cat_oa-thetvjp_issue_572678daa7e6 oa-thetvjp_0_572678daa7e6_織田裕二の“存在感”光る!壮大な人間ドラマ「SUITS/スーツ」<プロデューサーに聞く(1)> 572678daa7e6 572678daa7e6 織田裕二の“存在感”光る!壮大な人間ドラマ「SUITS/スーツ」<プロデューサーに聞く(1)> oa-thetvjp

織田裕二の“存在感”光る!壮大な人間ドラマ「SUITS/スーツ」<プロデューサーに聞く(1)>

2018年10月6日 12:00 ザテレビジョン


【写真を見る】27年ぶり!織田裕二&鈴木保奈美の共演シーン

織田裕二が主演を務める“月9”ドラマ「SUITS/スーツ」(毎週月曜夜9:00-9:54※初回は9:00-10:24、フジテレビ系)が、10月8日(月)よりスタートする。

アメリカの大ヒットドラマ「SUITS」を原作に、勝利のためには手段を選ばない弁護士・甲斐(織田)と驚異の記憶力を持つ天才フリーター・大貴(中島裕翔)が、さまざまな訴訟を解決へ導く痛快エンターテインメント弁護士ドラマだ。

織田と鈴木保奈美による「東京ラブストーリー」(1991年、フジテレビ系)コンビの27年ぶりとなる共演でも話題となっている本作。

ザテレビジョンでは、プロデューサー・後藤博幸氏にインタビューを実施!本作の見どころと共に、制作の裏側や個性的な登場人物の魅力を紹介していく。

原作をリスペクトした作品に


原作は、現在シーズン8が放送中のメガヒットドラマ。後藤氏もその面白さに魅せられた一人で、「絶対に日本で置き換えてやりたい」と長年考えていたそう。しかし、いざ日本版で制作するにあたり、大きなプレッシャーがあったと言う。

「やはり最初はびくびくしていました。アメリカのプロデューサーはどんな人なんだろうとか、何を言われるんだろうとか。ただ、僕らはアメリカ版の『SUITS』をリスペクトしていて、ひっくり返してやろうなんて思ってもいないし、むしろ忠実にやっていきたいです。

ですが、文化の違いがあるので100%同じにはできません。リスペクトしながらも、日本のオリジナリティを出すことで勝負したいです。アメリカのプロデューサーからも『うまく日本にローカライズしてください』と言っていただいたので、今はリラックスして取り組めています」

[PAGE]


織田キャスティング、決め手は「存在感」


原作ファンである後藤氏は、物語の主軸となる弁護士バディのハーヴィー&マイクのキャスティングを「単体で考えていなかった」と語る。

「この二人は、『日本だったら誰と誰が組んだらベストなのか…』と、ずっと考え続けてきました。織田さんにハーヴィーをお願いした一番の決め手は、一言で言うと“存在感”です。

ハーヴィー・スペクターという役は、有無を言わせない存在感がないと成立しません。ベテランと呼ばれる俳優をイメージするなかで、織田さんは見た目や醸し出すものが一番近いと感じました」

大ヒットシリーズという壮大な裏設定


“弁護士ドラマ”と聞くと、まず思い浮かぶのは法廷シーン。しかし、このドラマでは法廷での舌戦があまり登場しないという特徴がある。

「1話完結の弁護士ものではないんです。各話ごとにネタはありますが、主軸となるキャラクターたちの心情が絡まって物語は展開されます。これは壮大な人間ドラマなんです」

壮大な人間ドラマの裏には、原作付きならではの苦労や楽しさもあるそう。

「現在、アメリカではシーズン8を放送しています。先の展開が分かっているなかで、鈴木保奈美さんの役が卒業するシーズン6までを踏まえて、その展開を逆算してシーズン1を日本版として作っています。そんな壮大な裏設定のもと作るという、日本の連続ドラマではなかなかできない体験がすごく楽しいですね」

二人の出会いは「衝撃を受けたシーン」


後藤氏は、1話のみどころを「とにかく甲斐と大貴の出会い」だと言う。

「出会いのシーンは、私が原作を見て衝撃を受けたシーンのひとつです。なるべく原作と同じようにしたいと思いました。アングルなどの演出を寄せるというよりも、一連の流れや空間を意識しています。原作を知っている方には、そのあたりを意識して見ていただきたいですね」

甲斐と大貴の“バディ感”もまた、このドラマの面白さを左右する大きなポイントの一つだ。

「第1話はまだまだですが、甲斐は大貴のことを基本的には認めていて、決して表には出さなくてもその才能にほれ込んでいます。大貴は誰も叶わない記憶力を持ちながら、今までの環境ではそれをうまく使いこなせてきませんでした。甲斐は、それをうまく使いつつ、彼自身を成長させていきます」


第1話あらすじ


勝利のためには手段を選ばないエリート弁護士・甲斐(織田)。日本四大法律事務所の一つ「上杉・幸村法律事務所」でトップクラスの稼ぎ頭だが、強引なやり方で周囲からねたまれることも。

そんな甲斐を心配した事務所代表・チカ(鈴木)は、甲斐へ昇進の条件として若手弁護士を雇うことを命じる。条件を渋々承諾した甲斐は、新人採用面接会を開催。そこで、一度見たものは忘れない驚異の記憶力を持つ天才フリーター・大貴(中島)と出会う。(ザテレビジョン)

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_572678daa7e6 oa-thetvjp_0_a93c59188aa8_氷川きよしが“蛍光イエロー”の衣装でサプライズ登場!天海祐希らキャスト陣がダンスでノリノリ a93c59188aa8 a93c59188aa8 氷川きよしが“蛍光イエロー”の衣装でサプライズ登場!天海祐希らキャスト陣がダンスでノリノリ oa-thetvjp

氷川きよしが“蛍光イエロー”の衣装でサプライズ登場!天海祐希らキャスト陣がダンスでノリノリ

2021年10月21日 22:37 WEBザテレビジョン

天海祐希、松重豊、新川優愛、加藤諒、石井正則、若村麻由美、毒蝮三太夫、草笛光子、前田哲監督が10月21日に都内で行われた映画「老後の資金がありません!」(10月30日[土]公開)完成披露プレミアイベントに登壇。撮影現場の舞台裏エピソードを明かすとともに、イベント翌日10月22日(金)に88歳の誕生日を迎える草笛の記念すべき“米寿”の誕生日をキャスト全員でお祝い。主題歌「Happy!」を歌唱する氷川きよしもサプライズで登場し、天海ら登壇キャストが氷川の生歌に合わせてダンスを披露した。

本作は、2015年に刊行された垣谷美雨の30万部突破のベストセラー小説「老後の資金がありません」(中公文庫刊)が原作。

子育ても落ち着き、老後は安泰のはずだったどこにでもいる普通の主婦・篤子(天海)。しかし、人生の後半に必ずやってくる老後資金問題と、誰もが直面する夫婦、親子、子の結婚、独立、嫁姑、親の介護、葬式…あらゆる問題が立て続けに襲ってくる中で、悩みもがき奮闘しながらも逆境に立ち向かう。

天海祐希「女性の皆さん、目指しましょう!」


終始キャスト陣の仲の良さを感じさせたイベントの中盤では、22日(金)に88歳の誕生日を迎える草笛に天海からお祝いの花束を贈る場面も。

天海は「草笛さん、本当におめでとうございます。(草笛を)“中世ヨーロッパの貴婦人”と呼ばせていただいているんですけれども、ますます美しく、ますます若々しく、そしていつまでもかわいらしくすてきな草笛さんでいてください」とメッセージを送った。

また、会場に向かって「女性の皆さん、目指しましょう!」と呼び掛け、会場を大きな拍手で包んだ。花束を手に笑顔を浮かべていた草笛は、「これからも頑張らせていただこうと思います。どうそよろしくお願いいたします」と意気込みを見せた。

一連の流れを見守っていた前田監督は「(映画の中の草笛の)最後のせりふ“人生、わがままに生きた方が勝ちよ”、これは草笛さんの言葉なんですよ。草笛さんからこうしましょうってご提案いただいたんです」と明かし、毒蝮も「女性の生きる理想像ですよね」と絶賛した。

ダンスに手拍子で会場がヒートアップ!


ステージ上で場面転換がされる中、MCの江藤愛アナウンサーの「本日、スペシャルゲストがいらっしゃっています!」の掛け声とともに、蛍光イエローという派手な衣装を着こなす氷川が登場。本作の主題歌である「Happy!」が会場に流れると、驚きを見せるお客さんからも拍手が沸き起こった。

氷川の生歌唱に合わせて手拍子するキャスト陣、同曲のMVでダンスを披露している天海のノリノリのダンスで会場はヒートアップ。イベント内で最大の盛り上がりを見せた。

主題歌を歌い上げた氷川は、「映画の主題歌を初めて受け、この素晴らしい映画の主題歌を歌わせていただいて光栄な思いです。映画も見させていただいて、感動と笑いですごくハッピーな気持ちになれて、エンドロールに自分の(楽曲の)タイトルが出てきた時は、本当に泣きそうになりました」と熱い思いを打ち明けた。

天海は「きよしちゃんの歌と映画が泣きそうになるくらいすてきで…私たち半分泣いてたよね!?」と、映画の完成版を一緒に見たという若村と興奮気味に氷川に告白。若村も「本当に幸せな気持ちになりました!ありがとうございます」と思いを伝えた。

会場が一体となる盛り上がりを見せたイベントの最後、天海は「皆さんの日常に役に立つ映画となっておりますので、お母さま、お父様、そしてお友達、ご夫婦はもちろんですね、何度でも映画館に足を運んでいただけたらなと思います。心を込めて皆さんに届きますように!」と満面の笑みでアピールをして締めた。

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_572678daa7e6 oa-thetvjp_0_7eb5034b2436_城島茂、杏の作る朝食に驚き「日本の食卓じゃない」 7eb5034b2436 7eb5034b2436 城島茂、杏の作る朝食に驚き「日本の食卓じゃない」 oa-thetvjp

城島茂、杏の作る朝食に驚き「日本の食卓じゃない」

2021年10月21日 22:22 WEBザテレビジョン

10月20日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)は、ゲストに杏が登場。プライベートな一面を明かした。

国分太一は「勝手ながら杏ちゃんって健康的な生活をしていそう」と言い、「1日のルーティンを教えて」とお願いする。

朝6時に起床し、9時までは、3人の子どもに朝ごはんを食べさせたり、犬の散歩に行ったりと、朝の支度をしているという。朝食はその日によって簡単に済ますこともあれば、手をかけることもあると言いつつ、自家製パンを紹介する。

小さなフランスパンの間に練乳やバターを挟んだミルクフランスを作ったという杏に、城島茂は「これ、日本の食卓じゃないね」と驚く。だが杏は、火を使う料理ではなかったため、娘から手を抜いていると思われてしまったと嘆く。

そんな杏に同じく子育て中の大島美幸(森三中)は毎日の献立をどのように決めているのかを聞く。杏は「作りながら考えていく」と回答。料理をしながら一品ずつバランスを見て作っていき「皿が満ちたら終わる」と言う。ただ幼稚園の献立を見忘れて、子どもが昼に食べた料理をまた出してしまうという失敗もあると明かすと、大島は「わかる~」と深く共感した。

9時から子どもが幼稚園などから帰ってくる16時頃までは主に仕事をしていて、仕事のないときは家でパーソナルトレーニングをしたり、作り置きの料理をしたりすると言い、大島は「二度寝しちゃってよ」と忙しい杏を心配する。

その後、19時頃まで子どもの夕食やお風呂、その後の寝かしつけまでバタバタしているという。

国分は寝かしつけの際、「杏ちゃんの声で絵本を読んでもらいたい」と言い、「ストーリーがきれいになりそう」と想像する。一方、城島は子守歌を希望。杏はもう少し子どもが赤ちゃんときはよく歌っていたと言うが「自分の好きな歌ばっか歌ってた」と言い、そのとき歌っていたクイーンを一節披露。松岡は「子守歌っぽい」と評価する。

子どもが寝たあとは「あんまり真面目って思われちゃうのも」と気にしつつ、「お勉強を最近やってて」と打ち明ける。英語とフランス語を勉強していて、オンラインレッスンを受けたり、アプリを使ったりしているという。国分は「裏切らない。そうであってほしいことをしている」と感心。ただ杏は友人から「やらないってことをやりな」と注意されることがあると明かした。

次回の「TOKIOカケル」は10月27日(水)夜11:00より放送予定。ゲストに土屋太鳳、福原遥が登場する。

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_572678daa7e6 oa-thetvjp_0_6fc313d0de0e_ダンサー&グラドルCOCO、サウナでリラックスして「頭も身体もすっきり」“ツヤツヤ美肌”に称賛の声 6fc313d0de0e 6fc313d0de0e ダンサー&グラドルCOCO、サウナでリラックスして「頭も身体もすっきり」“ツヤツヤ美肌”に称賛の声 oa-thetvjp

ダンサー&グラドルCOCO、サウナでリラックスして「頭も身体もすっきり」“ツヤツヤ美肌”に称賛の声

2021年10月21日 20:18 WEBザテレビジョン

グラビアアイドルの他、バーレスク東京のダンサーとしても活躍中のCOCOが、10月21日に自身のオフィシャルInstagramを更新。神奈川・茅ヶ崎のホテルでサウナを満喫した様子を紹介し、艶感美しいパーフェクトボディーが話題を呼んでいる。

この日、COCOは「サウナ。頭も身体もすっきり」とつづり、サウナに入り、ほんのり汗が体を伝う艶感たっぷりな水着姿の写真を投稿した。グラビアアイドルの園都との“サ旅”だったようで、園もCOCOとのサウナ旅の様子をInstagramにて公開している。

この投稿に、ファンからは「綺麗ですね」「気持ちよさそう」「きれいな体ですね」「スタイル抜群」「とても素敵です…」「いい汗出てますねー色っぽい」「サウナにこんな美女がおったらのぼせそう」などと絶賛の声が。

また、グラビアアイドルの海里からは「可愛いし乳が綺麗すぎていいね100回押したい、、」とコメントされ、COCOが「らぶ 綺麗なのはあなたよ」と返すなど、仲むつまじいやりとりを公開している。

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_572678daa7e6 oa-thetvjp_0_c4441266fdb5_「ザ虎ビジョン参」第壱回:「虎者 NINJAPAN 2021」3つのパワーアップポイントを語る c4441266fdb5 c4441266fdb5 「ザ虎ビジョン参」第壱回:「虎者 NINJAPAN 2021」3つのパワーアップポイントを語る oa-thetvjp

「ザ虎ビジョン参」第壱回:「虎者 NINJAPAN 2021」3つのパワーアップポイントを語る

2021年10月21日 20:16 WEBザテレビジョン

Travis Japanの主演舞台「虎者 NINJAPAN 2021」を盛り上げるべく、今年もトラジャとザテレビジョンのコラボ連載が開幕! 連載3年目に合わせて、舞台のパワーアップした点を3つ聞きました!


3年目となる「虎者―」×ザテレビジョンのSP連載「ザ虎ビジョン参」がついにスタート! 題字も川島如恵留の文字に松倉海斗がデコレーションを施した新バージョンに。


松倉海斗「ポイントは、虎の口」

吉澤閑也「虎が題字をくわえてるってことか」

七五三掛龍也「すごいかわいい!」

中村海人「ね! クラ(松倉)はもちろん、毎年題字を書いてくれる如恵留くんにも感謝」

川島如恵留「いやいや(照)。今年は松倉がデザインしてくれることになったから、やりやすいように題字はなるべく変えないようにしたの」

宮近海斗「ザが”7”に見えるっていう元太の案は残ってるね」

松田元太「まぁ、めちゃくちゃいい案だからねぇ(どや顔)」

吉澤「毎年自画自賛してない?(笑)確かにいい案だけどさ」
 
3年目にちなみ、「虎者―」のパワーアップポイントを3つ教えて!

宮近「まずはグッズでしょ。Travis JapanとIMPACTorsのクリアファイルができたり」

松倉「ウオールステッカーもこれまでになくポップでかわいいよね」

中村「いっぱい買ってね〜♥」

川島「2つ目は? しめ(七五三掛)」

七五三掛「トランポリン!」

川島「確実にパワーアップしてるね」

七五三掛「3年目でみんな上達してるし、今年は京都は京都バージョン、東京は東京っていうふうに劇場によって演出も違うものになってる」

宮近「稽古でテストが始まったんだよね。最後にみんなで技をやって、先生がチャンピオンを決めるの」

中村「ずっと閑也が1位なんだよ」

吉澤「2回しかやってないけどね(笑)。みんなめちゃくちゃ高くジャンプできるようになったよね」

川島「そうだね。改めてみんなの身体能力の高さを感じるよね」

松田「最後、3つ目は?」

吉澤「やっぱりダンスパフォーマンスじゃない? 稽古で『千年メドレー』を見ていただいたときに、振り付けをしてくれてる屋良(朝幸)くんに『変わった!』って褒めていただけたのがすごくうれしかった」

宮近「うれしかったよね。屋良くんが『お前ら変わっちまったな』って」

川島「それだと意味が違うね(笑)」

宮近「違った?(笑) 『めっちゃ進化してるよ』って言ってくれて」

川島「そっちそっち」

七五三掛「めっちゃうれしいね」

中村「しかも屋良くん今、自分の舞台で忙しいのに『Travis Japanとの仕事は楽しくて息抜きにもなる。だから引き受けたんだよ』って言ってくださってね」

川島「本当にね! ブログでも『舞台終わりました、これから癒やされにいってきます』って書いて、『虎者―』のリハに来てくれるの」

松倉「かっけ〜! 優しい〜!」

松田「屋良くんが現場に来てくれると俺らもテンション上がるよね」

川島「特にちゃか(宮近)は尊敬する先輩だもんね」

宮近「そうですね。うれしいです!」

中村「そこでちょっと、元太が気付いちゃったことあるらしくて…」

松田「いいっすか? ちゃか、屋良くんが来るとすげー自主練するの」

一同(爆笑)

松田「しかも、屋良くんの近くで」

川島「かわいいじゃん! 何それ〜」

松田「で、俺のことチラっと見て、こいつサボってますよ的な空気出す」

宮近「せっかく屋良くんが来てくれるんだから、たくさん吸収したいだけ。別に元太のことは見てないよ」

七五三掛「努力してる人って他の人のことは見てないものだよね」

松田「え? 何? 俺が悪いの!?」

川島「というか、ちゃかが偉い」


取材・文=鳥取えり

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_572678daa7e6 oa-thetvjp_0_de4771f725b6_山田杏奈&作間龍斗、“必死で大変”だった映画「ひらいて」撮影の裏側 de4771f725b6 de4771f725b6 山田杏奈&作間龍斗、“必死で大変”だった映画「ひらいて」撮影の裏側 oa-thetvjp

山田杏奈&作間龍斗、“必死で大変”だった映画「ひらいて」撮影の裏側

2021年10月21日 20:00 WEBザテレビジョン

綿矢りさの同名小説を原作に、高校生たちのいびつな三角関係を描いた映画「ひらいて」が、10月22日(金)に公開される。

首藤凛監督が「この映画を撮るために監督になった」と公言するほど映画化を熱望し、構想を温めていたという本作。恋心を持て余して暴走する木村愛を山田杏奈、そして愛がひそかに、けれど激しく思いを寄せるクラスメートの西村たとえを、HiHi Jetsの作間龍斗が演じる。

この2人と、たとえが交際する新藤美雪(芋生悠)の三角関係は、思いもよらない方向へ…。いびつで繊細な恋を体当たりで演じきった山田と作間に、作品への思いを聞いた。

――出演が決まったときの率直な感想と、演じる役柄に対する印象は?

山田 愛は、感情のままに突拍子もない行動をしてしまう女の子。原作を読んだときは彼女の心や行動が理解できない部分もありましたが、その“暴走”って、実は誰もが内に秘めている要素だったりもするのかなって。常に全力でぶつかって、不器用ながらも成長していく愛を体現できたらと思いました。

作間 僕は今作が本格的な演技初挑戦。お話を聞いたときは「僕が映画ですか、本当ですか?」と驚きましたね。いろんな方に「おめでとう」と言ってもらえたのはうれしかったけれど、実感が湧かなくて、撮影までソワソワしていました。僕が演じるたとえは、一言で言うと“作間龍斗”の外見だけの印象かな。しゃべると印象が違うってよく言われます(笑)。

山田 でも私は、中身も割と作間くんなのかなって。落ち着いたたたずまいや、のらりくらりとかわす感じが作間くんならではというか。何を考えているんだろうって、つかみどころのない感じも共通しているような気がします。

作間 本当ですか? 撮影中は普段から人とあまりコミュニケーションを取らなかったし、自分の明るい部分を何トーンか下げて生活していたんです。そういう役作りが生きたのかも。

山田 私は愛を演じながら、どうやったらこの人(たとえ)の中にもっと入れるんだろう?って、もどかしい感覚になることが多くて。そう思えたのは、作間くんのそのお芝居があったからだと思います。すごく頼りになる存在でした。

作間 僕は山田さんの演技に圧倒されっ放し。たとえとしても、愛のグイグイっぷりにずっと圧倒されていたし、芝居とうまくリンクしていたらいいなと思います。

夜の教室のシーンは「必死過ぎた」「本当に大変だった」

――印象的だったシーンは2人とも回答が一致。恋心を隠せなくなった愛がたとえを夜の教室に呼び出し、本心をぶつける場面だ。

山田 監督とたくさん話して、長時間撮りました。私は必死過ぎて、あまり覚えていないんです(笑)。

作間 本当に大変なシーンだったし、そこは唯一、僕が監督にセリフの言い方を提案したところなんです。「作間くんのやりたいようにやっていいよ」と任されたときは、自分で提案しておいてパニックになりましたが(笑)、そこで出せる全力を出したつもりです。

――劇中には、たとえの恋人・美雪から届く“手紙”がキーアイテムとして登場する。

作間 恋人との手紙のやりとり、憧れます。ただリアルに考えると…毎日机に入っているのは、職業上ヒヤヒヤしそう(笑)。

山田 誰かにバレないか心配になっちゃう(笑)。でも今の時代はあまりやらないことですし、ロマンは感じます。

作間 撮影中、芋生悠さんが先に帰られるとき、僕と山田さんに手紙を残してくれたのはうれしかったですよね。“お先に失礼します。お体に気を付けて」って。

山田 「残り頑張ってね。美雪」って。あれはキュンとした!

作間 現場で思わず「手紙っていいですね」って話しました!

予告など動画まとめ

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_572678daa7e6 oa-thetvjp_0_c6694efa0265_城田優、連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の語りに決定!『重要な役割を任せていただけてとてもうれしい』 c6694efa0265 c6694efa0265 城田優、連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の語りに決定!『重要な役割を任せていただけてとてもうれしい』 oa-thetvjp

城田優、連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の語りに決定!『重要な役割を任せていただけてとてもうれしい』

2021年10月21日 19:55 WEBザテレビジョン

11月1日(月)にスタートする、上白石萌音、深津絵里、川栄李奈がヒロインを務める連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は月~金曜の振り返り)の語りを城田優が務めることが発表された。同作は、昭和・平成・令和の時代を、ラジオ英語講座と共に歩んだ、安子(上白石)、安子の娘・るい(深津)、るいの娘・ひなた(川栄)、3世代の女性たちの物語。脚本は藤本有紀が担当する。

城田は、「ナレーションは、物語の世界観を作り上げるとても大切なものだと思っています。その重要な役割を任せていただけてとてもうれしいですし、光栄に思います。今回、誰も見ていない状態のドラマを先に見られるすてきな席に座らせてもらっていますが、まだ音も入っていない仮の状態で何滴涙を流したかと思うほどすてきなお話です。物語の雰囲気を壊さないように注意しながら、作品そのものをすごく楽しんでいます」と喜びを語った。

制作統括・堀之内礼二郎氏のコメント


「カムカムエヴリバディ」は、ラジオ英語講座が、ヒロインたちの人生を切り開いていく物語です。そのため、日本語と英語のナレーションが、物語の世界へと視聴者を誘(いざな)います。日本語でも英語でも、時にわかりやすく情報を伝え、時にヒロインに寄り添って心情を伝えられるような表現力を持つ方を考え、城田優さんにお願いしました。

個人的な話で恐縮ですが、舞台が大好きで、城田さんのパフォーマンスを幾度となく拝見していました。城田さんなら「カムカムエヴリバディ」の世界を声ですてきに表現してくれるに違いないと思いました。番組の公式SNSでは、城田さんの肉声で、日本語と英語のコメントを公開しています。城田さんが語る「カムカムエヴリバディ」の世界に、ぜひ一足早く触れてみてください。

ちなみに、英語が堪能な城田さんですが、元から話すことができたのではなく、後からご自分で勉強して身につけられたものだそうです。城田さんが話す美しい言葉の響きが、英語を学ぶ多くの方々の勇気ややる気につながってほしいと願っています。

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_572678daa7e6 oa-thetvjp_0_d0829773376e_NON STYLEが挫折を感じた瞬間明かす「大阪から出てきた人間にザキヤマさんは厳しいよ」 d0829773376e d0829773376e NON STYLEが挫折を感じた瞬間明かす「大阪から出てきた人間にザキヤマさんは厳しいよ」 oa-thetvjp

NON STYLEが挫折を感じた瞬間明かす「大阪から出てきた人間にザキヤマさんは厳しいよ」

2021年10月21日 19:55 WEBザテレビジョン

10月20日放送の「あちこちオードリー」(テレビ東京系)にNON STYLEがゲスト出演し、M-1グランプリ優勝後に感じた挫折について語る場面があった。
NON STYLEは2008年のM-1グランプリ優勝をきっかけに、全国区の人気を獲得してブレイク。M-1王者となった後、バラエティー番組のメインMCを務めるチャンスをつかんだが、サブMCとして共演したのがアンタッチャブルとブラックマヨネーズという実力派の2組だった。

M-1優勝の前から大阪ではレギュラー番組をいくつも抱えていたが、漫才中心の活動だったためバラエティー番組に不慣れな部分もあったようで、石田明(NON STYLE)は「力量の差がありすぎて。逆にこれで病まへんヤツ連れてこいって」とその時の心境を告白。収録日には「なるべく行きたくないから」という理由でスタジオのある局まで徒歩で通っていたとか。

相方の井上裕介も「俺もそんときは唯一キツかったな」と振り返り、「大阪から出てきた人間にザキヤマさんは厳しいよ。ザキヤマさんのあの速度、全部のボケが大爆笑、どうしたらええねん」と笑いながら本音を語っていた。

次回の「あちこちオードリー」は10月27日(水)放送予定。

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_572678daa7e6 oa-thetvjp_0_eba04e95c44c_ファイナリスト18名が決定! Jグループの坂本舞白、江崎ひかる、川口ゆりな、野仲紗奈が生放送出演へ<ガルプラ> eba04e95c44c eba04e95c44c ファイナリスト18名が決定! Jグループの坂本舞白、江崎ひかる、川口ゆりな、野仲紗奈が生放送出演へ<ガルプラ> oa-thetvjp

ファイナリスト18名が決定! Jグループの坂本舞白、江崎ひかる、川口ゆりな、野仲紗奈が生放送出演へ<ガルプラ>

2021年10月21日 19:17 WEBザテレビジョン

グローバルガールズグループデビュープロジェクト「Girls Planet 999:少女祭典」(毎週金曜夜8時20分、ABEMA SPECIAL 2チャンネルほか)の#11が、10月15日に日韓中同時、日本語字幕付きでABEMAで国内独占無料放送された。

99名だった参加者は26人にまで絞られ、ついにファイナルステージに立つ18名が視聴者投票によって決まった。「GirlsPlanet999」を含む番組関連のハッシュタグが世界トレンドに多くランクインするなど、世界中で大きな話題を巻き起こしている。

思い出の曲に全集中!「O.O.Oミッション」


「Girls Planet 999:少女祭典」は、日(J)・韓(K)・中(C)の同じ夢を抱く99名が、地域を超えた仮想の世界「ガールズプラネット」で繰り広げる、夢に向けた旅路と成長過程を見せていくプロジェクト。#11は「O.O.Oミッション」が行われ、番組開始時から参加者99人で踊ってきたシグナルソング「O.O.O」を、9人と8人ずつに分けたチームで再び踊ることになった。

彼女たちは、TOP9と呼ばれる人気投票上位のメンバーが顔をそろえる「1チーム」、自信の無さから浮かない表情を浮かべる少女たちが多い「2チーム」、メンバーの特徴は“ビジュアルの良さ”と自称する明るさと元気が取り柄の「3チーム」に分かれて練習をした。

それぞれがファイナルステージに進みたい強い思いを抱えながら、自分のできることを一生懸命パフォーマンスに捧げて、3組は本番のステージに立った。すると、画面に突如、“プラネットガーディアン”と称される視聴者たちの映像が現れ、彼女たちを応援するメッセージやダンスが流れ、参加者たちは、応援の声のありがたみに目を潤ませた。最終ステージへの思いをさらに膨らませた少女たちであった。

番組開始から高い人気をキープする日本(J)グループの江崎ひかるは、「一番は自分のためにデビューしたいって思いが強かったんですけど、応援してくださっている方のために頑張りたいな、夢をかなえたいなっていう新しい気持ちが湧きました」とコメントしている。

生放送のステージに立つ18名の生存者がついに決定


「「O.O.Oミッション」でベネフィットを獲得したのは、ヒュニン・バヒエ、ソ・ヨンウン、チェ・ユジンの3名で全員韓国(K)グループだった。18名の生存者を決める「第3回視聴者投票」において、ベネフィットの影響は大きいため、どんな結果になるかと彼女たちも緊張の表情を浮かべる中、いよいよ投票結果の発表。番組の進行役“プラネットマスター”ヨ・ジングから生存者の17名とプラネットパスで脱落者の中から復活した1名が発表された。

◆第3回視聴者投票順位 (10月15日の#11放送時点)
1位:シェン・シャオティン(C) 4,161,699票
2位:キム・ダヨン(K) 2,395,726票
3位:坂本 舞白(J) 2,314,788票
4位:江崎 ひかる(J) 2,185,083票
5位:チェ・ユジン(K) 1,747,716票
6位:川口 ゆりな(J) 1,692,862票
7位:野仲 紗奈(J) 1,621,602票
8位:フー・ヤーニン(C) 1,548,272票
9位:ソ・ヨンウン(K) 1,524,572票 
10位:スー・ルイチー(C) 1,369,169票
11位:キム・チェヒョン(K) 1,308,669票
12位:カン・イェソ(K) 1,248,877票
13位:ヒュニン・バヒエ(K) 1,238,862票
14位:ウェン・ヂャ(C) 1,121,791票
15位:キム・ボラ(K) 1,023,271票
16位:ファン・シンチャオ(C) 1,015,623票
17位:キム・スヨン(K) 989,381票
プラネットパス復活者:グイン・マヤ(K)

最終ステージでいよいよデビュー組9名が決まる


1位のシェン・シャオティン(Cグループ)は、前回に続く連続首位。「プラネットガーディアンの皆さん、たくさん投票してくださり本当にありがとうございます。今回の生存式が最終ではないので、プラネットガーディアンの皆さん、私と一緒に私の夢を守ってくださったら嬉しいです」とさらなる飛躍を誓った。

全体で3位、日本人の中で1位を獲得した坂本舞白は「プラネットTOP9という座を守ることができたのは、プラネットガーディアンの皆さんのおかげです。ありがとうございます。私がこの番組に参加した当初は自信がありませんでした。でも、こんなに応援していただいて、今とても幸せです」と喜びの心境を明かした。日本人参加者の江崎ひかる、川口ゆりな、野仲紗奈を含む4名が生放送の最終ステージに立つことになる。

次回、10月22日(金)夜8時からいよいよ最終回。デビューする9名が決まる熱い生放送が、日韓中同時に放送される。

外部リンク

cat_oa-thetvjp_issue_572678daa7e6 oa-thetvjp_0_6ca611d8d73d_鈴木ゆうか&小宮璃央W主演「JKからやり直すシルバープラン」のOPテーマをZero PLANET、EDテーマをmzsrzが担当! 6ca611d8d73d 6ca611d8d73d 鈴木ゆうか&小宮璃央W主演「JKからやり直すシルバープラン」のOPテーマをZero PLANET、EDテーマをmzsrzが担当! oa-thetvjp

鈴木ゆうか&小宮璃央W主演「JKからやり直すシルバープラン」のOPテーマをZero PLANET、EDテーマをmzsrzが担当!

2021年10月21日 19:04 WEBザテレビジョン

鈴木ゆうか、小宮璃央がダブル主演を務めるドラマ「JKからやり直すシルバープラン」(11月10日[水]スタート 毎週水曜深夜1:00-1:30、テレビ東京系)のオープニングテーマがZero PLANETの「LOOP」、エンディングテーマがmzsrzの「エコー」に決定。両グループともこれが初の地上波ドラマ主題歌起用となる。

同作は林達永原作、李惠成作画の同名コミックをドラマ化。一人の女性が「シルバープラン」にのっとって、やり過ぎた過去を反省し、自分を律するために高校時代からやり直す姿を描く。

ダンス、歌唱、アクロバットと、メンバー一人一人の個性を最大限に発揮し、表現する次世代アーティス・Zero PLANETが書き下ろしたオープニングテーマ「LOOP」は、現状を変えたいという強い思いや決意があれば、何度だってやり直していけるというメッセージが込められており、聴く者の背中を押してくれる一曲に仕上がっている。

また、エンディングテーマは、avexとテレビ東京による次世代オーディション番組「ヨルヤン」を勝ち抜いた5人が、水のように無色透明で変幻自在な“多様声”と“憑依声”で、十代ならではの漠然とした不安や焦燥といった感情をメロディーに乗せて歌いあげていくアーティスト・mzsrzが担当する。

高橋祐理コメント


Zero PLANET結成以来初の地上波ドラマの主題歌ということで、決まった時は本当にうれしかったです。テレビで自分たちの新曲が流れるのを見るのがすごく楽しみですし、一人でも多くの方々に僕たちの歌声をお届けできる機会を頂けて、感謝の気持ちでいっぱいです。

ドラマの内容に合わせて、タイムリープ感を出しました。そして、人生は一度しかないけどいくらでもやり直せるから諦めずに頑張れと背中を押すような思いを込めました。歌詞一つ一つにもこだわり、ドラマの色、そしてゼロプラネットの色が出ているのでぜひ注目していただければと思います!

ドラマ放送を待ってくださっている皆さん、お話に沿った、とてもすてきな楽曲が完成したと思いますし、僕たちの久しぶりの新曲でもありますので、ぜひ楽しみにしていてください! そしてたくさん聴いてたくさん歌ってください!

中原弘貴コメント


今ノリに乗っている“タイムリープ”もの。ホームレスが“JKからやり直す”というストーリー。これは間違いなく面白い!と原作を読ませていただく前からとてもワクワクしていました。

今回この作品にOPテーマ曲として携わらせていただけることを心からうれしく思います。原作やドラマの雰囲気にピッタリな、作品をより盛り上げられる楽曲作りを心掛けました。メンバーと制作陣で何度も話し合いを重ねて作り上げた一曲です。

サビのキャッチーなメロディー、フレーズは一度聴いたら忘れられないと思うのでぜひ何度も「LOOP」して聴いてください! もし自分も人生をやり直すことができたら…なんてことを考えながら一視聴者として作品を楽しもうと思っているので、皆さんも一緒に「JKからやり直すシルバープラン」の世界にどっぷり浸かりましょう(笑)。 OPテーマ曲「LOOP」よろしくお願いします!

永島龍之介コメント


すごくうれしかったです。僕は青春ドラマが好きなのでこの話を聞いた時はびっくりしました。「LOOP」では本作の主人公である二ノ宮小百合の主観をイメージしました。自分の行く末を知り、未来を変えてやるという強い思い、そして今からでも遅くないとそんな彼女への応援も歌詞やメロディーで表現しています。この曲を聴いた方が、少しでも勇気づけられればと思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。「JKからやり直すシルバープラン」の放送とても楽しみですね。初回放送までもうわずかです。僕らもハラハラ緊張していますが、初回放送から最終話までみんなでリアルタイム視聴しましょうね。そして感想共有しましょう。

森重秀太コメント


まず、ドラマのOP曲を歌うという夢がかなったこと、本当にうれしく思います。そして僕がZero PLANETに加入してから初の新曲! 感謝を胸に頑張ります!

“まだ大丈夫。自分自身で全て変わる。感謝を忘れずに今を、毎日を強く生きろ!”というような思いを込めました。僕自身、たくさん音楽に救われてきたので、少しでもこの歌が誰かの心に届いて欲しいと思います。

同じZero PLANETグループの一員である小宮璃央が主演ということで、今回は演技と音楽という違うグラウンドではありますが、「こうして1つの作品を一緒に盛り上げられる事はうれしいな!絶対に良い作品にしような!」とよく小宮本人と話しています。このドラマは幅広い年齢層の方に楽しんでいただけると思います! 放送されるのが待ち遠しいです。お楽しみに!

栗原航大コメント


僕が新メンバーとしてZero PLANETに加入して、初めてドラマのOPテーマを担当させていただくことになり、聞いた時はなんて光栄なんだととても驚いたと同時に率直にすごくうれしいです。僕はZero PLANETに加入してまだ間もないですが、このような機会を頂けることに感謝しています!

ドラマストーリーに合わせて、自分を見失い何が正解か分からないような状況から、自分の中での正解を見つけてがむしゃらに突き進んでいく様子を描いています。繰り返す時間の中で「不確かなものを確かなものに変えていく」1つの曲の中でその物語の変化を楽しんでもらいたいと思います。

そして、サビ頭にある「LOOP」という歌詞を繰り返すところがすごく頭に残りやすく、ふとした時に思わず口ずさんでしまう特徴的なメロディーになっています。曲名に込められた意味のように、この曲を繰り返し聴いてもらえたらうれしいです! 

皆さんにドラマを見て楽しんでいただけるように、僕たちZero PLANETは楽曲でドラマを盛り上げていきたいと思っています。僕自身も放送が楽しみで仕方ありません! 放送開始まですごく待ち遠しいですが、素晴らしい作品となっていますので、「JKからやり直すシルバープラン」そして今回OPテーマとなった僕たちの楽曲「LOOP」をぜひよろしくお願いいたします!

大原きらりコメント


以前からボイスコミックで拝見していました! タイムリープと老後に向けての生き方を掛け合わせる設定がすごく斬新で…そんな大好きな作品のドラマ化。そのエンディング主題歌を担当させていただけると聞いて、本当に驚きました。ドラマの楽曲を歌わせていただくことも初めてなので、とてもうれしいです! 

誰にも、現実から目を背けたり、誰かと比べて焦ってしまう時があると思います。「エコー」は、そんな自分を認めて、「自分のペースで良いんだよ」って事に気付かせてくれるような曲です! 一所懸命に “希望” を込めて歌いました! ドラマを見てくださる方々の心に、少しでも「エコー」が響いたらうれしいです。今から私も放送にワクワクしています!

作山由衣コメント


感謝と驚きの気持ちでいっぱいです。毎週、視聴者の皆さんに私たちの歌声を届けられるということにワクワクしています! 「エコー」には、過去の自分によって作り上げられた今の状況から「逃げたい」と感じている主人公がいます。同じような経験を持つ方へ「理想の自分に近付こうと努力した先には、明るい未来が待っているよ!」という応援の気持ちで歌いました。

この楽曲を通して、1人でも多くの方に寄り添うことができればうれしいです。毎週、次回が待ち遠しくなる魅力的な作品です。エンディング主題歌「エコー」にも注目していただければ、うれしいです。

実果コメント


最初にお話を聞いた時は「テレビから自分たちの歌が流れるってこと!?」と動揺しちゃいました…。少し時間がたって、今は、すごくうれしい気持ちでいっぱいです。早くドラマを見たい!とワクワクしています。

毎日たくさんの選択をしている私たちは、苦しさを感じながらも大人になっていきます。聞きたくないことも、諦めたことも、忘れてしまったことも、全て抱えたままこれからも生きていく。いつかこの未来で良かったと思える日が来ますように。そんな願いを込めて歌いました。

初めましてmzsrzです! すてきなドラマの主題歌を担当させていただけてとても幸せです! ドラマと合わせて「エコー」もぜひ聴いていただけるとうれしいです!

ゆゆんコメント


こんなすてきなドラマの主題歌を頂けるなんて…感激しています。毎週の楽しみが増えました! 「そのままのあなたでいいんだよ」と手を差し伸べるような楽曲になっています! mzsrzにとって新しい世界観の曲で、楽しんで聴いていただければ、きっと、ポジティブな気持ちになってもらえるはずです!

まず、私が楽しみにしています! たくさんの方に見ていただきたい作品です! ぜひ、最後の「エコー」まで、ご視聴よろしくお願いします!!!

よせいコメント


ドラマの主題歌決定を教えてもらった時、ビックリし過ぎて時が止まりました。いまだに信じられないくらい…とにかく、うれしいです。そして、大変光栄です!

今回のドラマから「挑戦し続ける大切さ」を感じました。実は「エコー」もmzsrzとして新しいジャンルに挑戦した楽曲になっています! これまでになかったポップな一面から前向きさを感じてもらえる作品になっていますので、ぜひ、ドラマと一緒に楽しんでいただければうれしいです。

あらすじを読んだだけで、すでに面白過ぎて、私もドラマの放送が本当に楽しみです!! すてきな演者さんたちの演技はもちろん、私たちmzsrzの歌声も気に入っていただけたら、とても、うれしいです! よろしくお願いします!


※高橋祐理の「高」は「はしご高」、「祐」は「示に右」が正式表記

外部リンク