cat_oa-yomutxcom_issue_c949d479c155 oa-yomutxcom_0_c949d479c155_非売品ステッカーが物々交換でお宝に!? 新企画「わらしべYOU」:YOUは何しに日本へ? c949d479c155

非売品ステッカーが物々交換でお宝に!? 新企画「わらしべYOU」:YOUは何しに日本へ?

2018年8月15日 19:00 テレ東プラス

出典: YouTube

直撃取材を敢行する新感覚ドキュメントバラエティ「YOUは何しに日本へ?」(テレビ東京)。
現在、「ネットもテレ東」でオリジナル動画を配信中!


8月13日(月)に公開されたオリジナル動画第56回からは新企画「わらしべYOU」がスタート! YOUに人気のスポット、渋谷・新宿・秋葉原でYOUたちと物々交換していきます。最初のスポットは渋谷で、アイテムは番組非売品ステッカーからスタート。しかし、初回から波乱の展開に!?




最初に出会ったのは、ドイツから観光に来ていた2人組YOU。物々交換をお願いすると、快く引き受けてくれ、SKAT(スカート)というドイツのカードゲームと交換してくれることに。スカートとはドイツの国民的カードゲーム。ルールがかなり複雑で、ルールが世界で最も難しいゲームの1つなんだとか。このスカート、果たして次は何に変わるかな!?




次に出会ったのは、モンタナ州から来たカップル。メンズYOUは京都に住んでいたこともあり、日本が大好きなんだとか。


そんなYOUが交換してくれたのは、チャレンジコイン。アメリカの警察や部隊が結束を強めるため、チームごとに名前やモットーなどを刻んでつくったコインなのだそう。友情の証でもあるため、飲み会のときに持っていない人が奢ることという暗黙のルールもあるのだと言います。




貴重なコインに交換してもらって、次に出会ったのは来日4回目だというロシア人YOU。彼が持っていたのは同じコインでもタイのコインでした。金運がUPすると言われて持ち歩くようになってから、受け持っているダンスレッスンのレッスン料が50ドルから70ドルに上がったのだとか! これは効果が期待できそう!




金運の上がるコインを交換してくれたのは、こちらのインドネシア人YOU。「何か交換してくれませんか?」と訊ねると、お母さんYOUがおもむろにリップを取り出しました。聞けば、なんと使用済みとのこと。お母さんの大事なリップ、しかと拝受しました!




しかし、使用済みとなると、交換してくれる人は現れず、まさかの8連敗。企画もここで終わってしまうのでしょうか......。


次回は秋葉原に突撃! 使用済みリップは無事に何かに変身できるのか!? こうご期待です!


動画本編は「ネットもテレ東」視聴できます。

外部リンク

cat_oa-yomutxcom_issue_c949d479c155 oa-yomutxcom_0_51af76216274_携帯電話で連絡もNG! 数千円の交通違反罰金未払いで逮捕、一夜にして前科者に...40代男性と大学生の悲しき顛末 51af76216274

携帯電話で連絡もNG! 数千円の交通違反罰金未払いで逮捕、一夜にして前科者に...40代男性と大学生の悲しき顛末

2019年8月24日 21:00 テレ東プラス

「ガサ(家宅捜索)」とは、事件を立証・解決するため、人や家などの関係先を調べること。ニュースや「警察24時」などで捜査員が犯人の自宅などを捜索する際に見聞きする人も多いだろう。

実はこの「ガサ入れ」、警察だけが行っているわけではなく、麻薬取締部や入国管理局などの人も行なっている。そう! 「ガサ入れ」は悪事の数だけあり、日本全国で毎日行われているのだ。

8月25日(日)夜6時30分からは、そんな知られざるガサ入れの現場やガサ入れの裏側を取材した「密着 ガサ入れ!」を放送。薬物の売人の家へのガサや、外国人を違法に働かせる工場へのガサ、悪質な税金滞納者の自宅へのガサなど、様々なガサ入れの緊迫の瞬間に迫る!

そこで「テレ東プラス」では、2018年10月に放送された番組の中から、交通違反者にまつわるガサ入れの一部始終を紹介する。



一時停止違反(一時不定止)で逮捕された大学生


ここで取り上げるのは絶対に無視してはならない"あるハガキ"。あるハガキとは...悪質な交通違反者に送られる出頭通知書のこと。

実はこのハガキ、無視すれば逮捕されてしまうという。段ボールひと箱分の交通反則未払いの違反切符を見せてくれたのは、警視庁交通執行課のA警部補。これで東京23区内に出された1ヵ月分というから驚きだ。1年分ともなると約2万3千件にもなるという。

そこで、交通違反の反則金を払わない人を捜査する専門部隊警視庁交通執行課にカメラが密着。

最初の違反者はラフなシャツに短パン姿の若者。反則金未払い期間は1年5ヵ月。

午前7時04分。3人の警察官が若者の家へ向かう。「ガサ」は朝行うことが多い。在宅率が高い時間帯を狙うからだ。

玄関先ではなく下で話を聞こう、ということになり、素直に応じる大学生。ひとまず家を出てくると、まず警察官は免許証などで本人かどうかを確認。続けて今日やってきた理由を話す。今回は「一時不停止」の反則金が未処理になっていると報告。その件で手続きをするためにそのまま一緒に警察に行かなくてはならないとのこと。

「今日ですか?」と聞く大学生に、「今日。今から」と穏やかにしかし厳しい口調で答える警察官。「何時くらいまでかかります?」とまだ事態の深刻さがつかめていない様子の大学生。「今日1日だな」と答える警察官に対し、「丸1日ですか?」と若干面倒くさそうな態度に。

平成29年5月、スクーターで一時停止違反をし、反則金5000円が未納とのこと。だが、悪質な未納者ほど罪の意識は薄いようで、歩き方も何とも気だるそう。

車に乗り込むと警察官は「これから強制的に手続きやります」と言い、何やら書類を出してきた。
「交差点に入るに際し、停止線の直前で一時停止しなかったものである。間違いないかな?」と聞くと、「たぶんそうです」とまだ曖昧な答え方の大学生。すると警察官は「この時計で7時28分。逮捕」と手錠を! なんと逮捕されてしまったのだ!

反則金5000円の未払いで逮捕? そう思った方は要注意! その考えは甘い。元警視庁捜査一課の刑事・倉科孝靖氏によれば、「交通違反といいますけども、普通ならば"道路交通法違反"。ここに掲載されている刑罰というのはだいたい罰金になります。昔は交通簡易裁判所の呼び出しを受けていましたが、そこでの処分が数が多くてできないということから"交通反則通告制度"という簡易手続きで済むような制度ができたわけです。ですからこの制度を無視すると、正規の道路交通法違反、罰金刑に処されます。時によっては身柄を拘束される、逮捕する場合もありうるわけです」とのこと。

つまり、先程の大学生は5000円をケチり、逮捕される道を自ら選んだことになる。7回にわたって大学生が無視したハガキにも、赤い文字で「正当な理由なく出頭しない時は、逮捕状が発せられることがあります」と書いてあったのだが...。彼は大学生でありながら前科者になってしまったのだ。



「払いましたよね?」としらばっくれる40代会社員


別の日、捜査員が向かったのは若作りな40代会社員のもと。反則金を1年8ヵ月未払いにしていた。

男の住まいは都内のオシャレな高級マンション。こんなところに暮らしているのに、なぜ反則金を払わないのか...。午前6時56分、自宅を訪ねると男が出てきた。

「払いましたよね?」としらばっくれる男。未納なのは間違いないのだが、寝ぼけているのか、はたまたとぼけているのか...。「これから手続きをするので来てもらいたい」と告げると、「すぐ用意しますのでお待ちいただいてもいいですか?」と言う。すぐ、と言いながら待つこと50分。ようやく男は下りてきた。平成29年1月、乗用車での右折禁止違反を犯したこの男。反則金7000円が未納だった。

先程の大学生同様、車に乗り込んだところで逮捕となった。捜査員が携帯電話の電源を切るよう求めると、会社に連絡したいと言う男。しかし逮捕となった今、それはもう許されないのだ。

「それはマズイんで一瞬だけ」とねだる男だったが、捜査員に遮られる。「やべ~今(家で電話を)しとけばよかった!」と後悔する男だった。

逮捕とは「捜査機関が被疑者逃亡及び証拠隠滅を防止するため強制的に身柄を拘束する行為」なので、当然外部の連絡も制限される。男にも8回にわたり出頭通知ハガキが送られていたのだが、仕事を理由に無視した結果、逮捕となってしまった。

警視庁交通執行課管理官は「ほとんどの方は(出頭通知)ハガキが届いたら出頭してくれるわけなんですけど、それを破った人を逃げ得を許していると、不公平感もありますし、元々ルールを守らない人が交通事故を起こすわけですから、そういう人を罰することによって交通事故の抑止につながっていく」と語る。

5000円、7000円の反則金を払っておけばすんだところ、結果、何にも代えがたい高い代償を払うことになってしまった。「前科一犯」として犯罪歴が記録されてしまったのだ。

「私は大丈夫!」と思っているあなた...反則金を払わないと交通執行課の捜査員があなたの家にやってきますよ...。

そして明日、8月25日(日)夜6時30分放送の「密着 ガサ入れ!」では...。

薬物の密売人の家へのガサや、外国人を違法に働かせる工場へのガサ、悪質な税金滞納者の自宅へのガサなど、様々なガサ入れの緊迫の瞬間に迫る。警察・組織犯罪対策課、東京出入国在留管理局、税金Gメン、税関(羽田空港など)のガサ入れにカメラが密着する。

外部リンク

cat_oa-yomutxcom_issue_c949d479c155 oa-yomutxcom_0_c6aa21c7e860_極貧生活から子どもたちのスターに。カードゲーム界のヒカキン「しゃま」のサクセスストーリー c6aa21c7e860

極貧生活から子どもたちのスターに。カードゲーム界のヒカキン「しゃま」のサクセスストーリー

2019年8月24日 20:00 テレ東プラス

今や時代を象徴するカリスマとなったYouTuber。ヒカキンや水溜まりボンドと並んで、小学生の男子の間で絶大な人気を誇るYouTuberがいるのを知っているだろうか。その名は「しゃま」。『デュエル・マスターズ』や『遊戯王』といった、今の20〜30代なら誰もが一度は遊んだことがあるだろう、カードゲームの動画を投稿し続けている。

まさにYouTubeのキャッチコピーである「好きなことで、生きていく」を体現したような人物だが、その道のりは苦難の連続だった。今回は、そんなしゃまさんに雌伏の時代のエピソードや、現在の活動にかける思いなどを教えてもらった。



「カードがガス代に見えてきた」...しゃまの過ごした雌伏の時代


──しゃまさんは主に『デュエル・マスターズ』をプレイするYouTuberとして知られています。幼少期からずっと"デュエマ"を遊んできたのですか?

いやぁ、実は小学校を卒業した後は、しばらくカードの世界から離れていたんです。

──えっ、そうなんですか。

カードゲームに復帰したきっかけは、大学時代に仲間たちと行った旅行でした。旅先で見かけたブックオフでたまたまカードが10枚100円で売っていて、「これ4セット買ったらデッキになるじゃん!」っていうノリで買ったんです。久しぶりにやったらすごく楽しかったので、その後もちょくちょくプレイするようになりました。

──なるほど。それからどうしてYouTubeを始めることに?

あまり知られてないんですが、もともと"ニコ動"にゲーム実況の動画を投稿していたんですよ。といってもほんの数本で、まったく芽は出ませんでしたが(笑)。それっきり動画は作ってなかったので、少し再開してみようかなって。"軽い思いつき"でしたね。当時はカードゲームの対戦を動画にしている人はほとんどいなかったのですが、なぜか「これを撮ったら絶対に誰か楽しんでくれる!」という謎の自信だけはありました(笑)。

──それが大学時代のお話ですよね。卒業後はどうされたんですか?

就職しました。1ヶ月だけ。

▲物凄いことをサラリと......。

──1ヶ月!?

実は入社した会社の事業が、グレーな方向に走り出しちゃって。大きな声では言えないんですが、情報商材チックな感じに......。上司に連れられて社外の会議に出席したら、待ち合わせの喫茶店に怪しいおじさんたちが座っているんですよ。「いや、これマズいだろ」と思って、速攻で退職しましたね。そこで直面したのが、7万円の家賃を支払えない現実でした(笑)。

──それほどの早期退職では、次の仕事の当てなども......。

なかったですねぇ。それからはとにかく日銭を稼ぐために、ビルの内観やホテルの客室を撮影する「物件撮影」の仕事をしていました。動画撮影用に性能のいいカメラだけは持っていたので。まあ、"にわかカメラマン"みたいな感じです。当時は民泊がブームで、月に20件くらいの案件はこなせたんですが、それでも生活はギリギリ。収入の増える見通しも立ちませんでした。

でも、YouTubeの広告収益だけは右肩上がりで伸びていたんです。期待値を考えても、これはYouTube一本に切り替えるべきじゃないかと、思い切って物件撮影の仕事を辞めました。

──まさに一世一代の決断ですね。そこからは順調に?

それが、最初はずっと大赤字で。しまいにはガスや水道も止まり、復旧のために業者の方を呼ぼうにも、目先の支払うお金すらない。「これはもうカードを売るしかねえ!」となって、動画内で開封したカードを売って光熱費に回していました。そうしていると、だんだんカードがガス代に見えてくるんですよ(笑)。パックを開封して2000円や3000円のレアカードが出ると、「これで今月は生きていける!」と。

今でも高額なパックを開封するときは緊張しますが、当時の緊張感とは比べ物になりませんね。"命がけのギャンブル"ですから。

──その言葉、マンガ以外で初めて聞きました......。

毎日YouTubeアナリティクスのいろんなグラフと睨めっこしては、「今を耐えれば生活できるはずだ」と自分に言い聞かせていました。そして、新卒1年目の2~3月頃にようやく黒字化しそうになったところで、裁判所から家賃滞納を警告する通達書が届いて。この封筒が、一目でわかるくらいヤバイんですよ。「『花より男子』のF4の手紙か!?」みたいな(笑)。その時は手元のカードをすべて売りました。



リスクを払ってリターンを得る。ブレイクスルーを勝ち取った"カードゲーマー思考"


──退職からの波乱万丈な一年を経て、ブレイクスルーのきっかけになった動画はあったのでしょうか?

実はデュエマじゃなくて『遊戯王』なんですが、1999年発売のVol.1のボックス開封動画が転機だったのかなぁと。これがすごいプレミアもので、20年前に4500円だったものが9万5000円で売られていたんです。自分が視聴者だったら「絶対に見る!」と確信できるシロモノだったので、なけなしの貯金10万円をそこに投資しました。そうしたら1年で100万再生を叩き出すくらいバズったんですよ。








──リスクを払って勝負に勝つ。なんだか勝負勘みたいなものを感じます。

それはカードゲーマーの性かもしれませんね。ゲームをやってきたことで、「リスクを払わないとリターンは得られない」という考え方は染みついていると思います。

例えば、デュエマに「フェアリー・ライフ」というカードがあるんですが、これにはマナ(カードの発動に必要なお金のようなもの)をひとつ増やす効果があります。ただ、カードを使用するということは手札が減るというデメリットもあるので、数字上の利益は生まれません。それでもゲームの終盤にハイコストなカードを使うための布石として、重宝されているんです。

──初期投資みたいなイメージでしょうか。

まさにそうです。実際にカードゲーマー出身で、経営者として成功されている方は多いですよ。子どもの頃にカードゲームで遊ぶと、リスクに対する免疫力とか、ビジネス思考みたいなものが自然と養われますからね。「意外と教育にいいんだよ!」ということは広めていきたいと思います(笑)。



やがて小学生男子のスターに、子供向け動画のマイルール


──しゃまさんは、2019年の「小学生男子の好きなYouTuberランキング」で堂々の13位に選ばれました。今や押しも押されもせぬ人気YouTuberですね。

あれに関しては、『デュエル・マスターズ』というコンテンツの力でしかありません! タカラトミーさんには本当に感謝しています。驚いたのが、イベントとかで子どもたちに会うと「テレビの人だ!」くらいの勢いで接してくれること。YouTubeが今の子どもたちの間で当たり前のものになっているのを実感しますね。








──時代の変化を感じますね。

テレビ東京でも昔、ニンテンドー64のゲーム『ポケモンスタジアム』の対戦の様子を、番組で放送していましたよね。僕の動画を見てくれる子どもたちは、あの番組の視聴者と同じ感覚だと思います。「デュエマで強くなりたいから、番組を見たい」。子どもたちにとってYouTubeとテレビに垣根はなくて、単純に好きなコンテンツを選択している感じかなと。

──しゃまさんの動画は、子どもから大人まで幅広い年齢層から人気です。異なるターゲットに発信する上で、気をつけていることはありますか?

チャンネルを分けたのは正解でしたね。主にデュエマだけを取り上げている「しゃまのデュエマちゃんねる」は、子どもを意識した内容です。個人チャンネルの「しゃま」は、昔カードをやっていた大人でも楽しめる内容にしています。

編集から喋り方まで、すべてガラッと変えていますよ。例えば、「デュエマちゃんねる」のテロップはポップな色使いにしていますが、「しゃま」ではモノトーンの落ち着いた配色に。テンションの高さも違うし、視聴者のリテラシーに合わせて専門用語も使い分けています。あと、子ども向けの動画では"絶対に攻めない"ですね。

──攻めない?

過激な企画はしないということです。子どもの頃ってどうしても、親御さんのパワーが強いじゃないですか。そこで「こんな動画見ちゃダメ!」となったら、そのまま「こんなカードやっちゃダメ!」に繋がってしまうわけですよ。

でも、子どもにとってカードはすごく楽しいものだし、それを取り上げるのはもったいないですよね。広い目で見たときに、業界を縮小させる一因になるわけです。




しゃまの考える「好きなことで、生きていく」


──業界の未来も考えながら活動されているんですね。カードゲームへの恩返しみたいな気持ちもあるのでしょうか。

そうですね。やっぱり「自分たちが遊ばせてもらった」という気持ちは大きいです。僕らの世代の男子って、子どもの頃に一度はカードゲームという道を通ってきているじゃないですか。でも、最近はまったくカードに触れたことのないお子さんも多いんです。

WHF(ワールドホビーフェア)の待機列を見ても、昔はどの子もデュエマをしていましたが、今は『ベイブレード』や『Nintendo Switch』をやっています。

──当時を知る世代からすると、衝撃の光景ですね。

そういう状況ですから、これからのカードゲーム業界は、大人も一緒に盛り上げないといけないと考えています。僕らの世代って、「再びカードに帰りたい」って思う瞬間もあると思うんです。あの頃やっていたな、懐かしいなって。そういった気持ちを呼び起こして、「ちょっと復帰してみようかな」と思ってもらえるような動画を目指しています。

もちろん、その懐かしさを感じてもらうためには、子どもの頃に一度はカードに触れていないといけません。その機会をつくることも、カードゲームYouTuberの使命なのかなと思いますね。

▲懐かしの人気カードたち

──しゃまさんの活動は、YouTubeのキャッチフレーズである「好きなことで、生きていく」を体現していると思います。しゃまさんにとって"好きなことで生きる"とは、どんな意味を持つのでしょうか。

どちらかというと「好きなことじゃなきゃ、生きていけない」って感じです(笑)。僕はいわゆるオタク気質で、ひとつのことに熱中するとフルコミットしてしまう。ほかのことが本当にできなくなるんです。それって、マルチタスクを求められる普通のサラリーマンだと、かなり苦労するじゃないですか。

昔はそういう人に向いている職業って、限られていたと思うんですよ。でも、YouTubeのおかげで、その選択肢は無限大になった。自分の好きなことを、そのまま自分の仕事にできるようになったんです。YouTuberという職業は、何かに熱中していて、それで生きていきたい人の救いになっていると思いますね。

外部リンク

cat_oa-yomutxcom_issue_c949d479c155 oa-yomutxcom_0_a05986061516_氷川きよしが宙を舞い、山崎育三郎がマンボ!? 「夏祭り にっぽんの歌2019」本番直後の楽屋を直撃! a05986061516

氷川きよしが宙を舞い、山崎育三郎がマンボ!? 「夏祭り にっぽんの歌2019」本番直後の楽屋を直撃!

2019年8月24日 12:01 テレ東プラス

これを見なけりゃ夏休みが終わらない! 演歌・歌謡曲ファン待望「土曜スペシャル 夏祭り にっぽんの歌 2019」(in中野サンプラザ)を、いよいよ今晩6時30分から、2時間半に渡って放送する。


今年は小林幸子が美空ひばりとコラボするほか、氷川きよしが宙を飛ぶ? そして山崎育三郎も美空ひばりのあの名曲をダンサブルに披露。「おもいで酒」「さそり座の女」「夜桜お七」に「無言坂」、「まちぶせ」から「タッチ」まで...と、何度でも聞きたい! 誰もが知る、あの名曲・代表曲の数々が、息もつかせぬオンパレードで歌い継がれていく。

そこで「テレ東プラス」では、本番後の氷川きよし&山崎育三郎を直撃取材。ここでは、楽屋を訪れた様子をあますことなくお伝えする。



「ステージで吊るし上げていただき(笑)、とても楽しかったです」


──今回、令和になって初の「夏祭り にっぽんの歌」となりました。まずは、ステージを終えての感想をお聞かせください。

「『にっぽんの歌』には、ずいぶん長く出演させていただいています。昭和から続く歴史ある番組で、テレビ東京さんならではの"THEショー!"という感じがしますね。懐かしい感じがしてどこかホッとするというか...。気取らなくていいですし、僕にとってはホームに帰ってきたような安らげる場所です。時代が変わっても、そういった場所があるということはありがたいです」

──ステージの雰囲気はいかがでしたか?

「今回は演歌ではなく、『限界突破×サバイバー』というオリジナルの楽曲を歌わせていただきましたが、皆さんキラキラ光るサイリウムを振ってくださって、曲に合わせてのってくださっていたのでとても嬉しかったです。会場がアニソンのイベントのような雰囲気に変わり、皆さん"ヒューーッ!"と、曲と一緒に盛り上がってくださったのでモチベーションが上がりました」

──「限界突破×サバイバー」は、とにかくアクションがすごいですよね!

「そうですね。歌う時はたいてい高いクレーンの上で頭を激しく振ったりするのでとてもハードです。今回も、中野サンプラザのステージで吊るし上げていただき(笑)、とても楽しかったです」

──リハーサルでは、ワイヤーアクションについても「全然怖くない!」とおっしゃっていました。高いところは平気なんですか?

「今日は比較的、吊るされる高さが低めだったんですよ。今まで結構ハードなアクションが多くて大変なステージを経験してきたので、それと比べたら...。"今日は楽に仕事をさせてもらっている(笑)"という気分になりました」

──改めて、「限界突破×サバイバー」の魅力について教えてください。

「何といっても詞ですね。森雪之丞先生に書いていただきましたが、自分と戦って殻を破り、限界を突破していくというすごく前向きな詞です。今の僕の生き方とどこか重なるといいますか...。普段は少し抜けている部分もあるけど、いざ戦うとスイッチが入って必ず勝つ! という生き方が表現されています。アニメの名曲を数多く手掛けられた森先生の神髄が集結されているような...そんな作品です」

──タイトルにちなんで...。今、氷川さんが"限界突破"したいことはありますか?

「常に限界突破したいと思っています。そして過去の自分に勝つこと! 終わってしまったことは全部過去なので、次はどういう自分を表現できるか...。イチ表現者として、自分に負けず諦めることなく戦い続ける心を大切にしたいです。周囲に感謝しながら歌の限界を突破していきたいですね。

"氷川きよしというジャンル"を自分で作り上げていきたいです。『どんな曲も歌えるんだ!』という自信を持って、カテゴライズを全部ぶち破っていける歌手人生を送りたい。人間っていつどうなるかわからないじゃないですか。最期の瞬間に悔いが残らないように戦っていけたらいいなと思っています」

──ジャンルレスな歌への挑戦...期待しています! 最後に、読者へメッセージをお願いします。

「『限界突破×サバイバー』を歌わせていただき、皆さんに『氷川きよしはこういう曲も歌うのか!』と知っていただけるいい機会になりました。歌手の皆さんの個性が花咲く『にっぽんの歌』。日本には、本当にいい演歌や歌謡曲がたくさんありますので、それぞれの輝きを家族皆さんで楽しんでください」

──氷川さん、ありがとうございました!

【氷川きよし プロフィール】
福岡県出身。A型。2000年2月『箱根八里の半次郎』でデビュー。20周年シングル「大丈夫/最上の船頭」 Dタイプ、Eタイプ、Fタイプが、8月27日(火)に発売される。
9月6日(金)デビュー20周年記念コンサートを大阪城ホールで開催。



「新しい『お祭りマンボ』を楽しんでください!」


続いて、ミュージカル界のプリンス・山崎育三郎を直撃! 7月にリリースした自身のカバーアルバム「MIRROR BALL'19」から、美空ひばりの「お祭りマンボ」を披露。全力で歌いきり、踊りきったステージの後、実に爽やかな笑顔で現れた。

──すごくステキなステージでした!

「めちゃくちゃ楽しかったです! 1曲ですべて出しきりました。『お祭りマンボ』は美空ひばりさんの名曲で、皆さんに愛される曲なんですけど、今回ヒャダインさんにプロデュースしていただき、また新たに若い世代の皆さんにも聞いてほしい、好きになってほしいという思いもこめて歌わせていただいています。タップダンスから始まり、途中ラップがあり、テンポもドンドンアップしていくので、歌っていても本当に楽しいんですよね。どれだけハードでも、美しい日本語だけは届けたいという思いもあります。新しい『お祭りマンボ』をテレビを見ている皆さんにも、ぜひ楽しんでほしいです」

──今回、「にっぽんの歌」初登場となります。感想をお聞かせください。

「まず出演者の皆さんが豪華ですし、歴史がある番組だということは、ステージにいてもヒシヒシと感じられました。祖母と母が演歌や歌謡曲が大好きで、僕自身もそういうところから音楽に触れてきたんですね。美空ひばりさん、テレサ・テンさん、小椋佳さんとか...。素晴らしい歌唱力、そして美しい日本語。日本を代表するアーティストの皆さんが集結している番組ですよね。あと、おそらくミュージカル俳優が出演するのは初めてではないでしょうか。新しい融合といいますか、そういう意味でも感慨深いものがありました」

──育三郎さんはカバーアルバムもたくさんリリースされていますが、普段からよく昭和の歌謡曲を歌うのでしょうか?

「そうですね。布施明さんの『君は薔薇より美しい』、美空ひばりさんの『愛燦燦』、氷川きよしさんの『箱根八里の半次郎』とか、玉置浩二さんの曲もカラオケでよく歌います。岡山に住む祖母がとにかく氷川さんの大ファンなので、高校生の頃から、帰省した時は必ず一緒にカラオケに行って氷川さんの歌を歌うんですよ。『にっぽんの歌』には氷川さんもご出演されているので、今回は本当に喜ぶと思います」

──山崎育三郎さん、ありがとうございました!

【山崎育三郎 プロフィール】
1986年1月18日、東京都生まれ。A型。2007年、日本上演20周年の『レ・ミゼラブル』でマリウス役としてデビュー。2010年1月10日(金)たましんRISURUホールを皮切りに、「山崎育三郎 LIVE TOUR 2020 MIRROR BALL」を開催する。
※詳細はコチラから!https://www.ken-on.co.jp/1936_livetour2020/ticket_schedule/

いよいよ今晩6時30分放送! 「土曜スペシャル 夏祭り にっぽんの歌 2019」。今年は、宮本隆治さん、松丸友紀アナに加えて鈴木梨央さんがゲストMCとして参加。ジブリコーナーでは歌声も披露してくれます。

さらに、小林幸子さんがあの美空ひばりさんとコラボ! 氷川きよしさんが宙を飛んだりと見どころ満載です。真夏の夜を彩る、誰もが聞いたことがある名曲の数々...ぜひ堪能してください!

出演者
【出演歌手】石川ひとみ、市川由紀乃、五木ひろし、井上あずみ、岩崎良美、大月みやこ、北島兄弟、木村弓、香西かおり、伍代夏子、小林幸子、坂本冬美、神野美伽、田川寿美、天童よしみ、中村美律子、長山洋子、新沼謙治、原田悠里、氷川きよし、福田こうへい、藤あや子、細川たかし、堀内孝雄、増位山太志郎、美川憲一、水森かおり、三山ひろし、米良美一、杜このみ、森山愛子、山川豊、山崎育三郎 (50音順)

外部リンク

cat_oa-yomutxcom_issue_c949d479c155 oa-yomutxcom_0_2b1deda1c9d3_これぞ奇跡の晩餐...”野外レストラン”で、五感がすべて刺激される魚介専門フレンチを堪能 2b1deda1c9d3

これぞ奇跡の晩餐...”野外レストラン”で、五感がすべて刺激される魚介専門フレンチを堪能

2019年8月24日 07:56 テレ東プラス

青森のアサムシ温泉・・・・青森県関係やご存知の方には大変失礼だが、正直言ってどんな漢字なのか?思い浮かばなかった。しかも今回のテーマはJourney of Aomori Artistic Soul。青森のアート魂って? 青森といえば「ねぶた祭り」の骨太な感じ? そして「浅虫」という地名と場所がわかってもまだ「?」は消えなかった。しかしながら「淺蟲」という蠢くエネルギーを醸し出す字を現地で見たときに、ざわざわとし始め、「浅虫へ 海も山も温泉も」という棟方志功作のポスターが、ずんと胸に落ちた時には・・・すでにその魅力に嵌っていた。

「ダイニングアウト~奇跡の晩餐~」では、そのレセプションの前から既にワクワク感が始まっていた。そこそこ長い移動も、センスのよい選曲の音楽をレクサスの極上な客席で聴きながらドライブを味わう。時間と思えば苦ではなく、たどりついたのは正面を避けた駐車場・・・屋外にある奈良美智の作品に案内されて初めてそこが美術館であることを知るというサプライズ!

アミューズとシードルを味わったのち、超モダンな青森美術館を貸し切り状態で奈良美智や棟方志功作品からシャガールまで、じっくり堪能する幸せは、この後も特別な時間と空間が用意されていることを予感させるに十分すぎるほど。そしてもはやレクサスが運転手つきの自家用車の気分になって向かった先は、陸奥湾に浮かぶ湯ノ島を臨む高台の浅虫高野山 陸奥護国寺。ちょうど満開を迎えた紫陽花が咲き誇る夕暮れの道を上ったところに、その「奇跡の晩餐」が待っていた。

ニセコ、佐渡島、日本平、尾道、鳥取、祖谷、内子、有田、佐賀、竹田、国東、宮崎、八重山、南城・・・と各地で開催されてきたプレミアムな野外レストラン"ダイニングアウト"。初の東北地方での開催地として選ばれたのは青森県浅虫。その歴史ある温泉地での"奇跡の晩餐"に挑戦するのは、魚介専門フレンチをコンセプトに掲げる「abysse」の目黒浩太郎シェフ。地元でも希少とされている魚やお馴染みの魚介が、18品にわたって地元の人でも味わったことがない姿、味で供されるという目黒シェフのマジックが、"奇跡"を起こした。

カワハギが、まさかのラベンダーアイスに包まれて登場。

串に刺したきりたんぽ・・・と思いきや実は魚肉(鮎魚女)ソーセージ。

こんなもずく料理ってアリなの? と思える、でも間違いなくフレンチの一品

驚き!イカの塩辛ニョッキ!? ジャガイモと塩辛を合わせるという地元料理から着想を得た逸品。

地元でも幻と言われ、実は直前までその入手すら危うかった「イシナギ」は、想像を超えた"たんぱく"質感120%"。こんなに美味しい魚は食べたことがない。と地元民も唸る。

本マグロは刺身か鮨でしょ! という人にも食べてほしい中トロ。

あと3皿は食べたい! と思わせる、まさに海が凝縮したリゾット。

ハーブたちが楽し気に閉じ込められたくずきりや真珠のデザートたち

ともあれ野菜でもなく肉でもなく、獲れないと話にならない魚介をこの2晩限りの"晩餐"のメインとすること自体がリスキーであることを、目黒シェフ一言で気づかされた。この完璧な料理こそまさに"奇跡"。五感すべてを刺激されるダイニングアウトの裏側を、極上の席でご鑑賞ください。そして魚は獲れたての刺身が一番! と思っているそこのアナタ! まさに"目から鱗"の体験が可能な「奇跡の晩餐」は、8月25日(日)夜9時からBSテレ東で放送します。どうぞお楽しみに!

BSテレ東 2019年8月25日(日)夜9時から
「奇跡の晩餐~ダイニングアウト物語~青森・浅虫篇」
https://www.bs-tvtokyo.co.jp/official/diningout14/

外部リンク

cat_oa-yomutxcom_issue_c949d479c155 oa-yomutxcom_0_2af397cdaacb_生々しいご当地キャバ嬢が大暴露! 田舎で月収160万円稼ぐカラクリとは!? 2af397cdaacb

生々しいご当地キャバ嬢が大暴露! 田舎で月収160万円稼ぐカラクリとは!?

2019年8月23日 22:00 テレ東プラス

【配信終了日:8月29日(木)】動画はこちら

売れっ子から懐かしのスターまで、芸能人が驚きの近況を報告する番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」(毎週木曜深夜0時12分放送)。8月22日(木)の放送では、「全国のご当地キャバ嬢が集結スペシャル」をお送りしました。

テレビによく出ているキャバ嬢ではなく、実際に全国各地で働いている"生々しい"現役キャバ嬢9人がスタジオに集結し、貴重な話を大暴露してくれました!



地方キャバ嬢のMAX月収と儲けのカラクリ


東北最大の繁華街・宮城県仙台市の国分町のキャバクラで働くあーこさんは、プロ野球選手のお客さんが多く、MAX月収400万円。しかし、毎晩同伴を繰り返した結果、痛風になってしまったそう。

福島県須賀川市のキャバクラで働くそらさんは、人口7万5000人の街にもかかわらず、MAX月収160万円。実は、免許センターや宿泊施設が近くにあり、県外から免許合宿に来た学生たちからの指名により、これだけ稼げているそう。

莉愛さんが働く岩手県盛岡市のキャバクラにはシェフが駐在。同伴ではなく店内で食事をさせる新システムのため、ご飯を食べる感覚で遊びにくるお客さんが多いのが特徴なのだそう。なんと味噌汁が500円!

九州随一の繁華街、福岡県中洲のキャバ嬢・八乙女凛華さんは、母はスナックのチーママ、父はソープの店長という水商売のサラブレッド。週1回の出勤で、なんと月収100万円! 出張客が多い土地柄のため、地方から太客が来店する日だけ出勤するスタイルで効率よく稼いでいるのです。新規の出張客を獲得する秘訣は、地元客と話すときよりも多めに「博多弁」を使うことだそう。



ご当地キャバクラあるある


続いては「ご当地キャバクラあるある」を披露。

青森なまりがキュートな、青森県弘前市の繁華街・鍛冶町のキャバクラで働くなみさん。弘前のキャバクラの料金システムは「1時間飲み放題で3000円」で、トップキャバ嬢のなみさんでも、時給は頑張っても2000円ほどだそう。

しかし、激安料金にも関わらず、キャバ嬢のドリンク代もセット料金に込みにしろと要求してくるお客さんも多いそう。このような、キャバ嬢にプラスαの儲けがないお客さんのことを、裏では"時給"と呼んでいるとのこと。

莉愛さんが働く盛岡のキャバクラでは、地元のお客さんが多いため、「高いシャンパンが1本出ただけで、盛岡中で噂になっちゃう」と、ご当地ならではのあるあるを。

中華街のお面似(!?)の山形県新庄市のキャバクラで働くえりざべすさんは、「働いている女の子のほとんどがシングルマザー」というあるあるを。一旦20歳くらいで結婚し、離婚してからお店にカムバックしてくる女性が多いため、店は託児所完備が当たり前なのだそう。

福島のそらさんは、「おっぱいはみんな作り物です」と衝撃の大暴露! パッド・ヌーブラ・ブラジャーで胸を"トリプル盛り"していることを告白しました。胸元が開いたドレスを着てアピールすることが多いキャバ嬢は、少しでも綺麗に見えるように努力しているようです。

眠らない町、東京・歌舞伎町のNo.1キャバ嬢・椿そらさんのMAX月収は、なんと2800万円! 椿さんは、YouTubeで自身に施した整形の金額を公表。

なんとその額、胸から上だけで3600万円超え! さらに、椿さんは「うちの店は正直95%くらい(整形を)していると思う」と暴露しました!(あくまで椿さんの見解です)



客からもらうプレゼントもご当地感満載!?


お客さんからもらった衝撃すぎるプレゼントについての暴露も。

歌舞伎町No.1キャバ嬢の椿さんは、周りは数千万円のプレゼントをもらっているものの、「私は200~300万円の時計とかだったら、もらってもいいかな」と発言。ご当地キャバ嬢たちは、200万円のものでも「もらったら怖い」と驚いていました。

高額なプレゼントに慣れた東京のキャバ嬢に対し、ご当地キャバ嬢がもらったプレゼントとは!?

仙台のあーこさんは、「県外から来る出張客が多いので、秋田県からハタハタが送られてきたことがある」と、心温まる話を。弘前のなみさんは、りんご農家のお客さんが多いためりんごをもらうことが多いそうですが、なみさんの家もりんご農家なので、あまり嬉しくはないようです。福島のそらさんは、「ご飯を食べたい」とねだると、田植えをし終わった田んぼをもらい、自分は何もしなくても米を持ってきてもらえるそう。

プロ野球やコンサートの地方公演が近くでよく行なわれる仙台・国分町のキャバ嬢あーこさんは、お笑い芸人と有名ヴィジュアル系バンドのメンバーに口説かれた経験を暴露。芸人の方からは、今でもたまに連絡が来るそうです。

歌舞伎町の椿さんも、ある有名お笑い芸人に空港のラウンジの喫煙所でナンパされたといいます。その後、連絡先を教えたら本当にお店に来てくれたそうですが、その人は他の店にもよく来るという歌舞伎町の常連でした。

この番組は、現在「ネットもテレ東」で限定配信中です。

外部リンク

cat_oa-yomutxcom_issue_c949d479c155 oa-yomutxcom_0_43f186dd9d67_身体を芯から冷やすアイススラリー、熱中症対策に効きそうか試してみた 43f186dd9d67

身体を芯から冷やすアイススラリー、熱中症対策に効きそうか試してみた

2019年8月23日 20:00 テレ東プラス

いよいよチケットの販売が開始され、来年の開催に向けて五輪ムードが高まってきました。ただ、ここ数年の猛暑から、真夏の開催となる今回のオリンピックでは、選手や大会関係者の熱中症が危ぶまれているようです。

スポーツ選手の熱中症対策については、スポーツ医学の分野でも研究が進んでいます。その中でも注目されているのが、「プレクーリング」という理論。運動前に身体を冷やしておくことで、体温の上がり方を抑え、熱中症のリスクを下げるというものです。

プレクーリングの効果はどのぐらいあるのか?今回は身体を芯から冷やすとされる「アイススラリー」を使い、実際に試してみました。



プレクーリングで、体温が上がりきるまでの時間が倍に伸びた


アイススラリーとは液体と細かい氷の混合物のこと。最近ではパウチタイプのものが市販されており、冷凍庫で凍らせてから摂取することで、身体を冷やす効果が期待できるとされています。氷が細かい粒状になっているので、溶ける前に胃まで飲み込んで、身体を中から冷やせるのが魅力です。ただ、吸い込むようにすると口の中で溶けてしまうので、喉の奥に絞り出すようにして、そのまま飲みこむのが良さそうでした。

今回は2日に分けて、通常時とアイススラリーの摂取後に、それぞれエアロバイクを歩くぐらいのスピードで漕いでみました。耳温度計による体温計測も行ったので、参考までにチェックしてください。

エアロバイクを踏む前に、アイススラリーを摂取してみると、胃のあたりがぐ~っと冷えていくのが分かります。36度あった体温が、35.4度まで下がっており、どうやらプレクーリングに成功したようです。

その後にエアロバイクを漕ぎはじめると、違いは汗のかき方に現れました。通常では15分ぐらい経つと、全身がじんわりと汗をかき始めます。しかし、事前にアイススラリーを摂取した状態では、同じぐらいの汗をかくまで25分かかりました。

また、体温をチェックしていると、どうも汗を全身にしたたるぐらいにかいたところで、汗が気化できなくなったせいか体温が急に上がっていました。一方でアイススラリーを摂取した場合には、そのタイミングを10分程度遅らせることができたようです。

エアロバイクを漕ぎ続けると、どちらも最終的に体温は37度程度で落ち着きます。ただ、そこにたどり着くまでの時間を、アイススラリーを摂取することで30分程度遅らせることができたようでした。



熱中症になりかけの身体を急冷するにも、アイススラリーは利用できる?


どうやらプレクーリングを行えば、体温が上昇しきるまでの時間を遅らせることができそうです。ただ、運動をせずに炎天下に立ち続けてみたところ、アイススラリーを摂取するのとそうでないのとでは、体温の上がり方、汗のかき方などにそこまでの違いは見られませんでした。

体調や個人差、温度測定の方法にもよるかもしれませんが、どういう状況でプレクーリングの効果が期待できるかは、もう少し色々と試してみる必要があるかもしれませんね。

なお、風呂上りにアイススラリーを摂取したところ、38.2度あった体温が37.5度まで下がりました。熱中症の症状が出た状況では、アイススラリーを飲み込むのは難しいかもしれませんが、その手前の状況で身体を急速に冷やすにも有効かもしれません。

外部リンク

cat_oa-yomutxcom_issue_c949d479c155 oa-yomutxcom_0_dfe7f0325934_星野源「充希ちゃんは、すごく懐が深い」×高畑充希「源さんの周りはとても心地良いです」 dfe7f0325934

星野源「充希ちゃんは、すごく懐が深い」×高畑充希「源さんの周りはとても心地良いです」

2019年8月23日 18:00 テレ東プラス

引きこもり侍が、城ごとお引っ越しに挑む!? 星野源主演の映画「引っ越し大名!」が、8月30日(金)公開!

星野さん演じる主人公は、書庫に引きこもって本ばかり読んでいるため、「かたつむり」と呼ばれる姫路藩の書庫番・片桐春之介。ひょんなことから藩の引っ越し(国替え)の総責任者"引っ越し奉行"という大役を任されることに! 江戸時代の引っ越し(国替え)は、全ての藩士とその家族全員で大移動という桁外れの費用と労力がかかる超難関プロジェクト。姫路から大分へ、人数10、000人、距離600km、しかも予算なし!? この前代未聞の引っ越し、一体どうなるの!?

今回は、春之介を演じる星野源さんと、前任の引っ越し奉行の娘・於蘭を演じる高畑充希さんの対談をお届け。2人は音楽バラエティ番組での共演はあるものの、役者としては初共演。猛暑の京都での撮影、星野さんを支えたのは、高畑さんの○○だった!? お互いの印象や、撮影中のエピソードなどをうかがいました。



源さんはいい人過ぎてストレスで死んじゃうんじゃ......!?


──お2人は、高畑さん主演ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)の主題歌を星野さんがご担当されたり、星野さんの音楽バラエティ番組『おげんさんといっしょ』(NHK総合)でも共演されていますが、役者同士としては今回が初共演。この映画での共演が決まったときはどう思いましたか?

星野「とにかくうれしかったです。充希ちゃんとは、ちゃんとお芝居をしたいなとずっと思っていたので」

高畑「私もです。源さんとは、ご縁があるなと感じることが立て続けにあって、その中でこの映画のお話をいただいて。またご縁があった、と思いました。源さんと作品を通して会えるのはすごくうれしかったですし、なんだか楽しそうだなと。正直、この映画で共演するまで、ちゃんとお話ししたことがなかったので、いろいろお話してみたいと思いました」

──お互いどんな印象をお持ちでしたか? またお芝居で共演されてみて、今までと印象は変わりましたか?

星野「僕が最初に充希ちゃんを見たのは、舞台でした。そうそうたるキャリアを積んだ舞台役者さんたちがいる中、充希ちゃんはすごいパワーで周りを引っ張っていて。この人といつか仕事をしたいなとずっと思っていました。『おげんさん~』の現場でも、生放送でほぼアドリブで40分ぐらいやるんですが、かなりのムチャぶりでも堂々とやってくださるんです。とにかく肝が据わっていて、パワーが強いイメージですね」

高畑「『おげんさん~』のときの源さんは、"ついてこいよ!"というタイプではなく、静かなるリーダー。周りもナチュラルに源さんの作った道をみんなで並んで歩いていくという感じなんです。この映画の現場でもそれは同じで、源さんは源さんのままでした」

星野「そう言ってもらえるのは、うれしいし、ありがたいです。僕自身、人を引っ張っていくというよりは、そうありたいとは思っています」

──そういうリーダーとしての在り方は、星野さんが演じる主人公・春之介に近いように思えます。星野さんは、春之介のようなリーダーは好きですか?

星野「そうですね。春之介は、規律の通りに進むのではなくて、相手の心に応じて自分で判断して進んでいく人でもあると思うので、非常に好感が持てます」

高畑「源さんはすごく気を使ってくださる方で。いい人過ぎてストレスで死んじゃうんじゃないかと思うぐらい(笑)、周りの人の気持ちをすごく敏感に汲み取ってくださる方なので。周りはとても心地いいんですが、源さんご本人が心配で(笑)」

星野「今回、僕は充希ちゃんにずっと支えてもらっていました。夏の京都での撮影はハードでしたが、僕が『眠い』とかグチを言うのをずっと聞いてくれて(笑)」

高畑「いろんな話をしましたね」

星野「ね。充希ちゃんは、すごく懐が深いというのか。充希ちゃんが演じる於蘭さんもそうですが、求心力とかホスピタリティがあって、すごくいろんなものを吸収してくれるような人。一足先に撮影を終えて別の映画の現場に行ってからも、ロケ先の北海道から"源さん大丈夫ですか"ってメールをくれたり」

高畑「ものすごく暑い京都から、私だけ先に去ってしまったので。"北海道は涼しくていいですよ"というメールに、おいしいものの写真も添えて(笑)」

星野「そうそう。ジンギスカンとか北海道のいろんなおいしいものの写真(笑)。充希ちゃんのメールにすごく支えられました」

──お話を聞いていると、現場でのお2人の関係性は春之介と、彼を支える於蘭に重なりますね。

高畑「源さんが座長で一番大変だから、グチでも何でもいいので、話せる相手でいたいという思いがあって。私もそれがすごく楽しかったんです。私自身、現場では女性1人で、ずっと話していられる人を見つけるのが難しい中、源さんがいてくださったことがすごく癒しでもありました。多分、源さんがいなかったら、私も精神的にグラグラしてしまったと思います。源さんに助けていただきましたし、支えてもらいました」

──役者としての共演で、お互いに新しい発見はありましたか?

星野「優しい人であり、強い人だなという印象は変わらないですね。意外な面というか、ビックリしたことはありました。於蘭さんが馬に乗るシーンが、すごくカッコよくて。乗馬の経験があるのかと思っていたら初めてだって言うので、驚きました。怖いって言いながら乗ってたよね」

高畑「めっちゃ怖かったです(笑)」

星野「でも、全然怖がっているように見えないという(笑)」

高畑「私、恐怖が顔に出にくいみたいで、割とムチャぶりされがちなんです。内心は"どうしよう!?"と思っているんですよ。顔に出ないのって、損ですね(笑)」



好きなことを貫き通した出世物語、すごく魅力的だと思います


──慣れない仕事に戸惑う春之介と、そんな春之介を叱咤激励する姉御肌の於蘭は、ベストカップルだと思いました。ご自身はこういうタイプの異性はいかがですか?

星野「於蘭さんは素敵ですよね。春之介が思ったことを言えたり実現できたりするのは、於蘭さんが目の前にある余計なものをどかしてくれるからじゃないかなと。お蔭で春之介が前に進んでいけるようになる、そういう人ってすごいと思います。相手を引っ張っているような、押しているような、そばで見ているような。時代劇の中ではあまり見たことのないタイプの女性で、現代的な感じがいいですね」

高畑「実は私、引きこもりの人が好きなんです(笑)」

星野「じゃあ、友達が多くて、みんなでワーッとにぎやかにしているような人は、そんなに響かない?」

高畑「そうですね。たくさんの友人関係があるのも、素敵なことだと思います。ただ、私は"なんでそんなに友達少ないの?"と感じる人に興味が湧いちゃうというか(笑)」

星野「なるほど」

高畑「そういう人は信用できるなと思うんです。春之介さんもそうだけど、嘘がないというか。良い意味で人に無理に合わせないというのは、とても魅力を感じますし、私自身も年齢を重ねるにつれて交友関係が狭く深くなっているので、同じようなタイプの方がいいかなと。それでいて春之介さんみたいに人望があったら、最高です」

──最後に、映画の見どころをお聞かせください。

星野「春之介は趣味だけで生きていて、趣味以外の仕事はしたくない男ですが、そんな彼がやりたくない仕事をやらなければいけなくなります。そこから、趣味だったものによって仕事が開花するという話になっていて、僕はそういうストーリーが大好きなんです。主人公が好きなことを貫き通した出世物語、すごく魅力的だと思います。

あと、『引っ越し大名!』というタイトルから時代劇だけど殺陣はないのかと思われるかもしれないですが、クライマックスにすごい殺陣があります。(高橋)一生くんが頑張っていてかっこいいので、そこもぜひ観ていただきたいです」

高畑「時代劇ではありますが、キャラクターが現代的。特に春之介さんのキャラは、現代のサラリーマンの方に刺さるのではないでしょうか。やりたくないことを押し付けられることが多い中で、好きなものが見つかって前進していく春之介に勇気をもらえると思います。どんな方にも楽しんいただける作品なので、休日のお供にしていただけたら、うれしいです」

浴衣姿での撮影。高畑さんが後ろからイタズラっぽい視線で見つめていると、星野さんがそれに気づき、微笑みあう姿が印象的でした。柔らかでいて、ちょっとクセのある感性を漂わせる魅力的な2人が、映画の中で見せるコンビネーションをお楽しみに。






主演:星野源×原作・脚本:『超高速!参勤交代』シリーズの土橋章宏×監督:『のぼうの城』の犬童一心、笑いと感動の映画「引っ越し大名!」は8月30日(金)全国公開! また、公開に先駆け、テレビ東京にて8月24日(土)午前11時30分より、星野源、高橋一生、高畑充希ら豪華キャストが集結したこの夏一番の映画「引っ越し大名!」公開記念特番を放送。貴重な撮影現場の舞台裏から撮影時の㊙エピーソードなど出演者自ら楽しく作品の見どころを紹介します! お見逃しなく!!

映画「引っ越し大名!」
8月30日(金)全国公開!
【キャスト】星野源、高橋一生、高畑充希、小澤征悦、濱田岳、西村まさ彦、松重豊 / 及川光博 ほか
【原作・脚本】土橋章宏「引っ越し大名三千里」(ハルキ文庫刊)
【監督】犬童一心
【主題歌】ユニコーン「でんでん」(Ki/oon Music)
【配給】松竹
公式サイト:http://hikkoshi-movie.jp/

外部リンク

cat_oa-yomutxcom_issue_c949d479c155 oa-yomutxcom_0_9cf550a74a0c_小林幸子&美川憲一の楽屋を突撃! 何度でも聴きたい「おもいで酒」「さそり座の女」名曲秘話 9cf550a74a0c

小林幸子&美川憲一の楽屋を突撃! 何度でも聴きたい「おもいで酒」「さそり座の女」名曲秘話

2019年8月23日 12:00 テレ東プラス

これを見なけりゃ夏休みが終わらない! 演歌・歌謡曲ファン待望「土曜スペシャル 夏祭り にっぽんの歌 2019」(in中野サンプラザ)。いよいよ明日8月24日(土)夜6時30分から、2時間半に渡って放送する。

今年は小林幸子が美空ひばりとコラボするほか、氷川きよしが宙を飛ぶ? そして山崎育三郎も美空ひばりのあの名曲をダンサブルに披露。「おもいで酒」「さそり座の女」「夜桜お七」に「無言坂」、「まちぶせ」から「タッチ」まで...と、何度でも聞きたい! 誰もが知る、あの名曲・代表曲の数々が、息もつかせぬオンパレードで歌い継がれていく。


そこで「テレ東プラス」では、なんと本番後の小林幸子、美川憲一を直撃取材。かつては演歌の雑誌やラジオ番組を手がけており、演歌・歌謡曲マニアである記者H。大御所中の大御所! そして生涯忘れることはない貴重な取材とあり、実は前の晩から緊張で胃が痛かったのだが(笑)、そんな心配はよそに、小林さんも美川さんも、取材班を温かく出迎えてくれた。ここでは楽屋を訪れた様子を、あますことなくお伝えする。



「『おもいで酒』のイントロは、今も昔も私にいろいろなことを考えさせてくれます」


──「夏祭り にっぽんの歌」は、昭和に始まり、平成、令和と時代をまたいで受け継がれています。歌手の皆さんにとっても夏の恒例となっていると思いますが...。

「そうですね。本当に恒例となっています。『夏祭り にっぽんの歌』のお話をいただくと"あ~夏だな~"と感じます。会場(中野サンプラザ)に来る途中、いつも車から、盆踊りをしている光景を見るんですよ。より夏を感じさせてくれますよね。

今年は、チビッコたちに大人気の映画 ポケットモンスター『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』の主題歌『風といっしょに』も歌わせていただいているので、そういう意味では、"夏はポケモン!"という気分でもあります。ポケモン映画の主題歌は21年ぶりにお話をいただいて、21年前と同じ『風といっしょに』を中川翔子ちゃんと一緒に歌わせてもらっています。こちらもぜひ、楽しんで欲しいですね」(小林 以下同)

──プライベートで、夏が終わる前にやりたいことはありますか?

「実は、私の唯一の趣味がスキューバダイビングなんです!」

──意外です! 小林さんは高い場所にいらっしゃるイメージが(笑)。

「もちろん高いところも好きなんですよ。でも、海に潜ることも大好き。ここ1年間はできてないですけど...」

──主にどちらの海に潜るんですか?

「今まで結構いろんな場所に行きましたが、最初に潜り"竜宮城はこの世にあるんだ!"と感じさせてくれたのは石垣島の海でした。そこで意を決し、ダイビングライセンスを取りに行ったんです。ライセンスを取得しているか否かで、潜れる場所も大きく変わってくるんですよ。(ライセンスを)持っていると、"ドン!"といいポイントに連れていってもらえるので...」

──ライセンスも取得されているとは! アクティブな小林さんに驚きです。海外の海にも行かれるのでしょうか?

「ボラボラ島やパラオなどで潜ると、4畳半くらいの大きさのマンタに会えるんですよ。"エイのお化けみたいなやつ。その光景を見ていたら、"生きてるということは本当に幸せ"という気持ちにさえなります(笑)。水の中にいるといろんな意味でリセットできる...そんな感じですかね。でも、最近の夏休みはフェスやコンサートで忙しく、歌っていることが多いかもしれません」

──今回の「夏祭り にっぽんの歌」では、大ヒット曲「おもいで酒」を歌っていただきました。私事で恐縮ですが、母と一緒にレコードが擦り切れるほど聞いた思い出の名曲です。

「まぁそれはありがとう。『おもいで酒』は、昭和、平成、令和と3つの時代にまたがって歌わせていただき、こういうお話を伺うと、改めて時代を越えて皆さんに愛されているな...と実感します。『にっぽんの歌』は、若い頃の自分の思い出とリンクするような心に残る歌がたくさん登場します。毎回ステージで歌わせていただくと、嬉しそうに聞き入ってくださっているお客様の姿が目に入るので嬉しく思います」

──「おもいで酒」を歌いながら、当時の出来事を思い出すことはありますか?

「基本的に歌というのはそういうものですよね。一瞬でその時代にワープさせてくれる歌の存在は、本当にすごいなと思います。『おもいで酒』は、歌番組で年間1位を取らせていただき、番組の冒頭からずっと泣き続けていたという思い出がありますね。数多くの賞もいただきました。8小節のイントロは、今も昔も私にいろいろなことを考えさせてくれます。この曲の8小節を聞く度に、"今日もしっかり歌おう! お客様にしっかり伝わる歌を歌えているかな"という気持ちにさせてくれる。いつでも自分自身と対峙させてくれる...『おもいで酒』は、私にとってそんな曲です」

──小林さん、ありがとうございました!

【小林幸子プロフィール】
1953年新潟県生まれ。A型。1964年、10歳の時に「ウソツキ鴎」でデビュー。1979年「おもいで酒」が200万枚突破の大ヒットとなり、日本レコード大賞「最優秀歌唱賞」を始めとする数々の歌唱賞を受賞。今年芸能生活55周年を迎えた。現在、映画「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」の主題歌、小林幸子&中川翔子『風といっしょに』が好評発売中。最近では、「ニコニコ動画」などで若い世代からも支持されている。



「否定から始まる歌(「さそり座の女」)って...そんな詞、他にないわよ(笑)」


お次に楽屋訪問させていただいたのは...これまた大御所中の大御所! 美川憲一さん。小林さんも同様ですが、あれだけスポットライトを浴びた後にもかかわらず、まったく汗をかいていないところにプロ魂を感じます。「私ね...体には悪いと思うんだけど、まったく汗をかかないのよ。暑いのはまるで平気なの。汗もかかずにシラーッと歌うから、"一生懸命歌ってないんじゃない?"と思われがちなのよ(笑)」と美川さん。場が一気に和みます。

──今年のステージの雰囲気はいかがでしたか?

「『にっぽんの歌』は、本当にこの番組が好きで見ている方が多いんですよ。令和になっても、こういう番組は長く続けていただきたいですね。観覧のお客様もとてもお上品で、歌謡曲が好きな方が多いから、熱気としてそれが伝わってくるんですよ。拍手も多いし、一緒に口ずさんでいる方もいらっしゃる。そんな熱いファンの皆さんに、この番組は支えられているんだなと感じます」

──美川さんにとって「にっぽんの歌」は、夏の思い出とも言えるのでしょうか?

「当たり前じゃないのッ!(笑) 『にっぽんの歌』がやってこないと夏を感じられないのよ。もはや夏の恒例行事ですから。昔の懐かしいヒット曲をテレビで聴きたいと思っても、最近はなかなか聞ける機会がないじゃないですか。しかも知っている曲ばかりで本当に豪華! たくさんの歌手の皆さんが歌い継いできた大切な番組ですから。この番組があるからこそ、私は夏を感じることができるんです。

でもね、今年はいきなり暑くなったじゃない? この酷暑を乗りきるには、なんといっても食事が大切ですよね。だから私は、あえて焼肉とかカロリーが高いものを食べるようにしています。とにかくこの夏は、お肉をたくさん...ね!(笑)」

──ステージでは、大ヒット曲「さそり座の女」を歌っていただきました。この曲は、令和になった今聴いても、やはりインパクトが強いです。

「『さそり座の女』が大好きな3歳の女の子がいて、何回も何回も歌うんですって。母親が好きでよく聴いていたら、娘さんが私のマネをしながら歌うようになったらしいのよ。昭和47年にリリースした曲なんですけど、未だに息が長い曲よね。なんといっても詞が強烈ですから。こんな詞、他にないでしょ? だって否定から始まるのよ、"♪いいえ、私は~"って......否定からよ!(笑)」

──おっしゃるとおりです!

「"♪紅茶に毒など入れないわ"って、入れるわけないじゃない! "♪地獄の果てまでついていく"んだから...。本当に怖い歌よ!(笑) この曲は、当初B面に収録される予定だったんですよ。でも私の中で勘が働いて、『この歌面白いから、どうしてもA面にして欲しい』ってものすごくお願いしたんです。私のカラーを作るにはいい曲だなって。A面にしてもらって本当に良かった! そうじゃなかったら、こんな形で世に出なかったかもしれないもの。そして今では、ものまねをしてくださる方もたくさんいらっしゃいますしね。ものまねといえば『さそり座の女』ですから」

──歌手の皆さんが一同に会する歌番組は少なくなっていますが、ステージ裏や楽屋などで共演者の方とお話する機会などはあるのでしょうか?

「私、わりとクールなのよ(笑)。なんとなく近寄りがたいイメージだったらしいの。一度話すとざっくばらんなんですけどね。でも最近はよく話すようになりました。だから最近は、皆さん楽屋に寄ってくださるんですよ。相談にのることもあるし、中にはなかなか帰らない人もいたりして(笑)。自分で言うのもなんですけど、良き先輩だと思いますよ(笑)」

──そういう意味でも、この番組は貴重なんですね。

「長時間の収録で時間があるので、楽屋でコミュニケーションはとれますよね。とても和気あいあいとした雰囲気ですよ。そんな舞台裏もありつつ、ステージではお客さんと一体となって作り上げていく、手作りの番組だと思います。令和になっても、この先も長く続くことを願っています」

──美川さん、ありがとうございました!

【美川憲一プロフィール】
1946年長野県生まれ。A型。1965年、「だけどだけどだけど」で歌手デビュー。1966年、「柳ヶ瀬ブルース」が120万枚を売り上げる大ヒット。1972年、「さそり座の女」がヒットし、時代を超えて愛される名曲に。今年1月、CDシングル「愛染橋を渡ります」をリリースした。

いよいよ明日夜6時30分放送! 「土曜スペシャル 夏祭り にっぽんの歌 2019」。今年は、宮本隆治さん、松丸友紀アナに加えて鈴木梨央さんがゲストMCとして参加。ジブリコーナーでは歌声も披露してくれます。

さらに、小林幸子さんがあの美空ひばりさんとコラボ! 氷川きよしさんが宙を飛んだりと見どころ満載です。真夏の夜を彩る誰しも聞いたことがある名曲の数々...ぜひ堪能してください!

出演者
【出演歌手】石川ひとみ、市川由紀乃、五木ひろし、井上あずみ、岩崎良美、大月みやこ、北島兄弟、木村弓、香西かおり、伍代夏子、小林幸子、坂本冬美、神野美伽、田川寿美、天童よしみ、中村美律子、長山洋子、新沼謙治、原田悠里、氷川きよし、福田こうへい、藤あや子、細川たかし、堀内孝雄、増位山太志郎、美川憲一、水森かおり、三山ひろし、米良美一、杜このみ、森山愛子、山川豊、山崎育三郎 (50音順)

外部リンク

cat_oa-yomutxcom_issue_c949d479c155 oa-yomutxcom_0_98ff81b26ca6_お客が大量買い「30個!」「50個!」の声が乱れ飛ぶ、激うま”チキンボール”に隠された秘密 98ff81b26ca6

お客が大量買い「30個!」「50個!」の声が乱れ飛ぶ、激うま”チキンボール”に隠された秘密

2019年8月23日 06:24 テレ東プラス


現代日本人の身近に起こるさまざまな社会現象をテーマに、"今"を捉える知的エンターテインメント「たけしのニッポンのミカタ!」(毎週金曜夜10時)。8月23日(金)夜9時からは、「下町から角界まで!真夏のスゴ技レジェンドSP」を放送。ゲストに貴乃花光司、矢作兼(おぎやはぎ)、市川紗椰を迎えて"見たこともない、スゴい技を持ったレジェンド"たちを紹介していく。

そこで「テレ東プラス」では、番組の中から「チキンボールの早揚げレジェンド」を先取りでピックアップ!




東京・北区にある十条銀座商店街で、突如「やぁ~」の掛け声が。その声をたどってビルの2階の部屋の扉を開けると、そこには刀を持った男性が...。「抜刀道」の練習中という大杉雄造さんは、なんと1000万円超の真剣を手に、抜刀道6段のスゴ技を見せてくれます。「今回の街のレジェンドの技はコレ?」と思ったら、実は大杉さん、「商店街で商売をやっていて、そちらでもスピードが要求される」とのこと。




商店街に戻ると、行列を発見! その行列ができた先をたどっていくと...そこには鶏肉を扱った総菜店「鳥大」が。大杉さんが2代目を務めている創業56年の人気店だそう。こちらのお店に、「商店街を利用する人なら知らない人はいない!」というレジェンドさんがいるというのだが、果たしてそれが、刀を振っていた大杉さんなのだろうか? 軒先でチェックしていると、お客さんから「50個!」「30個!」との声がかかる。来店者が大量買いしていく商品は...チキンボール!




チキンボールは1個10円で1日に15,000個も売れる人気商品。これを作る技こそが、"街のレジェンド"たる所以だという。




厨房の温度はなんと50度。この灼熱地獄の中、素手で大量の鶏むね肉のミンチのボールを手にする大杉さんを発見。ちなみにこちらはチキンボール800個分の量になるそう。華麗なる手さばきで大杉さんの手元から繰り出される鶏のミンチ。0.5秒に1個の早業で、チキンボールが油の中に放り込まれていく。




無造作に投げ込んでいるように見えるが、手首のスナップをきかせて回転しながら放ることでボール状にまとまり、油に入っていく...まさに計算された技なのだ。なぜここまで速さにこだわるのか? それには大きな理由がある。1つのフライヤーに100個ずつ、2つのフライヤーに200個入れて作るため、揚げむらをなくすにはこの速さが必要になってくるそう。




揚げたてのチキンボールを試食したスタッフいわく、「外はカリッとしていて中はしっとり♪」の食感でお味はもちろん◎。




食感の秘密はおから。「おからを隠し味で入れると、肉がしまらない」(大杉さん)とのことで、冷めてもジューシーさが損なわれないのだ。

驚きの早業を持つレジェンドがこの店にはもう1人いるという。それが、店頭に立つ大杉さんの奥様のトングさばき。50個など1度に大量に購入するお客さんが多いために身につけたレジェンド技で、奥様は、まるで何かの楽器を演奏しているかのようにリズムよくトングを扱い、チキンボールが心地よく袋の中に入っていく。しかし! この店はまだレジェンドがいたのだ。そのラスボスの正体が...。


初代店主・大杉宣郎さん、御年75歳!! なんと初代はフライヤーを見ることもなく、鶏のミンチを油に放り込むという"ノールック技"を披露してくれた。チキンボールの生みの親で、この道56年ゆえにできる技だそう。東京の下町で受け継がれる伝統...1つ10円の愛情あふれるチキンボールに、レジェンドの技がこめられていたのだった。

番組では他にも、魚の身を切る精密機械レジェンド、発泡スチロール製の「箱」を高く積むレジェンドなどを紹介。さらに人気シリーズ「天然食材ハンター 沖縄夏の陣」では、野人と呼ばれる天然食材ハンターが、初めて沖縄の天然食材ハンティングに挑む。鎧をまとったような「プレコ(ナマズの仲間)」や巨大ガニの「ノコギリガザミ」を手づかみで捕獲。さらに木に登って採ったのは、巨大なシダ植物の新芽「ヒカゲヘゴ」。体長1メートルを超えるオオウナギ釣りにも挑戦する。

外部リンク