cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_d28ac8gtq36q_夫婦の「わかり合えない」は当たり前!? 男女脳の違いを知ることで歩み寄りを d28ac8gtq36q d28ac8gtq36q 夫婦の「わかり合えない」は当たり前!? 男女脳の違いを知ることで歩み寄りを oa-aera 0

夫婦の「わかり合えない」は当たり前!? 男女脳の違いを知ることで歩み寄りを

2020年9月14日 18:00 AERA

「夫に話しても共感してもらえない」「妻にアドバイスすると嫌そうな顔をされる」……。なぜ、夫婦の対話ではこうもすれ違いが多く見られるのでしょうか? 夫婦がわかり合えないなら、コミュニケーションの改善が必要です。「AERA with Kids秋号」(朝日新聞出版刊)では、著書『妻のトリセツ』で有名な、感性アナリスト黒川伊保子さんに取材。夫婦の対話がすれ違う原因や夫婦の接し方のコツなどをうかがいました。

*  *  *
「子育て中の夫婦は、脳の使い方が真逆。だから話がズレて決裂しやすいんです」と言うのは、男女の脳の使い方の差異に注目する黒川伊保子さん。人は誰でも、問題が起きると「ゴール指向問題解決型」「プロセス思考共感型」のどちらかの脳回路をとっさに選ぶのだそう。

それぞれの脳の使い方の特徴は以下のとおりです。

<男性に多い、ゴール指向問題解決型>
◎感情を排して目標に向かう
◎オチのないおしゃべりが苦手
◎普段はぼんやりしているように見える


 明確な目標設定をし、最速で問題解決をするための思考回路。優れた危機管理能力を持つので、つい「批判・指摘」が多くなる。空間認知能力を駆使し「遠くの大きなゴール」を捉えるのは得意だが、「目の前の人の気持ちを察する」「こまごまとした話を聞く」のは苦手。有事に備え、普段は「ぼんやり」している。

<女性に多い、プロセス思考共感型>
◎共感し合うことによって気づきを生み出す
◎過去の記憶を元に危機を回避する
◎感情や気分と記憶が結びついている


 他人と記憶を共有し、共感することで情報を得るという脳の使い方をする。感情を引き金にして記憶を再体験することで、「より深い気づき」を得ることができる。そのため、対話において「相手の気持ち」を重要視する。何年も前のできごともリアルな感情とともに思い出せる「蒸し返しの天才」でもある。

 黒川さんはこう続けます。

「どちらかというと外で仕事をする時間が長い父親は『問題解決型』の脳を使い、周りと助け合い育児をする母親は『共感型』の脳を使うことが多くなります」

 共感してほしい妻に、理詰めで正論を説く夫……確かによくあるすれ違いの例です。

【「いるのに何もしない」夫にイライラ…コロナ禍の“家事分担”で妻の不満が爆発?】

 さらに、”教育”に関しては女性も問題解決型思考になるため、より注意が必要なのだそうです。

「日々の勉強、進路選び、将来設計と子育ては目標設定が不可欠です。つい命令や指示が多くなる。共感が減ると、家庭内の会話がギクシャクしがちなんです」

 では、いったいどんな会話が効果的なのでしょうか?

 黒川さんは家庭内の会話に必要なのは、正しさよりも思いやり、つまり「心の会話とちょっとしたコツ」だと言います。

「夫婦で脳の使い方が違うと、議論が成り立たず、お互いを認め合うことはなかなか難しい。そこで日ごろの接し方や会話のテクニックがコミュニケーションをとるうえで大切になってきます」

 具体的な夫婦の「トリセツ」をいくつか紹介します。まずは、自分たちのコミュニケーションを振り返ってみましょう。

<妻から夫へのトリセツ>
◎最初に会話の目的を伝える

問題解決型脳の夫には、経緯ではなく目的や結論から伝えて。「息子の塾を変えるつもり。理由は三つ。一つは…」と要点を論理的にプレゼンするのが、相手の意識をつかむポイント。

◎夫の言葉を裏読みしない
覚えておきましょう。多くの場合、夫の言葉に裏はありません。「おかず、これだけ?」「このゴミ俺が全部捨てるの?」は批判ではなく単なる確認。「そうだよ」と返せばOK。

◎自分のやっていることをキャンペーンする
家事の総体が見えていない夫には「朝の出勤前に洗濯と掃除をして、学童の迎え前にスーパー寄って、宿題見ながら夕飯作ったらこんな時間」など、事実を具体的にアピールすることも必要。

<夫から妻へのトリセツ>
◎気持ちを肯定してから論を言う

妻との話し合いで異なる意見があっても、否定から入るのは避けて。まずは共感し落ち着かせてから、「その考えもいいけど、こういう方法はどう?」など持論につなげる方がスムーズ。

◎LINEの返事に困ったらおうむ返しをする
妻が「オチのない愚痴」「今日の出来事」を延々と話してきて返信に困っても、スルーはNG。おうむ返しが効果的です。「急に雨が降ってきたよね」「それは大変だったね」というだけで、共感したように聞こえて妻の心は落ち着くものです。

◎妻の怒りにはプレゼントで記憶をプラスに
夫婦ゲンカが白熱したら、いったんその場を離れて。落ち着いたころに妻が好きなお菓子などを贈りましょう。甘いもの効果で脳の緊張が和らぎ、怒りが収まるだけでなく、ネガティブなケンカの情報が小さなポジティブな記憶に上書きされます。

 また黒川さんからは子育ての方針の立て方について、こんなアドバイスも。

「夫婦が同じ土俵に立って、毎回意見をぶつけあわせなくてもいいと思うんです。例えば『日常の細かいことは私が決めるけど、進路はパパの意見を聞かせてね』『娘のことは私もよくわかるけど、息子の相談はあなたが聞いてあげて』など、各分野で誰が決定権を持つかを決めてしまうのも一つの手です」

 夫婦は敵ではなく、協力し合う同志。家庭内の平和を保ち、思いやりのある夫婦の会話をみせることが、結果的には子どもの将来の教育にも役立つかもしれません。(取材・文/玉居子泰子)

※「AERA with Kids秋号」では花まる学習会代表の高濱正伸先生を特別編集長に迎えて「今の時代に欲しい!『子育ての軸』」を大特集しています。誌面では子育ての軸を決めるにあたって大切な夫婦のコミュニケーション以外にも、ほめ方や叱り方、思春期の子どもへの接し方など具体的に解説しています。

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_2mgsmrcm3ad8_金原ひとみが新刊で描く、人生の岐路に立つ女たちの「うさんくさく、疑わしい」絆 2mgsmrcm3ad8 2mgsmrcm3ad8 金原ひとみが新刊で描く、人生の岐路に立つ女たちの「うさんくさく、疑わしい」絆 oa-aera 0

金原ひとみが新刊で描く、人生の岐路に立つ女たちの「うさんくさく、疑わしい」絆

2020年9月14日 18:00 AERA

 芥川賞作家・金原ひとみさんが3人の女性を主人公に『fishy』を発表した。現代の生きづらさのなかにある言葉のやりとりが人の闇と光を描き出す。AERA 2020年9月14日号から。

*  *  *
 大人になると、その時々で他人との距離感が変わる。本当はどういう人物なのか、信頼できるのか、判断に迷うときだ。

 金原ひとみさんの新刊『fishy』は、そんな人間関係のゆらぎをすくい上げ、他人への信頼や疑いの不確かさを気づかせる。

 主人公は3人の女性たちだ。独身で28歳の美玖(みく)、32歳のユリと37歳の弓子は既婚で子どもがいる。飲み仲間である彼女たちは、恋愛や夫婦の秘密をあけすけに話すようでいて、心から信頼し合っているようには感じられない。だが、お互いに必要な関係であることも伝わってくる。タイトルの意味通り「うさんくさく、疑わしい」関係だ。

■人生の曲がり角に立つ

 金原さんは小説に「fishy」と名づけた理由をこう話す。

「最後まで読んでも、どこか信用しきれない。そんなうさんくさい感覚を、作品全体に浸透させたかったんです。ちょっとずつ腹に一物を持つ女性の集まりはスリリングです。相手の悩みや迷いを鋭い言葉で指摘したり、うそかまことか確かめようもない話で煙に巻いたり、執筆中は、彼女たちの飲み会に参加しているようで楽しかったです」

 小説はそれぞれの視点から語られるパートの積み重ねで構成されている。性格も考え方も異なる女性たちの群像劇なのに、読んでいると、どのパートにも自分を重ねる部分がある。

「女性も中年になると思い通りにいかなかったり迷ったり、人生が少しずつ歪(ゆが)んでくると思います。私自身、子どもが幼いときは母親の役割が強く、パーソナルな部分を守れない、自分が薄まるような感覚がありました。それが子どもが成長するにつれて、自分が戻ってくるように感じたんです。そして、ここから先、人はどんな方向に進むのだろうと考えるようになって。仕事に没頭したり、不倫をしたり、人によって異なる人生のバリエーションが出てくると気づいたんです」

「fishy」の3人も、人生のそんな曲がり角に立つ。そして親友とも言い難い彼女たちの曖昧(あいまい)な関係が、火花がスパークするような展開へ進める力になっていく。

 金原さんが描きやすかったのは、すべての物事をフラットに考えるユリだという。彼女の指摘はすがすがしいほど正しいが、残酷な真実をえぐり出すことも多い。一方で、3人のなかで金原さんが距離を感じたのは弓子だ。社会常識を重んじる彼女を古くさく感じるからだ。

「でも書き進めるうちに和解していって、書き上げる頃には、好きになっていました。苦手だったり、敬遠したいタイプの人物でも、彼らの視点で書いていくと、少しずつ共感できるようになる。自分の思い込みを破壊される感覚を弓子には感じました」

■人と人の分断感じる

 3人の会話で大きいのが、「言葉」の存在だ。メールやSNSで文字を介したやり取りが増え、些細な言葉ひとつにも神経をとがらせる現代の不安や依存が描き出されている。

 金原さんは6年のフランス滞在を経て2018年に帰国した。日本で暮らしていると、人と人の分断をより強く感じるという。

「同じような顔をしているのにわかり合えない。だけど、共存していくしかないという感覚がずっとあります」

 最近、捨て身で付き合わないといけないのかもしれない、と感じることもある。

「人が批判し合うケースが増えているように感じます。現代人は、人間としての一貫性を他人に求めすぎではないでしょうか。人は多面的な存在です。一面を責め立てたり、絶望的になったりせず、ゆるく距離を保つことができる関係性がすごく必要なのだと思います」

(ライター・角田奈穂子)

※AERA 2020年9月14日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_rk25aphe5481_しいたけ.さんが助言する、事故や人の転機の場に遭遇しやすい「見届け人」の負担を減らす術 rk25aphe5481 rk25aphe5481 しいたけ.さんが助言する、事故や人の転機の場に遭遇しやすい「見届け人」の負担を減らす術 oa-aera 0

しいたけ.さんが助言する、事故や人の転機の場に遭遇しやすい「見届け人」の負担を減らす術

2020年9月14日 18:00 AERA

 AERAの連載「午後3時のしいたけ.相談室」では、話題の占師であり作家のしいたけ.さんが読者からの相談に回答。しいたけ.さんの独特な語り口でアドバイスをお届けします。

*  *  *
Q:電車の人身事故に立て続けに遭遇する時があります。乗りたい電車が人身事故で止まる、乗っていた電車が人身事故、最寄り駅で人身事故を目撃、と1週間に3回あったときも。自分の状態が悪いときも多く、何かメッセージがあるのかな、と思ってしまいます。連続遭遇をどうとらえればいいでしょうか。(女性/会社員/42歳/さそり座)

A:世の中には「見届け人」という役割の人がいるように思います。それこそ事故現場を目撃してしまったり、付き合う人がちょっと病気になってしまったり。

 過去に占った方で「付き合う人がすぐ仕事を辞めてしまう」という方がいました。その方も、相手の「もうこれ以上は頑張れない」という姿を見届ける役割を担っていたように思います。恋人はその人と付き合うことで安心感を抱き、今まで自分に嘘をついて頑張ってきたけどもう自然な姿に戻ろう、と鎧を脱ぐことができたのかもしれません。

 占師としての立場から言うと、見届け人が「心が痛む出来事」を体験した時は「仕事など、頑張らなければいけない物事の頑張りを、勇気を出して2割ぐらい減少させましょう」というタイミングのことが多いです。仕事とか義務って処理能力がある人とか「なんでも修行だと思ってやっちゃおうとする人」にこれでもかと来ちゃうでしょう?

 人間は、無意識のうちにバリアーを張って生きています。自分が不快になるものは絶対近づけたくないし、嫌な人とは会いたくない。見届け人とか、バリアーが弱い人は、異様に優しくて、差別のない人です。だからこそいろんな出来事を面白がれるし、見届けることができる。そういう人が、自分で「気をつけなきゃ」って思っても、それは難しいかもしれません。

 そういう人には、恋人や親友など縁がある人として、ちょっと性格きつめの人が近づいてきてくれます。自分を守るこま犬みたいな感じで「そいつは信用しちゃダメ」などとアドバイスをくれます。

 見届け人としての運命かもしれないなと思って、事故現場に遭ったときは「大変でしたね」ときちんと心の中で手を合わせてあげてください。

 一方で、さそり座という星座も身の回りでハプニングなどがなぜか多くあったりする人たちなのです。さそり座にはかなり「見届け人」としてのセンスがあり、「物事のいい面だけではなくて、裏のドラマもきちんと見届けよう」とする人たちでもあります。でも、その裏面がキツくなってしまったら、やっぱり同様に「自分がやらなきゃ」と思う基準を勇気を出して落としていってください。もうね、LINEは3日後に返すとか。

 それ以外は自分が鎧を脱ぐ、武装を解除するための儀式が必要です。おすすめは外国製の香りが強いせっけんなどで手や顔を洗うこと。香りはその人を守ってくれる。スイッチをオフにするいい手段です。覚えておいてくださいね。

しいたけ./占師、作家。早稲田大学大学院政治学研究科修了。哲学を研究しながら、占いを学問として勉強。「VOGUE GIRL」での連載「WEEKLY! しいたけ占い」でも人気

※AERA 2020年9月14日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_w6th06k991ih_ゲームが発散の場になり…子どもの依存相談「2倍」増 親が注意すべき3つのサイン w6th06k991ih w6th06k991ih ゲームが発散の場になり…子どもの依存相談「2倍」増 親が注意すべき3つのサイン oa-aera 0

ゲームが発散の場になり…子どもの依存相談「2倍」増 親が注意すべき3つのサイン

2020年9月14日 18:00 AERA

 休校中に増えたネットやゲーム時間が学校再開後も減らない。睡眠リズムも戻らない。そんな子どもたちに親は何に気をつけ、どう対策すればいいのか。AERA 2020年9月14日号は専門家に聞いた。

【辻希美「広い視野で世界を見てください」 コロナで「将来描けない」子どもにエール】

*  *  *
 今日も中学1年の息子がいる部屋から怒気を含んだ叫び声が聞こえてくる。

「ウォーーー」
「バカ野郎ぉぉぉ」

 都内に住む会社員の女性(47)の息子が夢中になっているのは、小中学生らに人気のオンラインゲームだ。友だちとチームを組み、最後の1チームになるまで戦う。興奮してくると机をバンバンたたき、乱暴な言葉を発する。息子は新型コロナによる長期休校中にこのゲームにハマり、昼も夜も遊びほうけていた。学校が再開した今は、多少時間は減ったものの、帰宅後すぐに部屋にこもり、深夜0時過ぎまであの調子だ。

「もうやめなさい」とゲーム機を取り上げようとすると、息子はテレビドラマの「積木くずし」のごとく荒れ狂う。息子の身長は現在174センチ。163センチの女性はもう、力ではかなわない。少し前までは父親が注意すればゲームをやめていたが、父親の身長も抜いた今は物を投げつけて抵抗する。ただ、まだ大人と子どもを行ったり来たりする年頃のようで、蹴ってきた後に「ママ、ごめんね」と抱きついてくることもある。

 自宅には子ども部屋がなく、息子は小学4年の娘と女性と3人の寝室のテレビに「ニンテンドースイッチ」をつなげてゲームをする。息子がゲームを終えるまでは娘も寝られない。ようやく終わっても、息子は興奮してしばらく眠れないようで、そのままスマホで動画を見続ける。スマホにはスクリーンタイムの制限をかけているが、日付を変えて使用時間をゼロにして解除しているようだ。


■急速に依存進むことも

 以前は一生懸命やっていた勉強も、今は試験前さえやらず、部活も「足が痛い」と言ってサボるようになった。同じ学年のママ友にLINEするとみんな悩んでいた。女性はこう話す。

「息子は睡眠時間がすごく短くなり、足腰も弱くなった気がして、健康面もとても心配です」

 長期休校中に、インターネット動画やテレビの視聴、ゲームなどのスクリーンタイムが増え、学校再開後も元には戻らずに悩む親子は少なくない。

 ネット・ゲーム依存専門の回復支援サービスを提供するMIRA‐i(ミライ)には、休校明け前後の5、6月にこれまでの約2倍の相談が寄せられた。団体の代表で公認心理師の森山沙耶さんは言う。

「子どもたちは楽しみにしていたイベントや部活の大会などがなくなってエネルギーの持っていき場を失い、主にシューティング系ゲームが発散の場になっています。子どもは大人に比べて、欲求をコントロールする脳の前頭葉が未発達で、急速に依存が進行することもあります」

■生活リズムが崩れた

 都内に住む小学5年の女児の母親(44)も、ゲームとテレビ漬けの娘を心配する。コロナ前までは学校から帰ってくると、友だちと外遊びや互いの家を行き来して夕飯前までめいっぱい遊んでいたが、「休校を機に娘の生活リズムは完全に崩れました」(母親)。

 休校中は他に楽しみもない娘に「やめなさい」と言うのも忍びなく、一日中スクリーンの前で過ごさせていた。だが、学校再開後の各家庭のコロナへの意識に差があり、娘の友だちを家に呼んでいいものか、逆に家にお邪魔していいものかと悩み、遊びにくくなった。学校から帰宅した娘はなんとなくテレビをつけるかゲームをしてだらだらと過ごしてしまうという。

 休校期間中に実施された国立成育医療研究センター「コロナ×こどもアンケート」の第1回調査では、テレビやスマホ、ゲームを見ていた「スクリーンタイム」が1日4時間以上の子どもが全体の31%だった。第2回調査ではスクリーンタイムについて質問していないが、保護者の自由記載からは学校再開後もテレビやゲームの時間が減らずに悩む様子がうかがえる。

 前出の森山さんによると、特に注意したほうがいい「依存症」のサインは、(1)時間が以前と比べて増えた(2)成績が落ちる、学校や部活へのモチベーションが低くなる、生活リズムが崩れるなどの変化が出ている(3)やめさせようとすると暴れたり癇癪(かんしゃく)を起こしたりする──の3点を挙げ、こう指摘する。

「昼夜逆転や親子のコミュニケーションが取れない状況になると、回復にも時間がかかります。依存はコントロールの障害で、子どもの意志が弱いわけではない。物理的な対策を講じ、環境を整えることが大切です」

■ルール書いて貼り出し

 まず前提として、ゲーム機やソフトなどは親が購入したものなので、親の管理下で使用することを親子で確認する。そのうえで、使用する時間帯や時間、さらに宿題や家の手伝いなどやるべきことをやった後にゲームをするなどのルールを明確にする。夜間はWi‐Fi(無線通信)を切る、ゲーム機やスマホを親が預かる、使用制限をかけるなどの方法も有効だ。

「ルールを決めても親子でその認識に差があることがあるので、明確にルールを伝えることが大事で、紙に書いて貼るのもいいと思います」(森山さん)

 休校中にずれた睡眠リズムが学校再開後にも戻らないことに苦労している家庭もある。夜寝る時刻が遅くなった一方で、登校するために朝は以前と同じ時刻に起こされ、睡眠時間が不足している子も少なくない。

 兵庫県立リハビリテーション中央病院子どものリハビリテーション・睡眠・発達医療センターの菊池清センター長によると、睡眠は単なる休息ではなく、脳が高度な機能を発揮するための重要な時間だ。睡眠が足りない子どもでは、記憶にかかわる脳の海馬のサイズが小さいことが証明されていて、認知症の患者の脳内で蓄積する異常物質が増加し、脳の機能が低下することがわかっている。

「脳の機能が低下すると、記憶力や判断力が低下し、動作も緩慢になり、同年代の子どもに比べてできないことが増え、学ぶ意欲が減ってしまう。子どもの自己評価が下がり、発達にも影響を及ぼします」

 子どもの睡眠障害は六つに分類されるが、そのうち休校の影響で増えているとみられるのが、不眠症と概日リズム睡眠・覚醒障害だ。不眠症は寝つきが悪い、夜中に目が何度も覚めてしまうなど睡眠が不足し昼間の活動に支障をきたす。概日リズム睡眠・覚醒障害は、目覚めの時刻がずれたことで体内時計が乱れ、自律神経バランスやホルモン分泌が不安定になり、体調を崩してしまう。

「子どもは睡眠や体内時計を整えることの大切さを知らず、睡眠を軽視しがちです。学校に行きたいのに行けない、日中ぼーっとするなどして困ると感じていたら、小児科で相談してみたほうがいいでしょう」

(編集部・深澤友紀)

※AERA 2020年9月14日号より抜粋

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_5w1szjuxqx3f_内田樹「政治家の『屈辱感を与えて鼻先で冷笑する話法』は誰も幸福にしない」 5w1szjuxqx3f 5w1szjuxqx3f 内田樹「政治家の『屈辱感を与えて鼻先で冷笑する話法』は誰も幸福にしない」 oa-aera 0

内田樹「政治家の『屈辱感を与えて鼻先で冷笑する話法』は誰も幸福にしない」

2020年9月11日 18:00 AERA/photo・gettyimages

 哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。

安倍政権が遺した極端な「分断社会」 主張が違う人を全面否定、排除の論理が台頭

*  *  *
 政治家たちの話を聴いていたら、他人に屈辱感を与える技術に卓越した人が多いということに気が付いた。

『ブルシット・ジョブ』のデヴィッド・グレーバーによると、人間に価値がないと感じさせる方法は無数にあるのだが、「典型的にアメリカ的な言説」として「どの口が権利を言うか言説(right-scolding)」なるものが存在するらしい。自分には何らかの権利があると思っている人間に向かって、「どの口が言うか」と黙らせる技術である。この右翼的ヴァージョンは「社会が暮らしに責任を負っている、あるいは、重病者には医療サービスをおこなわねばならない、出産休職、職場の安全、法のもとの平等な保護を保障しなければならない、といった発想を激しく攻撃することに重心を置いている」。

 日本でも福祉制度の受益者を「フリーライダー」として罵倒する人たちがいる。貧しい人や病気の人は自己責任でそうなったのだから「社会」に支援を求めてはならないというあのサッチャー主義はいまも日本では現役である。

「どの口が言うか言説」には左翼版もある。ソ連が愛用した

「そっちこそどうなんだ話法(Whataboutism)」である。ソ連国内の人権抑圧を欧米が批判すると、奴隷制や植民地主義でさんざん人権抑圧してきた国に「どの口が言うか」と黙らせた。

「第三世界の抑圧され収奪された人民」を前にしたとき、ぬくぬく暮らしてきた先進国民が人権を請求するなど笑止千万であると、極左が市民の権利請求を棄却するときにもよく使われた。

 世界中で党派を超えて愛用されているところを見ると、グレーバーが言うように「典型的にアメリカ的な政治的言説」ではなさそうだが、新自由主義イデオロギーとともに世界中に拡がったことは間違いない。

 日本でもこの語法に熟達した政治家や評論家が近年増殖してきた。遠からず、相手に屈辱感を与え、沈黙に追い込むことを「成功体験」として内面化した人々が世の中にあふれ、市民的な権利請求をことごとく鼻先で冷笑するような社会が到来するのであろう。でも、それで誰が幸福になるのか、私にはよくわからない。

○内田樹(うちだ・たつる)/1950年、東京都生まれ。思想家・武道家。東京大学文学部仏文科卒業。専門はフランス現代思想。神戸女学院大学名誉教授、京都精華大学客員教授、合気道凱風館館長。近著に『街場の天皇論』、主な著書は『直感は割と正しい 内田樹の大市民講座』『アジア辺境論 これが日本の生きる道』など多数

※AERA 2020年9月14日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_7r7lsuevu93o_田岡俊次氏「もし尖閣戦闘」勃発したら敗戦濃厚」 制空権握れず「水陸機動団は海上で全滅も」 7r7lsuevu93o 7r7lsuevu93o 田岡俊次氏「もし尖閣戦闘」勃発したら敗戦濃厚」 制空権握れず「水陸機動団は海上で全滅も」 oa-aera 0

田岡俊次氏「もし尖閣戦闘」勃発したら敗戦濃厚」 制空権握れず「水陸機動団は海上で全滅も」

2020年9月11日 18:00 AERA/photo・朝日新聞社

 最長政権が終わりを迎える。親米のイメージが強い安倍政権だったが、実は中国との関係も重視していたという。AERA 2020年9月14日号では、軍事ジャーナリストの田岡俊次さんが安倍政権の防衛・安保政策を振り返った。

【武漢日記】新型コロナで武漢市民が怒りの告白「ウイルスに注意喚起した医師の死」

*  *  *
 退陣表明した安倍晋三首相は憲法改正への執着や集団的自衛権行使に関する憲法解釈の強引な変更、トランプ米大統領への露骨な機嫌取りなどから「対米追従一筋のタカ派」とのイメージが強いが、実は中国との関係を重視し、次々と行動してきた。

 2006年9月26日に最初に首相に就任した直後、10月8日にまず北京に飛び、胡錦濤主席らと会談し「戦略的互恵関係」の構築で合意。日中の経済関係は急速に拡大したが、翌07年9月に持病のため辞任。民主党の野田佳彦内閣が尖閣諸島を国有地化したことなどで日中関係は一挙に険悪化したものの、12年12月に首相に返り咲くと中国要人と親交の厚い福田康夫元首相らを頼りに日中関係修復をはかり、14年11月10日、北京で習近平主席と約3年ぶりの日中首脳会談にこぎつけた。

 合意文書では「双方は尖閣諸島等東シナ海の海域において近年緊張状態が生じていることについて異なる見解を有していることを認識」し、戦略的互恵関係の発展を目指すとした。両方のメンツを保つためのあやふやな言辞だが、「問題は棚上げにして和解をはかる」という外交政策の一致は明白だ。

 その後安倍首相は中国の「一帯一路」構想への賛同を何度も表明し、今年には習近平主席を国賓として招いて日中関係が完全に軌道に乗ったことを示す計画だったが、新型コロナウイルスの感染拡大で頓挫した。

■「尖閣戦闘」は敗北濃厚


 その半面、両国は競って巡視船を増強し、日本は陸上自衛隊「水陸機動団」を18年に創設。垂直離着陸輸送機「オスプレイ」や水陸両用装甲車、軽空母、地対艦ミサイルなどを配備して日中戦争に備えようとしている。首尾一貫しないようにもみえるが、近隣諸国との友好を深めて紛争を避けつつ、防衛力を示して他国による安易な攻撃を防止するのは安全保障対策の定石とも言える。

 この場合、もし武力衝突になればどうするか、も考えておく必要がある。尖閣諸島で戦闘になれば日本の勝算は低い。航空自衛隊の戦闘機約300機に対し中国空軍は戦闘機・攻撃機約1700機。操縦士の飛行訓練は年間約150時間で、航空自衛隊と等しい。中国にとって最重要の東シナ海を担当する東部戦区には、台湾空軍(約400機)と同等以上の航空戦力が配備され、米国のF15などに匹敵し戦闘の主力となる「第4世代機」は約300機と思われる。

 日本は那覇基地にF15を約40機配備しており、九州の基地から空中給油によってさらに20機ほど、計約60機が出せそうだ。早期警戒機の能力や電子技術では日本側が優位としても、5対1の劣勢を補えるかは疑問だ。航空優勢(制空権)が相手にあれば、輸送艦やオスプレイなどは容易な標的となり、水陸機動団は海上で全滅しかねない。仮に自衛隊が尖閣に上陸できても、補給が遮断されれば餓死か降伏だ。もし自衛隊が勝ったとしても、それは真珠湾攻撃で対米戦争が始まったと同様、日中戦争の第一幕にすぎない。

 米中の対立は今後も続くとしても、98基のICBMを持つ中国と米国が全面戦争になれば米中は共倒れ、日本も惨禍を免れない。安倍首相の後任者は、前首相が唱えた「戦略的互恵関係」の継承につとめることが得策と思われる。

※AERA 2020年9月14日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_a6laakr2xclk_医学教育を受けても「性欲」と「結核」を結びつけ…26歳で早世した英国詩人の末路 a6laakr2xclk a6laakr2xclk 医学教育を受けても「性欲」と「結核」を結びつけ…26歳で早世した英国詩人の末路 oa-aera 0

医学教育を受けても「性欲」と「結核」を結びつけ…26歳で早世した英国詩人の末路

2020年9月11日 18:00 AERA/photo・gettyimages

『戦国武将を診る』などの著書をもつ産婦人科医で日本大学医学部病態病理学系微生物学分野教授の早川智医師は、歴史上の偉人たちがどのような病気を抱え、それによってどのように歴史が形づくられたかについて、独自の視点で分析する。今回は、シェークスピアにつぐ詩人ともいわれるジョン・キーツを「診断」する。

マスク義務化で保健当局責任者が「命の危険」感じる事態に…米国で着用めぐり分断深まる

*  *  *
 春からのコロナウイルス・パンデミックで仕事のみならず、観光も出かけにくくなった。一時期、家族と毎年のように出かけていたローマはサンタマリア・マジョーレ近くのペンシオーネの気の良い女将から「また来てくださいね」とメールを頂いたが、いつになったら行けるか予定が立たないのが残念である。

 さて、イタリアとくにローマは、日本の若い女性に人気のある観光地である。彼女たちの聖地、ブランドショップの並ぶコンドッティ通りやカフェ・グレコに面したスペイン広場は世界中の観光客で賑わっている(今年はどうなるかわからないが……)。この広場は オードリー・ヘップバーンが映画「ローマの休日」でアイスクリームを食べながら歩くシーンで有名だが、その右側に英国においてシェークスピアにつぐ詩人として名高いジョン・キーツが最後の数カ月を過ごした家(現在は博物館)がある。

■医師修行から詩人へ


 キーツは1795年10月31日に、貸家業を営む父トマスと母フランシスの間に生まれた。社会的階級は中の下ぐらいだったが、経済的には母の所有する旅館の経営が順調で裕福だった。しかし、9歳の時の落馬事故による父の死、母の再婚によってミドルエセックス州エドモントの祖母に預けられると、トラブルの多い問題児となっていく。14歳の時に再婚相手と離婚した母親が帰ってきて再び一緒に暮らし始めるが、母は結核に冒され翌1810年3月に亡くなった。

 多くの研究者はこの間、自宅で母を看病している時にキーツ自身が結核に感染したと考えている。キーツは1812年には学校を中退し、開業医トーマス・ハモンド家の書生となった。ハモンドは亡き母と祖母から遺産管理人に指名された地元では有名な外科医だったが、酒乱の気があり、キーツとは相容れなかった。彼は、酔っ払いの師匠に見切りをつけて、正統的な医学教育を受けるべくロンドン大学に入学、1815年に開業薬剤師免許を取得、翌1816年には21歳で医師免許を取得した。

 当時は、最初に薬物学を学んだ薬剤師がさらに解剖や外科手術のトレーニングを受けると医師になる道があったのだった。もちろん、相当優秀でないとこの道が開けないことは言うまでもない。そして王立外科学会会員資格を得るため、ガイズ病院、聖メアリ病院といった一流病院で研修を受けた。研修医の間に終生の友となる詩人シェリーに出会ったのがきっかけで詩作を始め、1817年処女詩集を出版、さらに翌年には「エンディミオン」「霧に包まれた詩神」を発表し、才能のある若手詩人としての世間の評価を得た。

 1817年ガイズ病院を退職、1818年にはワーズワースを湖水地方に訪ね、さらにアイルランド、スコットランドを歴訪、秋にはフランセス・ブローン嬢に会い、婚約する。詩人としての評価も高まったが、1820年2月に激しい喉の痛みと咳に見舞われ、翌年には喀血(かっけつ)を繰り返すようになった。母フランシスに続いて1818年に弟トマスを結核で亡くしているキーツは自分の運命を自覚し、同年10月には転地療養のためローマに移住した。

■最新の医学教育を受けた詩人


 ローマでは英国人医師ジェームズ・クラークが開業しており、瀉血や乗馬療法など体力をむしろ消耗させる治療を勧めた。クラーク医師は後にベルギー国王レオポルド1世の侍医、さらに母国英国女王ビクトリア一家の主治医となり従男爵位を与えられるなど出世を遂げるが、女王の侍女の卵巣がんを妊娠と誤診したり、ビクトリア女王の夫君アルバートの発疹チフスを風邪薬で様子をみて悪化させたりと臨床能力にはいささか問題があったようである。

 さて、キーツは療養のためスペイン広場の脇のアンジェリエッテイ家に下宿したが、1820年12月にはベッドから起き上がれなくなり、翌1821年2月23日に26歳で異国の地に亡くなった。異教徒(英国国教徒)であったため、遺体は郊外の新教徒墓地に葬られることになる。

 後にキーツの死はありあまる才能が世間に受け入れられないため鬱になって亡くなったという伝説が生まれ、薄幸の先輩詩人をモデルにした詩人バイロンによる長編詩「ドン・ジュアン」を発表した。しかし、埋葬に先立って遺体はクラーク医師の執刀で剖検を受けたが、「肺は結核病変に置換し、広範に破壊されていた」と記載されている。剖検結果が公表されていればこのような誤解はなかったかもしれないが、「ドン・ジュアン」もなかったであろう。

 キーツは英国人としては小柄だったが、秀麗な容姿で温かい人柄とユーモアのセンスがあるため、会うひと誰にも好感を抱かせたという。そのために病院をやめた時には、同僚や患者さんが大変残念がった。医学のキャリアを続ければ多くの患者さんに慕われる優れた医師になったに違いない。一方、キーツはその作品に人体や疾患を取り上げることはなく、一般には医学がキーツの詩作に与えた影響はほとんどないとないとされている。

 しかし、英国の医史学者H.スミスは、感覚描写や厳密な形容詞の選び方に医学教育の影響が見られるとしている(Rev Infect Dis 1984;6(3):390-404)。彼が詩人として活躍したのはわずかに2年半にすぎず、もし長命すればさらに優れた詩作を残したであろう。あくまで仮定に過ぎないが、19世紀半ば以降、筆者の専攻する微生物学や病理学などこの時期に急激に発達した医学と文学を結びつける作品を残した可能性もある。

■結核が性欲を亢進させる「迷信」


 家族歴、臨床経過、剖検結果から、キーツの死因が結核であることについては間違いない。しかし、いつ結核に感染したかについてはわからない。1810年、母親をあるいは1818年に弟トマスを看取ったときのいずれかと思われるが、喀血などの症状が出たのは1819年以降である。その前の1818年のスコットランド旅行の後にキーツが「少量の水銀」を常用していたことが記録に残っているため、彼が梅毒や淋病(梅毒の初期と考えられていた)の治療や予防に服用していた可能性もある。当時、結核菌はまだ発見されておらず、結核が性的放縦さの結果、あるいは結核自体が性欲を亢進させるという迷信があった。結核に倒れた高級娼婦を描いたデュマの「椿姫」は、この考えによるものである。

 キーツ自身、「ローマで死の床から友人にあてて、自分がブローン嬢に対する肉体的欲求を抑えてきたために結核に罹ったが、この欲求を遂げたならば消耗のあまり、やはり結核に罹ったであろう」という矛盾した手紙を書いている。

 結核菌の発見は60年後(1882年)のコッホを、さらに結核に有効な抗生物質であるストレプトマイシンの発見は1950年を待たねばならない。医者自身が病を得た時にあたら病気の知識や実際の治療経験があるために、一般の患者さん以上に苦しむことがある。19世紀、英国では病気が神罰や祟りということをさすがに信じる人は(特に医師では)いなかっただろうが、当時の最新の医学教育を受けたキーツにしても、性と結核を結びつけるという時代のパラダイムからは逃れ得なかったのである。

◯早川 智(はやかわ・さとし)/1958年生まれ。日本大学医学部病態病理学系微生物学分野教授。医師。日本大学医学部卒。87年同大学院医学研究科修了。米City of Hope研究所、国立感染症研究所エイズ研究センター客員研究員などを経て、2007年から現職。著書に『戦国武将を診る』(朝日新聞出版)など

※AERAオンライン限定記事

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_c2e2xti33z0l_バカリ・カズ・中丸MC「家事ヤロウ」なぜ人気? “三者三様のスタイル”が生んだ新潮流の舞台裏 c2e2xti33z0l c2e2xti33z0l バカリ・カズ・中丸MC「家事ヤロウ」なぜ人気? “三者三様のスタイル”が生んだ新潮流の舞台裏 oa-aera 0

バカリ・カズ・中丸MC「家事ヤロウ」なぜ人気? “三者三様のスタイル”が生んだ新潮流の舞台裏

2020年9月11日 18:00 AERA

 家事初心者の男性3人が家事に取り組む異色のテレビ番組が人気だ。そのテクを紹介する公式インスタグラムのフォロワーは125万人にのぼり、テレビ番組が運用するアカウントの中で最も多い。

 インスタには番組で紹介した料理や掃除などの家事テクニックが並び、出演するタレントらのオフショットがあるわけでもない。それなのに、なぜ支持を集めるのか。制作に込められた狙いが生み出す新潮流とは。同番組のチーフディレクターとプロデューサーに聞いた。

「いるのに何もしない」夫にイライラ…コロナ禍の“家事分担”で妻の不満が爆発?

*  *  *
「三種の神器」と呼ばれた冷蔵庫、洗濯機、白黒テレビが登場してはや70年。この間、床に置くだけで勝手に掃除をしてくれるロボット掃除機「ルンバ」や材料を放り込むだけで調理してくれる「ホットクック」など様々な家電が誕生した。一汁一菜や断捨離テクと組み合わせれば、家事はラクになっているはずなのに、やっぱり面倒くさい!

 そんななか、家事をテーマにした番組が注目を集めている。テレビ朝日系列で放送中のバラエティー「家事ヤロウ」だ。

「これまで家事に向き合ってこなかった家事初心者が家事をゼロから学ぶ」をコンセプトに、“家事初心者”のバカリズムさん、カズレーザーさん、中丸雄一さんの3人がぶつくさ言いながらも料理や掃除などに取り組む姿が共感を呼んでいる。

 根っこには出演者のこんな本音があった。チーフディレクターの黒柳貴仁(たかと)さん(32)は言う。

「番組を作る前の打ち合わせでバカリさんが『知らないだけなのに最初から怒られるのは絶対嫌だ!』とおっしゃって、それをヒントに専門家を入れないことにしたんです」

 初回のロケ時はうまく進まなかったときのために掃除のプロを呼んでいたが、手を借りることはなかった。こうして、レシピや家事テクが書かれた番組特製ハンドブックを3人が読み進めながら家事に挑戦する型が生まれた。このハンドブックで紹介する家事には共通点がある。

「一般的な料理のレシピには、当然のように泡だて器や耐熱容器といった調理器具が出てきます。でも、家事初心者の家にはそんなものありません。そもそも台所の容器が耐熱かどうかもわからなかったりする。なので、別のもので代用して、実際にやってみたくなるかどうかを意識しています」(黒柳さん)

 MC3人の家事レベルに合わせて進行するため、自然とハードルは下がる。家事の捉え方も三者三様。プロデューサーの米川宝さん(33)はこう分析する。

「気に入った家電をその場で購入して形から入る中丸さん、プライベートで極力家事をしないと決めているカズさん、家事はやっているけど面倒くさいが先行するバカリさん。同じ初心者でも、興味の持ち方や楽しみ方は全然違うんです」

 放送が始まった2018年は「ワンオペ育児・家事」が問題になっていたとき。「家事ヤロウ!!!」でも、独身の3人が結婚したときのために家事をできるようにしよう、というコンセプトを掲げていた。だが、それはなくなった。米川さんは言う。

「家事は誰もがやらなければいけないことで、それをどうさばくかはその人次第。立場や性別は関係ないと考えました」

 昨年末、バカリズムさんの結婚を機に「独身男」を「初心者」に変更。こうした小さなアップデートの積み重ねも時代の流れと合致した。新型コロナウイルスによるステイホームも相まって、放送とリアルタイムで更新している番組公式インスタグラムのフォロワー数は125万人を突破した(9月10日現在)。

 番組では、これまでに300以上の家事テクニックを紹介してきた。だが、その家事を生活に取り入れようと提案したことはないという。なぜか。

「どれだけ簡単な内容でも、そもそも家事は面倒なもの。無理に頑張る必要はありません。でも、『家事ヤロウ!!!』で自分に合うものが一つか二つ見つかって、生活がちょっとだけ変わればうれしいです」(米川さん)

 一方、世間ではSNSで「ポテサラ論争」が話題になった。総菜コーナーで子連れの女性がポテトサラダを手にしたところ、近くにいた高齢の男性が「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」と言ったという投稿に、「料理の大変さを軽視している」など議論が巻き起こった。背景にあるのは、日本に根強い「手間をかけた家事信仰」。

 そんな風潮をものともせず、嫌なものは嫌だときっぱり言い切り、家事を面白がる3人の姿が、大きな支持を集めている。(編集部・福井しほ)

※AERA 2020年7月27日号に加筆

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_ec088oo5thzo_7年間あまり、生きづらさは変わらなかった 政治にこそジェンダー多様性を…小島慶子 ec088oo5thzo ec088oo5thzo 7年間あまり、生きづらさは変わらなかった 政治にこそジェンダー多様性を…小島慶子 oa-aera 0

7年間あまり、生きづらさは変わらなかった 政治にこそジェンダー多様性を…小島慶子

2020年9月11日 18:00 AERA

 長期政権が終わりを迎える。安倍政権が何を残したのか、女性活躍・多様性の観点からエッセイストの小島慶子さんが振り返る。AERA 2020年9月14日号から。

小島慶子「“美白”は差別か美容か 美意識に潜む先入観」

*  *  *
「日本の子どもの精神的な幸福度は先進38カ国中37位」。9月3日に国連児童基金(ユニセフ)が発表した報告書の結果は深刻でした。背景にはいじめや家庭不和があります。近年、日本では自殺者総数が減る一方で10代では増加し、30代までの死因の1位を占めます。そんな国は先進7カ国で他にありません。子どもたちは、大人の社会を映す鏡。制度の取り組みが進んでも、異質なものや少数者に不寛容な空気が変わらなければ、生きづらさはなくなりません。

 2019年の電通の調査では、日本でLGBTに該当する人は8.9%を占めます。自民党は16年、安倍政権の「一億総活躍社会」の取り組みとして「性的指向・性自認に関する特命委員会」を設置。“カムアウトする必要のない、互いに自然に受け入れられる社会”を目指し、“性的指向や性自認に関する理解が進めば差別は自ずとなくなっていく”という立場をとっています。しかし、同委員会の副委員長・平沢勝栄衆院議員は昨年1月「この人たち(LGBT)ばかりになったら国がつぶれてしまう」と発言。18年の杉田水脈衆院議員の「(同性カップルは)生産性がない」発言同様、いまだ謝罪・撤回していません。当事者団体からは、性的指向・性自認に基づく差別を禁止する法律の制定や同性婚法制化の要望があがっていますが、自民党はいずれも後ろ向きです。

■女性と子どもへの支援


 安倍政権は、今後5年間で最大34万5千人の外国人労働者の受け入れを決めました。19年末には総人口に占める外国人の割合は2%を超える293万人。単なる労働力ではなく、同じ社会に生きる人として迎えることが重要です。多くの課題の中でも急務は日本語学習支援です。大人も子どもも、言葉の壁があっては学習や就労に困難が伴い、自立できません。先日、茂木敏充外務大臣が外国人記者に対し「日本語わかりますか?」と侮蔑的な態度を取って批判されましたが、非母語話者を排除するのは深刻な差別です。こうした文化が変わらなければ分断が深まる一方でしょう。

 日本語学習支援のほか、全体の6.5%とも言われる発達障害を持つ子どもの学習支援など、個別の学びに対応できる教育に変えていくことも必要です。

 先進国で群を抜いて深刻なシングルマザーの貧困や子どもの貧困への対策が、自民党の女性議員を中心に進められているのは評価できます。寡婦(夫)控除の対象を未婚のひとり親世帯に拡大し、離婚前の養育費取り決めの義務化や行政による立て替えを視野に入れた動き、子ども宅食制度化の動きもあります。女性と子どもへの支援は、貧困の連鎖を断つために不可欠です。

 次の政権には、こうした動きを加速するため、18年に施行された候補者男女均等法に罰則を設け、政治分野におけるジェンダー多様性の実現を推し進めてほしいです。

※AERA 2020年9月14日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_vh0ny4w59u7j_安倍政権が遺した極端な「分断社会」 主張が違う人を全面否定、排除の論理が台頭 vh0ny4w59u7j vh0ny4w59u7j 安倍政権が遺した極端な「分断社会」 主張が違う人を全面否定、排除の論理が台頭 oa-aera 0

安倍政権が遺した極端な「分断社会」 主張が違う人を全面否定、排除の論理が台頭

2020年9月11日 18:00 AERA

 7年8カ月の長期政権のもと、親安倍も反安倍も、それぞれに「ラブ」と「ヘイト」が増している。AERA 2020年9月14日号で掲載された記事から。

菅義偉は“絶滅危惧種”で“異色”? 朝昼晩の会食で太らぬよう豆腐をオーダー

*  *  *
 8月28日、シンガー・ソングライターの松任谷由実さんがラジオで語った話が発端だった。松任谷さんは「(同日の安倍首相辞意表明会見を)テレビで見ていて泣いちゃった。切なくて」と思いを吐露。安倍氏とは「プライベートでは同じ価値観を共有できる」などと語った。

 これに対し、『永続敗戦論』などの著書があり、安倍政権を厳しく批判してきた政治学者の白井聡氏は自身のフェイスブックにこう投稿した。

「荒井由実(注・荒井は松任谷さんの旧姓)のまま夭折すべきだったね。本当に、醜態をさらすより、早く死んだほうがいいと思いますよ。ご本人の名誉のために」

■怒りの言葉より冷静に

 当初は同調する声もあったが、やがてネット上で非難が殺到。元大阪府知事の橋下徹氏はこう批判した。

「こんな発言を俺たちがやれば社会的に抹殺だよ。白井氏は安倍政権をボロカスに言っているが、安倍さんもさすがに白井氏のようなことは言わない」

 9月1日、白井氏は投稿を削除した上でこう弁明した。

「私は、ユーミン、特に荒井由実時代の音楽はかなり好きです。それだけに、要するにがっかりしたのですよ。偉大なアーティストは同時に偉大な知性であって欲しかった。そういうわけで、つい乱暴なことを口走ってしまいました。反省いたします」

 しかし炎上はやまず、勤務先の京都精華大学がお詫びと白井氏に厳重注意したことを公表。3日には同氏が改めて「松任谷由実氏に、心からお詫びを申し上げます。また、不快な思いをされた多くの皆さまにもお詫びいたします」と全面謝罪した。

 死んだほうが……などという表現が許されないのは当然だが、ジャーナリストの津田大介さんは、問題はもっと根深いと話す。

「安倍首相の会見でユーミンと同じようにしんみりした気持ちになった人は結構な割合でいたはず。そうでなければ35%だった支持率が辞意を表明した途端に20ポイント以上跳ね上がるなんてあり得ない。辞任表明後の朝日新聞の世論調査でも7割が安倍政権を『評価』しています。このことは、リベラル派は認めたくないつらい現実です。苛立って怒りの言葉をぶつけるのではなく、本来はその現実に冷静に向きあうべきでした」

■全面否定し排除する


 その2週間ほど前に起きたのがアマゾン解約運動だ。アマゾンが有料サービス「プライム・ビデオ」のCMに、国際政治学者の三浦瑠麗氏を起用。それに反発した人たちがツイッター上でアマゾンプライムの解約を呼びかける運動を展開し、一時「#Amazonプライム解約運動」というハッシュタグがツイッターのトレンドで1位に入った。

 反発を生んだ理由の一つは、三浦氏が2018年、フジテレビの番組「ワイドナショー」で大阪に北朝鮮の工作員が潜伏していると発言したことだ。在日韓国・朝鮮人への差別を助長するとして問題視する声が上がった。さらに徴兵制の導入を著書で主張したり、安倍首相が議長を務める「未来投資会議」のメンバーになったりと「親安倍」色が強いことが批判につながった。

 ノンフィクションライターで『ルポ 百田尚樹現象 愛国ポピュリズムの現在地』の著者、石戸諭(さとる)さんは、自らはリベラル的価値観を有しているとしつつ、「解約運動」への違和感を口にする。

「三浦氏の起用に抗議して自分が解約するのは自由ですが、『一緒にやろうぜ』と徒党を組むのは、いじめに加担するようなもの。右派、左派問わず、自分が気に入らないという理由であまりにも気楽な運動が横行しています」

 7年8カ月続いた安倍政権のもとで、安倍氏をリトマス試験紙として親安倍なら右、反安倍なら左とする単純化された分断が進んだ。その中で左右問わず台頭したのは、主張が自分たちと少しでも違う人を全面否定し、排除する論理だ。(編集部・石臥薫子)

※AERA 2020年9月14日号より抜粋

外部リンク