cat_oa-thetvjp_issue_6359cae9d6a6 oa-thetvjp_0_6359cae9d6a6_西野七瀬&宇垣美里&菜波の「全然モテないんですよ」発言に田中みな実がツッコミ 6359cae9d6a6

西野七瀬&宇垣美里&菜波の「全然モテないんですよ」発言に田中みな実がツッコミ

2019年6月18日 18:00 ザテレビジョン

元TBSアナウンサーの宇垣美里と、ファッション雑誌「CanCam」(小学館)専属モデルの菜波が、6月18日(火)の「グータンヌーボ2」(毎週火曜0:25-0:55、カンテレ)に登場。フリー転身後、民放初出演となる宇垣と菜波が、西野七瀬とガールズトークを繰り広げる。

「見ました」と宇垣が切り出したのは、菜波のモデルデビューのきっかけとなった動画。バスケットボールのドリブル動画をInstagramに投稿した結果、「CanCam」の編集部から連絡があったという。そのシンデレラストーリーに、西野と宇垣が興味津々。

その一方で、中学時代に菜波と同じくバスケットボール部だったという西野からは、半年で退部を決めた理由が明かされる。

西野の「いいよ、別に負けても」というスタンスに、負けず嫌いの宇垣と菜波からは「大人や」「すご~い」と羨望(せんぼう)のまなざしが向けられる。

理想の恋愛を語る!


そして、3人の話題はお互いのモテ事情へ。

「全然モテないんですよ」と謙遜し合う3人に、スタジオで見ていた田中みな実が思わず「モテてるだろ全員!」とツッコむ場面も。また、宇垣の質問をきっかけに、菜波が「余裕ある感じを見せてほしい」と理想の告白を語ると、宇垣と西野が共感。

さらに、宇垣が男性と付き合うまでの“マイルール”を発表すると、それに対し西野は「あんまり今までに聞いたことがない恋愛観!」と仰天する。

スタジオでは「好きな人に好きと気づいてほしい時に出すサイン ある?ない?」をテーマにトークを展開。「好きな人には“俺のこと嫌いなのかな?”と思われちゃうタイプ」だという滝沢カレンに、長谷川京子と田中が救いの手を差し伸べる。(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_6359cae9d6a6 oa-thetvjp_0_073b9be07c4c_中村倫也「非常に光栄に思っております」“ルマンド男子”を体現 073b9be07c4c

中村倫也「非常に光栄に思っております」“ルマンド男子”を体現

2019年11月18日 05:00 ザテレビジョン

俳優の中村倫也が、11月19日(火)より放送開始される「ルマンド」の発売45周年を記念した新TVCMに出演することが分かった。また、TVCM放送開始同日より、ルマンドの公式ブランドサイトにて、CM撮影の模様や中村のインタビューが収録されたメーキング映像も公開される。

ブルボンは、今回このルマンドの記念すべきTVCMを制作するに当たり、現在「ルマンドアイス」のTVCMに出演している中村を、ルマンドブランド全体の顔へと起用した。

そんな中村が本CMで演じるのは、いつも優しさを忘れず、仕事にも真面目に向き合う建築家。

さりげなく同僚の荷物を持ったり、自分のハンカチを差し出したり、おやつにルマンドをくれたり。ファッション、雰囲気に加え言葉遣いまで“ルマンド”のよう。

中村のことを影から見詰める会社の同僚は、ひそかに「ルマンド男子」と呼んでいる、というストーリーだ

なお、中村演じる「#ルマンド男子」のファッションや小物もこだわりがあふれている。

印象的なジャケットはルマンドカラーでつくった一点物で、メガネ姿も披露している。

また、「#ルマンド男子」を影から見守る女性のナレーションは、人気声優ランキング・悠木碧が担当する。

中村倫也「好感を抱くキャラクターだったと思います」


今回「#ルマンド男子」を演じた感想を、中村は「非常に光栄に思っております。#ルマンド男子はささやかな優しさと言いますか、さり気なさがあって、品があって、好感を抱くキャラクターだったと思います」とコメント。

また、「ルマンドの思い出」については「45周年がまずすごいですよね。思い出は、子どもの頃はもちろん食べてましたけれども、この仕事を始めてからもいろんな現場のお茶場にルマンドは絶対あるので、その都度食べてきました。

うん。今も。やっぱり撮影には頭を使うので、スタッフさんも食べて、今日もラストまで頑張ろうというふうにやってきたので。自慢できますね、これから現場で。『ルマンド男子だよ』『俺がルマンド男子だよ』って」とお茶目に明かす。

さらに、新発売の「ひとくちルマンド」の印象は「一口で丁度良いサイズで、まわりのコーティングが満遍ない感じになってるんですよ。一口に対して。優しい甘みが口いっぱいにひろがって、幸せな気持ちになるような、“ひとくちルマンド”だなって思いました」と力説。

最後に、ファンに向けて「ルマンド45周年です。みんなで盛り上げていけたら僕もうれしいです。ひとくちルマンドも発売になりましたし、これから益々楽しいことが待っているんじゃないかと、ルマンドファンの皆さんには目が離せない展開が待っているんじゃないかと、約束します。

ぜひ、これからもルマンドを食べていただいて、優しい気持ちになってください!」とアピールした。(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_6359cae9d6a6 oa-thetvjp_0_20912ca9593a_令和デビューのグラドル海里、初挑戦の“衣装”に「解放感がすごかった」 20912ca9593a

令和デビューのグラドル海里、初挑戦の“衣装”に「解放感がすごかった」

2019年11月18日 04:30 ザテレビジョン

グラビアを中心に活躍中のタレント海里(かいり)が、10月25日に2枚目となるDVD「海の彼方で逢いましょう」(イーネット・フロンティア)を発売。東京・秋葉原でファンイベントを開催し、囲み取材に応じた。

今年5月頃、バリ島で撮影された本作。「バリ島は今回で2回目です。今回はすごくリラックスして、表情も本当の笑顔でできたかなと思います(笑)。リラックスできました」と笑顔であいさつした。

「今回は、彼の夢の中で妄想していることが作品になって、いろんな衣装を着て、いろんな設定があって面白い作品だなと思います」と全体的な展開を紹介した。

作品の中で印象に残ったシーンについて「ジャケットの“フラワーバス”のシーンとか、赤い“リボン”の衣装を着たり…。

この赤いリボンは、着ているというよりはリボンを巻き付けている感じで、それをほどいていくのでセクシーかなと思います」と斬新な衣装(?)をアピールした。

ほかにも“シール”を貼り付けただけの“衣装”もあるといい「露出度はかなり高いんですけど、初めてこんなに露出したかなと。頑張りました(笑)。

着け心地?着け心地は最高で(笑)、解放感がすごかったです。裸の気分でした(笑)」と撮影を楽しんでいたことを報告した。

そんな体当たりで臨んだ今回の作品には「100点」と、自身で採点した海里。

1作目からの成長したポイントに関しては「1作目と比べて、だいぶリラックスしてできたかなと思います。表情とかも前よりも明るくなったかなと思います」と今作の出来に胸を張っていた。(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_6359cae9d6a6 oa-thetvjp_0_b69fac2e4de1_東京03・角田晃広が明かす「いだてん」撮影秘話『人力舎は大河ドラマの第一声枠を持っているんです(笑)』 b69fac2e4de1

東京03・角田晃広が明かす「いだてん」撮影秘話『人力舎は大河ドラマの第一声枠を持っているんです(笑)』

2019年11月17日 23:21 ザテレビジョン

11/17(日)に「大河ドラマ『いだてん』トークツアーin佐賀県有田町」が開催された。

今回登壇したのは、大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)で、森西栄一を演じている角田晃広。イベントのMCは、大河ドラマ「真田丸」(2016年)に出演していた大野泰広が務めた。実は、「爆笑オンエアバトル」(NHK総合ほか)で共演歴のある大野と角田。旧知の仲である2人が会場を盛り上げた。

人力舎は大河ドラマの第一声枠を持っているんです(笑)


角田が演じる森西は、タクシー運転手から聖火リレー踏査隊に志願し、2万キロを走破してコースを調査した人物。11月10日の放送では、過酷な調査から帰国した森西が、陸路で聖火を運ぶことが難しいと報告する際の「『タクラマカン(砂漠)』ってウイグル語でどういう意味か知ってます? “帰れない場所”または死、だってよ!」というせりふで視聴者の笑いを誘った。

実は、第1回から古今亭志ん生(ビートたけし)を乗せるタクシー運転手として出演している角田。「『いだてん』で最初に役者が誰がしゃべったかというと、第一声は僕だったんですよ」と話し出す。

「僕は人力舎という事務所で、先輩にはアンジャッシュやドランクドラゴンがいるんです。『龍馬伝』(2010年)の第一声はアンジャッシュの児島(一哉)さんだったらしいんですよ。で、ドランクドラゴンの塚地(武雅)さん本人から聞いたんですが、『西郷どん』(2018年)の第一声は塚地さんだったそうです。人力舎は大河ドラマの第一声枠を持っているんです(笑)」と衝撃(?)の告白を。

初回、そして第6回(2月10日放送)に出演していた角田だが、「撮影が終わった時にスタッフから『最終章で時代が戻った時に、ひょっとしたらまた撮影があるかもしれませんね』と言われたんですが、社交辞令だと思っていたんですよ。そうしたら、秋ぐらいにマネージャーから電話がかかってきて、『また収録があります』って聞いて。またタクシーの運転手だと思ったら、『委員会に入るみたいです』言われて『別人の役として入るの?』って。そのときは森西さんの事も知らなかったので」と、森西としての出演はサプライズだったそう。

MCの大野も「真田丸」に出演した際、当初は1家臣だったが途中から“河原綱家”という名前付きの役になった経験を持つ。「いだてん」最初のせりふは角田だったが、大野は「真田丸」最後のせりふを言う役だったということで、角田が大泉洋演じる真田信之を演じ、真田丸のラストシーンを再現する一幕も。

車が前に『ガンガンガン!』って進んでしまって


第1回の撮影で実際に車を運転していた角田は、慣れない旧車のマニュアル車の運転で「免許は一応持っていますけれど、ペーパードライバーだったんで、最初に講習を受けて、お二人(ビートたけしと小泉今日子)をお乗せして。いざ撮影が始まるというタイミングで、ギアをニュートラルに入れるのを忘れてエンジンをかけてしまったら、車が前に『ガンガンガン!』って進んでしまって」とミスをしてしまったという。

「渋滞のシーンだったから前に車がいるんですよ! ギリギリぶつからずに済んだんですけれど、急ブレーキをかけてしまったので、お二人に『すみません!』と謝ったら、たけしさんが『なんだよ、ぶつけてくれたら今日の撮影は無くなったのに』と言ってくださった」と明かす。たけしの“粋”な対応にMCの大野は「格好いいですね!」と大興奮。

その後の第6回の撮影では「阿部(サダヲ)さんとも初めてお会いし、松重(豊)さんと松坂(桃李)さんをお乗せして。みんなに『旧車大丈夫なの?』って聞かれて、『第1回の時にたけしさんを乗せてるのにぶつけそうになって~』なんて話しをしてたら、その後全く同じことをやってしまったんです。前の車にぶつからずにギリギリで止まった時は、『おぉ~!』と声が上がりました」と現場の温かさを感じるエピソードも。

森西さんが実際につけていたネクタイを持ってきてくださった


サプライズで演じることになった森西という役について、角田は「丹下(松田龍平)さんと亀倉(前野健太)さんをタクシーに乗せていて、(オリンピックに関わりたいと)直談判しているシーンがあったんですが、やっている最中はドラマ上の物語というか、作られた話だと思っていたんです。でも事実なんですね。乗せたという縁もあるし、(森西さんが)自分から行くと言うアグレッシブさもすごい」と印象を話す。

また、「一番プレッシャーを感じたのは、ある日の撮影にご家族の方が見学に来られたとき。娘さんはお父さん(森西栄一さん)が一歳ぐらいの時に亡くなったそうです。だから僕を見て、『動いているお父さんを初めて見た』と言われたんですよ…今日はNGを出せないなと思いました」とご家族との交流もあったという。

さらに、「そのとき娘さんが森西さんが実際につけていたネクタイを持ってきてくださって、それを実際につけて撮影しているシーンもあります。茶色ベースのペイズリーのような柄のネクタイです」と明かした。

そして最後に、今後の見どころを「史実でもあるので知っている方もいらっしゃるかと思いますが、田畑さんがこのままスムーズにオリンピックに向かっていけるわけじゃない。そこがどうなるか見てもらいたいと思います。その後どうなっていくのかも楽しみにしていただけたら。川島(浅野忠信)さんの動きは注目です」と語った。(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_6359cae9d6a6 oa-thetvjp_0_841a8d7a9971_鶯籠、初のバンドセットツアー完走!12月O-WEST公演にてメジャーデビューシングル詳細解禁 841a8d7a9971

鶯籠、初のバンドセットツアー完走!12月O-WEST公演にてメジャーデビューシングル詳細解禁

2019年11月17日 23:07 ザテレビジョン


5人組アイドルユニット・鶯籠(とりかご)が11月17日、東京・渋谷WWWにて、「新宿・渋谷バンドセットツアー //「屋根裏」in 渋谷WWW」を開催。ライブ終盤には12月13日(金)に東京・TSUTAYA O-WESTにて『梨2019 Vol.2』の開催決定と、そこでメジャーデビューシングルの詳細情報が解禁されることが発表された。

今回の新宿・渋谷バンドセットツアーでは11月14日に東京・新宿LOFTにて「始祖」、15日に東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて「プロペラ」を開催し、本公演が最終公演の「屋根裏」となった。

「屋根裏」ライブレポート


バンドメンバー、鶯籠メンバーがステージに登場し、『流転』からライブはスタート。その後はシリアスな雰囲気が漂う『赤い春』へと続き、『B突堤』『頻く頻く』『泪』と畳み掛けるように楽曲は続いていく。

『JAM』『自分で蒔いたの。種は。』はメンバーがフロアと掛け合いをしているかのような空間を作り出し、幻想的な空気に包まれ『森』まで8曲連続の披露で駆け抜けた。


曲明けのMCでは、点点が「ツアーファイナル盛り上がってますかー!」とフロアに呼びかけ、次に今回のツアータイトルにもなっている『始祖』『プロペラ』『屋根裏』を披露することを紹介。今回初披露となる『屋根裏』の紹介ではメンバーそれぞれから“みんな共感できる曲” “懐かしく感じる” “一人の人生を見ているような曲” “散歩している時に聞きたい” “自分の中の落差がある曲”などさまざまな感想が語られた。

その後、今回の新宿・渋谷ツアーで初披露をしていった『始祖』『プロペラ』、今回のライブで初披露となった『屋根裏』を3曲連続で披露。『プロペラ』ではメンバーが円になって回転する振付に合わせ、ファンも同様に回転するなどステージとフロアがシンクロする場面もあった。新曲の初披露の後は集まったファンと集合の記念撮影を行い、本編は終了した。


アンコールはアップテンポな曲で圧倒


アンコールとなりメンバーがステージに再登場。駄好乙から「重い楽曲が続きましたが、ここからはアップテンポでポップな曲にいきたいと思います」と『遺伝子』『キラキラ光る』『1995 A.D.』と鶯籠のライブ定番曲を3曲連続で披露し、ファンも最高潮のレスポンスでメンバーのパフォーマンスに応えた。

ここで終わりかと思いきや、ファンの更なるアンコールに応え、ダブルアンコールへ。『GOMIBAKO』でフロアが熱狂に包まれ、最高潮の盛り上がりで新宿・渋谷バンドセットツアーを締めくくった。

ラストのMCでは、このツアーでの感想をばんぱいあが「ツアー1つ1つがすごく濃密で1日じゃ足りないくらいの経験をして、たくさんのことを3日間で学んで鶯籠として自分たちの新しい何かが見えたかなと思いました」と話し、からあげは「ツアーは3日間だったんですけど、バンドセットとライブというのはその日しか見れないものがあると思うんです。だからこれからも試行錯誤しながら良いライブを作っていけたらと思います」と話した。


駄好乙は「今まで1年8ヶ月くらい鶯籠としてライブをしてきて、“負け”のライブがめちゃくちゃあったなと自分の中で思うんです。自分の中で死んだほうが良いかと思うくらい負けたとき悔しい気持ちがあるんですね。この3日間の中でもそういう気持ちがありました。これを糧にして乗り越えなきゃいけないと思います。この賭け事の勝ち負け決めるのは僕らでもあり、ここにいる1人1人の中でもあると思います。僕はその勝ち負けをできるだけ勝ちに持っていきたいです。今日は最高の勝ちの日になれたらいいなと思ってました」とこのツアーを総括し、これからの鶯籠への気持ちを語った。

その後、「ここでちょっとしたお知らせなんですけど…」と12月13日(金)にTSUTAYA O-WESTにて『梨2019 Vol.2』の開催決定と、そこでメジャーデビューシングルの詳細情報が明かされることが発表された。これからの活動の期待と共に新宿・渋谷バンドセットツアーは幕を閉じた。


『新宿・渋谷バンドセットツアー//「屋根裏」in 渋谷WWW』セットリスト


M1.流転

M2.赤い春

M3.B突堤

M4.頻く頻く

M5.泪

M6.JAM

M7.自分で蒔いたの。種を。

M8.森

MC

M9.始祖

M10.プロペラ

M11.屋根裏 ※初披露

MC

<アンコール>

M12.遺伝子

M13.キラキラ光る

M14.1995 A.D.

<Wアンコール>

M15.GOMIBAKO(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_6359cae9d6a6 oa-thetvjp_0_f5f79f2f660f_26時のマスカレイド・来栖りん「いっぱい食べたらおなかが出てくるので…」 f5f79f2f660f

26時のマスカレイド・来栖りん「いっぱい食べたらおなかが出てくるので…」

2019年11月17日 22:07 ザテレビジョン

アイドルグループ・26時のマスカレイドでセンターを務める来栖りんが、11月17日に東京都内で「来栖りん 1st写真集 Lakka」(発売中)の発売記念イベントを開催した。

同作品は、天体観測を趣味とする来栖が「世界一遠い星空」を探すためにフィンランドを訪れて撮り下ろしたもの。

健康的な水着姿はもちろん、ドキッとするような大人と子どもの間で揺れ動く表情など、幅広く18歳のリアルを披露している。また、旅の思い出をつづった本人直筆の絵日記も収録されており、ファン垂ぜんの1冊となっている。

イベント前に行われた囲み取材に応じた来栖は「18歳の時に撮影をしたのですが、瞬間瞬間で感じたことを表情とかに隠さず全部出せて、本当にありのままの自分を撮っていただいたなと思うので、この瞬間にしかない自分を見ていただけるんじゃないかなと思います」とにっこり。

また、撮影での思い出について「いっぱい食べたらおなかが出てくるので、どれくらいおいしい物を食べつつ、きれいに写真に写るかということが難しかったです(笑)」と明かし、報道陣を沸かせた。

さらに、フィンランドの町並みについて「頭の中で空想する、ゲームに出てくるようなおもちゃみたいな町並みで、すごくわくわくしました」と振り返った。

ほか、写真集を見たメンバーの反応について「なんか親みたいな目線で見てくれて、『これ、いいね』とか『これ、大人っぽ過ぎるんじゃない!?』って、自分のことのように喜んでくれてうれしかったです」と告白。

最後に「自分史上最高に大切な宝物ができたなと思います。家族にもファンの方にもメンバーにも、どんな人にも見ていただけるすてきな写真集になっていると思いますので、この1冊を通して私のことをもっと知っていただけたらと思います」とアピールした。(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_6359cae9d6a6 oa-thetvjp_0_02d182467b7b_真っ白なキャンバス、キングレコードからメジャーデビュー決定!デビューシングルは3月18日リリース 02d182467b7b

真っ白なキャンバス、キングレコードからメジャーデビュー決定!デビューシングルは3月18日リリース

2019年11月17日 21:49 ザテレビジョン


6人組アイドルユニット・真っ白なキャンバスのツアー「NOW STEP ON TOUR」のツアーファイナル公演が東京・新宿BLAZEにて開催され、同グループがキングレコードからメジャーデビューすることが発表された。

チケットは完売し、超満員の会場に、幻想的なSEと共にメンバーが登場。

1曲目はポップなナンバー「アイデンティティ」で幕開け。続けて「白祭」「セルフエスティーム」を披露し、会場がメンバーのダンスに魅了された。

MCでは西野千明が「会場全体がひとつになって最高にハッピーな空間をみんなで作っていきましょう!」とツアーファイナルの意気込みを話した。


さらに「HAPPY HAPPY TOMORROW」「清涼飲料水」と爽快感ある曲を、そして2曲とは真逆の印象を持つ「untune」「パーサヴィア」の疾走感あふれる楽曲を4曲連続で披露。会場がヒートアップする中、「闘う門には幸来たる」「Whatever, happens, happens.」「いま踏み出せ夏」「Begin」を4曲連続で披露し、会場を煽る曲やシリアスな雰囲気の曲など、白キャンの世界観をメンバーが表現していく。

「全身全霊」「モノクローム」「My fake world」といった、今よりさらに上を目指していくというメッセージが込められた曲の後はグループの代名詞的ナンバー「SHOUT」で本編を締めくくった。


キングレコードからのメジャーデビューを発表


ファンのアンコールに応える形でメンバーが再びステージに戻り、「PART-TIME DREAMER」を披露。その後、三浦菜々子より「いつも応援してくださるファンの皆さん、真っ白なキャンバスに関わってくださる関係者様のおかげでこうしてここまで来ることができました」とアンコールのお礼を伝えると、続けて「3月18日に、キングレコードからメジャー・デビューすることが決定しました!」と発表。

会場からは歓声があがり、三浦は「こうして、キングレコードさんからメジャー・デビューをさせていただくこととなりまして、今後もっともっと大きなステージでできるグループになれるように、キングレコードさんと一緒に頑張っていきたいと思います!今後リリースイベント等も始まるので皆さん遊びに来ていただけると嬉しいです」と感謝の気持ちと意気込みを話した。

メジャーデビューシングルは3月18日(水)にリリース。リリースイベントも後日発表予定。詳細はHPなどで追って発表される。

最後にこれからのストーリーを歌った「自由帳」を披露し、結成2周年を記念したツアー「NOW STEP ONTOUR」は喜びの報告と共に幕を閉じた。


新宿BLAZE公演・セットリスト


1.アイデンティティ

2.白祭

3.セルフエスティーム

4.HAPPY HAPPY TOMORROW

5.清涼飲料水

6.untune

7.パーサヴィア

8.闘う門には幸来たる

9.Whatever,happens,happens.

10.いま踏み出せ夏

11.Begin

12.全身全霊

13.モノクローム

14.My fake world

15.SHOUT

En1.PART-TIME DREAMER

En2.自由帳(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_6359cae9d6a6 oa-thetvjp_0_4cc5f2858bc6_<乃木坂46>4期生が全11曲をパフォーマンス! 4cc5f2858bc6

<乃木坂46>4期生が全11曲をパフォーマンス!

2019年11月17日 21:36 ザテレビジョン


11月16日に東京・TOKYO DOME CITY HALLで開催された「AGESTOCK2019 in TOKYO DOME CITY HALL」に、乃木坂46 4期生が出演。「インフルエンサー」「シンクロニシティ」といった人気曲から、「図書館の君へ」「キスの手裏剣」「4番目の光」の4期生のオリジナル曲など、全11曲をパフォーマンスした。

「AGESTOCK2019―」は、学生がプロデュースする日本最大級の合同学園祭で、首都圏や多種多様なバックグラウンドを持つ60校以上に及ぶ大学から熱意を持った学生が集まった「AGESTOCK実行委員会」が開催するイベント。

16日は、カミナリがMCを務め、乃木坂46 4期生のライブの他、日本一の大学サークル美人を決めるコンテスト「MISS CIRCLE CONTEST 2019 supported by リゼクリニック・メンズリゼ」の表彰式などを実施。

ライブ出演前、マスコミ向けの囲み取材に筒井あやめ、田村真佑、掛橋沙耶香、清宮レイ、早川聖来が登場した。

同世代の学生が企画運営を行う同イベントについての感想を聞かれ、田村は「年代が一緒の方たちが、こんな大きい会場でこんなすてきなイベントを開催しているというのは、私自身の活力になりますし、私も負けないように頑張ろうという気持ちになります」と明かし、「そんなすてきなイベントに、私たち4期生も出させていただけることに本当にうれしい気持ちでいっぱいです」と心境を語った。


また、「もしアイドルではなく学生だったら、どんな学生だったか?」という質問には、早川が「私は今19歳で、同学年のお友達がこういうイベントに積極的に参加している話を聞いてすごく憧れているので、こういった『AGESTOCK』のようなイベントの企画や運営とかしてみたいですね。司会とかしてみたい!」とにっこり。


ほか、2019年のクリスマスの予定を聞かれた清宮は「毎年家族でクリスマスパーティーをするんですけど、大きな靴下にサンタさん宛ての手紙を入れておくと、翌朝プレゼントが届くんです。でも、今年から高校生で『サンタさんが来てくれないかも』と思うので、お母さんのごちそうを楽しみにしています」と告白。

「今年1年を振り返っていかがでしたか?」との質問には、筒井が「本当にたくさんのことを経験させていただいて初めてのことばかりで慣れない日々だったんですけど、4期生の仲間とかたくさんのすてきな方と出会って、その方々のおかげですごく楽しい1年を過ごさせていただいたなと思います」とコメントした。


最後の「来年はどんな年にしたいか?」という問いに、掛橋が「今年は4期生として加入させていただいたばかりで先輩方に頼ることが多かったんですけど、2年目からは研修生として新メンバーの方々が加入するので、頼りになれるようになることが目標です」と話した。(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_6359cae9d6a6 oa-thetvjp_0_686339ba1173_堂本光一が堂本剛の食卓に猛反発「ランチョンマットを敷くメンタル…」 686339ba1173

堂本光一が堂本剛の食卓に猛反発「ランチョンマットを敷くメンタル…」

2019年11月17日 21:34 ザテレビジョン

11月16日放送の「KinKi Kidsのブンブブーン」(フジテレビ) で、ゲストに女優の岸井ゆきのが登場。お米の食べ比べをする中で、KinKi Kidsの二人が自分たちの食卓のようすを明かす場面があった。

美味しいお米を食べたいという岸井のリクエストで、全国のお米の食べ比べを。お米専門店の店主であり、五つ星お米マイスターの西島豊造さんを招いて、お米ごとに異なる味の特徴を解説。また、西島さん独自のお米食味チャートを元に、味の違いを探った。

お米の美味しい炊き方について何工程もレクチャーを受ける中で「一人暮らしでやるメンタルは…」とこぼした剛。光一は「でも剛くん食器、ちょっとこだわったりランチョンマット敷く人でしょ? 一人暮らしでランチョンマット敷くメンタルよ」とコメント。

そこから何故か光一がヒートアップ。光一はタッパーに入ったご飯を電子レンジで温め、そのままタッパーに入れて食べると明かしたが、岸井と剛はお茶碗に移すと聞いて「ええー!俺そのままだよ!洗い物増えるやん」と異議を唱えた。剛は「入れたほうが楽しいねんて」とアドバイスするも光一は「何が楽しいの? 味変わらんよ!」と大反論した。

またランチョンマットを敷いたり、ちゃんと食器にこだわる剛に対し、光一は「1人でそこまで頑張ってるのが可哀想」と追い打ちを。剛は「頑張ってないよ、(ランチョンマット敷くのは)普通やねん、俺の」と反論。だが「そっか~可哀想やな、お前」としか答えない光一に「何でこんな変な争いが起こってんの?」とツッコんだ。

そんな中、光一は熱々のご飯も好きだが、冷えたご飯も大好きと告白。「めっちゃお行儀悪くて、マネしないほうがいいと思いますけど」と前置きした上で「一人暮らしだからできる家でご飯を覚ます方法」を披露。ご飯の入ったお椀をアンダースローのような態勢で何回も振る光一に、剛は「それが一番かわいそう…」とツッコんでいた。

最後にお気に入りのお米を選ぶと、偶然光一と剛の好みが一致。「俺たち~KinKi Kids!」とノリノリで喜ぶ光一に剛は「ダサいダサい」とツッコミ。「あれだけ(ランチョンマットなどで)気が合わへんって言うてたけどな」と笑っていた。

SNSでは「みんな美味しそうに食べてたね」「光一くんのご飯の冷まし方に爆笑した」などの声が寄せられていた。

次回放送は11月23日放送。ゲストに濱田岳が登場する。(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_6359cae9d6a6 oa-thetvjp_0_8907ea2c01af_ラグビー堀江翔太&稲垣啓太 、“にわかファン”増加に喜び「これから、もっとのめり込んでもらえたら」 8907ea2c01af

ラグビー堀江翔太&稲垣啓太 、“にわかファン”増加に喜び「これから、もっとのめり込んでもらえたら」

2019年11月17日 19:35 ザテレビジョン


11月17日、東京・Aoビルで12月25日(水)に発売する「ラグビーワールドカップ2019 日本代表の軌跡~悲願のベスト8達成!世界を震撼させた男達~」DVD&Blu-rayの発売記念イベントが行われ、ラグビー日本代表の堀江翔太選手、稲垣啓太選手が登場した。

DVDとBlu-rayの見どころについて聞かれ、堀江選手は「試合の映像を見ながら収録した副音声が見どころ。その時のエピソードを話しているので楽しんでもらえると思います」と答えた。


稲垣選手は「スコットランド戦でのプレイ中に何を考えていたか、アイルランド戦のあのスクラムにはどういう狙いがあったかなど、副音声で細かいところまで踏み込んで語っています」と伝えた。また堀江選手は「普段テレビで見る稲垣選手より、副音声の稲垣選手は口数が多かったと思います」と収録時の様子を語った。

厳しい合宿を行ってきた日本代表にはスクラム合宿があったという話から、長谷川慎スクラムコーチについて聞かれると稲垣選手は「長谷川さんは日本のスクラムを劇的に進化させた人。スクラムにおける一人一人の役割を示してくれた」と長谷川コーチの功績を説明。


堀江翔太&稲垣啓太“にわかファン”を語る


今大会をきっかけにラグビーファンが増えたことについて聞かれると、堀江選手は「嬉しいです。『にわかファン』が流行語大賞にもノミネートされたみたいですが、『にわかファン』はいいことですよね」と喜びを語り、「『笑わない男』も入っていた」と稲垣選手に話題を振った。

稲垣選手は「今大会をきっかけにラグビーの認知度が上がってきたという印象です。何を始めるにしても誰しもが最初に通る『にわかファン』、その方々にこれからもっとラグビーにのめり込んでもらえたら嬉しいです」と語った。

これからラグビーのファンになっていく人たちに向けて、堀江選手は「人と人がぶつかり合うということがシンプルに面白いと思います。スポーツ観戦に決まりはないので自由に楽しんでもらいたい」と回答。稲垣選手は「トップリーグが1月から始まります。冬のラグビー観戦は本当に寒いので、機能性重視で観戦に来てください。選手の熱いプレーを楽しんでください」と呼びかけた。


またファンとの質問コーナーで、次のワールドカップで当たりたくないチームはありますか?と聞かれ、稲垣選手が「全部当たりたいです」と言うと会場から拍手が。「どのチームと当たっても勝てるチームを目指してきた。今の日本代表は成熟してきていると思う。だからどのチームとも戦ってみたい」と力強くコメント。

試合前に行っているルーティンがあるかと聞かれ、堀江選手は「音楽を聴いています。KEMURIのボーカル・伊藤ふみおさんが僕のためにつくってくれた曲があって、ワールドカップ期間中はずっと聴いてました」と答え、稲垣選手は「試合前日に部屋の掃除をします。万が一があるスポーツなので何かあったときに、部屋が汚いとみっともないなと思って」と覚悟を持って試合に臨んでいると話した。

さまざまな質問がファンから寄せられ、サイングッズのプレゼントも行われた。当選者にはプレゼントが両選手から手渡しされ握手も行うなど、ファン大満足のイベントとなった。(ザテレビジョン)

外部リンク