cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_cftmy1pp704q_マスク生活で子どもの虫歯が増えている!? ポイントは「唾液」の量 cftmy1pp704q cftmy1pp704q マスク生活で子どもの虫歯が増えている!? ポイントは「唾液」の量 oa-aera 0

マスク生活で子どもの虫歯が増えている!? ポイントは「唾液」の量

2021年1月25日 19:00 AERA/iStock

 マスクをつけることがすっかり習慣になった今、実は口腔環境にとって心配なことが増えているといいます。「AERA with Kids冬号」では、歯学博士で「医療法人社団恒久会 江口歯科・矯正」院長の江口康久万(えぐち・やすくま)先生にお聞きました。

*  *  *
 近年、口腔環境と体の健康との関係が注目を集めています。

 口腔環境というとシニア向けの話のようですが、実は子どもも同じ。

 細菌やウイルスの侵入を防ぐ抗体は、血液中だけでなく唾液の中にも存在します。多くの抗体は、生まれてくるとき胎盤を通って血液に入りますが、唾液に含まれる抗体は初乳を口にすることで備わり、肺や腸にいきわたります。

 ですから、口腔環境が整うと免疫細胞の7割が集まる腸内環境もよくなり、免疫力が上がるのです。

 しかし、口内環境が乱れて虫歯菌や歯周病菌が増えると、抗体は口内の対処で手いっぱい。外からの細菌やウイルスへのブロックが手薄になり、感染症のリスクが高まってしまうのです。

 常時マスクをしていて鼻を覆われていると口呼吸になりやすく、マスクを取ったときも口呼吸になり、外気が入ることで口内が乾燥しがちに。

「実際に、虫歯の子どもが増えています。健康な歯で食べ物をしっかりかみ砕くと、胃腸の消化を助け、免疫力のアップにつながります。子ども時代の歯の健康は、大人になっても影響するもの。親子で口腔ケアを見直しましょう」(江口先生)

 以下は江口先生おすすめの、簡単にできる口腔ケアです。親子でやってみてはいかがでしょうか?

1.唾液をまわす舌まわし運動

口を閉じて、口の中で舌を左右に大きく数回、回します。舌を動かすことで唾液量がアップします。口腔機能が改善されて歯の生えるスペースが整ったり、口呼吸の改善にも役立つなどの効果も。続けるうちに、舌で歯の裏表を触ると、磨き残しのある状態がわかるようになります。

2.マスクを外したら、口をとじて鼻呼吸

口内をうるおすのは、鼻呼吸!鼻呼吸が苦手な子どもは、鼻に疾患があったり、歯並びの状態が悪かったりする場合もあります。早めに医師に相談しましょう。

3.こまめな水分補給で口内にうるおいを

空気が乾燥しがちな季節は、口内も乾燥します。水分補給は、虫歯の原因になる糖分を
含むジュースやスポーツ飲料は避けて、水やお茶がベスト。口内のうるおいを意識して。

【子どもをよくほめるアメリカ人 でも逆効果になるほめ方とは?】

(取材・文=三宅智佳)

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_e33cufdefisz_ゲームやりすぎの子どもにただ怒ってはダメ 「表情」を見て気持ちの共感を e33cufdefisz e33cufdefisz ゲームやりすぎの子どもにただ怒ってはダメ 「表情」を見て気持ちの共感を oa-aera 0

ゲームやりすぎの子どもにただ怒ってはダメ 「表情」を見て気持ちの共感を

 再びの緊急事態宣言。外出自粛はマストだ。その結果、家庭内にイライラがたまる。エスカレートすると、子どもが犠牲になるケースも。虐待の手前で立ち止まるにはどうしたらいいのか。AERA 2021年1月25日号から。

*  *  *
 都内の30代の会社員女性は、テレワークをしながらの家事と育児で、休憩時間がなくなってしまった。ランチタイムに夕食の準備をして、仕事が終われば即、家事に突入。自分の時間が全くなく、小さなストレスが一つずつ増えていく。夫が子どもにつらく当たると、「おかしいよ」とすぐに指摘するが、夫婦関係は気まずくなり、イライラから自分も子どもに声を荒らげてしまうこともある。

「この育て方でいいんでしょうか」

 公園で1歳の長女が泣きやまない。専業主婦の女性(28)はそれだけでも焦るのに、子どもはさらに遊具のあちこちを触り、しまいには土を食べる。コロナ変異種は子どもへの感染力が強い可能性だってあるのに……。心配事は絶えない。最初は優しくなだめたが、言うことを聞かなくてイライラする。家に帰って、夜ご飯にすり下ろしたニンジンを食べさせようとすると、今度は食べない。夫(28)に頼むと、「これからオンライン会議なんだけど」と言い返される。

■売り言葉に買い言葉

 コロナ禍も夫は仕事をして、飲み会も楽しんでいるようだが、自分は夫としかしゃべっていない気がする。

「育児ボイコットしてもいい?」

 そんな気さえよぎる。自分がイライラすると、長女にも伝染して悪い影響を与えるんじゃないかと思ってしまう。

 コロナ禍の外出自粛で、家庭内に親子がこもることが増えた。コロナの不安や在宅勤務のイライラなどが相まって、つい子どもに言いすぎてしまった、という親たちは多いだろう。昨春の長期休校のときほどではないかもしれないが、緊急事態宣言が出た地域もあり、家庭内の親子問題は再び深刻化している。それがエスカレートすると「虐待」にもなりかねない。こんな事例もあった。

 母親が部屋をのぞくと、子どもがまたゲームをしている。

「ゲームやめなさい」

 母親の注意を無視して、子どもはゲームを続けている。昨春の休校から、子どもはゲーム時間が増えて、勉強に身が入っていない。生活態度を変えてほしいと再度注意したけれど、子どもは生返事だ。なんて態度が悪いんだと思うと、頭に血が上ってきた。売り言葉に買い言葉の応酬となり、母親は子どもに暴力をふるった。

 NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク理事で子育てアドバイザーの高祖常子さんが、コロナ禍の虐待について解説する。

「ただでさえ頑張って子育てしているところに、感染対策ができているだろうかと不安になり、自由に出かけられないとか、収入が減ったとか、コロナ禍は誰もがいつもよりイライラが募るときだと思います。どうしてできないのと、つい怒鳴ったり、手をあげて言うことを聞かせたりしたくなる。それが当たり前になると、子どもの命を奪う虐待にまでなってしまう」

 実際に、全国の児童相談所の対応件数は、2020年1月からの半年間、前年同期比で1割多い9万9724件だった。東京都北児童相談所の横森幸子所長は、コロナ禍の虐待の実情を話す。

「特に昨春の緊急事態宣言下は、自粛によるストレスで、両親のけんかによる暴力を目撃する『面前DV』、勉強しない子どもを叩く『身体的虐待』、感染対策をせずに遊びに行こうとする子どもを怒鳴る『心理的虐待』がありました。児相の対応件数は近年急増しており、今年は在宅ワークが広がったことで、泣き声や異変に気づいて通告に至るケースもありました」

 虐待の原因は、イライラだけではないと元児童相談所所長でNPO法人児童虐待防止協会理事長の津崎哲郎さんは話す。

「しつけと称して叩いたり、殴ったりすることは、虐待だと法律で定められています。ですが、つい一度叩いたら、必ず虐待と認定されるわけではありません。家庭内に何らかのトラブルがあり、家族と信頼関係が築けていない子どもは、虐待だと感じます。虐待かどうかは紙一重なのです。コロナ禍の虐待も、潜在的な問題があったところに、イライラが加わって、エスカレートしているのです」

 潜在的な問題を抱えているのは、必ずしも特殊な事情のある家庭ではないという。社会福祉法人子どもの虐待防止センター(CCAP)の電話相談には、20年3~5月に前年同期比3割増の電話がかかってきた。コロナ前までは、初めての相談は1日に1、2件くらいだったが、コロナ禍になってから、1日5~6件が初めて電話してくるようになった。相談員はこう語る。

「休校中は、『子どもと2人きりのこの場から逃げたい』『テレワーク中の夫が、子どもを黙らせるように言う』と、悲鳴に近い母親からの電話がありました。つい子どもにイライラしてしまうと、1人での育児に限界を感じているようでした。家庭にあった小さなささくれが、コロナをきっかけに大きな傷になっていると感じました」

 なぜ親子で信頼関係を築けないのか。日本子ども虐待防止学会理事長で小児精神科医師の奥山眞紀子さんは、一つの理由を挙げた。

「日本の保護者は子どもの行動をよく見ています。ですが、表情はあまりとらえようとしません。診察室に来た保護者は子どもがいつから不登校で、と時系列は詳しく説明してくれますが、『そのとき、表情はどうでしたか』と聞くと、思い出せない親も多いのです」

■解決策より共感する

 例えば、前述の例のように、ゲームをやりすぎている子どもがいるとき。親は、ずっとゲームをしていると子どもの行動を見て注意するが、子どもの表情は見ていない。つまらなそうな顔をしていることに気づかず、なぜつまらないのかに思いを巡らせないのだという。

「行動だけ見てもわからない問題があるのかもしれません。だから、ただ怒ってもだめなのです。一方で、保護者が先回りして解決策を示すのはよくありません。保護者が子どもの気持ちに共感して『ああ、そうなんだ』と受け止めるだけでも、子どもにとっては力になるし、親子の信頼関係も生まれると思います」(奥山さん)

 前出の横森さんもこうアドバイスする。

「子どもにはなぜ注意をしているのか、感情を抑え子どもが理解できるように説明しましょう。叩いても、子どもが覚えるのは恐怖だけです。体罰を受けた子どもは、落ち着いて話を聞けないなど、心身に悪影響を受けることがわかってきています」

■子どもが意見言える場

 国立成育医療研究センターが20年9、10月に子どもと保護者1万人にストレス状況を尋ねるアンケートを実施した。「コロナのことを考えるといやな気持ちになる」「すぐにイライラする」「最近、集中できない」など何らかのストレスを訴えた子どもが7割に上った。自由記述欄にはこんな言葉が並ぶ。

「子どもがはっきりと意見を言える場所をつくって欲しい(小学5年生)」「大人はいつも怒ったりする時、日ごろのイライラを子どもにぶつけている気がします(小学6年生)」

 前出の奥山さんは言う。

「休校、修学旅行の中止など、子どもをめぐる環境は、すべて大人が決めました。今も学校内で友達との距離を離すようにいわれています。子どもの権利条約には、子どもの意見が尊重される権利があります。頭ごなしの対応ではなく、日々の生活で子どもの声に耳を傾けることをぜひ心がけてほしいと思います」

(ライター・井上有紀子)

【「コロナ離婚」危機に「“ここまでは許せる”妥協点を見つけて」心療内科医が助言】

※AERA 2021年1月25日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_it17ddlh05ok_お賽銭が銀行手数料で消えていく 大量硬貨の取り扱いと神社の悲鳴 it17ddlh05ok it17ddlh05ok お賽銭が銀行手数料で消えていく 大量硬貨の取り扱いと神社の悲鳴 oa-aera 0

お賽銭が銀行手数料で消えていく 大量硬貨の取り扱いと神社の悲鳴

2021年1月25日 19:00 AERA

 感謝や願いを込めて、参拝客が奉納したお賽銭。だが、大量の硬貨に取扱手数料がかかるため預入時に目減りし、神社も苦慮しているという。AERA 2021年1月25日号から。

*  *  *
 正月、都内に住む会社員の女性(26)は自宅近くの小さな神社を参拝に訪れた。例年は友人たちと明治神宮に出向くが、今年は一人。少し寂しさを感じながら、お賽銭を投げ入れた。目をつむり、手を合わせて祈る。

「ご縁がありますように」

 女性のお賽銭は子どものころから5円玉が定番。就活生になる年には、10円玉4枚に5円玉1枚を合わせて「始終ご縁」を意識したこともあった。

 賽銭には、参拝客のさまざまな思いが込められている。だが、奉納された硬貨で神社に負担が発生している。硬貨の入金制限や手数料を導入する金融機関が増えたからだ。

「お賽銭や初穂料などで硬貨をお納めいただくことが多く、扱いに苦慮する神社が出ています」

 そう打ち明けるのは、埼玉県加須市騎西に鎮座する玉敷神社宮司の宮内由紀子さんだ。

 たとえば、三菱UFJ銀行は昨年4月から「大量硬貨取扱手数料」を新設した。100枚までは手数料なしで入金できるが、101枚から500枚までは550円がかかる。仮に1円玉で500枚入金すれば、50円のマイナスだ。他にも、三井住友銀行(2019年12月)やみずほ銀行(20年4月)などが大量硬貨の預入手数料を導入。玉敷神社が利用する銀行でも、硬貨を1日に501枚以上入金する際は手数料がかかるようになった。

「運搬コストや人件費などサービス対価として設定しています」と説明するのは三菱UFJ銀行の担当者だ。硬貨を仕分ける窓口行員はもちろん、機械整備などさまざまなコストが必要となる。全国銀行協会によれば、「手数料導入の流れができている」という。

 参拝客から納められた「お気持ち」は、神社の維持と運営に活用される。その一部が手数料に消えるという実情も複雑だが、「手数料」は中小の神社にとって実は大きな負担だ。

【「もうお金がない」「死ねば楽に…」コロナ禍で迫る路上生活の危機 人として最低限の生活とは】

■“御朱印マナー”に苦労

 手数料設定は「もっともだ」とした上で、宮内さんは言う。

「お賽銭以外にも、御朱印やお守りの初穂料で神社は硬貨を扱うことが多いんです。昨年の年末年始の1カ月間は、3万5046枚の硬貨が納められました」

 宗教法人には税金がかからない。お守りや御朱印も非課税で、受け取った硬貨は銀行に入れるまで手元に残る。負担を減らすべく、近隣のコンビニで釣り銭が不足した際は両替対応をするなど試行錯誤している。昨年4月には貼り紙も掲示した。


<お釣り歓迎!>。

 近年、玉敷神社でも御朱印を求める参拝客が増えた。だが、ほとんどの参拝客が「初穂料ちょうど」の硬貨を持参することが不思議だった。

「テレビやウェブでお釣りを出さないのが御朱印集めのマナーとして紹介されているようです。玉敷神社では硬貨がたくさんあるので、お釣りをお渡しできたほうがありがたい。神社ごとに事情は異なるため、貼り紙があるほうがわかりやすいという声もいただきました」(宮内さん)

 手数料化に加え、新型コロナウイルス感染対策から、電子決済を取り入れる神社も出始めた。秩父今宮神社の宮司で弁護士の塩谷崇之さんはこう提唱する。

「神社に奉納するお金の電子化に否定的な方もいるかもしれませんが、神様が現金そのものを喜ぶわけではありません。本来は収穫されたお米などを御神前にお供えしていたものが、貨幣経済にのみ込まれるなかで『初穂料』で代用するようになった。どうせ手数料がかかるなら、PayPayに払っても同じじゃないかという声もあります。信仰の在り方を考える時代になったのでは」

(編集部・福井しほ)

※AERA 2021年1月25日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_o8239oz2nfyp_「スポンサーの意向が絶対」民放の地上波ドラマから飛び出した WOWOWドラマプロデューサー岡野真紀子 o8239oz2nfyp o8239oz2nfyp 「スポンサーの意向が絶対」民放の地上波ドラマから飛び出した WOWOWドラマプロデューサー岡野真紀子 oa-aera 0

「スポンサーの意向が絶対」民放の地上波ドラマから飛び出した WOWOWドラマプロデューサー岡野真紀子

2021年1月25日 19:00 AERA/photo 今 祥雄

 プロデューサー、岡野真紀子。WOWOWで初めて作ったドラマが、山口県光市の未成年者による母子殺害事件の被害者を描いた「なぜ君は絶望と闘えたのか」。それからも「しんがり」「コールドケース」「坂の途中の家」など重みあるドラマを多く手掛け、1月から「トッカイ」がスタート。プロデューサーの岡野真紀子は、怒りをもって闘う人間が好きだと言う。有意義なドラマを作りたいと、使命感を燃やす。

*  *  *
 群馬名物、赤城おろしが吹きすさぶ12月、前橋市内でテレビドラマ「トッカイ~不良債権特別回収部~」のロケが進んでいた。コロナ禍が続く中、俳優もスタッフもみな、マスク姿で本番を待つ。一人の感染者も出さないように。それでいて、人と人がぶつかりあう、ドラマならではの臨場感を損なわないように。戸外で音を立てる北風は、その困難な状況を覆って、なお冷たい。

 昨年来のコロナ禍は、私たちの日常からさまざまな楽しみを奪っている。当たり前のように生み出されてきたテレビドラマもその一つだ。緊急事態宣言下にあった4月から5月は、撮影中止、放送延期に追い込まれる作品が続出した。

 それ以前に、日本のテレビドラマにはすでに大きな逆風が吹いていた。動画配信サービスが急激に浸透する中で、ネットフリックスやアマゾンが豊富な資金でオリジナルのドラマを制作し、話題を取る。地上波では「半沢直樹」のような勝ち組ドラマとその他、のようにいびつな視聴率格差が出現している。

 その中で異例の存在感を発揮しているのが、WOWOWドラマ制作部のプロデューサー、岡野真紀子(おかのまきこ)(38)である。

 男性優位のテレビ界で、まだ40歳に手の届かない岡野が手がける作品は、「トッカイ」をはじめ、「しんがり~山一證券 最後の聖戦~」「石つぶて~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~」と、昨今の地上波ではすでに見ることのない重みのある“社会派”だ。

 一方、昨年5月、自粛期間の只中に打ち出した「2020年 五月の恋」では、リモート時代におけるテレビドラマの新しい形を率先して示した。岡田惠和の脚本、1日15分の4夜連続、ネット上で無料配信。吉田羊、大泉洋が演じる元夫婦が、間違い電話をきっかけに、二人だけに通じる辛辣な会話を交わしながら、コロナ禍の中で奇跡的に仲を取り戻す予感で終わる。

 苦しい現実と、その先にある希望が交差する物語は、自粛のプレッシャーにさらされる人々から「このご時世に、こんなに素敵な最終回」「何げない面白さに励まされた」という共感を呼んだ。

 岡野はドラマを次のようにとらえている。

「震災、コロナ禍、または家族の病気と、つらい現実に直面した時に、人を救ってくれるものの一つがドラマです。私にとっては現実逃避であり、同時にエンターテインメントで、テーマが暗いか、明るいかは関係ありません。そして、自分が作るならば、少しでも有意義なものにしたい」

 今から10年以上前。鬼怒川温泉で岡野は警官の職務質問にあっていた。直前までスタッフとともに、吊り橋からマネキンを何度も川に投げていたというから、警官だって見逃せないだろう。

「はい、人をどう殺せばいいか、それを考えていました」

 04年に新卒でTBSテレビ系の制作会社テレパックに入社。ドラマ制作のAD(アシスタント・ディレクター)を経て、AP(アシスタント・プロデューサー)を務めていたが、そこで直面していたのは、民放の地上波ドラマに課せられた宿命的な制約だった。

「端的にいうと、殺し方が限られていたんです。なぜならスポンサーの意向が絶対だったから。製薬会社なら毒殺、自動車メーカーなら交通事故はあり得ない。もちろん当たり前のことではありますが、その結果、崖や吊り橋からの投身しかできなくなっていたんですね」

 殺し方だけではない。家電メーカーがスポンサーなら新しい冷蔵庫なりを、どこかで必ず映さねばならない。そうなると、本筋とは関係ないところでドラマが停滞する。仕事に打ち込んでいた分、フラストレーションは大きかった。

 そんな時、WOWOWで観たドラマに衝撃を受けた。同局の看板プロデューサー、青木泰憲(やすのり)が制作した「パンドラ」。がんの特効薬をめぐる医療サスペンスで、そこでは毒殺をはじめ、あらゆる禁じ手が堂々と使われていた。

 なぜそれが可能だったか。WOWOWがスポンサー収入ではなく、契約者が支払う加入料金で経営される有料ペイチャンネルだからだ。ここに新天地を感じ、09年、同社に中途採用で入社する。

 1982年生まれの岡野には、ドラマ好きの素養があった。子どものころから無類の読書家で、中高大は演劇部に所属。思春期に夢中で観た安達祐実主演のドラマ「家なき子」は今も原点にある。

 岡野が10代だった90年代は「愛していると言ってくれ」「ロングバケーション」など、ラブロマンスも輝いていた。岡野自身も、放課後にミニスカート、ルーズソックス姿で、友達とプリクラ三昧という、キラキラな青春を送っていた。

 スポンサーの制約から逃れ、新天地を得たのであれば、そのような「女子ドラマ」を志向してもおかしくなかった。しかし、岡野がここで選んだデビュー作は「なぜ君は絶望と闘えたのか」。山口県光市で起きた、未成年者による母子殺害事件の被害者を、門田隆将(62)が描いたノンフィクションが原作で、重すぎるほど重いテーマである。

 この事件は、残虐な罪を犯しても、加害者が未成年であれば少年法に守られる一方で、被害者遺族の苦しみや、知る権利が置き去りにされているという制度のねじれを内包していた。被害者の夫、本村洋が全力を振り絞って、遺族の権利保障を世に訴える姿は、メディアを通して全国に伝えられ、注目度は抜群だった。

(文・清野由美)

【芸能界を夢見た女性が暗殺犯に…「犯行時までテレビに出演していると」 金正男氏暗殺事件に迫る映画】

※記事の続きはAERA 2021年1月25日号でご覧いただけます。

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_tek3yv4kg4iz_V6坂本昌行 コロナで主演舞台中止もテイクアウトで仲間ら支援 tek3yv4kg4iz tek3yv4kg4iz V6坂本昌行 コロナで主演舞台中止もテイクアウトで仲間ら支援 oa-aera 0

V6坂本昌行 コロナで主演舞台中止もテイクアウトで仲間ら支援

2021年1月22日 19:00 AERA/gettyimages

 2020年はコロナ禍で予定していた公演が中止になり、舞台に立つことができなかった。そのなかで改めて感じたエンターテインメントや舞台に対する思い、主演舞台への意気込みを語った。AERA 2021年1月18日号に掲載された記事を紹介する。

*  *  *
 2017年、アメリカ演劇界を席巻し、トニー賞などを総なめにした舞台「Oslo(オスロ)」が今年2月、日本で初上演される。1993年のパレスチナとイスラエルの歴史的和平交渉「オスロ合意」の舞台裏を描いたものだ。主演の坂本昌行(49)はオスロ合意の立役者であるノルウェーの社会学者、ラーシェンを演じる。

坂本昌行(以下、坂本):この舞台のお話をいただいたときには、「どこから手をつけよう」というドキドキがありましたね。ちょうど「オスロ」が上演されていた時期にニューヨークに行っていたので、その評判は聞いていましたし、オスロ合意は歴史的な出来事として知ってはいました。ただ、改めて勉強するとさまざまな背景があったことがわかってきましたし、歴史や政治用語は言葉だけを追うと難しくなってしまう。この物語に描かれていることは歴史上の事実だけではないんです。そこにあった人間関係や対話、その怖さやおもしろさを「実際に起こっていること」として表現することで、何が起きたのかをリアルに表現できると思っています。

「世界を変える。国を動かす」。そう言われてまず出てくるのは「そんなの無理!」という言葉だと思うんです。そんな大きなことはできない、と。でもそうではない。ラーシェンはさまざまな切り口を考え、時には相手に対して真逆の方法でアプローチしながら、まず人と人とを結ぶ努力をしていく。なせばなる、出来ないことはない。信念を持てば、結果が待っているんだという事実は、いまの時代にも通じるメッセージであると思います。

——―ラーシェンには心強いパートナーがいる。妻で外交官でもあるモナ(安蘭けい)だ。

坂本:ラーシェンがオスロ合意をなしえたのは、信頼し、一緒に立ち向かえる相手がいたからこそと思います。僕自身の人生で強いてそうした存在をあげるならジャニー(喜多川)さんでしょうか。ジャニーさんがいなければ、僕の人生は始まっていませんでしたから。それから(V6の)メンバーですね。グループの活動がなければ、こうして舞台に立つこともできなかったと思います。

——―24歳でデビューし、V6のリーダーとして25周年を迎えたグループを牽引してきた。ラーシェンと自身に、共通する部分はあるのだろうか。

坂本:ラーシェンと自分がまったくかけ離れているとは言えないですが、もし僕がラーシェンのような人間だったら、もっとV6のリーダーとして前に立っていたでしょうね。ずいぶん前から、「リーダーというのはただのニックネーム」と言っていますから(笑)。

 双方の意見を聞いて調整するという役まわりは、どちらかといえば井ノ原(快彦)ですね。僕はそういうタイプではなくて、できるのはメンバーみんなの意見を聞くことです。ただ、僕は常に「人に言う前に自分が動け」と考えている。今までも言葉で言うより、実際に動いてみることで、みんなに何かを理解してもらうことが多かったと思います。

——―舞台の稽古中は、「なぜか稽古場を出るのが最後になってしまう」という。その日できなかったことを次に持ち越すまいとする努力家だ。その結晶ともいえる抜群の歌唱力と演技力で高い評価を受けるが、20年はコロナの影響で出演予定の舞台が中止になり、舞台に立つことができなかった。

坂本:突然舞台がなくなって「え? そんなことがあるんだ」と。衝撃的で、不安というよりも、よくわからなかったんです。怒りもないし、悲しみとも違う。いろんなものが再開していくなかで、エンターテインメントは最後のほうになるだろうなと感じていました。でも、だからこそ、エンターテインメントの持つパワーを、自分のなかで勝手に感じていました。下向いていても何も始まらない。「何か自分にできることはないかな」と思い直したんです。

―――小さなことでも自分にできることをやってみようと動きだした。それはなんと坂本流“ウーバーイーツ”。

坂本:自粛や緊急事態宣言で飲食業界からの怒りや悲鳴、悲痛が多く届いていました。知り合いの店や友達も心配だった。「そうか、それなら自分でテイクアウトをしてみんなに届けに行こう!」と思い、電話して「いる?」と聞いて、届けに行ったんです。お店の人たちの笑顔が見られたことが、前を向くモチベーションにつながったかもしれません。

 コロナ禍を経て、“当たり前にあることなんてないんだ”と感じるようになりました。すると、何に対しても感謝の気持ちと、喜びが生まれる。日々の小さなことに対しても自然と明るく、笑顔になれる気がするんです。

―—―今年50歳。舞台人として、変わらぬ挑戦を続けていくつもりだという。

坂本:緊急事態宣言後に、初めて見たのが後輩のNEWSの増田(貴久)君が主演するミュージカル「ハウ・トゥー・サクシード」だったんです。見ながら「やっぱり、これだよな!」と確信を持ちました。舞台とはかたちではない何かを、みなさんの心のなかに届けること。生でしか味わえない瞬間を楽しみにしてくれているお客さんに全力で届ける。そのためにできること、やらせてもらえることをすべて作品にぶつけたい。それをすることが自分の使命であり、信念でもあると、改めて思っています。

(フリーランス記者・中村千晶)

※AERA 2021年1月18日号

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_eo7fa18i3hug_米議事堂襲撃事件はトランプ氏が「支持者を利用」 ボルトン前大統領補佐官が語る事件の背景 eo7fa18i3hug eo7fa18i3hug 米議事堂襲撃事件はトランプ氏が「支持者を利用」 ボルトン前大統領補佐官が語る事件の背景 oa-aera 0

米議事堂襲撃事件はトランプ氏が「支持者を利用」 ボルトン前大統領補佐官が語る事件の背景

 世界中が驚愕した米連邦議会議事堂襲撃事件。前大統領補佐官でトランプ大統領に反旗を翻したジョン・ボルトン氏に、事件の背景について聞いた。AERA 2021年1月25日号の記事を紹介する。

*  *  *
「アメリカ合衆国にとって悲惨な日だった。そして、その責任は全面的にドナルド・トランプにある」

 トランプ政権の前国家安全保障担当補佐官、ジョン・ボルトン氏(72)は1月14日、オンラインでアエラの緊急インタビューに応じて、こう断じた。半世紀以上にわたる根っからの共和党員で、トランプ氏と対立して補佐官を2019年に辞任し、共和党の将来を憂えるボルトン氏。6日に起こったトランプ支持者らによる米連邦議会議事堂襲撃事件は、彼の目にはどう映ったのだろうか。

 ひるがえる青い「トランプ2020」の旗。トランプ大統領のトレードマークである赤い「メイク・アメリカ・グレイト・アゲイン(MAGA)」キャップをかぶる人の山。マスクを着けず、鉄製バリケードを梯子(はしご)のように塀に立てかけ、続々と連邦議会議事堂の敷地に侵入するトランプ支持者たち。1月20日に開かれる、バイデン次期大統領の就任宣誓式のために組み立てられた式場を、数千人の“MAGAピープル”が埋め尽くした。

■承認プロセス遅らせる

 6日午後(米東部時間)、バイデン氏が大統領選挙で獲得した選挙人の数を承認し、彼の勝利を確認する上下両院合同会議が開かれていた議事堂内に、銃器を掲げたトランプ支持者らが窓を割って侵入した。その日の昼過ぎ、トランプ氏が支持者らを前に、ホワイトハウス付近で開かれた集会でこう言った直後のことだった。

「大統領選挙は、(民主党に)盗まれた。(合同会議が開かれている)議事堂に向かって行進しよう。そこで会おう」

 ボルトン氏はその日、自宅でニュースを見ていて事態を知ったという。そしてこう指摘する。

「大統領は、明らかに暴徒が、議会の(バイデン氏)承認プロセスを中断させ、遅らせることを意図していた」
「議会で承認されるのを見たくないから、承認させない障害にするために支持者たちを利用したのだと思う」

 議会への不法侵入が、普通の市民や世界中の人びとを驚かせたのは、暴徒らが自国のアメリカ合衆国憲法を不遜にもないがしろにしたという事実だ。憲法が議会に対し、大統領選挙の勝者を公式に承認することを定め、議会はそれを遂行しようとしていた。つまりは、憲法と議会政治、その根本にある民主主義に対する冒涜(ぼうとく)でもある。弁護士でもあるボルトン氏はこう指摘する。

「暴徒がみな憲法学者というわけではない。彼らは、大統領が『やってもいいんだ』と言ったのを聞いた。だからこそ、トランプ自身に、支持者らを(そうした)行動に差し向ける策略があったのだと思う」

 襲撃事件は一転、首都ワシントンを混乱から反撃へと向かわせた。一度は議事を中断し、議事堂の地下通路を使って避難したり、あるいは執務室にこもったりした議員らを突き動かした。ナンシー・ペロシ下院議長(民主党)が率いる下院は13日、トランプ氏に対する弾劾(だんがい)訴追の手続きを賛成多数で可決した。上院で3分の2以上の賛成多数が得られれば、大統領を罷免(ひめん)することができる弾劾訴追の手続きを在任中に2度も受けるのは、トランプ氏が初となる。

(ジャーナリスト・津山恵子(ニューヨーク))

※AERA 2021年1月25日号より抜粋

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_aeoichnjgzxl_稲垣えみ子「正しさは人それぞれ。そう思うと全てのことに腹が立たない。」 aeoichnjgzxl aeoichnjgzxl 稲垣えみ子「正しさは人それぞれ。そう思うと全てのことに腹が立たない。」 oa-aera 0

稲垣えみ子「正しさは人それぞれ。そう思うと全てのことに腹が立たない。」

2021年1月22日 19:00 AERA

 元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマーの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人とのふれあい、思い出などをつづります。

【稲垣えみ子「まもなく訪れる老後ライフ目前に家を売却したワケ」】

*  *  *
 毎年正月は一人暮らしの老父の家で父娘2人で過ごす。というと親孝行みたいである。というか本人そのつもり満々なんだが、そう一筋縄ではいかない。何十年も別に暮らす中高年が四六時中共に過ごすとなれば、習慣や考え方の差が次第にイライラとなって噴出し、最後は自己嫌悪にまみれて帰宅というパターンを繰り返してきた。

 でも今年は、母が亡くなって4度目の正月にして初の、非常に穏やかな3日間となったのであります。

 きっかけは「おせち」。これが私には毎年最大のイライラの種であった。というのは、生前の母は毎年頑張っておせちを手作りしていたのに父はいつも無反応。そのことに私は腹を立て、母亡き後も頑固に手作りおせちにこだわった。父にその「ありがたみ」を分からせたかったのだ。だが父は相変わらずの無反応で、当然私は腹を立て……こうなるともう百年戦争である。ところが今年はあろうことか、銭湯友達のおばさまがおせちをおすそ分けして下さった。なので多少後ろめたいながらも、私は例年にない楽をさせてもらったのである。

 で、迎えた新年。他人様の作ったものとなれば父も私も「おいしいね」と頂くのみ。味付けが上手だネと言い合い、くれぐれもお礼を言っておいてという父の心遣いも嬉しい。なーんだこれで良かったのだと思ったら拍子抜けがした。私はずっと一人で力み返り、一人で腹を立てていたのだ。自分が正しいと思っていたからだ。父に間違いを認めさせようと思ったからだ。つまりは私が一人勝手に心に壁を作っていたのである。


 そう思ったら、全てのことに腹が立たなくなった。父と意見が違っても、父には父の歴史と理屈があるのだと素直に納得できた。正しさは人それぞれ。となると不思議なもので、私の意見も父は素直に聞いてくれるのであった。

 ふと父は「えみちゃん怒らなくなったね」「ずっと怖かった」と言った。なんと私は父を怯えさせていたらしい。正しさとはげにおそろしき。重要なことを学んだ正月。

●稲垣えみ子(いながき・えみこ)/1965年生まれ。元朝日新聞記者。超節電生活。近著2冊『アフロえみ子の四季の食卓』(マガジンハウス)、『人生はどこでもドア リヨンの14日間』(東洋経済新報社)を刊行

※AERA 2021年1月18日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_b9wzhqacyp5k_自動運転に負けるな!漁業も寿司屋も大進化 ホタテ・ブリ養殖や定置網にもIT化の波 b9wzhqacyp5k b9wzhqacyp5k 自動運転に負けるな!漁業も寿司屋も大進化 ホタテ・ブリ養殖や定置網にもIT化の波 oa-aera 0

自動運転に負けるな!漁業も寿司屋も大進化 ホタテ・ブリ養殖や定置網にもIT化の波

2021年1月22日 19:00 AERA

 いきなり余談で恐縮ですが、年末から年初にかけて、13年ぶりに車を買い替えようと久しぶりに新車のディーラー巡りをしました。

 その時に驚いたのが、最近の車は、センサーやICT、そしてAIまでもをフルに活用して、安全運転支援や利便性が驚くほど向上していることでした。

 例えば、先行車両を感知して一定の車間距離を保って自動的に追尾するだけでなく、渋滞時には停止や再スタートまでも自動的にしてくれる機能をはじめ、高速道路などで、車線の中央をキープし、車線から逸脱しそうになると自動的にハンドルを戻してくれる機能、並列駐車はもちろん、苦手な人が多い縦列駐車も自動でハンドルやアクセル、ブレーキを操作して行ってくれる機能など、多くの車にこうした夢のような機能が搭載されていました。

 恥ずかしながら、13年前の筆者の車には、こうした機能は何も搭載されていませんでしたので、ドラえもんがポケットから出してきた道具に驚くのび太になったような気持ちでした。

 考えてみると、くら寿司のお店についても、13年前の2008年と今を比べると、ハード・ソフトの両面で、非常に大きな進化を遂げています。

 例えば、今ではくら寿司の代名詞ともいえる「抗菌寿司カバー・鮮度くん」も、11年の設置ですのでまだ設置されていませんでした。「ビッくらポン」は、00年に導入していましたが……。

 さらに、待合スペースの密を軽減できるとお客様にとても好評な10分単位で席の予約ができる「時間指定予約システム」(14年導入)もまだありませんでした。

 ソフト面では、今では回転寿司チェーンではサイドメニューとして当たり前となった「ラーメン」についても、2012年にくら寿司が回転寿司チェーンとして初めて発売したものです。

 そして最近では、AIシステムを搭載したカメラによって、お客さまがレーンから取ったお皿を自動的に認識、カウントする「セルフチェックシステム」や「セルフレジ」等によって、入店からお会計、退店まで、お客さまと店員が一度も接することなくお食事ができる、完全コンタクトレスの店舗を実現しています。

 さらに、今年末までには、国内のすべての店舗を、完全コンタクトレスに加えて、お客さまがお店の機器にも触る必要のない、完全タッチレスのお店にする予定です。

 こうしたセンサーやICT、AIの技術は、自然相手で安定した収入が難しいと言われていた漁業の世界も大きく変えつつあります。

 例えば、北海道や青森県では、ホタテ貝の養殖にセンサーやICTを活用して遠隔で海水温を常時把握、漁獲量のアップと作業の軽減を実現しているとのことです。

 またブリなどの養殖においても、水中カメラとAI、ICTを活用して、魚の餌の食べ具合を監視して給餌のタイミングや量を自動的に調整したり、カメラで撮影した映像から魚体の大きさ、体重を測定し、最適な出荷のタイミングを把握したりする取り組みも行われています。

 その他、近年資源管理の必要性が叫ばれているクロマグロについても、定置網にかかることによる偶発的な資源の減少を避けるため、カメラで定置網に入る魚を監視し、クロマグロが入っていたら網を開いて逃がすなどの取り組みが行われているとのことです。

 こうして、車の買い替えを機に13年前と現在を比較してみると、日頃は意識しない様々な分野での進化をあらためて認識することができて感動すら覚えました。

 皆さんも、例えばスマートフォンのない毎日は、想像すらできないのではないでしょうか。という筆者もこの原稿を、電車の中でスマートフォンで書いているんですが……。

 そして同時に、これから13年先の世の中はどうなっているのか、想像するだけでワクワク感を抑えられません。

 くら寿司のお店も、今では想像もできない楽しさと美味しいメニューで、今以上にお客様の笑顔が溢れているお店にしていきたいと思います。ぜひご期待ください。

○岡本浩之(おかもと・ひろゆき)
1962年岡山県倉敷市生まれ。大阪大学文学部卒業後、電機メーカー、食品メーカーの広報部長などを経て、2018年12月から「くら寿司株式会社」広報担当、2019年11月から、執行役員 広報宣伝IR本部 本部長

※AERAオンライン限定記事

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_g3o7xg8lzgz0_コロナ禍の中学受験、親が感染防止との両立に苦慮 一方で受験校「減らさない」姿勢も g3o7xg8lzgz0 g3o7xg8lzgz0 コロナ禍の中学受験、親が感染防止との両立に苦慮 一方で受験校「減らさない」姿勢も oa-aera 0

コロナ禍の中学受験、親が感染防止との両立に苦慮 一方で受験校「減らさない」姿勢も

2021年1月22日 19:00 AERA/photo・朝日新聞社

 コロナ禍で中学受験シーズンを迎えた。例年にも増して不安が募るだろう。通塾はどうしたらいいか、受験校を絞ったほうがいいか、親たちの不安は尽きない。AERA 2021年1月25日号から。

*  *  *
 今年も中学受験シーズンがやってきた。首都圏では、もはや風物詩となっている6千人の受験生が集う栄東中学(埼玉)の1月の入試を皮切りに、2月がメーンとなる東京都内の入試まで、小学生たちの受験本番が続く。

 なんといっても今年最大の不安要素はコロナ禍の影響だ。自粛期間中は塾の授業も混乱、大学入試同様に、前半での学習時間の確保が難しかった受験生たち。しかし、半数以上の大学で出題範囲を狭めるなどの対応が取られた大学受験とは異なり、出題範囲を狭める学校は少なく、各校とも例年通りの試験となる見込みだ。

 都内で男子御三家を目指す子どもを持つ家庭では、家族全員が手洗い・うがいを徹底、ウイルスを家に持ち込まないように心がける。普段通りの生活を送らせようと、入試直前まで学校に行かせるつもりでいたが、緊急事態宣言を受けて気持ちが変わったと40代の母親は話す。

「感染が心配で、試験2週間前からは学校を休ませようかと。ただ、通塾をどうするか。Zoomでの受講も選択できると言われていますが、前回の緊急事態宣言中はオンライン授業になったらやる気がダダ下がりだったんで、考え中です」

■「お試し受験」減らず

 都内在住で女子学院など最難関を目指す子を持つ50代の母親も、通塾と感染防止の両立に四苦八苦している。

「普段の冬期講習ではお弁当を持って午前も午後も教室で受けるスタイルでしたが、今年はオンライン授業と教室授業を選べるようになっていました。うちは外での飲食を控えさせたかったので、午前クラスだけ教室で受けて帰宅させ、午後クラスは自宅から受講させました。とにかく、感染リスクを下げるために、できることをするという感じです」

 感染リスクを避けるため、こうしたオンライン通塾を選択する家庭の増加を見た専門家の中には、都内入試組が、本命とは別に1月中に“お試し受験”するという例年の傾向が減るのではとの意見もあったが、どうやらそれはなさそうだ。

「感染が怖いからって、受験校数を減らすことは考えていません。チャンスを狭める必要はないかと。1月入試も含めて受験するつもりです」

 と話すのは、鴎友など都内の難関女子校を目指す子を持つ40代の母親だ。事実、先日行われた埼玉入試を見ても、受験者数に大幅な変化は見られなかった。

 教室に入る人数を減らすため、第1回入試を2日に分けて行った栄東中学の入試には6044人が出願、過去最高の受験者数を記録した昨年の数字と比べるとやや少ないようにも見えるが、出願者に対し実際に受験した人数から割り出す受験率は96.4%と高い数字に留まった。同校では今年コロナ対策として予約制で400台分の駐車場も用意したが、申し込み開始30分で埋まってしまったという。

■追試の有無は学校次第

 同校の担当教員は言う。

「昨年が多かったので減ったように見えますが、例年志願者数は6千人前後です。蓋を開けてみたら、コロナ禍による受験控えはあまり見られませんでした。うちの場合、体調不良の時は追試を受けられるようにしたため、当日、『微熱があるので』と追試に変更する家庭もありました。途中で体調が悪くなり、周りの集中力を切らしたら申し訳ないからと言われていました。他の受験生を気遣う保護者が多いように思います」

 だが、体調不良者に向けての追試の有無は学校により対応が分かれる。難関校を目指す女の子を持つ母親は「追試をしてくれる学校としない学校があるのは疑問です」と不満そうだ。

「志望校にした4校は全部追試がありません。コロナ禍を考慮してくれる学校と、しない学校があるのはなぜなのか、不思議で仕方がありません」

 私立の場合、それぞれの学校に判断が委ねられている。ばらつきが出るのは仕方がない。前出の栄東中学の教員は言う。

「これだけの感染状況ですから、罹患は仕方がないとしても、入試に来て罹患したというのは避けなければと思いました。追試を設けたことで、無理をしてまで来るという家庭が減り、他の受験生も学校も、お互いに安心だったと思います」

(フリーランス記者・宮本さおり)

※AERA 2021年1月25日号より抜粋

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_o5yxwpnc8i0t_「愛の不時着」ロスを救済? “ガチカップル”となったヒョンビンたちに、企画展で会える! o5yxwpnc8i0t o5yxwpnc8i0t 「愛の不時着」ロスを救済? “ガチカップル”となったヒョンビンたちに、企画展で会える! oa-aera 0

「愛の不時着」ロスを救済? “ガチカップル”となったヒョンビンたちに、企画展で会える!

2021年1月22日 19:00 AERA

 中毒者が続出した「愛の不時着」が展示でも楽しめる。“沼”住民であるコラムニストが、一足先に鑑賞した感想を率直に綴る。ネタバレ要注意! AERA 2021年1月25日号に掲載された記事を紹介する。

*  *  *
 こんにちは、「ヒョンビン沼に168時間ひたる」という記事を昨夏、アエラに書いたものです。「愛の不時着」発でヒョンビン探しの旅に出た方々を「沼仲間」と認定させていただきました。今回はこう認定します。2021年1月1日、あなたはとても幸せな気分でしたよね。

 そう、ヒョンビンとソン・イェジンが8カ月前から交際し、双方が認めているという韓国メディアの特ダネ。おさらい代わりに、まずヒョンビンの所属事務所のコメントを。「ドラマの撮影が終わった後も互いに良い感情を持ち、恋人に発展した」。続いて、ソン・イェジン本人のインスタグラムのコメント。「なぜこんなに恥ずかしいのでしょうか。ふむ、うむ、う~む。はい、そうなりました。はは」

■いきなり目が釘付け

 そもそも「愛の不時着」ファンは2人を「ドゥリカップル」と呼んでいて、それは「リ・ジョンヒョク」「ユン・セリ」にある二つの「リ」からなのだけど、日本でも「本当に交際していてほしい」というつぶやきは「#ヒョンビン」の定番だったわけで、とにかくおめでとーー。


 と、ここからは「愛の不時着展」の話。「未公開写真約250点」「衣装やピアノなど実際に使った小道具」などが主催者の推しで、確かに素敵だが、沼の住人としてのおすすめは映像だ。

 入るとすぐ、台本読み合わせ映像が待っていて、あの人民班長が「だって彼は顔が特別だもの。天然記念物を保護するのと同じ発想だと思わない?」と2話の台詞を読んでいた。次の瞬間、照れまくりのヒョンビンが映る。いきなり、目が釘付け。

 少し進むと写真や小道具、メイキング映像を2話ずつ掲示するコーナーに。YouTubeにある映像も多いが、まとめて見ると楽しい。ナレーションのように入る字幕(日本語訳付き)が良くて、気づけばまたも釘付け。


 例えば4話。渡し船失敗後、2人が「キス」について話すシーン。「こんなお似合いなカップルは愛の不時着でしか見られない」と入る。うん、うんとうなずき進むと8話、セリがジョンヒョクをわざと追い返すシーンで「この2人を幸せにしてあげて」。13話、セリの誕生日のシーンに「ペアリングをはめた日……」。14話、入院したセリにジョンヒョクが傷を見せるシーンでは「ドゥリカップルは本当に仲良し」。次第にジョンヒョク&セリなんだか、ヒョンビン&ソン・イェジンなんだかがわからなくなって、うれしい混乱。

 スイスでの最終話では、ヒョンビンが四つ葉のクローバーを見つけるオフショット。そこから2人が花束を持つシーン。「ドゥリカップルのスモールウェディング」「字幕は不要」「ドゥリカップルの幸せな日」を読むうち、現実みたいでうっとりする。

■また緊急事態宣言下

 マイおすすめナンバー1映像を紹介するなら、スタジオ撮影オールアップの瞬間。ヒョンビンが左手でソン・イェジンの左肩をポンポンポンと叩く。「お疲れさま」なのだけど、それ以上のドキドキ感が伝わってくる。超胸キュン。まるで自分の隣にヒョンビンがいるような錯覚、否、妄想さえしてしまった。


 ヒョンビンと出会ったのは、最初の緊急事態宣言下だった。息苦しさから逃げたくて、「愛の不時着」を見まくった。そして、2度目の緊急事態宣言下に始まったこの展示。何という偶然だろうとあれこれ考える。

 そう、ジョンヒョクには、こんな台詞があった。「僕が言ったろ? 偶然じゃなくて運命だと」

(コラムニスト・矢部万紀子)

※AERA 2021年1月25日号