cat_16_issue_condolences @linenews_0_63acd527ccca_加藤剛さん死去、「大岡越前」や「砂の器」など出演 63acd527ccca 0

加藤剛さん死去、「大岡越前」や「砂の器」など出演

2018年7月9日 04:11 スポニチ

映画「砂の器」やTBSの時代劇ドラマ「大岡越前」などで知られた俳優の加藤剛さんが6月18日に死去していたことが8日、分かりました。80歳。静岡県出身。俳優座を拠点に、映画やドラマで活躍しました。

1970年から99年まで30年の長きにわたって放送された「大岡越前」で主人公の江戸町奉行・大岡忠相を演じ続けました。昨年12月19日に次男の俳優・加藤頼と一緒に出演した「徹子の部屋」での激痩せぶりがネット上で話題になり、ファンを心配させていました。

cat_16_issue_condolences @linenews_0_33d64cd3b6c2_「マッハバロン」俳優の下塚誠さん死去、64歳 長男が発表 33d64cd3b6c2 0

「マッハバロン」俳優の下塚誠さん死去、64歳 長男が発表

2018年7月8日 20:39 gettyimages

1974年の人気特撮ドラマ「スーパーロボット マッハバロン」などで知られる俳優の下塚誠(しもつか・まこと)さんが7日に死去したことが8日、分かりました。64歳でした。長男で俳優の下塚恭平(38)が同日、自身のツイッターで発表しました。

「昨日、私の父、俳優の下塚誠が癌を患って、死去しました」と報告した恭平は、「父とは、会えば口げんかばかりしていてずっと疎遠でしたが、憧れの存在であり、私が俳優になる上で多大な影響を与えてくれた存在です。ずっと反対され続けてましたけどね 笑 何一つ期待に応えられなくてごめんなさい 安らかにお眠り下さい」と自身の幼少期の写真とともに投稿しました。

下塚さんは15年秋に咽頭がんを発症し手術を受けました。しかし翌年、がんは肺に転移。「末期」という診断を受けていました。下塚さんは自宅で療養を続けながら、経営する洋風居酒屋「レモンタイム」の店先で接客を続けていましたが、今年の春ごろから体調が悪化。今月上旬に入院し、7日に家族にみとられながら息を引き取りました。

cat_16_issue_condolences @linenews_0_3c21247af638_FANTASTICS・中尾翔太さんが死去、胃がん治療で3月から活動休止 3c21247af638 0

FANTASTICS・中尾翔太さんが死去、胃がん治療で3月から活動休止

2018年7月8日 10:21 ORICON NEWS

今年3月に胃がん治療に専念するため活動を休止していた、EXILE TRIBEの9人組パフォーマー集団「FANTASTICS」のメンバー・中尾翔太さんが6日、亡くなりました。22歳。8日、所属事務所のLDHが公式サイトなどで発表しました。

昨年末に体調不良を覚えた中尾さんは、精密検査の結果で胃がんが見つかり、今年3月に公表。「突然の事で最初は戸惑いましたが、徐々に現実を受け止めこの病気と闘って行こうと決意しました!」と前向きな意思を示し「絶対に勝ちます!待っていてください!」と復活を誓っていましたが、悲しみの報告となってしまいました。

公式サイトでは「葬儀は、ご家族の意向により親族および、LDH所属メンバー、スタッフ関係者で執り行うことになりました」と説明。「ファンの皆様へはお別れの会を予定しております。詳細が決まり次第あらためてお知らせさせていただきます」としています。

cat_16_issue_condolences @linenews_0_7516e647e3d3_「スパイダーマン」共同クリエイターが死去 90歳 7516e647e3d3 0

「スパイダーマン」共同クリエイターが死去 90歳

2018年7月7日 15:47 シネマトゥデイ

「スパイダーマン」をスタン・リーと共に生み出したことで知られる、伝説的なコミックアーティストのスティーヴ・ディッコ氏が90歳で亡くなりました。The Hollywood Reporterなどが報じました。警察によると、現地時間6月29日にスティーヴ氏がニューヨークの自宅で亡くなっているのが発見されたといいます。

ソーシャルワーカーがスティーヴ氏からしばらく連絡がないことを心配し、彼の自宅を訪ねたことから明らかになりました。亡くなったのは発見される約2日前だとみられています。

スティーヴ氏は27年、東部ペンシルベニア州生まれ。50年代にニューヨークに移り、アメリカン・コミックスの制作に携わりました。60年代に原作者スタン・リー氏と、大手漫画出版社「マーベル・コミック」のスーパーヒーロー「スパイダーマン」と「ドクター・ストレンジ」を生み出しました。

cat_16_issue_condolences @linenews_0_f6c0dbe2571d_アレルギー疾患の原因物質を発見、石坂公成氏が死去 92歳 f6c0dbe2571d 0

アレルギー疾患の原因物質を発見、石坂公成氏が死去 92歳

2018年7月6日 12:04 共同通信

花粉症などのアレルギー疾患の原因物質である免疫グロブリンEを発見した、米ラホイヤアレルギー免疫研究所名誉所長で山形大特別招聘教授の石坂公成(いしざか・きみしげ)氏が6日午前7時58分、心不全のため山形市の山形大病院で死去しました。92歳。東京都出身。

石坂氏は1948年東京大卒。国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)を経て、米ジョンズホプキンズ大教授や京都大教授などを務めました。アレルギー疾患の発症機構を分子レベルで解明。米免疫学会長も務め、74年に文化勲章を受章、2000年に日本国際賞を受けました。

cat_16_issue_condolences @linenews_0_c646faedfd7a_漫画家佐藤タカヒロ氏が41歳で死去 「鮫島、最後の十五日」連載中 c646faedfd7a 0

漫画家佐藤タカヒロ氏が41歳で死去 「鮫島、最後の十五日」連載中

2018年7月3日 20:05 ORICON NEWS

「バチバチ」「鮫島、最後の十五日」などで知られる漫画家の佐藤タカヒロさんが3日未明に亡くなりました。41歳。同日、秋田書店の公式サイトで伝えられました。

同社と週刊少年チャンピオン編集部は「平成30年7月3日未明、週刊少年チャンピオンにて『鮫島、最後の十五日』を連載中の佐藤タカヒロ先生が永眠されました。享年41でした」と訃報を発表。「編集部一同、先生の画業に敬意と感謝を表するとともに、先生の作品を読み、心を震わせることができたことを幸せに思いながら、ご冥福を心よりお祈り申し上げます」としました。

連載中の「鮫島、最後の十五日」は、「週刊少年チャンピオン」33号掲載分が最終回となることも併せて発表されました。「単行本に未掲載分の刊行等、今後に関しましては決まり次第改めて週刊少年チャンピオン本誌、並びに公式HPにて告知させていただきます」としています。

cat_16_issue_condolences @linenews_0_88649eff105b_徳川慶喜の孫娘、井手久美子さん死去 6月に自叙伝を出版 88649eff105b 0

徳川慶喜の孫娘、井手久美子さん死去 6月に自叙伝を出版

2018年7月2日 11:07 産経ニュース

江戸幕府第15代将軍・徳川慶喜の孫で作家の井手久美子さんが1日、老衰のため死去しました。95歳。葬儀は近親者で行い、後日「お別れの会」を開く予定。井手さんは今年6月、戦前の華族の暮らしぶりなどをつづった自叙伝「徳川おてんば姫」を刊行しました。

関係者によると、井手さんは6月7日に体調を崩して入院。その後は体調を持ち直し、出版された著書が話題になっていることを病院で伝え聞いて「ありがたいことです」と感謝の言葉を残したといいます。井手さんは1922年9月22日に当時の東京市小石川区にあった徳川家の屋敷で、貴族院議員の公爵・徳川慶久(慶喜の七男)の四女として誕生。姉は高松宮喜久子妃殿下。

cat_16_issue_condolences @linenews_0_b5527e05144e_料理研究家の坂本廣子さん、肺血栓症のため71歳で死去 b5527e05144e 0

料理研究家の坂本廣子さん、肺血栓症のため71歳で死去

2018年6月28日 16:53 産経ニュース

食育・料理研究家の坂本廣子さんが28日、肺血栓症のため死去しました。71歳でした。通夜は28日午後6時、葬儀・告別式は29日午後1時、神戸市中央区旭通5の1の11、ベルコセレモニーホール三宮で行われます。喪主は長女、川嵜佳奈さん。

40年にわたり食育を実践し、各地で子供のための料理教室を開催。NHKの子供向け料理番組「ひとりでできるもん!」の監修を担当しました。阪神大震災の経験から、被災時の備えや調理法など、防災教育のスペシャリストとしても活躍しました。

cat_16_issue_condolences @linenews_0_3ae3b97080be_文筆家の辰巳渚さんが死去「『捨てる!』技術」著者 3ae3b97080be 0

文筆家の辰巳渚さんが死去「『捨てる!』技術」著者

2018年6月27日 21:30 共同通信

ベストセラー「『捨てる!』技術」の著者で、文筆家の辰巳渚(たつみ・なぎさ、本名加藤木綿子=かとう・ゆうこ)さんが26日午後2時15分、交通事故のため長野県佐久市の病院で死去したことが27日、分かりました。52歳。

出版社勤務を経て、マーケティングプランナーとして活躍。2000年刊行の「『捨てる!』技術」は、大胆に捨てる整理・収納術を提案して100万部を超えるベストセラーとなりました。

cat_16_issue_condolences @linenews_0_e13fce6e880b_俳優の名和宏さん死去 仁義なき戦いシリーズ、水戸黄門など出演 e13fce6e880b 0

俳優の名和宏さん死去 仁義なき戦いシリーズ、水戸黄門など出演

2018年6月27日 16:39 スポニチ

映画の仁義なき戦いシリーズなどで知られる俳優の名和宏(なわ・ひろし、本名与縄章=よなわ・あきら)さんが26日午前、腎不全のため都内の病院で死去しました。85歳でした。

名和さんは日大芸術学部を卒業後、日活に入社し俳優デビュー。その後フリーとなり、東映の仁義なき戦いシリーズでは悪役の親分役などで出演、ドラマ「水戸黄門」などでも悪役で活躍しました。2000年代は舞台中心に出演していました。

続きはアプリで、快適に LINENEWS