cat_oa-wwdjapan_issue_3a4b4ccecc49 oa-wwdjapan_0_3a4b4ccecc49_ママ雑誌「ママガール」休刊 ウェブやユーチューブなどのデジタル施策にシフト 3a4b4ccecc49 3a4b4ccecc49 ママ雑誌「ママガール」休刊 ウェブやユーチューブなどのデジタル施策にシフト oa-wwdjapan

ママ雑誌「ママガール」休刊 ウェブやユーチューブなどのデジタル施策にシフト

2020年6月23日 13:00 WWDジャパン

 エムオン・エンタテインメントが発行する女性向け季刊誌「ママガール(mamagirl)」は、7月28日発売(新型コロナウイルスの影響で5月末発売から延期)の夏号をもって休刊する。ウェブ版は継続し、今後はインフルエンサーの活用やユーチューブ公式チャンネルでの動画施策など、デジタル領域にさらに注力していくという。

 「ママガール」は2012年8月にムックとして創刊。ママの新しいライフスタイルを提案し続けてきた。2013年には読者からの反響を受けて、定期刊行化していた。休刊に関して同社は「昨今、ユーザーの情報を入手するスタイルが変化し、メディアフォーマットが変容していく中、その価値を提供する上で雑誌というスタイルの役目は終了したと判断した」としている。

外部リンク

cat_oa-wwdjapan_issue_3a4b4ccecc49 oa-wwdjapan_0_5dcd62f28a0b_「ディオール」からバスケットボールシューズがモデルの新作スニーカー 5dcd62f28a0b 5dcd62f28a0b 「ディオール」からバスケットボールシューズがモデルの新作スニーカー oa-wwdjapan

「ディオール」からバスケットボールシューズがモデルの新作スニーカー

2021年9月27日 22:30 WWDJAPAN

 「ディオール(DIOR)」は、バスケットボールシューズから着想した新作スニーカー“D-プレイヤー(D-PLAYER)”を発売した。価格は税込13万7500円。全国の「ディオール」店舗と公式ECサイトで取り扱う。

 デザインは、ハイトップのバスケットボールシューズを彷彿とさせるシルエットや、キルティングナイロンを用いたアッパーが特徴だ。色はホワイトや、ブルー、シルバーをラインアップする。

 発売に合わせて、スナップチャット(SNAPCHAT)にAR(拡張現実)フィルターを公開している。カメラを足元に向けると、バーチャル上で同スニーカーを試着することが可能だ。

外部リンク

cat_oa-wwdjapan_issue_3a4b4ccecc49 oa-wwdjapan_0_0913cb2024b3_BTSが国連総会に選んだスーツは韓国のサステナブランド 若者に贈るエール 0913cb2024b3 0913cb2024b3 BTSが国連総会に選んだスーツは韓国のサステナブランド 若者に贈るエール oa-wwdjapan

BTSが国連総会に選んだスーツは韓国のサステナブランド 若者に贈るエール

2021年9月27日 22:00 WWDJAPAN

 ユニセフのグローバル・サポーターを務めるアイドルグループのBTSが9月24日、ニューヨークで開催された国連総会でスピーチを行った。2030年までに若者への安定した教育水準や技能研修、雇用の確保を掲げるパートナーシップが発足した本イベントでBTSは、サステナブルなモノづくりを行う韓国ブランド「リコード(RE;CODE)」のカスタムスーツを着用した。胸元には国連の持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals、SDGs)を表すレインボーのスワロフスキーピンをつけた。

 「リコード」は、韓国のアップサイクルブランド。在庫衣類やエコ生地を使用して、アイテムを再構築するコレクションを手掛ける。2020年秋冬コレクションでは、「ナイキ(NIKE)」とコラボレートして話題を集めた。国連総会での着用に際して、「このスーツは、持続可能なファッションの支援・後押しを目指してデザインした。国連でスピーチをするBTSのために、特別に制作した」と語った。

 BTSは7分にわたるスピーチの中で、「新型コロナウイルスの蔓延によって、さまざまな機会から遠ざけられた10代・20代の若者たちは、“ロスト(失われた)”世代と見られているかもしれない。しかし、われわれは変化を恐れず前に進む世代、“ウェルカム”世代だ」と若者にメッセージを贈った。ほかにも、国連本部で撮影した「Permission to Dance」のパフォーマンス動画をユーチューブで公開した。


 リーダーのRMは、メトロポリタン美術館で韓国の職人技を称えるイベントに参加し、スピーチをした。ほかにもヒットソング「Butter」のリミックスを手掛けるラッパーのミーガン・ジー・スタリオン(Megan Thee Stallion)とも合流するなど、ニューヨークで思い思いの時間を過ごした。

外部リンク

cat_oa-wwdjapan_issue_3a4b4ccecc49 oa-wwdjapan_0_854017ffb0d2_随時更新:2021年クリスマスコフレまとめ 854017ffb0d2 854017ffb0d2 随時更新:2021年クリスマスコフレまとめ oa-wwdjapan

随時更新:2021年クリスマスコフレまとめ

2021年9月27日 21:30 WWDJAPAN

 今年もクリスマスコフレの季節が到来。各ブランドの個性が光る豪華なホリデーコレクションやコフレを発売順に随時更新でお届けする。

【10月6日発売】ローラメルシエ(LAURA MERCIER)


 「ローラメルシエ(LAURA MERCIER)」は2021年ホリデーコレクションを10月6日から順次発売する。フランスの伝統文化からインスピレーションを受けた神秘的かつ優美なコレクションに仕上げた。豪華絢爛なボールルームで繰り広げられる幻想的で美しい舞踏会の雰囲気を全20種のアイテムに落とし込んだ。

 第1弾は10月6日発売。発光するように輝く仕上がりのルースセッティングパウダー“トランスルーセント ルース セッティング パウダー ライトキャッチャー”(全3色、各税込5280円)と、人気のブラシコレクションから5本を厳選した“ストローク オブ ミッドナイト ブラシ コレクション”(税込8800円)がそろう。

「ローラメルシエ(LAURA MERCIER)」のホリデーコレクションをチェック

【10月15日発売】ランコム(LANCOME)


「ランコム(LANCOME)」は10月15日、2021年のクリスマスコフレ“ビューティーボックス“(税込2万1450円)を発売する。10月1日から予約を開始する。なお、公式サイトと「アットコスメ ショッピング」では先行して9月24日に予約を開始し、10月1日から販売する。

「ランコム(LANCOME)」のクリスマスコフレをチェック

【10月15日一般予約開始】マイリトルボックス(My Little Box)


 毎月パリのトレンドを取り入れた雑貨やコスメを届けるサブスクリプションサービス「マイリトルボックス(My Little Box)」から、アドベントカレンダー“クリスマス カウントダウン セット 2021”(税込8500円)が登場する。内容は、ヘアケアやスキンケア、メイクアップなど14点のコスメと、同製品のために作られたオリジナルの雑貨10点をセットにした。

【10月15日発売】アディクション(ADDICTION)


  「アディクション」は2021年ホリデーコレクション「スパークル カラー コレクション」(全3種、税込各5940円)を10月15日に発売する。クリアベースのスパークルな輝きで、まぶたや唇、指先を彩る。“ザ アイシャドウ スパークル”と”リップ オイル プランパー”、“ザ ネイルポリッシュ”の3アイテムをセットする。

「アディクション(ADDICTION)」のクリスマスコフレをチェック

【10月20日発売】オサジ(OSAJI)


 日東電化工業の敏感肌向けコスメブランド「オサジ(OSAJI)」は10月20日、写真家の石田真澄とコラボレーションした “2021 HOLIDAY MAKEUP COLLECTION”を限定発売する。伊勢丹新宿本店ビューティーアポセカリー、三越伊勢丹のEC「ミーコ(meeco)」では10月13日から先行販売する。

「オサジ(OSAJI)」のホリデーコレクションをチェック

【10月20日発売】ベアミネラル(BAREMINERALS)


 「ベアミネラル(BAREMINERALS)」は10月20日から2021年ホリデーコレクションを発売する。今年のホリデーコレクションのテーマは、「大切な人に、肌に、地球に。喜びの連鎖が広がるホリデー コレクション」。100%ビーガンフォーミュラで、動物実験を行わず、プラスチック削減にも取り組んだ、肌にも地球にもやさしいコレクションだ。10月20日発売の第一弾では、12色のアイシャドウパレット“トレジャード ミネラリスト アイシャドウ パレット ”(税込8250円)と、限定ブラシとポーチのセット“ホリデー メイクアップ ブラシ キット 2021”(税込9900円)が登場。11月3日発売の第二弾、12月1日の第三弾では、ファンデーションとフェイスパウダーを自由に選べるキットや人気スキンケアのセットなどを多数ラインアップする。

【10月22日発売】クレ・ド・ポー ボーテ(CLE DE PEAU BEAUTE)


 グローバルラグジュアリーブランド「クレ・ド・ポー ボーテ(CLE DE PEAU BEAUTE)」は、ホリデーコレクション(全7品目13品種、税込4950〜6万6000円)を10月21日と11月21日に発売する。テーマは「Garden of Splendor Collection ~輝く花園は、あなたの中に~」。世界で活躍するアーティストのミカエルカイユが、ブランドオリジナルの花園の世界を描きパッケージに採用したコレクションを提案する。

「クレ・ド・ポー ボーテ(CLE DE PEAU BEAUTE)」のホリデーコレクションをチェック

【10月22日発売】エスティ ローダー


 「エスティ ローダー」は10月22日、毎年好評のクリスマスコフレ“メークアップ コレクション 2021”(税込1万5400円)を発売する。オリジナルのコスメティック バッグにスターアイテムを詰め込んだごうかなセットだ。そのほか、11月5日に“アドバンス ナイト リペア セット”(税込1万5400円)、11月12日に“マイクロ エッセンス ローション セット”(税込 1万3750円)、“ファンデーション セット”(1万3420円~1万6280円)、12月1日にリップ、チーク、スキンケアのセット“グッド アズ ゴールド 2021”(税込7150円)を発売する。

〈“メークアップ コレクション 2021”セット内容〉

・ピュア カラー エンヴィ アイシャドウ アンド チーク パレット キャンディ グラム(アイシャドウ8色、チーク1色)

・ピュア カラー エンヴィ アイシャドウ アンド チーク パレット キャンディ グロウ(アイシャドウ8色、チーク1色)

・ピュア カラー エンヴィ リップスティック #380  #540

・ピュア カラー エンヴィ キッサブル リップシャイン #107

・ダブル ウェア ゼロ スマッジ マスカラ #01

・マイクロ エッセンス ローション 50mL/15mL

・アドバンス ナイト リペア SMR コンプレックス 15mL/7mL

・シュープリーム プラス トータル クリーム 15mL/7mL

・オリジナル コスメティック バッグ

【10月22日発売】ボビイ ブラウン(BOBBI BROWN)


 「ボビイ ブラウン(BOBBI BROWN)」は、2021年ホリデーコレクションを発売する。 第1弾は10月22日発売。ラグジュアリーシリーズ「リュクス」の新フォーミュラ“リュクス アイシャドウ フォイル”を詰めた限定パレット“リュクス プレシャス メタルズ アイシャドウ パレット”(税込1万450円)や、華やかな艶と血色美を与えるイルミネーターパレット“リュクス イルミネイティング デュオ”(限定2種、各税込6600円)などがそろう。そのほか、5種のブラシセットやマルチクリームアイシャドウスティックも展開する。

「ボビイ ブラウン(BOBBI BROWN)」のホリデーコレクションをチェック

【10月22日発売】イヴ・サンローラン(YSL)


「イヴ・サンローラン(YVES SAINT LAURENT)」は、2021年ホリデーコレクション「ゴールド アトリエ ナイト イン パリ」を10月22日から発売する。パリにあるクチュールのアトリエで開かれるシークレットパーティーにぴったりなブラックやゴールドのスペシャルパッケージのアイテムや、キットが豊富に登場する。

 第1弾は10月22日発売。絶妙なくすみ感ときらめきを与えるウォームカラーを詰め込んだマルチカラーパレット“クチュール カラー クラッチ コレクター”(税込1万4850円)や、人気のリップカラーにゴールドシマーの輝きをプラスした“ルージュ ヴォリュプテ シャイン コレクター”(限定4色、各税込4950円)、クッションタイプの限定チーク&ハイライター“アンクル ド ポー ルクッション ゴールドラッシュハイライター”(税込8800円)などがそろう。 第2弾は11月12日、第3弾は12月1日発売。

「イヴ・サンローラン(YSL)」のホリデーコレクションをチェック

【10月27日発売】ロクシタン(L'OCCITANE)


 「ロクシタン(L'OCCITANE)」は2021年のホリデーコレクションを10月27日から発売する。コンセプトは“想いを届けるギフトファクトリー”。プロヴァンスの森で見つけたとっておきの香りを収穫、抽出して、3つの限定の香りを展開する。

 10月27日発売の“フルーティフィグシア”シリーズは、いちじくの実の芳醇さに森の花や木々の香りがとけこんだフルーティな香り。“フルーティフィグ シア シャワークリーム”(250mL、税込3190円)や“同 スノーシア ボディクリーム”(200mL、税込5390円/125mL、4290円)などがそろう。さらにブランドのベストセラーアイテム24個がミニサイズになって詰まった“アドベントカレンダー2021”(税込9350円)が登場する。

「ロクシタン(L'OCCITANE)」のホリデーコレクションをチェック

【10月28日発売】サボン(SABON)


 「サボン(SABON)」は2021年ホリデーコレクションを10月28日から順次発売する。テーマは“Everything You Can Imagine”。豊かなチョコレートと情熱的なブラッドオレンジを掛け合わせた甘美で芳醇な“ゴールデン・ディライト”の香りの製品をラインアップする。パッケージやギフトボックスに描かれるデザインは、イスラエルの彫刻家でありオプ・アートやキネティック・アートに貢献する実験芸術家ヤコブ・アガム(Yaacov Agam)の作品に着想を受けて創作した。

「サボン(SABON)」のホリデーコレクションをチェック

【11月1日発売】シュウ ウエムラ(SHU UEMURA)


 「シュウ ウエムラ(SHU UEMURA)」は、ハローキティとコラボした2021年ホリデーコレクションを11月1日と11月15日に発売する。“Rock the party! ハローキティときらめくトウキョウ ロックナイト”をテーマに、東京のナイトシーンにインスパイアされたグラマラスロックなコレクションを展開する。世界的なセレブリティーをはじめ、多くのファッションアイコンからも支持されるハローキティが、「シュウ ウエムラ」らしいエッジィシックなメイクで、よりおしゃれにドレスアップ。かわいいだけじゃない、大胆でワイルドに変身した新たなハローキティの魅力が詰まったコレクションに仕上げた。

「シュウ ウエムラ(SHU UEMURA)」のホリデーコレクションをチェック

【11月1日発売】ドルチェ&ガッバーナ ビューティ(DOLCE&GABBANA BEAUTY)


 「ドルチェ&ガッバーナ ビューティ(DOLCE&GABBANA BEAUTY)」は、ゴールドのきらめきをふんだんに使用したメイクアップコレクションを11月1日に発売する。

 “ロイヤルグロス シャインリッププランパー”(限定2色、各税込4510円)は、反射率の高いグリッターがクリスタルのような輝きを実現。伸びがよく軽いテクスチャーでありながら、唇に潤いを与える。“ロイヤルシャドウ リキッドアイシャドウ”(限定2色、各税込4510円)は、鮮やかでシマーな仕上がりのリキッドアイシャドウ。ワンストロークで鮮やかに発色する。

「ドルチェ&ガッバーナ ビューティ(DOLCE&GABBANA BEAUTY)」のホリデーコレクションをチェック

【11月1日発売】コスメデコルテ(DECORTE)


「コスメデコルテ(DECORTE)」は11月1日に、ホリデーシーズンを記念したメイクアップアイテムを発売する。

 “AQ リップスティック”(限定2色、各税込6600円)は、レッドカラーのデザインが華やかな限定パッケージで登場。表面にはふんだんにパールを吹き付け、見た目も美しいリップスティックに仕上げた。レッドパールが華やかなディープレッドと、多彩なパールが可憐なコーラルピンクの2色がそろう。

 “メイクアップ コレクション2021”(税込8250円)は、オリジナルポーチにピンク系のメイクアップアイテムをセットする。人気の“アイグロウジェム”や“ルージュ デコルテ”など4アイテムが全て限定色&限定デザインで登場。リラックス感、安心感を演出した繕う自分が心地よくいられるメイクアップコレクションに仕上げた。

「コスメデコルテ(DECORTE)」のクリスマスコフレをチェック

【11月3日発売】RMK


 「RMK」は2021年ホリデーコレクションを11月3日と19日に数量限定で発売する。この春に就任したクリエイティブディレクターのYUKIが「プリズマティックラスター」をテーマに、色や質感の光沢でさまざまに表現。心地よく、可愛らしく、上品なアイテムがそろう。

 11月3日発売の第1弾は、5アイテム10製品をラインアップ。光のプリズムがまぶたを彩る“プリズマティックラスター アイシャドウパレット”(全2種、各税込6600円)や、上品な光と影を生み出すフェイスカラー“プリズマティックラスター フェイスパレット”(全2種、各税込6050円)などを用意する。

「RMK」のホリデーコレクションをチェック

【11月5日発売】スック(SUQQU)


 「スック」は2021年クリスマスコフレを11月5日に発売する。漢詩に由来し、日本の自然美をうたう言葉「雪月花」をイメージした2つの色調を用意。キットAは雪景色に映える椿のような凛としたフェミニンな表情に仕上げるピンク系のカラー、キットBは冬の柑橘や木の花のように暖かな表情を演出するアースカラーのアイテムがそろう。価格はそれぞれ税込1万1000円。

「スック(SUQQU)」のクリスマスコフレをチェック



2021年クリスマスコフレの最新情報はこちらから

外部リンク

cat_oa-wwdjapan_issue_3a4b4ccecc49 oa-wwdjapan_0_cefd0550f071_ゲームコミュニティー「ボルトルーム」新作のビジュアルに関口メンディー  cefd0550f071 cefd0550f071 ゲームコミュニティー「ボルトルーム」新作のビジュアルに関口メンディー  oa-wwdjapan

ゲームコミュニティー「ボルトルーム」新作のビジュアルに関口メンディー 

2021年9月27日 20:30 WWDJAPAN

 東京発の招待制ゲームルーム「ボルトルーム(VAULTROOM)」は、ゲームにまつわる言葉やロゴを刺しゅうした新作グッズを9月30日に公式オンラインストアで発売する。イメージビジュアルには、EXILEやGENERATIONS from EXILE TRIBEでパフォーマーを務める関口メンディーを起用した。そのほかスタイリングはRIKU OSHIMAが担当し、撮影は岩本幸一郎(KiKi inc.)が、ヘアメイクは木村一真(skavati)が務めた。

 グッズは、銃を射撃したときの反動を指す言葉“リコイル(RECOIL)”と銃のグラフィックが付いたTシャツ(税込8800円)、家庭用ゲーム機のコントローラーを指す“パッド(PAD)” をフロントに刺しゅうし、同様のデザインをバックプリントしたTシャツ(同8800円)の2型を用意する。なお10月前半には、FPS(主観視点のシューティングゲーム)で敵に武器の照準を合わせる“エイム(AIM)”や、オンラインゲームの初心者を指す“ヌーブ(NOOB)”のロゴTシャツ(同8800円)も販売する予定だ。

 「ボルトルーム」は、土井郁輝オーナーら4人が始動した、東京に2拠点、福岡に1拠点を構える日本最大級のゲームコミュニティーだ。普段は有名ブランドのアパレルを製造する土井オーナーの知見を生かしたオリジナルグッズも注目を集めており、今年6月にオープンしたECサイトでは発売と同時に全商品が完売した。またそれらのグッズは、セレクトショップのGR8(グレイト)でも販売し、発売日には約300人が並んだという。定期的に開催するカスタムマッチでは毎試合、オリジナルのアパレルグッズをプレゼントしている。

外部リンク

cat_oa-wwdjapan_issue_3a4b4ccecc49 oa-wwdjapan_0_09311b82524c_2022年春夏ミラノコレ現地リポート Vol.2  コロナ前のような人だかりや盛大なパーティーに圧倒された2日目 09311b82524c 09311b82524c 2022年春夏ミラノコレ現地リポート Vol.2  コロナ前のような人だかりや盛大なパーティーに圧倒された2日目 oa-wwdjapan

2022年春夏ミラノコレ現地リポート Vol.2  コロナ前のような人だかりや盛大なパーティーに圧倒された2日目

2021年9月27日 20:00 WWDJAPAN

 ボンジョールノ(こんにちは)!いや、日本でアップされる頃は、ボナセーラ(こんばんは)でしょうか。ヨーロッパ通信員の藪野です。ミラノコレ2日目は、朝一の「マックスマーラ(MAX MARA)」から、夜の「MM6 メゾン マルジェラ(MM6 MAISON MARGIELA)」までリアルショーが盛りだくさん。その後には「ポメラート(POMELLATO)」のパーティーも待っています。長い1日になりますが、朝食をしっかり食べて、ミラノの街を駆け回ります。

10:00 MAX MARA

 「マックスマーラ」の会場は、コロナ前と同じボッコーニ大学。地下のランウエイを見下ろせるガラス張りの壁には学生と見られる若者たちがズラリと並び、かつてと変わらない風景が広がります。

 今季のインスピレーション源は、作家のフランソワーズ・サガン(Francoise Sagan)と彼女が1954年に発表した小説「悲しみよ こんにちは」の主人公セシル。6月にイタリア・イスキア島で発表した2022年リゾート・コレクションもトルーマン・カポーティ(Truman Capote)による旅行記が着想源になっていましたが、その時に「ロックダウン中にたくさん本を読み直した」と話していたイアン・グリフィス(Ian Griffiths)=クリエイティブ・ディレクターは、昔の本からさまざまのアイデアを得たようですね。

 軸となるのはワークウエアですが、カジュアルではなく、テーラリング技術を生かしてエレガントに仕上げているところが、「マックスマーラ」ならでは。クロップド丈のトップスやブラトップとミニスカートの上に、アウターをさらりと羽織るスタイルが目を引きます。座席のデッキチェアにも使われていたようなマルチカラーのボーダーは、日に焼けて少し褪せたような色合いでショーのルックにも登場。ヨーロッパのリゾートやビーチを想起させますね。

12:00 BOSS

 「ボス(BOSS)」の会場は、中心地から離れたケネディ・スポーツ・センターの野球場。野球やバスケットボールのユニフォームも手掛ける「ラッセルアスレティック(RUSSELL ATHLETIC)」と再びコラボした22年プレ・スプリング・コレクションをお披露目するのに、ぴったりのロケーションです。

 数多くのインフルエンサーを招待した今回のショーは、演出にもかなり力が入っていて、正直びっくり。会場に入ると、ハンバーガーやホットドッグ、ポップコーン、アイスクリームなどが振る舞われ、グラウンドでは野球チームがウォーミングアップ中。その横ではオリジナルのマスコットが来場者を迎え、反対側の観客席にはお揃いのTシャツを来たサポーターたちの姿も見えます。さらに、アメリカ英語での実況中継も始まり、マーチングバンドの行進とチアリーダーのパフォーマンスからショーはスタート。そんな演出からも分かるように、コレクションもスポーツカジュアルとゆったりしたテーラリングをミックスしたカレッジスタイル。まさにアメリカンな要素てんこ盛りのエンターテインメントショーを満喫しました。

14:00 ETRO

 「エトロ(ETRO)」は、巨大な倉庫のような空間でショーを開催しました。「エトロ」の春夏といえば、リゾートの風を感じるカラフルでハッピーなスタイル。「IN FULL BLOOM(咲き誇る)」と名付けられた今季も、さまざまな花柄やペイズリーをはじめ、室内装飾からヒントを得た幾何学柄、鳥のモチーフ、マルチカラーストライプなどがウエアを飾ります。そこに加えるのは、リラックス感のあるドローストリングパンツや端正なテーラリング、ゴールドの大ぶりなジュエリー。今季多くのブランドが提案しているブラトップも多色使いのクロシェ編みやスポーティーな素材で作り、ヘルシーな印象に仕上げています。

 7月にLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)系の投資会社であるLキャタルトン(L CATTERTON)の傘下に入り、新たなスタートを切った「エトロ」。ほかにも転換期を迎えているイタリアのファミリーブランドは多く、その動向にも注目です。

15:00 FENDI展示会

 キム・ジョーンズ(Kim Jones)が加わってからの「フェンディ(FENDI)」は、テーラリングがグッと良くなった印象です。今シーズンも、前身頃だけレイヤードしたようなでデザインのジャケットにスーパーワイドなパンツを合わせるスタイルが新鮮でした。過去のモチーフやブランドのヘリテージを蘇らせ、現代のエレガンスに仕上げるキムのディレクション力はあっぱれ。袖口のボタンやファスナーがアクセサリーと共通する”オーロック”になっていたり、キルティングが“ダブルF”パターンになっていたりと、細かな部分のデザインもニクいです。今後がますます楽しみになりました!

16:00 QUIRA

 「モンクレール ジーニアス(MONCLER GENIUS)」で「2 モンクレール 1952(2 MONCLER 1952)」のウィメンズを手がけているヴェロニカ・レオーニ(Veronica Leoni)による新ブランド「クイラ(QUIRA)がデビューしました。そんな彼女は、創業者時代の「ジル サンダー(JIL SANDER)」ではヘッド・ニットデザイナー、フィービー・ファイロ(Phoebe Philo)時代の「セリーヌ(CELINE)」ではプレ・コレクションのヘッドデザイナーを務めていたという経歴の持ち主。期待せずにはいられません。「若手ではない自分が今ブランドを立ち上げる上で必要なことを考えた」というコレクションは、ファーストシーズンから多彩なウエアからバッグやシューズ、アクセサリーまでをフルラインアップ。質や完成度も高く、個人的にはテーラードとニットに惹かれました。「スタイルと質にこだわり、タイムレスでありながらユニークなアイテムを求める人に向けて、年齢や性別を問わず提案していきたい」そう。会場ではヴェロニカとあまり話す時間がなかったので、近々、改めて取材したいなと思います。

17:00 EMPORIO ARMANI

 「エンポリオ アルマーニ(EMPORIO ARMANI)」は、ブランド設立40周年!1年半ぶりに所有するショー会場アルマーニ / テアトロで男女合同ショーを開催しました。メンズとウィメンズに共通するブランドらしさとは、素材の軽やかさや流れるようなカット、そして絶妙な色使い。空想の砂漠を出発点にしたという今季のコレクションにも、それらが凝縮されています。例えば、ゆったりとしたシルエットと柔らかな素材で仕立てたパンツや、サンドベージュやホワイトからパステルカラーまでの優しい色。ウィメンズは透け感のある素材をミニドレスやシャツからパンツにまでに使い、メンズはソフトなテーラリングが際立っています。終盤にパッと鮮やかになったカラーパレットは、未来への明るい希望を表現しているかのようでした。

 そして、フィナーレでアルマーニさんと共に登場したのは、メンズの右腕として長年働いているレオ・デルオルコ(Leo Dell'Orco)(6月のメンズショーの最後にも一緒に姿を見せましたね)と、アルマーニさんの姪っ子であり、ウィメンズで右腕を務めるシルヴァーナ・アルマーニ(Silvana Armani)。アルマーニさんはすでに2人の名前を自分の後継者として挙げていますし、次の40年をしっかりと見据えていることが分かります。

18:00 BLUMARINE

 若手のニコラ・ブロニャーノ(Nicola Brognano)がクリエイティブ・ディレクターに就任してから3シーズン目になる「ブルマリン(BLUMARINE)」は、彼が追求する方向性が確立されてきました。その方向性とは、2000年代初期のパリス・ヒルトン(Paris Hilton)に代表されるようなキュート&セクシーで”小悪魔”的なスタイル。今季は、そこにミッシー・エリオット(Missy Elliott)やアリシア・キーズ(Alicia Keys)、TLCといったアイコニックな黒人ミュージシャンたちのイメージをプラスして、セクシー&ヒップホップ感強めです。コンパクトなカーディガンやお尻が見えそうなほど短いホットパンツやミニスカート、透け感のあるシフォンドレスに加えるのは、ダボっとしたデニムやカーゴパンツ、ブラトップ、アニマルやデニムの柄をプリントしたドレスなど。米「WWD」によると、こういった00年代スタイルがインスタグラムでビッグトレンドの一つになっているとか。日本ではどうなんでしょう?

19:00 MM6 MAISON MARGIELA

 「MM6 メゾン マルジェラ(MM6 MAISON MARGIELA)」は、昔ながらのカフェ、La Belle Auroreの中と外を使ってショーを開催。「ブルマリン」の会場から離れていたので焦りながら向かいましたが、着いたら全然始まる気配なし。「マルジェラ」らしく”白”で統一されたスナックセットとカクテルで、アペリティーボを楽しみながら開始を待ちます。

 今季のスタイルのカギは、袖とロンググローブ。テーラードジャケットやドレスのウエストや胸の横から飛び出た”余分”な袖は前や後ろで結ばれ、ロンググローブもスタイルの仕上げとしてだけでなく、ウエアやバッグのデザインにドッキングされています。首や手首には、ピエロを思わせるひだのアクセサリー。多用された市松模様は、拡大鏡で覗いたかのように歪んでいます。そんなちょっと違和感のあるデザインは、クロード・カアン(Claude Cahun)らシュールレアリスムの美学を表現した女性アーティストから着想を得たものだそう。バッグは、昨シーズンに続き、「イーストパック(EASTPAK)」とのコラボアイテムが登場しました。

20:30 POMELLATO PARTY

 本日最後は、「ポメラート(POMELLATO)」のアイコンジュエリー“ヌード(NUDO)”コレクションの20周年記念パーティーへ。会場となったショッピングアーケードには、「あれ?まだコロナ禍だっけ?」と疑うような人!人‼︎人!‼︎フォトブースやフードやドリンクのスタンドだけでなく、占いブースや花屋の屋台まであります。いや〜、盛大なパーティーは久しぶりだったので圧倒されました。一番奥では、新作コレクションを展示。色とりどりのストーンが際立つデザイン、やっぱりカワイイです。

おまけ:今日のワンコ

 本日は、「マックスマーラ」と「ポメラート」で可愛いワンちゃんを発見。チワワの飼い主さんをよく見ると、ゴールドの骨型ネックレスをつけていました。

外部リンク

cat_oa-wwdjapan_issue_3a4b4ccecc49 oa-wwdjapan_0_37055cc5fcc5_スポーツブランド「オン」が原宿にアジア初の旗艦店 デジタルツールで最新の顧客体験 37055cc5fcc5 37055cc5fcc5 スポーツブランド「オン」が原宿にアジア初の旗艦店 デジタルツールで最新の顧客体験 oa-wwdjapan

スポーツブランド「オン」が原宿にアジア初の旗艦店 デジタルツールで最新の顧客体験

2021年9月27日 19:30 WWDJAPAN

 スイス発のスポーツブランド「オン(ON)」は、東京・原宿のキャットストリートにアジア初の直営店オン トーキョー(On Tokyo)を2022年春にオープンする。昨年12月に開業した米ニューヨーク店に次ぐ2つ目の直営店で、店舗面積は320平方メートル以上となる。

 同店はアジア初のフラッグショップと位置づけ、最新技術で顧客体験を提供するという。店舗のほぼ全ての壁にカメラを内蔵した“マジック・ウォール”を設置。来店客が数歩歩くだけでランニングスタイルを分析し、誤差1.25ミリメートルの深度カメラでおすすめのモデルと最適なサイズを提案する。専門スタッフも在中し、同ツールの使い方やより詳しい接客も受けられる。ほかに、アパレルコレクションを試着するスペースや、ブランドのルーツであるスイス・アルプスの岩山をスキャンした3Dプリント作品も用意する。

 オンジャパン代表の駒田博紀は、「われわれはパンデミックにより、これまでに以上に走ることの癒しと喜びを実感している。そんな今こそ、アジア初のフラッグシップのオープンに最適だと考えた。『オン』はずっとランニングコミュニティを大切にしてきた。キャットストリートは、活気ある東京の中でも多くのランナーが集まり、最新情報を共有する場所。ランナーのハブとしての役割も果たせるはず」と意気込む。

外部リンク

cat_oa-wwdjapan_issue_3a4b4ccecc49 oa-wwdjapan_0_a210c99fcd01_大丸東京店に“売らない”店 新進D2Cの見本商品を陳列 a210c99fcd01 a210c99fcd01 大丸東京店に“売らない”店 新進D2Cの見本商品を陳列 oa-wwdjapan

大丸東京店に“売らない”店 新進D2Cの見本商品を陳列

2021年9月27日 19:00 WWDJAPAN

 大丸松坂屋百貨店は、D2Cブランドのショールーミングストア「明日見世(ASUMISE)」を10月6日、大丸東京店4階にオープンする。

 4階は婦人服フロアで、ストアの場所はエスカレーター横のイベントスペース。面積は約100平方メートル。ファッションやビューティ、ライフスタイル雑貨やフードなど、商品カテゴリーの枠を超えて新進のブランドを取りそろえる。大丸松坂屋百貨店の社員が常駐し、「アンバサダー」としてそれぞれのブランドや商品の魅力を説明する。客は欲しい商品があれば、見本商品に付帯するQRコードを読み取り、ブランドのECページで購入する。その場で購入して持ち帰ることはできない。大丸松坂屋側は在庫を持たず、ブランド側から一定の出展料を徴収する仕組み。

 ショールーミングストアは数カ月のスパンでテーマを変え、ブランドも入れ替える。第1回(10月6日〜2022年1月11日)は“社会を良くするめぐりとであう”をテーマに、生分解性素材やオーガニック原料を使用したブランドに焦点を当てる。ファッションでは日本環境設計の「ブリング(BRING)」などが出展。ビューティでは出雲近郊のナチュラルな原料を使用した「アンディズモ(ANDIZUMO)」や国産自然農栽培コスメの「クオン(QUON)」、ライフスタイル雑貨ではオーガニックコットンを使用した大阪・泉州のタオルブランド「ティティ(TITI)」など。計19ブランドが見本商品を並べる。

 今後は大丸東京店での成果検証などを踏まえ、「他店での展開も検討する」(大丸松坂屋百貨店広報)としている。

 なお今月2日には、そごう・西武がD2Cブランドの売り場「チューズベース シブヤ(CHOOSEBASE SHIBUYA)」を西武渋谷店にオープン。大手百貨店各社は、従来の消化仕入れ型のビジネスモデルに替わる新たな売り場の形態を模索し始めている。

外部リンク

cat_oa-wwdjapan_issue_3a4b4ccecc49 oa-wwdjapan_0_7ad4339447f4_「グッチ」「バレンシアガ」の親会社が100%ファーフリー宣言 7ad4339447f4 7ad4339447f4 「グッチ」「バレンシアガ」の親会社が100%ファーフリー宣言 oa-wwdjapan

「グッチ」「バレンシアガ」の親会社が100%ファーフリー宣言

2021年9月27日 18:00 WWDJAPAN

 「グッチ(GUCCI)」「バレンシアガ(BALENCIAGA)」「サンローラン(SAINT LAURENT)」「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」などを擁するラグジュアリーブランドの複合企業ケリング(KERING)はこのほど、2022年フォールコレクションからグループ全体で動物の毛皮使用を廃止する。

 フランソワ・アンリ・ピノー(Francois Henri Pinault)会長兼最高経営責任者は「ケリングは長年にわたり、最高レベルの環境・社会的価値や基準と切り離すことのできないラグジュアリーのビジョンに基づき、サステナビリティの分野で主導的な役割を果たすことを目指してきた。動物福祉に関して当グループは、自社のサプライチェーンおよびラグジュアリー業界全体の慣行を改善する意欲を常に示してきた。この度、私たちの全てのコレクションで毛皮の使用を中止し、さらなる一歩を踏み出す時が来た。世界はお客さまとともに変化しており、ラグジュアリーも当然それに適応させていく必要がある」 とコメントを発表した。

 

 ケリングは17年の「グッチ」を皮切りに、「バレンシアガ」「ボッテガ・ヴェネタ」「アレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)」「ブリオーニ(BLIONI)」「サンローラン」など、グループ全てのメゾンが順次このステップを踏むことを決定。19年には、他の動物の繊維や素材に関して、今後も適用される動物福祉スタンダードを正式に策定・発表している。

外部リンク

cat_oa-wwdjapan_issue_3a4b4ccecc49 oa-wwdjapan_0_a5322087a07c_好調しまむら、業績予想を上方修正 既存店売上高がコロナ前を上回る a5322087a07c a5322087a07c 好調しまむら、業績予想を上方修正 既存店売上高がコロナ前を上回る oa-wwdjapan

好調しまむら、業績予想を上方修正 既存店売上高がコロナ前を上回る

2021年9月27日 17:45 WWDJAPAN

 しまむらは、春夏商戦の好調を受けて2022年2月期の連結業績予想を上方修正した。修正後の予想は、売上高が5705億円(前回予想は5548億円)、営業利益が456億円(同386億円)、純利益が312億円(同262億円)とする。

 27日に発表した21年3〜8月期連結業績は、売上高が前年同期比11.9%増の2845億円、営業利益が同58.6%増の253億円、純利益が同65.6%増の174億円だった。

 緊急事態宣言の長期化でファッション市場が苦戦を強いられる中、しまむらの好調は際立っている。既存店売上高をコロナ前の19年3〜8月期と比較すると、主力業態「ファッションセンターしまむら」で5.3%増、「アベイル」で4.8%増、「バースデイ」で19.3%増だった。短期生産の活用など一連のMD改革によって値引きと在庫を抑制し、「ファッションセンターしまむら」で粗利益率を0.8ポイント改善させた。デジタル販促の活用などによって販管費率も1.7ポイント圧縮している。

外部リンク