cat_11_issue_business @linenews_0_c82dceff71e7_堀江氏の「手書き履歴書やめて」が議論に c82dceff71e7 c82dceff71e7 堀江氏の「手書き履歴書やめて」が議論に @linenews 0

堀江氏の「手書き履歴書やめて」が議論に

2015年3月13日 09:01 amanaimages

就職活動や転職の際に提出する「履歴書」といえば、手書きするのが一般的ですが、堀江貴文氏がこれに否定的な見解を述べ、議論となっています。

はてな匿名ダイアリーに投稿された「履歴書が手書きの奴は採用候補に入れたくない」という記事に対し、堀江氏が「手書きはやめて欲しいね」とツイート。これに賛同する意見や、否定的な意見が寄せられました。

筆記用具メーカーによる調査では「手書きである」ということが、プラスの評価につながると回答した企業の採用担当者は54.6%という結果が出ています。

cat_11_issue_business @linenews_0_8f33660588dd_定時出勤を厳守して培われる意識、仕事がスムーズに 8f33660588dd 8f33660588dd 定時出勤を厳守して培われる意識、仕事がスムーズに @linenews 0

定時出勤を厳守して培われる意識、仕事がスムーズに

2015年3月13日 07:01 amanaimages

あまりに労働者に厳しすぎるとして、定時出勤が少なくなっていると聞きますが、実はこの定時出勤の厳守はとても大事な習慣を培うものです。

日頃から定時出勤を目標とし、阻害要因を予測、対応する意識を持つことで「失敗できない仕事」の際、スムーズに行動できるように。一方でルーズな社員は、いざというとき、対応できません。

定時出勤するためには、まず寝坊しないこと。駅員さんは、寝坊をしないように「出勤時間の一時間前には上司へ起きたことを電話で報告」「目覚まし時計3点責め」などを実践しているそうです。

cat_11_issue_business @linenews_0_260b04c21b9d_社員のデータ持ち出し、経営に大きな打撃 予防策は 260b04c21b9d 260b04c21b9d 社員のデータ持ち出し、経営に大きな打撃 予防策は @linenews 0

社員のデータ持ち出し、経営に大きな打撃 予防策は

2015年3月12日 21:01 JIJICO

会社の社員による企業情報の持ち出しが、よくニュースで取りざたされています。インターネットが普及し個人が情報を手軽に売買できる環境が整っていることが一因といわれますが、どのような予防が効果的でしょうか。

基本は、守秘義務の存在と営業秘密の重要性を周知徹底すること。情報の持ち出しがあった場合は軽微でも処遇を厳格に行うべきです。また会社への不満などが一因となる可能性もあるので、社内の雰囲気も大切です。

顧客情報流出事件で深手を負った通信教育大手ベネッセの2015年3月期の最終損益は最大で90億円の赤字になる見込み。事件が経営に大きな打撃を与えました。

cat_11_issue_business @linenews_0_e54418059c22_花粉少ないスギに植え替え進まず、東京はあと300年超か e54418059c22 e54418059c22 花粉少ないスギに植え替え進まず、東京はあと300年超か @linenews 0

花粉少ないスギに植え替え進まず、東京はあと300年超か

2015年3月12日 19:02 ビジネスジャーナル

春の風物詩ともいえる花粉症。高度経済成長期の木材需要量の増大に伴い、行政が植林を推奨、スギの木が各地で植林されたのが根源です。東京都は2006年から花粉症撲滅に向けた事業を始めましたが、なかなか進んでいません。

都は伐採した後に花粉の少ないスギに植え替え、毎年60ヘクタールずつ進んでいますが、都の森林面積は約2万ヘクタール、すべてを植え替えるのに300年以上かかる計算です。

スギとヒノキの花粉量は、前年の夏の気象条件に大きな影響を受けるうえ、飛散量が少なかった年の翌年には多くなる傾向が。今年、水戸市では2014年の約2倍の花粉量が見込まれています。

cat_11_issue_business @linenews_0_4a65402c74ad_社会をうまく生き抜け!太鼓持ちのキラーフレーズ 4a65402c74ad 4a65402c74ad 社会をうまく生き抜け!太鼓持ちのキラーフレーズ @linenews 0

社会をうまく生き抜け!太鼓持ちのキラーフレーズ

2015年3月12日 17:05 web R25

「太鼓持ち」が「ご機嫌取りの調子のいいヤツ」というイメージは過去のもの。巧みなフレーズで周囲の心を掴みながら社会をうまく生き抜くのが現代の太鼓持ちの姿です。太鼓持ちビギナーがマスターすべき万能フレーズがあるようです。

「さすがですね!」「やっぱ持ってますね~!」などの言葉が有効ですが、下心むき出しで目上の人ばかりにフレーズを使うことは避けましょう。むしろ同僚や後輩に対して使った方が、返ってくるものが大きい場合も。

愛される太鼓持ちのポイント「一緒にいて楽しいと思わせる」「自然と相手の懐に入り込む」などを習得すれば、会社や上下関係を良好に保つ「世渡り術」になります。

cat_11_issue_business @linenews_0_7058d8bc6472_富裕層の教育は費用度外視、トレンドは「幼稚園から海外」 7058d8bc6472 7058d8bc6472 富裕層の教育は費用度外視、トレンドは「幼稚園から海外」 @linenews 0

富裕層の教育は費用度外視、トレンドは「幼稚園から海外」

2015年3月12日 15:00 amanaimages

最近の超富裕層は子どものために効果があると判断すれば、費用を気にせずあらゆることに挑戦。英語や国際感覚を身につけさせるため海外留学は幼稚園から海外に行かせるケースもあるそうです。

海外留学ではクラスメートとの付き合いを通じ、各国の富裕層との交友が期待できるというメリットも。東大の大学院教授は「これからは資産階層に応じて教育機会の格差が開いてくるかもしれません」と話しています。

留学には、親子留学というものもあり、子の留学が主体であり、親が付き添うケースと、親の留学に子がついて行くケースがあります。

cat_11_issue_business @linenews_0_b62483d3da48_無駄遣いをなくしたい!家計簿のコツは買い物直後にあり b62483d3da48 b62483d3da48 無駄遣いをなくしたい!家計簿のコツは買い物直後にあり @linenews 0

無駄遣いをなくしたい!家計簿のコツは買い物直後にあり

2015年3月12日 13:00 ビジネスジャーナル

人はなぜお金を無駄に使い、消費を増やしてしまうのでしょうか。その原因は消費状況を把握できておらず、また消費行動に向き合わないためです。さらに消費状況を把握するためのデータがないことも原因です。

ですが、ついつい三日坊主になりがちな家計簿。レシートを溜め込まず、記録することを習慣化するには、買い物の直後に記録するのが一番楽。スマートフォンの家計簿アプリなどを活用すると数週間後には習慣になるそうです。

無駄遣いをやめることは貯金にもつながります。何かものを買うときに本当に必要なものなのかを一呼吸おいてみるなど、お金の使い方を少し変えるだけで、無駄な出費を抑えられるでしょう。

cat_11_issue_business @linenews_0_78a1404d403d_滋賀県が「近江県」に改名?異別化で知名度向上を目指す 78a1404d403d 78a1404d403d 滋賀県が「近江県」に改名?異別化で知名度向上を目指す @linenews 0

滋賀県が「近江県」に改名?異別化で知名度向上を目指す

2015年3月12日 11:00 JIJICO

都道府県の中でも知名度が低いといわれる滋賀県が「近江県」に改名するというのが話題に。狙いは税収増。人口減による税収を補うためには観光客からお金を落としてもらう仕組みが必要です。

人は知らない場所より、ある程度の知名度のある場所に行きたくなるもの。ご当地キャラやB級グルメでなく、お金をかけず滋賀県を話題にする「改名」という方法で他県との異別化を図り、注目を集めることができます。

アニメで描かれた舞台をファンが巡る「聖地巡礼」が人気の中、その土地を舞台にしたアニメ「ご当地系アニメ」の制作で観光客を呼び込もうとする動きも全国であるようです。

cat_11_issue_business @linenews_0_6c0d5ca755ca_初の逮捕者、リベンジポルノ法への期待と課題 6c0d5ca755ca 6c0d5ca755ca 初の逮捕者、リベンジポルノ法への期待と課題 @linenews 0

初の逮捕者、リベンジポルノ法への期待と課題

2015年3月12日 09:00 gettyimages

「リベンジポルノ防止法」が昨年11月に制定され、先日、初めてこの法律を適用した逮捕者が出ました。しかし、今後検討すべき課題も考えられます。

同法は、第三者が撮影対象者を特定できる方法で性的画像を不特定多数に提供するなどの行為を「公表罪」と規定。3年以下の懲役または50万円以下の罰金に科すとしています。

確かに、被害者を正確に特定するためには「第三者からでもわかる」という要素が必要ですが、二次被害に遭うことだけは避けてほしいもの。被害者に対する配慮などの問題を克服していくことが課題です。

cat_11_issue_business @linenews_0_4f579e246a17_ヤマト運輸「まごころ宅急便」を生んだ現場力 4f579e246a17 4f579e246a17 ヤマト運輸「まごころ宅急便」を生んだ現場力 @linenews 0

ヤマト運輸「まごころ宅急便」を生んだ現場力

2015年3月12日 07:00 ビジネスジャーナル

年間16億7,000万個もの荷物を扱い、宅配業界で市場シェアトップであり続けるヤマト運輸。同社には「現場の声」を新たなサービスに転換し、基幹事業に育て上げていく取り組みがあります。

そのひとつが「まごころ宅急便」。過疎集落に住む高齢者が食品などを電話で注文すると、地元スーパーが品物をそろえ、ヤマト運輸がそれを届けるサービスです。

誕生のきっかけは、配達エリア内の高齢者の孤独死。ドライバーは、訪問相手の体調などを聞き取り、必要があれば地域の福祉サービス団体にも連絡。高齢者の「安心見守りサービス」も兼ねています。