cat_oa-weathernews_issue_ee164299260f oa-weathernews_0_ee164299260f_北海道礼文島で「50年に一度の記録的な大雨(気象庁)」 土砂災害に警戒 ee164299260f ee164299260f 北海道礼文島で「50年に一度の記録的な大雨(気象庁)」 土砂災害に警戒 oa-weathernews

北海道礼文島で「50年に一度の記録的な大雨(気象庁)」 土砂災害に警戒

2020年9月20日 22:51 ウェザーニュース

北海道の礼文島では20日(日)から断続的に猛烈な雨が続き、土砂災害の危険度が非常に危険なレベルに達しています。

稚内地方気象台は20日(日)22時25分に、礼文島で「50年に一度の記録的な大雨」になっているとの気象情報を発表しました。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫等に警戒してください。

21日(月)未明まで雨が続くおそれ

礼文島周辺では東よりの風と南西からの風がぶつかり合うことで、同じような所で雨雲が発達し、局地的に猛烈な雨を降らせています。21時台には相次いで記録的短時間大雨情報が発表され、1時間で最大120mmの雨が降ったと見られます。

雨雲の発達しやすい状況は日付が変わって21日(月)未明まで続くおそれがあり、厳重な警戒が必要です。夜間ということで避難が難しい状況が考えられます。自宅で過ごす場合は少しでも安全な場所を選ぶようにしてください。

「50年に一度の記録的な大雨」とは

過去のデータをもとに「この規模の大雨は、平均すると◯年に一度の確率で起こる」というものを統計学的に算出した“確率降水量”をもとに、全国を5km四方に区切った地域ごとに、50年に一度程度しか発生しないような大雨が観測・解析されたときに、気象庁が発表する情報です。

その発表基準は、過去のデータをもとに「この規模の大雨は、平均すると◯年に一度の確率で起こる」というものを統計学的に算出した“確率降水量”をもとにして、全国を5km四方に区切った地域ごとに、算出されています。

この情報が発表された地域の周辺では、災害の発生につながる猛烈な雨が降っていることを意味しています。危険な状況が迫っているおそれがあるので、地元の自治体が発表する避難情報などを確認して、早めの避難を心がけてください。

外部リンク

cat_oa-weathernews_issue_ee164299260f oa-weathernews_0_e386cddba079_あす11月25日(水)のウェザーニュース お天気キャスター解説 e386cddba079 e386cddba079 あす11月25日(水)のウェザーニュース お天気キャスター解説 oa-weathernews

あす11月25日(水)のウェザーニュース お天気キャスター解説

2020年11月24日 17:26 ウェザーニュース

あす11月25日(水)の天気を、ウェザーニュースキャスター内田侑希がお伝えします。
西日本から東日本は高気圧圏内となり、日差しが届くところが多いです。ただ、関東南部は低気圧の通過に伴い雨が降ります。また、九州北部や山陰、高知はニワカ雨の可能性があるので、折りたたみ傘があると安心です。北日本は天気図に描かれない前線の影響を受け、日本海側を中心に夜は雨や雪の可能性があります。帰りが遅い方は、雨具を準備してください。
西・東日本は日差しが届くと、温もりを感じられそうです。ただ関東は雲が多く、昼間でもヒンヤリとた体感となります。また北日本も引き続き寒いので、手袋やマフラーなどで暖かくしてお過ごしください。寒さで体調を崩さないように気を付けましょう。

外部リンク

cat_oa-weathernews_issue_ee164299260f oa-weathernews_0_49963144b26a_明日25日(水)の天気 広範囲で日差し届く 関東南部は傘の出番あり 49963144b26a 49963144b26a 明日25日(水)の天気 広範囲で日差し届く 関東南部は傘の出番あり oa-weathernews

明日25日(水)の天気 広範囲で日差し届く 関東南部は傘の出番あり

2020年11月24日 16:49 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■
・広い範囲で日差し届く
・北海道は早めの除雪を
・関東南部は傘の出番あり

明日25日(水)の日本列島は広い範囲で日差しが届きます。ただ、低気圧に近い関東では傘の出番があります。
北海道では明後日26日(木)の雨や雪に備えて、除雪をしておくと安心です。

広い範囲で日差し届く

広い範囲で日差しが届きます。
異なる方向の風の衝突によって雨雲が発生する可能性がある山陰や九州北部、高知県ではにわか雨に備えて折りたたみ傘があると安心です。

西日本や関東を除く東日本では20℃前後まで気温が上がり、昼間は過ごしやすい体感になります。

北海道は早めの除雪を

北海道では道北の一部で雪がチラつく可能性がありますが、日差しが届いて穏やかな空です。
夜遅くには前線が接近して雨や湿った雪が降り出します。
明後日26日(木)は再び強い寒気が南下して広範囲で雪が降るおそれがあるため、積雪エリアでは早めに除雪をしておくと安心です。

関東南部は傘の出番あり

南岸の低気圧に近い関東では午前中を中心にパラパラ、サーッとにわか雨があります。折りたたみ傘を忘れずにお出かけください。

雨が止んでも日差しは期待できず、時々冷たい北風が吹いてヒンヤリとした体感になります。

外部リンク

cat_oa-weathernews_issue_ee164299260f oa-weathernews_0_a627aa4b0a48_今週末は強い寒気が南下 中国山地でも雪の可能性 a627aa4b0a48 a627aa4b0a48 今週末は強い寒気が南下 中国山地でも雪の可能性 oa-weathernews

今週末は強い寒気が南下 中国山地でも雪の可能性

2020年11月24日 16:28 ウェザーニュース

11月もあと1週間になりました。
11月の気温は平年より高いところが多く、西日本や東日本では「長い秋」になっています。ただ、今週末28日(土)~30日(月)にかけて上空の強い寒気が南下し、全国的に初冬らしい寒さが訪れる見込みです。

山で雪となるレベルの寒気が中国地方へ

28日(土)以降、平地でも雪を降らせる目安のー6℃(上空1,500m)の強い寒気が東北北部まで南下。山沿いを中心に雪を降らせるー3℃の寒気は北陸や東北南部、中国地方の一部を覆います。

西高東低の気圧配置となって、北海道や東北北部では平野部でも雪が降りやすくなる予想です。

東北南部や北陸信越では山沿いを中心に雪が降り、沿岸部では局地的に激しい雷雨になるおそれがあります。ー3℃線がかかる中国山地でも標高の高いエリアでは一時的に雪が降る可能性があります。

北海道や東北北部では雪への備えを万全にしてください。東北南部や北陸・中国地方でも峠道を走る場合は冬タイヤを装着しておくと安心です。

外部リンク

cat_oa-weathernews_issue_ee164299260f oa-weathernews_0_bc24cd271d58_明日25日(水)の関東は頭痛など“天気痛”に警戒 bc24cd271d58 bc24cd271d58 明日25日(水)の関東は頭痛など“天気痛”に警戒 oa-weathernews

明日25日(水)の関東は頭痛など“天気痛”に警戒

2020年11月24日 15:36 ウェザーニュース

明日25日(水)の関東の天気痛予報では、警戒ランクが広く出ています。
頭痛やめまいなどの天気痛による体調不良に注意が必要となるため、お薬が必要な人などは事前の対策をしておきましょう。

要因は「大気潮汐」と「微気圧変動」

明日25日(水)は関東沖に発生する低気圧が前線を伴いながら北上する影響で、気圧の変化が普段よりも大きくなります。関東は広い範囲で雲が広がりやすく、弱い雨が心配となる予想です。
また、日差しが乏しいため、気温は今日24日(火)と同じく15℃以下の所が多く、肌寒い一日となる見込みです。

ウェザーニュースがこれまでに会員の方々と幾度も検証を行った結果、「気圧の変化が通常のパターンからずれた時」に、頭痛や関節痛などの天気痛を感じる方が多いことが分かっています。

毎日決まった時間に起こる「大気潮汐」と呼ばれる気圧変化の変動が通常より大きくなっていることに加えて、関東沖に発生する低気圧の影響で「微気圧変動」と呼ばれる細かな気圧変化が重なっている状況です。
このため気圧変化の影響で、頭痛や関節痛を感じることが多い方は注意が必要です。

この先も「注意」や「やや注意」が続く

天気痛は「気圧」がポイント

晴れや雨などの天気の変化だけでなく、気温や湿度のほか気圧なども大きく関係していると言われています。

特に気温・湿度については、「暑い・寒い」、「湿っている・乾燥している」など、日々の体感で変化を感じられますが、気圧の変化についてはなかなか体感で感じることができません。

ウェザーニュースの天気痛予報は、原因となる気象要素の中でも、肌で実感しにくい気圧の変化に着目して天気痛の予測ロジックを組み立てています。

外部リンク

cat_oa-weathernews_issue_ee164299260f oa-weathernews_0_4ebdd9a68ccd_明日の日差しは束の間 積雪エリアは早めの除雪を 4ebdd9a68ccd 4ebdd9a68ccd 明日の日差しは束の間 積雪エリアは早めの除雪を oa-weathernews

明日の日差しは束の間 積雪エリアは早めの除雪を

2020年11月24日 15:06 ウェザーニュース

明日25日(水)の北海道は、上空の強い寒気が去って穏やかな空が戻ります。
道北エリアの一部で雪がチラつく可能性があるものの、広い範囲で日差しが届きます。空気はヒンヤリとしても日向では日差しの温もりが感じられそうです。

明日夜から再び雨や雪

ただ、穏やかな天気は束の間で夜になると前線が接近し、雨や湿った雪が降り出します。

明後日26日(木)になると再び強い寒気が南下して雪が降り、道北エリアを中心に積雪が増すおそれがあります。

積雪エリアでは明日のうちに除雪作業をしておくと安心です。

外部リンク

cat_oa-weathernews_issue_ee164299260f oa-weathernews_0_a40d622634e8_脂ののりは皮の色でわかる?! 魚のプロが教える、おいしいブリの見分け方 a40d622634e8 a40d622634e8 脂ののりは皮の色でわかる?! 魚のプロが教える、おいしいブリの見分け方 oa-weathernews

脂ののりは皮の色でわかる?! 魚のプロが教える、おいしいブリの見分け方

2020年11月24日 13:47 ウェザーニュース

脂がのったブリが水揚げされる時季になりました。店頭には切り身や刺身などが豊富に並んでいます。切り身の皮の部分を見ると、深緑色のものと白いものがあります。これは何の違いなのでしょうか。船橋地方卸売市場の株式会社山末、本部長の内海貴久さんに伺いました。

ブリは背中と腹で皮の色が異なる

これから冬に向けてぐっと脂がのっておいしくなるブリ。スーパーなどの店頭で購入するときにはどこを見ると良いのでしょうか。

「さばく前のブリを見るとわかるのですが、ブリは背側が深い緑色をしていて、その色が腹に向かってグラデーションのように白くなっていき、腹びれのある辺りは真っ白になります。そのため、ブリは皮つきの切り身なら背側なのか、腹側なのかがすぐわかるのです。

白い皮なら腹側で緑なら背側になりますが、腹側の方が脂がのっているので、脂ののりの良いブリが好みなら、白い皮の切り身を選んでください」(内海さん)

身の旨み=背側、脂の旨み=腹側

脂がのっているからといって、必ずしも腹側だけがおいしいというわけではないようです。

「魚の旨みは、脂ののりだけではありません。身が本来持つ旨みもあります。背側は脂の旨みは腹よりは少ないですが、身のもつ深みのある味わいは格別です。そのため、背側は刺身にするとプリッとした食感と甘みと旨みがあります。一方の腹側は、ブリしゃぶにすると適度に脂が流れるので、くどくなくさっぱりと食べられます。

また店頭に並ぶものは、『養殖』『天然』と書かれていることがあります。養殖は脂ののりがよく、まるで全身トロのようです。天然は身がしっかりしていて食感がよく、身の持つ旨みが広がります。これもお好みですね」(内海さん)

部位によって、食べ方を変えるといっそうおいしく味わえますね。

鮮度がよくおいしい切り身の見分け方

それでは鮮度がよく、おいしい切り身を見分ける方法を教えてください。

「血合いが鮮やかな紅色をしていて、切り口の角が切ったばかりのようにしっかりしているものが鮮度がよい証です。次に、身と皮の間に半透明の白い脂の層が見えて皮が厚く見えるもの、身に霜降りのような白い“サシ”が入っているものは、脂ののりが抜群です。

これから冬にかけての寒ブリは、刺身はもちろん、ブリしゃぶ、照り焼き、ブリ大根、あら汁など、何にしても最高においしくなりますから、ぜひおいしそうなものを選んで味わってください」(内海さん)

内海さんによると、刺身になっているものでは形が薄べったいのが腹側、厚みがあってボリュームがあるのが背側だそうです。これからどんどん脂がのっておいしくなるブリ、上手に選んでおいしくいただきましょう。

外部リンク

cat_oa-weathernews_issue_ee164299260f oa-weathernews_0_df34b57dc924_関東は天気も体感も二分 東京など南部は夜までスッキリせず df34b57dc924 df34b57dc924 関東は天気も体感も二分 東京など南部は夜までスッキリせず oa-weathernews

関東は天気も体感も二分 東京など南部は夜までスッキリせず

2020年11月24日 13:16 ウェザーニュース

今日24日(火)は、異なる方向の風の衝突によって発生した雲の影響で、関東南部を中心にスッキリしない天気になっています。

気象衛星ひまわりの衛星写真を見ても晴れと曇りの地域がクッキリと別れているのが分かります。

日差しの有無で体感に差

雲で天気と気温が二分されているのが埼玉県です。
さいたま市など南部はドンヨリした曇り空で、正午時点のさいたまの気温は12.6℃です。

一方、雲のかかってない北部や秩父ではスッキリとした青空が広がり気温も上昇。寄居では正午時点で15.1℃を観測しています。

午後も天気の分布に大きな変化はなく、東京など関東南部では雲の多いスッキリしない天気が続く見込みです。
すでに一部で弱い雨がぱらついていますが、夜には傘が必要な雨になるので注意してください。

外部リンク

cat_oa-weathernews_issue_ee164299260f oa-weathernews_0_17b6247a4cc5_25日(水)から26日(木)にかけて、月と火星が接近 17b6247a4cc5 17b6247a4cc5 25日(水)から26日(木)にかけて、月と火星が接近 oa-weathernews

25日(水)から26日(木)にかけて、月と火星が接近

2020年11月24日 12:16 ウェザーニュース

今日25日(水)から明日26日(木)にかけて、月と火星の接近が見られます。
夜は空を見上げてみてはいかがでしょうか。

いつ・どこに見える?

10月6日に地球に最接近した火星は、観測しやすい時間帯に空に昇るようになってきました。
最接近時に比べて明るさは少し落ちているものの、十分に明るく輝きます。日の入り後、南東の方角を見上げると一番に目につきます。

25日(水)~26日(木)にかけては、上弦を過ぎた月が火星に接近します。月に負けじと輝く火星との共演をお楽しみください。

次回の接近は、12月23日(水)~24日(木)です。

気になる天気は?

25日(水)夜は、西日本から東海は高気圧の影響で晴れる所が多くなります。
関東は房総沖を進む低気圧の影響で、北日本は下層シアの影響で、曇りや雨(雪)となり、観測は難しそうです。

26日(木)夜は、冬型の気圧配置となり、日本海側を中心に曇りや雨(雪)となります。九州南部や関東も下層シアの影響で、雲の隙間からの観測チャンスとなりそうです。

外部リンク

cat_oa-weathernews_issue_ee164299260f oa-weathernews_0_3a69cf1868dc_今冬の雪、東・西日本の日本海側で多くなる予想 要因はラニーニャ現象 3a69cf1868dc 3a69cf1868dc 今冬の雪、東・西日本の日本海側で多くなる予想 要因はラニーニャ現象 oa-weathernews

今冬の雪、東・西日本の日本海側で多くなる予想 要因はラニーニャ現象

2020年11月24日 11:40 ウェザーニュース

ウェザーニューズ発表 2020.11.24.
先週までの季節外れの暖かさは落ち着き、再び季節が前に進み出しました。
ここ数年、降雪量は平年と比べてかなり少なく、ゲレンデは深刻な雪不足に見舞われましたが、今シーズンはどうなるのでしょうか。12月〜来年3月の降雪傾向をお伝えします。

■ 降雪傾向のポイント ■
・東〜西日本日本海側で“平年並か多い”予想
・ラニーニャ現象で西日本中心に寒気が流入しやすい
・ピークは広範囲で 12月末〜1月上旬

東〜西日本日本海側で“平年並か多い”予想

今シーズンの降雪量は、北陸・近畿北部・山陰・九州で“平年並か多い”、北日本の日本海側で“平年並 か少ない”、その他のエリアは“平年並”の予想です。

予想のポイントとなるのは、ラニーニャ現象とそれに伴う偏西風の蛇行です。

ラニーニャ現象で西日本中心に寒気が流入しやすい

今冬は、ラニーニャ現象が持続する影響で、偏西風が日本付近で南に蛇行し、西日本を中心に寒気の流れ込みやすい時期がある見込みです。

このため、西日本を中心に平年並みかやや寒い冬になる見通しです。一時的に強い寒気が流れ込むタイミングがあり、東〜西日本の日本海側を中心に降雪量は平年並か多くなるとみています。

一方、北日本の日本海側では、冬型の気圧配置が強まる時期があるものの、全般に寒気の流れ込みは平年より弱い見込みです。このため、降雪量は平年並か少なくなる予想です。

太平洋側では、2月までは冬型の気圧配置が続くため平年よりも降水量が少なくなりますが、2月前半は低気圧の影響を受けやすくなり、降水量が多くなる予想です。このため、北~西日本の太平洋側の降雪量は平年並になるとみています。

昨冬、降雪量が少なかったエリアでも降雪量が増えるため、今のうちに雪対策をしておくと良さそうです。

全国的に12月末〜1月上旬が雪のピーク、交通機関への影響も懸念

雪のピークは、全国的に12月末〜1月上旬の予想です。

この時期には、一時的ながら強い寒気が南下し、山陰や北陸を中心に大雪となり、瀬戸内や京阪神、濃尾平野でも積雪の可能性があります。
交通機関に大きな影響が出るおそれもあるため、今後の最新情報をご確認ください。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

外部リンク