cat_oa-thetvjp_issue_7aa481b2d22a oa-thetvjp_0_7aa481b2d22a_“天使すぎる小悪魔”Kirari、初のTVCM出演決定!「本当にうれしいです」 7aa481b2d22a

“天使すぎる小悪魔”Kirari、初のTVCM出演決定!「本当にうれしいです」

2019年10月17日 13:59 ザテレビジョン

“天使すぎる小悪魔”として話題のモデル・タレントのKirariが、10月16日に20歳の誕生日を迎え、SNSを通じてファンにメッセージと初のTVCMの出演を報告した。

この日Kirariは、「20歳になりました お仕事も遊びも全部全力で生きます!ので、20歳の私もよろしくお願いします」と気持ちを新たに。

また、彼女のSNSには、「今日の夜、大きなうれしいお知らせが1つできるので、SNSチェックしていてくれたらうれしいです」と記されていたが、10月23日(水)から東海エリアでオンエアされる近鉄パッセ「Pass’e大感謝祭」のTVCMの出演が発表された。

さらに、そのTVCMソングはKirariが所属する事務所の先輩であり、同じ名古屋出身の伊藤千晃の新曲「brand new」であることも同時に発表となった。

そして、CMのオンエアに先駆け、ポスターなどに使用されるメインビジュアルが解禁。

KirariはCM出演に関して、「10月23日からオンエアされる近鉄パッセさんのTVCMに出演させていただくことになりました。昔からよく買い物に行っていた地元・名古屋の近鉄パッセさんのTVCMに出られて本当にうれしいです」とコメントした。(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_7aa481b2d22a oa-thetvjp_0_1436b4cdc5e8_<麒麟がくる>大迫力の合戦に緊迫の毒殺シーン…本木雅弘が撮影裏話を明かす!「甲冑の内側は汗かきまくり」 1436b4cdc5e8

<麒麟がくる>大迫力の合戦に緊迫の毒殺シーン…本木雅弘が撮影裏話を明かす!「甲冑の内側は汗かきまくり」

2020年1月27日 09:30 ザテレビジョン

1月26日に放送された長谷川博己主演の大河ドラマ「麒麟がくる」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)の第2回で大がかりな合戦シーンが描かれた。

史料がほとんど残っていない20代の明智光秀(長谷川)の青春時代から始まり、織田信長、斎藤道三、今川義元、松永久秀さらに秀吉や家康といった英雄たちが天下を狙って戦う群雄割拠の時代を描く同作。

第2回では、本木雅弘演じる斉藤道三のライバル・織田信秀(高橋克典)の大軍が美濃に迫る。多勢に無勢の中、籠城を決め込む道三を光秀と道三の嫡男・高政(伊藤英明)は反対するが、それは敵を欺く道三の作戦。信秀の軍が油断したところで一気に攻め込み、激戦を繰り広げた。

本木は、「私は物見台の上から全体を見ているだけでしたが、勇ましいアクションで立ち廻る光秀役の長谷川さんの様子を息を詰めて眺めながら、『あぁ、自分はあんなふうに激戦の中を動くことは、役者としても体力的にも、もうムリであろう…』と公私混同してしまいました(笑)。そして、ついつい一視聴者として楽しんでしまいました。町の中に、道三の罠のひとつと思いますが、落とし穴や俵に火を付けたものを屋根の上から転がしたりするのも面白く、戦の具体的な細かさが見えてとても面白かったです」と撮影を振り返る。

そして、「個人的にも感情移入したのが、やはり光秀です。どこかで平和を求めている光秀は第2回でも戦の最前線に放り込まれ、戦えば戦うほど、『武士の誉れとは何か』と矛盾やジレンマを抱えて苦悩する姿が強く印象的でした。そんな光秀が今後どのようにその影響を乗り越えていくのか、とても引きつけられています」と感想を語った。

本木「甲冑の内側は汗かきまくりでした」


第2回のラストでは、道三が娘・帰蝶(川口春奈)の夫である土岐頼純(矢野聖人)を茶で毒殺する姿も描かれた。

本木は、「まだクランクインして間もなく、現場にも慣れていない撮影序盤の夜、長時間に及ぶ撮影でした。10キロくらいの甲冑を着けたままさまざまな所作をするのが拷問のようで、茶道の所作が特に大変でした。正直、背すじをのばすだけで必死なんです! でも顔はクールでいなければいけないので、甲冑の内側は汗かきまくりでした」と撮影の裏側を明かす。

また、「実人生でも破天荒な父を持つ娘の婿ですので、『もし自分が親も子もない戦国の世に生きていたら…』と思うと、このシーンは他人事とは思えず(汗)。我ながらぞっとしました」とユーモア交えてコメントした。(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_7aa481b2d22a oa-thetvjp_0_6702a035f3af_新田真剣佑&北村匠海が中島イシレリと1000円ガチャ対決<10万円でできるかな> 6702a035f3af

新田真剣佑&北村匠海が中島イシレリと1000円ガチャ対決<10万円でできるかな>

2020年1月27日 07:00 ザテレビジョン

あらゆるものに10万円をかけ、元が取れるかどうかをサンドウィッチマンとKis-My-Ft2が検証していく実験バラエティー番組「10万円でできるかな」。

1月27日(月)放送の「帰れマンデー見っけ隊!!&10万円でできるかな 合体3時間SP」(夜7:00-9:48、テレビ朝日系)では、番組の人気企画である「1000円ガチャで元取れるかな」と「食べ放題で元取れるかな」がオンエアされる。

日本中を感動で包んだラグビーワールドカップの日本代表メンバー・中島イシレリや、映画「サヨナラまでの30分」(1月24日公開)でW主演を務める新田真剣佑&北村匠海らがゲストとして登場する。

キスマイの北山宏光らが組んだ“ワンチーム”


チーム対抗戦「1000円ガチャ」では、キスマイの北山宏光が中島イシレリ、そしてリーチマイケルに扮したレイザーラモンRGと“ワンチーム”を結成。

「なんてメンツでガチャ回すの!?」と北山も驚いたチーム編成で、無駄にスクラムを組みながらガチャを回すなど、バラエティー的ファインプレーを連発していく。そんな中、最後の最後にイシレリが思わず「トリハダたった」と漏らし、口癖「yeaboiib(イヤボイ)」を連発する“奇跡”が到来する。

一方、キスマイの二階堂高嗣は新田真剣佑&北村匠海とチームを結成。“人気俳優チームのリーダー”という名誉あるポジションを任された二階堂は、やけに気合が入る。

そんな頼もしいリーダーに見守られながら、人生初の1000円ガチャにテンション爆上がりの新田は謎の「劇団真剣佑」を旗揚げ…!? また、昨年9月放送分で1000円ガチャに挑戦するもイマイチだった北村は、前回の雪辱を果たそうとするが…。

ワンチームの感動もよみがえる(!?)1000円ガチャ最新版を制するのは、どちらのチームなのか。いろいろな意味で混戦を極める、ラグビー日本代表チームvs. 人気俳優チームの熱き一戦が開催される。

サンドウィッチマン伊達が「中華無限」の男食いでキスマイをけん制!?


「食べ放題で元取れるかな」では、番組MCである伊達みきお(サンドウィッチマン)が満を持して初参戦! 所属事務所「グレープカンパニー」の後輩・まなぶ(カミナリ)&たける(東京ホテイソン)とコンビを組み、北山&横尾渉(キスマイ)のジャニーズ軍団に対決を挑む。

今回は本格中華に加えて火鍋もオーダーできる、超人気中華店の食べ放題コースで元を取れるか徹底検証。

ジャニーズ軍団が「食べるだけじゃダメ。金額を上げていかなきゃいけない」(横尾)、「食べ放題は戦略ですから! バカみたいに食ってればいいわけじゃないんですよ」(北山)と頭脳プレーを誓う中、胃袋に自信アリの伊達は「俺、中華無限だからね」と不敵な笑みを浮かべ、怒涛の男食いを炸裂させる。(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_7aa481b2d22a oa-thetvjp_0_7534167e9b48_中尾暢樹、小関裕太ら“サッカー部”との絆「連携がすごいんですよ(笑)」<Interview> 7534167e9b48

中尾暢樹、小関裕太ら“サッカー部”との絆「連携がすごいんですよ(笑)」<Interview>

2020年1月27日 07:00 ザテレビジョン

担任教師(中村獅童)の手で、突然“自殺催眠”を掛けられた36人の生徒たち。死の暗示を解く方法はクラスメートの死のみ。催眠発動のシグナルを探りながら、壮絶なデスゲームに巻き込まれ本性を晒していく彼らの運命は?


橋本環奈が主演を務める映画「シグナル100」(公開中)で、「男なら誰でも好きだと思う」という刺激的な設定の中に役者として飛び込んだ中尾暢樹を直撃。

「その分、日常は平和に」がモットーの年男に、瀬戸利樹ら“東映特撮出身チーム”を含めた同世代の俳優たちとの撮影秘話や、最近“夢中”になっていることを聞いた。

サッカー部の連携は同世代の俳優ならでは


――「シグナル100」の世界観に最初に触れたときのご感想を教えてください。

もともと原作の漫画を知っていて、すごく印象に残っていたので、「あの壮絶なシーンを、どうやって映画にするんだろう」と思いました。「どうやって演じようかな?」と考えながら作品に挑戦していました。

――やりたかった役は?

原作と少し違うキャラクターになっている和田(瀬戸)は「絶対おいしいな!?」と。僕は利樹のことも知っているので、どう演じるのか楽しみだったんですが、実際すごく良かったです。

――実際入ってみて、現場はどんな感じでしたか?

もう、すごいわちゃわちゃです。利樹も最初は、役柄上「俺はみんなと距離を置く」って言っていたんですけど…2秒で終わってましたね(笑)。

――瀬戸さんも「サッカー部のメンバーがいたから無理だった(笑)」とおっしゃってました。物語の鍵を握るサッカー部のチームワークも見どころですね。

そうですね。僕らサッカー部の4人(小関裕太、甲斐翔真、中尾、福山翔大)は、映画の中でみんなキャラクターが立っていて、例えば玄(福山)だったらムードメーカーでよくしゃべって感情で動く起爆剤。

西園寺(甲斐)は部長だからリーダーシップを持っている。蒼汰(小関)は明るいモテ男で、僕の演じる昴は優しい。

でも僕ら以外にも大勢キャストがいるから、その中で僕らの役回りをセリフやしぐさの一つ一つで表現したいなって協力し合った感じです。

翔大がバーっと何かしたら翔真がツッコミを入れて、僕は優しくにこやかにしていて、小関くんがいい感じでまとめて盛り上げる。サッカー部の連携がすごいんですよ(笑)。

リハーサルもたくさんあって、クランクイン前からみんなでいることが多かったので、コミュニケーションをすごく取れた状態で撮影に入れたのが大きかった。何をしたいかもすぐに分かるし、「あ、こういうノリね? じゃあみんなで!」ってお芝居ができた。アドリブも多かったです。

――撮影が進むにつれて、新たな一面を発見するようなことも?

もともと知ってたのは利樹、翔真の戦隊&ライダー組(中尾は2016年の「動物戦隊ジュウオウジャー」、瀬戸・甲斐は2016年放送開始の「仮面ライダーエグゼイド」に出演)で、翔真とは「覚悟はいいかそこの女子。」のドラマ版(2018年)でちょっと共演しましたけど、それ以来だったんですよ。

今回はヒーロー作品とは全く違うダークな世界観ですし、みんなやっぱりそれぞれ仕事として、役者として、やりやすい環境にはしたいと思いながら過ごしたので、今まで以上に仲良くなれて、いろいろなことが試せたなと思います。


行動の原理は“楽しい”か“つまらない”か


――中尾さんご自身は、部活などの集団生活や友人関係ではどういうポジションになることが多いですか?

うーん、人によるかもしれないです…。周りがボケるんだったらツッコむし、逆に僕がボケることもあるし、何でも合わせてできるというか、本当に相手によります。

――オールマイティーですね! 学生時代からそうでしたか?

学生時代は、どちらかというと「~しようぜ!」ってリーダーシップを取るタイプでしたね。「今何してるの?」「今日どっか行こうよ」って誘うのも自分から。帰宅部で暇だったので、断られても誘いまくってました(笑)。

――それが「相手に合わせて何でも」というふうに変わったのはいつ頃?

自然と…なのかなぁ。基本的に“楽しいこと”が好きだから、自分から話し掛けるし、空気を読むし…という(笑)。何もしないと、時間をもったいなく感じちゃうんですよ。だからベースは変わっていないのかもしれないですね。

――ということは、今も休日の予定を埋めたがるタイプですか?

それも日によりますね(笑)。家でゆっくりするのは、僕にとって大事な時間だから、遊びたいときは遊ぶけど、ゆっくりするときもあります。

――そんな中尾さんご自身がこの「シグナル100」のように、急に「最後の1人にならないと生き残れない」ような状況に置かれたら?

うーん、マジで頑張って生き残ろうとして、多分悪いことも考えちゃうと思います、絶対に。…けど、結局、死んじゃうタイプかもしれません(笑)。うっかりミスで、「あ。…あ、あぁ! 自分のバカ!!」って言いながら(笑)。

――撮影中、「この作品ならではだなぁ」と思うことはありましたか?

誰かが死ぬシーンは、それを演じる役者にとって一番大事なシーンでもあるので、その日は朝からやっぱり変わるんですよね、その人が。熱を感じるというか、いつも以上に気合が入ってるように感じました。それがすごく独特で、楽しかったですね。

――どちらかというと俯瞰で広く周りを見られるタイプなんですね。

そうかもしれません(笑)。やっぱり“いなくなる”人がいると単純に寂しいから、いろいろ把握するようにはしていて。だって、そのままクランプアップになって帰っちゃいますからね。今回は撮影もホテルと現場の行き来だったので、「今日は○○くんのクランプアップだから行こう!」って撮影のない人もみんな駆け付けて。そういう空気感も独特でしたね。


夢中になれるエンタメに、新しい役柄で挑む2020に!


――中尾さんが「頑張るぞ!」と思ったときについ出してしまうシグナルは?

普段はよく話すタイプなんですが、本気を出したり、「ここ大事だな」と思ったときは、しゃべらなくなっちゃうかもしれません。自分に“入っちゃう”というか。

――年男となる、2020年の抱負をお願いします。

こうやって同世代の役者さんたちと一緒にいると特に思うんですけど、ライバルも多い世界で、23歳という時期は学生服も着られるし、上の世代の職業ものにもすごく挑戦したいなと思う時期なので、今を本当に大事にしたいなと思っています。

新しくやる役もどんどん増えてきているし、今までやったことがなかった、やれなかったような役にも挑戦したいですね。

――中尾さんの生まれ年、そして2020年の“ねずみ年”にちなんで、“熱チュウ”していること、“夢チュウ”になっていることを教えてください。

舞台や映画をたくさん見てるかな。昨年末くらいにNetflixやAmazonPrime Videoなどの動画配信サービスをようやく知ったんですが、いまかなりハマっています。それがもう楽しくて楽しくて!! これすごいなぁって…。今、夢中になっています。

――その中でもハマっているのは?

配信でしか見られない海外ドラマを見るようになって、それこそ少し前にはやった「HEROES」とか、今まで使っていたレンタルビデオ屋さんだとこんな量を(両手を肩幅ほどに広げて)ガバッと借りてこなくちゃいけないじゃないですか。

しかもそれを見ないで返すこともあったのに、そういうのがないから、すごいなって。

――しかも続きがすぐに表示されて睡眠時間が…。

そうなんですよ、やめられない! これヤバいなって(笑)。しかも1時間が一瞬なんですよね。1話1時間とは思えない! 3話見たら「もう深夜3時か!」「あと1話…でもあと1話見たら4時だなぁ」って思って「やめよやめよやめよ…」ってベッドに入る(笑)。

僕自身がそうやって入り込んじゃうタイプだから、僕もそのくらい夢中になれるエンタメを提供したいなって。今回の「シグナル100」も、遊園地のアトラクションのような感じで見ていただけたらうれしいなって思います。






(ザテレビジョン・取材・文=坂戸希和美)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_7aa481b2d22a oa-thetvjp_0_4e0b4438510e_伊藤淳史「絶対零度」に前作と同役でゲスト出演『東堂のその後の人生を納得して演じられました』 4e0b4438510e

伊藤淳史「絶対零度」に前作と同役でゲスト出演『東堂のその後の人生を納得して演じられました』

2020年1月27日 07:00 ザテレビジョン


2月3日(月)放送の“月9”ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)の第5話に、前作で“ミハン”の統括責任者・東堂定春を演じた伊藤淳史が同役でゲスト出演することが決定した。

東堂は、子供のころに無差別殺傷事件に巻き込まれ、父親を亡くし自身も大ケガを負った過去を持つ。そのため、統括責任者として懸命に犯罪を未然に防ぐミハンシステムの実用化に取り組むも、その思いが強すぎてミハンの初めてのテストケースで起きてしまった冤罪(えんざい)事件を隠ぺい、その罪で収監された。

伊藤自身が「今回、脚本上、本当に自然な形で再登場させて下さったので、東堂のその後の人生を納得して演じられました」と語ったように、今作で東堂は刑期を終え、医療関係の機密情報や個人情報をもとに研究を行う民間のラボで働いている。前作で自分の犯した罪を悔いるあまり、自殺まで考えた東堂だったが、井沢範人(沢村一樹)からの「生きろ」という強い言葉で考えを改め、井沢に恥じない生き方をしたいと、現在の職に就いた。

今回、井沢らミハンメンバーたちは、ミハンシステムが大学病院で働く医師を危険人物と判断したため、病院内で潜入捜査を実行。井沢らの捜査を、医療関係の情報を扱う東堂が後方支援する。また、ミハンシステムを構築した過去を持つ加賀美聡介(柄本明)と東堂との意外な過去も明らかに。伊藤は「久しぶりの東堂を僕自身も楽しんで演じました」と語った。


伊藤淳史のコメント


――オファーを聞いた際の気持ちを教えてください。

前作では、捕まっていますし、まさか出られるとは思っていませんでした。新シリーズを一視聴者として楽しもうかなと思っていたところだったので、オファーをいただいて驚いています(笑)。また東堂を演じられるというのは、うれしいですし、ありがたいですし、本当に光栄です。

――およそ1年半ぶりに、沢村一樹さんらと共演した感想を教えてください。

沢村さんが本当に自然に迎え入れて下さったので、あまり久しぶりの感じがしなかったです。変に気負うこともなく撮影に臨むことができました。

――前作と今作で、演じられる東堂に対するアプローチに変化はありましたか?

前作から見て下さっている方からすると、前作に比べて、今回は少し良い人になったように感じられるかもしれません。僕自身も演じていて、東堂が持っている根っこの部分には変化がないものの、ミハンを離れて、肩の荷が下りたと言いますか、彼の心が穏やかになっているではないかと感じています。今回、脚本上、本当に自然な形で再登場させて下さったので、東堂のその後の人生を納得して演じられました。

――楽しみにされている皆さまへのメッセージをお願いします。

前作で演じた東堂役で、新シーズンにも関わることができて本当にうれしいです。前作から、話が続いているということを懐かしんでいただけたら、より今作を魅力的に感じていただけると思いますので、出演させていただいた第5話が新シリーズにとって特別な回になってくれたらいいなと思っています。久しぶりの東堂を僕自身も楽しんで演じましたので、是非ご覧下さい。


第5話 あらすじ


井沢(沢村一樹)たちの拠点となっているミハンルームに、代議士の児島祐三(信太昌之)や警視庁、総務省の上層部がやってくる。案内役の香坂(水野美紀)は、ミハンのこれまでの業績をアピールするとともに、現在、大学病院の医師・真田雄大(猪征大)を危険人物として捜査中だと報告する。

真田は、サバイバルナイフを購入しているほか、ネットに匿名で、「スーパードクター」と呼ばれる同じ大学病院の外科医・益子博文(近江谷太朗)への恨みを書き込んでいた。真田は、大学病院を追い出され、来月には離島に赴任するのだという。

潜入捜査中の山内(横山裕)や小田切(本田翼)は、人事の件で会う予定になっていた真田と益子をマークしていた。その際、山内は、待合室にいた男・多田敦彦(真青ハヤテ)が医師に化け、真田たちが会う部屋に向かっていることに気づく。ミハンの予測と違う事態の発生に驚く香坂たち。山内は、多田を発見して後を追ったが逃げられてしまう。その直後、真田が部屋にやってくる。するとそこには、ナイフで刺され倒れている益子の姿が。

益子の緊急オペが続く中、捜査一課の早川(マギー)は、重要参考人として真田に任意同行を求める。一方、井沢や加賀美(柄本明)は、ミハンのデータがねつ造されているとにらみ、医療関係の情報を扱う情報機関を訪れる。そこで井沢たちを待っていたのは、かつてミハンの統括責任者・東堂定春(伊藤淳史)だった…。(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_7aa481b2d22a oa-thetvjp_0_1236daf8f07a_鈴木愛理が後輩に唯一プレゼントした“物”とは? 石田亜佑美と「ハロプロ ONE×ONE」最終回に登場 1236daf8f07a

鈴木愛理が後輩に唯一プレゼントした“物”とは? 石田亜佑美と「ハロプロ ONE×ONE」最終回に登場

2020年1月27日 06:30 ザテレビジョン


ハロー!プロジェクトのメンバーが“ハロプロメンバーの中から、〇〇さんと2人きりで××したい”という一問のアンケートに回答。そのアンケート結果を基にしたロケを実現する“サシロケ”バラエティー「ハロプロ ONE×ONE(ワンバイワン)」(全10回)がGYAO!で無料配信中。

第10回(1月28日[火]配信)では、最終回スペシャルとして元℃-uteの鈴木愛理が登場。モーニング娘。’20の石田亜佑美とともにスパイスカレー作りに挑戦。そのほか、お互いの思いや考えを語りあるディープなトークも展開されるなど、見どころ盛りだくさんの内容となっている。

また、最終回に限り、1月27日(月)夜9時よりGYAO!にてリアルタイム配信も行われる。さらに、このリアルタイム配信中には譜久村聖と石田がハッシュタグ「#ワンバイワン」をつけてTwitter上に登場する企画も行われる。

今回はそんな最終回の収録を、鈴木と石田に振り返ってもらった。

あゆみんはすごくかわいくて、ちょっといじれる後輩(鈴木)


――最初に、「ハロプロONE×ONE」最終回のゲストに選ばれた感想を教えてください

鈴木愛理:私は普通にこの番組を見ていたんですよ。なので、私が「ハロプロ ONE×ONE」に出るのはいいのか?っていうのが率直な感想。でもOGとして出させてもらうからには、現役メンバーの亜佑美ちゃんの良さができるだけ引きだせたらいいなって思い、出演させていただきました。

石田亜佑美:ハロー!プロジェクトのメンバーはたくさんいるのに、モーニング娘。から「ONE×ONE」に選ばれているメンバーが多かった。なので、私には来ないんだ、漏れちゃった組なんだなって思っていたところに今回のお話をいただいたので、めちゃめちゃうれしかったです!

誰と「ONE×ONE」をやりたいですかというアンケートにはハロプロメンバーしかいなかったので、普通に違うハロプロメンバーを挙げていたんです。けど、最終回スペシャルということで鈴木愛理さんとどうですか?って言われて、最初は言葉が出なかったですね。

鈴木:(笑)。

石田:何を言っているんですか?みたいな感じ。けど、やっぱり純粋にうれしかった。最終回という大事な回に選んでいただいたことも、任されたみたいな気持ちでうれしかったですね。

鈴木:私はさっき最終回って知ったんですよ! 撮影現場に来て知ったので、マジか!みたいな(笑)。本当にハロプロメンバー全員が出られるわけじゃないところに出させていただくとなった。

さっきも言ったように出演させていただくには見た人みんなが、ハロプロOGもいいなって思ってもらうような気持ちで臨みました。あゆみん(石田)は本当に後輩の中でもすごくかわいがっている子。でも、1対1でゆっくりと話したことがなかった。すごくいい機会をいただけたなと。

――かわいがっているとの言葉も出ましたが、鈴木さんは石田さんに手作りのブランケットをプレゼントしたことがあるそうですね。しかも、これがハロプロの後輩に対して唯一“物”をプレゼントしたとか。

鈴木:そうなんですよ! しかも手作り。人に手作りのブランケットって、なかなかプレゼントしませんよね。

石田:(笑)。

鈴木:今思えば、すごく“重い”ものをあげたなって。自分のことを初めて慕ってくれた後輩みたいな感覚だったので、あゆみんが17、8歳のときにプレゼントしました。それをまだ持っていてくれて、しかも今日持ってきてくれたんです。なんか感動の嵐で、こんなに大事にしてくれるんだなって。もう1個縫おうかなって思っちゃったくらい。

石田:うれしい!(笑)

鈴木:うそでしょ!?(笑) 本当にすいません。手作りなんてあげちゃって。

石田:(もらったブランケットは)持ち出して常に使うというわけではありませんでしたが、ずっと使っているんですよ。外に持っていたら汚れちゃうので、“大事な場面でしか使えないブランケット”みたいな存在です。モーニング娘。としてデビューしてから私は8回くらい誕生日を迎えているんですけど、手作りを貰ったのはこれだけだったなって思いますね。

鈴木:ね! これしかって感じだよね(笑)。手編みのマフラーかって感じですけど。

石田:でも、めちゃめちゃうれしかったですよ。でも、ふとした連絡のときとかに「今もブランケット使ってますよ!」って言ったら、それはそれで怖いじゃないですか(笑)。

鈴木:怖くないよ! 考えすぎかって。むしろうれしいよ。

石田:なので、こういう機会だし話題にもなるかなと思って、撮影にブランケットを持ってきてみました。

鈴木:まさか、まだ持っているなんて。捨てていてもおかしくないのに。8年前だし。

石田:いやいやいや、捨てるなんて無理です。無理です!


――今回の見どころのひとつが、鈴木さんと石田さんの料理シーンだと思います。石田さんは以前の撮影でフードコーディネーターの方が驚くほどの華麗な手さばきを見せてくれました。そんな石田さんから見て、鈴木さんの料理の実力はいかがでしたか?

鈴木:卵…(笑)。

石田:卵は確かにちょっと…。

鈴木:恐竜の卵みたいな割れ方をして、地獄絵図のようになってしまいました。

石田:確かに黄身が流れ出すとかありましたけど、玉ねぎをすり下ろしてくださったじゃないですか。

鈴木:まぁ、それしかやってないから(笑)。

石田:まぁまぁ(笑)。今ちょっと探しましたけど(笑)。

鈴木:ありがとう、ありがとう〜(笑)。

石田:でも、ナチュラルにずっとやってくれていたんですよ。本当に(料理が)できない人って、「分かんない分かんない」とか言ったりしてうるさくするじゃないですか。けど、鈴木さんはすごくナチュラル。ナチュラルに炒めるのを代わりばんこでやってくださったり、ナチュラルにお皿も用意してくれましたし。

鈴木:では、ナチュラル担当ということで(笑)。

石田:そういう心遣いが、すてきな女性の表れだなって。

鈴木:ありがとうございます(笑)。

――料理後の2人のトークシーンでは、お互いが刺激を受け合うような深い話も展開されていましたね。

鈴木:あゆみんは後輩なんですけど、年齢が2つしか変わらないので意外と近いんですよ。中澤裕子さんとか、私の時代の先輩とかって年齢でいうと10歳とか上。そのときの先輩後輩関係と比較すると、割とすごくラフに話せる後輩の1人だなって。

なんか、あゆみんはすごく気を遣うって言ってくれるんですけど、私からするとすごくかわいくて、ちょっといじれる後輩。壁を壊したくなるような、心をくすぐられる存在ですね。一歩を踏み出せば早いと思うので、今日でいっぱい話すことができたから普通に話せそうでしょ?

石田:はい。

鈴木:いえ〜い!

石田:(笑)。

鈴木:って、今日で思いました(笑)。

――石田さんの鈴木さんへの憧れが、トーク中にも出ていました。石田さんが鈴木さんの要素をもらえるとしたら、何が欲しいですか?

鈴木:いや、まじでやめた方がいいよ。

石田:いやいやいや、なんだろう…!? 悩んじゃいますね。

鈴木:やめとけ、やめとけ(笑)。

石田:カリスマ性!?

鈴木:ないからそんなもの! 辞書でカリスマ性っていう意味を調べなさい!

石田:鈴木さんの日本武道館公演とかを見させていただいているので、1人でステージに立っている姿を私も見ているんですよ。自然と会場全員の視線が鈴木さんにいくわけじゃないですか。なので、当たり前ですけど、隙がないんですよ! そこに引かれますね。あんなにも多くの人をとりこにして、ファンの気持ちを掴んでいる。

鈴木さんの自身の努力の結果でもあるのでカリスマ性だけでまとめちゃうとあれですけど、そういうカリスマになるべくしてなったものがあるなって。鈴木さんの人を引き付ける力がすてきだなって思います。


――反対に鈴木さんが石田さんの要素をもらえるとしたら?

石田:それはないです!

鈴木:今日も思ったのが、意外とあゆみんって自分が前に出たい気持ちはあるけど、自分よりも周りの人のことを1回考えることをしてしまう子だなって。それはすごくすてきなことでもあるし、私はそういう人に憧れる傾向がある。なので、自分よりも他人に対して力を使えるところはいいなって。

すてきだなって思う反面、自分自身をため込まないでほしいなって感じたので影からこっそり見守って行こうと今日決めました。あゆみんの人に気を遣えるところ、気が付けるところは私も欲しいなって。

――鈴木さんは「ハロプロ ONE×ONE」をチェックしているということでしたが、今までに印象に残っている放送回はありましたか?

鈴木:私はずっと宮本佳林ちゃん(Juice=Juice)とラジオをやっていたので、竹内朱莉ちゃん(アンジュルム)が大好きなことを知っていたんです。竹ちゃんのことを好き過ぎて話せないっていうのを宮本佳林ちゃんから聞いていたので、そういう目線でデートに行けてよかったねって。

そう思いながらも「本当に好きなんだ、竹ちゃんのこと!」って(笑)。自分の好きっていう気持ちをぶちまけられる番組なんだなって、2人を見ていて思いましたね。何より2人の新しい顔が見られたなって。

石田:私は先に「ONE×ONE」に出演していた子たちから話を聞いていました。本当にこの番組は自由で普段の私生活を見られているみたいな感じと聞いていたんです。

私はそういう普段の姿を見せるみたいなのが少し苦手というか、仕事モードなら仕事モードでいたい人。カメラが回っているからこそできることがあるみたいな意識があったんです。でも、今日はそれを鈴木さんに壊された気がして楽しかったです!

鈴木:あゆみんのかわいいショットや動画を撮ったので、自分でいうのもなんですが結構需要があると思います(笑)。あゆみんのファンがなかなか見ることのできない、推定175cmくらいの人からの目線っていうのを撮っていたので、需要があります!

石田:私も鈴木さんとの出会いの瞬間とか本当に気持ち悪かったと思いますね(笑)。(ザテレビジョン・取材・文=宮澤祐介)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_7aa481b2d22a oa-thetvjp_0_7d1f7b1c7435_“ハロー!プロジェクト”全58名が勢ぞろい!メンバーが選ぶ“歌&ダンスが上手い”メンバーランキング発表 7d1f7b1c7435

“ハロー!プロジェクト”全58名が勢ぞろい!メンバーが選ぶ“歌&ダンスが上手い”メンバーランキング発表

2020年1月27日 06:00 ザテレビジョン


2月2日(日)の放送「Love music」(深夜0:30-1:25、フジテレビ)では、“ハロー!プロジェクト”のモーニング娘。'20、アンジュルム、Juice=Juice、こぶしファクトリー、つばきファクトリー、BEYOOOOONDSの6グループ全58名が登場する。

現在のハロプロメンバー全員がテレビ番組で一堂に会し、共演するのは今回が初めて。また、こぶしファクトリーが3月30日に解散することが決まっていることから今回はまさに奇跡の共演となった。

トークコーナーには、ハロプロ全メンバーに加え、ハロプロメンバー好きを公言しているヒャダイン、大森靖子、しばたありぼぼ(ヤバイTシャツ屋さん)の3名が参加。歌のうまさとダンスには定評があるハロプロメンバーだが、今回は58名のメンバーに事前にアンケートをとり、ハロプロメンバーの中で1番“歌がうまい”“ダンスがうまい”と思うメンバーをランキングにし、発表する。

また、トーク企画では“ハロプロ以外で最強のアイドルを選ぶ“ “ハロプロ以外で思わず嫉妬したアイドル楽曲を選ぶ”というアンケートも実施。結果を受けて、スタジオの一同は盛り上がり、メンバーそれぞれが選んだ楽曲への思い入れを熱く語った。


さらに、ゲストのヒャダイン、大森、しばたの3人がそれぞれ、ハロプロのメンバーの中で自分がプロデュースするとしたらどのメンバーでどんなコンセプトでどんな歌を歌わせたいか?を発表。

しばたが選んだメンバーは、ギリギリ名前を覚えることができる人数だという7人。コンセプトは“チーム子供番組”という謎めいたもの。

大森が選んだのも7人で「女の子のめんどくさい気持ちを表現できるメンバー」だと語ると、その中には選ばれずに残念がっていたメンバーも、納得の表情を見せた。

最後にヒャダインが選んだのもやはり7人で、選んだ理由はなんと“脚”だという。2017年に解散した℃-uteの楽曲『人生はSTEP!』を歌って踊らせたいと、選ばれたメンバーの美脚ぶりを前に興奮気味に話した。

また、番組後半では、ヒャダイン、大森、しばたの3名だけで、ハロプロ愛を熱く語る<ハロプロ座談会>も開催。ハロプロにハマったきっかけや、新旧ハロプロの楽曲について、さらに、つんく♂についての熱い思いも語りあった。

座談会をさらに盛り上げるメンバーとして、ハロプロOGの鈴木愛理も途中から参加し、鈴木も交えた所で、トークはさらに盛り上がり、ライブやMVの映像を見ながら好きなメンバーや楽曲の良さについて、そして現在のハロプロメンバーについてトークを繰り広げた。

歌唱コーナーでは、全メンバーそろって、メンバーみんなが大好きな楽曲だという『ハロー!ヒストリー'20』を披露する。(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_7aa481b2d22a oa-thetvjp_0_02ca4f1c6118_AKB48の“巻き返し”を誓う 小栗有以が「TDCホールライブ祭り」のトリを飾る 02ca4f1c6118

AKB48の“巻き返し”を誓う 小栗有以が「TDCホールライブ祭り」のトリを飾る

2020年1月27日 05:30 ザテレビジョン


1月5日にTOKYO DOME CITY HALLで「AKB48 小栗有以ソロコンサート ~YUIYUI TOKYO~」が開催。1月18日から26日にかけて行われた「AKB48グループ TDCホールライブ祭り」のトリを小栗有以が務めた。

小栗は「マジムリ学園」(2018年日本テレビ)で演じた主人公・リリィーに扮して登場すると、巨大なスクリーンを用いた演出で「百合を咲かせるか?」を歌唱。その後、「バラの儀式」「Blue rose」と“花”をモチーフにした楽曲を続けた。

コンサート中盤には、“新たな表現世界への挑戦”として、Ruu、辻本知彦、Seishiroというコレオグラファー3人から指導を受けた「プラスティックの唇」「この涙を君に捧ぐ」「すべては途中経過」で新境地を見せると、自身が考えた振り付けで「抱きしめちゃいけない」を披露した。

また、「好きだ 好きだ 好きだ」「ランナーズハイ」「ハッピーエンド」の撮影可能タイムには客席を駆け回った一方、本編最後はピアニスト・makiの伴奏で「アリガトウ」をしっとりと歌い上げた。

アンコールでは「制服の羽根」など3曲を披露。最後の「大声ダイヤモンド」の前にはAKB48 チーム8に加入してからのことを振り返り、「こないだ総監督のみーおん(向井地美音)さんが『メンバーそれぞれにアイドルとしての物語がある』って言っていて。私も自分が納得するまで『小栗有以のアイドル物語』っていう本が1冊できるくらい物語をつくっていきたいなと思いました」と話し、会場のファンからは拍手が。

さらに、小栗が続けて「そして、これから『AKB48 巻き返しの章』をメンバーみんなでつくり上げていきたいです」と意思を表明すると、より一層大きな拍手が客席から送られた。


「AKB48 小栗有以ソロコンサート ~YUIYUI TOKYO~」セットリスト


M1. 百合を咲かせるか?

M2. バラの儀式

M3. Blue rose

M4. 風は吹いている

M5. ぐ~ぐ~おなか

M6. キスだって左利き

M7. 永遠より続くように

M8. ラッキーセブン

M9. プラスティックの唇

M10. この涙を君に捧ぐ

M11. すべては途中経過

M12. 抱きしめちゃいけない

M13. 瞳

M14. 愛する人

M15. ハイテンション

M16. Teacher Teacher

M17. 好きだ 好きだ 好きだ

M18. ランナーズハイ

M19. ハッピーエンド

M20. ごめんね、好きになっちゃって…

M21. 法定速度と優越感

M22. 47の素敵な街へ

M23. アリガトウ

EN1. 制服の羽根

EN2. 夢へのルート

EN3. 大声ダイヤモンド(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_7aa481b2d22a oa-thetvjp_0_53fd5a9354b1_AKB48の新センター・山内瑞葵がソロコンで25曲をフレッシュにパフォーマンス! 53fd5a9354b1

AKB48の新センター・山内瑞葵がソロコンで25曲をフレッシュにパフォーマンス!

2020年1月27日 05:30 ザテレビジョン


1月18日から26日にかけて、TOKYO DOME CITY HALLでは「AKB48グループ TDCホールライブ祭り」が実施。25日は朝昼夜の3公演が行われ、昼公演では「AKB48 山内瑞葵ソロコンサート ~“MY(エムワイ)”Revolution~」が開催された。

同コンサートは、山内扮する人間界に送られた見習い魔法使いが、人間に紛れるためにアイドルをしているうちに、魔法使いでなくアイドルとして生きる道を選んでいく、というストーリー仕立て。

「シンクロときめき」からスタートすると、3曲目の「必殺テレポート」ではほうきにまたがった山内の映像が流れ、山内が客席で曲を披露するという演出も。

「右足エビデンス」やコンサートタイトルにちなんで渡辺美里の「My Revolution」などを歌い、初めてセンターを務めたチーム4の「猫アレルギー」で本編を締めくくると、アンコールでは「恋するRibbon!」など5曲をパフォーマンス。

「大声ダイヤモンド」の途中からは同期のAKB48 16期生がステージに現れ、その後も共に「抱きつこうか?」を披露した。

また、最後の「僕は頑張る」の前には思いをつづった手紙を読み上げ、「先日、AKB48 57枚目のニューシングルのセンターに選んでいただきました。真っ先に思い浮かんだのはファンの皆さんや家族です。皆さんがずっとずっと支えてくれていたから、今の私がいますし、今回(のセンター)も皆さんのおかげです」と感謝を伝えた。


「AKB48 山内瑞葵ソロコンサート ~“MY”Revolution~」セットリスト


M1. シンクロときめき

M2. 初恋ドア

M3. 必殺テレポート

M4. それでも好きだよ

M5. 伝説の魚

M6. 回遊魚のキャパシティ

M7. ALIVE

M8. 君はメロディー

M9. LOVE修行

M10. ソロダンスパート

M11. Make noise

M12. 右足エビデンス

M13. 点滴フェロモン

M14. 私は私

M15. My Revolution

M16. モニカ、夜明けだ

M17. 走れ!ペンギン

M18. ファースト・ラビット

M19. Reborn

M20. 猫アレルギー

EN1. 恋するRibbon!

EN2. ラッキーずっきー(ラッキーセブン)

EN3. 大声ダイヤモンド

EN4. 抱きつこうか?

EN5. 僕は頑張る(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_7aa481b2d22a oa-thetvjp_0_3b3b59540f35_AKB48・久保怜音がキュートなアニマルコスプレをソロコンで披露! 3b3b59540f35

AKB48・久保怜音がキュートなアニマルコスプレをソロコンで披露!

2020年1月27日 05:30 ザテレビジョン


1月18日から26日にかけて、TOKYO DOME CITY HALLでは「AKB48グループ TDCホールライブ祭り」が実施。25日は朝昼夜の3公演が行われ、朝公演では「AKB48 久保怜音ソロコンサート ~わたあめランドへようこそ~」が開催された。

久保は「最強ツインテール」からソロコンサートを始めると、続けて「初恋ダッシュ」「太陽と散歩」「トイプードルと君の物語」を披露。衣装チェンジのために舞台からはけると、ステージのモニターにはAKB48の公式YouTubeチャンネルで公開されてきた久保の動画企画「さと散歩」の特別編が。

自身が用意したカードを使って動物園をスタンプラリー形式で巡ると、コンサート中の久保も「ラブラドール・レトリバー」(犬)、「ファースト・ラビット」(ウサギ)、「走れ!ペンギン」(ペンギン)、「なめくじハート」(ナメクジ)、「猿のシンバル」(サル)、「ウッホウッホホ」(ゴリラ)と、それぞれ曲に合った動物のコスチュームに身を包んでパフォーマンスした。

そんなキュートなパフォーマンスの一方、「いらない ツインテール」(=LOVE)や「カモネギックス」などではクールな一面も見せ、「上からサトネ(上からマリコ)」などの3曲は撮影可能タイムとして客席を歩き、再びファンの前で笑顔を輝かせた。

そして、アンコールでは「黄金センター」を歌唱。その後、「私はいつかセンターに立ってみたいので、(思いを)皆さんに届けたいと思って選びました」と決意を明かすと、客席からは大きな拍手が送られた。


「AKB48 久保怜音ソロコンサート ~わたあめランドへようこそ~」セットリスト


M1. 最強ツインテール

M2. 初恋ダッシュ

M3. 太陽と散歩

M4. トイプードルと君の物語

M5. ラブラドール・レトリバー

M6. ファースト・ラビット

M7. 走れ!ペンギン

M8. なめくじハート

M9. 猿のシンバル

M10. ウッホウッホホ

M11. 野蛮なソフトクリーム

M12. アーモンドクロワッサン計画

M13. ごめんね、好きになっちゃって…

M14. いらない ツインテール

M15. カモネギックス

M16. 水の中の伝導率

M17. 誰のことを一番 愛してる?

M18. 上からサトネ(上からマリコ)

M19. やさしくするよりキスをして

M20. チャンスの順番

M21. 好きだ 好きだ 好きだ

M22. 大声ダイヤモンド

M23. #好きなんだ

M24. 新しいチャイム

EN1. 黄金センター

EN2. 僕の太陽

N3. 夢は逃げない

EN4. 虹の列車(ザテレビジョン)

外部リンク