cat_oa-tokyosports_issue_d4f957cfb3f8 oa-tokyosports_0_d4f957cfb3f8_岡田結実が語る父・岡田圭右との関係 昨秋出産の男児には「会ってない」 d4f957cfb3f8 d4f957cfb3f8 岡田結実が語る父・岡田圭右との関係 昨秋出産の男児には「会ってない」 oa-tokyosports

岡田結実が語る父・岡田圭右との関係 昨秋出産の男児には「会ってない」

2021年4月15日 13:55 東スポWeb

 女優の岡田結実(21)が15日、都内でセルフホワイトニングサロン「デンタルラバー」の新商品発表会に出席した。

 デンタルラバーはFC店を含む全国10店舗を展開。イメージガールに就任した岡田は「自分の歯に自信を持っていなかったので嬉しい。もっと自分磨きを頑張ろうと思いました」と笑顔で語った。

 岡田の父でお笑いコンビ「ますだおかだ」の岡田圭右(52)は昨秋、再婚相手との間に男児が誕生。娘の結実はその際「複雑っちゃ複雑」と出演番組で語っていた。

 現在の〝関係性〟はどうなのか?

 岡田は「すごく会いたいかと言えば、そうでもないし、かといって連絡は取ってる」と述べ「たまにテレビ局で楽屋が近かったりするので、その時は(父の)楽屋に遊びに行ってます。仕事の面では(父を)尊敬しています」と告白。

 生まれた男児とは「まだ会っていない」そうだが「すべり芸の血が流れてなければいいな…と思います」と語り、笑わせた。

 岡田自身も昨年3月に所属事務所を辞め、独立。父とは〝適度な距離感〟を保っていると言えそうだ。

外部リンク

cat_oa-tokyosports_issue_d4f957cfb3f8 oa-tokyosports_0_0d5d776fff79_W杯アジア予選ミャンマー戦は開催できるか…反町委員長「情報が入ってこない」 0d5d776fff79 0d5d776fff79 W杯アジア予選ミャンマー戦は開催できるか…反町委員長「情報が入ってこない」 oa-tokyosports

W杯アジア予選ミャンマー戦は開催できるか…反町委員長「情報が入ってこない」

2021年5月6日 20:35 東スポWeb

 日本サッカー協会の反町康治委員長(57)は日本代表が臨む2022年カタールW杯アジア2次予選ミャンマー戦(28日、千葉)の開催可否について「こっちが聞きたいぐらい。本当に分からない」と困惑した表情を見せた。

 ミャンマーは軍事クーデターの影響から国内情勢が不安定とあって本当に代表チームを編成し、来日できるかも微妙な情勢だ。同委員長は「情報が入ってこない。わかれば対応するが、入ってこない」とし「AFC(アジアサッカー連盟)は発表しているので、ミャンマーは試合をする意思があると捉えている。それに向けて準備をしている。情報があれば教えてほしい」と語った。

 日本はここまで2次予選5連勝で9月から始まるW杯アジア最終予選進出に王手をかけている。またミャンマー戦の開催予定日は、国際サッカー連盟(FIFA)が定めた国際Aマッチデーではないため、Jリーグが開催中。オフシーズンに入った欧州組でチーム編成するプランも出ており、代表メンバー選考の行方も注目されている。

外部リンク

cat_oa-tokyosports_issue_d4f957cfb3f8 oa-tokyosports_0_17ae989eabb7_NHK党の立花氏が高樹沙耶氏に「大麻推進党」で出馬オファー! その回答は「お花畑の私は…」 17ae989eabb7 17ae989eabb7 NHK党の立花氏が高樹沙耶氏に「大麻推進党」で出馬オファー! その回答は「お花畑の私は…」 oa-tokyosports

NHK党の立花氏が高樹沙耶氏に「大麻推進党」で出馬オファー! その回答は「お花畑の私は…」

2021年5月6日 20:25 東スポWeb

 NHK受信料を支払わない方法を教える党(NHK党)の立花孝志党首(53)が6日、ツイッターで元女優の高樹沙耶氏(57、本名・益戸育江)に国政選挙への出馬を打診した。

「高樹沙耶さん、大麻推進党で立候補してくれないかな?」

 高樹氏は医療用大麻の合法化を訴え、16年の参院選に新党改革から出馬も落選。同年、大麻を所持していた大麻取締法違反(所持)の現行犯で逮捕され、懲役1年、執行猶予3年の有罪判決を受けていた。その後も持論の大麻合法化をSNSや講演の場で、訴え続けている。

 立花氏は次期衆院選や来年の参院選で、複数の政治団体を傘下に置く「諸派党構想」(特になし党)を進めており、ワンイシューを掲げる政治団体と代表者探しに奔走している。

 この構想を伝え聞いた高樹氏は「大麻推進派で勇気ある方はいかがでしょう!」と呼びかけるや、立花氏はすぐさま冒頭のセリフで、高樹氏に出馬をオファーしたワケだ。

 これに高樹氏も即レス。「今は有事なので私のような人は平時の炎上キャラぐらいが適当かと! お花畑の私はあの世界きついわー」。参院選で政治の世界を垣間見ているだけに難色を示したかに見えた。

 ただ、簡単に引き下がる立花氏ではない。「大麻推進の方が私のところにも陳情に来てくれているので、大麻推進党 誰か探してみます。もし気が向いたら連絡下さいませ」と返信した。

 大麻を巡っては、世界では医療用どころか嗜好用としての解禁が進んでおり、米ニューヨークでの合法化は大きな話題となった。日本ではいまだ大麻解禁の議論は消極的で、話題にすることすら、はばかれる状況にある。

 立花氏に聞いた。「高樹さんとは参院選に出る前から大麻解禁で活動しているのを知っていて、交流がある。高樹さんは諸派党構想を初めて知ったというレベルで、どういう仕組みなのかもわからないと思うが、興味はたぶん持っていると思う」と話し、今後、口説き落としたい考えだ。高樹氏の2度目のチャレンジはあるのか――。

外部リンク

cat_oa-tokyosports_issue_d4f957cfb3f8 oa-tokyosports_0_626a4294eed9_【森友裁判】ようやく認めた〝赤木ファイル〟の存在…妻の思いが世論動かす 626a4294eed9 626a4294eed9 【森友裁判】ようやく認めた〝赤木ファイル〟の存在…妻の思いが世論動かす oa-tokyosports

【森友裁判】ようやく認めた〝赤木ファイル〟の存在…妻の思いが世論動かす

2021年5月6日 20:22 東スポWeb

「森友学園」の国有地売却問題を担当していた元財務省近畿財務局職員・赤木俊夫さん(54=当時)が、決裁文書改ざんを強制され自殺したとして、妻の雅子さん(50)が国と佐川宣寿元国税庁長官(62)に計約1億1000万円の損害賠償を求めた訴訟で、国は6日、俊夫さんが改ざんの過程を書き残したとされる〝赤木ファイル〟の存在を認めた。原告側代理人が明らかにした。

 これまでの訴訟で原告側は、俊夫さんが受けた心理的負荷の強度を立証したいとして、赤木ファイルの提出を求めてきたが、国は「争点に関係がない」と主張。ファイルの存否すら明らかにしていなかった。しかし、大阪地裁が3月の進行協議で「仮に存在するのであれば、任意の提出を検討してもらいたい」と要請。6日までに回答するよう求めていた。

 国はこの日、赤木ファイルの存在を認め、6月23日の第4回口頭弁論に任意で提出する方針を示した。情報セキュリティーの観点や職員の情報を公にした場合、本人やその家族の私生活の平穏が脅かされる恐れがあるとの理由で、マスキング処理を行った上で提出する。処理の範囲はできる限り狭いものにするという。

 原告側の生越照幸弁護士は「かなり踏み込んだ内容。『あったけど捨てた』というんじゃないかとも思っていたので、安心してホッとした」と安ど。一方で、「ある程度、個人名も出していただかないと分からない部分もある」とマスキングの程度を気にかけた。

 さらに、赤木ファイルにはドッチファイルにとじられたものとパソコンに保存されたものの2種類が存在することから「後者についてはレスポンスがない。今回開示されるものと同一のものなのか確認する必要がある」とも語った。

 国が赤木ファイルの存在を認めたことについて、法曹関係者は「森友問題発覚以降、財務省は文書があるのに『存在しない』と繰り返してきたが、赤木さんの妻の思いが世論を動かしてきたことで『ファイルはある』と証言する職員が出てくる可能性もある。認めざるを得なくなったのでは」と推測した。

外部リンク

cat_oa-tokyosports_issue_d4f957cfb3f8 oa-tokyosports_0_b738a75878ab_【東京五輪】サッカー男子・森保ジャパンが6月に最終メンバー選考 サバイバル最終局面 b738a75878ab b738a75878ab 【東京五輪】サッカー男子・森保ジャパンが6月に最終メンバー選考 サバイバル最終局面 oa-tokyosports

【東京五輪】サッカー男子・森保ジャパンが6月に最終メンバー選考 サバイバル最終局面

2021年5月6日 20:15 東スポWeb

 今夏の東京五輪に臨むサッカー男子、森保ジャパンの最終登録メンバー18人をめぐるサバイバルが最終局面を迎える。

 日本サッカー協会の反町康治技術委員長(57)が6日、オンラインで記者会見し「7月の5日から(U―24代表)活動に入る予定なので6月中に(五輪メンバーを)アナウンスすることになるでしょう。IOC(国際オリンピック委員会)の(選手登録)期限の前に選手に伝えないと。準備などもあるので」とし、6月下旬にはオーバーエージ(OA)枠の3人を含めたメンバーを決定するという。

 五輪代表となるU―24代表は、6月5日、同12日に強化試合(対戦相手未定)を行う予定となっている。メンバー発表前、最後の活動となることから、反町委員長は「最終選考? そうでしょうね。活動が限られている中、最後の選考と思っていただいていい」とし、サバイバルの最終舞台と位置付けた。

 五輪代表はスペイン1部ヘタフェのMF久保建英(19)やドイツ1部ビーレフェルトのMF堂安律(22)らを擁して、金メダルを狙っているが反町委員長は「8月の決勝に向けて6月(の活動)が大事になる」と、さらなるチーム強化と選手選考を加速させていく方針だ。

外部リンク

cat_oa-tokyosports_issue_d4f957cfb3f8 oa-tokyosports_0_96b19f4daec9_タイムリミットを背負ったアイドル「最後の晩餐」発進…元STU・張織慧が改名し活動再開 96b19f4daec9 96b19f4daec9 タイムリミットを背負ったアイドル「最後の晩餐」発進…元STU・張織慧が改名し活動再開 oa-tokyosports

タイムリミットを背負ったアイドル「最後の晩餐」発進…元STU・張織慧が改名し活動再開

2021年5月6日 20:09 東スポWeb

 アイドルグループ「STU48」の元メンバー・張織慧(ちょう・おりえ=19)が「SUI」(すい)と改名。アイドルグループ「最後の晩餐」メンバーとして再スタートを切った。

 同グループは“タイムリミットを背負ったアイドル”として3月8日から活動を開始した。与えられたのは「1000日」。限られた時間の中、繰り広げられるシ烈な選抜メンバー争いと過酷なミッションにより現在18人のメンバーは最終的に13人に絞り込まれるという。4月18日にデビューライブを行い、ラジオ番組にも出演したが、緊急事態宣言が発令されたことで出演イベントの変更・延期を余儀なくされている。コロナ禍の2021年、嵐の中を船出し、2023年12月にタイムリミットを迎えることになるが、どのような“最期”を迎えるのか。

 メンバー代表コメント・SUI=もともと高校を卒業してからアイドル活動を再開しようと思っていたところ、2021年4月ごろ、アローズエンタテインメントの方に声をかけていただきき、所属することになりました。それと同時にアイドルグループ「最後の晩餐」のお話をいただき、このグループで活動をすることを決意しました。

 決めた理由は、STU48を卒業したときにファンの方々に「必ず恩返しします!」とお伝えしていたからです。3年もたってしまいましたが、これからアイドル活動を通じて待ってくれていたファンの方々に恩返しをしていきたいと思います。以前は張織慧として活動していましたが、現在は「SUI」と改名し、再スタートしていきます。最近暗い話題が多い中、みなさんに元気を届けられるよう頑張っていきます!よろしくお願いします。

外部リンク

cat_oa-tokyosports_issue_d4f957cfb3f8 oa-tokyosports_0_360e602ca7d6_【選手会主催大会】復活めざす高山忠洋が2位発進「ベストを尽くして優勝する、という気持ち」 360e602ca7d6 360e602ca7d6 【選手会主催大会】復活めざす高山忠洋が2位発進「ベストを尽くして優勝する、という気持ち」 oa-tokyosports

【選手会主催大会】復活めざす高山忠洋が2位発進「ベストを尽くして優勝する、という気持ち」

2021年5月6日 20:02 東スポWeb

 男子ゴルフの選手会が主催する「ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ・サトウ食品」初日(6日、栃木・西那須野CC=パー72)は高山忠洋(43=スターツ)が7バーディー、ノーボギーの63で回り、首位タイで発進した。

 2018年に目の病気を患い、公傷制度を利用してツアーに参戦中。この制度で出場できるのは、今大会を含めてあと2試合。そこで83万910円を稼げばシード権を確定できる。

 3位タイだった先週の「中日クラウンズ」で最終ホールのバーディーパットが入っていれば、その〝ボーダーライン〟をクリアしていた。

 今週も〇位までに入れば、と考えがちだが「その計算ではなく、ベストを尽くして優勝する、という気持ちで」と、ベテランはあくまでも10年ぶりの通算6勝目を目標に掲げている。

外部リンク

cat_oa-tokyosports_issue_d4f957cfb3f8 oa-tokyosports_0_4e5b6960d5b6_パリSG会長「選手を放っておけ!」 ネイマール獲得をあきらめないバルサに“不快感” 4e5b6960d5b6 4e5b6960d5b6 パリSG会長「選手を放っておけ!」 ネイマール獲得をあきらめないバルサに“不快感” oa-tokyosports

パリSG会長「選手を放っておけ!」 ネイマール獲得をあきらめないバルサに“不快感”

2021年5月6日 19:59 東スポWeb

 フランス1部パリ・サンジェルマンのナセル・アルケライフィ会長が、くすぶり続けるブラジル代表FWネイマール(29)のスペイン1部バルセロナ復帰説にイラ立ちを募らせている。

 2022年6月までパリSGと契約を残すネイマールを巡っては、今季に入って本人も前向きな姿勢を見せるなど更新が既定路線になっていたが、現段階でも正式サインに至っていない。そんな状況もあってか、スペインメディアを中心にネイマールのバルセロナ復帰が断続的に報じられてる。さらにパリSGが欧州チャンピオンズリーグ(CL)準決勝で敗退した後には、スペイン紙「アス」が「バルセロナがネイマールの獲得に最大で移籍金1億ユーロ(約131億円)を用意できる」と報じるなど再び過熱傾向だ。

 そんな中、スペイン紙「スポルト」は同国の「カタルーニャラジオ」の情報としてアルケライフィ会長が、ネイマール獲得をあきらめないバルセロナに対して「選手を放っておけ!」と警告したと伝えた。同会長は先月13日に行われたバイエルン・ミュンヘンとのCL準々決勝第2戦後に「ネイマールは来年もパリSGでプレーするし、ここに長い間とどまり続けるだろう」。契約延長に自信を見せているが、バルセロナの“ちょっかい”に一抹の不安を感じているのかもしれない。

 ネイマールはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)と再タッグ結成願望があるのだからなおさらだろう。もう1人、フランス代表FWキリアン・エムバペ(22)の去就も流動的となっており、2人のスターはカタール出身の金満会長の望み通りに残留するのだろうか。

外部リンク

cat_oa-tokyosports_issue_d4f957cfb3f8 oa-tokyosports_0_28e6dcb2e894_去就注目の南野拓実 リバプールファンの65%が“売却支持” 28e6dcb2e894 28e6dcb2e894 去就注目の南野拓実 リバプールファンの65%が“売却支持” oa-tokyosports

去就注目の南野拓実 リバプールファンの65%が“売却支持”

2021年5月6日 19:47 東スポWeb

 イングランド・プレミアリーグのサウサンプトンに所属する日本代表MF南野拓実(26)の保有元、リバプールのファンは今夏に日本人アタッカーの売却を支持したと英メディア「エンパイア・オブ・ザ・コップ」が伝えている。

 同メディアは「興味深い議論が行われている」とし、リバプールファンがレンタル中の南野を今夏に維持するか、売却するかのアンケートを実施したと報道。LFC(リバプールFC)トランスファールームでツイッターによる投票は3106人が参加し、残留派は34・5%、売却派は65・5%だった。

 リバプールで出番を失っていた南野は今年1月末にサウサンプトンに移籍。加入直後こそ2ゴールを決めるなど、順調な再スタートだったが、4月に入ってから出番なしの日々が続いた。ファンの間から「サウサンプトンで出られないのはがっかりだ」「プレーで証明してくれると期待していた」との声が出たように、期待以上の成果を見せられていない現状が売却支持につながったとみられている。

 シーズン後にリバプール復帰が既定路線となっているが、同メディアは「そこから何が起こるかは誰にもわからない」と伝えており、今後の動向が注目されそうだ。

外部リンク

cat_oa-tokyosports_issue_d4f957cfb3f8 oa-tokyosports_0_d8dc8bffbbaf_【福岡ボート】波乱含みの優勝戦は枝尾賢が虎視眈々「足はこれで十分!勝てる位置を探したい」 d8dc8bffbbaf d8dc8bffbbaf 【福岡ボート】波乱含みの優勝戦は枝尾賢が虎視眈々「足はこれで十分!勝てる位置を探したい」 oa-tokyosports

【福岡ボート】波乱含みの優勝戦は枝尾賢が虎視眈々「足はこれで十分!勝てる位置を探したい」

2021年5月6日 19:47 東スポWeb

 ボートレース福岡の「オール福岡! GW特選レース」は7日最終日、12Rで優勝戦が争われる。

 前日の準優3番勝負を経てファイナルに進んだベスト6は次の通り。

1号艇・古沢 光紀(33=福岡)

2号艇・枝尾  賢(39=福岡)

3号艇・松崎祐太郎(33=福岡)

4号艇・奈須 啓太(37=福岡)

5号艇・石川 真二(51=福岡)

6号艇・柴田 朋哉(30=福岡)

 絶好枠に座る古沢が優勝への最短距離に立つが、逆転Vをもくろむのが枝尾だ。

 準優10Rはまさに狙い通り、〝してやったり!〟のレースだった。今村暢孝が6号艇から前づけに動いて、インコースの大野芳顕は80メートル付近の、深い起こし位置。ピット離れで3コースを奪った石川がまくり差しの構えを見せたところを、4カドから一気にまくり切った。

「準優戦はいい状態だった。波の上でもグリップしていて出足、回り足がいい。伸びもいい部類だと思う。足はこれで十分です。進入? 臨機応変に。勝てる位置を探したい」と不敵に笑った。

 優勝戦も再度の2号艇となった枝尾。石川の動き次第では再び深インになりそうな状況。虎視眈々とチャンスをうかがっている。

外部リンク