cat_12_issue_oa-CINRANET oa-CINRANET_0_it4gbuywrg8h_DC『ニンジャバットマン』が舞台化、なだぎ武がジョーカー役 it4gbuywrg8h it4gbuywrg8h DC『ニンジャバットマン』が舞台化、なだぎ武がジョーカー役 oa-CINRANET 0

DC『ニンジャバットマン』が舞台化、なだぎ武がジョーカー役

2020年12月7日 11:00 CINRA.NET

舞台『ニンジャバットマン ザ・ショー』が2021年10月13日から東京・池袋のTheater Mixaで上演される。

舞台『幽☆遊☆白書』『機動戦士ガンダム00』などをプロデュースするOffice ENDLESSによる同作。DCキャラクターのバットマンが日本の戦国時代にタイムスリップし、宿敵ジョーカーとバトルを繰り広げる姿を描いたワーナー ブラザース ジャパン製作のアニメーション映画『ニンジャバットマン』を舞台化する作品だ。

ジョーカー役を演じるのはなだぎ武。そのほかの配役は後日発表される。

『ニンジャバットマン ザ・ショー』は全92公演を上演。計21公演限定でプレミア公演が実施され、特典としてバットマンの「クナイ(ペーパーナイフ)」かジョーカーの「扇子」が付属するプレミアウィーク プレミア・チケットに加えて、プレミアウィーク ステージビュー・チケット、プレミアウィーク スタンド・チケットが用意される。プレミアウィークチケットは現在販売中。一般チケットは2021年6月25日10:00から販売される。

外部リンク

cat_12_issue_oa-CINRANET oa-CINRANET_0_5viauluiumm3_台湾ホラーゲームの映画版『返校』来年日本公開 Netflixドラマも配信開始 5viauluiumm3 5viauluiumm3 台湾ホラーゲームの映画版『返校』来年日本公開 Netflixドラマも配信開始 oa-CINRANET 0

台湾ホラーゲームの映画版『返校』来年日本公開 Netflixドラマも配信開始

2020年12月5日 17:00 CINRA.NET

映画『返校(原題)』が2021年7月に日本公開。またNetflixオリジナルシリーズ『返校 -DETENTION-』が12月5日からNetflixで配信されている。

『第56回金馬奨』主要12部門にノミネートし、最優秀新人監督賞を含む最多5部門を受賞した同作は、台湾で2017年に発売されたホラーゲーム『返校 -DETENTION-』を映画化したもの。40年に及ぶ負の歴史を描いたことで、1月に行なわれた台湾総統選挙に影響を及ぼすなど、台湾では社会現象になっているとのこと。日本では10月に劇場公開を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で延期となっていた。

1962年の独裁政権下の台湾を舞台にした同作のあらすじは、翠華高校に通う女子高生ファン・レイシンが、政府から禁じられた本を読む読書会のメンバーで秘かにファンを慕う男子学生ウェイ・ジョンティンと出会い、協力して学校からの脱出を試みるが、外に出ることができず、学校で起こった政府による暴力的な迫害事件とその原因を作った密告者の真相に近づくというもの。ワン・ジン、ツォン・ジンファ、フー・モンボー、チョイ・シーワン、チュウ・ホンジャンがキャストに名を連ねている。監督はジョン・スー。

外部リンク

cat_12_issue_oa-CINRANET oa-CINRANET_0_2o1dky86q404_今年を振り返る『SHINPA』トークイベントに二宮健、前野朋哉、松本穂香ら 2o1dky86q404 2o1dky86q404 今年を振り返る『SHINPA』トークイベントに二宮健、前野朋哉、松本穂香ら oa-CINRANET 0

今年を振り返る『SHINPA』トークイベントに二宮健、前野朋哉、松本穂香ら

2020年12月5日 13:00 CINRA.NET

イベント『SHINPA the Satellite Series #3 -Talk Sessions 2020-』が12月29日に東京・LOFT9 SHIBUYAで開催される。

映画監督の二宮健を中心に2014年にスタートした上映イベント『SHINPA』。今回は『SHINPA the Satellite』シリーズ第3弾として映画人が2020年を振り返るトークイベントを行なう。オンラインでも実施。MCは二宮健、前野朋哉が務め、『SHINPA』公式アンバサダーとして松本穂香が登壇する。

トークセッション『SHINPA 在宅映画制作 大座談会!!』には、アベラヒデノブ、岩切一空、大野キャンディス真奈、川島直人、菊地健雄、小村昌士、近藤啓介、佐津川愛美、篠原悠伸、達上空也、田中浩美、中村祐太郎、野崎浩貴、深田晃司、松居大悟、嶺豪一、安川有果、渡辺大知が出演。

トークセッション『2020→2021』には白石和彌、中野量太、行定勲ら、特別講演『現代映画の動向 #2』には河村光庸が登場。小林達夫、二宮健、松田直樹による『Radio Junk Lounge』公開収録も行なわれる。

恒例企画『KCP』には吉本実憂、柴田貴哉らが出演。近藤啓介、大野キャンディス真奈、鈴木太一、中村祐太郎の4監督がイベント期間中に計4本の短編作品を完成させ披露する。当日は監督、出演者も登壇。

配信チケットはキャスマーケットで販売中。前売チケットはPeatixで12月6日12:00から販売開始する。

外部リンク

cat_12_issue_oa-CINRANET oa-CINRANET_0_s6bwogq51x4e_TEAM NACSがアイヌ文化を体験する『ハナタレナックスSP』がBS朝日で放送 s6bwogq51x4e s6bwogq51x4e TEAM NACSがアイヌ文化を体験する『ハナタレナックスSP』がBS朝日で放送 oa-CINRANET 0

TEAM NACSがアイヌ文化を体験する『ハナタレナックスSP』がBS朝日で放送

2020年12月5日 12:00 CINRA.NET

12月9日にHTBで放送されるバラエティー番組『ハナタレナックスSP ウポポイに隠された美しき宝を探せ!』が、2021年1月17日にBS朝日で放送されることがわかった。

大泉洋、森崎博之、安田顕、戸次重幸、音尾琢真といったTEAM NACSのメンバー全員が出演する唯一のバラエティーとして知られ、全国放送を望む声が多く寄せられているという同番組。

番組では、アイヌ文化の復興と発展の拠点として、7月に北海道・白老町に誕生した民族共生象徴空間「ウポポイ」のオフィシャルサポーターを務めるTEAM NACSが、広大な敷地の各所に散りばめられた謎解きゲームに挑戦。また基本的なアイヌ語から伝統舞踊、楽器、工芸、風習、料理などを通じてアイヌ文化を体験する様子が展開される。撮影は「ウポポイ」全面協力のもと、休館日の施設を1日貸し切って行なわれた。

星悠平プロデューサーのコメント

HTBの深夜バラエティー番組「ハナタレナックス」がゴールデンタイムにお邪魔します!ゴールデンだからといって決して余所行きの格好をするのではなく、ハナタレらしいおバカな姿勢を忘れずに、北海道の新スポット・ウポポイの魅力をどうやって伝えるかということに重点を置きました。
等身大の5人の茶目っ気あるトークに、謎解きミステリーという仕掛けと、アイヌ文化の基礎知識が楽しく学べる教育要素が加わり、これまでにない新感覚の知的教養バラエティーに仕上がったと手応えを感じています。

外部リンク

cat_12_issue_oa-CINRANET oa-CINRANET_0_14pw9oheg8vs_米津玄師の“感電”&イラスト使用 Apple Music新広告 14pw9oheg8vs 14pw9oheg8vs 米津玄師の“感電”&イラスト使用 Apple Music新広告 oa-CINRANET 0

米津玄師の“感電”&イラスト使用 Apple Music新広告

2020年12月4日 19:00 CINRA.NET

Apple Musicの新たな広告キャンペーン『心動かすあの音楽を、いつでも手の中に。』が12月4日からスタートしている。

同キャンペーンでは、米津玄師のアルバム『STRAY SHEEP』の収録曲“感電”と、米津玄師が『STRAY SHEEP』のために描き下ろしたイラストを使用。イラストに描かれたクリスタルを「彼の音楽に込めた想い」そのものと捉え、その想いがApple Musicとのコラボレーションを通じて、世界中へと拡散し、人々の心へと届いていく様子を表現しているという。

なお、アルバム『STRAY SHEEP』はApple Digital Mastersに対応している。


外部リンク

cat_12_issue_oa-CINRANET oa-CINRANET_0_4jvsocbcjn3x_福田雄一監督、大泉洋ら出演 ドラマ『新解釈・三國志-異聞-』Huluで配信 4jvsocbcjn3x 4jvsocbcjn3x 福田雄一監督、大泉洋ら出演 ドラマ『新解釈・三國志-異聞-』Huluで配信 oa-CINRANET 0

福田雄一監督、大泉洋ら出演 ドラマ『新解釈・三國志-異聞-』Huluで配信

2020年12月4日 18:00 CINRA.NET

福田雄一監督のドラマ『Huluオリジナルストーリー「新解釈・三國志-異聞-」』が12月12日からHuluで配信される。

福田雄一が監督を務めた映画『新解釈・三國志』は、西暦約200年の中国・後漢の時代を舞台に、魏、呉、蜀の3国が中国の覇権を巡る史実をまとめた書物『三国志』を「福田流の新解釈」で実写映画化するもの。主人公となる蜀の武将・劉備玄徳役を大泉洋、蜀を導く天才軍師・諸葛亮孔明役をムロツヨシ、仁義に生きる豪傑・関羽役を橋本さとし、怪力の猛将・張飛役を高橋努が演じる。12月11日から全国公開。

全7話で構成される『Huluオリジナルストーリー「新解釈・三國志-異聞-」』は、「三顧の礼」をはじめとする様々な逸話を自由な解釈でドラマ化するもの。12月12日から配信される第1話『三顧の礼の計画』には劉備 、関羽、張飛が登場し、故事の裏で劉備と関羽と張飛が「脱線しまくりの綿密な打ち合わせ」の様子を繰り広げる様を描く。同日から配信される第2話『水魚の交わり』には劉備 、関羽、張飛に加えて諸葛亮孔明が登場。

12月19日から配信される第3話『曹操軍の赤壁前夜』と第4話『曹操からのプレゼント』は、磯村勇斗演じる荀彧、阿部進之介演じる夏侯惇、一ノ瀬ワタル演じる許褚が登場。『曹操軍の赤壁前夜』は「赤壁の戦い」の前夜に曹操軍の戦略の「大きな穴」の発覚から物語が展開し、『曹操からのプレゼント』は、3人が曹操から贈られてきたプレゼントに思いを巡らせるうちに大喜利大会に突入するというあらすじ。

12月26日から第5話『苦肉の計』、第6話『周瑜と小喬』、第7話『董卓の食べたいもの』が配信。『苦肉の計』は、賀来賢人演じる周瑜と矢本悠馬演じる黄蓋が曹操の大軍を討ち破るための「苦肉の計」を編みだすまでの一部始終を映し出す。『周瑜と小喬』は周瑜と山本美月演じる小喬が曹操軍を足止めするための秘策を妄想するというストーリー。『董卓の食べたいもの』は佐藤二朗演じる日々の贅沢な食事に飽きた暴君・董卓が、流行りの外来の食べ物を手に入れるよう部下に命令するというあらすじで、山本泰弘、保坂聡も出演する。全話のナレーターは徳島えりかが担当。

外部リンク

cat_12_issue_oa-CINRANET oa-CINRANET_0_34jindzhj5no_『燃ゆる女の肖像』評 視線の交差で溶け出す関係、心を燃やす炎 34jindzhj5no 34jindzhj5no 『燃ゆる女の肖像』評 視線の交差で溶け出す関係、心を燃やす炎 oa-CINRANET 0

『燃ゆる女の肖像』評 視線の交差で溶け出す関係、心を燃やす炎

2020年12月4日 12:01 CINRA.NET

※本記事は『燃ゆる女の肖像』の内容に関する記述が含まれています。あらかじめご了承下さい。

画家の視線に込められた記憶を映す。鑑賞者に背を向けた「燃ゆる女」の肖像


暗闇の中、一人の女が佇んでいる。彼女はこちらを振り向きはしない。世界の広大さに一人で向き合っているかのような、孤独な背中である。今夜の空には満月が昇り、清涼な光で女を照らす――だが、女の影は、月光の進路とは反対側に伸びている。女のスカートの裾に、あかあかと火が燃えているからだ。遠い月よりもはるかに強い光で、炎は女を照らし出していた。

スカートは風になびき、炎は燃えている。急いで消さねば、すぐに燃え広がり、炎は女の心臓まで焼き尽くしてしまうだろう。だが、女は奇妙なほど静かである。心臓まで燃える想像は、女にどこかで期待を抱かせているのかもしれない――全てが燃えたら、どうなってしまうのか?

冴え冴えと冷えた暗闇の中で、女はその答えを知らない。

これは一枚の絵だ。タイトルは『燃ゆる女の肖像』。おおよそ「肖像画」という言葉から想像されるような絵――モナリザのように正面に顔を向け、鑑賞者を見つめて微笑む人物のポートレイト――とは全くかけ離れた作品だ。そもそも「燃ゆる女」は鑑賞者に背を向けているから、彼女と鑑賞者の視線が交錯することはない。

しかしそれでいいのだ。大事なのは、鑑賞者と「燃ゆる女」の関係ではない。この絵と同じ名前の映画、『燃ゆる女の肖像』は、遠くから彼女の背を見つめるもう一つの視線――画家の視線に込められた記憶を、丁寧に映し出す作品である。


舞台は一八世紀のフランス、ブルターニュ地方。荒波の中に浮かぶとある孤島に、主人公の画家・マリアンヌは、真っ白なキャンバスを抱えてやってきた。この島に住む伯爵夫人から、肖像画の依頼を受けたためである。モデルは伯爵夫人ではない。その次女、エロイーズだ。

「娘はミラノの男性と結婚させる」。伯爵夫人はそう話す。「ミラノの男性」とエロイーズは会ったことすらないが、すでに結婚は決定事項である。本来この男に嫁ぐはずだったのはエロイーズの姉であったが、彼女は結婚を拒み、崖から身を投げて自死してしまった。この男に向けて、エロイーズは顔見せをしなければならない――マリアンヌが描く肖像画を通じて。


男性の名前を使わねば作品の発表もままならなかったこの時代、「女性画家」であるマリアンヌにわざわざ依頼が回ってきた理由が、ここにある。エロイーズは姉同様、結婚を拒否しているらしいのだ。以前男性の画家がマリアンヌと同じ依頼を受けてこの島へやってきたが、エロイーズは激しく警戒し、決して顔を見せようとしなかった。女性であるマリアンヌならば、画家ではなくエロイーズの散歩相手として接近し、その姿を肖像画に描き起こすことができるだろう……。そう考えた伯爵夫人は、マリアンヌに肖像画の作成を依頼したのである。


視線の交錯によって溶け出す関係。二人の火が燃え始める


一八世紀――いや今だってそうだし、それ以前だってずっとそうだったが――の「女」たちは、絶えず一方的な視線の中にいた。「女」「娘」「花嫁」、その視線の前に出たとき、人は記号に成り果ててしまう。見られているのは人としての在り方ではなく、いつだって記号に必要なステータスだけだ。顔はいいか、出自はいいか、健康か、家政ができるか。もっと直接的に言うなら、「妻」「母」としての資格を、値踏みされている。足りないならいらない。選ぶのはいつも「見る」者の側だ。

エロイーズはまさに、望まぬ視線の只中にいる。エロイーズの肖像を待つミラノの男。娘に結婚を強いる母。そして、そこに加担してしまったマリアンヌ。マリアンヌとの関係にわずかな期待を寄せ始めていたエロイーズは、だからこそマリアンヌがエロイーズを盗み見て完成させた肖像画を強く拒絶した。これは私ではありません。記号として扱われ続けてきたエロイーズは、一度だってマリアンヌの前で見せたことのないポーズで、一度だってマリアンヌの前で見せたことのない表情で、架空の自分を描かれることに耐えられなかったのだ。そんなことをするぐらいなら、対等な視線で、暴きあって欲しかった。


エロイーズはマリアンヌを島から追い出すのではなく、肖像画の描き直しを要求し、今度は自分がモデルになると申し出た。椅子に腰掛け、画家の前にやってきたエロイーズは、自分を見つめるマリアンヌを、まっすぐに見つめ返す。「画家」と「お嬢様」という関係は、視線の交錯によって溶け出した。肖像画の描き直しに与えられた猶予は五日間。伯爵夫人が本土へ出かけ、帰ってくるまでのわずかな期間である。それはとても短い。しかし、火はすでに燃えている。二人の心臓が、焼けつくように高鳴る。

この関係が永遠ではないと知っている。それでも決して「儚い」とは形容したくない


この五日間の様子が、それはもう、愛おしい。絵を描くだけではない、ただ視線で暴きあった生身の人間としてのコミュニケーションが、そこにはふんだんに描かれている。エロイーズ、マリアンヌ、そして召使いのソフィは、三人でワインを飲み、カード遊びに興じ、ギリシャ神話の一つ、オルフェウスの物語を解釈して楽しむ。そしてエロイーズとマリアンヌは、望まぬ妊娠をしてしまったソフィの堕胎を手伝う過程で、次第に自分の心臓を燃やす火を無視できなくなっていった。気がついたときには、唇が触れあっていた。どちらからともなく服を脱がせあい、肌を寄せていた……。二人は理解している。互いがどれほど互いを愛しているか。そして今二人で作り上げている肖像画が、何のためにあるのか。この関係性が永遠ではないのだと知っていて、それでももう、情熱を止めることはできなかったのだ。


短いランデブーがどのような終わりを迎えるのか、ここでは語らないでおこう。ただ、あの島で交わった視線のこと、二人が間違いなく愛し合っていたことを、「儚い」とは絶対に形容したくない。あんなに強くて熱い炎が、死ぬまで魂に残ったはずのあの火が、そうも弱いわけがない。魂に火を抱かずに死ぬ人の方が、世の中にはよほど多いはずではないか。二人に終わりが来ること自体は、あまりにも苦しく、むごく、悲しいことだが、それでもたぐいまれな火は、その後の二人の人生を温め続けた。それが何の慰めになろうか、と言いたくなるような時代の物語ではある。だが、それでも、その火はこの上なく尊い。それだけは絶対に、間違っていない。


女性の目、クィアの目で、歴史を語り直すこと。時代もののレズビアン映画としての意義


最後に重要なことを書き添えておかねばならない。一八世紀という女性・クィアにとって間違いなく受難の時代であった時期を舞台に、こうも見事なレズビアン映画が作られたという事実を、大きく祝福したいのである。

古い時代の史料から、同性同士の愛のしるしを見出す行為は、あらゆる意味で困難であり、それゆえに歴史の教科書のほとんどは、異性愛規範の内側に身を置いた者たちによって占有されている(ように可視化される)。だからこそ、フィクションの力が必要なのだ。あらゆる時代のあらゆる場所を、女性の目で、クィアの目で、語りなおす物語が、そこにいたかもしれないたくさんの他者の存在を、われらに想像させる。『燃ゆる女の肖像』もまた、誰かにとっては、自分に近い立場に置かれた者たちの姿に歴史的系譜を感じ、勇気が湧いてくるような作品となるだろうし、また別の誰かにとっては、考えたこともない不自由な場所に生きた人たちの姿に、新たな視界を開く契機を得る作品になるだろう。

迷っているなら、見た方がいい。燃ゆる女たちは、あなたのことも見つめようとしている。あなたが女たちを見つめ返すとき、きっとその火は、あなたにも燃え移る。

出典: YouTube


(文/高島鈴)

外部リンク

cat_12_issue_oa-CINRANET oa-CINRANET_0_yzll8ro189y2_竹内まりや×広末涼子23年ぶりコラボ曲はNHK『みんなのうた』“キミの笑顔” yzll8ro189y2 yzll8ro189y2 竹内まりや×広末涼子23年ぶりコラボ曲はNHK『みんなのうた』“キミの笑顔” oa-CINRANET 0

竹内まりや×広末涼子23年ぶりコラボ曲はNHK『みんなのうた』“キミの笑顔”

2020年12月4日 12:00 CINRA.NET

広末涼子の楽曲“キミの笑顔”が、NHK『みんなのうた』12月1月期に放送される。

竹内まりやが書き下ろし、広末涼子が歌う同曲は本日12月4日に配信リリース。広末涼子が過去のインタビューで語った「『たくさん笑っている人ほど人の苦しみや悲しみを知っている』っていう説を信じています」「私は人が笑っている場所が好きで、みんなを笑わせたくて生きているようなものなので」という内容に竹内まりやがインスピレーションを受けて制作されたという。

竹内まりやは広末涼子のデビューシングル『MajiでKoiする5秒前/とまどい』をはじめ、4曲を書き下ろしており、その後も広末涼子主演の映画主題歌を担当するなど過去23年間で4回ほどコラボレーションしている。

広末涼子のコメント

まりやさんと、久しぶりにご一緒させていただくことが嬉しいです。私がいまこのタイミングでうたを歌うなら、昔、私のうたを聞いてくれていた世代と、それを知らない子供ども達の世代、両方にアプローチできたらいいなと思っていました。
今回、みんなのうたと、まりやさんと、私という、とても幅や広がりのあるコラボレーションのチャンスをいただけたことがすごく嬉しいです。
新曲「キミの笑顔」は、最初のワンフレーズから心を掴まれて涙が出そうで。まりやさんは、難しい言葉や言い回しを使わないのに、私たちが言葉では表現できない想いを歌で届けてくださいます。
最後の“Laughter is the best medicine”というフレーズにもあるように、人をあたたかい気持ちにさせてくれたり、救ってくれたり、みんなのお薬になるようなうたになっていると思います。たくさんの方に聴いていただいて、元気になってもらえたら嬉しいです

竹内まりやのコメント

「みんなのうた」で広末涼子さんが歌う楽曲を私が書くことに決まった時、イメージの中に真っ先に出てきたのは、「たくさん笑っている人ほど痛みや苦しみを知っていると思うんです」という彼女自身の話した言葉でした。
こんな不安な時代だからこそ、世代を超えて誰もが励まされるような温かい楽曲にしたいと願って作りましたが、3児の母親となり40代を迎えた広末さんの優しく包み込むような歌声によって、それがみごとに実現できました。デビュー曲以来、23年ぶりに彼女と音楽でご一緒できたことを本当に嬉しく思っています。歌に込めた私達の想いがきっと皆さんの心に届きますように。

外部リンク

cat_12_issue_oa-CINRANET oa-CINRANET_0_p5lnuwvh2y8h_『セーラームーン』“ムーンライト伝説”“乙女のポリシー”などサブスク解禁  p5lnuwvh2y8h p5lnuwvh2y8h 『セーラームーン』“ムーンライト伝説”“乙女のポリシー”などサブスク解禁  oa-CINRANET 0

『セーラームーン』“ムーンライト伝説”“乙女のポリシー”などサブスク解禁 

2020年12月4日 12:00 CINRA.NET

アニメーション作品『美少女戦士セーラームーン』の関連楽曲が本日12月4日から各サブスクリプションサービスで配信されている。

1991年から1997年にわたって『なかよし』で連載された武内直子の漫画『美少女戦士セーラームーン』。1992年から1997年まで続いたテレビアニメシリーズは40か国以上の国で放送されている。劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』前編が1月8日、後編が2月11日に公開。

今回配信されるのは、ももいろクローバーZが歌う劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』の主題歌“月色Chainon”をはじめ、“ムーンライト伝説”“プリンセス・ムーン”“乙女のポリシー”“タキシード・ミラージュ”““らしく”いきましょ”“セーラースターソング”“愛の戦⼠”“ラ・ソウルジャー”“流れ星へ”“とどかぬ想い-my friend's love-”“Moon Revenge”“Moonlight Destiny”“Morning Moonで会いましょう”“HEART MOVING”の15曲。

出典: YouTube

外部リンク

cat_12_issue_oa-CINRANET oa-CINRANET_0_pldhiw17qj7x_『鬼滅の刃』1億冊感謝記念広告が新聞5紙の朝刊4面に掲載 作者の言葉も pldhiw17qj7x pldhiw17qj7x 『鬼滅の刃』1億冊感謝記念広告が新聞5紙の朝刊4面に掲載 作者の言葉も oa-CINRANET 0

『鬼滅の刃』1億冊感謝記念広告が新聞5紙の朝刊4面に掲載 作者の言葉も

2020年12月4日 00:00 CINRA.NET

『鬼滅の刃』のコミックス累計「1億冊感謝記念広告」が、本日12月4日付の全国紙全5紙の朝刊4面にわたって掲載される。

12月4日に完結巻となる23巻が発売される吾峠呼世晴の漫画『鬼滅の刃』。コミックス累計1億部を突破したことを記念する広告には、竈門炭治郎、竈門禰豆子、我妻善逸、嘴平伊之助、栗花落カナヲに加えて鬼殺隊の柱たちが登場している。

読売新聞には竈門炭治郎、栗花落カナヲ、悲鳴嶼行冥、朝日新聞には我妻善逸、竈門禰豆子、時透無一郎、毎日新聞には冨岡義勇、胡蝶しのぶ、宇髄天元、産経新聞には嘴平伊之助、不死川玄弥、不死川実弥、日本経済新聞には煉獄杏寿郎、甘露寺蜜璃、伊黒小芭内がそれぞれ登場する。

さらに作者・吾峠呼世晴による感謝のメッセージが掲載。「応援してくださった皆さま、本当にありがとうございます。たくさんの方に助けていただき、支えていただきました。皆さまの歩く道が幾久しく健やかで、幸多からんことを心から願っております」と綴られている。

外部リンク