cat_16_issue_b4b5f42a @linenews_0_2a383a476b4b_川島なお美さん、通夜と告別式は"ワイン葬" 2a383a476b4b 2a383a476b4b 川島なお美さん、通夜と告別式は"ワイン葬" @linenews 0

川島なお美さん、通夜と告別式は"ワイン葬"

2015年9月29日 07:24 シネマトゥデイ

24日に胆管がんのため死去した女優、川島なお美さんの通夜、葬儀・告別式が"ワイン葬"で営まれることが分かりました。

ワイン葬は、喪主を務める夫・鎧塚俊彦氏の発案。関係者によると、祭壇は川島さんが生涯、愛し続けたワインをイメージしたデザインで、参列者にワインを振る舞う計画があるとのこと。

川島さんは昨年1月の胆管がんの手術後、自分がもしこの世を去ったら、「偲ぶ会でも開いてみんなでワインを飲んでください」と話していたといいます。

cat_16_issue_b4b5f42a @linenews_0_2aad1b6d8c7d_川島なお美さん、ゲキ痩せ会見後に骨折も舞台強行 2aad1b6d8c7d 2aad1b6d8c7d 川島なお美さん、ゲキ痩せ会見後に骨折も舞台強行 @linenews 0

川島なお美さん、ゲキ痩せ会見後に骨折も舞台強行

2015年9月28日 07:48 東スポ

胆管がんのため24日に亡くなった女優・川島なお美さん(享年54)が今月7日、イベントに出演し激ヤセが報じられた直後に肋骨を骨折していたことが分かりました。

ケガの痛みに耐えながら、亡くなる1週間前までミュージカルに強行出演。心配したスタッフ側が演出の変更を打診しましたが、川島さんは断固拒否し見事に演じ切りました。

最後の仕事は16日。長野県伊那市で上演された主演ミュージカル「パルレ~洗濯~」。セリフが途中で詰まるなど苦しそうな姿が見られていました。

cat_16_issue_b4b5f42a @linenews_0_3c383a59639d_鎧塚氏、川島なお美さんの最期の様子を語る 3c383a59639d 3c383a59639d 鎧塚氏、川島なお美さんの最期の様子を語る @linenews 0

鎧塚氏、川島なお美さんの最期の様子を語る

2015年9月26日 21:04 デイリースポーツ

川島なお美さんの夫でパティシエの鎧塚俊彦氏が26日、自宅前で報道陣の取材に応じ、川島さんが息を引き取る直前の様子などを語りました。

川島さんから最後に聞いた言葉が「ごめんね」だったことを明かし、「僕の目をしっかり見てハッと魂を吐き出す感じで、力強かったです」と気丈に妻の最期を語りました。

鎧塚氏が25日に更新したFacebookでは、気持ちの整理がつかないとして、10月1日に営まれる通夜後にマスコミに対応するとしていました。

cat_16_issue_b4b5f42a @linenews_0_118cae6b7d06_鎧塚氏、遺品整理でサプライズ知る なお美さんが誕生会を企画 118cae6b7d06 118cae6b7d06 鎧塚氏、遺品整理でサプライズ知る なお美さんが誕生会を企画 @linenews 0

鎧塚氏、遺品整理でサプライズ知る なお美さんが誕生会を企画

2015年9月25日 19:24 デイリースポーツ

川島なお美さんの夫でパティシエの鎧塚俊彦氏が25日、川島さんの遺品を整理したことをFacebookで報告。川島さんの携帯メールから、鎧塚氏のサプライズ誕生会を計画していたことがわかったといいます。

亡くなる前日に知人らに送っていたメールには、偽の雑誌取材企画まで作ってあり「Toshiにはサプライズだから絶対内緒にしてね」とつづられていたそうです。

鎧塚氏は「妻の愛情を改めて感じる事の連続で涙が止まりません。私はなお美に何をしてあげられたのか?」と、やり場のない思いを明かしています。

cat_16_issue_b4b5f42a @linenews_0_1217a47e465a_「失楽園」で共演の古谷一行、川島なお美さんを悼む 1217a47e465a 1217a47e465a 「失楽園」で共演の古谷一行、川島なお美さんを悼む @linenews 0

「失楽園」で共演の古谷一行、川島なお美さんを悼む

2015年9月25日 17:24 スポニチ

24日に亡くなった川島なお美さんとドラマ「失楽園」で共演した古谷一行が25日、その死を悼んでコメントを寄せました。

「54歳の死は早すぎます。とても残念です。まだまだ良い仕事ができただろうに、心よりご冥福をお祈りいたします」と述べています。

同ドラマは、故渡辺淳一氏のベストセラー小説が原作。出版社の編集者と書道講師の不倫物語で、1997年7~9月にドラマ版が放送されました。

cat_16_issue_b4b5f42a @linenews_0_569a4bb435d1_川島なお美さん、死去3日前の肉声が公開 569a4bb435d1 569a4bb435d1 川島なお美さん、死去3日前の肉声が公開 @linenews 0

川島なお美さん、死去3日前の肉声が公開

2015年9月25日 15:38 livedoorニュース

デヴィ夫人が25日放送の「直撃LIVEグッディ!」に電話出演。川島なお美さんが他界する3日前に残したという、留守番メッセージの肉声を公開しました。

「今、自宅療養なんですけども、頭がボーッとして起き上がれない状態なので」「動けるようになりましたら、またご連絡させていただきます。ありがとうございました」と、丁寧な口調のメッセージが残されていたといいます。

「お声が非常に弱々しかった。もしかしたら、この声を聞くのは最後になってしまうのでは」と不安に襲われたデヴィ夫人は、そのメッセージを消去することなく保存していたとのこと。

cat_16_issue_b4b5f42a @linenews_0_fa333ecb2b31_「徹子の部屋」急きょ内容変更 川島なお美さんを追悼 fa333ecb2b31 fa333ecb2b31 「徹子の部屋」急きょ内容変更 川島なお美さんを追悼 @linenews 0

「徹子の部屋」急きょ内容変更 川島なお美さんを追悼

2015年9月25日 12:32 シネマトゥデイ

テレビ朝日は25日、「徹子の部屋」の内容を急きょ変更。24日に亡くなった川島なお美さんの出演分に差し替え、故人を追悼しました。

川島さんは昨年11月に同番組に出演。昨年1月に受けた肝内胆管がんの手術の前に、遺書を書いていたことを告白。夫の鎧塚俊彦氏へ「一緒のお墓に入りたいから、できれば再婚しないでね」とつづったことを明かしていました。

当初の予定は作曲家の新垣隆氏がゲスト。新垣氏はTwitterで「心よりご冥福をお祈りいたします」と悼みました。

cat_16_issue_b4b5f42a @linenews_0_2bc1b172d0bc_川島なお美さん、余命1年宣告されていた…抗がん剤治療は拒否 2bc1b172d0bc 2bc1b172d0bc 川島なお美さん、余命1年宣告されていた…抗がん剤治療は拒否 @linenews 0

川島なお美さん、余命1年宣告されていた…抗がん剤治療は拒否

2015年9月25日 09:37 スポニチ

山田邦子が25日、TBS「白熱ライブ ビビット」に生出演。同じ所属事務所で、胆管がんのため亡くなった川島なお美さんを悼み、涙をぬぐいました。

川島さんの肝臓に小さな腫瘍が見つかったのは2013年夏ごろ。山田によると、その頃に余命1年と宣告されていたとのこと。最期について「Tシャツから赤いワイン色のドレスに着替えさせてあげていました」と振り返りました。

闘病中は抗がん剤治療ではなく、民間療法を選択した川島さん。「抗がん剤の副作用でステージに立てなくなる可能性があるなら、私は最後まで女優として舞台に立ち続けたい」と周囲に明かしていたそうです。

cat_16_issue_b4b5f42a @linenews_0_84a83e481e8a_川島なお美さんを悼む声相次ぐ…川崎麻世「涙が止まらない」 84a83e481e8a 84a83e481e8a 川島なお美さんを悼む声相次ぐ…川崎麻世「涙が止まらない」 @linenews 0

川島なお美さんを悼む声相次ぐ…川崎麻世「涙が止まらない」

2015年9月25日 07:41 デイリースポーツ

川島なお美さんが24日、胆管がんのため死去。54歳という早すぎる死に各界から追悼の言葉が寄せられました。

11月から始まるミュージカル「クリスマス・キャロル」で川島さんと共演するはずだった川崎麻世は「ほんとに頑張ったね。つらいよ、ほんとにつらいよ。涙が止まらないよ。でも、なお美ちゃんの意思をつないでいくからね」としのびました。

また、川島さんと親交のあった音楽評論家の湯川れい子氏、作家の乙武洋匡氏、氣志團の綾小路翔もTwitterで追悼の言葉をつづりました。

cat_16_issue_b4b5f42a @linenews_0_7099ccb46bb8_川島なお美さんの夫・鎧塚氏、憔悴「本当に立派な最期でした」 7099ccb46bb8 7099ccb46bb8 川島なお美さんの夫・鎧塚氏、憔悴「本当に立派な最期でした」 @linenews 0

川島なお美さんの夫・鎧塚氏、憔悴「本当に立派な最期でした」

2015年9月25日 07:19 デイリースポーツ

川島なお美さんが24日、胆管がんのため54歳で亡くなりました。川島さんの遺体は25日未明、夫でパティシエの鎧塚俊彦氏に付き添われる形で都内の自宅に戻りました。

鎧塚氏は憔悴しきった様子で、自宅前に詰め掛けていた報道陣に対応。「動転しています」「本当に立派な最期でした」などと語りました。

また、鎧塚氏のFacebookには「信じられないです。余りにも 早すぎます」「鎧塚さんが旦那様でよかった。涙が止まりません」と続々と追悼の声が寄せられています。