cat_oa-walkerplus_issue_d852ab150b7f oa-walkerplus_0_d852ab150b7f_持田優奈(青春高校アイドル部) TIFに出演「心の底から楽しめました!」 d852ab150b7f

持田優奈(青春高校アイドル部) TIFに出演「心の底から楽しめました!」

2019年8月5日 17:00 ウォーカープラス


8月4日、「TOKYO IDOL FESTIVAL 2019」(通称TIF)の会場内の「SMILE GARDEN」に「青春高校アイドル部」のメンバーとして持田優奈さんも登場。「SMILE GARDEN」は、乃木坂46 4期生や日向坂46が出演した屋外のステージ。


持田優奈さんたち「青春高校アイドル部」のTIF初出演は、昼過ぎの14時10分~14時30分で、気温34~35度のいちばん真夏を感じる事ができる“まさに野外ステージらしい”ライブとなった。


ライブの始まりと終わりに、「テレ東音楽祭」でも披露した新曲、「青春のスピード」でセンターに立った持田優奈さんは、TIF直前のスタジオ公演で「TIF本番ではもっといいものを見せますのでぜひ来てください!」とコメントした通り、最高の笑顔で楽しそうにパフォーマンスしていた。





持田優奈さん「ファンの皆さんへ一言」


まだデビューもしていない私達のことを見てくれる人はいるのだろうか? と不安な気持ちもありましたが沢山の方々が見て盛り上がってくれて、心の底から楽しめました!

自分のことをずっと応援してくれているファンの方々はもちろん、これから私のことを知る方々、誰からもずっと応援したいと思われるような人になるために、これからも頑張るので応援よろしくお願いします!



セットリスト


overture

青春のスピード

サンダルガール

チャイムの途中で

大っ嫌いロミオ様

MC

青春のスピード



持田優奈(もちだゆうな)プロフィール


18歳

「青春高校3年C組」(テレビ東京)、「電脳トークTV」(テレビ東京)出演中。

生年月日 2001/3/16

身長 156cm

血液型 O型

星座 うお座

出身地 神奈川県

好きな科目 書道、地理、日本史

特技 書道

趣味 カフェ巡り 寝ること

今ハマっていること モッパンの動画みる

自分を動物に例えると? バンビ

チャームポイント 笑顔

カミングアウトしたいこと 実はハーフ(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス/野木原晃一)

外部リンク

cat_oa-walkerplus_issue_d852ab150b7f oa-walkerplus_0_37d9a1a474b9_大宮政郎の最新作を堪能!岩手県で「大宮政郎展 LAST DRAWINGS 2017-2019」開催 37d9a1a474b9

大宮政郎の最新作を堪能!岩手県で「大宮政郎展 LAST DRAWINGS 2017-2019」開催

2019年8月5日 16:29 ウォーカープラス

岩手県岩手郡岩手町にある石神の丘美術館で、8月10日(土)から9月16日(月)まで「大宮政郎展 LAST DRAWINGS 2017-2019」が開催される。


本展では、岩手県水沢町(現奥州市)生まれの大宮政郎を紹介。大宮は1960年「岩手美術家会議」を結成し議長となるほか、1963年には村上善男、柵山龍司らと前衛的美術集団《N39》を結成するなど、岩手における現代美術の先駆的活動の一役を担ってきた。「人が動きながら、又は、移動しながら自らスピードをもって物を見、考えたなら芸術はどの様に変わるか」という視点のもと独自の「人動説」を唱え、立体、版画、写真と多彩な表現により実験的で詩情に満ちた作品を発表している。本展では100点を越える近作のドローイング作品を展観。幅広い層で作品世界を楽しめる。


担当者は「岩手における現代美術の先駆的活動を行なってきた大宮政郎。『目にはみえないけれど有るもの』をテーマに制作を続けてきた大宮が近年取り組むのは、魂や霊魂を思わせるドローイング作品です。89歳を迎え、自分自身のこれまでを振り返りながら向き合う圧倒的で瑞々しい線描にふれてみませんか?」と大宮政郎の作品の魅力について話す。

大宮政郎の力強いドローイング作品が揃う本展。会期中はぜひ石神の丘美術館を訪れよう。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)

外部リンク

cat_oa-walkerplus_issue_d852ab150b7f oa-walkerplus_0_0afb6298625d_博多限定グッズも登場!カービィカフェがキャナルシティに期間限定オープン 0afb6298625d

博多限定グッズも登場!カービィカフェがキャナルシティに期間限定オープン

2019年8月5日 16:00 ウォーカープラス

人気ゲームシリーズ「星のカービィ」をテーマにした「KIRBY CAFE(カービィカフェ)」が、8月8日(木) から11月4日(月・祝) まで期間限定店舗をキャナルシティ博多(福岡市博多区)にオープンする。


博多限定のスーベニアプレートが付いてくる「カービィバーガー& ミートパスタ 温野菜のせ」(2580円・税別)などの限定メニューや、福岡ならではの「いちご」をモチーフにしたキュートな博多限定グッズも多数登場し、取り扱いラインナップもパワーアップする。

フードメニュー




ドリンクメニュー




デザートメニュー




カフェ併設のグッズコーナーと、カービィカフェ ザ・ストア博多店にはオリジナルグッズが登場。限定グッズをはじめ、星のカービィのグッズが約200点ほどそろう。博多店だけの限定グッズにも注目だ。

[KIRBY CAFE(カービィカフェ) 博多]福岡県福岡市博多区住吉1-2-1 キャナルシティ博多ノースビルB1階 / 092-710-4279(※8月8日(木)より開通) / 11:00~23:00(22:00ラストオーダー) / 8月8日(木)~11月4日(月・祝) / 予約はWEBサイトからのみ受付(九州ウォーカー・佐藤桜子)

外部リンク

cat_oa-walkerplus_issue_d852ab150b7f oa-walkerplus_0_5b59213d36a1_美しくも不思議な新世界、宮城県仙台市で「新世界『透明標本』展」開催中 5b59213d36a1

美しくも不思議な新世界、宮城県仙台市で「新世界『透明標本』展」開催中

2019年8月5日 15:03 ウォーカープラス

宮城県仙台市のTFUギャラリーミニモリで8月25日(日)まで、「新世界『透明標本』展」が開催されている。


たんぱく質を酵素により分解し、肉質を透明に、そして硬骨を赤紫、軟骨を青色に染色をするという骨格研究の手法をベースとし、本物の生物標本でありながら 「命」をより身近に感じる造形作品としての魅力も合わせ持つ「透明標本」。本展では学術標本としてだけでなく、気軽に感じられるサイエンスの入り口として、芸術やアート作品として、または哲学の扉として、今までにない新しい形で展示する。夏休みの自由研究のヒントにもなる。


担当者は「自然界が生み出したアート作品をじっくり眺めて、癒されてください。会場は色とりどりの透明標本が織りなす幻想的な空間が広がり、デートにもおすすめです。子どもたちは夏休みの自由研究のヒントにも活かすことができ、家族みんなで楽しい思い出を新世界『透明標本』展で作ってください」と来場を呼びかける。

会場は撮影自由で、インスタグラムに写真を投稿すると透明な醤油が当たるキャンペーンも実施。カメラやスマートフォンをお忘れなく。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)

外部リンク

cat_oa-walkerplus_issue_d852ab150b7f oa-walkerplus_0_1832e732416f_全力で楽しめ!滋賀農業公園ブルーメの丘 水のエリアで「泡パーティー」開催中 1832e732416f

全力で楽しめ!滋賀農業公園ブルーメの丘 水のエリアで「泡パーティー」開催中

2019年8月5日 14:56 ウォーカープラス

滋賀県蒲生郡日野町の滋賀農業公園ブルーメの丘 水のエリアでは8月31日(土)まで、「泡パーティー」が開催されている。


「泡パーティー」は、大人から子どもまで泡まみれになって楽しめる人気のイベント。「ウォーターキッズパーク」にはふわふわ遊具が登場し、トランポリンやスライダーなどでも水遊び可能。このほか「水のエリア」はじゃぶじゃぶ池や人工の小川もある。全身濡れることが想定されるので、着替えを持参しよう。


担当者は「人気の泡パーティーが今年も開催!今年は泡の量がパワーアップし、泡バズーカから大量の泡が発射されます。上から降る泡は写真映え抜群です」と泡パーティーの魅力を話す。

大人も子どもも楽しめるので、今年の夏はブルーメの丘で大量の泡にまみれよう!(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)

外部リンク

cat_oa-walkerplus_issue_d852ab150b7f oa-walkerplus_0_99a917f5c947_浴衣でお得!三重県桑名市のなばなの里で 「ゆかたまつり」開催中 99a917f5c947

浴衣でお得!三重県桑名市のなばなの里で 「ゆかたまつり」開催中

2019年8月5日 14:51 ウォーカープラス

三重県桑名市のなばなの里では9月13日(金)まで、「ゆかたまつり」が開催されている。


夏のなばなの里では、浴衣や着物を着て来場するとベゴニアガーデンの入館券(当日入館券)をプレゼント。年中満開の大輪ベゴニアをはじめ、世界各国から集めた数百種1万2千株の絢爛たる花々を見て回ろう。

浴衣デートにぴったりなので、 今年こそ浴衣を着て出かけたいと考えている人におすすめ。※作務衣、甚平は除く。浴衣や着物で来場のみの特典


担当者は「『ベゴニアガーデン』とは4つの温室がつながった巨大空間に、色鮮やかなベゴニアの花が常時咲き誇る華やかな施設です。大輪咲きの鉢植えや、天井から吊り下げられ垂れ下がる品種など、横も上も華やかなベゴニアの花に囲まれて夢のような空間が広がります。赤やピンク、黄色などカラフルな花々があふれているので、写真を撮るにはもってこいの場所。浴衣を着てインスタ用の撮影など、SNS映えするにはぴったりです」とベゴニアガーデンの魅力を話す。

温室と言えども、館内は21~23度に保たれているので、暑い季節にはちょうど良い温度。快適な環境のガーデンを浴衣姿で歩こう。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)

外部リンク

cat_oa-walkerplus_issue_d852ab150b7f oa-walkerplus_0_67e6eb7c68ab_藤城清治の光と影の世界、秋田県秋田市で「藤城清治 こびとと生きる喜び展」開催中 67e6eb7c68ab

藤城清治の光と影の世界、秋田県秋田市で「藤城清治 こびとと生きる喜び展」開催中

2019年8月5日 14:39 ウォーカープラス

秋田県秋田市の秋田県立美術館で9月23日(月)まで、「藤城清治 こびとと生きる喜び展」が開催されている。


本展では、日本を代表する影絵作家である藤城清治を紹介。代表作から近年に至るまでの作品を展観する。カミソリやフィルターを駆使する独自の技法でファンタジーや童話の世界を描き出し、幅広い世代を魅了し続けている。動物やこびとなどが賑やかに躍動する作品には、生きとし生けるもの全てへの溢れるほどの愛を感じることができる。


担当者は「館内では代表作から近作、秋田をテーマにした作品などが展示され、エントランスでは縦9メートルにも及ぶ『九九九階段 赤神神社五社堂』が来場者をお出迎えします。生きる喜びに彩られた光と影の世界を是非ご堪能ください」と展示の見どころについて話す。

95歳となる今も意欲的に創作活動を行う藤城清治の作品を紹介する同展。多くの作品が展示されているので、ぜひ見に行こう。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)

外部リンク

cat_oa-walkerplus_issue_d852ab150b7f oa-walkerplus_0_e1cf5feaa4b9_今年も挑戦!世界一長い川俣シャモの丸焼き 「第17回川俣シャモまつりin川俣」開催 e1cf5feaa4b9

今年も挑戦!世界一長い川俣シャモの丸焼き 「第17回川俣シャモまつりin川俣」開催

2019年8月5日 14:34 ウォーカープラス

福島県伊達郡川俣町の川俣町中央公民館で、8月31日(土)と9月1日(日)の2日間、「第17回川俣シャモまつりin川俣」が開催される。


「川俣シャモまつりin川俣」は、川俣シャモを存分に味わえるイベント。福島県の認証ブランドであり、川俣町を代表する特産品の川俣シャモを多彩なメニューで味わえる。炭火で焼いて皮がパリッと仕上がったおいしい丸焼き、ジューシーで程よい歯ごたえの焼き鳥、親子丼、ラーメン、シャモメンチなどを堪能しよう。

昨年に続き、世界一長い川俣シャモの丸焼きにも挑戦。家族や友達と一緒に川俣シャモの美味しさを思う存分満喫できる。


担当者は「令和1回目の『川俣シャモまつりin川俣』です。川俣シャモまつり会場では、毎年恒例の早食い競争をはじめ、10組によるステージイベントを開催します。また、フェンシング体験コーナーや、ボールプールなど(小学生以下が対象)のアクティビティのほか、川俣町の公式キャラクター『小手姫様(おてひめさま)」や『シャーモ君』も登場します」と川俣を全身で楽しめるイベントであることをアピールする。

シャモ好きはもちろん、家族で訪れても楽しめるイベント。毎年訪れている人も、まだ訪れたことがない人も、気軽に足を運ぼう。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)

外部リンク

cat_oa-walkerplus_issue_d852ab150b7f oa-walkerplus_0_178f29f303cc_世界観を満喫!岡山県の新見美術館で「―胡蝶之夢― マツオヒロミ展」開催中 178f29f303cc

世界観を満喫!岡山県の新見美術館で「―胡蝶之夢― マツオヒロミ展」開催中

2019年8月5日 14:28 ウォーカープラス

岡山県新見市の新見美術館で9月16日(祝)まで、「―胡蝶之夢― マツオヒロミ展」が開催されている。


本展では松江市出身のイラストレーター、マツオヒロミ(1980-)を紹介。大正ロマン、昭和モダンに影響を受けたレトロモダンな世界観はどこか郷愁を感じさせ、多くの人を魅了する。

岡山初開催となる同展では、引き込まれるような眼差し、繊細な筆致で丁寧に描きこまれた着物や洋服のディテール、感情の揺らぎまでも表現する巧みな人物描写された作品の数々を観賞できる。関連イベントは全て観覧料が必要。


担当者は「展覧会会期中の8月25日(日)には、マツオヒロミ氏によるクロッキー公開制作を行います。マツオ氏コーディネートの着物を着たモデルを速写する様子を一般に公開するもので、初めての試みとなります。また8月25日(日)と最終日の9月16日(祝)の14時からトーク&サイン会も実施。この機会にぜひ来館ください」と会期中のイベントについて話す。

マツオヒロミ氏本人によるイベントも催される「―胡蝶之夢― マツオヒロミ展」。氏の世界観にどっぷりと浸ろう!(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)

外部リンク

cat_oa-walkerplus_issue_d852ab150b7f oa-walkerplus_0_c79486f72d57_身近にある素材で創られたアート作品 山形県の酒田市美術館で「遊びごころの『か・た・ち』展」開催中 c79486f72d57

身近にある素材で創られたアート作品 山形県の酒田市美術館で「遊びごころの『か・た・ち』展」開催中

2019年8月5日 14:25 ウォーカープラス

山形県酒田市の酒田市美術館で9月1日(日)まで、「遊びごころの『か・た・ち』展」が開催されている。


同展は現代日本作家4名の合同展。大橋禾苗は、紙に描かれた模様や絵を切り抜いて何層も重ねて立体感を作り、作品に豊かな表情を演出するシャドーボックスの日本での第一人者。中村道雄は数十種類の木を使い、着色せずに木の色の組み合わせで一枚の絵、「組み木絵」を創る。高橋みのるは「木」、「メカニズム」、「遊び心」の三つの要素を組み合わせた動きの世界を「メカ木ズム」とネーミングし、現代のからくり玩具を創り出す。本間ますみは使用済みのペットボトルを使って、生物学に基づき美しい動植物を創造する。


担当者は「夏休み向けの楽しい展覧会となっています。高橋みのるさんのからくり玩具は一部実際に操作することも出来るので、ぜひご家族揃ってお越しください」と来館を呼びかける。


大人から子どもまで感動する作品が揃う「遊びごころの『か・た・ち』展」。「手技」を持った作家たちによる、遊びごころ溢れる世界を楽しもう。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)

外部リンク