女性がリードするのが特徴! 斬新な「恋愛応援アプリ」が登場

01.20 22:37 THE BRIDGE

顔写真を左右にフリックするだけで好みの男性をお気に入り登録できる、女性向けの恋愛応援アプリ「Poiboy(ポイボーイ)」が登場。男性をタイプでグループ分けしたり、女性ユーザー同士でオススメし合う機能もあります。

男性がリードする既存サービスが多い中、同アプリは女性が男性を「お気に入り」にした時点で、初めてメッセージのやり取りが可能になる仕組み。今後は男性向けにも新たな機能を加える方針だといいます。

ネット上では「斬新」「期待してる」などの一方で、男性からは「男からすると怖いw」「すぐ捨てられそうや」との声も。また「男女逆なら炎上しそう」「女性側からというコンセプトは悪くない」という意見もありました。

日本上陸! 新メディア「BuzzFeed Japan」が公開

01.20 17:52 BLOGOS

20日、新メディア「BuzzFeed Japan」の正式公開に合わせ、記者発表会が開催されました。代表取締役社長・高田徹氏、米「BuzzFeed」のベン・スミス編集長、創刊編集長の古田大輔氏が出席。

2006年設立の「BuzzFeed」は、"バズる(ソーシャルメディアなどで拡散しやすい)"話題を中心に扱っており、楽しく分かりやすいコンテンツにするため、テクノロジーと詳細なデータ分析を駆使していることなどが特徴。

会見で古田氏は、各国版の知見を日本版に活かすと同時に、日本のユニークさを強調したコンテンツを作成するとコメント。福島原発ルポのような硬派な記事と、柔らかいコンテンツの両面を展開するという方針を示しました。

公開された日本版のサイトはこちらから。

iPhone6sのバッテリー残量表示に不具合…対処法は?

01.20 13:56 iPhone mania

iPhone6s/6s Plusで、ステータスバーのバッテリー残量が正しく表示されない不具合があるとして、Appleが対処方法を公開しました。

この問題は、時刻の設定を手動で変更した場合などに発生することがあるとのこと。対処法として、iPhoneを再起動し、設定で[一般]→[日付と時刻]→[自動設定]をオンにすることが紹介されています。

Appleは現在、問題の原因と解決法を調査中。なお他モデルでの同様の報告はなく、iPhone6s/6s Plusにのみ発生する問題のようです。

Apple、Wi-Fiより100倍速い「Li-Fi」をテスト中か

Appleが、Wi-Fiの100倍の通信速度を誇る技術「Li-Fi」をテスト中かもしれないと、ニュースメディア「Apple Insider」が報じています。

Li-Fiテストの痕跡らしき文字列がiOS 9.1の中から見つかったことから判明。しかし、Appleがいつ頃製品に取り入れるのかは現時点で不明です。

Li-Fiはすでに1Gbps(ギガビット毎秒)での通信テストに成功しており、理論上では224Gbpsまで通信可能。しかし「壁を超えられない/屋外で利用しにくい」などの弱点もあり、製品化へはまだ時間がかかるとみられています。

規制の穴?飛行機で他の乗客と"席を交換できる"アプリ

01.17 23:04 THE BRIDGE

搭乗前にしかできない飛行機の座席交換。アメリカ発のスタートアップが開発したアプリ「Seateroo」を使えば、搭乗後でも客同士だけで席を交換できるそうです。

席を譲りたい人が自分の席番号を入力し、譲る価格を設定したらオファーを待つだけ。

機内の席交換については、特に規制する法律などがないため、今回のようなサービスの提供が可能なのだそうです。

定額聴き放題配信の定着は"筋肉質"なユーザーがカギ?

01.17 22:36 amanaimages

「Apple Music」や「AWA」など、音楽の定額配信市場が盛り上がっていますが、課題なのが課金制度。「音楽はタダ」との認識が広まる中で定額配信を浸透させるには"筋肉質"なユーザーを増やすことが重要といいます。

ポイントは、ライトユーザーではなく頻繁に使う"筋肉質"なユーザー。事業展開する企業もユーザーごとにアルゴリズムを割り当て、各人にあった情報を提供するなどサービスを向上させていくそう。

フィナンシャル・タイムズによると「Apple Music」の有料会員数が開始6カ月で1000万人を突破したとレポート。現在、世界トップを走るのは有料会員2000万人以上の「Spotify」です。

日本初の自動運転が実現 テスラがソフトウェア提供を開始

テスラモーターズは1月15日、同社が販売する電気自動車「テスラ モデルS」に向けて日本国内で自動運転を実現するソフトウェアの提供を開始したと発表しました。

今回提供されるのは、ウインカーを出すと車の周囲をセンサーが検知して自動で車線を変更する「オートレーンチェンジ」や、ハンドル操作無しで高速道路を走行する「オートパイロット」など三つの機能です。

自動運転機能は日本で初めて国土交通省の承認を受けて公道での利用が可能となるもの。同社は「日本の自動運転社会が現実として幕を開けました」とメッセージを掲載。

ドコモが「実質0円」廃止、スマホ値上げへ 新料金プランも

01.16 12:15 iPhone mania

NTTドコモが、iPhoneなどスマートフォンの販売価格を近いうちに1万から2万円程度引き上げ、「実質0円」での端末販売を見直すことが分かりました。

総務省が端末の過度な購入補助を適正化するよう求めたことに対応したもの。上げ幅は端末によって異なるものの、iPhoneなど実質0円で売られている端末を中心に値上げを行います。

ドコモは端末価格を上げるかわりに、今月末には月額料金を引き下げた新料金プランの発表を予定しているとのこと。

ヤマト運輸、LINEでお届け予定を通知 日時や場所の変更も

ヤマト運輸は1月19日より「LINE」の公式アカウントにおいて、荷物の問い合わせや再配達の依頼など、各種機能の提供を開始します。

ユーザーはクロネコメンバーズのクロネコIDとLINEを連携させることで「お届け予定メッセージ」と「ご不在連絡メッセージ」が受信可能に。また届け日時や場所の変更などもできるようになります。

ヤマト運輸は今後、LINEでの利用を拡充させていく方針。宅急便の送り状をLINEで作成し、その作成した送り状をコンビニエンスストアの店頭端末などから印字できるようにすることも予定しているといいます。

KDDIとグノシーが業務提携 スマホ向けの新メディア開発へ

01.16 11:09 amanaimages

国内大手キャリアのKDDIとメディア関連事業を展開するGunosyは15日、スマートフォン向けのメディア事業において業務提携をしたと発表しました。

この提携で、KDDIの顧客接点および多様なコンテンツとGunosyの高度な情報配信ロジックおよびアプリ運営ノウハウを融合し、両社でスマホ向けの新たなメディアサービスを開発、運営するとしています。

両社は「国内最大の情報配信プラットフォーム」実現を目指すとのこと。新サービスは2016年夏に提供を開始する予定です。

続きはアプリで、快適に LINENEWS