cat_oa-walkerplus_issue_0226d0f7c4f4 oa-walkerplus_0_0226d0f7c4f4_持田優奈(青春高校アイドル部) 「青春高校に入って人生が変わりました!」 0226d0f7c4f4

持田優奈(青春高校アイドル部) 「青春高校に入って人生が変わりました!」

2019年7月30日 16:30 ウォーカープラス


「青春高校3年C組」(テレビ東京 以下、略して「青春高校」)に出演、「青春高校アイドル部」(以下、略して「アイドル部」)の2曲のセンターとしてアイドル活動を行なっている持田優奈さんにお話を聞かせて頂きました。


センターを頂いた時に、見える景色も全然変わりました




――まずは、青春高校に入ったきっかけを教えて下さい。



【持田優奈】最初は青春高校の事を全然知らなくてどうしても青春高校に入りたいという感じではなかったんです。ただ、その時の毎日の生活がつまらなく思っていて、何か新しい刺激が欲しいと感じていましたので、オーディションを受ける事にしました。


――青春高校にはいつから出演されていますか。



【持田優奈】2018年の秋からです。



――青春高校に入ってから今にいたるまでに気持ちの変化はありましたか。



【持田優奈】入ってすぐの時はなんとなく楽しいから番組にでているだけという感じでした。それが、毎日番組に出演していくうちに、周りの子たちのがんばっている姿を見て、みんなに刺激されていつの間にか、“ちょっと競う”という気持ちが出てきてきました。元々負けず嫌いだったというのもあるかもしれません。



アイドル部でも最初は、端の方で目立たないところにいました。ダンスも得意じゃないし、それも全然気にしてなかったのですが、だんだんとそういうのも嫌になってきて、2018年の冬ぐらいから、自分ももっともっと目立つ位置に立ちたい。センターに立ちたいと思うようになりました。


――2018年の秋に青春高校に入って、冬からはもうセンターに立ちたいと思ったわけですからかなり早くから気持ちが前向きになられてますね。



【持田優奈】はい。昨年の冬にはもう意識が変わってセンターに立つことを目標にしていました。それまでの自分は、何をどうしたらもっと目立つのかとか全然わからなくて、積極的にもなれてなくて、他のメンバーに譲っちゃうじゃないですけど、まあいいやとか思って、なんとなく時の流れに身を任せてやってました。でも、意識が変わってからは、ひとつひとつの事をしかっりこなすようにしたからこそ結果が付いてきたのだと思っています。



もちろん、どこのポジションでも一生懸命がんばるのは当たり前ですが、1曲目のセンター曲、「サンダルガール」を頂いた時に、見える景色も全然変わったので、自分が一番キラキラ輝いているなという気がして楽しかったです。ただ、ファンの方の前で初めて曲を披露する事が決まった時に、練習期間が2日間しかなくて、自分が2日間ですべて覚える事ができるかとても不安だったんですけどなんとかできました。


それでも、公演でダンスも含めてああすればよかったとか反省する事がいっぱいあって悔しくて泣いてしまったんです。私がダンスができないみたいなイメージを、今までみんなが持っていたと思うので、「もっちーってできるんだ」と完璧にできるとみんなに思わせたくてがんばったんですけど、自分では思うようにはできなくて...。ただ、公演に向かって練習した2日間は、今まで生きてきたなかで一番がんばった2日間だったと思います。



あれから「がんばったな」というのがだんだん更新されていて、あの時辛く感じながらも2日間でできた事があったからこそ、今はいろんな事ができているし、2曲目のセンター曲、「青春のスピード」を「テレ東音楽祭」で披露する事になった時も、1曲目のがんばった2日間があったからこそ、緊張する事もなく楽しむ事ができたんだと思います。


本番ではうまく見せる事を考えるより、とにかく自分が楽しむ事にしました




――青春高校は月曜日から金曜日まで毎日、生放送ですよね。どんな感じで出演されているか教えて下さい。



【持田優奈】番組に出演し初めの頃は緊張していて、振られても何も答えられなかったんです。男子と女子で告白の企画とかあった時に、恥ずかしくて言えなかったりもしました。もし、バラエティに出演するとなった時に致命的だなと思ったりして悩んでました。でも今では生放送にもすっかり慣れましたし、恥ずかしがる事もなくなり基本的な事はできるようになりましたね。ただ、アドリブに弱くて、いきなり振られたりした時に気の効いたコメントができないなというのはたまにあります。



私は、青春高校の中でも不器用な方なので気持ち的には完璧にこなしたいと思っていますが、できない事も多いです。やりこなそうというモチベーションは高いんですけど、能力が付いていかないというか...。


――青春高校はホーム、他の番組はある意味アウェイですが、出演してみてどうですか。



【持田優奈】収録の番組を含め、他の番組に出演する時も今では緊張しないです。経験って大事だなと思ってます。その時、失敗して嫌だなと思っても、後から思うと経験しているからあの失敗が活きてきてるなと思ったりします。


――「テレ東音楽祭」に、センターとして出演、「青春のスピード」を披露されましたね。どんな気持ちでしたか。



【持田優奈】歌を披露する時間はあっという間に終わってしまいますので、本番ではうまく見せる事を考えるより、とにかく自分が楽しむ事にしました。緊張は全くしていませんでした。出演に向けて約2週間、毎日朝から遅くまで練習しても、生放送や公演もあって時間が足りなかったので、早朝まで何度も練習した日もありました。



有名なアーティストの方がいっぱい出演している中で、この子達が何で出演しているのかと思われないように、恥をかかないように、そんな気持ちで練習して、辛くなかったかといえば嘘になりますけど、成功させたい気持ちの方が強かったです。メンタル的にもプレッシャーもすごくて、本番までの練習期間中に泣いちゃったりもしました。


振りを覚えても細かい表現の仕方とかがうまくできない、何回も練習しているのになんでできないんだろうと、なんで追いついてこないんだろうと、スランプみたいな時もあって、それが悔しかったですが、自分は選抜メンバーとして出演させて頂き、出演していない子もいるわけですからがんばろうと思いました。



その分、「テレ東音楽祭」では全力で楽しむ事ができました!



――「テレ東音楽祭」では、だからこそ常に笑顔で楽しそうにパフォーマンスされていたのですね。



【持田優奈】はい。ありがとうございます。



――「テレ東音楽祭」に出演してから何かが変わりましたか。



【持田優奈】今までアイドルをしている自分を想像する事もなかった私が、今ではアイドル部でアイドルをしている自分が好きで、ファンのみなさんの前とかで自分を見せるのがすごく楽しくて、キラキラできている気がしています。


「週刊プレイボーイ」さんの表紙にはめっちゃ出たいです!




――アイドルとして輝き始めた持田優奈さんもアイドル部として「TOKYO IDOL FESTIVAL 2019」(8月4日14:10~14:30出演予定)へ出演されますね。今の気持ちを教えて下さい。



【持田優奈】ファンのみなさんはもちろんですが、私たちを初めて見て下さった方が興味を持ってくれるように、自分の事だけじゃなく、青春高校を知ってもらうために、あの子達よかったねと言ってもらうような印象を残せるようにしたいです。



――初めて見るファンのみなさんもセンターにいる持田優奈さんは必ず見ますので楽しみですね。



【持田優奈】そうですよね。短い時間の中で自分をぜんぶ出せればいいなと思っています。


――他にもやってみたいお仕事があれば教えて下さい。



【持田優奈】モデルさんにも興味がありますし、演技のお仕事もしてみたいです。グラビアにも挑戦したいです。与えられたお仕事は全部こなしていきたいと思っています。スタジオ公演もいつもやっているからと思うのではなく、一回一回の公演を出演させて頂いて、その場を与えて頂いてありがたいと思いながら、全力でやっていきたいと思っています。今はやりたい事だらけなんで決められないんです。目標は、私の名前を聞いたらみんな知っているという有名な人になりたいです。



――番組で「週刊プレイボーイ」表紙出演のチャンスが出演者のみなさんにあると告知されてましたね。



【持田優奈】はい。「週刊プレイボーイ」さんの表紙にはめっちゃ出たいです!さっきもお話しましたが、自分はすごい負けず嫌いですから、自分が出られないのは悔しいです。しかも、この機会を逃したら「週刊プレイボーイ」さんの表紙に出られるなんてなかなかないじゃないですか。青春高校を卒業したらもっと難しくなるような気がします。



写真を撮られるのもすごい好きなんです。女優さんやアイドルさんがたくさん経験した「週刊プレイボーイ」さんの撮影現場の環境で、自分も同じ経験をしたいという憧れの気持ちもあります。


――最後にひと言お願いします。



【持田優奈】青春高校に入って人生が変わりました!青春高校に入ってから自分の事を本当に好きになれました!



撮影=石塚雅人(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス/野木原晃一)

外部リンク

cat_oa-walkerplus_issue_0226d0f7c4f4 oa-walkerplus_0_c2fb8581adbf_“新感覚”ドリンクを提供!「AMEX SUMMER SUPPLI」がオープン c2fb8581adbf

“新感覚”ドリンクを提供!「AMEX SUMMER SUPPLI」がオープン

2019年7月30日 16:30 ウォーカープラス

7月24日(水)から8月12日(月)までの期間限定で、東京・表参道にユニークなストア「AMEX SUMMER SUPPLI(アメックス・サマー・サプリ)」(SO-CAL LINK GALLERY内)がオープン中。


同所では、 訪れる人の“その日のムード”にあわせて調合したオリジナルのドリンクと、そのときのムードにおすすめの音楽、そして表参道の街歩きに役立つタウンガイドをオリジナルカプセルで提供。夏の季節の表参道での街歩きを、よりアクティブに、より快適に過ごすためのとっておきの“サプリ”を楽しめる新感覚のサプリメントストアとなっている。


ということで、記者も実際に体験!AMEXのロゴが輝くお洒落な店内に入っていくと、自分の“今”の気分を診断してくれるというモニターがあった。そこで、「今日のあなたはAとB、どちらの気分?」などの簡単なアンケートに答えていくと、その結果から導き出された“サプリ”として、オリジナルのドリンクとカプセルが登場。

記者には、ブルーベリーヨーグルトジュースにシナモンや山椒など5種類のスパイスを加えた、これまた“新感覚”な味わいのドリンク「MYSTERIOUS」と、同カフェのコラボアーティストとして参加したm-flo ☆Taku Takahashiによるプレイリスト、バーや住所非公開の飲食店の情報が詰まったタウンガイドが手渡された(※プレイリストとタウンガイドはカプセル内のプリントで確認。どちらも詳細が分かるQRコードが記載されている)。

同ストアは、バルーンや緑を配したスタイリッシュな空間で、コンセント付きの席もたっぷり。ほんのりシナモンが香る癒し系ドリンクと、この日の気分に合いそうな音楽、穴場スポット情報も得ることができ、夏の表参道散策がより楽しいものになった。

ちなみに、記者が体験した“今”の気分を診断してくれるムードコンシェルジュは、体験者の回答に応じてEXCITING、NOSTALGIC、MYSTERIOUS、ROMANTIC、URBAN、CHILL OUTの全6種類のムードに分類。ほうじ茶ミルクティ×杏仁豆腐、甘酒×ジンジャーゼリーなど、これまでにない意外な組み合わせのドリンクで、飲む人に新しい発見を提供する。

そしてプレイリストは、上述のm-flo・Takuの他、モーリー・ロバートソンらBlock FMで番組を持つDJ6名がコラボした、ムードに合う6種のミックスを用意。

Time Out Tokyoとコラボして制作したタウンガイドでは、定番スポットはもちろん、何度も表参道を訪れたことがある人でも知らない最新スポットも紹介しており、表参道のお出かけを一層充実した時間にしてくれる。

また、店内の支払いは、交通系ICカードのようにピッと支払いができるタッチ決済が可能。アメリカン・エキスプレスのカード会員向け特典として、ドリンク代の割引もある。


そんな同店で、アメリカン・エキスプレスの杉本美穂氏に、同ストアの企画の狙いを聞いてみると「“自分のやりたいことや毎日の生活の充実に向けて、アクティブに動く人々に対して、必要なBacking(=寄り添い、支えていく)をする”という当社のブランドの考えを体現した企画となります」との回答。

「時代のニーズや皆さまのライフスタイルが変わっていくなかで、より広い方たちに人生を楽しんでいただきたいと考え、私たちは2018年にブランドを刷新しました。そんななかで今回のカフェは、表参道に集い、仕事やプライベートを充実させている感度の高い人たちに来ていただきたいと思い、オープンしました」と開店の経緯も教えてくれた。

また、「AMEX SUMMER SUPPLI」は、夏の街歩きをサポートするためのカフェだというが、「飲み物といっても水をお渡しするだけではつまらないので、気分に合わせた飲み物をお作りし、気分を盛り上げる音楽、タウンガイドもパッキングしてご提供します!味わいだけでなく、色も面白いドリンクや、コラボDJに厳選していただいた“ムードに合うミックス”は、お客さまに『なるほどね』と納得していただけるクオリティーを追求しました。街歩きと併せ、五感全て楽しんでいただける企画だと思います」と自信の笑み。

「どんなシーンに立ち寄るのがお勧めか」と問うと、「タウンガイドを手に入れるべくお出かけ前に来ていただくのはもちろん、コンセントがありますのでショッピングの合間にスマホの充電で来ていただくも良し、ちょっぴり体にいい、ここにしかないドリンクを摂りに来ていただくも良し、といった感じです。体も心もリフレッシュしていただけるのではないでしょうか」と、このイベントの魅力をアピールしていた。(東京ウォーカー(全国版)・Raira)

外部リンク

cat_oa-walkerplus_issue_0226d0f7c4f4 oa-walkerplus_0_c1cad42cd3a6_横浜 F・マリノスがメルコリゾーツとパートナーシップ締結! c1cad42cd3a6

横浜 F・マリノスがメルコリゾーツとパートナーシップ締結!

2019年7月30日 12:49 ウォーカープラス

横浜 F・マリノス及びマンチェスター・シティ FCが、インターナショナルな統合型リゾートの開発・運営を手掛けるメルコリゾーツ&エンターテインメントジャパン(以下、メルコリゾーツ)とパートナーシップ契約を締結。7月26日(金)、新横浜プリンスホテルにて発表会を行った。


パートナーシップの締結にあたり、メルコリゾーツのローレンス・ホー会長兼最高経営責任者は、今回の協賛・パートナーシップ締結及び今後の展望についてプレゼンテーションを実施。「横浜 F・マリノスと我々は、価値観とプレイのスタイルなど、考え方が似ていました」と締結の理由を話し、「今回パートナーシップ契約を締結できたことは大変光栄だと思っています。日本のコミュニティの一部に入れていただきたいと思っています」と述べた。

また、横浜 F・マリノス代表取締役社長の黒澤良二氏は「スポンサーいただくことになり大変嬉しく思っております。我々が目指す価値というのは『強いマリノス』。そして、社会貢献・地域貢献も我々の目指す価値。今後は素晴らしい選手に恵まれ、素晴らしい結果が生まれるのではと期待しています。素晴らしいチームワークを発揮して、喜びと楽しさを与えるという理念を3社で実現していきたいと考えています」とコメント。

横浜F・マリノス所属の扇原貴宏選手、仲川輝人選手、畠中槙之輔選手もゲストとして登場し、「メルコさまはエンターテインメント企業と聞いているので、僕たちも負けないくらいエンターテインメント性あふれる試合をしていきたい」(扇原)と挨拶、「ロゴがかっこよくて、ただでさえかっこいいユニフォームなのに、さらにかっこよくなった。このユニフォームを着て得点を量産したい」(仲川)と笑顔を見せた。

その他、マンチェスター・シティ FCを運営するシティ・フットボール・グループエグゼクティブと、同クラブのレジェンドであるポール・ディコフ氏も登場し、「Jリーグで2位になるなど、マリノスは魅力あふれるプレイをしていて素晴らしく、今後も期待したいチーム」(ポール)と、横浜 F・マリノスの印象についても語っていた。(東京ウォーカー(全国版)・Raira)

外部リンク

cat_oa-walkerplus_issue_0226d0f7c4f4 oa-walkerplus_0_20b3ac7b0df3_犬童美乃梨「チョコよりプロテインバーを食べる方が効率がいいです」 20b3ac7b0df3

犬童美乃梨「チョコよりプロテインバーを食べる方が効率がいいです」

2019年7月30日 12:30 ウォーカープラス


7月6日に行われた「サマー・スタイル・アワード 2019 Produced by KEN KANEKO」(以下、略して「サマスタ」)に初出場して、見事二冠に輝いたグラビアアイドルの犬童美乃梨さんにお話を聞かせて頂きました。



――まず、トレーニングを始めようと思ったきっかけを教えて頂けますか。



【犬童美乃梨】小さい頃からずっとスポーツをやってきてましたので、常に動いていないと気がすまない方なんです。上京したのが5年前なんですけど、その時はすぐにお仕事があったわけではなくて、何かしようかと思った時に、「そうだ!ジムに行こう」という気持ちになったのがきっかけです。自宅の近くの24時間やっているジムであればいつでも行けると思い通い始めました。



――「サマスタ」に出場する事を決める前からトレーニングはしていたわけですね。



【犬童美乃梨】はい。常に何かをやっていないと、そして忙しくしていないと、落ち着かなかったという不安からトレーニングしていました。でも、「サマスタ」出場前とは違って、週に1~2度軽く通う程度でした。その時はトレーニングの知識もありませんでしたので、とりあえずはやればいいと思いながらやっていました。今のトレーニング内容とは全然違いますね。



――「サマスタ」に出場しようと思ったきかっけを教えて頂けますか。



【犬童美乃梨】通っているジムのトレーナーから「サマスタ」への出場を提案されました。でも、最初に話を聞いた時は、未知の世界でしたので、「私がコンテストにまさか出場?」と思いましたが、すでに出場した今となっては、「そんなに筋肉に詳しくなくても一般の方でも気軽に出られる大会なんだ」という事がわかりました。



――犬童美乃梨さんは体型的には筋肉が付きやすそうな感じがしますがどうでしょうか。



【犬童美乃梨】元々、筋肉は付きやすい方だと思います。その代わり、脂肪も付きやすい方かもしれません(笑)。



――「サマスタ」の話に戻りますが、食事制限はかなりきつかったのではないでしょうか。



【犬童美乃梨】思っていた程ではなかったです。量を減らすというよりは内容を変えて食べるので、食事制限していた割にはすごい食べてましたね。さすがに、「サマスタ」2週間前からは、塩分や水分などを抜かなければいけないのでがんばりました。



――「サマスタ」に出場するために、体重も減らされたのでしょうか。



【犬童美乃梨】体重を42㎏まで下げるようにと言われましたが、そこまでじゃなくても大丈夫となって46㎏まで下げました。自分の感覚的には42㎏になった軽い感じで調子もよかったです。この引き締まった体型で46㎏なのが自分でもよくわからなくて...。でも、外から見た身体の感じはすごい変わっていたので42㎏に見えたと思います。毎日見ているトレーナーからもそう言われましたので数字じゃないんだなと実感しました。



――「サマスタ」出場を決めて本番までは、どれぐらいの期間だったのでしょうか。



【犬童美乃梨】半年です。私の中では、「まだ半年もある!」と軽く思っていましたが、トレーナーからはもう時間がないと言われ、筋肉を付ける事が簡単じゃない事を初めて知りました。



――ビューティーフィットネスモデル部門第1位、カップルモデル部門第1位と見事に二冠に輝きましたが、どんな気持ちか教えて頂けますか。



【犬童美乃梨】元々、「サマスタ」への出場を決めた時から、私の中では優勝する事しか考えていませんでした。「優勝以外はあり得ない!」と。「優勝しなかったら勝手に私の人生が終わる」と思ってましたね。「大会に出る時は一番じゃなきゃ嫌だ」というのがあります。男性にも負けたくないと思うくらい一番じゃないと嫌ですね。


――どんなメニューをこなしたのかを教えて頂けますか。



【犬童美乃梨】男性と同じトレーニングメニューをこなしていました。もちろん、重量とかは違いますけど。一番大変だったのは、肩の筋肉を鍛える事でした。まず、肩のトレーニングをした事がなかったですし、勝手なイメージですが太くなるような気がしていましたので嫌でした。



肩を鍛えると締まるというよりは大きくなってしまう感じがして、「これはちょっと、もてなくなるな」と思ってしまいましたが、脂肪も落ちて鍛えるとかっこよくなる事がわかりました。肩を鍛えてラインがキレイになる事でウエストが細く見えたりという効果もあり、新しい発見でしたね。



――肩を始め、部分ごとのトレーニングメニューだったのでしょうか。



【犬童美乃梨】お尻、下半身、肩、背中という感じで部位ごとに鍛えてました。胸とお腹はほぼ鍛えていないですね。肩とお尻を鍛えるメニューが多かったです。2つの部位をセットにして二日に一回は鍛える、それを交互にするので、毎日、2時間ぐらいは、どこかしらを鍛える事になります。筋トレの後はウォーキングをするという感じです。



――やはり、筋トレだけじゃないのですね。ウォーキングもかなり歩いたのでしょうか。



【犬童美乃梨】そうですね。マシンの上を歩くのではなく、東京の街をめちゃめちゃ歩きました。10~30㎞は歩いていたと思います。銀座から池袋まで歩いた事もありますよ。距離としては歩いた中でも短い方かもしれません。4月に桜の並木道を歩いていた時は、花見をしながら歩けて楽しいなと思ってましたね。これだけ歩くと、電車に乗った時に、「本当に便利でありがたい乗り物だな」と実感しますね。



――「サマスタ」出場に向けて、段階的な目標はあったのでしょうか。



【犬童美乃梨】はい。数字的な目標はありましたね。やはり体脂肪の数値です。最初は体脂肪18~19%でしたので、まずは17%に落とす、最終的には14%にまでという事で数値を下げるためにトレーニングしてました。筋肉が付くと重さがあるので、体脂肪が下がっても体重は減らないという事も知りました。



後は、筋肉量というのも数値で出てきてわかるので毎日計っていました。ある程度まで行くと増やすことはかなり難しいので、途中からは筋肉量をキープしながら、体重を落としていく事をがんばっていました。



ウエイトも60㎏は上げてました!その時は減量もしていてパワーもなくなっていたのでちょっときつかったですね。今は普通に食べていますので60㎏は全然軽く上げられます。



ダンベルを両手に持って、腕は伸びた状態のまま、肩関節の力だけで首の高さまで上げて鍛えるサイドレイズというウエイトトレーニングもめちゃくちゃやりまくりました。できなくなるまでやる事もありました。


――「サマスタ」出場に向けて、どんな気持ちでトレーニングしていたかを教えて頂けますか。



【犬童美乃梨】やめたいという気持ちはまったくなかったですね。ジムには鏡があるので、鏡に映る自分の姿を見ながらトレーニングするとさらにやる気になるんですよ。筋トレを続ける事によって、これまで肩になかったラインが、かっこよく表れてきたのを見て、もっとこのラインを出したいと思うようになり、さらにがんばってましたね。「この筋肉、まじでかっこいい」と思うようになり、筋肉の事を考えながらトレーニングするようになりました。



後は、「これが終わったら甘い物が食べられる!」と思ってがんばって筋トレしてました。もちろんすぐに食べるのではなく、プロテインを取ってから甘い物を食べるんですけど、ようかんや大福とかも食べてOKなんですよ。



――「サマスタ」に出場した時の気持ちを教えて頂けますか。



【犬童美乃梨】出場するみなさんは身体がめちゃめちゃ黒いので、自分と比べた時にそこから不安になりました。黒い方が筋肉のラインがきれいに出るんです。見た目の問題で私はみなさんと比べるとあまり黒くなくてダメかもと思ってしまいました。



「サマスタ」は、規定ポーズとフリーポーズがあるんです。カップルモデル部門はフリーポーズもあったのですが、ビューティーフィットネスモデル部門は規定ポーズしかなかったので、規定ポーズで結構審査が決まります。規定ポーズを極めて行かないと減点もかなりあると思い、徹底的にポージングの練習を行いました。



ただ筋肉があるだけだとダメで、女性らしさだったりだとか、表情とかすべてが審査の対象で、強いだけではなく、前から横に移る時のポージングでキレイに見せる動きも審査でしっかり見られています。指先や、目をそらしてから見るというような仕草、にっこりとした笑顔も見られているんですよ。



このポージングを学ぶためのセミナーもありますので事前に参加しました。セミナーに参加してなかったら、「大会当日は一体どうなっていたんだろう」と思います。


――「サマスタ」出場前と出場後で変わったと実感している事を教えて頂けますか。



【犬童美乃梨】肩からお尻にかけての身体のラインはかなり変わってますね。「サマスタ」出場前のグラビアの写真を見ると、自分でも「こんな体型してたっけ?誰?って感じです。ポージングもなんでこんな格好してるんだろうって(笑)」。出場後は、自分の見せ方も変わりましたね。



――「サマスタ」出場後の今でも食生活は変わりましたか。



【犬童美乃梨】糖質は気にしてますね。チョコを食べるんだったらプロテインバーって感じになりました(笑)。チョコを食べるとなぜか罪悪感を感じるようになってしまいました。チョコのプロテインバーだったら、糖質も少なく、たんぱく質もたくさん入っていて、普通にチョコよりプロテインバーを食べる方が効率がいいです(笑)。最近は、プロテインバーがすごい美味しく感じるようになりました。



――日本インストラクター協会(JIA)筋トレインストラクター認定試験に合格されましたね。今後もボディトレーニングは続けていきますか。



【犬童美乃梨】もちろん続けていきます。昨晩もジムに行って鍛えました!食べ過ぎたなぁと思ったら、ストレスを感じない程度に軽く自宅で筋トレしたりしています。


――YouTube「#みのトレ」ではYouTuberとしての顔も持っていますよね。



【犬童美乃梨】はい。女性にオススメ自宅で簡単にできるトレーニングなどを紹介しています。チャンネル登録数がもうすぐ6万人になるのですが、まずは10万人、そして100万人に増やすのが目標です。



――グラビアアイドル×超本格派ダンスで魅せるアイドルユニット「sherbet」のリーダーとしての活動もありますよね。



【犬童美乃梨】7月24日に5枚目のシングル「Attention Please」と、sherbetの初めてのベストアルバム「BEST OF THE BEST」が発売になりますのですごい力を入れてます。楽曲もいろんなアレンジを加えてますので、もっといろんな方に知ってもらいたいです。



7月24日に発売する「パスポート」「Attention Please」という曲はすごい歌詞がよくて、自分が辛い時や筋トレの時にその曲を「自分の曲なんだけど!」って思いながら聴いてがんばっていました。



「みんなが憧れる身体になりたい」と思って、自分がトレーニングしてきたので、メンバー(橋本梨菜さん、青山ひかるさん、有村瞳さん、佐藤望美さん)のみんなにもトレーニングのことを教えたいです。



――最後にひと事お願い致します。



【犬童美乃梨】メンバーだけでなはくグラビアをやっている子に、キレイな身体を作っていく事を教えてあげたいです。むちゃくちゃトレーニングするとかじゃなくて、その子に合った身体作りを私が教えてあげたいと思います。



グラビアとしてのお仕事ももっと頑張りたいです。DVDや写真集もいっぱい出して行きたいですね。トーレーニングはもちろん、食生活など私のすべてが書かれた本も出したいです(笑)!



犬童美乃梨 #みのトレ


『ジム』『トレーニング』と聞くと、筋肉がすぐつく!というイメージを持ってる方たくさんいると思うんですが、そうではなくて、綺麗に筋肉をつけて脂肪を減らす方法を日々upしているので是非試してみてください!



撮影=槇野翔太(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス/野木原晃一)

外部リンク

cat_oa-walkerplus_issue_0226d0f7c4f4 oa-walkerplus_0_9307b2f2d993_夏のおでかけは、おいしい列車旅! ~「しまてつカフェトレイン」に乗って、水の都・長崎島原へ 9307b2f2d993

夏のおでかけは、おいしい列車旅! ~「しまてつカフェトレイン」に乗って、水の都・長崎島原へ

2019年7月30日 12:00 ウォーカープラス

まぶしい太陽、抜けるような青空、爽やかな夏風。いつにも増して心が躍る夏の休日。

「久しぶりに休みが合ったね」

裕美と千里。今日は幼馴染の2人が久々にすごす大切な一日。今2人が住むのは福岡と鹿児島。同じ九州とはいえ、近いようでやっぱり遠い。仕事のこと、家族のこと、恋のこと…話したいこと、聞きたいことは山ほどある。

だからこそ、今日は特別な日にしたい!と、2人が選んだ旅先は、水の都・長崎県島原。そして何より!今回の目玉は、島原鉄道『しまてつカフェトレイン』だ。

「裕美、観光列車に乗りたいってずっと言ってたもんね」

念願の観光列車とあって、裕美は満面の笑み。つられて千里もニッコリ。

「島原って初めて」「私も!」

島原はどんなところ?『しまてつカフェトレイン』はどんな列車?いくつもの“初めて”に胸が高鳴る。荷物と一緒においしい予感もバッグに詰めたら、島原旅のはじまりはじまり!

キュートな車体は幸せの黄色。『しまてつカフェトレイン』



車窓から望むのどかな風景や、どこかほっとする親しみやすさが魅力の観光列車『しまてつカフェトレイン』。運行開始以来、鉄道ファンだけでなく多くの観光客にも人気を博しており、毎週土曜日限定で諫早~島原間を結ぶ。夏休み期間となる8月は、土曜日だけでなく日曜日も一部運行。ファミリー層にとって朗報だ。


「あ!きたきた!」

諫早駅のホームに現れたのは、鮮やかな黄色い列車。初めて間近で見る『しまてつカフェトレイン』に、思わずテンションが上がる2人。

2両編成の列車はとってもキュート。島原鉄道のイメージキャラクターで、島原駅の特別駅長を務める全国唯一の鯉駅長『さっちゃん』と助役の金魚たちがプリントされている。プシュっと扉が開くと、はやる心を抑え切れず足早に乗り込む2人。『しまてつカフェトレイン』がいよいよオープン!

社員一丸となって作り上げたアットホームな観光列車




『しまてつカフェトレイン』は、毎日走っている普通列車を運行日に改装。テーブルや所々にあしらわれた花や飾りなども手作りならでは温かみにあふれている。


笑顔が素敵なトレインアテンダントの女性も島原鉄道の社員なのだとか。アットホームな雰囲気もこの列車の魅力にほかならない。


このあたりでまずは特製コーヒーと100円クレープでおなじみの『パオクレープMILK』のクレープ(ミックスフルーツ)でほっとひと息。

「あれ、もう食べちゃったの?」「…え?(笑)」

笑顔を交わす2人の声が、列車のカタンコトンと揺れる音と響きあう。

待望のランチが登場!8月のメインは『雲仙ロコモコ』


しばらくすると、車内においしそうな匂いが立ち込めてきた。思わず目を輝かせる2人。

そう、お待ちかねのランチタイムに突入!

ランチメニューは月替わり。島原半島の食材を使ったメニューや、地元の人気店がプロデュースしたメニュー、スイーツなどがそろう。



8月は古部駅そばにある、列車と海が見えるお茶カフェ『ぽっぽや茶葉』特製の『雲仙ロコモコ』。地元産の野菜や卵、雲仙あかね豚のハンバーグなど食材はその土地ならではのものを厳選。旨味がしっかりしたハンバーグとお茶カフェならではの『ほうじ茶ライス』との相性も抜群だ。



また、車窓からの眺めもごちそう。のどかな田園風景や夏の有明海、諫早湾の潮受け堤防。高校サッカーの強豪校として有名な長崎県立国見高校の最寄り駅である多比良町駅では、サッカーボール像が立ち、国道沿いにはサッカーボールを模した街灯が目を引く。

「こんなに景色をゆっくり眺めるのって久しぶりかも」

見知らぬ土地の見知らぬ風景。何気ないはずの景色すら、車窓の外を流れると記憶に残る旅の思い出となる。

幸せいっぱいの「しまてつ」。列車は終点・島原駅へ


お腹もいっぱいになった頃、列車は大三東(おおみさき)駅へと到着。ここでしばらくティータイムといこう。


ほうじ茶と一緒に味わうのは、雲仙市のアイスソルベ専門店『アール サンク ファミーユ』のアイスソルベ。色鮮やかなフルーツをふんだんに使った『フルーツミックス』は程よい甘さとフルーツの香りがベストマッチ。


ここ大三東駅は、日本で一番海に近い駅として有名な場所。また、幸せの黄色いハンカチに願い事を書いて祈願できる今話題の“幸せスポット”でもある。


駅と海の間に遮るものはなにもなく、青い空と海、潮風にたなびく黄色いハンカチのコントラストが美しい。

駅のホームには、黄色いハンカチのガチャガチャ(1回300円)が設置してある。願い事や大切な人へのメッセージを書いて、ホームにある所定の場所に掲げよう。

「何お願いする?」「内緒!」

諫早~島原間には、ここ大三東駅以外にも幸(さいわい)駅、愛野駅、吾妻(あづま)駅など、思わず愛を叫んでしまいそうな駅が。特に愛野駅と吾妻駅を繋げると「愛しの吾(わ)が妻」となることから、カップルや夫婦に大人気。幸せを叶えたい、もっと愛を深めたい人はぜひ訪れてみて。


大三東駅の停車時間は45分。その間に車内販売も行われ、ポストカードやキーホルダーなどオリジナルのしまてつグッズを購入できる。明るいスタッフとの会話も楽しもう。


大三東駅を出れば、次は終点島原駅。別れを惜しむように雄大な雲仙普賢岳を眺める2人。10分ほどで島原駅へ到着。気がつけばあっという間の2時間だ。



「しまてつカフェトレイン、まもなく閉店です」

トライアテンダントのアナウンスがちょっと寂しい。でもそんな寂しさを吹き飛ばしてくれたのが、駅のホームで出迎えてくれた鯉駅長の『さっちゃん』。


島原駅の駅長室では、“本物”の『さっちゃん』が勤務中。記念撮影はお忘れなく!

毎月最終土曜(8月は31日)は『しまてつカフェトレイン ジオスイーツ編』も運行する。『雲仙野菜ぷりん」』や『ちぢわロール』、郷土スイーツの『かんざらし』、島原半島のジャガイモを使ったキャラメル『ジャガメル』、『温泉レモネード』など、島原半島の魅力が詰まった甘い誘惑が盛りだくさん。女性必見のスイーツ列車となっている。また『しまてつカフェトレイン』には、運行日の翌日まで有効の島原駅~諫早駅の片道切符もついているので、1泊してゆっくり島原観光を楽しむのもおすすめだ。

歴史情緒と名水が待つ島原観光へ!



『しまてつカフェトレイン』にはお得に島原観光を楽しめる特典がついていることも見逃せない。なんとチケット呈示で『島原城天守閣』と『湧水庭園 四明荘』に入場できるのだ。これを利用しない手はない。


『島原駅』を出ると、七万石坂というゆるやかな坂道の向こうに堂々とした天守閣がそびえる。この町のシンボルで日本100名城の一つに数えられる『島原城』だ。

『島原城』は、松倉重政が1618(元和4)年から着工し、約7年の歳月をかけて築いた城。五層の天守閣を中核に大小の櫓を要所に配した壮麗な城で、島原天草一揆では一揆軍の猛攻をしのいだ堅城でもある。

現在の天守閣は、1964(昭和39)年に復元されたもの。土日祝は「島原城 夜の陣」と銘打ち、暗い城内を懐中電灯片手に見学することができる。普段とは違った『島原城』と出合えそうだ。


城を後にし、夏の涼を求めて新町付近へと向かおう。古くから水の都といわれる島原のなかでも、新町一帯は特に湧き水が豊富なエリア。町のあちこちを流れる水路にはたくさんの鯉が泳いでいる。“鯉の泳ぐまち”と呼ばれる所以だ。

その新町にある『湧水庭園 四明荘』は、豊かな湧き水を利用して造られた住宅庭園。四方を明るく見渡せることから、『四明荘』と名づけられたそうだ。

主屋から望む庭園はまるで絵画のよう。池にせりだすように設えた縁側に腰かけ、蝉の声、小鳥のさえずり、風の音に耳をすます。会話はなくとも、この穏やかなひと時を共有していることが何より心地良い。

晴れの日はもちろん、雨の日も“味”がある。屋敷のひさしから均等間隔で落ちる“雨のれん”も情緒たっぷりだ。





島原城下町の観光を終え、2人は再び島原駅へ。旅はそろそろ終わりを迎える。復路は普通列車で諫早駅へと戻る。

「また来るね」

いつかの再会を鯉駅長『さっちゃん』に約束。旅のはじめはおいしい予感で膨らんでいたバッグは、今おみやげと思い出でいっぱいだ。

[島原城] 長崎県島原市城内1-1183-1 / 0957-62-4766 / 9:00~17:30、夜の陣(土日祝限定)18:30~21:30 / 大人540円、小中高生270円 、夜の陣大人700円、小中高生400円 / 無休

[湧水庭園 四明荘]

長崎県島原市新町2 / 0957-63-1121 / 9:00~18:00(最終入園17:30) / 大人300円、小中高生150円 / 無休

[しまてつカフェトレイン]限定70名・事前予約制【諫早~島原】8月度運行日:8/3(土)、4(日)、10(土)、11(日)、12(祝)、24(土)、25日(日) / 大人(13歳以上)5000円、小学生3000円、未就学児1000円(専用メニューあり) / 10:50までに諫早駅島原鉄道のりば集合

[しまてつカフェトレイン ジオスイーツ編]限定70名・事前予約制【諫早~島原】8月度運行日:8/31(土) / 大人(13歳以上)5000円、小学生3000円、未就学児1000円(専用メニューあり) / 12:50までに諫早駅島原鉄道のりば集合

【九州ウォーカー編集部/文=前田健志(パンフィールド)/撮影=鍋田広一(パンフィールド)/提供=島原鉄道株式会社】(九州ウォーカー・前田健志)

外部リンク

cat_oa-walkerplus_issue_0226d0f7c4f4 oa-walkerplus_0_1eedbe0c27a5_「裏横浜」は今どうなっている? 1eedbe0c27a5

「裏横浜」は今どうなっている?

2019年7月30日 11:00 ウォーカープラス

横浜駅東口エリアの一角を指した「裏横」かという愛称が広まったのは、実は「BISTRO FRESH」のオーナーが2002年に横浜ウォーカーの取材で口にしたのがきっかけ 。当時は「BISTRO FRESH」界隈の一部のエリアを指していたが、今ではそのあたりを玄関口に、戸部、平沼エリアまでが広く「裏横」と呼ばれている。個性的な飲食店も増加中の今の「裏横」に潜入!!



「お惣菜カフェ Orange」で、食事もお酒もスイーツも!!



食事、スイーツ、お酒などシーンに合わせて利用できるカフェダイニング。安全性や品質にこだわった食材を使用し、小さな土鍋で仕上げた目玉焼き付きのランチが大人気。フード類はテイクアウトもでき、お弁当(600円〜)も販売している。家族経営のアットホームな雰囲気で、ジモトの人たちに愛されている。



「タンメン・カントナ」で自然派ワイン&中華を味わう



横浜中華街の老舗で経験を積んだ店主が腕を振るう、自然派ワインと中華料理の店。旨味調味料不使用でヘルシーなタンメンは880円~。店名の「カントナ」は店主が好きなサッカー選手の名前で、サッカー関連のアイテムや店主が趣味で集めたグッズがにぎやかに飾られた空間が個性的だ。



ワタリガニのパスタが名物の「BISTRO FRESH」



創業20年のビストロで「裏横」のシンボル的存在。全国から仕入れる産直野菜メニューで、女性客の心をつかむ。看板メニューは、ワタリガニを丸一匹使いカニ味噌とほぐし身をたっぷり入れたワタリガニのトマトクリームパスタ。季節のフルーツを素材にしたフレッシュカクテル(720円〜)も人気。







このエリアの魅力を知ってもらいたい!という思いから生まれた地域活性化プロジェクト「urayoko net」。毎年秋には、参加店でかなりお得な特典が受けられるスタンプラリーを実施するのでお楽しみに。(横浜ウォーカー・横浜ウォーカー編集部)

外部リンク

cat_oa-walkerplus_issue_0226d0f7c4f4 oa-walkerplus_0_ddb7bd9d04d9_福岡に新名所が誕生!天神中央公園・西中洲エリア「HARENO GARDEN EAST&WEST」がオープン ddb7bd9d04d9

福岡に新名所が誕生!天神中央公園・西中洲エリア「HARENO GARDEN EAST&WEST」がオープン

2019年7月30日 11:00 ウォーカープラス

天神・博多・西中洲を結ぶ天神中央公園の一角に、8月9日(金)に新たなスポット「HARENO GARDEN EAST&WEST」が出現。注目店も進出する都心のオアシスを、ひと足早くチェック!


水辺空間や貴賓館がある場所の特徴を生かしてデザインされた「HARENO GARDEN EAST&WEST」。東側は川沿いに広いテラスを、西側は貴賓館が望める場所に階段を備えた。地元人気店の新業態や天神初進出など、「福岡らしさ」をテーマに選ばれた、バラエティ豊かな4軒に注目だ。




stock



福岡の人気パン店「pain stock」とコーヒー専門店「COFFEE COUNTY」がコラボする「stock」。大窯で焼くパンとそれに合うコーヒーのほか、保存食などを提案する。



TOFFEE park



「TOFFEE(トーフィー)」は豆腐料理店「三原豆腐店」の新業態。福岡県の食材を使ったジェラートのほか、“ソイカフェ&バー”らしいメニューがそろう。



博多やさい巻串 鳴門



野菜巻き串と特選肉の専門店が、博多に続き2号店「博多やさい巻串 鳴門(なると)(仮)」を天神に開業。「とりまぶし」「水炊きもつ鍋」が新メニューに加わった。



EPID’OR/ 一慶


「もつ鍋一慶」や「唄う稲穂」などを展開する「なか尾」が、大人のデイリーバル「EPID’OR(エピ ドール) / 一慶(いっけい)」を出店。夜は博多の郷土料理で客をもてなす。



[天神中央公園西中洲エリア・HARENO GARDEN EAST&WEST]福岡市中央区西中洲(東側施設)6-36、(西側施設)6-17 / 092-734-1217(西日本鉄道広報課) ※公園については 092-643-3757(福岡県公園街路課) / 10:00~20:00 ※店舗により異なる / 時間、休み未定(店舗によって異なる)(九州ウォーカー・九州ウォーカー編集部)

外部リンク

cat_oa-walkerplus_issue_0226d0f7c4f4 oa-walkerplus_0_1f8379e067ef_ファミリーにおすすめ!この夏行きたい福岡県のキャンプ場5選 1f8379e067ef

ファミリーにおすすめ!この夏行きたい福岡県のキャンプ場5選

2019年7月30日 10:00 ウォーカープラス

自然豊かな九州には人気キャンプ場がまだまだいっぱい!夏季限定で遊べる福岡内でビギナーやファミリーにおすすめの施設をズラリとご紹介。



平尾台自然の郷 キャンプ場 / 福岡県・北九州市



日本有数のカルスト台地として知られる平尾台に1泊し、魅力を存分に味わえる。芝生が広がるフラットなキャンプ場で、区画に分かれたテントサイトとオートサイトが中心。視界を遮るものは少なく、どこからでも青空と美しい山並みが望める。草そり場のほか、近くに「千仏鍾乳洞」など3つの鍾乳洞もあり。デイキャンプは通年利用できる。

[サイト&宿泊施設DATA]テント11、オート11、ログケビン(5人用)付きオート2 / 宿泊施設 なし / 管理人 土日祝はほぼ24時間、平日は日中常駐 / 売店 薪、炭など / 直火不可 / テントサイトはいずれも区画が10m×10mあり、広々としている。ログケビンはテントを所有しない人に人気のシンプルな丸太小屋。装備品はほぼないので、寝袋など持参していこう。

[平尾台自然の郷 キャンプ場]福岡県北九州市小倉南区平尾台1-1-1 / 093-452-2715(予約は2か月前から、デイキャンプは1か月前から受付) / IN10:00 OUT10:00(デイキャンプは10:00~17:00) / 開設期間 10月末まで※デイキャンプは通年 / 火曜休み(祝日の場合翌日) / テントサイト1区画3000円、オートサイト1区画4500円、ログケビン付きオートサイト1区画11500円【デイキャンプ】テントサイト1区画1950円、オートサイト1区画3000円、ログケビン付きオートサイト1区画7000円 ※利用料に駐車料含む、2台目からは300円



竜王峡キャンプ村/ 福岡県・直方市



夏になると川遊びの子供たちでにぎわう、竜王峡に造られた宿泊施設。毎年夏休みのスタートと同時に開村する。杉が林立するV字型の地形に、コテージとテントサイトがあり、その奥へと行くと3つの滝がある。場内にある喫茶店「杉の子」では、コンロや網のレンタルができる。直方市街から車で15分の場所にあるオアシスだ。


[サイト&宿泊施設DATA]テント10 / バンガロー(4畳半)10/(6畳)7/(12畳)1/(17畳)1 / 管理人 9:00~17:00 / 売店 薪、炭、お菓子、カップ麺など / 直火可 / 滝から流れる川に沿って整備された「竜王荘」「林荘」「観竜荘」「お宮荘」の4つのバンガローは、BBQ場所である川原に近く、便利なのがいい。4つのなかで滝に一番近いのは「お宮荘」。

[竜王峡キャンプ村]福岡県直方市上頓野 / 0949-26-0141(予約は随時受付) / IN17:00 OUT9:00(デイキャンプは9:00~17:00) / 開設期間 8月末まで / 開設期間中休みなし / テントサイト1張600円、バンガロー2600円~、駐車料1台500円【デイキャンプ】バンガロー1300円~、駐車料1台300円



牧の原キャンプ場 / 福岡県・築上町




耶馬日田英彦山国定公園に位置し、川遊びと山遊びの両方が楽しめる。バンガローと山小屋、2タイプの宿泊施設があり、山小屋は大人数でのキャンプにも対応できる30・50人用を完備。売店「まこちの里」は地元の名産品や加工品、菓子などが並ぶ直売所でもある。今は珍しい五右衛門風呂(500円/90分、薪代1000円)もあり、よい思い出ができそう。


[サイト&宿泊施設DATA]サイト なし / バンガロー(4人用)1/(6人用)2/(10人用)3、山小屋(30人用)1/(50人用)1 / 管理人 11:00~17:00、宿泊者がいる場合は24時間 / 売店 薪、炭、お菓子、釣り竿など / 直火可 / 一番小さな4人用バンガローはリピーター多数。6人用バンガロー2棟と、屋外のトイレにはスロープを備えている。30~50人が一度に泊まれる山小屋は、家族や親戚の集まりなどにもおすすめだ。

[牧の原キャンプ場]福岡県築上郡築上町寒田2005-2 / 0930-54-0111(予約は4月から受付) / IN13:00 OUT11:00 / 開設期間 9月まで / 5、6、9月は火曜・水曜休み(祝日の場合営業)、7、8月は休みなし / バンガロー3000円~、山小屋13000円~



四季の山荘「求菩提」 / 福岡県・豊前市


1日の宿泊収容人数は最大600人と、県内最大級の規模を誇る。2018年に愛称を現在のものに変えた。宿泊はテントとバンガロー、コテージの3タイプ。求菩提山や犬ヶ岳登山のベースキャンプとしても最適だ。岩岳川ではヤマメ釣りができるほか、夏は河川プールにもなる。帰りは約2km先にある「求菩提温泉 卜仙の郷」の天然温泉で汗を流そう。


[サイト&宿泊施設DATA]テント34、常設テント(8人用)24 / バンガロー(5人用)7/(10人用)6、コテージ(10人用)4/(15人用)4 / 管理人 9:00~17:00、宿泊客4組以上の場合は24時間 / 売店 薪、炭、お菓子、カップ麺、アイスなど / 直火可 / 持込みテントサイトでは、炊事棟とトイレに近い15~20番がおすすめ。コテージでは場内で一番上に位置する10人用コテージ。中心から離れているため、静かに過ごしたいグループや家族連れに人気。

[四季の山荘「求菩提」(旧求菩提キャンプ場)]福岡県豊前市鳥井畑247-3 / 0979-88-3063(予約は1年前から受付) / IN13:00 OUT11:00(デイキャンプは11:00~17:00) / 開設期間 10月末まで / 無休 / 整理費小学生以上250円、テントサイト1区画1200円~、高床式テント(常設)4000円~、バンガロー5000円~、コテージ13500円~【デイキャンプ】テントサイト1区画400円~、高床式テント(常設)1100円~、バンガロー1400円~、コテージ4000円~※小学生以上別途整理費



宮若市いこいの里 千石キャンプ場 / 福岡県・宮若市


力丸ダムに注ぐ八木山川沿いにあり、古くから地元の人に親しまれる。キャンプ場は約2kmにかけて3か所ある。川沿いのため、夏は涼しく、渓流釣りも楽しめる。上流の「千石峡キャンプ場」はバンガロー、「木立の広場キャンプ場」はフリーのテントサイト。下流の「花の水辺公園キャンプ場」はオートキャンプサイトとテントサイトがある。


[サイト&宿泊施設DATA]テント上流12・下流9、オート下流8 / バンガロー(6人用)5/(12人用)4 / 管理人 上流側8:30~17:15、以降宿直あり、下流側8:30~17:15 / 売店 薪、炭、お菓子、カップ麺、ジュース、ビールなど / 直火不可 / 売店や道具のレンタルを考えると上流の「千石峡キャンプ場」と「木立の広場キャンプ場」が便利。オートサイトもある「花の水辺公園キャンプ場」は目が行き届きやすく、家族連れにぴったりだ。

[宮若市いこいの里 千石キャンプ場]福岡県宮若市宮田2058-1 / 0949-34-7784(下流側管理棟)(市内居住者の予約は4月から市役所窓口で受付、市外居住者は5月から下流側管理棟で電話受付。7/11の開設後は上流側管理棟 0949-33-1866でも受付) / IN15:00~17:15 OUT13:00 / 開設期間 10/10まで/ 開設期間中は無休 / テントサイト1区画1080円、オートサイト1区画3240円、バンガロー3240円~(九州ウォーカー・九州ウォーカー編集部)

外部リンク

cat_oa-walkerplus_issue_0226d0f7c4f4 oa-walkerplus_0_99435af160fe_ちびっこでも安心して水遊び!福岡・佐賀・熊本のレジャープール9選 99435af160fe

ちびっこでも安心して水遊び!福岡・佐賀・熊本のレジャープール9選

2019年7月30日 09:00 ウォーカープラス

暑い夏のおでかけの定番といえば水遊び!小さな子供でも安心して遊ばせられるレジャープールを紹介。ウォータースライダーや流水プールなどの遊具があるプールも一緒にチェック!



福岡市・西戸崎「海の中道サンシャインプール」


長さ300mの流水プールや恐竜噴水プールなど6つの個性派プールがそろう。ふわふわ遊具などがある幼児専用「ウォーターアトラクションエリア」も楽しい。





[海の中道サンシャインプール]福岡県福岡市東区西戸崎18-25 / 092-603-6835 / 9:00~18:00(変動あり) / 期間は2019年7月6日(土)~9月8日(日) / 期間中の月曜~金曜休み※8月30日(金)までと祝日は営業 / 高校生以上1900円、小中生950円、3歳以上300円、2歳以下無料 / 駐車場 80台(無料) / 福岡都市高速香椎浜出入口より車で約15分 / 酒類、缶・ビン類やガムなどプールを汚染する可能性のあるもの、タープ型テントは持込み不可。水洗トイレあり



佐賀市・大和町「佐賀大和温泉 ホテル アマンディ」


大中小の3種のスライダーとメインプールは屋内にあり、天候を問わずに快適に水遊びができる。屋外には流水プールやマッサージプールゾーンも。たっぷり遊んだら炭酸泉が名物の温泉でリラックス。




[佐賀大和温泉 ホテル アマンディ]佐賀県佐賀市大和町久池井3667 / 0952-62-1126 / 10:00~17:00(変動あり) / 期間はオープン中~9月23日(祝) / 期間中の月曜~金曜は休み8月30日(金)までと祝日は営業 / 中学生以上1458円、3歳以上810円、2歳以下無料 / 駐車場 400台(無料) / 館内に和洋の飲食店や軽食スタンドあり。入場料には温泉入浴料も込み。更衣室も温泉と共通。水洗トイレあり



北九州市・志井公園「アドベンチャープール」


全長88mの波のプール(料金別途)をはじめ、1周250mの流水プール、せせらぎプールなどプールの種類が豊富。身長120㎝以上は川下りプールやスライダーも利用可能(1回100円)。


[アドベンチャープール]福岡県北九州市小倉南区志井公園2-1 / 093-963-5900 / 9:00~18:30 / 期間は2019年7月6日(土)・7日(日)、7月13日(土)~9月1日(日) / 期間中は無休 / 高校生以上400円、小中生200円、1歳以上50円、0歳無料 / 駐車場 200台(1日500円) / クーラー付き授乳室あり。幼児は水遊びパンツの上から水着着用のこと。飲食物持込みNGだがプールサイドにお好み焼き店やカフェなど、飲食ブースが充実する。水洗トイレあり



福岡県・芦屋町「芦屋海浜公園 レジャープールアクアシアン」


芦屋海水浴場の隣に位置し、ビーチとプールを自由に行き来できる。全長120mのウォータースライダーは県内最長(身長120㎝以上)。ちびっこ冒険プールではウォーターガンが魅力。


[芦屋海浜公園 レジャープールアクアシアン]福岡県遠賀郡芦屋町芦屋1455-284 / 093-223-3481 / 9:30~18:30 / 期間は2019年7月11日(木)~9月1日(日) / 期間中は無休 / 510円、中高生410円、4歳以上310円、3歳以下無料 / 駐車場 1000台(1日500円) / 幼児は水遊びパンツの上から水着着用のこと。子供トイレは女性トイレに男児用を設置。海との行き来は必ず保護者同伴で。3×3m以内の簡易テントの持込みOK



福岡県・宗像市「宗像ユリックス ゆ~ゆ~プール」


水深の異なる4つのミニプールからなるクローバー型子供プール、1周200mの流水プールなど。平日15:00~は入場料半額サービスあり。期間中の木曜には景品を用意するじゃんけん大会も。


[宗像ユリックス ゆ~ゆ~プール]福岡県宗像市久原400 / 0940-37-1373 / 9:30~18:00 / 期間は2019年7月7日(日)、7月13日(土)~9月1日(日) / 期間中は無休 / 730円、中高生580円、4歳以上430円、3歳以下無料 / 駐車場 1100台(無料) / 売店あり。スライダーは身長120㎝~、使用無料。浮棒(100円)やメガネバンド(無料)貸出しあり



福岡県・田川市「田川市民プール」


ウォータージャングルジムや水深30cmのカメさんプールが幼児をひきつける。ロデオマウンテンスライダーは滑り放題。身長制限(120cm以上)に達しない子も保護者と一緒なら利用できる。


[田川市民プール]福岡県田川市伊田2745-2 / 0947-45-7654 / 9:30~18:30 / 期間は2019年7月13日(土)~8月31日(土) / 期間中は無休 / 500円、中高生400円、3歳以上300円、2歳以下無料 / 駐車場 500台(無料) / 食堂や売店もある。浮き具用空気入れ無料。足抜き浮き輪や水鉄砲、ビート板の利用は不可



福岡県・飯塚市「健康の森公園 屋外レジャープール」


屋外エリアに設置の幼児プールは水深30、40、50cmと小刻みに分かれ体格に合わせた利用がしやすい。スライダーや1周160mの流水プールも人気。プールサイドにはパラソル席も。


[健康の森公園 屋外レジャープール]福岡県飯塚市吉北118-11 / 0948-21-7811 / 12:00~18:00(変動あり) / 期間は2019年7月1日(月)~8月31日(土) / 期間中は無休 / 420円、高校生300円、小中生200円、3歳以上100円、2歳以下無料 / 駐車場 130台(無料) / 2歳以下とおむつが取れていない子供は、幼児用プールに限り保護者同伴・水遊びパンツ着用で利用可



福岡県・八女市「くつろぎの森 グリーンピア 八女」


温泉もある滞在型レジャー施設内に、夏限定で子供向けプールがオープン。直径14mのアスレチックプール、90mの流水プール、カエル滑り台を備える幼児用プールなどがある。


[くつろぎの森 グリーンピア 八女]福岡県八女市黒木町木屋10905 / 0943-42-2400 / 10:00~17:00 / 期間は2019年7月13日(土)~15日(祝)、7月20日(土)~9月1日(日) / 期間中は無休 / 中学生以上950円、4歳以上600円、3歳以下無料 / 駐車場 500台(無料) / 園内に売店、レストランなど完備。ローラースケートやゴーカートなどの有料アクティビティもあり



熊本県・南関町「ホテルセキア 森のプール」


地下水を使用するホテル直営リゾートプール。ミニスライダー付きプールと25mプールが水路で繋がる。高台のため眺望も抜群で、pH8.7のアルカリ泉が自慢の温泉「美人の湯」を併設する。


[ホテルセキア 森のプール]熊本県玉名郡南関町関村1556 / 0968-69-6111 / 9:00~19:00(最終入場18:30) / 期間は2019年7月13日(土)~15日(祝)、7月20日(土)~9月1日(日) / 期間中は無休※悪天候時は臨時休業あり / 中学生以上1000円、4歳以上500円 / 駐車場 600台(無料) / 売店あり。乳幼児でも水着着用必須。入場料には温泉利用料も込み。お得なバイキングプランもある(九州ウォーカー・九州ウォーカー編集部)

外部リンク

cat_oa-walkerplus_issue_0226d0f7c4f4 oa-walkerplus_0_b8a43142a19c_影山貴彦のテレビのホンネ。「強烈に感じる存在感! 千鳥の3分番組の魅力」 b8a43142a19c

影山貴彦のテレビのホンネ。「強烈に感じる存在感! 千鳥の3分番組の魅力」

2019年7月30日 07:00 ウォーカープラス

提供読みも施設の紹介も全て2人で行う。視聴者により訴求できるやり方が上手い




今や圧倒的人気を誇る、漫才コンビの千鳥(大悟・ノブ)。テレビて顔を見ない日はないといっても大げさでなく、ますますその知名度を高めている。このコラムでも何度となく彼らの出演する番組を取り上げてきた。読者の中にはお笑い通の方も多いことだろうが、さて、この番組はご存じだろうか?

5月から7月にかけて放送された「大悟を探せ!」(MBS)がそれだ。なんとこれ「3分番組」だったのだ。温泉型リゾート施設がスポンサーの番組で、毎回のロケをそこで行っている。内容は仲の良い2人らしく、「施設の中に隠れた相方を探す」というものだ。「この番組は〇〇がお送りします」という、いわゆる提供読みも、施設の特徴を紹介するくだりも、全て千鳥の2人の喋りで行なう。新鮮だった。

原稿を手に持ちながら、決して流暢とは言えない独特な言い回しでこなす千鳥の姿が実にいいのだ。こうした番組での定番は、提供読みや説明的コメントは、アナウンスのプロに任せる形がほとんどだが、それを逆手にとった手法。どうすれば視聴者により訴求することができるか?を作り手は考えたのだろう。上手いやり方だ。

7月4日の放送オープニングで、ノブが、「この番組、MBS全部の番組のうち、TVer(ティーバー)で1番見られているらしい!」と言った。念のため、TVerとは民放テレビ局が連携して運営している公式テレビポータルサイトのことだ。一定期間、見逃した番組を視聴することができ、数多くの人に利用されている。TVerでは「大悟を探せ!」をノーカット版で見られるとあって、より人気を呼んでいるのだろう。

全国ネットとローカル番組、長尺番組とミニ番組を分け隔てることなく、自らの存在感を視聴者に植え付ける千鳥。驚異の8本撮りで知られるテレビ埼玉の「いろはに千鳥」も面白い。


【著者プロフィール】影山貴彦(かげやまたかひこ)同志社女子大学 メディア創造学科教授。元毎日放送プロデューサー(「MBSヤングタウン」など)。早稲田大学政経学部卒、ABCラジオ番組審議会委員長、上方漫才大賞審査員、GAORA番組審議委員、日本笑い学会理事。著書に「テレビドラマでわかる平成社会風俗史」(実業之日本社)、「テレビのゆくえ」(世界思想社)など。


(関西ウォーカー・関西ウォーカー)

外部リンク