cat_19_issue_baseball @linenews_0_a2e9dcfbc75d_侍ジャパン、プレミア12初優勝 前回王者の韓国破る a2e9dcfbc75d 0

侍ジャパン、プレミア12初優勝 前回王者の韓国破る

2019年11月17日 22:03 共同通信

野球の国際大会「第2回 WBSCプレミア12」決勝戦が17日に行われ、日本が前回王者の韓国を5-3で下し、初優勝を決めました。

日本は2009年の第2回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)以来10年ぶりとなる世界一をつかみました。2015年の第1回大会準決勝で敗れた宿敵・韓国に雪辱。主要国際大会では日韓戦4連勝となりました。

プレミア12決勝、試合全体の詳細はこちら。

cat_19_issue_baseball @linenews_0_b41e83190c41_ソフトバンク、3年連続10度目の日本一に輝く b41e83190c41 0

ソフトバンク、3年連続10度目の日本一に輝く

2019年10月23日 21:40 共同通信

プロ野球の日本シリーズ第4戦が23日に行われ、ソフトバンクが4-3で巨人に勝利。対戦成績を4勝0敗とし、3年連続10度目(前身の南海、ダイエー時代を含む)の日本一に輝きました。

3年連続日本シリーズ制覇は球団初で、1990~1992年の西武以来27年ぶりの快挙となります。

cat_19_issue_baseball @linenews_0_fc735e5c2371_全12球団の1位指名選手が確定、プロ野球ドラフト会議 fc735e5c2371 0

全12球団の1位指名選手が確定、プロ野球ドラフト会議

2019年10月17日 18:42 共同通信

全12球団、1位指名が決まる

西武…宮川哲(東芝/投手)
巨人…堀田賢慎(青森山田高/投手)
ソフトバンク…佐藤直樹(JR西日本/外野手)
DeNA…森敬斗(桐蔭学園高/内野手)
楽天…小深田大翔(大阪ガス/内野手)
阪神…西純矢(創志学園高/投手)
ロッテ…佐々木朗希(大船渡高/投手)
広島…森下暢仁(明治大/投手)
日本ハム…河野竜生(JFE西日本/投手)
中日…石川昂弥(東邦高/内野手)
オリックス…宮城大弥(興南高/投手)
ヤクルト…奥川恭伸(星稜高/投手)


オリックスは宮城、巨人は堀田の交渉権を獲得!

宮城大弥(興南高/投手)

SNSでダルビッシュ有投手も絶賛した高校NO.1左腕。速球はもちろん、変化球のレベルも高い。U-18日本代表(写真=共同通信)


巨人…堀田賢慎(青森山田高/投手)

オリックス…宮城大弥(興南高/投手)

オリックスと巨人がさらに指名へ


宮川哲の抽選(2球団競合)→西武・辻監督が引き当てる

宮川哲(東芝/投手)

最速154キロ右腕。上武大4年時に指名漏れを経験するも、東芝では1年目から活躍した(写真=共同通信)


河野竜生の抽選(2球団競合)→日ハム・栗山監督が引き当てる

河野竜生(JFE西日本/投手)

社会人NO.1左腕。直球、変化球ともに精度が高い(写真=共同通信)


阪神は西の交渉権を獲得!

西純矢(創志学園高/投手)

自らを鼓舞するガッツポーズが問題になったことはあったが、心身ともに成長した。U-18日本代表(写真=共同通信)


楽天は小深田の交渉権を獲得!

小深田大翔(大阪ガス/内野手)

俊足巧打が売りの、社会人屈指の野手(写真=共同通信)


ソフトバンクは佐藤の交渉権を獲得!

佐藤直樹(JR西日本/外野手)

走攻守が揃うハイレベルな外野手(写真=共同通信)


西武…宮川哲(東芝/投手)

巨人…宮川哲(東芝/投手)

ソフトバンク…佐藤直樹(JR西日本/外野手)

楽天…小深田大翔(大阪ガス/内野手)

阪神…西純矢(創志学園高/投手)

日本ハム…河野竜生(JFE西日本/投手)

オリックス…河野竜生(JFE西日本/投手)

7球団が外れ1位指名へ


佐々木朗希の抽選(4球団競合)→ロッテ・井口監督が引き当てガッツポーズ

佐々木朗希(大船渡高/投手)

最速163キロを誇る"令和の怪物"。U-18日本代表。(写真=共同通信)


石川昂弥の抽選(3球団競合)→中日・与田監督が引き当てる

石川昂弥(東邦高/内野手)

高校通算55本塁打を記録した、右打ちのスラッガー。U-18日本代表(写真=共同通信)


奥川恭伸の抽選(3球団競合)→ヤクルト・高津新監督が引き当てる

奥川恭伸(星稜高/投手)

最速154キロの右腕。今夏の甲子園では決勝進出を果たすなど大きな注目を集めた。U-18日本代表(写真=共同通信)


DeNAは森、広島は森下の交渉権を単独指名により獲得!

森敬斗(桐蔭学園高/内野手)

高い身体能力を誇る内野手。U-18W杯では中堅手としてプレーした(写真=共同通信)

森下暢仁(明治大/投手)

最速154キロ右腕。今年の全日本大学野球選手権では、チームを38年ぶりの優勝へ導くなど、大学NO.1投手と評価されている(写真=共同通信)


各球団の1位指名は?

西武…佐々木朗希(大船渡/投手)

巨人…奥川恭伸(星稜高/投手)

ソフトバンク…石川昂弥(東邦高/内野手)

DeNA…森敬斗(桐蔭学園高/内野手)

楽天…佐々木朗希(大船渡高/投手)

阪神…奥川恭伸(星稜高・投手)

ロッテ…佐々木朗希(大船渡/投手)

広島…森下暢仁(明治大/投手)

日本ハム…佐々木朗希(大船渡/投手)

中日…石川昂弥(東邦高/内野手)

オリックス…石川昂弥(東邦高/内野手)

ヤクルト…奥川恭伸(星稜高・投手)

各球団が1位を指名へ


上位指名が予想される選手たちが待機中

12球団の関係者が入場


注目選手

佐々木朗希(大船渡高/投手)

最速163キロを誇る"令和の怪物"。U-18日本代表。(写真=共同通信)


奥川恭伸(星稜高/投手)

最速154キロの右腕。今夏の甲子園では決勝進出を果たすなど大きな注目を集めた。U-18日本代表(写真=共同通信)


森下暢仁(明治大/投手)

最速154キロ右腕。今年の全日本大学野球選手権では、チームを38年ぶりの優勝へ導くなど、大学NO.1投手と評価されている(写真=共同通信)


石川昂弥(東邦高/内野手)

高校通算55本塁打を記録した、右打ちのスラッガー。U-18日本代表(写真=共同通信)

cat_19_issue_baseball @linenews_0_8ab8a61e8191_ロッテが大船渡・佐々木朗希の交渉権獲得 163キロ右腕、4球団競合 8ab8a61e8191 0

ロッテが大船渡・佐々木朗希の交渉権獲得 163キロ右腕、4球団競合

2019年10月17日 17:28 共同通信

プロ野球のドラフト会議が17日に行われ、高校生史上最速の163キロ右腕、大船渡・佐々木朗希投手の交渉権は、4球団が競合の末に抽選でロッテが獲得しました。

ドラフト会議のテキスト速報はこちら。

cat_19_issue_baseball @linenews_0_d29bfef8277e_巨人・阿部慎之助、現役引退を表明「肩の荷が下りた」 d29bfef8277e 0

巨人・阿部慎之助、現役引退を表明「肩の荷が下りた」

2019年9月25日 21:41 KYODO NEWS

巨人の阿部慎之助が25日、都内のホテルで記者会見し、現役引退を表明。黒のスーツにオレンジのネクタイ姿で「優勝もしたし、節目の400号も打てた。坂本勇がキャプテンになって優勝できて僕も肩の荷が下りた。そこで決断した」と晴れ晴れとした表情で語りました。

cat_19_issue_baseball @linenews_0_866a9a87dfa2_巨人・阿部慎之助が引退会見 決断の理由を語る 866a9a87dfa2 0

巨人・阿部慎之助が引退会見 決断の理由を語る

2019年9月25日 14:12 FNN LIVE

巨人・阿部慎之助が引退会見を開いています。

外部リンク

cat_19_issue_baseball @linenews_0_f018acc20016_パ・リーグ、西武が2年連続のリーグ優勝決める f018acc20016 0

パ・リーグ、西武が2年連続のリーグ優勝決める

2019年9月24日 21:55 共同通信

パ・リーグは24日、首位・西武と4位ロッテがZOZOマリンスタジアムで対戦。西武が12-4で勝利し、2年連続23度目(前身の西鉄時代を含む)のリーグ優勝を決めました。

同日、2位ソフトバンクは楽天に2-4で痛恨の逆転負け。優勝マジック「2」としていた西武が大量リードを奪っている展開で、先に敗れていました。

cat_19_issue_baseball @linenews_0_0c98b350cbcb_セ・リーグ、巨人が5年ぶり37度目の優勝 0c98b350cbcb 0

セ・リーグ、巨人が5年ぶり37度目の優勝

2019年9月21日 20:46 共同通信

セ・リーグは21日、優勝へのマジックナンバー「2」の首位・巨人が2位DeNAと横浜スタジアムで対戦。延長戦の末に3-2で勝利し、5年ぶり37度目のリーグ優勝を決めました。

巨人は9回2死から小林誠司の適時打で同点に追いつく執念を見せ、10回に増田大輝の中前打で勝ち越し。藤田元司監督の1年目でリーグ制覇した「平成元年」に続き、「令和元年」も節目の優勝を飾りました。

cat_19_issue_baseball @linenews_0_28bbf1dc2e35_中日・大野雄大、ノーヒットノーラン達成 史上81人目 28bbf1dc2e35 0

中日・大野雄大、ノーヒットノーラン達成 史上81人目

2019年9月14日 16:55 共同通信

中日の大野雄大投手が14日、本拠地ナゴヤドームで行われた阪神戦で史上81人目となるノーヒットノーランを達成しました。今月6日にソフトバンクの千賀滉大投手が達成して以来、8日ぶり。

中日では13年6月28日のDeNA戦での山井大介以来6年ぶり。同じ月に2投手がノーヒットノーランを達成するのは、1985年6月4日の西武・郭泰源(日本ハム戦)、同年6月9日の日本ハム・田中幸雄(近鉄戦)以来、34年ぶりとなりました。

cat_19_issue_baseball @linenews_0_c8a9fba4b9ad_大谷翔平、今季初4番で復活17号 15戦58打席ぶり弾&5打点 c8a9fba4b9ad 0

大谷翔平、今季初4番で復活17号 15戦58打席ぶり弾&5打点

2019年9月8日 10:11 DAZN

エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、敵地のホワイトソックス戦で「4番・指名打者」で先発出場。初回の第1打席で先制の左翼線2点二塁打を放つと、3回の第2打席で15戦58打席ぶりの17号本塁打を放ちました。

無死一、三塁の場面で高めのボールを捉えると、逆方向の左翼スタンドへと運ぶ3ラン。4番アーチは昨年9月26日の本拠地レンジャーズ戦以来346日ぶりです。

続きはアプリで、快適に LINENEWS