cat_oa-weathernews_issue_ddc427551155 oa-weathernews_0_ddc427551155_台風9号 沖縄・久米島空港で最大瞬間風速54.5m/s観測 さらに発達し記録的暴風に厳重警戒 ddc427551155 ddc427551155 台風9号 沖縄・久米島空港で最大瞬間風速54.5m/s観測 さらに発達し記録的暴風に厳重警戒 oa-weathernews

台風9号 沖縄・久米島空港で最大瞬間風速54.5m/s観測 さらに発達し記録的暴風に厳重警戒

2020年9月1日 03:49 ウェザーニュース

大型で非常に強い勢力の台風9号は9月1日(火)4時の推定で久米島の西南西の海上を北北西に進んでおり、沖縄本島地方と先島諸島に最も接近しています。

1日(火)3時30分に久米島空港(北原)で54.5m/sと50m/sを超える最大瞬間風速を観測しました。また、3時30分までに渡嘉敷で47.5m/s、南城市・糸数でも45.0m/sの最大瞬間風速を観測しています。

▼台風9号 9月1日(火)4時推定
 存在地域   久米島の西南西約40km
 大きさ階級  大型
 強さ階級   非常に強い
 移動     北北西 25 km/h
 中心気圧   940 hPa
 最大風速   45 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 65 m/s

最大瞬間風速65m/s以上の記録的暴風のおそれ

台風9号は今後さらに発達しながら、東シナ海を北上する見込みです。台風の中心付近では最大瞬間風速が65m/s以上に達する見込みです。

現段階で最も危険性が高いと見られるのは、台風の中心が近くを通過すると見られる久米島です。久米島の最大瞬間風速の歴代1位の記録は62.8m/s(2007年台風11号)ですので、これを上回る記録的な暴風になってもおかしくありません。

台風はこのあとも発達するため、最接近が過ぎた後でも猛烈な暴風が続きます。沖縄本島でも瞬間的には60m/s以上の暴風が吹き荒れるおそれがあり、家屋や電柱などの倒壊、車が横転するなどの甚大な被害の発生する危険があります。

台風の周囲には発達した雨雲が見られるため、1時間に100mmを超えるような猛烈な雨や、10mを超えるの高波、1日(火)は満潮時刻を迎えるため、過去最大級の高潮のおそれもあります。あらゆる台風災害に対し、最大限の警戒をしてください。

九州など西日本にも大きな影響

台風9号は沖縄付近を通過した後は、東シナ海を北上し、その後は進路を北東に変えて、朝鮮半島方面に進む見込みです。九州からは少し離れて通るものの、大型であるため、九州北部は暴風域に入る可能性があります。

湿った空気の影響で九州、四国の太平洋側で雨も強まる予想で、2日(水)~3日(木)頃は九州を中心とする西日本各地で警戒が必要です。対策は出来るだけ早めに行うようにしてください。

また、近畿北部から北陸、東北日本海側にかけては台風に向かって吹き込む風が山越えとなり、フェーン現象を引き起こします。35℃を超える猛暑日の所がありますので、こちらは暑さに注意が必要です。

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風9号の名前「メイサーク(Maysak)」はカンボジアが提案した名称で、木の名前が由来です。

参考資料など

動画:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

外部リンク

cat_oa-weathernews_issue_ddc427551155 oa-weathernews_0_1e6602bed626_大阪や名古屋は本降り、東京も帰宅時は雨に 1e6602bed626 1e6602bed626 大阪や名古屋は本降り、東京も帰宅時は雨に oa-weathernews

大阪や名古屋は本降り、東京も帰宅時は雨に

2021年10月25日 10:56 ウェザーニュース

今日25日(月)は、西日本の太平洋側や東海で朝から雨が降り続いています。

関東も帰宅時間帯は南部から雨のエリアが広がる予想です。

紀伊半島では雨が強まっている所も

西日本や東海は朝から広く雨が降っていて、大阪や名古屋も本降りの雨で傘が手放せない一日です。

活発な雨雲がかかる紀伊半島など太平洋側では、1時間に30mm以上の激しい雨となっているところがあります。

東京でも帰宅時間帯は雨に

このあと、九州の雨は午後には段々と止んできますが、四国から東海は夜にかけて雨が続く見込みです。

特に紀伊半島南部では1時間に50mm以上の激しい雨の降るおそれがあるため、道路冠水や河川の増水などに注意が必要です。

夕方以降は雨の範囲が東に広がり、東京など関東南部でも帰宅時間帯には雨が降り出す予想です。この後の外出は雨具があると安心です。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

外部リンク

cat_oa-weathernews_issue_ddc427551155 oa-weathernews_0_5fc18cb290fa_台風20号(マーロウ)発生 暴風域伴い小笠原諸島に近づくおそれ 5fc18cb290fa 5fc18cb290fa 台風20号(マーロウ)発生 暴風域伴い小笠原諸島に近づくおそれ oa-weathernews

台風20号(マーロウ)発生 暴風域伴い小笠原諸島に近づくおそれ

2021年10月25日 10:50 ウェザーニュース

10月25日(月)9時、フィリピンの東の海上で発達中の熱帯低気圧が台風20号(マーロウ)になりました。

このあとは発達しながら北寄りに進み、暴風域を伴って小笠原諸島に近づくおそれがあります。今後の情報に注意してください。

▼台風20号 10月25日(月)9時
 中心位置   フィリピンの東
 大きさ階級  //
 強さ階級   //
 移動     北西 20 km/h
 中心気圧   1002 hPa
 最大風速   18 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 25 m/s

暴風域を伴い小笠原近海へ北上

台風はこのあとも海面水温が高い領域を進み、地上付近と上空の風向きが発達に適していることから、今週後半にかけて発達しながら北上する予想です。

気象庁の予報では、この台風は29日(金)9時には小笠原諸島の近海にあって、中心気圧は950hPa、中心付近の最大風速は45m/sで、暴風域を伴った非常に強い台風に発達していると予想されています。

世界各国の気象シミュレーションモデルを比較すると、来週にかけて小笠原近海を通って日本の東へ北上する進路をとると予測しているものが多くなっています。各シミュレーションの差は主に進行速度によるものが多く、東西の進路の誤差はあまり大きくないため、本州方面へ風雨の影響が出る可能性は比較的小さいと考えられます。

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風20号の名前「マーロウ(Malou)」はマカオが提案した名称で、「めのう(瑪瑙)」を意味する言葉からとられています。

外部リンク

cat_oa-weathernews_issue_ddc427551155 oa-weathernews_0_44794f142cda_大阪など関西は冷たい雨の一日 関東もだんだんと雨に 44794f142cda 44794f142cda 大阪など関西は冷たい雨の一日 関東もだんだんと雨に oa-weathernews

大阪など関西は冷たい雨の一日 関東もだんだんと雨に

2021年10月25日 08:12 ウェザーニュース

週明けの今日25日(月)は西日本から東海にかけての太平洋側で雨の朝を迎えました。紀伊半島の南部では激しい雨に注意が必要です。

このあとは雨の範囲が東へ拡大し、関東でも午後からはだんだんと雨の降るところが増えてきます。

大阪や名古屋周辺は雨で肌寒い

関西や東海周辺では、今朝早い時間から雨が降り始めました。大阪や名古屋などではまだ1時間に数mm程度の弱い雨ですが、今日このあとは本降りの雨となる予想です。傘が手放せない一日になるので、大きめの傘をお持ちください。

また、雨の影響で昼間でも気温はほとんど上がらず、大阪・名古屋ともに最高気温は16℃の予想となっています。冷たい北寄りの風も吹くので、気温の数字よりも寒く感じられそうです。暖かい服装でお過ごしください。

紀伊半島の南部は大雨に注意

低気圧や前線に近い紀伊半島の南部では、発達した雨雲が断続的に流れ込みやすくなります。雷を伴って1時間に30~50mmの激しい強い雨が断続的に降り、多いところでは総雨量が200mm近い大雨になるおそれがあります。低い土地での浸水や道路冠水に注意してください。

沿岸部では風も強く、横殴りの雨になるおそれがあります。

関東も次第に雨 夜遅くは本降りに

低気圧や前線が東に進むのに伴って、雨のエリアも東へ拡大していきます。関東でも南部は昼前後から、北部は夕方以降に、雨の降り出す可能性があります。夜遅くなるほど各地で本降りの雨となり、千葉県の外房では強い雨となるおそれもあります。

このあと外に出る予定のある方は、雨具を持っていくと安心です。

外部リンク

cat_oa-weathernews_issue_ddc427551155 oa-weathernews_0_3a86482dbdee_24時間以内に台風発生の可能性 日本の南の海上を北上する予想 3a86482dbdee 3a86482dbdee 24時間以内に台風発生の可能性 日本の南の海上を北上する予想 oa-weathernews

24時間以内に台風発生の可能性 日本の南の海上を北上する予想

2021年10月25日 07:14 ウェザーニュース

10月25日(月)6時現在、フィリピンの東の海上で熱帯低気圧が発達中です。気象庁はこの熱帯低気圧について、24時間以内に台風に発達する見込みとの情報を発表しています。次に台風が発生すると「台風20号」と呼ばれます。

今後は発達しながら北上し、暴風域を伴って小笠原諸島に近づくおそれがあります。最新の情報に注意してください。

▼熱帯低気圧 10月25日(月)6時
 中心位置   フィリピンの東
 移動     北北西 20 km/h
 中心気圧   1004 hPa
 最大風速   15 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 23 m/s

暴風域を伴い日本の南へ北上

海面水温が高い領域を進むこと、地上付近と上空の風向きが発達に適していることから、今週後半にかけて熱帯低気圧から変わる台風は発達しながら北上する予想です。

気象庁の予報では、この熱帯低気圧は29日(金)3時には小笠原諸島の近海にあって、中心気圧は950hPa、中心付近の最大風速は45m/sで、暴風域を伴った非常に強い台風に発達していると予想されています。

世界各国の気象シミュレーションモデルを比較すると、この熱帯低気圧は来週にかけて小笠原近海を通って日本の東へ北上する進路をとると予測しているものが多くなっています。

週後半に小笠原諸島に風雨や波の影響をもたらすおそれがあるため、今後の情報に注意してください。

また、予報円が大きいことは、位置の誤差が大きいことを示しています。一方で、各シミュレーションを比較すると、主に進行速度の誤差が大きく、東西の進路の誤差は比較的が小さくなっています。つまり、予報円の中でも“東西の進路の誤差”はあまり大きくなく、本州方面へ風雨の影響が出る可能性は比較的小さいと考えられます。

10月の平年の発生数は3.4個

もし次に台風が発生すると、およそ2週間ぶりの台風発生で、「台風20号」と呼ばれることになります。

10月の台風発生数の平年値は3.4個ですが、これまでに3つの台風が発生していて、次に発生すると今月4つ目の台風発生となります。

外部リンク

cat_oa-weathernews_issue_ddc427551155 oa-weathernews_0_b05e4fdd92f7_ひと目でわかる傘マップ 10月25日(月) b05e4fdd92f7 b05e4fdd92f7 ひと目でわかる傘マップ 10月25日(月) oa-weathernews

ひと目でわかる傘マップ 10月25日(月)

2021年10月25日 06:09 ウェザーニュース

きょう10月25日(月)の外出の際に傘の持参が必要なエリアを解説します。

大きい傘がいるエリア

東海から九州の太平洋側は雨の降りやすい天気です。紀伊半島などでは強く降り、大雨となるおそれもあります。出かける場合は大きい傘が必要です。

九州は午後になると雨が止むので、傘の置き忘れに注意してください。

折りたたみ傘がいるエリア

北陸や関東は次第に雨が降りやすくなり、西日本日本海側はにわか雨の可能性があります。外出には折りたたみ傘があると安心です。

外部リンク

cat_oa-weathernews_issue_ddc427551155 oa-weathernews_0_bcf4277b2e8a_10月25日(月)の洗濯天気予報 東日本や西日本は部屋干し推奨 bcf4277b2e8a bcf4277b2e8a 10月25日(月)の洗濯天気予報 東日本や西日本は部屋干し推奨 oa-weathernews

10月25日(月)の洗濯天気予報 東日本や西日本は部屋干し推奨

2021年10月25日 06:04 ウェザーニュース

今日10月25日(月)の天気で、洗濯物を外干しできるかどうかをお伝えします。

北日本は外干しOK

今日は、本州の南岸に低気圧と前線が発生するため、西日本太平洋側は本降りの雨となり、洗濯にはあいにくの天気です。

雨のエリアは段々と東へ拡大していき、東海や北陸、関東でも洗濯物は室内干しが良さそうです。

北日本は昼間は気温が上がり日差しが届く時間もあります。洗濯物の外干しも問題ありません。

外部リンク

cat_oa-weathernews_issue_ddc427551155 oa-weathernews_0_fecdc8527708_栽培は世界中で日本だけ ラ・フランスの意外な事実 fecdc8527708 fecdc8527708 栽培は世界中で日本だけ ラ・フランスの意外な事実 oa-weathernews

栽培は世界中で日本だけ ラ・フランスの意外な事実

2021年10月25日 05:52 ウェザーニュース

洋梨のラ・フランスが旬を迎えています。日本の生産量の約8割が山形県ですが、山形県では“山形ラ・フランス”の品質を維持するため、例年、“販売開始基準日”が決まっていて、今年は10月25日だそうです。詳しい話を山形県天童市のフルーツ農家、後藤広美さんに伺いました。

“フランス”という名でもフランスではすでに絶滅

ラ・フランスは1800年代に発見されたフランス原産の洋梨の品種です。

「短い期間、フランスで栽培されましたが、他の洋梨に比べて実を付ける期間が1か月ほど長いうえに、病気にかかりやすく栽培に手間がかかるため、1900年代初頭にはフランスでは絶滅してしまいました。

現在、ラ・フランスを栽培しているのは、世界中でもフランスでの絶滅寸前に苗が持ち込まれた日本だけで、そのうちの約8割が山形県で栽培されています」(後藤さん)

ウェザーニューズで実施した「洋梨、食べたことある?」というアンケート調査でも、山形県は95%の人が「ある」と回答しています。この割合は青森県や秋田県と並んで全国トップです。

今年の販売開始基準日は10月25日

ラ・フランスは他の果物にはほとんどない“販売開始基準日”が設けられているそうですが、どうしてでしょうか。

「ラ・フランスは収穫してからエチレン処理や冷蔵庫での追熟が必要な果物です。適切な時期での収穫から追熟まで、梨がベストな状態になるように追熟期間が定められます。生育状況を見ながら、その追熟期間を計算して毎年、販売開始基準日が設けられています。

この基準日の設定は、県と出荷団体が県内各地の果実の品質を調査し、調査結果から予想される収穫期間と、蓄積されたデータに基づき予想されるもので、とても厳格です。

今年は昨年に比べて生育がやや早く、収穫が10月9日ごろから始まっているため、予冷品(冷蔵庫での追熟)が昨年より4日早く10月25日に決まりました。この販売開始基準日を守ることで、お客様に最も食べごろのラ・フランスが提供できるのです」(後藤さん)

食べごろのラ・フランスは香りも高く、トロッとして甘みが上品だそうです。ラ・フランスの最もおいしい食べ頃を見抜くにはどこに注目すればよいのか聞いてみました。

食べごろのラ・フランスの見分け方は

「ラ・フランスは追熟しても色が変わりにくいので見分け方が難しいのですが、完熟したものは独特のよい香りがします。そして、軸にシワが出てきて、軸の周りの皮にもシワがよってきます。こうなったらまさに食べごろです。

冷蔵庫で冷やしてから食べますが、完熟のラ・フランスは果肉が柔らかいので、リンゴのようにむくより、皮ごと縦半分に切ってスプーンで芯をくりぬき、果肉をすくって食べる方法がおすすめです。甘い果汁たっぷりでトロッとした果肉を存分に味わってください」(後藤さん)

栽培が難しいラ・フランスは山形県の生産農家さんの努力の賜(たまもの)だったのですね。

今年も販売開始基準日となりました。香り高いラ・フランスを食べられるのは今の時季だけです。ベストな状態のラ・フランスをおいしくいただいてみてはいかがでしょうか。

外部リンク

cat_oa-weathernews_issue_ddc427551155 oa-weathernews_0_c92a91b65fba_週間天気 明日朝は関東で雨風注意 昼間は20℃超える日多い c92a91b65fba c92a91b65fba 週間天気 明日朝は関東で雨風注意 昼間は20℃超える日多い oa-weathernews

週間天気 明日朝は関東で雨風注意 昼間は20℃超える日多い

2021年10月25日 05:48 ウェザーニュース

■この先1週間のポイント■
・関東 明日朝は横殴りの雨に注意
・最高気温20℃超える日が多い
・南の海上にある熱帯低気圧に注目

関東 明日朝は横殴りの雨に注意

明日26日(火)にかけては、関東の近くを低気圧が発達しながら通過していく予想です。今夜から明日の午前中にかけて、関東では本降りの雨が降り、沿岸部を中心に風も強まります。明日の通勤通学時間帯は横殴りの雨に注意が必要です。

また、27日(水)から28日(木)にかけては気圧の谷や湿った空気の影響で北日本や北陸を中心に雨の降るところがある予想です。

西日本や東日本の太平洋側も週後半にかけてすっきりとした晴天とはなる日は少なく、やや雲の多い状況が続きます。

最高気温20℃超える日が多い

今週は先日のような強い寒気の流れ込みは予想されておらず、昼間は10月らしい気温となります。西日本や東日本では最高気温が20℃を超える日が多くなり、日向では暖かく感じられそうです。

一方、晴れる日の朝を中心にこの時期らしい冷え込みで寒くなる可能性があるため、寒暖差で体調を崩さないようを気をつけください。

南の海上にある熱帯低気圧に注目

10月25日(月)3時現在、フィリピンの東の海上で発達中の熱帯低気圧は、このあと24時間以内に台風に発達する見込みと気象庁から発表されています。

この熱帯低気圧は29日(金)3時には暴風域を伴った非常に強い台風に発達して、小笠原諸島の近海を北北東に進むと予想されています。

まだ予報が定まっていないものの、小笠原諸島では強い風雨や波の影響が出るおそれがあるため、今後の情報に注意してください。

外部リンク

cat_oa-weathernews_issue_ddc427551155 oa-weathernews_0_56aa8f44cd4c_10月25日(月) 福井県の今日の天気 56aa8f44cd4c 56aa8f44cd4c 10月25日(月) 福井県の今日の天気 oa-weathernews

10月25日(月) 福井県の今日の天気

2021年10月25日 05:45 ウェザーニュース

福井県の今日の天気

現在の雨雲の様子

現在、目立った雨雲はありませんが、今日9時頃から雨雲が発生する可能性があります。

福井県の週間天気

外部リンク