちろん進学先や学校の実力を測るのに合格者数は参考になるが、進学の実態を正確に表していない場合もある。たくさん受かっても、進む大学は一つだけだ。

 アエラでは、こうした各高校の「真」の実力を明らかにするために、大学通信の協力を得て、難関大学への現役進学率を算出した。旧帝大(東京・京都・北海道・東北・名古屋・大阪・九州)・早稲田・慶應義塾・上智・東京理科・MARCH(明治・青山学院・立教・中央・法政)・関関同立(関西・関西学院・同志社・立命館)の人気20大学への進学者数を徹底調査(20年卒)。卒業生数と現役で実際に進学した人数から各大学への「現役進学率」を割り出し、ランキングにした。

■開成の上を行く筑駒

 たとえば、東大を見てほしい。

 合格者数39年連続1位の絶対王者、開成からは今年117人が東大に現役進学した。「東大といえば開成」と思い浮かべる人も多いはずだが、現役進学率で並べると29.5%で3位。王者の上を行くのが、筑波大附駒場や桜蔭だ。

 こと筑駒の東大現役進学率は44.7%。およそ2人に1人が東大に進むという驚愕の実績を残しているのがわかる。開成もおよそ3人に1人が進学する極めてハイレベルな争いだが、現役進学率で並べると、一般的な合格者数ランキングとは異なる「実力」が浮き彫りになる。

 また、現役での進学率なので、浪人生の実績は含まれない。浪人してから成績をぐんと上げる生徒も珍しくないが、このランキングでは、各学校の現役での進学力がずばりわかる。

 さらに、東大と京都大、慶應義塾大や東京理科大などを中心にずらりと並ぶ「中高一貫校」にも注目したい。大学通信の安田賢治常務は、こう分析する。

「中学の段階でいかに優秀な子を集められるか、その傾向が年々高まっています。日比谷のように高校からでも優秀な学校はありますが、卒業生が多いこともあり、ランキングには入ってきません」

 中高一貫校がブームになって久しい。いまでは私立だけでなく公立の中高一貫校も年を追うごとに増えている。大手予備校講師で、共著『早慶MARCHに入れる中学・高校』(朝日新書)などがある武川晋也さんは、こう指摘する。

「筑駒は文化祭などの行事もやりきって、それでいて受験でも結果を出す学校です。そもそも、中学・高校入試で受かっている子のレベルが段違いなんです」

■点数至上主義になるな

 冒頭の渋谷教育学園渋谷も、中高一貫だ。同校が進路指導で意識するのは「大学はあくまでも手段でしかない」ということ。毎年10人以上の生徒が海外大を志望し、米ハーバード大やプリンストン大に進む生徒もいる。すると、東大も自然と相対化され、目的に向かって受験勉強に励む環境が育まれる。

【コロナ禍で「入試戦線」異状あり! 早慶・MARCH狙い目の意外な理由】

 だが、悩みもある。

「点数至上主義になるな」

 同校の教室では、そんな言葉がたびたび飛び出す。

 高橋進路部長が言う。

「中学受験をする生徒の多くは小学生の頃から塾に通っています。成績順以外に自分をはかる尺度がない子もいるんです」

 生徒の偏った価値観をリセットするのも教師の役目。成績は伸びしろをはかるツールであるという考え方を口酸っぱく言い聞かせる。なかなか考え方が切り替えられなかった生徒も、「中2に上がる前には落ち着いてくる」と高橋部長。

■「校長講話」が大学選びに影響

 同校が重視するのは、1996年の創立以来続けている「校長講話」の時間だ。6年間のシラバスに組み込まれ、卒業までに全30回で設計され、整理整頓の大切さや自由、自己実現まで幅広いテーマを説いていく。一見、受験には無関係に思えるが、高橋部長は首を横に振る。

「校長講話では、人生をどう作っていくのかといったことを話します。6年を通して自分の将来をイメージすることになるので、大学選びにも大きく影響するのです」

(編集部・福井しほ)

※表の読み方/旧帝大などに合格実績のある高校へ調査を行い、現役進学率の上位校を掲載した。ただし、各表題大学の付属・系属校と現役進学者数が9人以下の高校は除いた。現役進学率(%)は、現役進学者数÷卒業生数×100で算出(2020年)。定時制や通信制を併設する学校は全日制の卒業生数を使用。同率で順位が異なるのは、小数点第2位以下の差による。学校名につくマークは国立、私立、公立を表し、地色が白色は中高一貫校を示す。ただし、公立は一貫生が卒業している併設型と中等教育学校のみ一貫校とした。協力/大学通信

※AERA 2020年8月31日号より抜粋

外部リンク