cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_0m2hcbppd71w_GoTo「東京解禁」 都民が地方住民の「冷たい視線」を懸念…「SNS投稿は控える」声も 0m2hcbppd71w 0m2hcbppd71w GoTo「東京解禁」 都民が地方住民の「冷たい視線」を懸念…「SNS投稿は控える」声も oa-aera 0

GoTo「東京解禁」 都民が地方住民の「冷たい視線」を懸念…「SNS投稿は控える」声も

2020年9月30日 18:00 AERA/ 写真・朝日新聞社

 ようやく東京にも“通行手形”が発布される。10月1日から、東京発着の旅行もGoToトラベルの 対象になることが発表された。東京に向けられたまなざしを和らげる効果はあるのだろうか。AERA 2020年9月28日号で掲載された記事を紹介。

*  *  *
 多摩川一本を隔てただけなのに、そこに生まれた溝はとてつもなく深かった。

 東京都に住む女性(57)は7月末、友人ら7人で千葉県鴨川市を訪れた。今年2月以降、月に1度訪れている定宿。ふとした会話で「東京除外」を知ることになった。女性はこう振り返る。

「神奈川に住む友人たちと一緒に全部で3部屋を取ったのに、友人が取った部屋だけがGoToの適用になって、私が取った部屋は適用外だとわかったんです。適用されると旅費が1人あたり3千円ほど安い。一緒に泊まっていても住民票が東京にあるだけで除外されていました」

 政府の観光支援策「GoToトラベル」。7月下旬に始まったが、開始直前に東京都は除外となった。そのことが、感染の流行がおびただしい東京からは来てほしくない、また東京には行きたくないという空気を生み、GoToの経済的効果も限定的だったとされている。

 それが一転。赤羽一嘉国土交通大臣は、東京都の新規感染者数が減少傾向にあることなどをふまえ、10月1日から東京発着の旅行も対象にすると発表した。

SNS投稿は控える


 旅行に行きにくかったという都民からは歓迎の言葉が聞かれる。冒頭の女性は、弾んだ声で話す。

「沖縄への旅行も予約済みなので、早く東京都の除外を撤廃してほしいと思っていました。11月には金沢と能登にも行く予定です。もちろん人が多い場所ではマスクをつけます」

 ただ、東京が解禁されるとはいえ、感染拡大を恐れる地方の住民からの都民への冷たい視線も感じている。旅行中、SNSへの投稿は控えるつもりだ。


 7月の東京除外で旅行計画が頓挫した、都内の公務員の男性(38)は、今回の東京解禁で満を持して箱根に向かうことにしている。8月上旬に家族4人で箱根行きを予定していたが、東京除外やお盆の帰省を控えるムードを感じて仕方なくキャンセルしていた。男性は言う。

「前回はけむたがられると思い旅行をやめましたが、税金を使っているのに一部の国民が利益を受けられないのは不公平だと思っていました。箱根は近場ですし、車で移動するので家族以外と密になることもないと考えています」

(編集部・福井しほ)

※AERA 2020年9月28日号より抜粋

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_qmq860ifuuie_ニノ「支えなくしては続けられなかった」 主演映画で感じた家族のありがたみ qmq860ifuuie qmq860ifuuie ニノ「支えなくしては続けられなかった」 主演映画で感じた家族のありがたみ oa-aera 0

ニノ「支えなくしては続けられなかった」 主演映画で感じた家族のありがたみ

2020年9月30日 18:00 AERA/写真・gettyimages

 アイドルとして、俳優として活躍を続ける、嵐の二宮和也さんがAERAに登場。主演作の公開を控え、「有事には、エンタメは最初にいなくなって、最後に戻ってくる」と語った。AERA 2020年10月5日号から。

【KAT-TUN中丸雄一  オタ芸、ブラホック外しをソロライブで極めた理由】

*  *  *
「よろしくお願いしま~す」

 スタジオに入ってくると、リラックスした表情でカメラの前に立った。フォトセッション中も自然体で本誌表紙フォトグラファー、蜷川実花と和やかに談笑し、だが、シャッターが切られる瞬間ごとに、求められる表情を的確に表現した。

 オンとオフの見分けがつかない。

「切り替えスイッチの有無」を尋ねると、「ないです」と即答した。どんな場でも同様で、幼いころから歌やダンス、バラエティー、芝居とジャンルを問わず幅広く挑戦するなかで、自然と身についたものだという。

「こうなりたい、という何かを目指してやってきたわけではなくて、いま、目の前に与えられたことを懸命にやる。その連続でここまで来たんだと思います」

 主演映画「浅田家!」で演じたのは、「家族」をテーマに作品を撮り続ける実在の写真家、浅田政志だ。

「家族の絆」「写真が持つ力」をテーマにした物語をつくっていくなかで、改めて自分の家族についても考えた。

「13歳の頃から毎日(レッスン場がある)六本木に通って、親としては不安だったかもしれません。当時は地下鉄は携帯が通じないことが多くて、携帯とPHSの複合機を持たされてましたね。懐かしい!(笑)。13歳の子どもの頃からこの世界に入ったから、家族の支えなくしてはとても続けられなかった。本当にありがたいなって。コロナ禍の今だからこそ、この作品で家族のありがたみやあたたかさを感じてもらいたいですね」

(ライター・大道絵里子)

※AERA 2020年10月5日号

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_57im7s7q9eqr_「英雄」羽生善治が全盛期の強さで帰ってきた! 藤井聡太二冠に“最新型”で勝利する凄みと今後 57im7s7q9eqr 57im7s7q9eqr 「英雄」羽生善治が全盛期の強さで帰ってきた! 藤井聡太二冠に“最新型”で勝利する凄みと今後 oa-aera 0

「英雄」羽生善治が全盛期の強さで帰ってきた! 藤井聡太二冠に“最新型”で勝利する凄みと今後

2020年9月30日 18:00 AERA/写真・朝日新聞社

 レジェンド羽生善治九段が帰ってきた。最強の姿を取り戻し、新時代の旗手を粉砕してみせた。 ベテランが避けがちな最新型での真っ向勝負。英雄譚はまだまだ未完だ。「将棋」を特集したAERA 2020年10月5日号から。

【藤井聡太二冠がみせた“真逆の展開”に渡辺明名人が驚き】

*  *  *
 英雄が、満を持して帰ってきた──。そう感じさせるような、圧巻の勝利だった。

 9月22日。49歳の羽生善治は新時代のスーパーヒーロー、18歳の藤井聡太と対戦した。藤井の肩書は王位・棋聖をあわせ持つ二冠。一方、無冠の羽生は「九段」である。

 どんな世界でも、時代の超一流は若手・新人の高い壁となるだろう。しかし将棋界では規格外の新人がいきなりトップ棋士を圧倒することがある。現在の藤井がそうであり、30年以上前の羽生もまたそうだった。

 羽生がデビュー以来ほどなくトップを相手に勝ち始めたように、藤井もまた同じ道をたどっている。羽生と藤井の過去4回の対戦は、藤井の4戦全勝。今回5戦目の時点では両者の席次はついに入れ替わり、はじめて藤井が上座に着いた。

最新の横歩取りを採用


 勝率的にわずかに不利な後手番を持った羽生は、現代最新の横歩取りの作戦を採用した。いつの時代も若手は最新型を研究し尽くしている。対してベテランはそうした競争にはついていかず、真っ向勝負を避けることも多い。そうした中で羽生は、若い時と変わらず、常に最前線の土俵で戦い続けている。

 藤井は序盤早々、強気に飛車を切り捨てる。難解な中盤戦。羽生は藤井の読みを超えて優位に立った。そして最終盤。現代の最強将棋ソフトが250億手以上読んで最善と判断する指し手を羽生は選んで踏み込んだ。最後は藤井が気づかなかった詰みを読み切って押し切る。絢爛華麗にして正確無比な羽生の棋風がそのまま盤上に表れたかのような一局だった。

「平成」が始まった1989年。当時19歳になったばかりの羽生は、初タイトルの竜王位を獲得した。10代での戴冠は当時の最年少記録。以来、羽生は将棋界初の七冠同時制覇をはじめ、あらゆる栄冠を勝ち得てきた。

 平成の30年間、羽生は常に超一流であり続けた。とはいえ、将棋界の層は厚く、ライバルたちもみな強かった。長いキャリアの途中では、何度か浮き沈みも経験した。

 04年には同年齢の森内俊之などに圧倒され、王座一冠にまで追い込まれた。08年、初代永世竜王を争う七番勝負で、一回り以上後進の渡辺明を相手に将棋史上初となる3連勝4連敗を喫するという挫折も味わった。

「天才羽生もついに衰えたか」

 そんな声が聞かれたのは、一度や二度ではない。常人離れした羽生の実績を基準とすれば、羽生は少し負けただけで「衰えた」と言われた。

 何度かの逆境を迎えながらも、羽生はそのたびに華麗な復活を遂げてきた。そんな羽生だからこそ、18年、竜王位を失って27年ぶりに無冠になったときも、復活は時間の問題と思われていた。しかし今回は思った以上に、その道は険しかったのかもしれない。ほとんどの棋士は20代から30代にかけて、キャリアのピークを迎える。9月27日の誕生日で50歳となった羽生も人の子。体力など、年齢的な衰えとは決して無縁ではないだろう。

 羽生がタイトル戦から遠ざかる間には超新星・藤井聡太の台頭があった。羽生と藤井は今年2020年、王位戦リーグで対戦した。結果は堂々たる内容で藤井の勝ち。この星は大きな意味を持ち、終わってみればリーグ成績は藤井5勝0敗、羽生4勝1敗。藤井は王位獲得まで一気に駆け上がっていった。

「好調」ではなく「順調」


 羽生が弱くなったとは思えない。現に多くの棋戦でコンスタントに勝利をあげ続けている。一流棋士の証明でもある順位戦A級の地位も維持している。しかしタイトルや棋戦優勝からは遠ざかった。そして藤井ら新世代が台頭してくる。もしかしたら今度こそ、復活は厳しいのか。次第にそうも思われ始めていた。そうした中の「復活劇」だ。

 元名人の升田幸三は勝っている時に「好調」と言われると、聞きとがめて訂正した。いわく、好調ではなく順調であると。豪放磊落な升田はそんなことを言い続けて、ファンから喝采を浴びた。謙虚な羽生はそんなことは決して口にしない。それでも羽生が現在勝っているのは、もしかしたら「順調」に戻っただけなのかもしれない。(将棋ライター・松本博文)

※AERA 2020年10月5日号より抜粋

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_t7n5y55meeag_コロナ太りにチンするだけのお手軽ダイエット冷凍弁当を食べ比べ t7n5y55meeag t7n5y55meeag コロナ太りにチンするだけのお手軽ダイエット冷凍弁当を食べ比べ oa-aera 0

コロナ太りにチンするだけのお手軽ダイエット冷凍弁当を食べ比べ

2020年9月30日 18:00 AERA

 冷凍食品ばかり食べていると飽きる、栄養が偏る、というのは昔の話。おいしいのはもちろん、低糖質・低カロリーで栄養バランスが整ったダイエットに最適な冷凍弁当が続々と登場。計30食を実食した。AERA2020年9月28日号の記事を紹介する。

*  *  *
「会うたびいつも、ダイエットしてませんか? 大変ですね~」

 若い女性カメラマンに、そんなねぎらいの言葉をかけてもらったことがある。そうなの。大変なの。高校生のときから苦節数十年。成功しかけちゃあ戻りを繰り返し、ダイエットは今や自分のライフワークとなった。

 そうして私の上を通り過ぎていった、数え切れないほどのダイエット方法たち。で、今回そのダイエット史に、こんな新アイテムが加わった。「ダイエット冷凍弁当」だ。

 ステイホーム需要で一時品薄になった冷凍食品。なかでもダイエット冷凍弁当はダイエッターにも向くよう、カロリーや糖質、塩分などが計算されている。1食分の冷凍食品がお弁当として容器に詰められており、容器ごとチンすればすぐ食べられる。

「初めて冷凍弁当を食べたのは10年ほど前。当時に比べると、冷凍とは思えないほどおいしくなっていますね」

 そう教えてくれたのは、これまで「800食」の冷凍弁当を試し、サイト「冷凍弁当.jp」を運営する3歳の子を持つママ、西山あいさん(33)だ。妊娠中、家事に追われる妻を見かねて、夫がレンジでチンするだけで食べられる冷凍弁当を頼んでくれたことをきっかけに、冷凍弁当のおいしさと便利さにハマるようになったという。

 これまで世間では、「冷凍弁当=臨時食」というイメージを持つ人も少なくなかったが、コロナ以降、ステイホームで手軽に食べられる冷凍弁当を試す人が激増。西山さん同様、実際に食べてみて、そのおいしさと便利さにノックアウトされたリピーターも増えているらしい。

「しっかりカロリー計算された冷凍弁当を見ると、量の少なさに最初は衝撃を感じます。でも噛み応えある肉や根菜、しっかりした味付けなどがポイントになって、飽きない。そうして毎日食べるうち、満足感が増すようになる。食べる量が自然に減っていくんですよね」(西山さん)

 さらに西山さんからは、こんな耳寄りの情報も。

「私の場合、ダイエット冷凍弁当を1日2食のペースで1カ月ほど食べて、食事だけで体重を3キロ落とすことができました」

 高まる期待! 前置きが長くなったが、ダイエットに向く人気5サービスの冷凍弁当合計30食を、2人家族の食卓で約10日をかけて実食してみた。

 結論から言うと、びっくりした。何って、その30食のおいしさだ。冷凍弁当で、それもダイエット向きといえば、ヘルシーで味の薄い病院食のようなものと思ったが、味付けも歯ごたえもしっかり。何なら普通のお弁当屋で買ってくるよりおいしい。

 これまで食事制限系のダイエットでは、料理下手のハンデもあって、悲惨な食生活を忍ぶものの、我慢できずに挫折→あっという間にリバウンドというパターンがほとんどだった。でもこれなら楽勝。メニューの種類も多いので、数カ月続けるのも夢じゃない。

 駅弁マニア用語で言うところの弁面(べんづら:お弁当のビジュアルのこと)も、思っていたのとぜんぜん違った。例えば、人気のnosh(ナッシュ)は、持続可能な紙製(パルプモールド)の容器入りで、代官山あたりで売っていそうな、オシャレなテイクアウトみたいなたたずまい。食べ終わったあと、そのまま燃えるごみに出せるのもいい。

 糖質などを抑えたレシピはシェフと管理栄養士が開発し、サービスをスタートしたのが2018年。当初の売り上げは「月3千食程度」(同社広報・藤原愛さん)だったが、コロナ太り対策でダイエット人口増加の追い風もあって、今年7月は月50万食を売り上げた。

 選べるメニューも、オシャレでバラエティー豊富だ。例えば、人気ナンバーワンの「チリハンバーグステーキ」。肉々しいハンバーグに、ニンジン、ポテト、ブロッコリーなどの付け合わせがたっぷり付く。ハンバーグソースなどの甘めの味付けも、糖質制限中の舌が小躍りして喜びそう。糖質17.6g(304kcal)と、だいたいおにぎり半分程度の糖質で1食が食べられる。管理栄養士の資格を持つ前出の西山さんも言う。

「臨床試験を通した徹底的な栄養管理を行い、糖質と塩分を抑えてたんぱく質が多くとれるように工夫されています。メインの料理は比較的大きく切ってあるので、弁当全体のボリューム感を演出している点も評価できますね」

 例えばおにぎり半分なんかより、栄養バランスがずっと優秀。毎日食べても安心感が大きい。(ライター・福光恵)

※AERA 2020年9月28日号より抜粋

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_o0ddzv9fss8a_任天堂VSゲームメーカーを彷彿? アップルに挑む「フォートナイト」のエピック、対立の裏に壮大な構想 o0ddzv9fss8a o0ddzv9fss8a 任天堂VSゲームメーカーを彷彿? アップルに挑む「フォートナイト」のエピック、対立の裏に壮大な構想 oa-aera 0

任天堂VSゲームメーカーを彷彿? アップルに挑む「フォートナイト」のエピック、対立の裏に壮大な構想

2020年9月30日 18:00 AERA

 米アップルと世界的人気ゲーム「フォートナイト」で知られるエピックが対立している。アップルがアプリ提供者に課す手数料率が高すぎるとエピックが声をあげたことが発端だが、実はエピックは壮大な構想をもって戦いを挑んでいるという。AERA 2020年9月28日号の記事を紹介する。

【世界20億ダウンロードTikTokで「米中けんか」】

*  *  *
 世界的なスマートフォンメーカーにしてIT業界の巨人と呼ばれる米アップルと、スマホや各種ゲーム機で楽しめ利用者数が全世界で3億5千万とされる超人気ゲーム「フォートナイト」で知られる米エピックゲームズが激しく対立し、スマホやゲームの業界にとどまらない注目が集まっている。

 対立の直接的な原因となったのは、ゲームを含むアプリ提供者にアップルが課す手数料率の高さだ。エピックはより料率の低いゲームストアを展開し、アップル支配からの解放を呼びかけている。プラットフォーマーに反旗を翻す参加企業という構図は1980年代以降、家庭用ゲーム機で圧倒的なシェアを握る任天堂にハドソン、セガ、SNKといったゲームメーカーが独自のゲーム機で挑み、敗れ去ってきた姿にも重なる。

 では、今回の勝敗も──。そう考えるのは早計だ。一般的にはフォートナイトのメーカーとしての知名度がせいぜいと言っていいエピックは、実は、プラットフォーム参加企業の域をはるかに越えた実力と壮大な構想を抱えて、アップルとの戦いに挑んでいるのだ。

GAFA支配への挑戦


 アップルはエピックを「ロビンフッドを装う大金持ち」と警戒し、「アップル支配からの解放者」という主張に疑義を呈する。アップルが恐れるのは、エピックのもくろみが成功し、巨大プラットフォーマー「G(グーグル)A(アップル)F(フェイスブック)A(アマゾン)」が牛耳るITの世界ががらりと姿を変えることだ。



「2020年を『1984』にしないための世界に参加してください」

 エピックはアップルとの対立が始まった直後に、こうしたメッセージをフォートナイトプレーヤーに呼びかける動画をユーチューブなどに掲載した。

 動画はフォートナイトの女性キャラクターが、近未来の独裁体制を描いたSF小説『1984』の世界で、明らかにアップルを揶揄した独裁者が映ったスクリーンにハンマーを投げつけるというもので、アップルによるスマホアプリ市場の支配を打開しようとするエピックの立場を表現したものだ。

 ただ、この動画は、1984年当時、コンピューター業界を支配していた米IBMを批判する目的で、アップルが作成したものが元ネタだ。つまり、市場支配を批判していたアップルが今度は支配する側に回ったことをエピックが逆手に取って批判しているというわけだ。

 エピックが手の込んだ動画でアップルへの批判キャンペーンを展開する目的は何なのか。ティム・スウィーニー最高経営責任者(CEO)は米ブルームバーグのインタビューで、中国ではアプリ市場がアップルやグーグルのアプリストアに寡占されておらず、その結果、アプリ間の競争が生まれているとして「競争が強い経済を実現する」と評価した。

 アップルやグーグルがアプリストア参加企業に課す30%の手数料率は儲け過ぎで、競争を阻害しているとも批判している。その上で、手数料率を12%に下げた自社の「エピックゲームズストア」で、より小規模なゲームメーカーのゲームの配信を支援することで、競争を促す姿勢を示している。(ライター・平土令)

※AERA 2020年9月28日号より抜粋

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_2uk74xc4jbkd_池井戸潤が「半沢直樹」新作を語る! 情報の多寡でモノの値段は変わる 2uk74xc4jbkd 2uk74xc4jbkd 池井戸潤が「半沢直樹」新作を語る! 情報の多寡でモノの値段は変わる oa-aera 0

池井戸潤が「半沢直樹」新作を語る! 情報の多寡でモノの値段は変わる

 大ヒットドラマ「半沢直樹」の原作者、池井戸潤さんが、9月30日発売のAERA増刊『AERA Money 今さら聞けない投資信託の基本』の巻頭インタビューに応じた。一部抜粋してお届けする。

*  *  *
 取材会場の机の上に一冊の画集。

「この絵、いいなと思って。色が、とてもよかった」

 池井戸潤さんの6年ぶりの新刊『半沢直樹 アルルカンと道化師』では絵画が重要なモチーフとなる。そのインスピレーションを得た油彩が載っていた。

 アンドレ・ドラン(1880~1954年)の《アルルカンとピエロ》。アルルカンもピエロもイタリア喜劇では定番キャラクターで、西洋画家たちが好んで描いてきた。ずる賢く強欲なアルルカンと純粋かつ愚直なピエロの対比は、観る者の想像力をふくらませる。

 池井戸さんはドラン作品を鑑賞した際、「ペテン師と詐欺師」というハリウッド映画が原作のミュージカルを思い出した。ペテン師と詐欺師が人をたらし込む力量を競い合う、軽妙なコメディーだ。日本では石丸幹二さんと山田孝之さん主演で昨年上演され、話題を呼んだ。

「日本版のミュージカルもとてもおもしろかったんですが、タイトルの付け方がユニークだと思って。原題は『Dirty Rotten Scoundrels』(編集部注:ひどく下劣な悪党)で、全然違う。そして、ペテン師も詐欺師も、意味は一緒。なかなかしゃれたタイトルですよね。そこで僕も、『だましだまされ』がおもしろい構図のミステリーを書けないかな、と思ったのが、今作の出発点です」

 「半沢直樹」シリーズの単行本としては、2014年の前作『銀翼のイカロス』以来。

「6年も経ってしまいましたか」

 と池井戸さんは表情を緩める。

 当初は東京中央銀行に勤める主人公・半沢の同期行員、渡真利(とまり)忍を主人公としたスピンアウト作品を構想していた。渡真利は半沢と同じ慶應義塾大学の同窓生で、行内きっての情報通という設定だ。

「150ページほど書いたのですが、どうもうまくいかなかったので、残念ながらボツにして、半沢を主人公に一から書き直しました」

新作「半沢直樹」のストーリーは?


作中では、経営難の美術専門出版社「仙波工藝社」をめぐる買収計画が描かれる。創業100年近い老舗とはいえ2億円の借り入れがままならない赤字出版社に、破格の買収価格を提示する買い手企業が現れるのだ。

「持っている情報量が違うために、当事者によって妥当な価格が変わってくるわけです。持っている情報によってモノの価値が変わって見えるともいえます。企業の株価が典型ですよね。会社の中で何が起きているか、外からはうかがい知れません。記者会見や報道発表文で会社から情報が出てきて初めて、何が起きていたかを知るわけです。もしも発表より先に知っていれば、事前に売り買いする人が出てきますよね」

 情報が多くあり、実は有望であると判断されたら高くなる。何の情報も得られずどこがいいかわからなければ安いまま。確かに株価と通じるものがある。

 作中では、未到の山林を舞台にした小話も出てくる。

「ある企業に持ち込まれた実話をもとに組み立ててみました。情報がモノの価値を左右し、だましだまされる。そんなことが日常生活のいろいろな場面で実際に起こっています」

 意外にも池井戸さんは多くの取材をしない。想像力をフル稼働させる。

「今回は本の後ろに、執筆に協力してくれた3人の名前を載せました。このうち2人は友人です(日仏通訳・翻訳家の友重山桃《ともしげゆら》さん、アドバンストアイ株式会社の岡本行生さん)。初めてお会いして取材したのは、東京国立近代美術館主任研究員の保坂健二朗さんだけ。作品はリアルに読んでもらえると思いますが、実際には現実と少し違う部分もあるでしょう」

 池井戸さんは元銀行員だが、銀行の現場を100%忠実に再現しているわけではない。創作した部分も当然ある。内情をよく知っているからこそ銀行を旧態依然とした敵のように扱うのだろうか……と勝手に想像していたが、違った。

「よく誤解されるんですが、銀行に対して特別な感情をもって書いているわけではありません。好きだから良く書くわけでも、嫌いだから悪く書くわけでもありません。エンターテインメント作品ですから」

SNSのバッシングに思うこと


『アルルカンと道化師』では、銀行に加えて絵画の世界が舞台になる。絵画では、他人の絵に似た作品を描いたからといって作品の価値が否定されるわけでないことを知り、興味を持ったという。

「模倣と盗作、剽窃(ひょうせつ)は紙一重。そこを分け隔てるのはどうも、『真似するほう』と『されるほう』の人間関係のようです。日本の画壇でかつて権威ある賞を取った画家がいて、受賞後に海外の画家からクレームが入り、賞を取り消されたことがあります。両者の関係がちゃんと成立していなかったために問題化したのですが、もし両者の間で作品を模倣することに了解があった場合は?評価が難しくなりますよね」

 令和の現在なら、盗作疑惑が出たとたんにSNSで大炎上しそうだ。両者の関係性などどうでもいい輩やからが背景も調べずに批判の大合唱をするだろう。SNSでの書き込みをめぐって有名人のアカウントが燃えるケースもこのところ頻発している。作家も例外ではない。

「批判は結構ですけども。ただ、本名でやりませんか」

 どこの誰かわからない状態でカーテンの向こう側から批判するのは誰でもできる。本当に批判するなら名前と素性を明かしてやればいいが、そんな人はほとんどいない。半ばストレス解消のように、誰かをバッシングする人が絶えない世の中。

「この状況は変わらないと思います。インターネット上のアカウントを一人に一つ割り当てて、書き込みと投稿者をひも付けるという策も、現実的ではないでしょう。発信する側が発言に気を付けるしかありません」

 池井戸さん個人がSNSによる情報発信をしていないのには理由がある。

「プロの書き手なら、しかるべき媒体で自分の主義主張を展開すればいいと考えているから。なぜ作家がタダで書いた文章で炎上しているのか、不思議で仕方ありません。職業作家として文章を生業(なりわい)とするなら、正攻法で世に問うべきでしょう」

 池井戸さんの作品はリアルかつ誰にでも楽しめるストーリーが特長。細かい心理描写はあえてされていないのに、敵対する人間に向かう半沢の息遣い、場の張りつめた空気が伝わってくる。

エンタメにはわかりやすさが重要


「エンターテインメントはわかりやすさが重要です。読んだだけで、登場人物の表情や風景がすぐに思い浮かぶような作品になるよう、常に心がけています。その点、『半沢直樹』シリーズは読者がドラマのイメージで脳内変換してくれるから、書きやすくなりました」

 ドラマと小説では設定が多少違うが、映像化されたときのことを想像して書いたりはしない。テレビで「半沢直樹」を見るときは、一視聴者として純粋に楽しむ。

 自分自身に向かう作家と読者に向かう作家がいるというが、池井戸さんは完全に後者のようだ。

「万人が楽しめる作品をつくりたいと思って書いているので、意識して形容詞を省いています。意味がわかりづらい横文字やカタカナ語も、極力使いません。小学生から80代のお年寄りまでいる、幅広い読者のためです」

※AERA増刊『AERA Money 今さら聞けない投資信託の基本』より一部抜粋


池井戸 潤(いけいど・じゅん)/作家。1963年、岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒業。1998年『果つる底なき』で江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。2010年『鉄の骨』で吉川英治文学新人賞、2011年『下町ロケット』で直木賞を受賞。主な著書に「半沢直樹」シリーズ、「下町ロケット」シリーズ、「花咲舞」シリーズ、『空飛ぶタイヤ』『ルーズヴェルト・ゲーム』『七つの会議』『陸王』『民王』『アキラとあきら』『ノーサイド・ゲーム』など

(構成/大場宏明、編集部・中島晶子、伊藤忍)

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_bm3mr840zmhf_「気をつけ!」「前ならえ!」が子どもをダメにする! 思考停止の「マシーン人間」にさせない心得 bm3mr840zmhf bm3mr840zmhf 「気をつけ!」「前ならえ!」が子どもをダメにする! 思考停止の「マシーン人間」にさせない心得 oa-aera 0

「気をつけ!」「前ならえ!」が子どもをダメにする! 思考停止の「マシーン人間」にさせない心得

2020年9月28日 19:00 AERA

 袋小路に陥った日本は、これからどうなる? 未来に向けて、今の子どもに必要なスキルと価値観とは?『AERA with Kids秋号』(朝日新聞出版)では私たちが今いちばん知りたい答えについて、『シン・二ホン』の著者でヤフー株式会社CSOの安宅和人さんと花まる学習会の高濱正伸さんが対談してもらいました。

【しいたけ.さん「夫婦・家族が持つ『守る・守られる』の機能は大切だからこそ、決断は慎重に」】

*  *  *
高濱 『シン・二ホン』、夢中になって読みました。どういうきっかけでこの本を出したんですか?

安宅 僕はこれまでずーっといろいろな場所で、それこそ役人にも、企業人にも、学生にも、今のままでは日本は危ない、変わらなきゃいけないって言ってきたんです。みんな、「なるほど」とうなずきはするんだけど、ちっとも変わらない(笑)。これはもしかしたら話すよりも本のほうが、より多くの人にメッセージが届くのかなと思って。

高濱 届いたんじゃないですか。売れに売れてますよね。

安宅 この国が少しでもマシになるためのヒントはどこにあるのか、大筋で考えられる要素はめいっぱい入れたつもりです。

高濱 この本は、AERA with Kidsの読者にもぜひ読んでほしいんです。それこそ、これからの子育てのヒントになることもいっぱい書いてあるから。

安宅 未来の人間を育成するのは、まずは親ですからね。親の都合で未来の人間のジャマをしてはいけません。

高濱 本でも、日本は「ジャマオジ」「ジャマオバ」が多いと書かれていましたね(笑)。僕もたくさんの親と話をしてきましたが、いまだに“将来は有名大学、一流企業”というシバリがとれない人が多くて。

安宅 自分が育った価値観から抜け出すのは難しいですからね。でも実はアメリカではエリートほど大企業には行かなくなっていますよ。既存の場で出世するより、新たな場で自分たちが未来をつくろうという意識が非常に高くなっている。価値は押し付けられるものではなく、自分で生み出すものですから。

高濱 これまで親世代が持っていた真面目に積み重ねて、価値ありと信じてきた知識やハウツーは、今やAIで誰もが簡単にできるものばかり。マシーンが得意なところはマシーンに任せる時代が始まっている。それは親世代もわかってはいるんだけど、じゃあどうすれば?ってところで戸惑っているんだと思う。

安宅 日本は、データ×AIという時代のドライバーとなる分野では驚くほど出遅れてしまいました。核となる変化を生み出していないし、追いついてもいない。非マシーン的な人材が鍵なのにいまだに教育も社会も、マシーン的人間の育成を重視しています。小学校もそうでしょう。いまも漢字の書き取りや計算ドリルのために時間をたくさん割いている。これって日本だけまったく別の武器で戦っているようなものですよ。竹やりを持って訓練しているのと一緒。

高濱 安宅さんは、今の時代に必要な武器とは何だと思いますか。

安宅 まずは母国語と世界語の習得です。自分でものを考えて伝えるために必須ですから。そのうえで、豊富な実体験に基づいた課題設定能力と解決力。もちろんデータ×AIをきちんと理解し駆使できる能力も必要でしょう。でもそれらはあくまでも武器です。小学校時代に身につけてほしいのは、スキル以前の、人間的マインドですね。

高濱 マシーン的マインドにならないための。

安宅 はい。そもそも僕は、「気をつけ!」「前ならえ!」「休め!」が破壊的に良くないと思う。あれは軍隊の教練です。あれがマシーン的マインドをつくっている。ここにすごく危機感を覚える。

高濱 集団的規律を守り、みんなが一緒に動くことを良しとする象徴的なものですね。

高濱 髪形を指定する校則なんてその最たるものでしょ。互いの違いを認めず、同じであることを強制してくるんですから。すべてをベターッと同じように塗りつぶすという発想。

高濱 逆なんですよ、重きを置くところが。自分は他の人といかに違うかということに一番の価値があるのに。

安宅 まったくです。自分らしさというのは、結局のところ、「違い」なんです。違いからしか価値は生まれないし、変化も起きない。他の人とは違う自分だけの「意志」や「感情」とは何か、親も子も、そこを大切にしないと。それが、その子なりの「心のベクトル」になりますから。

高濱 心のベクトル。いい言葉ですね。

安宅 小中学校時代は心のベクトルを育む時代だと思う。これは、何かを押しつけられたり教えてもらうだけの状態では絶対に育たない。自分で体験したり、ものを読んで考えたりしないと。圧倒的な体験量が必要です。そのうえで磨かれるのが、感情であり直観であり皮膚感覚です。何を見て美しいと思うのか、感動できるのか。そして、これはイヤだという感覚や、これはおかしいと疑う心も大切。いわば本能的嫌悪感、心のひっかかりですね。僕は、これが一番重要だと思う。感情っていうのは、非論理的なものではなく、論理を構築するための本能、本質なんです。

高濱 激しく同意です。本能的な嫌悪感に気づき、それを大切にできるかどうか。それはマシーンにはできないから。

安宅 そう。たとえばさっきの「気をつけ!」「前ならえ!」ってなんかおかしくないかって思うこと。そういう生理的感覚ってすごく大切なんです。ところが日本は、その感覚を持つこと自体を否定して、抑え込もうとしますよね。これに疑うことなく、気づくこともなく20歳になってしまっては絶対にいけません。「何もしたいことがない」という致命的な大人になってしまいます。ちょっと変でもいい、常識よりも自分の感覚を信じて行動できる子のほうが、これからの時代を楽しんで生き抜いていけると思います。(構成=篠原麻子)

※「AERA with Kids秋号」では安宅さんのワイルドに育った少年時代の話にも言及。「野外体験」を重視する高濱さんと話に花を咲かせました。

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_jt5kh07h9lm7_子どもの集中力「3分もたない」の指摘も…オンライン授業に悪戦苦闘する親子 jt5kh07h9lm7 jt5kh07h9lm7 子どもの集中力「3分もたない」の指摘も…オンライン授業に悪戦苦闘する親子 oa-aera 0

子どもの集中力「3分もたない」の指摘も…オンライン授業に悪戦苦闘する親子

2020年9月28日 19:00 AERA

 コロナ禍で広まったオンライン授業。しかし新たな学習様式は、子どもはもちろん親にも負担を強いているようだ。AERA 2020年9月28日号では、オンライン授業に悪戦苦闘する親子らを取材した。

【子どものウンチのにおいが今もわからない 新型コロナに3月に感染した記者が語る】

*  *  *
 都内の会社員女性(47)の息子(中1)と娘(小4)が通う区立の学校では、オンライン授業は強制ではなかった。在宅勤務の合間に何度か動画を再生したものの、娘が誤ってキーボードに触れて画面が消えるたびに「ママー」と呼ばれ、仕事を中断。娘は授業内容に興味を示さず、結局ほとんど受講しなかった。

「自分が隣に座って、つきっきりで見てあげれば勉強したかもしれませんが、在宅とはいえ仕事をしている身でそれはできませんでした」(会社員女性)

 授業が再開した後は、学校側はオンライン授業で配信した内容はもうやったことにしている様子だった。娘は「教えてもらっていないことはわからないよ」と怒っていた。

 休校中の家庭学習について調査したベネッセコーポレーション「進研ゼミ中学講座」商品責任者の山根伊都子さんは、「公立の小中学校で本格的なオンライン授業を行うことは大変難しかったのではないか」と話す。

 同社が幼稚園年中から高校3年の子どもがいる全国2800世帯を対象に5月に実施したネット調査によると、学校からデジタル機器を使って行う学習や宿題が出されたのは、小学校高学年で15%、中学生で18.9%。ただ、同社に寄せられた声として聞こえてきたこととしては、週1回の登校日にプリントが手渡され、自宅で動画を見たうえで宿題をするといった強制力がないものが多かった。保護者から寄せられた「オンライン授業への不安や不満」のトップは、小学校高学年から高校生は「子どもが本当に理解できているかわからない」(43.1~45.8%)、小学校低学年は「集中力が続かない」(38.8%)。その他、「わからないところを質問できない」「受け身な学習になりがち」など、共通するのは“一方通行型”の授業という点だ。

■キーワードは“自律力”

 山根さんによると、子どもの集中力が持続するのは15分くらい。ただ観ているだけの受け身の動画の場合は「3分もたない」という。

「そのため当社では、チャット機能を使ってリアルタイムで一人ひとりの疑問に答えたり、“なるほどボタン”で一緒に授業を受けている子のリアクションがわかるようにするなど工夫しています」(山根さん)

 教育方法学が専門の早稲田大学大学院の田中博之教授も、先の休校中のオンライン授業に対し「改善が必要」と指摘する。

「先生たちも突然のことで準備が整わず、研究も経験も実践もないまま始めることになった。今後は双方向型の授業が増えていくことは間違いない。その際、授業内容を各学年に合った形にするべきです」

 田中教授によれば、小学校中学年からは話し合いなど対話討論型の授業が望ましい。

「お互いが気持ちよく発言できる術を覚えたら、かえってオンラインのほうが濃密な討論ができるんです。また、不登校や障がいのある子どもが参加しやすいということもあります。社会の多様性におけるオンライン授業の重要性は明らかです」

 先述のベネッセの調査では、「(休校明けに)学習習慣を取り戻せるか」について小学生から高校生の保護者の過半数が「不安」と回答。田中教授は言う。

「家庭学習のキーワードは“自律力”。まずは自分自身で学習計画を立て、後で大人と一緒に振り返る。結局、どういう環境でもこれに尽きます」

(編集部・藤井直樹)

※AERA 2020年9月28日号より抜粋

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_xwuv6km7puit_古代ギリシャ人も筋トレをしていた! 筋肉の謎に迫る xwuv6km7puit xwuv6km7puit 古代ギリシャ人も筋トレをしていた! 筋肉の謎に迫る oa-aera 0

古代ギリシャ人も筋トレをしていた! 筋肉の謎に迫る

2020年9月28日 19:00 AERA

 夏バテや新型コロナの影響で、運動不足になっている人も多いだろう。正しい知識を身につけて、筋肉を鍛えることが大事。小中学生向けニュース月刊誌「ジュニアエラ」10月号では、運動生理学とトレーニング科学が専門の石井直方・東京大学名誉教授の監修のもと、「筋肉の謎に迫る」を特集した。

【10秒押すだけ、体が硬い人向けも…手軽に肩こり解消「YouTube神動画」はじめの1歩】

*  *  *
 人はいつから筋肉トレーニング(筋トレ)を始めたのだろう? 紀元前に繁栄した古代ギリシャで、今に通じる合理的なトレーニングが行われていたことが、歴史書に記された「クロトナのミロ」のエピソードによって知られている。ミロは少年時代から子牛をかついで歩くことを日課とし、牛が成長してもそのまま続けたので、筋肉が鍛えられ、古代オリンピックのレスリング競技で6連覇したと伝えられている。筋肉を太くするには負荷を徐々に増やす必要があるが、ミロはそれを実践していたことになる。

 ゴリラの上半身はたくましいが、おしりの筋肉「大臀筋」はあまり発達していない。一方、ヒトは誰でも大臀筋が発達している。直立するのに欠かせない筋肉だからだ。地球の重力に抗って直立姿勢を保つために働く筋肉を「抗重力筋」というが、大臀筋はその中で最大の筋肉だ。

 そんな人間も、無重力の宇宙に長くいると、抗重力筋が衰えてしまう。国際宇宙ステーション(ISS)に6カ月滞在した宇宙飛行士の筋力は、平均10~20%も低下するという。そのため宇宙飛行士は、ISSで1日約2時間半、筋トレやランニングをするという。

 みんなも新型コロナウイルスの影響で運動不足になっていないかな? 筋肉は、スポーツをするときだけでなく、毎日の暮らしにも大切な存在だ。また、目的に合わせた筋トレをすると、スポーツのパフォーマンス向上にもつながり、“燃えやすい”体をつくることもできる。

 筋肉というと、運動するときに使うというイメージがあるかもしれない。けれど、実は体を動かす「骨格筋」、心臓を動かす「心筋」、内臓や血管の壁をつくる「平滑筋」の3種類がある。

 このうち意識的に動かせる「随意筋」は骨格筋だけで、心筋と平滑筋は、自分の意思で動かしたり止めたりできない「不随意筋」だ。たとえば心臓が止まったら死んでしまうが、心配は無用。心筋は、ぐっすり寝ている間も休まず働いてくれているからだ。

 一方、骨格筋は、脳からの指令を受けて動く。たとえば脳が「右腕を素早く曲げろ」という指令を出すと、指令は運動神経を通して右腕の「上腕二頭筋」に伝わり、筋肉が素早く縮む。縮むときに生まれた力が腱に伝わり、腱とつながる骨が動いて、右腕が曲がる。

 筋肉は自分で伸びることができないので、「上腕二頭筋と上腕三頭筋」「大腿四頭筋とハムストリング」のように、反対方向に引っ張る筋肉とペアになって動く。上腕二頭筋が縮んで曲がった腕は、上腕三頭筋が縮むことで元に戻る。

 男性は、男性ホルモンの影響で、思春期にさしかかると三角筋や僧帽筋を中心に骨格筋が発達してくる。このため、一般に、男性は女性に比べて骨格筋の量が多い。

 骨格筋の発達のピークは20代半ばで、それ以降、トレーニングをしない人の筋肉は徐々に減っていく。大腿四頭筋の場合、80歳で約半分になってしまうという。筋繊維が萎縮して細くなるだけでなく、数そのものも減っていくからだ。

 日常生活のあらゆる行動は、骨格筋に依存している。だから、アスリートをめざす人でなくても、子どものころから骨格筋を鍛え、体の土台をつくっておくことがとても重要なんだ。

※月刊ジュニアエラ 2020年10月号より

外部リンク

cat_1_issue_oa-aera oa-aera_0_vxwzyrmbk5f3_「ひたすら面白いと思うことを」KAT-TUN中丸雄一  オタ芸、ブラホック外しをソロライブで極めた理由 vxwzyrmbk5f3 vxwzyrmbk5f3 「ひたすら面白いと思うことを」KAT-TUN中丸雄一  オタ芸、ブラホック外しをソロライブで極めた理由 oa-aera 0

「ひたすら面白いと思うことを」KAT-TUN中丸雄一  オタ芸、ブラホック外しをソロライブで極めた理由

2020年9月28日 19:00 AERA

 KAT−TUNの中丸雄一による、1年半ぶりのソロアクトライブ「中丸君の楽しい時間4」の上演が始まった。構成・演出もすべて自分が手掛け、やりたいことのみを詰め込んだセルフプロデュース公演だ。AERA 2020年9月28日号から。

【NEWS増田貴久「出会えた運命を感じてる」 にんじんを見て泣きそうになったことも】

*  *  *
――ソロアクトライブ「中丸君の楽しい時間」は、2008年に初演、17年に第2弾、19年に第3弾を上演し、今回で第4弾となる。前回はコントや自身がレギュラー出演している「シューイチ」を彷彿(ほうふつ)とさせる番組のパロディー、洋画のアテレコ、驚異の速さを誇る「ブラホック外し競技」の実演などで笑わせつつ、プロジェクションマッピングなどを駆使したスタイリッシュなパフォーマンスでも観客を魅了した。今回はどういう企画で楽しませてくれるのか。

■自分が面白いものを

中丸:ひたすら自分が面白いと思うことを自由にやる、というのは今回も同じですね。だいたい、いつも七つくらいコーナーがあるんですが、前回のライブでウケが良かったものを半分残して、半分は変える形でやっています。ただ、今まではコーナーを優先して、全体のストーリーみたいなものは二の次だったんです。でも、全体を通して繋がっているメッセージみたいなものがあると、ライブとしてもっと上質なものになるんじゃないかなと思って、今回はそういう方向も強化しています。ちなみに、取材では“ブラホック”のことばかり聞かれるんですが、冷静に考えたら恥ずかしい競技ですし、親も呼べないので、それに代わるチャレンジ企画を考えています。ただ、あれを超える企画にしようと思うと、また親を呼べなくなりそうですけど(笑)。

 なんにしても、こうやって自由なことができる場をいただけるのは本当に楽しいですね。一人舞台は責任も大きいですが、いいものを作ればダイレクトに評価もしてもらえる。やりがいを感じています。

■家でも楽しんでほしい

――今までの公演と大きく異なることもある。新型コロナウイルスの感染拡大防止で会場の客席が半分しか使えない。だが一方で、配信も決定した。

中丸:客席が半分に減るということで、限られた予算のなかでいかに面白いものを作るか。配信も意識した演出にしなきゃいけないですし……それを考えるのは大変ではあるんですが、アイデア次第ではチャンスにもできるな、と思っています。せっかくだから、誰もやったことがない新しいテクノロジーを使ったことにも挑戦したい。そういう新しい機材の情報などは、日ごろから世界中のパフォーマーの映像をYouTubeでチェックしたりして、アンテナは張っていますね。もちろん、やりたいものがすべてできるわけではないんですが。

 でも、今まで以上にいろいろな人に見てもらえるのはうれしいです。今はまだ遠出をしたりするのが怖いという声もあると思うので、そんな人には家で安心して見ていただきたいですね。配信は新しい試みでもあるので、いつも僕のライブを友だちと一緒に見ているという人も、ぜひ配信もそれぞれの家で楽しんでいただけるとうれしいです(笑)。

――背中を丸め、ときに「えーと、なんだ……」と言葉を探りつつ、飄々(ひょうひょう)と語る姿に独特の存在感があり、どこか「アイドルらしくない」。そんな彼が作り上げるコントの世界も独特のセンスで構築されている。

中丸:僕、糸井重里さんがシナリオを担当している「MOTHER2」というゲームがめっちゃめっちゃ好きなんですよ。キャラクター設定や、セリフ、音楽、すべてにおいてセンスがすごくて、僕の人格形成に関わるくらい影響を受けているんです。僕が作るコントや、言葉のチョイスにも当然その影響はあると思います。

 こういうライブってどうしても、なんというか「アイドルがやることなんて、たかが知れてるでしょう」と見られてしまうと思うんです。そこを何とか覆したいというモチベーションはあります。ま、そう言いつつ、僕もしょうもないことをやっていたりもするんですが。だから、一番うれしい感想は「普通に面白かったよ」と言われることかな。僕も普通にうれしいです(笑)。ただ、身近な人には自分から進んで「見に来て」とは言ってない。恥ずかしいのと、手のうちを見られる感じが嫌なんです。

――KAT−TUNのメンバーも自分からは誘わない。KAT−TUNがホームなら、この舞台はあくまで個人の「ローカルな場」。そんな自由な場だからこそ出せた遊び心が、思いがけず、ホームとつながることもあった。

■オタ芸版をライブで

中丸:KAT−TUNの楽曲をいじるコーナーがあるんですけど、去年「Keep the faith」にオタ芸のコールを入れたオタ芸バージョンを作ったら、ものすごくウケたんですよ。もう、驚くほど笑ってくれて。それを会場で見ていた上田(竜也)くんが、「KAT−TUNのライブでやりたい」と言ってくれたんです。でも、僕はかっこいいKAT−TUNのイメージが崩れることを危惧して、僕の舞台にとどめた方がいいと思った。上田くんは、「それでもやったほうがいい」と強く言ってくれて。そうしたら、亀梨(和也)くんも納得して、去年発売したアルバムに、僕が歌詞をつけたオタ芸の曲も入れることになったんです。KAT−TUNのライブでやったら、またそこでも非常にウケて。加えて、自粛期間中にネット配信したライブでも、その歌を感染予防の替え歌バージョンにして、ファンの皆さんに楽しんでもらいました。一人で勝手に遊んでいたものが、いろいろな形で発展していくのは、不思議というか、面白いもんだなあと思いましたね。

――ライブの準備はコロナ以前から進めてきたことだが、外出自粛期間を経て思うことがある。

中丸:エンターテインメントに関わる者として、何もできなくて無力さも感じました。それで自分にできることを考えて、「ステイホーム4コマ漫画」を描いて、事務所の公式SNSにアップしたりしましたが……。エンタメってなくても生きていけるかもしれないけど、エンタメがないと人生はだいぶつまらない。僕自身がそう実感しました。この舞台も、息抜きの娯楽としてみなさんに楽しんでいただけたらうれしいです。

――公演中はどうリラックスしているのだろうか。

中丸:なんやかんや1日2回公演やったりすると、体力的にしんどくなってきたので、マッサージは必須ですね。最近、ずっと欲しかったものを買ったんです。半年くらいまったく服も買ってなかったので、気分転換の意味も込めて。「シューイチ」でベランピング(ベランダキャンプのこと)のグッズを紹介したんですが、僕もベランピングをやろうと、リクライニングできてゴロンと横になれる椅子を買いました。舞台で疲れたらそこに寝て日光浴してリラックスしたい。まだ届いてないんですが、今から楽しみにしています。

(構成 ライター・大道絵里子)

※AERA 2020年9月27日号

外部リンク