cat_1_issue_entertainment @linenews_0_25e7dbd51c8e_"女子高生ミスコン"萩田帆風&半澤楓、久々の2ショットに歓喜の声 25e7dbd51c8e 0

"女子高生ミスコン"萩田帆風&半澤楓、久々の2ショットに歓喜の声

2019年2月23日 17:23 dwango.jp news

2018年3月に実施された「女子高生ミスコン2017-2018」で準グランプリを受賞した萩田帆風と、同コンテストで審査員特別賞を受賞した半澤楓が久しぶりに2ショットを公開。ファンから絶賛の声があがっています。

動画共有アプリ「TikTok」へ投稿した動画がいくつもおすすめ動画に選ばれるなど、10代の女性を中心に人気を集めている2人。

ファンからは「ざわぴぴ大好き」「ざわぴぴ最強コンビやね」「2人とも可愛くて大大大好き」と、歓喜の声が殺到しました。

cat_1_issue_entertainment @linenews_0_7a2468331079_藤田ニコル、YouTube開設を発表「お手柔らかにお願いします」 7a2468331079 0

藤田ニコル、YouTube開設を発表「お手柔らかにお願いします」

2019年2月23日 16:25 モデルプレス

モデルの藤田ニコルが23日、YouTubeを開設したことをTwitterで報告しました。すでにTwitter、Instagramも併用していますが今回YouTubeを始めることにした理由は、大好きなコスメやメイクプロセスを今まで以上に丁寧に紹介するため。

YouTube開設にあたり、自宅で自ら撮影し編集することを条件にマネージャーの許可を得たそうで、「初心者なので、お手柔らかにお願いします」と呼びかけ、改めて自己紹介しました。ファンからは「待ってました!嬉しいです」「にこるんの配信楽しみ」など喜びと期待の声が続々と上がっています。

cat_1_issue_entertainment @linenews_0_104d90576a41_小嶋陽菜、"被り物"で遊ぶ姿に絶賛の声続々「超絶可愛い」 104d90576a41 0

小嶋陽菜、"被り物"で遊ぶ姿に絶賛の声続々「超絶可愛い」

2019年2月23日 15:47 RBB TODAY

小嶋陽菜が23日、自身のTwitterを更新。被り物で遊ぶ様子を公開し、ファンの間で「かわいすぎる」と話題になっています。小嶋は「やばいものを作ってしまったのでHappybag1.5verに入れておきました 耳みじかい」とつづると、猫のような被り物をかぶり、耳をピョコピョコと動かして遊ぶかわいらしい姿を披露しました。

このグッズは小嶋がプロデュースするポップアップショップ「22;market」の商品で、小嶋曰く、同日販売開始となった詰め合わせセット「Happy bag」に商品の1つとして入っているものだといいます。動画を見たファンからは「超絶可愛い」「最高」と絶賛のコメントが多数寄せられています。

cat_1_issue_entertainment @linenews_0_f32decb28e97_橋本環奈、ガッキーを抑えた最強"コメディエンヌ"1位は? f32decb28e97 0

橋本環奈、ガッキーを抑えた最強"コメディエンヌ"1位は?

2019年2月23日 15:09 ORICON NEWS

ORICON NEWSが、コミカルな演技が印象的だと思う女優を調査した、最強"コメディエンヌ"ランキングを発表。ドラマ「ホタルノヒカリ」「きょうは会社休みます。」「義母と娘のブルース」など、数多くの作品でユニークなキャラクターを演じ分け、自身も飾らない人柄が親しまれている、綾瀬はるかが1位となりました。

2位は、映画「銀魂」「斉木楠雄のΨ難」やドラマ「今日から俺は!!」などで、演技の幅の広さを視聴者に見せつけた橋本環奈。3位にはドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」「リーガルハイ」シリーズなど、コメディー作品への出演が多い新垣結衣が選ばれました。

cat_1_issue_entertainment @linenews_0_f8c292271daa_"美しすぎる囲碁棋士"黒七段、日本でのタレント活動に意欲 f8c292271daa 0

"美しすぎる囲碁棋士"黒七段、日本でのタレント活動に意欲

2019年2月23日 14:37 スポニチ

囲碁の「ワールド碁女流最強戦2019」のトーナメント1回戦が22日、都内の日本棋院で行われました。20日に仲邑菫さん(9)と対局した台湾の女性トップ囲碁棋士黒嘉嘉(こく・かか)七段(24)が登場、日本の上野愛咲美女流棋聖(17)に勝利しました。

台湾でトップモデルとしても活躍する黒七段は"美しすぎる囲碁棋士"と注目が集まっています。「碁に集中していて(注目を)あまり感じていない」と語りましたが、日本でのタレント活動の可能性について「機会があればぜひ」と意欲を示しました。

cat_1_issue_entertainment @linenews_0_bf9b34063382_藤井隆、妻・乙葉との馴れ初め語る プロポーズ秘話も bf9b34063382 0

藤井隆、妻・乙葉との馴れ初め語る プロポーズ秘話も

2019年2月23日 14:16 モデルプレス

22日放送のTBS系バラエティー番組「A-Studio」に、タレントの藤井隆が登場。妻でタレントの乙葉との出会いやプロポーズについて明かしました。妻・乙葉との出会いのきっかけは2014年まで放送されていた「笑っていいとも!」の忘年会。同じ場にいるもののあまり関わりがなかった乙葉を、タレントの関根勤が藤井のところに呼び「お話したら?」と引き合わせてくれたといいます。

その後はお笑いタレントの木村祐一などが間に入ってくれたことで、見事ゴールイン。プロポーズが片膝をついて行うスタイルだったことを笑福亭鶴瓶に明かされると、大爆笑した藤井。「海外ドラマで見てて」と映画のようなプロポーズを行ったことを認めた藤井ですが、「照れくさいから…」とロマンチックというよりも照れ隠しだったと回想しました。

cat_1_issue_entertainment @linenews_0_dc9119d22d58_間寛平の長男・慎太郎が「グッドワイフ」に出演 丸山智己も登場 dc9119d22d58 0

間寛平の長男・慎太郎が「グッドワイフ」に出演 丸山智己も登場

2019年2月23日 13:24 ORICON NEWS

お笑いタレント・間寛平の長男・間慎太郎が、24日放送のTBS系日曜劇場「グッドワイフ」第7話に出演することがわかりました。主人公・杏子(常盤貴子)の夫・壮一郎(唐沢寿明)の収賄事件で重要なカギを握る内閣府の職員・家入繁明役を演じます。

慎太郎はシンガー・ソングライターとして活動するかたわら、ドラマやバラエティー番組でも活躍。また第7話から神山多田法律事務所のパラリーガル・円香みちる(水原希子)の過去を知る謎の男・木内幸久役で丸山智己も出演します。

cat_1_issue_entertainment @linenews_0_da4d71e9cb8c_小林麻耶さん、舌がん公表の堀ちえみに「心から祈っています」 da4d71e9cb8c 0

小林麻耶さん、舌がん公表の堀ちえみに「心から祈っています」

2019年2月23日 12:57 RBB TODAY

小林麻耶さんが22日、自身のブログを更新し、ステージ4の舌がんを公表した堀ちえみに言及しました。この日の夜、麻耶さんは「コメントで心配されている方もいらっしゃいました。私も心から祈っています。祈ることしかできませんが、祈ります」と切り出しました。

続けて「今夜は、金スマを観たいと思います」と、22日に放送された堀が出演する「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS)を見ることを報告した麻耶さん。そしてブログは「手術の成功と回復を心から祈っています」とのメッセージで締めくくられました。

cat_1_issue_entertainment @linenews_0_676682bcd5f3_朝ドラ「まんぷく」大谷亮平の"激昂する姿"に視聴者称賛 676682bcd5f3 0

朝ドラ「まんぷく」大谷亮平の"激昂する姿"に視聴者称賛

2019年2月23日 12:44 クランクイン!

NHK連続テレビ小説「まんぷく」が23日に放送され、まんぷくラーメンの偽物を作る会社に乗り込んだ真一(大谷亮平)が激昂する姿に、視聴者から「キャラ崩壊」「愛おしすぎるw」などの声がSNSに寄せられました。

怒りに任せて叫び続ける大谷の演技に、視聴者からは「視聴者の思う通り怒ってくれた!」「真一さんサイコー」などの称賛の声が殺到。さらに普段は穏やかな真一が声を張り上げて怒りをあらわにする姿に、SNS上には「祝・真一さん、キャラ崩壊」「我を見失った真一さん面白すぎて」「真一さんまさかの激昂してて笑っちゃった」などのコメントも寄せられました。

cat_1_issue_entertainment @linenews_0_26f25bc899a1_ピース又吉、初長編作の"11年越し"映画化に「不思議な気分です」 26f25bc899a1 0

ピース又吉、初長編作の"11年越し"映画化に「不思議な気分です」

2019年2月23日 12:18 ORICON NEWS

ピースの又吉直樹が23日、都内で行われた映画「凜-りん-」の公開記念舞台あいさつに登壇しました。原作は自身が初の長編として書き下ろし。2007年に舞台化されましたが、映画化は11年越しで前日に公開され、「皆さんの若さやパワーが伝わってくる。(映画化は)うれしかったですね、不思議な気分です」と感慨深げに語りました。

同作は「100年に1度、村から子どもが消える」という伝説が伝わる村の学校を舞台に、仲間の消失という不思議な現象に脅かされる高校生たちを描く青春群像サスペンス。又吉は脚本監修も担当しました。芥川賞受賞作「火花」より前に書き上げており、映画化までは想定していなかったという又吉。"神隠し"がキーワードの作風になぞらえて「まだこのミステリーは続いてる。綾部(祐二)が消えてしまった…」と、相方イジりも忘れませんでした。

続きはアプリで、快適に LINENEWS