cat_11_issue_business @linenews_0_6604ea887f16_武井壮がこだわった「きっちり1日1時間」の努力とは 6604ea887f16 6604ea887f16 武井壮がこだわった「きっちり1日1時間」の努力とは @linenews 0

武井壮がこだわった「きっちり1日1時間」の努力とは

2015年10月24日 11:00 PR TIMES

タレントで元アスリートの武井壮。同氏がトレーニングをする上でこだわったのは「きっちり1日1時間」と力説しています。

「1日1時間でも真剣に向かい合えば、自分の願った世界に辿りつける」と同氏。これまで2年間、毎日1時間・計700時間以上の練習を積み重ねてきたといいます。

また同氏は、日課で毎日1時間自分の知らないことを調べているそう。「興味があることを調べるのは楽しいが、逆にこんなのつまらないと思ったことを1時間調べてみると、その楽しさが見つかったりする」と述べています。

cat_11_issue_business @linenews_0_56757404010a_松下幸之助が説いた「うまく行く会社の条件」とは 56757404010a 56757404010a 松下幸之助が説いた「うまく行く会社の条件」とは @linenews 0

松下幸之助が説いた「うまく行く会社の条件」とは

2015年10月24日 07:04 共同通信

松下幸之助氏は、「うまくいく会社の社長は、そう頭のいいことはなくても、どこかで経営のコツをつかんでる」と述べています。

うまく行く会社の社長は汗を流し、涙を流し、努力のすえに得られた「本物の知恵」で人を説得したり、感動させたりすることができるといいます。

また同氏は「多くの人はうまい事いかなくなると途中で諦めてしまう。物事を成し遂げる為には、成功するまで諦めない事。やっていくうちに、世の中の情熱が有利に展開していくことだってあるのだから」とも語っています。

cat_11_issue_business @linenews_0_f21207b858e9_「ほぼ日」糸井重里氏が語る"自分の時間"の重要性 f21207b858e9 f21207b858e9 「ほぼ日」糸井重里氏が語る"自分の時間"の重要性 @linenews 0

「ほぼ日」糸井重里氏が語る"自分の時間"の重要性

2015年10月23日 19:02 プレジデントオンライン

人気ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を主宰する糸井重里氏。彼は「誰々に会う」「どこどこへ行く」といった予定は全て「他人のもの」であるとし、自分の時間を過ごすことの重要性を説いています。

同氏の場合、昼間は人と会う時間にあてるため、夜中に自分の時間を過ごすと説明。「DVDを見たり」「犬と遊んだりする」とし、その積み重ねこそが「自分を決める時間」であると語ります。

同氏が発行人を務める人気商品「ほぼ日手帳」の2016年度版も絶賛発売中。ライフスタイルに合わせて「自由に使える」ことを意識して設計された手帳は絶大な人気を誇っています。

cat_11_issue_business @linenews_0_e3573ea930f1_自分も知らない"強み"に気づく「自分に問うべき4つの質問」 e3573ea930f1 e3573ea930f1 自分も知らない"強み"に気づく「自分に問うべき4つの質問」 @linenews 0

自分も知らない"強み"に気づく「自分に問うべき4つの質問」

2015年10月23日 17:02 ライフハッカー

好きなことを仕事にするのは誰もが夢見ること。そこで「好きなことを仕事にする」「夢を具現化する」ために自分に問うべき4つの質問をご紹介。

「自分を支えてきたスキルは何か」「強さを感じさせてくれるもの何か」「子どもころ何で目立っていたか」「無視しがちな褒め言葉は何か」を問えば、自分固有の強みが見つかるとのこと。

また、人には自分では気づけなかった強みもあるといいます。そのため、自分の強みがわからなければ、他人に聞いてみることも必要だとか。

cat_11_issue_business @linenews_0_5d441fbde879_五輪選手に学ぶ「トップを目指すためにはトップに聞け」 5d441fbde879 5d441fbde879 五輪選手に学ぶ「トップを目指すためにはトップに聞け」 @linenews 0

五輪選手に学ぶ「トップを目指すためにはトップに聞け」

2015年10月23日 11:00 営業type

リオデジャネイロ五輪出場に向け厳しいトレーニングを行う細田雄一選手。トップを目指すために重要なのは「人のアドバイスを聞くこと」とし、「実際に取り入れるかは聞いてから決めればいい。まずは耳を傾けることが大事」と話します。

ただし一方的な「教えてくれ」の姿勢では認めてもらえないので、トップと対等に話をするためには「どんなことでもいい、相手にとって有益な情報を提供できるだけの強みをつくることが大事」と語っています。

同氏は11年にITU世界選手権シリーズで日本人過去最高の10位に入賞。 日本選手権では初優勝を収め、ジャパンカップランキングでも1位を獲得しています。

cat_11_issue_business @linenews_0_2e002aa2cf2d_AKB総監督、高橋みなみが語る"スピーチの秘訣" 2e002aa2cf2d 2e002aa2cf2d AKB総監督、高橋みなみが語る"スピーチの秘訣" @linenews 0

AKB総監督、高橋みなみが語る"スピーチの秘訣"

2015年10月23日 07:00 ORICON STYLE

AKB48グループの総監督を務める高橋みなみ。「努力は必ず報われる」など数々の名言を残してきましたが、スピーチは突然求められることがほとんどだったといいます。

"アドリブ力"を高めるためにも「日頃から素敵だなと思った言葉は手帳などにメモ書きをして、時々振り返るようにしています」と高橋。日々の何気ない習慣が"スピーチ成功の秘訣"になっているのでは、と明かしました。

ちなみにスピーチの構成は、1「あいさつ」、2「そのイベントについて話す」、3「共通の話をする」、4「なぜスピーチをしているのかを話す」、5「行動を呼びかける」といった順番で行うと良いそう。

cat_11_issue_business @linenews_0_757fa28ab624_ノーベル賞・大村智先生の権威に媚びない「痛快人生」 757fa28ab624 757fa28ab624 ノーベル賞・大村智先生の権威に媚びない「痛快人生」 @linenews 0

ノーベル賞・大村智先生の権威に媚びない「痛快人生」

2015年10月22日 19:00 現代ビジネス

ノーベル医学・生理学賞を受賞した大村智氏。記者会見の最中、総理大臣から電話が入るも「タイム・イズ・マネー。続けましょう」と総理を待たせ、会見を続けたといいます。

大した助成金がもらえないという私大の研究。同氏は「僕は自分自身の研究でお金を稼いで研究費に充てている」と考え、「自分の食い扶持は自分で稼ぐ」という独自の研究スタイルを築き上げたそうです。

cat_11_issue_business @linenews_0_9cd257ad57b8_編集者・中川淳一郎氏が20代から"心がけている習慣" 9cd257ad57b8 9cd257ad57b8 編集者・中川淳一郎氏が20代から"心がけている習慣" @linenews 0

編集者・中川淳一郎氏が20代から"心がけている習慣"

2015年10月22日 15:00 日刊キャリアトレック

数々のウェブメディアで編集長を務めた中川淳一郎氏。同氏の20代の頃から今まで継続している良い習慣が紹介されています。

「忙しぶらない」「紋切り型のビジネス言葉を使わない」などのことに気をつけていると中川氏。地味な習慣でも、意識して毎日続けることが大事だといいます。

中川氏は、2012年から「瞬刊!リサーチNEWS」の編集長を勤め、NEWSポストセブンなどネットメディアに携わっています。また、数多くの著書も出版。

cat_11_issue_business @linenews_0_9e4459a0fec8_プログラマーユニット「ffab0」がベルリンで起業した理由 9e4459a0fec8 9e4459a0fec8 プログラマーユニット「ffab0」がベルリンで起業した理由 @linenews 0

プログラマーユニット「ffab0」がベルリンで起業した理由

2015年10月22日 11:00 エンジニアtype

ベルリンに拠点を構える「ffab0(ファブゼロ)」は、20代のプログラマー星野圭亮氏とデザイナー北國悠人氏による若手ユニット。彼らがベルリンで活動する理由は、世界中から起業家が集まるためだといいます。

ベルリンは経済的な条件が良かったうえ、頻繁にスタートアップイベントが開催されるそう。世界各国の起業家たちとつながることで、自然と新しい視点が得られるとか。

ffab0が開発したのは、初心者がスマホでプログラミングを学習できるアプリ「Pocket Programming」。10月にグローバル版をリリースしたところ、約1週間で世界33カ国でのダウンロードを記録しました。

cat_11_issue_business @linenews_0_2a1767b3889d_九州女の「3歩下がって精神」が要望を叶える秘訣だった? 2a1767b3889d 2a1767b3889d 九州女の「3歩下がって精神」が要望を叶える秘訣だった? @linenews 0

九州女の「3歩下がって精神」が要望を叶える秘訣だった?

2015年10月22日 07:00 NEWSポストセブン

NPO法人女子教育奨励会を立ち上げた木全ミツさんは、"3歩下がって男の影を踏まず"という九州の保守的な慣習を大切にしているそう。そうすることで自身の要望は120%通るといいます。

交渉の場ではまず相手の話に耳を傾けるのが良いそう。自分の主張を思う存分訴えたという満足感を与えた上で、こちら側の話を短く、丁寧に説明することがポイントだとか。

また就職活動の際は「何が好きで何ができるか」「人と違った売りは何か」を明確に説明していくべきとし、「私を選ばないと損ですよ」という気概で臨んでほしいとコメントしています。